戸籍の附票とは?保存期間や写しの取り方・手数料【完全版】

戸籍の附票とは?保存期間や写しの取り方・手数料について【完全版】

こんにちは。
元市民課職員のアキラです。

 

「戸籍関連の証明書」の中でも、
あまり知られていない「戸籍の附票(ふひょう)」。

 

何となく “相続で使うもの” というイメージが強いと思いますが、

 

  • 住民票との違いは何か?
  • どこで取れるのか?
  • 何年くらい保管されているのか?

 

など分からない方も多いかと思います。

 

このページではそんな「戸籍の附票」について、元市民課職員の筆者がどこよりもわかりやすく説明しています。

スポンサーリンク

 

 

人気の関連ページ!

スポンサーリンク

 

 

「戸籍の附票」とは何だろう?

戸籍の附票(こせきのふひょう)とは、

 

  • 本籍地
  • 筆頭者の名前
  • その戸籍に入っている人の「住所の異動履歴」

 

が書かれた物です。

 

本籍の役場において、「戸籍」とセットで保管されています。

 

関連の人気記事!
>>最速10秒!現在の「本籍」を超カンタンに調べられる5つの方法!

 

 

 

「戸籍」と何が違うの?

『戸籍の附票』は、「戸籍に入っている人それぞれの、住所の移り変わり」の記録を目的としています。

 

「戸籍」には本籍は書かれていますが、一人ひとりの「過去・現在の住所(住民票を置いている場所)」は書かれていません。

 

>>戸籍謄本・抄本の記載事項5つを画像つきで分かりやすく解説!

 

 

 

「住民票」とは何が違う?

住民票も、戸籍の附票と同じく「住所の証明」に使われます。

 

では2つの何が違うかと言うと、

 

  • 住民票

    ⇒現住所の役場で管理
    ⇒現在と一つ前の住所が記載されている

  • 戸籍の附票

    ⇒本籍の役場で管理
    ⇒過去の住所が全て記載されている

 

という違いがあります。

 

「住民票」の役立つ情報はコチラ

 

スポンサーリンク

 

 

では、どういう時に使うの?

上の違いだけでは、「住民票で良いのでは?」と思いますよね。

 

実際使う用途としては…

 

 

「法定相続人」を探すときに!

「しばらく連絡を取っていない親族がいる!」という方も多いと思いますが、そうなると現在の住所まで分からない場合もあります。

 

そのような時には、これまでの住所が記録されている「戸籍の附票」が役に立ちます。

 

ただし戸籍の附票に記載されているのは、「住民票の異動」の事実だけです。

 

もし「引越ししたけども “住民票の異動” をしていない!」という状況であれば、最新の住所まで追うことは出来ません。

 

人気の関連ページ!

 

 

 

「不動産の相続」の手続きに!

「不動産の所有者」と「被相続人(相続財産を遺して亡くなった立場の方)」が同一であることを証明するために、以下のどちらかが必要となります。

 

  • 住民票の除票(こちらで証明できるのであれOK)
  • 戸籍の附票(こちらを使う方がより古い情報まで探れる)

スポンサーリンク

 

 

どれくらいの期間、異動記録が記録される?

戸籍の附票は、「住民票の異動」をするたびに、新しい住所が追記されていきます

 

ただし、上で「戸籍の附票には、過去の住所が全て記載されている」と説明しましたが、必ずしもその通りとは限りません。

 

と言うのも、戸籍の附票は「新しく作り変えられる」と、古い物は無くなっていくからです。

 

冒頭の説明のとおり、「戸籍の附票」と「戸籍」はセットで本籍の役場にて保管されています。

 

もし、以下のような理由で「戸籍が新しく作られたとき」は、戸籍の附票もまた「作り直し」になるのですが、それまでの記録は「新しい“戸籍の附表”」には引き継がれません

 

そして古い物は、保存期間(最後に説明します)を過ぎると破棄されてしまいます。

 

 

 

結婚した場合

結婚すると、子どもは両親の戸籍から抜け、2人で新しく戸籍を作ります。

 

このタイミングで「戸籍の附票」も新しく作られるため、その後の「住所異動の履歴」は、新しい戸籍の附票にのみ追記されていきます。

 

 

 

分籍した場合

分籍とは、

 

在籍している20歳以上の人(筆頭者と配偶者以外)は、「自分が筆頭者となり新しい戸籍を作って良いよ」

 

という制度です。

 

基本的に、子どもが「自分だけ本籍を移動したい」時などに使います。

 

この時も、新しい「戸籍」「戸籍の附票」が作られます。

 

 

 

転籍(本籍の引越し)した場合

本籍を変えることを、転籍と言います。
※本籍は「戸籍を置いている土地」のこと

 

もし転籍すると、

 

  • もともとの戸籍は「除籍」という名前に、
  • もともとの戸籍の附票は「戸籍の除附票」という名前に、

 

それぞれ変わり、その土地に保管されます。

 

一方で新しい土地では「新しい戸籍・新しい戸籍の附票」が作られるので、その後の住所異動の記録は「新しい戸籍の附票」にのみ追記されていきます。

 

関連の人気記事!

 

 

 

改製された場合

「戸籍」や「戸籍の附票」は、戸籍法の改正によって、過去に5度ほど「新しい物」に変わっています。

 

直近で言うと、平成6年から「戸籍のデータ化(電子化)」が始まっており、紙媒体からデータへと移行されています。

 

このタイミングで新しい「戸籍・戸籍の附票」に変わっているため、古い情報は引き継がれません。

 

我々からすると、「勝手に新しい物に作り変えるなら、しっかりとすべての情報を引き継げ!」と言いたいところですね。

 

ちなみに改製されると、もともとあった「戸籍」「戸籍の附票」の名称は以下のように変わり、その土地で保管され続けます。(保管期間は後ほど改めて説明します)

 

  • 戸籍

    ⇒原戸籍(改製原戸籍)

  • 戸籍の附票

    ⇒原附票(改製原附票)

 

そのため、もし「以前の住所を知りたい」と思ったときは、戸籍の附票だけでなく、原附票も請求しなければならない場合があります。

 

くわしくは後ほど説明します。

 

あわせて読まれています!
>>原戸籍(謄本・抄本)の取り方はカンタン!役割や読み方【完全版】

 

 

 

以上のようなケースで、「戸籍の附票が新しくなる」のですが、一番の問題が

 

古い附票(除附票や原附票)の保存期間は長くない

 

という事です。

 

これは当ページの最後に「戸籍の附票の保存期間」の中であわせて説明します。

スポンサーリンク

 

 

「戸籍の附票」の取り方は?

戸籍の附票の取り方は、

 

権利のある人が、役場に「請求書」を提出する

 

だけです。

 

ここからは、

 

  1. 誰が請求できるの?
  2. どこで取れるの?
  3. 必要になるものは?
  4. 手数料はいくら?

 

という順で説明していきます。

スポンサーリンク

 

 

1.誰が請求できるの?

請求出来るのは、以下の「請求する権利を持っている人」と決まっています。

 

※「筆頭者」「配偶者」の意味が分からないという方は、以下ページを参考にしてください。
>>「筆頭者・配偶者が誰なのか?」は、5秒もあれば把握できる!

 

  • 筆頭者

    ⇒一般的に「夫」

  • 配偶者

    ⇒一般的に「妻」

  • 直系卑属(ちょっけいひぞく)

    ⇒子、孫、ひ孫

  • 直系尊属(ちょっけいそんぞく)

    ⇒父母、祖父母、曾祖父母

※「筆頭者」は、たとえ亡くなっても筆頭者のままです

 

子どもは結婚すると『両親の戸籍からは除籍され、自ら配偶者と共に “新しい戸籍” を作る』のですが、その立場でももちろん請求出来ます。

 

その他、権限を持つ方からの「委任状」があれば、誰であっても「代理人請求」が行えます。

 

人気の関連ページ

 

 

さらに「相続関連」や「離婚後に元夫の戸籍謄本を取る」などでは、『第三者請求』という形で行政書士や司法書士が取得するケースもあります。

 

※第三者請求については、話が広がりすぎますので当ページでは扱いません

スポンサーリンク

 

 

2.どこで取れる?

取る方法は全部で4つあります。

 

  1. 「本籍の役場」に足を運んで請求する
  2. 「本籍の役場」へ郵送で請求する
  3. 「本籍にあるパスポートセンター」に足を運び請求する
  4. 「コンビニ」で請求する

 

「戸籍の附票」は基本的に本籍の役場への請求となるため、現住所と本籍が遠い場合は、「郵送」「コンビニ」のどちらかになります。

 

「本籍がわからない」という方は、以下の方法でお調べ下さい。

 

人気の関連記事!
>>最速10秒!現在の「本籍」を超カンタンに調べられる5つの方法!

 

 

また「パスポートセンターでの取得」は、対応していない都道府県も多いほか、こちらも「本籍のパスポートセンターでの取得」に限定されます。

 

最後に「コンビニでの取得」についてですが、こちらはコンビニ設置の「マルチコピー機」を使います。

 

【セブンイレブンの端末】

 

どのコンビニでも似たような端末があると思います。

 

この中の「行政サービス」から進んでいけば取得できます。

 

 

これを使えば、本籍に足を運んだり、郵送で請求しなくともカンタンに請求できます。

 

ただし「本籍の役場」がコンビニサービスに対応していることが前提ですので、あらかじめ本籍の役場へ「コンビニで取れるか?」確認しておいた方が良いでしょう。

 

また、コンビニでは以下の2つは取得できません

 

  • 戸籍の除附票(除籍後の附票)
  • 改製原附票(古い形式の附票)

 

つまり、もし「遡って全ての住所情報が欲しい」と考えているのであれば、「除附票・原附票」がないことで、すべての情報が揃わない可能性があります

 

そのため、

 

  • 「除附票・原附票」が存在しているか分からない
  • 「除附票・原附票」も欲しい

 

という場合は、とりあえず「本籍の役場」へ連絡してみるのが良いでしょう。

 

人気の関連ページ!
>>戸籍謄本・抄本のコンビニ取得方法と7つの注意!費用・交付時間まとめ

 

スポンサーリンク

 

 

3.取得するのに必要なものは?

以上のとおり4つの方法で取得できる旨を説明しました。

 

この中で、コンビニだけは

 

  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード

 

のどちらかがあれば取得できるのでカンタンです。

 

人気の関連ページ!
>>マイナンバーカードの5つの作り方!どの申請方法が簡単?申請期間は?

 

 

それ以外の方法では、

 

  • 請求書

    ⇒「役所で貰う」もしくは「役所のホームページからダウンロードで取得」できます。

  • 印鑑

    ⇒多くの役所で「自署」となっているため、不要なケースが多いです。必要な役所であれば、認印か実印を持参しましょう。100均の物で良いですが、シャチハタは避けた方が良いです。

  • 身分証明書

    ⇒運転免許証・パスポートなどの「写真つきの物」が原則。無い場合は予め役所に電話して確認しましょう。

  • 委任状

    ⇒代理人が請求する場合に必要です。委任状は、「役所で貰う」もしくは「役所のホームページからダウンロードで取得」できます。

 

が必要となります。

 

「郵送」の場合は、以下の点にも注意して下さい。

 

  • 身分証明書

    ⇒原本でなく写し(コピー)を同封すること。

  • 手数料

    ⇒定額小為替を同封すること(値段は次に説明します)。

  • 返信用封筒

    ⇒「予め切手を貼っている返信用封筒」を同封すること。

 

そのほか、請求書の記入時は以下に注意しましょう。

 

 

本籍と筆頭者は必ず把握しておくこと!

請求書には、「本籍」と「筆頭者」を書く欄がありますが、ここを記入できなければ発行できません。

 

「わからない!」という方は、以下を参考にしてみて下さい。

 

人気の関連記事!

 

 

 

「除票・原附票」の請求!

請求書のフォーマットは、役所ごとに異なります。

 

しかし「共通して注意すべきこと」として、

 

  • 戸籍の除附票(除籍後の附票)
  • 改製原附票(古い形式の附票)

 

有無を確かめることです。

 

請求書には「戸籍の附票」というチェック欄があるだけで、「除附票」「原附票」について触れているフォーマットは恐らく無いと思います。
※全国のフォーマットを調査した訳ではないので確実ではありません

 

たとえば以下は大阪市における、「附票の請求書」の一部ですが…

 

 

このように、「除附票」「原附票」の選択肢が無いのです。

 

つまり、こちらから「除附票や原附票があれば、それらも欲しい」と伝えなければ、埋もれている情報を見つけることが出来なくなる可能性があります。

 

そのため、もし「遡ってすべて欲しい」という場合であれば、申請書の空いてるスペースなどに「除附票や原附票があれば、すべて欲しい」という旨を記載して下さい

 

なお、それらも「1通」として見なされるため、数通発行された場合は、その分手数料が掛かります。

 

 

 

4.発行手数料はいくら?

役場へ出向いて発行する場合の手数料は、全国的に300円としている役場が多いです。(除附票や原附票も同様)

 

ただし青森県青森市などは200円としており、全国で統一はされていません。

 

また「コンビニ取得」や「郵送取得」の場合に、値段が変わるケースもあります。

 

たとえば…

 

  • 大阪市

    ⇒郵送:300円
    ⇒コンビニ:200円

  • 東京都足立区

    ⇒郵送:400円
    ⇒コンビニ:150円

 

など、自治体だけでなく、取得方法によっても変わります。

 

ただ全国的にみても、基本的には「コンビニ取得が一番安く済む」というのは間違いありません。

 

なお上でも説明したことですが、戸籍の附票だけでなく、「戸籍の除附票・改製原附票」などもあわせて取得した場合は、その分手数料が掛かります。

 

 

 

役所での保存期間はどれくらい?

最後に「保存期間」について説明します。

 

まず

 

  • 現在の「戸籍」
  • 現在の「戸籍の附票」

 

については、保存期間などはもちろん定められておりません。

 

どちらも情報に「変更・追加」があった場合は、適宜更新されます。

 

一方で、

 

  • 戸籍の除附票
  • 改製原附票

 

については、保存期間は5年と定められており、5年経過してしまうと破棄されてしまいます

 

ちなみにですが、平成6年以降、各自治体は順次「戸籍情報のデータ化」を進めています。

 

データ化されると「元の戸籍の附票」は「改製原附票」に置き換わるわけですが、多くの自治体でこの対応は終わっています。

 

つまり、対応が終わったタイミングにもよりますが少なくとも「平成6年以前の住所」を遡ってみることは出来ない可能性が高いです。

 

情報を追っている人にとって、一番納得いかないのが「改製原附票の破棄」でしょう。

 

『勝手に “新しいフォーマット” に変えておきながら、古い情報は引き継がず、かつ古い附票は5年しか保管しない』という…

 

ちなみに「なぜ5年なのか?」と言うと、「附附票」は住民票と同じ法律(住民基本台帳法)で管理されているからです。

 

住民票も保存期限は5年です。

 

関連記事!

 

 

 

このページのまとめ!

さいごに、このページの要点をまとめておきます。

 

  • 戸籍の附票は、戸籍に入っている各個人の「住所の移り変わり」を随時記録していく物である。
  • 新しい附票が作られた時に、それまでの内容は引き継がれない。
  • 古い附票(除附票・原附票)は5年で破棄される。
  • 請求時には、必ず「本籍」「筆頭者」が必要となる。
  • コンビニで取ると便利かつ安いが、除附票・原附票は取れない。
  • すべての情報を遡る場合は、請求書に「戸籍の除附票・原附票」も欲しい旨を記載した方が良い。

 

なおマイナンバーカードがあれば、「戸籍の附票」だけでなく「住民票・戸籍謄本」などもコンビニで取得できるようになるため、非常に便利です。

 

 

 

以上、参考にして頂ければ幸いです。

 

スポンサーリンク


 

本籍・筆頭者の「調べ方」


本籍の「変え方」


戸籍謄本・抄本の「取り方」


戸籍謄本の「内容」


戸籍謄本の「種類」


その他、戸籍・本籍の情報!

 

 

 

住民票の「取り方」


住民票の「移動」


住民票の「内容」


住民票の「種類」


その他、住民票の情報!

 

 

 

 

関連ページ

戸籍謄本・戸籍抄本の5つの取り方と必要なもの!どこで取ると得か?
【2018年更新版】戸籍謄本と戸籍抄本、住民票との違いは?5つの取得方法での値段の違いはあるか?読み方は?必要な時は?死亡時にどうなる?解説します。
戸籍謄本・抄本のコンビニ取得方法と7つの注意!費用・交付時間まとめ
【2018年更新】戸籍謄本(抄本)のコンビニ取得のやり方と必要なもの、注意点を詳しくまとめました。
戸籍謄本の取り寄せ方と必要なもの!【書き方・日数・速達方法も解説】
【2018年最新版】戸籍謄本・戸籍抄本を郵送やコンビニで取り寄せる方法を解説。どれくらいの時間・費用がかかるのか?分かりやすく説明します。
除籍謄本(抄本)とは?3つの取り方と必要なもの!【離婚・死亡時など】
【2018年更新版】戸籍謄本とは何が違うの?取り寄せ方や必要な物、取れる人は家族や代理人、他人でも大丈夫?保存期間はどれくらい?離婚、相続の時に関わる「除籍」について分かりやすく解説!
原戸籍(謄本・抄本)の取り方は3パターン!役割や読み方【完全版】
【2018更新版】(改製)原戸籍とは?役割や読み方、取得方法を分かりやすくまとめています。なぜ必要か?郵送での取り寄せは出来るのか?コンビニ対応しているか?等も説明。
戸籍謄本の筆頭者が5秒で分かる超カンタンな調べ方!
【2018年更新版】戸籍の「筆頭者」が5秒で分かる方法を紹介!離婚歴がある場合や、親が離婚・再婚した場合、または筆頭者が死亡した時にどうなるのか?わかりやすく解説します。
戸籍謄本・抄本を本籍地以外から取る3つの方法!【完全版】
【2018年更新版】戸籍謄本や抄本を取るには、「本籍の役所」へ請求する必要があります。しかし本籍が遠い場合も多く、そのような時に本籍地以外から取得する3つの方法を説明します。
戸籍謄本・抄本の『見本』と、内容・記載事項5つを画像付きで解説!
【2018年更新版】戸籍謄本や抄本に何が記載されるのか?マイナンバーは載るのか?実際に記載される内容(5つの事項)を、画像付きで説明していきます。
【戸籍謄本と代理人】委任状の書き方や、家族(親・兄弟)の場合の要否!
【2018年更新版】戸籍(謄本・抄本)の代理取得で必要な「委任状」。書き方のほか、家族(親・兄弟姉妹)が代理で取る場合に、委任状が必要なのか?解説します。
戸籍謄本の種類は3つある!違いを画像付きで分かりやすく説明します
戸籍謄本の種類と違いを画像で説明!戸籍謄本・抄本の違いは?除籍って?原戸籍ってなに?分かりやすく解説します。
戸籍謄本の有効期限まとめ【パスポート・相続・結婚・離婚・転籍 etc…】
【2018年更新版】パスポート作成や相続、婚姻や離婚、転籍など、さまざまなシーンで必要となる謄本。戸籍謄本・抄本に有効期限はあるのか?解説します。
本籍の5つの調べ方と筆頭者の確認方法、番地の正しい書き方!【完全版】
【2018年更新版】本籍とは何?という基本から、「5通りの調べ方」、「筆頭者って誰?親が離婚している場合はどうなる?」「本籍の住所の正確な書き方は?」という疑問を、どこよりも分かりやすく説明しています。
「本籍地の変更手続き」方法と、メリット・デメリットまとめ【必要書類】
【2018年更新版】本籍地の移動手続きと、長所・短所を解説。皇居などの人気本籍スポットも紹介。パスポートや免許証がなければ変更できないのか?も説明。
住民票の4つの取り方と必要なもの!どこで取ると得か?【土日も可能】
【2018年更新版】住民票の発行方法や、請求書の書き方を分かりやすく解説。また、取得時の持ち物、料金の違い、県外にいる場合の貰い方、未成年が取るにはどうすれば良いのか?
住民票のコンビニでの取り方と5つの注意!交付時間やマイナンバー有無など
【2018年更新】コンビニでの住民票発行のやり方と、注意点を解説。通知カードでの取得やマイナンバー記載の有無、発行時間についても説明。
住民票は本人以外でも取れる!【家族・知人による代理取得と委任状】
【2018最新版】住民票を代理人に代わりに取得して貰う方法を解説。委任状の書き方や家族でも必要なのか?未成年者の場合はどうか?など。
住民票の3つの移し方と必要なもの!手続き期間は?土日もできる?
【2018年更新版】住民票を移す(変更)手続き方法や必要な物、期間はいつからいつまでか?「住民票の移動」に関わる一連の流れを解説。
住民票を移さないのは罰金!『必要なとき』6パターンからデメリットを知ろう!
【2018年更新版】住民票を移動しない!移してない!という場合に掛かる罰金額や条件の他、「移さなくて良い」条件を説明。その他、住民票が必要となる時と移さないデメリットを解説します。
住民票に有効期限はあるのか?提出先に求められる期限をまとめてみた
【2018年最新版】住民票に有効期限はあるのか?提出先によっても変わる有効期限、ここでは賃貸・住宅ローン契約や車検、運転免許試験などで求められる期限について解説しています。
住民票の種類は5つある!内容・用途の違いを画像付きで説明します!
【2018年最新版】住民票の種類と、内容・使い方の違いを解説します。どれを取れば良いのか?が分かります。参考にしてみて下さい!
住民票の「原本・写し・コピー」の3つの違いを分かりやすく解説します
【2018年最新版】「住民票の原本を提出して下さい」と言われた時に、「写し」で良いのか気になる方も多いでしょう。また「コピー不可」の場合に「写し」で良いのか?気になるところ。
住民票の15の記載内容を「見本」で解説!記載事項から分かることは?
【2018年最新版】住民票には何が書いてある?マイナンバーは記載される?見本画像ととも、15の記載事項を分かりやすく解説します。
転出届に必要なものは?期限はいつからいつまで?【書き方も解説】
【2018年更新版】転出届の提出に必要な物、書き方、郵送方法、代理を依頼する委任状の書き方を解説。その他、忘れた時にどうするか?土日は出せるのか?有効期限はあるか?等も説明します。
住民票記載事項証明書とは?書き方・必要な物と、コンビニで取る時の注意点
【2018年更新版】住民票記載事項証明書と住民票の違いとは?請求書・指定フォーマットの書き方や申請に必要な物、どこで取れるか?マイナンバーは入れれる?わかりやすく説明します。
戸籍謄本と住民票の違いを画像で解説!
戸籍謄本(抄本)と住民票の違いを画像で比較!「本籍と住所の違い」「筆頭者と世帯主の違い」など、5つの細かい違いを分かりやすく説明していきます。
マイナンバーカードの5つの作り方!どの申請方法が簡単?申請期間は?
マイナンバーカードの「申請方法〜発行」を分かりやすく解説。申請に必要なもの、作り方の違い、どの方法が簡単か?申請期限はあるのか?など。
マイナンバーカードの「受け取り」方法!期限・所要時間・土日受取まとめ
【2018年更新版】マイナンバーカードの受取方法や必要な物、代理人による受取、委任状の書き方、所要時間、土日の受取について解説。
マイナンバーカードのメリット7つとデメリット4つ!できる事と必要性
マイナンバーカードを作ることによるメリット・デメリットをまとめました。出来ることや作る必要性、悪用リスクなどを解説。
マイナンバーカードが届かない時の3つの確認!問い合わせ先はどこ?
【2018年更新版】個人番号カード(マイナンバーカード)が届かないという方に、3つの確認ポイントを解説!どこに問い合わせるべきかも説明しています。
【マイナンバー通知カード】紛失時の3つの手続きと、悪用リスクまとめ
【2018年更新版】通知カードを失くした時の3通りの手続きと、紛失したことによる悪用リスクを分かりやすく説明します。
婚姻届の必要書類4つと、事前確認しておくべき7つの点!【完全版】
【2018年版】婚姻届の提出に必要なものを分かりやすく解説!必要なのは戸籍謄本?抄本?また、提出前に絶対に確認しておくべき点も紹介!
婚姻届の書き方がパッと分かる!15項目を見本で解説【記入例まとめ】
【2018年更新】婚姻届の書き方を記入例で解説!住所はマンション名まで?番地まで?本籍や証人とは?解説します。
婚姻届の「新本籍」にオススメな候補地5ヶ所と、決める時の2つの注意点
【2018年版】婚姻届に書く「新しい本籍地」はどこにすべき?メリットとデメリットと共に、本籍地の候補を紹介します。
続柄の書き方がパッと分かる一覧まとめ【図で分かりやすく解説!】
「あなたとの続柄」「世帯主からみた続柄」などの一覧まとめ。一覧図もあるため、「妻・嫁・夫・旦那・父・母・娘・息子・子」の正解が分かる。年末調整や戸籍・住民票、保険の受取などに。
「いとこの子供」の呼び方・続柄と、子供側から見た私の呼び名・続柄は?
「いとこの子供」には色々な呼び方があります。続柄の表記、いとこの子供から見た私の呼び名も解説。その他、結婚できるのか?お年玉は渡すべきか?もあわせて説明します。
はとこの意味がパッと分かる!家系図と「サザエさん一家」で理解しよう
「はとこ」の意味や漢字を、「家系図」と「サザエさん一家」で分かりやすく解説!はとこと結婚できるのか?「またいとこ」とは違うのか?芸能界にいる「はとこ関係」も紹介!