戸籍謄本・抄本の『見本』と、内容・記載事項5つを画像付きで解説!

戸籍謄本・抄本の『見本』と、記載事項5つを画像つきで解説!マイナンバーは記載できるの?

こんにちは。元市民課職員のアキラです。

 

戸籍(謄本・抄本)を取得すると、何が書かれているか知らない方も多いことでしょう。

 

そこでこのページでは、戸籍謄本(抄本)の見本とともに、

 

どんな事が書かれているのか?

最近よく耳にする「マイナンバー」は記載できるのか?

「除籍」という文言があるが、これはなにか?

住民票との違いはなにか?

 

という点を、元市民課職員の筆者がどこよりもわかりやすく解説していきましょう。

スポンサーリンク

 

目次
  • 戸籍(謄本・抄本)の5つの記載事項を分かりやすく説明!
  • 戸籍(謄本・抄本)にマイナンバーは記載できるのか?
  • 住民票との違いってなあに?

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

戸籍謄本・抄本の5つの記載事項を分かりやすく説明!

では早速ですが、戸籍謄本・抄本には何が載っているのか?

 

サンプル画像とともに内容を説明していきましょう。

 

戸籍謄本と戸籍謄本の違いは?

 

  • 戸籍謄本

    ⇒戸籍に入っている全ての人の情報を取得する

  • 戸籍抄本

    ⇒戸籍に入っている人のうち、1人または複数人の情報を取得する

 

 

 

 

 

 

 

本籍・氏名

一番上には本籍筆頭者名が書かれています。

 

本籍とは「戸籍を置いている土地」のことを言い、現住所とは違って無理に移す必要はありません。

 

ただし戸籍関連の情報である

 

 

を取得する際には、「本籍の役場」に請求が必要となるため、今住んでいる場所に今後も住み続ける予定であれば、本籍を変更する方が何かと楽です。

 

人気の関連記事!

 

 

また、筆頭者とは「戸籍の主」のことを言います。

 

あなたが既婚者であれば、基本的にはが筆頭者となっており、独身であれば、父親が筆頭者であることが多いです。

 

ただし必ずしもその通りではないため、分からない方は以下の記事でパパッと確認しましょう。

 

>>戸籍謄本の筆頭者が5秒で分かる超カンタンな調べ方を紹介!

 

 

 

戸籍事項

上の例では「戸籍改製」と書かれていますが、それ以外にも

 

  • 戸籍の編成
  • 転籍
  • 削除

 

などの文言が記載されることがあります。

 

ほとんどの戸籍において書かれているのが「戸籍改製」です。

 

これは平成6年の「戸籍電子化」によって、戸籍のフォーマット(様式)が変更されたため、その旨が記載されています。

 

ちなみにですが、改正されるより前に、たとえば離婚をしていた場合などは、その事実は新しい戸籍には記載されません。

 

これはフォーマットが変わるタイミングで、一部「引き継がれない事項」があるためです。

 

相続手続きなどで「改正前の情報」を取得する場合は「改製原戸籍の謄本・抄本」を取得する必要があります。

 

人気の関連ページ!
>>改製原戸籍(謄本・抄本)の取り方はカンタン!役割や読み方【完全版】

 

 

それ以外に多いのが、戸籍の移動をした時に記載される「転籍」です。

 

転籍した場合、以前の本籍では、それまでの戸籍を「除籍」という扱いにしてそのまま保管しています。

 

相続の手続きなどで「過去の全ての情報を洗い出す」場合は、過去の本籍に対して「除籍謄本(抄本)の取得請求」が必要となることが多いです。

 

人気の関連ページ!
>>除籍謄本(抄本)とは?3つの取り方と必要なもの!【離婚・死亡時など】

 

 

 

 

 

戸籍に記録されている者

一人ひとりの

 

  • 氏名
  • 生年月日
  • 父親の名前
  • 母親の名前
  • 続柄(両親から見たもの)
  • 配偶者区分

 

が記載されています。

 

この例では、配偶者区分が「妻」になっていますが、妻にももちろん両親がいますので、その両親の名前も記載されています。

 

また、その両親のもとでの続柄も記載されます。

 

なお戸籍における続柄は、「子」ではなく「長男・二男・長女・二女」などの記載方法となります。
住民票では「子」と記載

 

人気の関連ページ!
>>続柄の書き方がパッと分かる一覧まとめ【図で分かりやすく解説!】

 

 

 

身分事項(出生)

身分事項には、

 

  • 出生
  • 婚姻(Dで説明)

 

と記載されることがほとんどですが、それ以外にも「離婚」「国籍喪失」などの記載があります。

 

出生においては、

 

  • 出生日
  • 出生地
  • 届出日(出生届を役場に提出した日)
  • 届出人(出生届を役場に提出した人)

 

が記載されています。

 

 

 

身分事項(婚姻)

婚姻した場合は、画像のとおり「身分事項欄」に “婚姻” の文字と欄が追加され、

 

  • 婚姻日
  • 配偶者氏名
  • 従前戸籍(入籍前の本籍と筆頭者名)

 

が記載されます。

 

「戸籍」というのは、結婚するタイミングで「夫婦で新しく作る物」であり、そのタイミングで本籍と筆頭者を新しく決めます。

 

「従前戸籍」は、結婚するまであなたが入っていた「両親の戸籍」における

 

  • 戸籍を置いていた住所(本籍)
  • 筆頭者

 

が書かれています。

 

 

 

「除籍」の文字が付く場合!

 

 

離婚や死亡によって、その戸籍から名前が抜けた場合は、「除籍」という扱いを受けます。

 

すると「戸籍に記録されている者」と書かれているところには、「除籍」という文言が記載されます。

 

また、その場合「身分事項」の欄には

 

  • 離婚
  • 死亡

 

という文言と、その日時などが記載されます。

 

※上の画像は例として作成したため、身分事項欄にそれらの記載は入れていません

 

ちなみにですが、離婚した場合、身分事項欄には「離婚相手の次の本籍(どこの戸籍に移ったのか?)」も記載されます。

 

多くの場合、夫が「筆頭者(戸籍の持ち主)」なので、離婚した場合は妻は両親の戸籍へ戻ります。

 

>>離婚後の戸籍の扱いは3パターン!

 

 

そして夫の戸籍には、妻の名前(離婚した事実)が残り続けます。

 

また、「妻の両親」の戸籍にも、『妻(両親からすると子)が離婚して、再び戸籍に戻ってきたこと』が記載されます。

 

※戸籍の電子化が進む中で、「離婚」という文字は残りますが、離婚時に×印が付くことはなくなりました

 

ただし、

 

  • 転籍(新しい本籍で、新しい戸籍を作る)
  • 戸籍の改製(戸籍のフォーマットが刷新される)

 

があると「除籍」された人の情報は引き継がれなくなるので、そうなると新しい戸籍では名前が記載されません。

 

これにより表面上「離婚した事実」を隠すことが出来ます

 

ただし「除籍謄本」「改製原戸籍」を取得すれば、すべて分かります。

 

人気の関連ページ!

スポンサーリンク

 

 

戸籍謄本・抄本にマイナンバーは記載できるのか?

「マイナンバーは載る?載せれる?」という質問が多いので、回答します。

 

結論から述べると、

 

戸籍謄本・抄本には、マイナンバーは記載できない

 

です。

 

上で挙げた『見本』の中にも、マイナンバーはありません。

 

「マイナンバーを調べたい」という理由で取得するのであれば、住民票を取得して下さい。

 

なお住民票を取得する際には、「マイナンバーの要否」のチェック欄にきちんとチェックを入れましょう。
(チェックを入れなければ記載されません)

 

人気の関連ページ!

 

 

 

マイナンバーを使って戸籍謄本(抄本)を取得することは出来る!

マイナンバーの記載は出来ないので、「戸籍情報とマイナンバーは紐づいていないのか?」と思われるかもしれませんが、きちんと紐づいています。

 

戸籍謄本・抄本はコンビニに設置されている「マルチコピー機」で取得することが出来ますが、これを使う際に「マイナンバーカード」が必要になります。
※通知カードでは取得できません

 

【例:セブンイレブンのマルチコピー機】

 

人気の関連ページ!

スポンサーリンク

 

 

住民票との違いってなあに?

住民票は「現在の住所(住所登録している場所)を証明するもの」であり、戸籍とは何ら関係ありません。

 

一人暮らしであれば住民票には一人の名前しか載りませんし、「同じ戸籍に載っていない人」であっても、同棲していれば一つの住民票に載せることも出来ます。

 

大きく5つの違いがありますので、以下のページでまとめています。

 

>>戸籍謄本と住民票の5つの違いを画像付きで分かりやすく解説!

 

 

 

 

さいごに!

戸籍謄本・抄本に書かれている内容を説明しました。

 

難しそうに書かれていますが、実際に書かれている内容はシンプルなものです。

 

当サイトでは、戸籍について分かりやすくまとめていますので、関連記事もあわせてご確認ください!

 

人気の関連ページ!

 

スポンサーリンク


 

 

戸籍謄本・抄本の「取り方」


本籍・筆頭者の「調べ方」


本籍の「変え方」


戸籍謄本の「内容」


戸籍謄本の「種類」


その他、戸籍・本籍の情報!

 

 

 

住民票の「取り方」


住民票の「移動」


住民票の「内容」


住民票の「種類」


その他、住民票の情報!

 

 

 

 

関連ページ

戸籍謄本・戸籍抄本の5つの取り方と必要なもの!どこで取ると得か?
【2018年更新版】戸籍謄本と戸籍抄本、住民票との違いは?5つの取得方法での値段の違いはあるか?読み方は?必要な時は?死亡時にどうなる?解説します。
戸籍謄本・抄本のコンビニ取得方法と7つの注意!費用・交付時間まとめ
【2018年最新版】戸籍謄本(抄本)は、マイナンバーカードがあればコンビニ取得出来ます。やり方と必要なもの、取得時の注意点を分かりやすくまとめました。
戸籍謄本の取り寄せ方と必要なもの!【書き方・日数・速達方法も解説】
【2018年最新版】戸籍謄本・戸籍抄本を郵送やコンビニで取り寄せる方法を解説。どれくらいの時間・費用がかかるのか?分かりやすく説明します。
戸籍の附票とは?保存期間や写しの取り方・手数料【完全版】
【2018年更新版】戸籍の附表の取り方や手数料、自治体での保存期間について。また、住民票との違いや取得する場合の注意点、除票や改製原附票について、分かりやすくまとめています。
除籍謄本(抄本)とは?3つの取り方と必要なもの!【離婚・死亡時など】
【2018年更新版】戸籍謄本とは何が違うの?取り寄せ方や必要な物、取れる人は家族や代理人、他人でも大丈夫?保存期間はどれくらい?離婚、相続の時に関わる「除籍」について分かりやすく解説!
原戸籍(謄本・抄本)の取り方は3パターン!役割や読み方【完全版】
【2018更新版】(改製)原戸籍とは?役割や読み方、取得方法を分かりやすくまとめています。なぜ必要か?郵送での取り寄せは出来るのか?コンビニ対応しているか?等も説明。
戸籍謄本の筆頭者が5秒で分かる超カンタンな調べ方!
【2018年更新版】戸籍の「筆頭者」が5秒で分かる方法を紹介!離婚歴がある場合や、親が離婚・再婚した場合、または筆頭者が死亡した時にどうなるのか?わかりやすく解説します。
戸籍謄本・抄本を本籍地以外から取る3つの方法!【完全版】
【2018年更新版】戸籍謄本や抄本を取るには、「本籍の役所」へ請求する必要があります。しかし本籍が遠い場合も多く、そのような時に本籍地以外から取得する3つの方法を説明します。
【戸籍謄本と代理人】委任状の書き方や、家族(親・兄弟)の場合の要否!
【2018年更新版】戸籍(謄本・抄本)の代理取得で必要な「委任状」の書き方と、本人以外の家族(親・兄弟姉妹)が代理で取る場合に委任状が必要なのか?を解説します。
戸籍謄本の種類は3つある!違いを画像付きで分かりやすく説明します
戸籍謄本の種類と違いを画像で説明!戸籍謄本・抄本の違いは?除籍って?原戸籍ってなに?分かりやすく解説します。
戸籍謄本の有効期限まとめ【パスポート・相続・結婚・離婚・転籍 etc…】
【2018年更新版】パスポート作成や相続、婚姻や離婚、転籍など、さまざまなシーンで必要となる謄本。戸籍謄本・抄本に有効期限はあるのか?解説します。
本籍の5つの調べ方と筆頭者の確認方法、番地の正しい書き方!【完全版】
【2018年更新版】本籍とは何?という基本から、「5通りの調べ方」、「筆頭者って誰?親が離婚している場合はどうなる?」「本籍の住所の正確な書き方は?」という疑問を、どこよりも分かりやすく説明しています。
「本籍地の変更手続き」方法と、メリット・デメリットまとめ【必要書類】
【2018年更新版】本籍地の移動手続きと、長所・短所を解説。皇居などの人気本籍スポットも紹介。パスポートや免許証がなければ変更できないのか?も説明。
住民票の4つの取り方と必要なもの!どこで取ると得か?【土日も可能】
【2018年更新版】住民票の発行方法や、請求書の書き方を分かりやすく解説。また、取得時の持ち物、料金の違い、県外にいる場合の貰い方、未成年が取るにはどうすれば良いのか?
住民票のコンビニでの取り方と5つの注意!交付時間やマイナンバー有無など
【2018年更新】コンビニでの住民票発行のやり方と、注意点を解説。通知カードでの取得やマイナンバー記載の有無、発行時間についても説明。
住民票は本人以外でも取れる!【家族・知人による代理取得と委任状】
【2018最新版】住民票を代理人に代わりに取得して貰う方法を解説。委任状の書き方や家族でも必要なのか?未成年者の場合はどうか?など。
住民票の3つの移し方と必要なもの!手続き期間は?土日もできる?
【2018年更新版】住民票を移す(変更)手続き方法や必要な物、期間はいつからいつまでか?「住民票の移動」に関わる一連の流れを解説。
住民票を移さないのは罰金!『必要なとき』6パターンからデメリットを知ろう!
【2018年更新版】住民票を移動しない!移してない!という場合に掛かる罰金額や条件の他、「移さなくて良い」条件を説明。その他、住民票が必要となる時と移さないデメリットを解説します。
住民票に有効期限はあるのか?提出先に求められる期限をまとめてみた
【2018年最新版】住民票に有効期限はあるのか?提出先によっても変わる有効期限、ここでは賃貸・住宅ローン契約や車検、運転免許試験などで求められる期限について解説しています。
住民票の種類は5つある!内容・用途の違いを画像付きで説明します!
【2018年最新版】住民票の種類と、内容・使い方の違いを解説します。どれを取れば良いのか?が分かります。参考にしてみて下さい!
住民票の「原本・写し・コピー」の3つの違いを分かりやすく解説します
【2018年最新版】「住民票の原本を提出して下さい」と言われた時に、「写し」で良いのか気になる方も多いでしょう。また「コピー不可」の場合に「写し」で良いのか?気になるところ。
住民票の15の記載内容を「見本」で解説!記載事項から分かることは?
【2018年最新版】住民票には何が書いてある?マイナンバーは記載される?見本画像ととも、15の記載事項を分かりやすく解説します。
転出届に必要なものは?期限はいつからいつまで?【書き方も解説】
【2018年更新版】転出届の提出に必要な物、書き方、郵送方法、代理を依頼する委任状の書き方を解説。その他、忘れた時にどうするか?土日は出せるのか?有効期限はあるか?等も説明します。
住民票記載事項証明書とは?書き方・必要な物と、コンビニで取る時の注意点
【2018年更新版】住民票記載事項証明書と住民票の違いとは?請求書・指定フォーマットの書き方や申請に必要な物、どこで取れるか?マイナンバーは入れれる?わかりやすく説明します。
戸籍謄本と住民票の違いを画像で解説!
戸籍謄本(抄本)と住民票の違いを画像で比較!「本籍と住所の違い」「筆頭者と世帯主の違い」など、5つの細かい違いを分かりやすく説明していきます。
マイナンバーカードの5つの作り方!どの申請方法が簡単?申請期間は?
マイナンバーカードの「申請方法〜発行」を分かりやすく解説。申請に必要なもの、作り方の違い、どの方法が簡単か、発行日数、申請期限はあるのか?など。
マイナンバーカードの「受け取り」方法!期限・所要時間・土日受取まとめ
【2018年更新版】マイナンバーカードの受取方法や必要な物、代理人による受取、委任状の書き方、所要時間、土日の受取について解説。
マイナンバーカードのメリット7つとデメリット4つ!できる事と必要性
マイナンバーカードを作ることによるメリット・デメリットをまとめました。出来ることや作る必要性、悪用リスクなどを解説。
マイナンバーカードの有効期限を確認しよう!更新手続きと5つの注意点
【2018年最新版】マイナンバー(個人番号)カードの有効期限の確認方法と、更新手続きの流れ、電子証明証はどうなるのか?手数料はどれほどか?についてまとめました。
マイナンバーカードが届かない時の3つの確認!問い合わせ先はどこ?
【2018年更新版】個人番号カード(マイナンバーカード)が届かないという方に、3つの確認ポイントを解説!どこに問い合わせるべきかも説明しています。
マイナンバーカードの交付申請書は4種類!紛失時の再発行方法も解説
【2018年最新版】個人番号カードを申請する際に使う「交付申請書」は、実は4種類あります。それぞれの違いと使う際の注意点、紛失して再発行した場合の注意をまとめました。
マイナンバーカード発行は即日可能か?発行日数を確認する2つの方法!
【2018年最新版】マイナンバーカードは発行まで何日掛かる?即日発行は出来ないの?カード申請から発行までの日数についてまとめています。
マイナンバーカードは、「通知カード」を紛失しても発行・受取できる!
【2018年最新版】マイナンバーカードの作成では、通知カードが必要です。ですが、無くなった場合でも発行は可能です。紛失した場合にどのような手続きが必要なのかまとめました。
<マイナンバー通知カード>紛失時の3つの手続きと、再発行手順まとめ
【2018年更新版】通知カードを失くした時の3通りの手続きと、再発行する手順や手数料、紛失したことによる悪用リスクを分かりやすく説明します。
マイナンバーがわからない時の5つの調べ方【即日で番号確認する裏技】
【2018年最新版】マイナンバー(個人番号)が分からない!番号だけ知りたい!という方に5つの番号確認方法を紹介しています。どれも即日で確認できるので参考にして下さい。
マイナンバーの変更方法と、手続きに必要な条件2つ【必要書類まとめ】
【2018年最新版】マイナンバー(個人番号)は変更が可能ですが、申請には条件があります。ここでは変更手続きの方法と、必要書類、変更時の条件・注意点をまとめました。
マイナンバー(通知)カードの「住所変更」手続き!引越し後の7つの注意
【2018年最新版】引っ越し後は、個人番号カード・通知カードの住所変更が必須!手続き方法や必要書類、引越し後14日・90日過ぎて申請するとどうなるのか?まとめました。
マイナンバーカード・通知カードの「氏名変更」手続きと、5つの注意点!
【2018年最新版】結婚や離婚などにより名前が変わった場合の、「マイナンバーカード・通知カードの氏名変更」を解説。また、名前変更に関する注意点もまとめています。
マイナンバーカードは写真なしで発行可能?「写真なし」を求められたら
【2018年最新版】個人番号カードは「顔写真なし」で申請・発行することは出来るか?また「提出物」の中に「マイナンバーカード(顔写真なし)」と記載されている場合に提出すべき物について。
婚姻届の必要書類4つと、事前確認しておくべき7つの点!【完全版】
【2018年版】婚姻届の提出に必要なものを分かりやすく解説!必要なのは戸籍謄本?抄本?また、提出前に絶対に確認しておくべき点も紹介!
婚姻届の書き方がパッと分かる!15項目を見本で解説【記入例まとめ】
【2018年更新】婚姻届の書き方を記入例で解説!住所はマンション名まで?番地まで?本籍や証人とは?解説します。
婚姻届の「新本籍」にオススメな候補地5ヶ所と、決める時の2つの注意点
【2018年版】婚姻届に書く「新しい本籍地」はどこにすべき?メリットとデメリットと共に、本籍地の候補を紹介します。
続柄の書き方がパッと分かる一覧まとめ【図で分かりやすく解説!】
「あなたとの続柄」「世帯主からみた続柄」などの一覧まとめ。一覧図もあるため、「妻・嫁・夫・旦那・父・母・娘・息子・子」の正解が分かる。年末調整や戸籍・住民票、保険の受取などに。
「いとこの子供」の呼び方・続柄と、子供側から見た私の呼び名・続柄は?
「いとこの子供」には色々な呼び方があります。続柄の表記、いとこの子供から見た私の呼び名も解説。その他、結婚できるのか?お年玉は渡すべきか?もあわせて説明します。
はとこの意味がパッと分かる!家系図と「サザエさん一家」で理解しよう
「はとこ」の意味や漢字を、「家系図」と「サザエさん一家」で分かりやすく解説!はとこと結婚できるのか?「またいとこ」とは違うのか?芸能界にいる「はとこ関係」も紹介!