マイナンバーの変更方法と、手続きに必要な条件2つ【必要書類まとめ】

マイナンバーの変更方法と、手続きに必要な条件2つ【必要書類まとめ】

このページでは「番号の変更方法」を説明しています。

「住所・氏名の変更」については、以下のページをご覧下さい。

 

 

こんにちは。
元市民課職員のアキラです。

 

2015年10月から運用されている「マイナンバー(個人番号)制度」。

 

これにより、一人ひとりに「12桁の番号」が割り当てられましたが、中には何かしらの理由から『マイナンバーを変更したい…』という方もいらっしゃるでしょう。

 

そこでこのページでは、

 

  • マイナンバーは変更できるのか?
  • どのような場合に変更できるのか?
  • 申請にはどんな手続きが必要か?

 

という点を分かりやすくまとめてみました。

 

「マイナンバーの変更」でお悩みの方には、是非参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

 

目次
  • マイナンバーを変更するための2つの条件
  • マイナンバーの「変更手続き」は3ステップ
  • 変更手続きで必要となる4つの書類
  • 新しいマイナンバーが決まるタイミングすぐに確認する方法
  • 変更するにあたっての3つの注意点

 

人気の関連ページ!

 

スポンサーリンク

 

マイナンバーを変更するには条件がある!

『マイナンバーは変更できるのか?』と疑問を持つ方も多いと思いますが、答えを述べると

 

条件を満たしていれば、変更可能

 

です。

 

ここではその「条件」を2つに分けて説明していきます。

 

 

 

漏えいして「不正利用」される可能性がある場合

マイナンバー変更が可能か否かは、この「不正利用される可能性があるかどうか」で決まります。

 

たとえば『自分の数字が気に入らない』といった、「不正利用のリスク」と程遠い理由では変更は認められません。

 

以下は、内閣府のホームページより引用です。

 

Q2-4
マイナンバーは希望すれば自由に変更することができますか。

 

A2-4
マイナンバーは原則として生涯同じ番号を使い続けていただき、自由に変更することはできません。
ただし、マイナンバーが漏えいして不正に用いられるおそれがあると認められる場合に限り、本人の申請又は市区町村長の職権により変更することができます。(2014年6月回答)

 

引用:内閣府番号制度担当室

 

 

では、この「不正に用いられる恐れがあると認められる場合」とは一体何なのか…?

 

 

「マイナンバー通知カードの紛失」だけでは認められない?

「マイナンバー」は、各市区町村長の権限によって「番号の変更」が可能です。

 

そのため、最終的な判断は各自治体ごとに異なる可能性があるのですが、上の引用文にもあるとおり、原則として「不正に用いられる恐れがある場合」のみ対応してもらえます。

 

では仮に「マイナンバー通知カード」を紛失した場合はどうかと言うと、この場合は認められない可能性もあるのです。

 

 

▼マイナンバー通知カード▼

 

 

なぜなら、マイナンバーは身分証明書とセットになって始めて意味を成すものであって、マイナンバーだけが流出したところで、不正利用できないからです。

 

※「通知カード」には名前の記載がありますが、身分証としての効力はありません

 

そのため、たとえば『マイナンバーを記していたメモを落としてしまった…』といったケースでも、「マイナンバー変更」を受け付けて貰えないことがあります。

 

 

身分証と一緒に紛失した場合は、変更できるかも!

一方、「マイナンバー通知カード」を「免許証などの身分証明書」と一緒に紛失した場合は、『不正利用される可能性がある』という理由から、マイナンバーの変更が認められる可能性が高いです。

 

たとえば「NISAの口座開設」には、

 

  • マイナンバーの記入
  • 身分証明書の提出

 

が必要ですが、身分証も一緒に紛失している場合は、不正に口座開設されてしまう可能性があるでしょう。

 

そのため、マイナンバーを変更できる可能性が高いです。

 

 

変更の可否は、自治体に確認せよ!

上でも説明のとおり、『不正利用される可能性があるか否か』の判断は各自治体が行うため、変更したい場合はまずは電話で最寄の自治体へ相談してみると良いでしょう。

 

たとえば、マイナンバーカード(もしくは通知カード)を

 

  • 落としたのか?
  • 盗られたのか?

 

によっても「紛失」の意味合いが変わってくるため、この点が重視されることになります。

 

スポンサーリンク

 

 

事前に「遺失物届」を出しておくこと

こちらは「マイナンバー変更の条件」と言うよりは、変更する際に「前提としてやっておくこと」です。

 

『マイナンバーを変更したい』という場合、多くのケースで

 

  • 「マイナンバー通知カード」を紛失した
  • 「マイナンバーカード」を紛失した
  • 「マイナンバーを記した何らかの書類」を紛失した

 

という場合でしょう。

 

※デザインの違い

マイナンバー

カード

通知

カード

 

 

上でも説明のとおり、財布を落とす等して「身分証明書と共にこれらのカードを紛失した場合」は、悪用の可能性があるため「マイナンバー変更」が認められます。

 

その場合は、マイナンバー変更とともに「これらのカードの再発行」を行う必要があるのですが、「カードの再発行」では、以下が必要となります。

 

必要な証明書
  • 紛失した場所が「自宅外」の場合

    ⇒警察署や交番で予め「遺失物届」の提出が必要(提出後に発行される「受理番号」が必要)

  • 火災で焼失等した場合

    ⇒消防署や市が発行する「罹災証明書(罹災証明書)」が必要

  • 自宅で紛失した場合

    ⇒必要な証明書は無いが、「通知カード再交付申請書」に紛失した経緯を記入する必要あり

 

 

「マイナンバーの変更」および「カードの再発行手続き」前には、あらかじめこれらの手続きをしておきましょう。

 

 

もしも紛失していない場合は?

 

「マイナンバー(通知)カード」を紛失していない場合でも、マイナンバーの変更を行った場合、どちらにしても「マイナンバー通知カードの再発行」になります。

 

そのため、既存のカードは返却することになります。

 

もしも「マイナンバーカード」が必要であれば、通知カードが届いた後に、「マイナンバーカードの発行申請」が必要となります。

 

なお、そもそも「紛失」していないのであれば、一連の手続きにおいて「遺失物届」「罹災証明書」などは不要です。

 

スポンサーリンク

 

 

「マイナンバー変更」手続きは3ステップ!

「マイナンバーの変更手続き」の流れはとてもシンプルです。

 

 

  1. 「通知カード」「マイナンバーカード」「マイナンバーを記載した書類」を紛失している場合は、まずは警察署や消防署に届け出に行く

    ⇒詳しくは上記「事前に「遺失物届」を出しておくこと」を参考にして下さい

  2. 住民登録している役場へ行き、「個人番号変更請求書」を提出する

    ⇒カードの「紛失」もしくは「返納」の手続きも併せて行う

  3. 新しい「マイナンバー通知カード」が後日郵送されてくる

    ⇒マイナンバーカードが欲しい人は、同封されている「交付申請書」で発行する

 

 

では、一つずつ流れを説明しましょう。

 

 

まずは警察署や消防署に届けに行く

この点は、すでに「事前に「遺失物届」を出しておくこと」で説明していますので、そちらをご確認下さい。

 

 

 

「個人番号変更請求書」を提出する

住民登録している地域の役場(市役所・区役所)に行き、「個人番号変更請求書」を提出します。

 

※この申請書は、自治体によっては「個人番号指定請求書兼通知カード再交付申請書」など、呼称が異なる場合もあります

 

申請書は自治体の窓口で渡されますが、自治体によってはHPからダウンロードすることも可能。

 

以下は例として「東京都東大和市」の申請書を元にした、記載例です。

 

※自治体によって申請書は異なりますが、記載内容に大きな差異はありません

 

 

カードを紛失した場合は、「紛失届」も必要となる!

『通知カードやマイナンバーカードを紛失したため、番号を変更したい』という場合、紛失届も必要となります。

 

なお「紛失届」には、

 

  • 紛失の経緯
  • 「遺失届を届け出た警察署」の名前・電話番号
  • 遺失届の受理番号

 

を記入する必要がありますので、事前に確認しておきましょう。

 

詳しくは、事前に「遺失物届」を出しておくことを参考にして下さい。

 

 

カードがある場合は、「返納届」も提出する!

『カードは紛失してないけど、マイナンバーが漏れて悪用されそう』という理由から番号変更する場合は、既存の

 

  • 通知カード
  • マイナンバーカード

 

は無効となるため、上記手続きと同時に「返納手続き」をします。

 

 

 

 

新しい「マイナンバー通知カード」が後日郵送されてくる

手続きが済めば、だいたい3週間〜1ヶ月ほどで新しい「マイナンバー通知カード」が郵送されてきます。

 

 

▼マイナンバー通知カード▼

 

 

なお、例え「マイナンバーカードを紛失したから番号を変更した」という場合でも、送られてくるのはあくまでも「マイナンバー通知カード」です。

 

そのため、マイナンバーカードを再度発行したい場合は、再度「マイナンバーカードの発行」が必要となります。

 

マイナンバーカードの発行には、通知カードに付属している「交付申請書」を使います。

 

 

 

申請方法は「マイナンバーカードの5つの申請方法!」で紹介していますが、マイナンバーカード発行が2回目以降になる場合、発行手数料の1000円が掛かる可能性があります

 

はじめてのマイナンバーカード発行であれば無料ですので、まだ発行していない方は発行することをオススメします!

 

人気の関連ページ!

 

スポンサーリンク

 

 

変更手続きで必要となる書類は4つ!

変更手続きに必要となるのは、以下の4種類です。

 

  1. 身分証明証
  2. 「通知カード」もしくは「マイナンバーカード」

    ⇒手元にある場合

  3. 「警察に届け出た後の受理番号」もしくは「消防署発行の罹災証明書」
  4. 手数料500円

    ⇒盗難など本人に責のない場合は無料

 

 

そのほか、「番号変更申請書」をあらかじめHPでダウンロードして記入する方は、変更申請書も持参しましょう

 

なお身分証明証については、「顔写真付きの身分証明書」ならば1点「顔写真なし」の場合は2点必要となります。

 

 

1点でよい本人確認書類
  • パスポート
  • 運転免許証
  • 公的機関の発行した免許証・資格証明書
  • etc...

 

 

2点必要な本人確認書類

  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 学生証
  • 公共料金の納付書
  • 請求者本人のクレジットカード・キャッシュカード
  • 請求者本人の通帳
  • etc...

 

スポンサーリンク

 

 

新しいマイナンバーは、いつどのタイミングで決まるのか?

ここまで説明のとおり、マイナンバー変更の申請をすると、だいたい1ヶ月ほどで新しい通知カードが手元に届きます。

 

では「変更申請」してから「通知カードが届くまで」に、マイナンバーが必要となった場合はどうするのか?

 

実は「マイナンバー変更申請」をしたタイミングで、新しいマイナンバーは決まっています

 

通知カードが届くまでには時間が掛かりますので、もしもそれまでに「マイナンバーが知りたい」という場合は、住民票を取得しましょう。

 

住民票では「マイナンバーの記載の有無」を選べますので、「記載する」にチェックして発行すればOKです。

 

 

 

「マイナンバー入りの住民票」は即日で簡単に発行できますので、マイナンバーを把握しておかなければならない方は、変更申請をしたついでに、住民票も取得しておきましょう。

 

人気の関連ページ!
>>住民票の4つの取り方と必要なもの!どこで取ると得か?【土日も可能】

 

スポンサーリンク

 

 

マイナンバーを変更する場合の3つの注意点!

マイナンバー変更には大きなデメリットはありませんが、以下の3点には注意しましょう。

 

 

提出先に変更内容を伝える

過去にマイナンバーを伝えた(提出した)所には、変更した旨を伝える必要があります。

 

勤務先はもちろん、証券会社や銀行、保険会社など、提出している場所には連絡しましょう。

 

 

 

マイナンバーカードの発行手続きが必要となる

すでに説明のとおり、マイナンバーを変更した場合は、新しい「マイナンバー通知カード」が送られてきます。

 

たとえ「マイナンバーカード」を紛失したとしても、番号を変更した場合は「マイナンバー通知カード」を一旦受け取り、その後自ら「マイナンバーカードの発行申請」をする必要があります。

 

人気の関連ページ!

 

 

 

マイナンバーカードを紛失している場合は…

万が一「マイナンバーカード」を紛失したのであれば、マイナンバーの変更手続きよりも、先に「機能の一時停止手続き」を行ってください。

 

  • マイナンバー総合フリーダイヤル(無料)

    ⇒0120-95-0178

  • マイナンバーカードコールセンター(有料)

    ⇒0570-783-578

 

※紛失等の場合は、365日24時間対応

 

 

 

 

まとめ!

マイナンバーの「変更方法」や「変更できる条件」、必要書類について説明しました。

 

さいごに簡単にまとめてみます。

 

  • マイナンバー変更が出来るか否かは、「不正利用の可能性の有無」で決まる
  • カードを紛失している場合、事前に警察署に「遺失届け」を提出する必要がある
  • 変更手続きは「個人番号変更請求書」を提出と、「紛失」もしくは「返納」手続きをあわせて行う
  • 手続き後、新しい「マイナンバー通知カード」が1ヶ月ほどで郵送されてくる
  • 「マイナンバーカード」が欲しい場合、自ら「交付申請書」を使ってマイナンバーカードの発行が必要
  • 通知カードが届くまでに時間が掛かるため、新しいマイナンバーをすぐ知りたい場合は「住民票」を取得すれば良い
  • 変更後は、マイナンバーを提出した場所に「変更した旨」を伝えること

 

 

繰り返しになりますが、マイナンバーカードの発行はとても簡単ですので、新しい通知カードが届いた方は、パパッと作成してしまいましょう。

 

 

 

また「マイナンバー」が漏れた場合のリスクについては、以下でまとめています。

 

>>【マイナンバー通知カード】紛失時の3つの手続きと、悪用リスクまとめ

 

スポンサーリンク

 

人気の関連ページ!

 

 

戸籍謄本・抄本の「取り方」


本籍・筆頭者の「調べ方」


本籍の「変え方」


戸籍謄本の「内容」


戸籍謄本の「種類」


その他、戸籍・本籍の情報!

 

 

 

住民票の「取り方」


住民票の「移動」


住民票の「内容」


住民票の「種類」


その他、住民票の情報!

 

 

関連ページ

戸籍謄本・戸籍抄本の5つの取り方と必要なもの!どこで取ると得か?
【2018年更新版】戸籍謄本と戸籍抄本、住民票との違いは?5つの取得方法での値段の違いはあるか?読み方は?必要な時は?死亡時にどうなる?解説します。
戸籍謄本・抄本のコンビニ取得方法と7つの注意!費用・交付時間まとめ
【2018年最新版】戸籍謄本(抄本)は、マイナンバーカードがあればコンビニ取得出来ます。やり方と必要なもの、取得時の注意点を分かりやすくまとめました。
戸籍謄本の取り寄せ方と必要なもの!【書き方・日数・速達方法も解説】
【2018年最新版】戸籍謄本・戸籍抄本を郵送やコンビニで取り寄せる方法を解説。どれくらいの時間・費用がかかるのか?分かりやすく説明します。
戸籍の附票とは?保存期間や写しの取り方・手数料【完全版】
【2018年更新版】戸籍の附表の取り方や手数料、自治体での保存期間について。また、住民票との違いや取得する場合の注意点、除票や改製原附票について、分かりやすくまとめています。
除籍謄本(抄本)とは?3つの取り方と必要なもの!【離婚・死亡時など】
【2018年更新版】戸籍謄本とは何が違うの?取り寄せ方や必要な物、取れる人は家族や代理人、他人でも大丈夫?保存期間はどれくらい?離婚、相続の時に関わる「除籍」について分かりやすく解説!
原戸籍(謄本・抄本)の取り方は3パターン!役割や読み方【完全版】
【2018更新版】(改製)原戸籍とは?役割や読み方、取得方法を分かりやすくまとめています。なぜ必要か?郵送での取り寄せは出来るのか?コンビニ対応しているか?等も説明。
戸籍謄本の筆頭者が5秒で分かる超カンタンな調べ方!
【2018年更新版】戸籍の「筆頭者」が5秒で分かる方法を紹介!離婚歴がある場合や、親が離婚・再婚した場合、または筆頭者が死亡した時にどうなるのか?わかりやすく解説します。
戸籍謄本・抄本を本籍地以外から取る3つの方法!【完全版】
【2018年更新版】戸籍謄本や抄本を取るには、「本籍の役所」へ請求する必要があります。しかし本籍が遠い場合も多く、そのような時に本籍地以外から取得する3つの方法を説明します。
戸籍謄本・抄本の『見本』と、内容・記載事項5つを画像付きで解説!
【2018年更新版】戸籍謄本や抄本に何が記載されるのか?マイナンバーは載るのか?実際に記載される内容(5つの事項)を、画像付きで説明していきます。
【戸籍謄本と代理人】委任状の書き方や、家族(親・兄弟)の場合の要否!
【2018年更新版】戸籍(謄本・抄本)の代理取得で必要な「委任状」の書き方と、本人以外の家族(親・兄弟姉妹)が代理で取る場合に委任状が必要なのか?を解説します。
戸籍謄本の種類は3つある!違いを画像付きで分かりやすく説明します
戸籍謄本の種類と違いを画像で説明!戸籍謄本・抄本の違いは?除籍って?原戸籍ってなに?分かりやすく解説します。
戸籍謄本の有効期限まとめ【パスポート・相続・結婚・離婚・転籍 etc…】
【2018年更新版】パスポート作成や相続、婚姻や離婚、転籍など、さまざまなシーンで必要となる謄本。戸籍謄本・抄本に有効期限はあるのか?解説します。
本籍の5つの調べ方と筆頭者の確認方法、番地の正しい書き方!【完全版】
【2018年更新版】本籍とは何?という基本から、「5通りの調べ方」、「筆頭者って誰?親が離婚している場合はどうなる?」「本籍の住所の正確な書き方は?」という疑問を、どこよりも分かりやすく説明しています。
「本籍地の変更手続き」方法と、メリット・デメリットまとめ【必要書類】
【2018年更新版】本籍地の移動手続きと、長所・短所を解説。皇居などの人気本籍スポットも紹介。パスポートや免許証がなければ変更できないのか?も説明。
住民票の4つの取り方と必要なもの!どこで取ると得か?【土日も可能】
【2018年更新版】住民票の発行方法や、請求書の書き方を分かりやすく解説。また、取得時の持ち物、料金の違い、県外にいる場合の貰い方、未成年が取るにはどうすれば良いのか?
住民票のコンビニでの取り方と5つの注意!交付時間やマイナンバー有無など
【2018年更新】コンビニでの住民票発行のやり方と、注意点を解説。通知カードでの取得やマイナンバー記載の有無、発行時間についても説明。
住民票は本人以外でも取れる!【家族・知人による代理取得と委任状】
【2018最新版】住民票を代理人に代わりに取得して貰う方法を解説。委任状の書き方や家族でも必要なのか?未成年者の場合はどうか?など。
住民票の3つの移し方と必要なもの!手続き期間は?土日もできる?
【2018年更新版】住民票を移す(変更)手続き方法や必要な物、期間はいつからいつまでか?「住民票の移動」に関わる一連の流れを解説。
住民票を移さないのは罰金!『必要なとき』6パターンからデメリットを知ろう!
【2018年更新版】住民票を移動しない!移してない!という場合に掛かる罰金額や条件の他、「移さなくて良い」条件を説明。その他、住民票が必要となる時と移さないデメリットを解説します。
住民票に有効期限はあるのか?提出先に求められる期限をまとめてみた
【2018年最新版】住民票に有効期限はあるのか?提出先によっても変わる有効期限、ここでは賃貸・住宅ローン契約や車検、運転免許試験などで求められる期限について解説しています。
住民票の種類は5つある!内容・用途の違いを画像付きで説明します!
【2018年最新版】住民票の種類と、内容・使い方の違いを解説します。どれを取れば良いのか?が分かります。参考にしてみて下さい!
住民票の「原本・写し・コピー」の3つの違いを分かりやすく解説します
【2018年最新版】「住民票の原本を提出して下さい」と言われた時に、「写し」で良いのか気になる方も多いでしょう。また「コピー不可」の場合に「写し」で良いのか?気になるところ。
住民票の15の記載内容を「見本」で解説!記載事項から分かることは?
【2018年最新版】住民票には何が書いてある?マイナンバーは記載される?見本画像ととも、15の記載事項を分かりやすく解説します。
転出届に必要なものは?期限はいつからいつまで?【書き方も解説】
【2018年更新版】転出届の提出に必要な物、書き方、郵送方法、代理を依頼する委任状の書き方を解説。その他、忘れた時にどうするか?土日は出せるのか?有効期限はあるか?等も説明します。
住民票記載事項証明書とは?書き方・必要な物と、コンビニで取る時の注意点
【2018年更新版】住民票記載事項証明書と住民票の違いとは?請求書・指定フォーマットの書き方や申請に必要な物、どこで取れるか?マイナンバーは入れれる?わかりやすく説明します。
戸籍謄本と住民票の違いを画像で解説!
戸籍謄本(抄本)と住民票の違いを画像で比較!「本籍と住所の違い」「筆頭者と世帯主の違い」など、5つの細かい違いを分かりやすく説明していきます。
マイナンバーカードの5つの作り方!どの申請方法が簡単?申請期間は?
マイナンバーカードの「申請方法〜発行」を分かりやすく解説。申請に必要なもの、作り方の違い、どの方法が簡単か、発行日数、申請期限はあるのか?など。
マイナンバーカードの「受け取り」方法!期限・所要時間・土日受取まとめ
【2018年更新版】マイナンバーカードの受取方法や必要な物、代理人による受取、委任状の書き方、所要時間、土日の受取について解説。
マイナンバーカードのメリット7つとデメリット4つ!できる事と必要性
マイナンバーカードを作ることによるメリット・デメリットをまとめました。出来ることや作る必要性、悪用リスクなどを解説。
マイナンバーカードの有効期限を確認しよう!更新手続きと5つの注意点
【2018年最新版】マイナンバー(個人番号)カードの有効期限の確認方法と、更新手続きの流れ、電子証明証はどうなるのか?手数料はどれほどか?についてまとめました。
マイナンバーカードが届かない時の3つの確認!問い合わせ先はどこ?
【2018年更新版】個人番号カード(マイナンバーカード)が届かないという方に、3つの確認ポイントを解説!どこに問い合わせるべきかも説明しています。
マイナンバーカードの交付申請書は4種類!紛失時の再発行方法も解説
【2018年最新版】個人番号カードを申請する際に使う「交付申請書」は、実は4種類あります。それぞれの違いと使う際の注意点、紛失して再発行した場合の注意をまとめました。
マイナンバーカード発行は即日可能か?発行日数を確認する2つの方法!
【2018年最新版】マイナンバーカードは発行まで何日掛かる?即日発行は出来ないの?カード申請から発行までの日数についてまとめています。
マイナンバーカードは、「通知カード」を紛失しても発行・受取できる!
【2018年最新版】マイナンバーカードの作成では、通知カードが必要です。ですが、無くなった場合でも発行は可能です。紛失した場合にどのような手続きが必要なのかまとめました。
<マイナンバー通知カード>紛失時の3つの手続きと、再発行手順まとめ
【2018年更新版】通知カードを失くした時の3通りの手続きと、再発行する手順や手数料、紛失したことによる悪用リスクを分かりやすく説明します。
マイナンバーがわからない時の5つの調べ方【即日で番号確認する裏技】
【2018年最新版】マイナンバー(個人番号)が分からない!番号だけ知りたい!という方に5つの番号確認方法を紹介しています。どれも即日で確認できるので参考にして下さい。
マイナンバー(通知)カードの「住所変更」手続き!引越し後の7つの注意
【2018年最新版】引っ越し後は、個人番号カード・通知カードの住所変更が必須!手続き方法や必要書類、引越し後14日・90日過ぎて申請するとどうなるのか?まとめました。
マイナンバーカード・通知カードの「氏名変更」手続きと、5つの注意点!
【2018年最新版】結婚や離婚などにより名前が変わった場合の、「マイナンバーカード・通知カードの氏名変更」を解説。また、名前変更に関する注意点もまとめています。
マイナンバーカードは写真なしで発行可能?「写真なし」を求められたら
【2018年最新版】個人番号カードは「顔写真なし」で申請・発行することは出来るか?また「提出物」の中に「マイナンバーカード(顔写真なし)」と記載されている場合に提出すべき物について。
婚姻届の必要書類4つと、事前確認しておくべき7つの点!【完全版】
【2018年版】婚姻届の提出に必要なものを分かりやすく解説!必要なのは戸籍謄本?抄本?また、提出前に絶対に確認しておくべき点も紹介!
婚姻届の書き方がパッと分かる!15項目を見本で解説【記入例まとめ】
【2018年更新】婚姻届の書き方を記入例で解説!住所はマンション名まで?番地まで?本籍や証人とは?解説します。
婚姻届の「新本籍」にオススメな候補地5ヶ所と、決める時の2つの注意点
【2018年版】婚姻届に書く「新しい本籍地」はどこにすべき?メリットとデメリットと共に、本籍地の候補を紹介します。
続柄の書き方がパッと分かる一覧まとめ【図で分かりやすく解説!】
「あなたとの続柄」「世帯主からみた続柄」などの一覧まとめ。一覧図もあるため、「妻・嫁・夫・旦那・父・母・娘・息子・子」の正解が分かる。年末調整や戸籍・住民票、保険の受取などに。
「いとこの子供」の呼び方・続柄と、子供側から見た私の呼び名・続柄は?
「いとこの子供」には色々な呼び方があります。続柄の表記、いとこの子供から見た私の呼び名も解説。その他、結婚できるのか?お年玉は渡すべきか?もあわせて説明します。
はとこの意味がパッと分かる!家系図と「サザエさん一家」で理解しよう
「はとこ」の意味や漢字を、「家系図」と「サザエさん一家」で分かりやすく解説!はとこと結婚できるのか?「またいとこ」とは違うのか?芸能界にいる「はとこ関係」も紹介!