戸籍謄本・抄本にマイナンバーは載る?内容・記載事項5つを画像付きで解説

戸籍謄本・抄本にマイナンバーは記載出来る?記載事項5つを画像つきで解説!

戸籍(謄本・抄本)を取得すると、何が書かれているかご存知でしょうか?

 

最近よく耳にする「マイナンバー」は記載できるのか?という点も含め、戸籍(謄本・抄本)の中身をどこよりもわかりやすく解説していきましょう。

スポンサーリンク

 

目次

  • 戸籍(謄本・抄本)にマイナンバーは記載できるのか?
  • 戸籍(謄本・抄本)の5つの記載事項を分かりやすく説明!

 

 

戸籍謄本・抄本にマイナンバーは記載できるのか?

いきなり結論から説明しますが、

 

戸籍謄本・抄本には、マイナンバーは記載できない

 

です。

 

「マイナンバーを調べたい」という理由で取得するのであれば、住民票を取得して下さい。

 

なお住民票を取得する際には、「マイナンバーの要否」のチェック欄にきちんとチェックを入れましょう。
(チェックを入れなければ記載されません)

 

人気の関連ページ!
>>住民票の3つの取り方と必要なもの!どこで取ると簡単?値段は違う?

 

 

 

マイナンバーを使って戸籍謄本(抄本)を取得することは出来る!

マイナンバーの記載は出来ないので、「戸籍情報とマイナンバーは紐づいていないのか?」と思われるかもしれませんが、きちんと紐づいています。

 

戸籍謄本・抄本はコンビニに設置されている「マルチコピー機」で取得することが出来ますが、これを使う際に「マイナンバーカード」が必要になります。
※通知カードでは取得できません

 

【例:セブンイレブンのマルチコピー機】

 

人気の関連ページ!
>>戸籍謄本・戸籍抄本の4つの取り方!どこで取ると得か?有効期限・値段

 

 

 

戸籍謄本・抄本の5つの記載事項を分かりやすく説明!

「戸籍謄本・抄本にはマイナンバーは載らない」ということは分かったと思いますが、では戸籍謄本・抄本には何が載っているのか?

 

サンプル画像とともに内容を説明していきましょう。

 

戸籍謄本と戸籍謄本の違いは?

 

  • 戸籍謄本

    ⇒戸籍に入っている全ての人の情報を取得する

  • 戸籍抄本

    ⇒戸籍に入っている人のうち、1人または複数人の情報を取得する

 

 

 

 

 

 

 

本籍・氏名

一番上には本籍筆頭者名が書かれています。

 

本籍とは「戸籍を置いている土地」のことを言い、現住所とは違って無理に移す必要はありません。

 

ただし戸籍関連の情報である

 

 

を取得する際には、「本籍の役場」に請求が必要となるため、今住んでいる場所に今後も住み続ける予定であれば、本籍を変更する方が何かと楽です。

 

人気の関連記事!

 

 

また、筆頭者とは「戸籍の主」のことを言います。

 

あなたが既婚者であれば、基本的にはが筆頭者となっており、独身であれば、父親が筆頭者であることが多いです。

 

ただし必ずしもその通りではないため、分からない方は以下の記事でパパッと確認しましょう。

 

>>戸籍謄本の筆頭者が5秒で分かる超カンタンな調べ方を紹介!

 

 

 

戸籍事項

上の例では「戸籍改製」と書かれていますが、それ以外にも

 

  • 戸籍の編成
  • 転籍
  • 削除

 

などの文言が記載されることがあります。

 

ほとんどの戸籍において書かれているのが「戸籍改製」です。

 

これは平成6年の「戸籍電子化」によって、戸籍のフォーマット(様式)が変更されたため、その旨が記載されています。

 

ちなみにですが、改正されるより前に、たとえば離婚をしていた場合などは、その事実は新しい戸籍には記載されません。

 

これはフォーマットが変わるタイミングで、一部「引き継がれない事項」があるためです。

 

相続手続きなどで「改正前の情報」を取得する場合は「改製原戸籍の謄本・抄本」を取得する必要があります。

 

人気の関連ページ!
>>改製原戸籍(謄本・抄本)の取り方はカンタン!役割や読み方【完全版】

 

 

それ以外に多いのが、戸籍の移動をした時に記載される「転籍」です。

 

転籍した場合、以前の本籍では、それまでの戸籍を「除籍」という扱いにしてそのまま保管しています。

 

相続の手続きなどで「過去の全ての情報を洗い出す」場合は、過去の本籍に対して「除籍謄本(抄本)の取得請求」が必要となることが多いです。

 

人気の関連ページ!
>>除籍謄本(抄本)とは?取り方や必要なもの!【離婚・死亡時の相続】

 

 

 

 

 

戸籍に記録されている者

一人ひとりの

 

  • 氏名
  • 生年月日
  • 父親の名前
  • 母親の名前
  • 続柄(両親から見たもの)
  • 配偶者区分

 

が記載されています。

 

この例では、配偶者区分が「妻」になっていますが、妻にももちろん両親がいますので、その両親の名前も記載されています。

 

また、その両親のもとでの続柄も記載されます。

 

なお戸籍における続柄は、「子」ではなく「長男・二男・長女・二女」などの記載方法となります。
住民票では「子」と記載

 

人気の関連ページ!
>>続柄の書き方がパッと分かる一覧まとめ【図で分かりやすく解説!】

 

 

 

身分事項(出生)

身分事項には、

 

  • 出生
  • 婚姻(Dで説明)

 

と記載されることがほとんどですが、それ以外にも「離婚」「国籍喪失」などの記載があります。

 

出生においては、

 

  • 出生日
  • 出生地
  • 届出日(出生届を役場に提出した日)
  • 届出人(出生届を役場に提出した人)

 

が記載されています。

 

 

 

身分事項(婚姻)

婚姻した場合は、画像のとおり「身分事項欄」に “婚姻” の文字と欄が追加され、

 

  • 婚姻日
  • 配偶者氏名
  • 従前戸籍(入籍前の本籍と筆頭者名)

 

が記載されます。

 

「戸籍」というのは、結婚するタイミングで「夫婦で新しく作る物」であり、そのタイミングで本籍と筆頭者を新しく決めます。

 

「従前戸籍」は、結婚するまであなたが入っていた「両親の戸籍」における

 

  • 戸籍を置いていた住所(本籍)
  • 筆頭者

 

が書かれています。

 

 

 

「除籍」の文字が付く場合!

 

 

離婚や死亡によって、その戸籍から名前が抜けた場合は、「除籍」という扱いを受けます。

 

すると「戸籍に記録されている者」と書かれているところには、「除籍」という文言が記載されます。

 

また、その場合「身分事項」の欄には

 

  • 離婚
  • 死亡

 

という文言と、その日時などが記載されます。

 

※上の画像は例として作成したため、身分事項欄にそれらの記載は入れていません

 

ちなみにですが、離婚した場合、身分事項欄には「離婚相手の次の本籍(どこの戸籍に移ったのか?)」も記載されます。

 

多くの場合、夫が「筆頭者(戸籍の持ち主)」なので、離婚した場合は妻は両親の戸籍へ戻ります。

 

>>離婚後の戸籍の扱いは3パターン!

 

 

そして夫の戸籍には、妻の名前(離婚した事実)が残り続けます。

 

また、「妻の両親」の戸籍にも、『妻(両親からすると子)が離婚して、再び戸籍に戻ってきたこと』が記載されます。

 

※戸籍の電子化が進む中で、「離婚」という文字は残りますが、離婚時に×印が付くことはなくなりました

 

ただし、

 

  • 転籍(新しい本籍で、新しい戸籍を作る)
  • 戸籍の改製(戸籍のフォーマットが刷新される)

 

があると「除籍」された人の情報は引き継がれなくなるので、そうなると新しい戸籍では名前が記載されません。

 

これにより表面上「離婚した事実」を隠すことが出来ます

 

ただし「除籍謄本」「改製原戸籍」を取得すれば、すべて分かります。

 

人気の関連ページ!

 

 

 

さいごに!

戸籍謄本・抄本に書かれている内容を説明しました。

 

難しそうに書かれていますが、実際に書かれている内容はシンプルなものです。

 

当サイトでは、戸籍について分かりやすくまとめていますので、関連記事もあわせてご確認ください!

スポンサーリンク


 

人気の関連記事!

 

▼お役に立ちましたら、シェアして頂けますと嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加


関連ページ

戸籍謄本と戸籍抄本の4つの取り方!どこで取ると得か?有効期限・値段について
【2018年更新版】戸籍謄本と戸籍抄本、住民票との違いの他、カンタンに取る方法、4つの取り方での値段の違い。その他、読み方、必要な時(ケース)、有効期限、死亡時にどうなるか?を説明します。
戸籍の附票とは?保存期間や写しの取り方・手数料【完全版】
【2018年更新版】戸籍の附表の取り方や手数料、自治体での保存期間について。また、住民票との違いや取得する場合の注意点、除票や改製原附票について、分かりやすくまとめています。
除籍謄本(抄本)とは?取り方や必要なもの!【離婚・死亡時の相続】
【2018年更新版】戸籍謄本とは何が違うの?取り寄せ方や必要な物、取れる人は家族や代理人、他人でも大丈夫?保存期間はどれくらい?離婚、相続の時に関わる「除籍」について分かりやすく解説!
原戸籍(謄本・抄本)の取り方はカンタン!役割や読み方【完全版】
【2018更新版】(改製)原戸籍とは?役割や読み方、取得方法を分かりやすくまとめています。なぜ必要なのか?郵送での取り寄せは出来るのか?コンビニは対応しているのか?なども説明します。
戸籍謄本の筆頭者が5秒で分かる超カンタンな調べ方!
【2018年更新版】戸籍の「筆頭者」が5秒で分かる方法を紹介!離婚歴がある場合や、親が離婚・再婚した場合、または筆頭者が死亡した時にどうなるのか?わかりやすく解説します。
戸籍謄本・抄本を本籍地以外から取る3つの方法!【完全版】
【2018年更新版】戸籍謄本や抄本を取るには、「本籍の役所」へ請求する必要があります。しかし本籍が遠い場合も多く、そのような時に本籍地以外から取得する3つの方法を説明します。
【戸籍謄本と代理人】委任状の書き方や、家族(親・兄弟)の場合の要否!
【2018年更新版】戸籍(謄本・抄本)の代理取得で必要な「委任状」。この委任状の書き方のほか、家族(親・兄弟)が代理で取る場合に、委任状が必要なのか?分かりやすく説明します。
本籍の5つの調べ方と筆頭者の確認方法、番地の正しい書き方!【完全版】
【2018年更新版】本籍とは何?という基本から、「5通りの調べ方」、「筆頭者って誰?親が離婚している場合はどうなる?」「本籍の住所の正確な書き方は?」という疑問を、どこよりも分かりやすく説明しています。
「本籍地の変更手続き」は超カンタン!皇居や東京タワーにも移動できる!
【2018年更新版】本籍地の移動手続きを、図を使って分かりやすく解説!皇居やディズニーランドなどの人気本籍スポットも紹介!パスポートや免許書がなければ変更できないのか?も説明しています。
住民票の3つの取り方と必要なもの!どこで取ると簡単?値段は違う?
【2018年更新版】住民票の発行方法や、請求書の書き方を分かりやすく解説。また、取得時の持ち物、料金の違い、県外にいる場合の貰い方、未成年が取るにはどうすれば良いのか?
住民票の移動(変更)に必要なもの!手続き期間は?土日もできる?
【2018年更新版】住民票を移す(異動)手続き方法や必要な物を説明。また、期間はいつからいつまでなのか?「住民票の変更」に関わる一連の流れを分かりやすく解説します。
住民票を移さないのは罰金!『必要なとき』6パターンからデメリットを知ろう!
【2018年更新版】住民票を移動しない!移してない!という場合に掛かる罰金額や条件の他、「移さなくて良い」条件を説明。その他、住民票が必要となる時と移さないデメリットを解説します。
転出届に必要なものは?期限はいつからいつまで?【書き方も解説】
【2018年更新版】転出届の提出に必要な物、書き方、郵送方法、代理を依頼する委任状の書き方を解説。その他、忘れた時にどうするか?土日は出せるのか?有効期限はあるか?等も説明します。
住民票記載事項証明書とは?書き方・必要な物と、コンビニで取る時の注意点
【2018年更新版】住民票記載事項証明書と住民票の違いとは?請求書・指定フォーマットの書き方や申請に必要な物、どこで取れるか?マイナンバーは入れれる?わかりやすく説明します。
戸籍謄本と住民票の違いを画像で解説!
戸籍謄本(抄本)と住民票の違いを画像で比較!「本籍と住所の違い」「筆頭者と世帯主の違い」など、5つの細かい違いを分かりやすく説明していきます。
続柄の書き方がパッと分かる一覧まとめ【図で分かりやすく解説!】
「あなたとの続柄」「世帯主からみた続柄」などの一覧まとめ。一覧図もあるため、「妻・嫁・夫・旦那・父・母・娘・息子・子」の正解が分かる。年末調整や戸籍・住民票、保険の受取などに。
「いとこの子供」の呼び方・続柄と、子供側から見た私の呼び名・続柄は?
「いとこの子供」には色々な呼び方があります。続柄の表記、いとこの子供から見た私の呼び名も解説。その他、結婚できるのか?お年玉は渡すべきか?もあわせて説明します。
はとこの意味がパッと分かる!家系図と「サザエさん一家」で理解しよう
「はとこ」の意味や漢字を、「家系図」と「サザエさん一家」で分かりやすく解説!はとこと結婚できるのか?「またいとこ」とは違うのか?芸能界にいる「はとこ関係」も紹介!