戸籍謄本・戸籍抄本の4つの取り方!どこで取ると得か?有効期限・値段

戸籍謄本と戸籍抄本の違い!
どこで取る?4つの取り方や有効期限、値段、必要な時ってどんな時?

「戸籍謄本」と「戸籍抄本」を戸籍関係の書類だという事をご存知でも、

 

それぞれ何が違うのか?どういう時に必要か?
どこで取ればいいの?値段は?

 

などなど、案外知らない事が多いでしょう。

 

このページでは、戸籍謄本と抄本について、元市民課職員の筆者がどこよりも分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

戸籍謄本と戸籍抄本の違いとは?

まずは「戸籍謄本」「戸籍抄本」の違い、そして「住民票」との違いも含めて分かりやすくご紹介していきます。

 

 

「戸籍謄本」「戸籍抄本」の違い!

それぞれの読み方は、

 

  • 戸籍謄本(こせきとうほん)
  • 戸籍抄本(こせきしょうほん)

 

です。

 

謄本(とうほん)とは、戸籍原本の内容を「すべて」書き写したものを言います。

 

そして抄本(しょうほん)は、戸籍原本の内容を「一部」を抜粋して書き写したものという意味です。

 

※この「一部」と言うのは、「一人分」または「複数人」を意味します

 

つまり、

 

  • 戸籍情報をすべて知りたい場合

    ⇒「戸籍謄本」

  • 一部の人について知りたい場合

    ⇒「戸籍抄本」

 

を請求すればよいのです。

 

5人分すべてを取得したいのであれば「戸籍謄本」です。

 

一方、5人家族で「1人分もしくは2人分」の情報を取得したい時は「戸籍抄本」を取得しましょう。3人、4人分取得したい時も同様です。

 

なお、市区町村の役場によって「請求書のフォーマット」が違うのですが、中には「抄本で取得したい人の名前」という欄に、1人分しか書けない場合があります

 

そのような場合は、「一通の抄本で、複数人の情報が欲しい」と役場の担当に尋ねてみましょう。

 

名称が変わった!

戸籍簿が電子化されてからは、

 

  • 戸籍謄本は「全部事項証明」
  • 戸籍抄本は「個人事項証明」

 

と呼称(名称)が変わっています。

 

ですが未だに多くの方が「戸籍謄本・抄本」と呼んでいるので、あまり気にする必要は無いでしょう。

 

 

 

戸籍謄本や戸籍抄本に記載されている事項

戸籍謄本では、戸籍に入っているすべての人間の戸籍情報が閲覧できます。

 

そして戸籍抄本では、取得した人物の戸籍情報のみが閲覧できます。

 

ちなみに “戸籍情報” をカンタンな言葉に言い換えると、「親族(家族)との関係性のデータ」と言えるでしょう。

 

もっと噛み砕いて言うと、

 

いつ、誰のもとに生まれ、兄弟が誰であり、いつ誰と結婚したのか、そしていつ子どもが生まれたのか

 

が分かる台帳のことを言います。

 

 

「戸籍謄本・抄本」の内容
  • 氏名
  • 本籍
  • 生年月日
  • 父母の名前および続柄
  • 出生情報(出生日、届け出日、出生地)
  • 配偶者の名前
  • 婚姻日
  • 婚姻前の戸籍(従前戸籍)

 

 

記載事項の内容が気になる方は、「戸籍(謄本・抄本)の記載事項5つを画像つきで分かりやすく解説!」も参考にしてみて下さい。

 

ちなみに、戸籍謄本は「2枚以上をホッチキス留めして発行される」ことが多いですが、このホッチキスは外さないで下さい。外してしまうと無効になります。

 

 

なお「戸籍の原本」は本籍を置いている役所で管理されており、本人であっても原本は取得できません

 

ついでに説明しておくと、「本籍」とは “戸籍を置いている土地(市区町村)” のことを言います。

 

そして本籍など含め、「親族との繋がりの情報」を全体もしくは一部をコピーして確認できるのが、「戸籍謄本」や「戸籍抄本」です。

 

人気の関連記事!
>>最速10秒!現在の「本籍」を超カンタンに調べられる5つの方法!

 

 

 

住民票と「謄本・抄本」の違いはなに?

住民票と戸籍謄本・戸籍抄本をごちゃ混ぜに考えている人もいますが、これらは役割が違います。

 

  • 戸籍謄本・戸籍抄本

    ⇒戸籍の証明

  • 住民票

    ⇒本籍・現住所の証明

 

住民票で確認できるのはあくまで「本籍・現住所」だけであり、「戸籍」を表すものではありません。

 

住民票には出生情報や婚姻情報が記載されず、自身の「戸籍」を証明するには不十分です。

 

「パスポートの取得や婚姻届の提出」には住民票ではなく、戸籍謄本や戸籍抄本を用意しましょう。

 

>>戸籍謄本と住民票の5つの違いを画像付きで分かりやすく解説!

 

 

住民票を取りたい方はコチラへ

 

 

 

よく耳にする「戸籍の附票」とは?

「戸籍謄本・戸籍抄本」との違いが分かりにくい物がもう1点あります。

 

それが「戸籍の附票(ふひょう)です。

 

これは一体なにか?

 

戸籍の附票は、「だれが、いつ、どこに引越したか」を知るうえで重要なものです。

 

簡単に言うとこれまでの「移動履歴」がすべて記録されたものです。

 

 

「戸籍の附票」の内容

 

 

例えば、自動車を売却したり廃車にしたりする際、通常ならば「住所の証明」のために住民票を提出します。

 

しかし車検証を紛失したり、何度も引越しをしたりすることで「車検証の住所と現住所が違う」場合などに、まれに「戸籍の附票」を求められる事があります。

 

ちなみに「戸籍の附票」も本籍の町役場で、「戸籍の原本」とセットで保管されています。

 

 

 

「戸籍の附票」「住民票」の違いは?

「戸籍の附票」と「住民票」は、いずれも「住所を把握するうえで重宝する書類」です。

 

しかし戸籍の附票は旧住所・新住所だけではなく、複数引越しをした場合すべての住所が記載されます

 

一方、住民票は旧住所と新住所の2つしか記載されません。

 

つまり、何度も引越している人が“移動の全履歴” を証明しなければいけないケースでは「戸籍の附票」が必要なのです。

 

関連の人気記事!

 

 

では続いて
「戸籍謄本と抄本はどこで取れるか?」について説明します。

 

スポンサーリンク

 

戸籍謄本・抄本はどこで取る?取り方は?

戸籍については、都道府県単位ではなく、市町村単位で管理されています

 

その上で、以下の4通りの方法で取得できます。

 

ただし、お住まいの地域により利用できないサービスも含まれるため注意が必要です。

 

 

「市区町村の役場」で取る!

戸籍謄本と戸籍抄本の請求といえば、

 

  • 市役所
  • 区役所
  • 町役場

 

といった役所が代表的です。

 

これらの戸籍住民課にて、「戸籍に関する証明書の交付請求書」を記載し、本人確認書類とともに提出します。

 

「必要な物」の詳細は、後ほど手続きに必要となる物で説明します。

 

役場で「戸籍謄本や戸籍抄本」を取得するメリットは、ほぼ確実に戸籍証明書を取ることが出来る点です。

 

ただし、「戸籍謄本・戸籍抄本・戸籍の附票」は本籍の役場へ請求することで、取得できます

 

そのため、たとえば本籍地を

 

  • 皇居
  • スカイツリー
  • 国会議事堂

 

などにされている方は、本籍地の役場へ足を運ぶ郵送で請求する必要があります。

 

人気の関連記事!

 

 

 

「郵送」で送ってもらう!

本籍地より遠方に住んでいる場合、わざわざ取りに行くために足を運ぶのは非常に面倒です。

 

その場合は、本籍地の役場に対して郵送で「発行申請」を行います。

 

一般的に必要な物として

 

  • 運転免許証など「身分証明書の写し」
  • 手数料(郵便定額小為替450円)

    ⇒値段は次の「発行手数料について」にて。

  • 返信用の封筒(切手を貼っておくこと)
  • 交付請求書(各役場のHPなどでダウンロード可能)

 

があります。

 

交付請求書の書き方は、のちほど「交付請求書の書き方と7つのポイント」で説明しています。

 

 

 

「コンビニ」で取る!

コンビニの「マルチコピー機」から、戸籍謄本と戸籍抄本を取ることが可能です。

 

「マルチコピー機」とは、たとえばセブンイレブンでは以下のような物が設置されていると思います。

 

【セブンイレブンのマルチコピー機】

 

セブンイレブンに限らず、どこのコンビニも似たような装置です。

 

あとは各コンビニ「行政サービス」のようなボタンがあるので、そちらをクリックして手続きを進めます。

 

 

なお、コンビニで戸籍謄本と戸籍抄本を請求するには、「マイナンバーカード」または「住民基本台帳カード」が必要です。

 

コンビニで戸籍証明書を取る最大のメリットは、

 

  • 役場に足を運ばなくても良い

 

という点です。

 

また発行できる時間帯(システムが稼動している時間)は

 

毎日6:30〜23:00

 

ですので、その間であればいつでも発行できます。(12月29日〜1月3日を除く)

 

ただし、すべての都道府県がこのサービスに対応しているわけではありません。

 

そのため、あらかじめ本籍の役場に電話して「コンビニで取得可能か?」を確認しましょう。

 

なお、いずれにせよ「戸籍の附票」はコンビニでは取得できませんのでご注意下さい。

 

 

 

「パスポートセンター」で取る!

パスポートを作成する際には、戸籍謄本もしくは戸籍抄本が必要となります。

 

もし「これから申請しようとしているパスポートセンター」が本籍にある場合は、戸籍謄本・抄本を発行してくれる場合があります。(ワンストップ対応)

 

そのため、最寄にパスポートセンターがある場合は一度連絡してみましょう。

 

 

 

と言うことで
「本籍がどこにあるのか?」によって、取得方法が大きく変わってくることが分かるかと思います。

 

そのため、「自分の本籍がどこなのか?」を把握していない方は、本籍を確認しましょう。

 

人気の関連記事!

 

 

では続いて
「戸籍謄本・抄本を発行する値段(手数料)」について説明します。

スポンサーリンク

 

戸籍謄本・戸籍抄本の発行手数料

市町村役場でもコンビニのマルチコピー機でも、「戸籍謄本・戸籍抄本の取得」には手数料がかかります。

 

では、どこで取ればお得なのか?

 

結論から述べると

 

(発行する役所によっては)コンビニが一番安くなるが、基本は一律で変わらず、郵送の場合は「郵送料」の分高くなってしまう

 

という答えになります。

 

役場で戸籍証明書を請求する際の手数料は、おおむね全国一律の450円です。

 

※戸籍謄本(抄本)の発行手数料は、平成12年以降は「各自治体が条例で定める」ことになっていますが、以前の交付手数料から変更せずに450円としているところがほとんどです

 

郵便の場合は、変わらないどころか、往復の郵送料が掛かってしまいます。

 

「役所の一部機能を備えたパスポートセンター」でも450円です。

 

唯一安くなる可能性があるのが、「コンビニのマルチコピー機」です。

 

マルチコピー機による発行手数料は、発行元の市町村によりバラつきがあります

 

たとえば

 

  • 北海道札幌市や東京都目黒区は

    1通350円

  • 大阪府寝屋川市や宮城県仙台市は

    1通450円

 

とホームページで案内されています。

 

当サイトで調べた限りは、450円以上の市町村が見つかりませんでしたが、基本的には450円以下と考えておけば良いでしょう。

 

そのため、(本籍の役場によっては)コンビニが一番安くなります

 

※予め本籍のある役場に電話して「コンビニで取得可能か?取得の値段はいくらか?」を確認しておくと良いでしょう。

 

 

では続いて
「戸籍謄本・抄本を請求できる人は?」についてです。

スポンサーリンク

 

 

請求できる人は?

戸籍謄本(抄本)を請求出来るのは、以下の「請求する権利を持っている人」と決まっています。

 

 

請求できる人

  • 筆頭者(“戸籍の主” のようなもの)

    ⇒一般的に「夫」

  • 配偶者

    ⇒一般的に「妻」

  • 直系卑属(ちょっけいひぞく)

    ⇒子、孫、ひ孫

  • 直系尊属(ちょっけいそんぞく)

    ⇒父母、祖父母、曾祖父母

※「筆頭者」は、たとえ亡くなっても筆頭者のままです

 

※「筆頭者」「配偶者」の意味が分からないという方は、以下ページを参考にしてください。
>>「筆頭者・配偶者が誰なのか?」は、5秒もあれば把握できる!

 

 

子どもは結婚すると『両親の戸籍からは除籍され、自ら配偶者と共に “新しい戸籍” を作る』のですが、その立場でももちろん請求出来ます。

 

その他、権限を持つ方からの「委任状」があれば、誰であっても「代理人請求」が行えます。

 

人気の関連ページ!

 

 

さらに「相続関連」や「離婚後に元夫の戸籍謄本を取る」などでは、『第三者請求』という形で行政書士や司法書士が取得するケースもあります。

 

※第三者請求については、話が広がりすぎますので当ページでは扱いません

スポンサーリンク

 

戸籍謄本・抄本の取得に必要なものは?

「戸籍謄本」「戸籍抄本」を取る際に必要となる物は、それぞれを請求しようとしている市区町村により、微妙に異なる場合があるので注意して下さい。

 

では、

 

  • 役場で取る場合
  • 郵送で取る場合
  • コンビニで取る場合
  • パスポートセンターで取る場合

 

の4パターンで説明していきます。

 

スポンサーリンク

 

「市町村の役場」で取る場合の必要書類!

市町村の役場で「戸籍謄本・抄本」を請求する場合に必要なものは、

 

  1. 「戸籍謄本・抄本」請求書
  2. 印鑑(申請者の氏名欄が自署の場合は不要)
  3. 本人確認書類
  4. 委任状(代理人の場合)

 

です。

 

 

「戸籍謄本・抄本」の請求書

この請求書を提出しなければ何も始まりません。

 

請求書は「提出する役場で貰う」または「その役場のホームページからダウンロード」できます。

 

「請求書のフォーマット」は市区町村により全く異なりますが、「記入する内容・チェック欄」は、基本的にどこも変わらず

 

  • 本籍
  • 筆頭者の名前
  • 「戸籍謄本(抄本)」「除籍謄本(抄本)」どれが必要か?
  • 誰の証明が必要か?
  • 何のために必要か?
  • 「窓口に来られた方」の名前・住所・生年月日
  • 「請求者」の名前・住所・生年月日

 

です。

 

「本籍」「筆頭者」が分からない方は、以下の記事も参考にして下さい。

 

人気の関連記事!

 

 

なお、「書き方が分からない」という方もいらっしゃると思うので、後ほど「交付請求書の書き方と7つのポイント」で一つずつ説明していきます。

 

 

 

印鑑

最近は多くの役場で「自署」となっており、印鑑は不要です。

 

ですが印鑑が必要なところもあるため、事前に調べるか、以下のどちらかを持って行けば安心です。

 

  • 実印(じついん)

    ⇒「印鑑登録した印鑑」です。持ってない方も多いでしょう。

  • 認印(みとめいん)

    ⇒「日常的に使うハンコ」であり、100均の物でもOK。(印鑑登録などもない)

 

多くの方が「認印」を持って行くと思いますが、シャチハタは避けた方が無難です。

 

なぜならシャチハタは「ゴム製の印面」なので、「印影の変形」の可能性があるため、場合によっては受け付けて貰えない可能性があるからです。

 

 

 

本人確認書類

本人確認書類は「顔写真付きの身分証明書」ならば1点「顔写真なし」の場合は2点必要となります。

 

 

1点でよい本人確認書類
  • パスポート
  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード(写真付き)
  • マイナンバーカード
  • 公的機関の発行した免許証・資格証明書
  • etc...

 

 

2点必要な本人確認書類

  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 学生証
  • 公共料金の納付書
  • 請求者本人のクレジットカード・キャッシュカード
  • 請求者本人の通帳
  • etc...

 

これら「必要な物」についても、「1点で良い確認書類」「2点必要な本人確認書類」ともに、市区町村の役場によって微妙に差異が見受けられます。

 

「運転免許証事」「パスポート」という無難な証明書をお持ちでない場合は、事前に電話で確認するのが良いでしょう。

 

 

 

委任状(代理人の場合)

他の人が代理で取得しに行く場合は、委任状が必要です。

 

委任状は「提出する役場で貰う」または「その役場のホームページからダウンロード」できます。

 

この委任状には

 

  • 「頼む方」の氏名・住所・捺印
  • 「頼まれる方」の氏名・住所

 

を依頼人(頼む方)が記入します。

 

なお、代理で取得する方は「身分証明書」を持って手続きに向かいましょう。

 

人気の関連ページ!
>>委任状の書き方と、家族(親・兄弟)が代理する場合の委任状の要否!

 

スポンサーリンク

 

 

「郵送」で取る場合の必要書類!

「郵送手続き」の場合の必要書類については、先ほどの「戸籍謄本・抄本はどこで取る?取り方は?」内でも説明していますが、以下の通りです。

 

  • 運転免許証など「身分証明書の写し」
  • 手数料(郵便定額小為替450円)

    ⇒値段は「発行手数料について」で説明しています。

  • 返信用の封筒(切手を貼っておくこと)
  • 交付請求書(各役場のHPなどでダウンロード可能)

 

 

なお、本人確認書類は「顔写真付きの身分証明書」ならば1点「顔写真なし」の場合は2点必要となります。

 

1点でよい本人確認書類
  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード(写真付き)
  • マイナンバーカード
  • 公的機関の発行した免許証・資格証明書
  • etc...

 

 

2点必要な本人確認書類

  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 学生証
  • 公共料金の納付書
  • 請求者本人のクレジットカード・キャッシュカード
  • 請求者本人の通帳
  • etc...

 

これら「必要な物」についても、「1点で良い確認書類」「2点必要な本人確認書類」ともに、市区町村の役場によって微妙に差異が見受けられます。

 

また、郵送の場合は「パスポートは不可」としている所が多く見受けられますので、ご注意下さい。

 

「運転免許証事」という無難な証明書をお持ちでない場合は、事前に電話で確認するのが良いでしょう。

 

 

 

「コンビニ」で取る場合の必要書類!

戸籍謄本と戸籍抄本をコンビニのマルチコピー機で請求する場合、

 

  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード

 

のどちらかが必要です。

 

コンビニの店員へ本人確認書類を見せるのではなく、マルチコピー機に取り付けられた「カードリーダー」へスキャンすればOK

 

交付請求書なども必要ないのでとても簡単です。

 

 

 

「パスポートセンター」で取る場合の必要書類!

パスポートセンターにも「請求書」が備え付けられています。

 

あとは役場に取りに行く時と同様に

 

  • 身分証明書
  • 印鑑(念のため)
  • 委任状(代理人の場合)

 

を持参しましょう。

 

※役所の機能を備えていない場合が多いので、必ず最寄のパスポートセンターに電話で確認しましょう

 

人気の関連ページ!

 

 

 

では続いて
「交付請求書の書き方と7つのポイント」について説明します。

スポンサーリンク

 

 

交付請求書の書き方と7つのポイント

「交付請求書」は各自治体で貰えますし、ホームページでも取得することが出来ます。

 

この「交付請求書」は自治体によってフォーマットに違いはありますが、記載する内容はほぼ変わりませんので、大阪市のフォーマットを例に内容を説明していきます。

 

【例:大阪のフォーマット】

 

 

 

 

 

窓口にこられた方

「窓口に実際に持参する人」の住所と氏名を記入します。

 

ほとんどの場合に本人だと思いますが、「請求者から委任状を渡され、依頼されて来た人」の場合もあります。

 

関連ページ!
>>【戸籍謄本と代理人】委任状の書き方や、家族(親・兄弟)の場合の委任状の要否!

 

 

請求者

「請求者」というのは、言い換えると「届出人」になります。

 

ここも通常は「自分の名前」を記入すればOKです。

 

ほかに請求者(届出人)となれる人については、上の「請求できる人は?」で説明しています。

 

 

 

 

 

本籍

本籍とは「戸籍を置いている土地」のことを言います。

 

請求には本籍の記入が必須なので、分からない人は以下の方法で確認して下さい。

 

人気の関連ページ!
>>最速10秒!現在の「本籍」を超カンタンに調べられる5つの方法!

 

 

筆頭者の氏名

筆頭者とは「戸籍の主」のことを言います。

 

請求には筆頭者の記入も必須です。

 

あなたが独身であれば、通常は父親が筆頭者となっています。

 

また、結婚している場合は、通常は夫が筆頭者妻が配偶者であることが多いです。

 

ただし必ずしもその通りではないため、分からない場合は以下の記事を参考にして下さい。

 

人気の関連ページ!
>>「筆頭者・配偶者が誰なのか?」は、5秒もあれば把握できる!

 

 

請求者と筆頭者との関係

上で「筆頭者」を把握出来ていれば、簡単に分かると思います。

 

筆頭者・配偶者が分からない方は、上のリンクからご確認ください。

 

人気の関連ページ!
>>続柄の書き方がパッと分かる一覧まとめ【図で分かりやすく解説!】

 

 

請求の理由

これは特に難しく考える必要はなく、請求の理由にチェックを入れればOKです。

 

 

 

 

 

必要な証明書の種類

ここでは「戸籍」の

 

  • 謄本(とうほん)

    ⇒その戸籍に入っている全ての人間の情報を取得する

  • 抄本(しょうほん)

    ⇒その戸籍に入っている1人、もしくは複数人の情報を取得する

 

を選びます。

 

その際、上の画像のように抄本の「必要な方の氏名」欄が一人分しかない場合は、空いてるスペースに記入すればOKです。

 

ちなみにですが、「戸籍」の下にある

 

  • 除籍
  • 改正原戸籍

 

については、相続手続きなどで必要となる物です。

 

もし相続手続きなどで「過去のすべての戸籍情報を洗い出している」という場合は、これらの取得も必要となる可能性が高いです。

 

人気の関連ページ!

 

 

 

 

 

では続いて
「戸籍謄本・抄本の有効期限」について説明します。

スポンサーリンク

 

戸籍謄本・戸籍抄本に「有効期限」はある?

戸籍謄本や戸籍抄本を請求する機会は滅多にありません。

 

そんな戸籍謄本と戸籍抄本、家で余っている物を「もったいないから使いたい!」と思ったことありませんか?

 

では、この2つに有効期限はあるのでしょうか?

 

 

戸籍謄本・戸籍抄本に有効期限は存在しない

戸籍謄本と戸籍抄本には有効期限が定められていません

 

ただし、提出が必要な手続きや書類によって

 

「請求から○か月以内」

 

と独自に決めているものもあります。

 

たとえばパスポートの場合は、「6か月以内に発行した戸籍謄本・戸籍抄本」が必要です。

 

また婚姻届と一緒に提出する「戸籍謄本」は、自治体により

 

  • 3か月以内
  • 6か月以内

 

としていることもあるため、本籍地が遠方の場合は事前に確認したほうが良いです。

 

このように「提出書類」「提出場所」ごとに違った期限を設けている可能性があるため、あらかじめ提出先へ確認しましょう。

 

 

では続いて
「戸籍謄本」「戸籍抄本」はどんな時に必要になるの?というテーマについて説明しましょう。

 

スポンサーリンク

 

「戸籍謄本」「戸籍抄本」それぞれどんなときに必要?

ここからは、
「戸籍謄本・戸籍抄本の具体的な使い道」をご紹介します。

 

 

パスポートの取得・更新

戸籍謄本・戸籍抄本の使い道としてメジャーなのが「パスポート」です。

 

  • 家族全員分の取得・更新

    ⇒「戸籍謄本」

  • 個人の取得・更新

    ⇒「戸籍抄本」

 

パスポートの取得や更新を行う際、家族全員分の手続きをする場合は「戸籍謄本」を、戸籍の中の一人だけ手続きをする場合は「戸籍抄本」を請求します。

 

先ほどもご紹介したように、パスポートの取得・更新には発行から6か月以内の戸籍謄本・戸籍抄本が必要なため注意しましょう。

 

人気の関連ページ!

 

 

 

婚姻届の提出

婚姻届では「戸籍抄本」が必要です。

 

婚姻届の提出の際、戸籍抄本を忘れると受理されません。

 

婚姻届の「提出予定日」までに戸籍抄本が取れなくても、後日郵送で対応してくれる市町村もあるため、要相談です。

 

また戸籍抄本には有効期限がないため、最新の戸籍抄本が提出できない場合は「事前に請求しておいたものを取り急ぎ提出する」という方法もあります。

 

せっかくの記念日に慌てることがないよう、事前にきちんと戸籍抄本を用意しておきましょう

 

 

 

相続登記・相続手続き

「不動産の相続登記」や「相続手続き」では、ケースにより「戸籍謄本(抄本)・除籍謄本(抄本)」が必要となります。

 

相続登記とは「亡くなった方から不動産を相続する」場合に必要な手続きです。

 

この相続登記はただ「戸籍謄本を用意すれば良い」という簡単なものではありません。

 

厳密に「亡くなった方」と「相続人となる方」の関係性を証明する必要があります。

 

トラブルのない一般的な相続登記の場合、

 

  • 亡くなった方の「戸籍謄本、除籍謄本原戸籍
  • 相続人の「戸籍謄本、不動産の権利書、印鑑証明、認印」

 

などなど、数多くの書類や手続きが必要です。

 

「不動産の相続登記」だけでなく、さまざまな「相続手続き」において、ケースにより必要な書類や手続きが異なるため、司法書士への相談をおすすめします。

 

 

 

相続放棄

相続放棄には「戸籍謄本」が必要です。

 

相続放棄では

 

  • 亡くなった方の「住民票の除票」or「除籍謄本
  • 相続放棄する方の「戸籍謄本」

 

を請求します。

 

こちらも相続登記と同様に、司法書士への相談がおすすめです。

 

 

 

自動車の名義変更

自動車の名義変更では、
ケースにより「戸籍謄本」「戸籍の附票」が必要です。

 

自動車の名義変更をご自身で行う場合、「戸籍謄本」の提出を求められることがあります。

 

具体的には「車検証の氏名と現在の氏名が異なる場合」は戸籍謄本が必要となります。

 

また、「引越しを繰り返し住所が異なる場合」は戸籍の附票が必要です。

 

さらに

 

  • 亡くなった方の自動車を相続する場合
  • 未成年の方が自動車を所有者となる場合

 

にも戸籍謄本の提出を求められます。

スポンサーリンク

 

 

戸籍内の全員が死亡したら戸籍謄本・戸籍抄本はどうなる?

もしも死亡や結婚などで、戸籍内の人間が誰もいなくなった場合は、その戸籍は閉鎖されます。

 

戸籍が閉鎖されると、戸籍は「除籍」いう名称に変わるのです。

 

そのため、

 

  • 閉鎖された戸籍のすべての情報を確認する

    ⇒「除籍謄本」

  • 閉鎖された戸籍の一部の情報を確認する

    ⇒「除籍抄本」

 

を請求する事になります。

 

なお、「除籍謄本・除籍抄本」の保存期間は除籍扱いとなった日から150年間です。

 

関連の人気記事!
>>除籍謄本(抄本)とは?取り方や必要なもの!【相続での必要書類】

 

 

離婚した場合の「除籍」扱いについて

夫婦で婚姻届を提出した際、はじめて戸籍が作成されます。

 

またその時にはじめて、夫と妻は「それぞれの両親の戸籍」から抜けることになります。

 

そして夫と妻が「それぞれの両親の戸籍」から抜けることを “除籍” と言います。

 

言葉がややこしいですが、上で説明したように「家族全員が死亡や結婚で抜けてしまって、空になった戸籍」のことも除籍と言いますが、一部の人が戸籍から抜けることもまた「除籍」という呼称です

 

 

少し話が脱線しましたが、もし離婚した場合に「2人で作った戸籍はどうなるのか?」と言うと、

 

  • 筆頭者(親から姓を継いでいた方(一般的に夫))

    ⇒そのままの戸籍に在籍。

  • 配偶者(一般的に妻)

    ⇒「両親の戸籍に戻る」か「そのままの姓を名乗り、新しい戸籍を作る」。2人で作った戸籍からは除名される。

  • 子ども

    ⇒筆頭者の戸籍に残る(親権が妻にあれば、後に妻の戸籍に移すことが多い)。

 

となります。

 

つまり離婚をして、たとえ配偶者と子供が戸籍から除籍されても、筆頭者が戸籍に一人残るため、戸籍そのものは「除籍(廃止の意味)」という扱いになりません。

 

ただし、戸籍に「だれが、いつ除籍された」という記録は残り、除籍された人の名前にバツが付けられるため「バツイチ・バツニ」などと呼ばれています。

 

※戸籍の電子化も進む中で、「離婚」という文字は残りますが、×印が付くことはなくなりました

 

関連の人気記事!

スポンサーリンク

 

 

戸籍に関する「他の証明書」について!

「戸籍」に関しては、戸籍の内容を証明する戸籍謄本(抄本)以外にも、以下のような物があります。

 

遺産相続などケースによっては、必要とあることがあります。

 

※上で説明している物もありますが、ここで簡単にまとめます

 

 

戸籍の附表(ふひょう)

本籍地において、「戸籍台帳」とセットで保管されている物です。

 

『戸籍の附票』は、「戸籍に入っている人それぞれの、住所の移り変わり」の記録を目的としています。

 

法定相続人を探す時や、不動産の相続などで必要になってきます。

 

「住民票との違い」や「取り方」については、以下のページで説明しています。

 

>>戸籍の附票とは?保存期間や写しの取り方・手数料【完全版】

 

 

 

除籍謄本(抄本)

例えばですが、「両親の戸籍」において

 

  • 子どもが全員、結婚や分籍により戸籍から抜けた
  • 両親が亡くなった

 

場合は、その戸籍は「誰の籍もない状態(抜け殻)」となるため、戸籍が “除籍” という扱いを受けます

 

もし「除籍扱いの戸籍」の情報を取得する場合は、除籍謄本(抄本)の取得が必要になります。

 

除籍謄本(抄本)は、「相続手続き」で必要になることが多いです。

 

>>除籍謄本(抄本)とは?3つの取り方と必要なもの!【離婚・死亡時など】

 

 

 

改製原戸籍(かいせいげんこせき)

原戸籍(はらこせき)とも言われますが、これは戸籍の形式(フォーマット)が変わった時などに、「旧形式の戸籍」のことを指します。

 

平成6年の「戸籍の電子化」に伴い、多くの市区町村では戸籍情報が「紙保管」から「データ保管」に変わりました。

 

このタイミングで、少なくとも平成6年以前に生まれた方は「原戸籍」も保有していることになります。

 

離婚の記載など、一部データが「新フォーマット」に引き継がれないため、遺産相続などで「過去の情報」を揃えたい場合は、戸籍謄本(抄本)だけでなく、原戸籍の取得も必要になります。

 

引き継がれない項目などについては、以下のページで説明しています。

 

>>原戸籍(謄本・抄本)の取り方は超カンタン!役割や読み方【完全版】

 

 

 

ほとんどは「戸籍謄本」のみでOK!

色々と紹介しましたが、「戸籍謄本を提出して下さい!」と言われた場合、多くの場合は「戸籍謄本だけの提出」で問題ありません。

 

パスポート作成や婚姻時などでは、戸籍謄本以外は不要です。

 

しかし相続手続きなどで、「その人の “出生〜死亡までの情報” をすべて揃えなければならない」という場合には、上で挙げたような証明証も必要となってきます。

 

 

 

さいごに!

戸籍謄本も戸籍抄本も、「戸籍」を証明する際に必要となるものです。

 

本籍が遠方の場合、郵送による時間や費用が掛かってしまいますので、出来れば「マイナンバーカード」を作っておくことをオススメします

 

謄本や抄本がいざ必要となった時には、かなり手間が軽減されます。

 

もしくは可能であれば「本籍を近隣に移しておく」のも一つの手です。

 

スポンサーリンク


 

 

 

 

▼お役に立ちましたら、シェアして頂けますと嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連ページ

戸籍の附票とは?保存期間や写しの取り方・手数料【完全版】
【2018年更新版】戸籍の附表の取り方や手数料、自治体での保存期間について。また、住民票との違いや取得する場合の注意点、除票や改製原附票について、分かりやすくまとめています。
除籍謄本(抄本)とは?3つの取り方と必要なもの!【離婚・死亡時など】
【2018年更新版】戸籍謄本とは何が違うの?取り寄せ方や必要な物、取れる人は家族や代理人、他人でも大丈夫?保存期間はどれくらい?離婚、相続の時に関わる「除籍」について分かりやすく解説!
原戸籍(謄本・抄本)の取り方は3パターン!役割や読み方【完全版】
【2018更新版】(改製)原戸籍とは?役割や読み方、取得方法を分かりやすくまとめています。なぜ必要か?郵送での取り寄せは出来るのか?コンビニ対応しているか?等も説明。
戸籍謄本の筆頭者が5秒で分かる超カンタンな調べ方!
【2018年更新版】戸籍の「筆頭者」が5秒で分かる方法を紹介!離婚歴がある場合や、親が離婚・再婚した場合、または筆頭者が死亡した時にどうなるのか?わかりやすく解説します。
戸籍謄本・抄本を本籍地以外から取る3つの方法!【完全版】
【2018年更新版】戸籍謄本や抄本を取るには、「本籍の役所」へ請求する必要があります。しかし本籍が遠い場合も多く、そのような時に本籍地以外から取得する3つの方法を説明します。
戸籍謄本・抄本にマイナンバーは記載出来る?記載事項5つを画像つきで解説
【2018年更新版】戸籍謄本や抄本にマイナンバーを記載する事は出来るのか?謄本・抄本を取った際に実際に記載される内容(5つの事項)を、画像付きで説明していきます。
【戸籍謄本と代理人】委任状の書き方や、家族(親・兄弟)の場合の要否!
【2018年更新版】戸籍(謄本・抄本)の代理取得で必要な「委任状」。この委任状の書き方のほか、家族(親・兄弟)が代理で取る場合に、委任状が必要なのか?分かりやすく説明します。
本籍の5つの調べ方と筆頭者の確認方法、番地の正しい書き方!【完全版】
【2018年更新版】本籍とは何?という基本から、「5通りの調べ方」、「筆頭者って誰?親が離婚している場合はどうなる?」「本籍の住所の正確な書き方は?」という疑問を、どこよりも分かりやすく説明しています。
「本籍地の変更手続き」は超カンタン!皇居や東京タワーにも移動できる!
【2018年更新版】本籍地の移動手続きを、図を使って分かりやすく解説!皇居やディズニーランドなどの人気本籍スポットも紹介!パスポートや免許書がなければ変更できないのか?も説明しています。
住民票の3つの取り方と必要なもの!どこで取ると簡単?値段は違う?
【2018年更新版】住民票の発行方法や、請求書の書き方を分かりやすく解説。また、取得時の持ち物、料金の違い、県外にいる場合の貰い方、未成年が取るにはどうすれば良いのか?
住民票の移動(変更)に必要なもの!手続き期間は?土日もできる?
【2018年更新版】住民票を移す(異動)手続き方法や必要な物を説明。また、期間はいつからいつまでなのか?「住民票の変更」に関わる一連の流れを分かりやすく解説します。
住民票を移さないのは罰金!『必要なとき』6パターンからデメリットを知ろう!
【2018年更新版】住民票を移動しない!移してない!という場合に掛かる罰金額や条件の他、「移さなくて良い」条件を説明。その他、住民票が必要となる時と移さないデメリットを解説します。
転出届に必要なものは?期限はいつからいつまで?【書き方も解説】
【2018年更新版】転出届の提出に必要な物、書き方、郵送方法、代理を依頼する委任状の書き方を解説。その他、忘れた時にどうするか?土日は出せるのか?有効期限はあるか?等も説明します。
住民票記載事項証明書とは?書き方・必要な物と、コンビニで取る時の注意点
【2018年更新版】住民票記載事項証明書と住民票の違いとは?請求書・指定フォーマットの書き方や申請に必要な物、どこで取れるか?マイナンバーは入れれる?わかりやすく説明します。
戸籍謄本と住民票の違いを画像で解説!
戸籍謄本(抄本)と住民票の違いを画像で比較!「本籍と住所の違い」「筆頭者と世帯主の違い」など、5つの細かい違いを分かりやすく説明していきます。
続柄の書き方がパッと分かる一覧まとめ【図で分かりやすく解説!】
「あなたとの続柄」「世帯主からみた続柄」などの一覧まとめ。一覧図もあるため、「妻・嫁・夫・旦那・父・母・娘・息子・子」の正解が分かる。年末調整や戸籍・住民票、保険の受取などに。
「いとこの子供」の呼び方・続柄と、子供側から見た私の呼び名・続柄は?
「いとこの子供」には色々な呼び方があります。続柄の表記、いとこの子供から見た私の呼び名も解説。その他、結婚できるのか?お年玉は渡すべきか?もあわせて説明します。
はとこの意味がパッと分かる!家系図と「サザエさん一家」で理解しよう
「はとこ」の意味や漢字を、「家系図」と「サザエさん一家」で分かりやすく解説!はとこと結婚できるのか?「またいとこ」とは違うのか?芸能界にいる「はとこ関係」も紹介!