住民票コードとマイナンバーの3つの違い!【調べ方・使い道まとめ】

住民票コードとマイナンバー(個人番号)の3つの違い!調べ方・使い道・変更方法などまとめ

こんにちは。
元市民課職員のアキラです。

 

皆さんは「住民票コード」をご存知でしょうか?

 

「マイナンバー(個人番号)」と混同している方もいらっしゃると思いますので、このページでは

 

  • 住民票コードとは何か?
  • 何に使われるのか?
  • どのように調べたら良いのか?
  • マイナンバーと何が違うのか?

 

などを分かりやすくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

 

人気の関連ページ!

 

スポンサーリンク

 

 

住民票コードとは?どんな用途があるの?

結論から言うと、住民票コードとは「住基ネット」と呼ばれるネットワークの中で使われているコードです。

 

「住基ネット」とは、全国の市区町村の「住民基本台帳(住民1人ひとりの情報が載った台帳)」同士を結びつけるネットワークです。

 

この住基ネットでは、「市区町村」と「国の機関」が繋がっていますが、民間機関は繋がっていません。

 


画像引用:高知県

 

 

そして、この住基ネットの中だけで使われる「コンピュータで無作為に抽出した11桁の数字」を、【住民票コード】と言います。

 

 

 

住民票コードの用途は?

ではこの11桁の数字は、住基ネットにおいてどのように使われるのかと言うと…

 

このコードを「検索キー」とすることで、

 

  1. 氏名
  2. 生年月日
  3. 性別
  4. 住所

 

が分かるようになっています。

 

つまり「本人の情報」を追えるため、たとえば

 

  • パスポートの申請
  • 宅建資格の登録
  • 年金の裁定請求

 

などの「住民基本台帳法で定められた行政機関の申請や届出」において、本人確認として使われます。

 

「住民票コード」が追加される以前は…

 

余談ですが、「住民票コード」は平成14年8月の「住基ネット一次稼働」時に、住民票の記載事項として新しく追加されました。

それ以前については、上で挙げた「パスポート申請」などの手続きにおいて、「住民票の写し」の提出が必要でした。

つまり「住民票コード」のお陰で、手続きにおいて「住民票の写し」が必要となるケースが減ったのです。

 

スポンサーリンク

 

 

マイナンバー(個人番号)との3つの違い!

一方の「マイナンバー」は、この「住民票コード」を変換して作られる12桁の数字です。

 

ここでは「住民票コードとマイナンバーの違い」を、3つに分けて説明しましょう。

 

 

「使われる分野」が違う

マイナンバーについては、今後は利用拡大も予想されていますが、今の時点では

 

  • 社会保障
  • 税金
  • 災害対策

 

という3つの分野において、「保有する個人情報」と「マイナンバー」を紐付けて使われます。

 

「行政手続きを効率的に行う」という目的は同じですが、

 

  • 住民票コード

    ⇒住民基本台帳に関する事務処理を効率的に行うためのもの
    ⇒基本的に「自治体同士」もしくは「自治体と国」の間で使われる

  • マイナンバー

    ⇒社会保障・税・災害に関する行政手続きを効率的に行うためのもの
    ⇒主に国が利用する

 

という微妙な違いがあります。

 

 

 

「管轄」が違う

住民票コードが関わる「住基ネット」は総務相が管轄しています。

 

しかしマイナンバー制度は内閣官房管轄となっており、基本的には別制度となっています。

 

 

 

「民間利用の可否」が違う

住民票コードは、民間での利用が一切禁止されています。

 

そのため、民間の契約書等で住民票コードを記載させたりすると罰せられます。

 

一方のマイナンバーは、社会保障や税の分野で使われるため、

 

  • 勤務先での管理
  • 証券会社での管理

 

など、民間企業での利用・管理が認められています。

 

 

 

住民票コードを使えば良かったのでは?

3つの違いを説明しましたが、細かい部分を見ると色んな違いがあれど、要は「使われる分野」が違うわけです。

 

しかし色んな番号があるとややこしいですし、『マイナンバーではなく、もともとあった住民票コードをそれらの分野でも使えば良いのでは?』という質問は、マイナンバー制度が始まる際に挙がっていました。

 

それに関する回答は、内閣府のホームページに記載されています。

 

「住民票コード」はもともと今回のような利用を想定しておらず、運用の大幅な改変が必要になることや、パブリックコメントの多数意見が「新しい番号の利用」だったこと、等が主な理由です。(2014年6月回答)

引用:内閣府

 

 

以上が「住民票コード」と「マイナンバー」の違いについてです。

 

では続いて、
「住民票コードの確認方法」について説明しましょう。

スポンサーリンク

 

 

住民票コードを確認する2つの調べ方!

住民票コードは重要な情報なので、自治体に電話をしても教えてもらえません

 

もしも確認したい場合は、

 

  • 「住民票コード記載のある住民票」を取得する
  • 「住民票コード確認票」を取得をする

 

のどちらかで調べましょう。

 

 

「住民票コード記載のある住民票」で確認する

住民票には、住民票コードを記載することが可能です。

 

以下の例では「記載なし」を選択したため「省略」となっていますが、「記載あり」にしていればここに11桁の住民票コードが記載されることになります。

 

※Fの部分

 

 

取得方法は?

住民票を取得する際には、窓口に「住民票の写しの請求書」を提出します。

 

その際、請求書に「住民票コードの記載有無」の選択があれば、そこで「有り」を選択しましょう

 

自治体によって請求書のフォーマットは異なるのですが、もしも「記載有無の選択欄」が無い場合は、空いているスペースに「必要である旨」を記入しましょう

 

なお上でも説明したとおり、住民票コードについては法律で利用制限が設けられており、民間では住民票コードを利用することが出来ません。

 

そのため「提出先」や「なぜ必要なのか」という点の確認が入る可能性が高いです。

 

また「コンビニでの取得」では住民票コード記載出来ませんので、その点も要注意です。

 

人気の関連ページ!
>>住民票の4つの取り方と必要なもの!どこで取ると得か?【土日も可能】

 

 

 

「住民票コード確認票(通知書)」で確認する

住民票を取得しなくとも、「住民票コード確認票(通知書)」を取得することで、住民票コードを調べることが出来ます。

 

※自治体によって「確認票」「通知書」など呼称が若干異なります

 

また「住民票」を取得すると300円掛かりますが、「住民票コード確認票」であれば無料で発行してもらえます

 

 

取得方法は?

窓口もしくは自治体のホームページから、「住民票コード確認票交付申請書」を取得します。

 

あとは申請書とともに本人確認書類を持参するだけなので、とても簡単です。

 

分からない場合は自治体の窓口に行くか、GoogleやYahooなどで

 

  • 住民票コード確認票 ○○県 ○○市
  • 住民票コード通知書 ○○県 ○○市

 

などと検索してみると、自治体のホームページに案内があります。

 

 

 

余談:マイナンバーを知りたい場合!

余談ですが、マイナンバーを知りたい場合は「5つの調べ方」でパパッと確認できます。

 

>>マイナンバーがわからない時の5つの調べ方【即日で番号確認する裏技】

 

スポンサーリンク

 

 

住民票コードは引越しで変更されるのか?

住民票コードは、

 

  • 引越しによる住所変更
  • 氏名変更

 

などでは変わりません。

 

ただし引越しの際には「マイナンバー」に関する手続きは必要です。

 

特にマイナンバーカードを持っている場合は、色々と手続きをしなければなりませんので忘れずに行いましょう。

 

>>マイナンバー(通知)カードの「住所変更」手続き!引越し後の7つの注意

 

 

また「住民票の移動」は法律で定められており、引越し後14日以内に手続きをしなかった場合、最悪のケースとして罰金を課せられる可能性がありますのでご注意下さい

 

 

スポンサーリンク

 

 

住民票コードは好きに変更できるのか?

住民票コードは、自治体に行けば理由は問わずいつでも変更する事が可能です。

 

ただし好きな番号を付けることは出来ません。

 

また「住民基本台帳カード」をお持ちの場合、そのカードは使えなくなりますので要注意です。

 

※住民基本台帳カード

 

 

なお「住民基本台帳カード」と「マイナンバーカード」は別ですので、「マイナンバーカード」を持っていても影響はありません。

 

人気の関連ページ!

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ!

住民票コードの用途や、マイナンバーとの違いについて説明しました。

 

さいごに簡単にまとめておきます。

 

  • 住民票コードは11桁の番号であり、「住民基本台帳」に関わる手続きにおいて使用される
  • マイナンバーは12桁の番号であり、「社会保障・税・災害」に関する手続きにおいて使用される
  • 住民票コードは「民間」での管理・利用が禁止されているが、マイナンバーは一部で認められている
  • 住民票コードを知る方法は、「住民票の取得」「住民票コード確認票の取得」のどちらかである
  • 住民票コードは引越しや氏名変更では変更されないが、希望があれば理由に関わらずいつでも変更できる

 

 

住民票やマイナンバーについては、以下でも分かりやすくまとめていますので合わせてご確認下さい!

 

スポンサーリンク


 

マイナンバーカードの発行


マイナンバーカード発行後の手続き


通知カードの手続き


その他、マイナンバーに関わること

 

 

 

住民票の「取り方」


住民票の「移動」


住民票の「内容」


住民票の「種類」


その他、住民票の情報!

 

 

 

戸籍謄本・抄本の「取り方」


本籍・筆頭者の「調べ方」


本籍の「変え方」


戸籍謄本の「内容」


戸籍謄本の「種類」


その他、戸籍・本籍の情報!