マイナンバーカードの有効期限を確認しよう!更新手続きと5つの注意点

マイナンバーカードの有効期限を確認しよう!更新手続きと5つの注意点

こんにちは。
元市民課職員のアキラです。

 

マイナンバーカードには「有効期限」が設けられているのをご存知でしょうか?

 

有効期限が切れると失効してしまうため、更新手続きが必要となります。

 

このページでは、

 

  • マイナンバーカードの有効期限はどれくらいあるのか?
  • どのように更新すれば良いのか?

 

について、どこよりも分かりやすく説明します。

スポンサーリンク

 

目次
  • マイナンバーカードの有効期限は何年
  • 「電子証明証」の有効期限も把握しておこう!
  • 更新手続きはどのタイミングでするのか?
  • 更新手続きの流れは?
  • 更新手続きに手数料は掛かるの?
  • 有効期限・更新に関して注意すべき5つのポイント

 

人気の関連ページ!

 

スポンサーリンク

 

 

マイナンバーカードの有効期限は何年?

回りくどい説明を省き、さっそく有効期限について説明します。

 

まず「マイナンバーカードの有効期限」は、カードの表面に印字されています。

 

マイナンバーカードの有効期限

 

 

ではこの有効期限がどのように決まっているのかと言うと、「カードを発行した時の年齢」によって、以下のとおり決まります。

 

マイナンバーカード

発行時の年齢

有効期限

20歳以上

10回目の誕生日

19歳以下

5回目の誕生日

 

 

つまり、もしも25歳の時にマイナンバーカードを発行したのであれば、35歳の誕生日までが有効期限。

 

また、もしも19歳の時に発行したのであれば、24歳の誕生日までが有効期限です。

 

 

 

有効期限が切れたら?

「有効期限となっている誕生日」から1日でも過ぎれば、そのマイナンバーカードは失効してしまいます。

 

つまり、身分証明書として利用することが出来なくなります。

 

また、このあと説明しますが「コンビニでの住民票取得サービス」なども受けられなくなります。

 

そしてマイナンバーカードは「返納」しなければならず、変わりに「通知カード」を再発行してもらうことになります。

 

ただし「12桁のマイナンバー」そのものは、基本的には一生同じ数字を使い続けることになっているため、カードの有効期限が切れたとしても「あなたの番号」として存続します。

 

※番号が漏えいするなどして、悪用リスクがある場合のみ「番号変更」ができます
>>マイナンバーの変更方法と、手続きに必要な条件2つ【必要書類まとめ】

 

スポンサーリンク

 

 

「電子証明証」の有効期限も把握しておく必要がある!

「マイナンバーカードの有効期限」として、実はもう一つ把握しておくべき期限があります。

 

それが「電子証明証」の期限であり、これもカードの表面に記載されています。

 

マイナンバーカードの電子証明証の有効期限

 

 

 

電子証明証ってなに?

マイナンバーカードにはICチップが内臓されており、その中には

 

  • 署名用電子証明書
  • 利用者証明用電子証明書

 

という2種類の証明書が搭載されています。

 

この2つの「用途の違い」を簡単に説明すると、

 

  • 署名用電子証明書

    ⇒オンラインで確定申告する時などに使用

  • 利用者証明用電子証明書

    ⇒コンビニで「住民票・戸籍謄本」などを取得する際に使用

 

という違いがあります。

 

 

 

これらの証明書にも有効期限がある!

面倒なことに、マイナンバーカードそのものの有効期限以外に、これらの「電子証明書」に対しても有効期限が設けられているのです。

 

こちらは「発行時の年齢」によって有効期限の違いはありませんが、14歳以下は「署名用電子証明書」が発行できません。

 

カード

発行時の年齢

署名用

電子証明書

利用者証明用

電子証明書

20歳以上

5回目の誕生日

5回目の誕生日

15歳以上19歳以下

5回目の誕生日

5回目の誕生日

14歳以下

発行できない

5回目の誕生日

 

 

つまり、もしも25歳の時にマイナンバーカードを発行した場合、

 

  • 30歳の誕生日で「電子証明証」の有効期限が切れる
  • 35歳の誕生日で「マイナンバーカード自体」の有効期限が切れる

 

という、ややこしい状況になるのです。

 

 

 

「電子証明書」の有効期限が切れたらどうなる?

もしも「電子証明書」の有効期限だけが切れた場合は、「コンビニでの住民票取得サービス」などの「マイナンバーカードを持つことによるメリット」を受けられなくなります。

 

人気の関連ページ!
>>マイナンバーカードのメリット7つとデメリット4つ!できる事と必要性

 

 

つまりただの「マイナンバーを把握できる身分証明書」になってしまうのです。

 

そのため、「有効期限が切れる前に必ず更新すべきもの」だと考えておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

更新手続きはいつからいつまでにするの?

「マイナンバーカード」や「電子証明書」の更新方法を説明する前に、「更新するタイミング」について説明しましょう。

 

 

「マイナンバーカード」自体の更新タイミング

「マイナンバーカードそのもの」の更新手続きは、

 

「有効期間満了日の3か月前」から「有効期間満了日」まで

 

となっています。(参考:大阪府岸和田市HP

 

言い換えると、『期限3ヶ月前から更新できるけど、期限を切れると更新できないよ』という事です。

 

 

 

「電子証明書」の場合の更新タイミング

電子証明書についても、基本的には

 

「有効期間満了日の3か月前」から「有効期間満了日」まで

 

の間に更新手続きが必要となります。

 

ただし、もし期限が切れた場合は「更新」ではなく「新規発行手続き」となります。(参考:豊中市HP

 

後ほど説明しますが、その他の理由でも「失効」してしまうタイミングがあるのですが、その場合は「再発行」が必要です。

 

そしてマイナンバーカードそのものが有効であれば、いつでも「電子証明書」は再発行手続きが出来ます。

 

逆にもしもマイナンバーカードが失効してしまった場合は、カードの再交付を受けてから、電子証明書を再度申請することになります。

 

スポンサーリンク

 

 

具体的な更新方法は?

ではどのように更新手続きをするのか?確認していきましょう。

 

 

「マイナンバーカード」自体の更新方法!

マイナンバーカードそのものの更新方法については、2015年に制度が始まって以来、まだ誰も有効期限を迎えていないため、2018年現在は定まっていません。

 

例として「加古川市のHP」を見ても、以下のとおりの記載になっています。

 

現在のところ、更新の手続方法及び手数料については未定ですので決まり次第、お知らせします。

引用:加古川市HP

 

 

制度が始まったのが2015年なので、早い人では2020年にはマイナンバーカードの更新手続きが必要になるでしょう。

 

決定次第、当サイトでも追記します。

 

 

 

電子証明証の更新方法!

一方の電子証明書については、すでに「新規発行」という名目で発行作業が行われています。

 

※2020年までは「更新」手続きはありませんが、新規発行と流れは同様です

 

実際の「新規発行手続き」の流れは以下のとおりです。

 

  1. 申請窓口にある「電子証明書 新規発行/更新申請書」を提出する
  2. マイナンバーカードを提示する
  3. マイナンバーカードに設定した暗証番号を入力する
  4. 即日で新規発行・更新が完了する

 

 

「電子証明書 新規発行/更新申請書」については、インターネットからもダウンロードできます。

 

>>電子証明書 新規発行/更新申請書

 

スポンサーリンク

 

 

更新手続きに手数料は掛かるのか?

2018年現在、更新手続きに関する手数料は未定となっています。

 

情報をまとめているサイトによっては、

 

  • マイナンバーカード:800円
  • 電子証明書:200円

 

と記載している場合もありますが、これらは更新手数料ではなく、紛失時の「再発行手数料」として掲げられているものです。

 

正確にわかり次第、当サイトでも追記していきます。

 

ちなみに、長浜市HPには以下のとおり記載されています。

 

新規発行手数料は当面無料です。

ただし、紛失・破損等の理由による再発行の場合は手数料800円(電子証明書も搭載する場合は+200円)が必要です。

なお、有効期間満了による更新に係る手数料については現時点では未定です。

 

引用:長浜市HP

 

スポンサーリンク

 

 

更新手続きに関する5つの注意点!

続いては、マイナンバーカードの更新に関する注意点を5つ説明します。

 

 

記載内容の変更があった場合は、署名用証明書が失効!

「有効期限」以外にも注意すべきことがあります。

 

非常に面倒な仕組みなのですが、

 

  • 住所
  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日

 

これらのいずれかに変更があった場合、電子証明書のうち「署名用電子証明書」は失効してしまいます

 

特に多いのが「引っ越しによる住所変更」ですが、引っ越し後は14日以内に住所変更が必要なので、そのタイミングで失効します。

 

ただし、住所変更する際にパパッと「署名用電子証明書の再発行」をすればOKなので、忘れずに併せて行いましょう。

 

人気の関連ページ!

 

 

 

 

引っ越し時は「継続利用手続き」も必要!

引っ越し時にはもう一つ重要な点があります。

 

それが、引っ越し(転入)時に「継続利用手続き」をわざわざしなければならないという点です。

 

この手続きをしなければ、有効期限を迎えていなくとも、マイナンバーカードは失効してしまいます。

 

「継続利用」の手続き自体はとても簡単ですので、住民票を移動するタイミングで、忘れずにあわせて手続きしましょう。

 

人気の関連ページ!

 

 

 

 

失効申請をしてしまった場合!

電子証明書に関しては、それぞれの証明書を失効させる「失効申請」という手続きがあります。

 

仮にこの手続きをしてしまっている場合は、有効期限に関係なく失効しますので要注意。

 

再度発行する場合は、窓口で「新規発行」の手続きが必要になります。

 

 

 

 

そもそも電子証明書を搭載していない場合も…

マイナンバーカードを発行する際に、「電子証明書の有無」にチェックを入れます。

 

もしも申請時に、下のGの部分で「不要」としてしまった場合、そもそも機能が搭載されていません。

 

 

 

また「署名用電子証明書」は、カード発行時に14歳以下の方は搭載できません。

 

これらの場合は、そもそも「電子証明書の有効期限」の概念がありませんので注意しましょう。

 

 

 

 

外国人住民の方は、個々の状況で変わる!

外国人住民の場合は、マイナンバーカードの有効期限が、個々の状況により変わります。

 

詳しくは以下のページをご確認下さい。

 

>>横浜市市民局「外国人の方のカード有効期限」

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ!

マイナンバーカードの「有効期限・更新方法」について説明しました。

 

最後に簡単にまとめますと…

 

  • マイナンバーカードには「カードの有効期限」「電子証明書の有効期限」の2つある
  • 「カードの有効期限」は、発行時の年齢によって10年もしくは5年である
  • 「電子証明書の有効期限」は、発行時の年齢関係なく5年である
  • 「カードの有効期限」が切れたら、身分証明としての機能や、搭載されている電子証明書も使えなくなる
  • 「電子証明書の有効期限」が切れると、ただの身分証明書になってしまう
  • それぞれ、有効期限の3ヶ月前から更新手続きできる
  • 更新手続き方法や手数料は、2018年時点では決まっていない
  • 署名用電子証明書は、記載内容の変更があれば自動失効してしまう
  • 引っ越し時には「継続利用手続き」をしなければ、カード自体が失効してしまう

 

 

すでに説明のとおり、引っ越しの際には必ず手続きが必要となりますので、以下の記事は必ず目を通しておきましょう。

 

>>マイナンバー(通知)カードの「住所変更」手続き!引越し後の7つの注意

 

 

ただし『私にはマイナンバーカードのメリットを感じられない…』と思った方は、失効・返納しても良いかもしれません。

 

>>マイナンバーカードのメリット7つとデメリット4つ!できる事と必要性

 


 

コンビニでの便利な使い方!

 

 

マイナンバーに関する人気ページ!

 

 

戸籍謄本・抄本の「取り方」


本籍・筆頭者の「調べ方」


本籍の「変え方」


戸籍謄本の「内容」


戸籍謄本の「種類」


その他、戸籍・本籍の情報!

 

 

 

住民票の「取り方」


住民票の「移動」


住民票の「内容」


住民票の「種類」


その他、住民票の情報!