マイナンバーがわからない時の5つの調べ方【即日で番号確認する裏技】

マイナンバーがわからない時の5つの調べ方【即日で番号確認する裏技】

こんにちは。
元市民課職員のアキラです。

 

2015年10月から運用されている「マイナンバー(個人番号)制度」。

 

そんなマイナンバーについて、急遽必要となった時に『番号がわからない!どうやって確かめるんだろう?』と疑問に思う方も多いハズです。

 

そこでこのページでは、

 

マイナンバーを確認する5つの方法

 

を画像と共にどこよりも分かりやすくお伝えします。

 

「個人番号」「マイナンバー」という言葉が出てきますが、2つは同じ意味です。

スポンサーリンク

 

目次
  • 「マイナンバー」が分からない時の5つの調べ方!
  • 「通知カード」を紛失した場合は、マイナンバーカードを作るのが一番お得!

 

人気の関連ページ!

 

スポンサーリンク

 

 

「マイナンバー」が分からない時の5つの調べ方!

では早速、マイナンバーの5つの調べ方と、それぞれの特徴について説明しましょう!

 

 

 

「通知カード」で調べる!

「通知カード」での確認は、マイナンバーを知る方法としては最もオーソドックスです。

 

2015年の運用開始後、一人ひとりに対して

 

  • 通知カード
  • マイナンバーカード交付申請書

 

がセットになって送られてきています。

 

 

▼「通知カード」と「交付申請書」▼

 

 

このうち、「通知カード」には12桁の個人番号(マイナンバー)が記載されています。

 

▼通知カード▼

 

 

通知カードを紛失した場合!

中には『通知カードを紛失してしまった!』という方もいらっしゃるでしょう。

 

その場合の対応としては、

 

  1. 「通知カード」を再発行する
  2. 「マイナンバーカード」を発行する
  3. 何もしない

 

という3通りあります。

 

詳しくは以下の記事を参考にしてみて下さい。

 

人気の関連ページ!

 

スポンサーリンク

 

 

マイナンバーカードで調べる!

すでに「マイナンバーカード」を作成している方は、マイナンバーカードの裏面に「12桁のマイナンバー」が書かれています。

 

 

▼「マイナンバーカード」の裏面▼

 

 

「マイナンバーカード」は身分証にもなりますし、これからますます用途が広がるため、作っておくことをオススメします。

 

人気の関連ページ!

 

 

 

 

「住民票」で調べる!

実は「住民票」には、マイナンバーを記載することが可能。

 

しかも即日で交付されますので、お急ぎの場合に便利です。

 

以下は例として「東京都渋谷区」の住民票ですが、「G個人番号」の部分に記載できます

 

 

 

ただしマイナンバーを希望する際は、申請書の「マイナンバーを記載する」欄にチェックを付けることを忘れないようにしましょう

 

以下は例として大阪市の「住民票の申請書」となりますが、Cの部分で「マイナンバー」にチェックを入れればOKです。

 

 

 

デメリットとしては、住民票の取得にはおよそ300円の手数料が掛かります

 

ただしマイナンバーそのものは原則変わることが無いため、通知カードを紛失した方は「通知カード代わり」に置いておくのもありです。

 

住民票の取り方については、以下を参考にしてみて下さい。

 

人気の関連ページ!

 

スポンサーリンク

 

 

「マイナンバーカード交付申請書」で確認する!

ちょっとした裏技ですが、自治体で新しく発行してもらう「個人番号(マイナンバー)カード交付申請書」に、マイナンバーの記載があります。

 

冒頭で説明のとおり、「通知カード」が家に送られてきたときには、「交付申請書」がついています。

 

 

▼「通知カード」と「交付申請書」▼

 

 

この交付申請書は「マイナンバーカード」を申請する時に使うものですが、これにはマイナンバーの記載はありません

 

一方、この「交付申請書」を紛失してしまうケースもあり、その場合は(マイナンバーカードを作成することを前提に)役所で「個人番号カード交付申請書」を即日発行してもらうことが出来ます。

 

以下は、実際に発行してもらったものです。

 

 

 

 

しかも、「個人番号カード交付申請書」の発行は無料です。

 

上で説明のとおり、住民票で調べることも出来るのですが、その場合は300円の費用が掛かります。

 

しかし、「マイナンバーカード交付申請書」を発行してもらうことに費用は掛からないため、少しお得な方法です。

 

ただしあくまでもマイナンバーカードを発行することを前提として、交付申請書を発行してもらいましょう。

 

マイナンバーカードの発行については、以下の記事を参考にして下さい。

 

人気の関連ページ!

 

 

 

 

「勤務先」へ確認する!

勤務先やバイト先に対して、「通知カードのコピー」を提出している人がほとんどだと思います。

 

雇用主側としては、

 

  • 源泉徴収
  • 社会保障関連書類

 

の記載と必要となるため必要です。

 

そのため、会社側に「開示」を打診してみると良いでしょう。

 

これは会社側の管理ポリシーにも左右される可能性がありますが、マイナンバーはあくまでも「個人情報」。

 

そのため本人からの開示請求があれば、「開示する義務がある」と考えるのが妥当でしょう。

 

むしろ、

 

  • 会社側として「開示を拒否する正当な理由」が無い
  • 自分自身のマイナンバーなので、他者への漏えいリスクがない

 

ため、一度「マイナンバーを管理している部署」へ確認してみることをオススメします。

 

スポンサーリンク

 

 

「通知カード」を紛失した場合は?

上でも説明のとおり、マイナンバーの調べ方としては「通知カード」を確認するのがもっとも手っ取り早いです。

 

※マイナンバーカードを発行している場合は、マイナンバーカードの確認

 

そのため、万が一「通知カード」を紛失してしまったのであれば、これを機に「マイナンバーカード」を作成しましょう。

 

たとえば、「通知カードの再発行」の場合は500円の手数料が掛かります。

 

しかし「マイナンバーカードの初回発行」であれば、発行手数料は掛かりません

 

もちろん、

 

  • 「マイナンバー記載の住民票」を発行
  • 「マイナンバーカード交付申請書」の発行

 

でもマイナンバーは確認出来ますが、どうせ役所に行くのであれば、「マイナンバーカード交付申請書」を使って、そのままスマホ・PCからササッと発行申請してしまいましょう。

 

カード発行申請時には写真が必要ですが、スマホで撮った写真でもOKですので申請自体はとっても簡単。

 

メリットも多いため、ぜひこれを機にマイナンバーカードを発行しましょう!

 

人気の関連ページ!

 

 

なお、もしも「通知カードを盗られた」といったような「不正利用される可能性」がある場合は、マイナンバーの変更も可能です。

 

>>マイナンバーの変更方法と、手続きに必要な条件2つ【必要書類まとめ】

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ!

「マイナンバーが分からない場合の確認方法」と、「通知カードを紛失した場合の対応」について説明しました。

 

最後に簡単にまとめておくと、確認方法としては

 

  • 「通知カード」で確認する
  • 「マイナンバーカード」で確認する
  • 「住民票」で確認する
  • 「交付申請書」で確認する
  • 「提出先(勤務先など)」へ確認する

 

の5通りあります。

 

要点をまとめると…

 

  • 基本は「通知カード」「マイナンバーカード」で調べる
  • 「通知カード」を紛失した場合は、「マイナンバーカード」の発行が一番お得
  • 「通知カードの再発行/マイナンバーカードの発行予定」が無いのであれば、住民票を取得して「通知カード」代わりに置いておくと良い
  • 「交付申請書」は無料で発行して貰えるのでお得ではあるが、「マイナンバーカードの発行」を大前提としておくこと

    ※交付申請書を発行したからと言って「必ずカードを作らなければならない」というわけではない

  • 勤務先に確認出来れば一番早い

 

以上の通りとなります。

 

繰り返しになりますが、通知カードが無いのであれば「マイナンバーカード」を作ってしまいましょう。

 


 

人気の関連ページ!

 

 

住民票の「取り方」


住民票の「移動」


住民票の「内容」


住民票の「種類」


その他、住民票の情報!

 

 

戸籍謄本・抄本の「取り方」


本籍・筆頭者の「調べ方」


本籍の「変え方」


戸籍謄本の「内容」


戸籍謄本の「種類」


その他、戸籍・本籍の情報!

 

関連ページ

戸籍謄本・戸籍抄本の5つの取り方と必要なもの!どこで取ると得か?
【2018年更新版】戸籍謄本と戸籍抄本、住民票との違いは?5つの取得方法での値段の違いはあるか?読み方は?必要な時は?死亡時にどうなる?解説します。
戸籍謄本・抄本のコンビニ取得方法と7つの注意!費用・交付時間まとめ
【2018年最新版】戸籍謄本(抄本)は、マイナンバーカードがあればコンビニ取得出来ます。やり方と必要なもの、取得時の注意点を分かりやすくまとめました。
戸籍謄本の取り寄せ方と必要なもの!【書き方・日数・速達方法も解説】
【2018年最新版】戸籍謄本・戸籍抄本を郵送やコンビニで取り寄せる方法を解説。どれくらいの時間・費用がかかるのか?分かりやすく説明します。
戸籍の附票とは?保存期間や写しの取り方・手数料【完全版】
【2018年更新版】戸籍の附表の取り方や手数料、自治体での保存期間について。また、住民票との違いや取得する場合の注意点、除票や改製原附票について、分かりやすくまとめています。
除籍謄本(抄本)とは?3つの取り方と必要なもの!【離婚・死亡時など】
【2018年更新版】戸籍謄本とは何が違うの?取り寄せ方や必要な物、取れる人は家族や代理人、他人でも大丈夫?保存期間はどれくらい?離婚、相続の時に関わる「除籍」について分かりやすく解説!
原戸籍(謄本・抄本)の取り方は3パターン!役割や読み方【完全版】
【2018更新版】(改製)原戸籍とは?役割や読み方、取得方法を分かりやすくまとめています。なぜ必要か?郵送での取り寄せは出来るのか?コンビニ対応しているか?等も説明。
戸籍謄本の筆頭者が5秒で分かる超カンタンな調べ方!
【2018年更新版】戸籍の「筆頭者」が5秒で分かる方法を紹介!離婚歴がある場合や、親が離婚・再婚した場合、または筆頭者が死亡した時にどうなるのか?わかりやすく解説します。
戸籍謄本・抄本を本籍地以外から取る3つの方法!【完全版】
【2018年更新版】戸籍謄本や抄本を取るには、「本籍の役所」へ請求する必要があります。しかし本籍が遠い場合も多く、そのような時に本籍地以外から取得する3つの方法を説明します。
戸籍謄本・抄本の『見本』と、内容・記載事項5つを画像付きで解説!
【2018年更新版】戸籍謄本や抄本に何が記載されるのか?マイナンバーは載るのか?実際に記載される内容(5つの事項)を、画像付きで説明していきます。
【戸籍謄本と代理人】委任状の書き方や、家族(親・兄弟)の場合の要否!
【2018年更新版】戸籍(謄本・抄本)の代理取得で必要な「委任状」の書き方と、本人以外の家族(親・兄弟姉妹)が代理で取る場合に委任状が必要なのか?を解説します。
戸籍謄本の種類は3つある!違いを画像付きで分かりやすく説明します
戸籍謄本の種類と違いを画像で説明!戸籍謄本・抄本の違いは?除籍って?原戸籍ってなに?分かりやすく解説します。
戸籍謄本の有効期限まとめ【パスポート・相続・結婚・離婚・転籍 etc…】
【2018年更新版】パスポート作成や相続、婚姻や離婚、転籍など、さまざまなシーンで必要となる謄本。戸籍謄本・抄本に有効期限はあるのか?解説します。
本籍の5つの調べ方と筆頭者の確認方法、番地の正しい書き方!【完全版】
【2018年更新版】本籍とは何?という基本から、「5通りの調べ方」、「筆頭者って誰?親が離婚している場合はどうなる?」「本籍の住所の正確な書き方は?」という疑問を、どこよりも分かりやすく説明しています。
「本籍地の変更手続き」方法と、メリット・デメリットまとめ【必要書類】
【2018年更新版】本籍地の移動手続きと、長所・短所を解説。皇居などの人気本籍スポットも紹介。パスポートや免許証がなければ変更できないのか?も説明。
住民票の4つの取り方と必要なもの!どこで取ると得か?【土日も可能】
【2018年更新版】住民票の発行方法や、請求書の書き方を分かりやすく解説。また、取得時の持ち物、料金の違い、県外にいる場合の貰い方、未成年が取るにはどうすれば良いのか?
住民票のコンビニでの取り方と5つの注意!交付時間やマイナンバー有無など
【2018年更新】コンビニでの住民票発行のやり方と、注意点を解説。通知カードでの取得やマイナンバー記載の有無、発行時間についても説明。
住民票は本人以外でも取れる!【家族・知人による代理取得と委任状】
【2018最新版】住民票を代理人に代わりに取得して貰う方法を解説。委任状の書き方や家族でも必要なのか?未成年者の場合はどうか?など。
住民票の3つの移し方と必要なもの!手続き期間は?土日もできる?
【2018年更新版】住民票を移す(変更)手続き方法や必要な物、期間はいつからいつまでか?「住民票の移動」に関わる一連の流れを解説。
住民票を移さないのは罰金!『必要なとき』6パターンからデメリットを知ろう!
【2018年更新版】住民票を移動しない!移してない!という場合に掛かる罰金額や条件の他、「移さなくて良い」条件を説明。その他、住民票が必要となる時と移さないデメリットを解説します。
住民票に有効期限はあるのか?提出先に求められる期限をまとめてみた
【2018年最新版】住民票に有効期限はあるのか?提出先によっても変わる有効期限、ここでは賃貸・住宅ローン契約や車検、運転免許試験などで求められる期限について解説しています。
住民票の種類は5つある!内容・用途の違いを画像付きで説明します!
【2018年最新版】住民票の種類と、内容・使い方の違いを解説します。どれを取れば良いのか?が分かります。参考にしてみて下さい!
住民票の「原本・写し・コピー」の3つの違いを分かりやすく解説します
【2018年最新版】「住民票の原本を提出して下さい」と言われた時に、「写し」で良いのか気になる方も多いでしょう。また「コピー不可」の場合に「写し」で良いのか?気になるところ。
住民票の15の記載内容を「見本」で解説!記載事項から分かることは?
【2018年最新版】住民票には何が書いてある?マイナンバーは記載される?見本画像ととも、15の記載事項を分かりやすく解説します。
転出届に必要なものは?期限はいつからいつまで?【書き方も解説】
【2018年更新版】転出届の提出に必要な物、書き方、郵送方法、代理を依頼する委任状の書き方を解説。その他、忘れた時にどうするか?土日は出せるのか?有効期限はあるか?等も説明します。
住民票記載事項証明書とは?書き方・必要な物と、コンビニで取る時の注意点
【2018年更新版】住民票記載事項証明書と住民票の違いとは?請求書・指定フォーマットの書き方や申請に必要な物、どこで取れるか?マイナンバーは入れれる?わかりやすく説明します。
戸籍謄本と住民票の違いを画像で解説!
戸籍謄本(抄本)と住民票の違いを画像で比較!「本籍と住所の違い」「筆頭者と世帯主の違い」など、5つの細かい違いを分かりやすく説明していきます。
マイナンバーカードの5つの作り方!どの申請方法が簡単?申請期間は?
マイナンバーカードの「申請方法〜発行」を分かりやすく解説。申請に必要なもの、作り方の違い、どの方法が簡単か、発行日数、申請期限はあるのか?など。
マイナンバーカードの「受け取り」方法!期限・所要時間・土日受取まとめ
【2018年更新版】マイナンバーカードの受取方法や必要な物、代理人による受取、委任状の書き方、所要時間、土日の受取について解説。
マイナンバーカードのメリット7つとデメリット4つ!できる事と必要性
マイナンバーカードを作ることによるメリット・デメリットをまとめました。出来ることや作る必要性、悪用リスクなどを解説。
マイナンバーカードの有効期限を確認しよう!更新手続きと5つの注意点
【2018年最新版】マイナンバー(個人番号)カードの有効期限の確認方法と、更新手続きの流れ、電子証明証はどうなるのか?手数料はどれほどか?についてまとめました。
マイナンバーカードが届かない時の3つの確認!問い合わせ先はどこ?
【2018年更新版】個人番号カード(マイナンバーカード)が届かないという方に、3つの確認ポイントを解説!どこに問い合わせるべきかも説明しています。
マイナンバーカードの交付申請書は4種類!紛失時の再発行方法も解説
【2018年最新版】個人番号カードを申請する際に使う「交付申請書」は、実は4種類あります。それぞれの違いと使う際の注意点、紛失して再発行した場合の注意をまとめました。
マイナンバーカード発行は即日可能か?発行日数を確認する2つの方法!
【2018年最新版】マイナンバーカードは発行まで何日掛かる?即日発行は出来ないの?カード申請から発行までの日数についてまとめています。
マイナンバーカードは、「通知カード」を紛失しても発行・受取できる!
【2018年最新版】マイナンバーカードの作成では、通知カードが必要です。ですが、無くなった場合でも発行は可能です。紛失した場合にどのような手続きが必要なのかまとめました。
<マイナンバー通知カード>紛失時の3つの手続きと、再発行手順まとめ
【2018年更新版】通知カードを失くした時の3通りの手続きと、再発行する手順や手数料、紛失したことによる悪用リスクを分かりやすく説明します。
マイナンバーの変更方法と、手続きに必要な条件2つ【必要書類まとめ】
【2018年最新版】マイナンバー(個人番号)は変更が可能ですが、申請には条件があります。ここでは変更手続きの方法と、必要書類、変更時の条件・注意点をまとめました。
マイナンバー(通知)カードの「住所変更」手続き!引越し後の7つの注意
【2018年最新版】引っ越し後は、個人番号カード・通知カードの住所変更が必須!手続き方法や必要書類、引越し後14日・90日過ぎて申請するとどうなるのか?まとめました。
マイナンバーカード・通知カードの「氏名変更」手続きと、5つの注意点!
【2018年最新版】結婚や離婚などにより名前が変わった場合の、「マイナンバーカード・通知カードの氏名変更」を解説。また、名前変更に関する注意点もまとめています。
マイナンバーカードは写真なしで発行可能?「写真なし」を求められたら
【2018年最新版】個人番号カードは「顔写真なし」で申請・発行することは出来るか?また「提出物」の中に「マイナンバーカード(顔写真なし)」と記載されている場合に提出すべき物について。
婚姻届の必要書類4つと、事前確認しておくべき7つの点!【完全版】
【2018年版】婚姻届の提出に必要なものを分かりやすく解説!必要なのは戸籍謄本?抄本?また、提出前に絶対に確認しておくべき点も紹介!
婚姻届の書き方がパッと分かる!15項目を見本で解説【記入例まとめ】
【2018年更新】婚姻届の書き方を記入例で解説!住所はマンション名まで?番地まで?本籍や証人とは?解説します。
婚姻届の「新本籍」にオススメな候補地5ヶ所と、決める時の2つの注意点
【2018年版】婚姻届に書く「新しい本籍地」はどこにすべき?メリットとデメリットと共に、本籍地の候補を紹介します。
続柄の書き方がパッと分かる一覧まとめ【図で分かりやすく解説!】
「あなたとの続柄」「世帯主からみた続柄」などの一覧まとめ。一覧図もあるため、「妻・嫁・夫・旦那・父・母・娘・息子・子」の正解が分かる。年末調整や戸籍・住民票、保険の受取などに。
「いとこの子供」の呼び方・続柄と、子供側から見た私の呼び名・続柄は?
「いとこの子供」には色々な呼び方があります。続柄の表記、いとこの子供から見た私の呼び名も解説。その他、結婚できるのか?お年玉は渡すべきか?もあわせて説明します。
はとこの意味がパッと分かる!家系図と「サザエさん一家」で理解しよう
「はとこ」の意味や漢字を、「家系図」と「サザエさん一家」で分かりやすく解説!はとこと結婚できるのか?「またいとこ」とは違うのか?芸能界にいる「はとこ関係」も紹介!