「本籍地の変更手続き」方法と、メリット・デメリットまとめ【必要書類】

「本籍地の変更手続き」方法と、メリット・デメリットまとめ【必要書類】

こんにちは。元市民課職員のアキラです。

 

皆さん、自分の本籍がどこにあるかご存知でしょうか?

 

「戸籍謄本・抄本」などを取り寄せる時に、

 

本籍遠いなー!

本籍移動したいなー!

 

と思った事はありませんか?

 

実は本籍はカンタンに移動できますし、日本全国どこにでも変更することが出来ます

 

このページでは「変更の手続き方法」を、元市民課職員の筆者がどこよりもわかりやすく説明していきます!

スポンサーリンク

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

本籍の変更手続きって何?カンタンなの?

本籍の変更手続きは非常にカンタンです。

 

まず「本籍」が何かを簡単に説明しとくと、

 

本籍とは、「戸籍」を置いている場所(市区町村)

 

のことを言います。

 

「戸籍」とは、簡単に言うと

 

「いつ、誰のもとに生まれ、兄弟が誰であり、いつ誰と結婚したのか、そしていつ子どもが生まれたのか」という、家族との関係性が分かる情報

 

です。

 

>>戸籍謄本・抄本の記載事項5つを画像つきで分かりやすく解説!

 

 

そして、この「戸籍を置く場所」を変更するのが “本籍地の変更” です。

 

ちなみに「本籍地を移動すること」を、戸籍法上は『転籍(てんせき)と言います。

 

住民票は?

住民票は「現在の住所※」を証明するものであり、住んでいる市区町村の役場で管理されています。

※引越し時に移していない人は、以前の住所のままです

 

人気の関連ページ!

  • 住民票の移動(変更)に必要なもの!手続き期間は?土日もできる?
  • 住民票の4つの取り方と必要なもの!どこで取ると得か?【土日も可能】
  • 住民票を移さないのは罰金!『必要なとき』6パターンからデメリットを知ろう!
  •  

     

    「本籍を変更したい!」という理由は人それぞれ色々あると思いますが、理由は何であれ、カンタンに変更することが出来るのです。

     

    ただしこの「本籍の変更」にはメリットとデメリットが存在しますので、事前に説明しておきます。

    スポンサーリンク

     

     

    「本籍の変更」による3つのメリットとは?

    本籍の変更には、3つのメリットがあります。

     

    メリットもデメリットも知っておくべきですが、「そんなことどうでも良い」という方は、変更手続きの流れ!へジャンプして下さい

     

     

    「戸籍関連の証明書」の取得がカンタンに!

    「本籍を変更したい」という方の理由の多くが、このメリットを享受するためでしょう。

     

    現在の法律において、

     

    • 戸籍謄本・抄本
    • 除籍謄本・抄本

     

    といった「戸籍関連の証明書」を取得する場合は、基本的に「本籍の役場」に交付申請する必要があります

     

    そのため、「現在住んでいる場所」と「本籍」が離れている場合には、基本的には

     

    本籍の役場へ交付申請書を郵送し、そして返送(郵送)してもらう

     

    という煩わし手続きが発生します。

     

    >>戸籍謄本の取り寄せ方と必要なもの!【書き方・日数・速達方法も解説】

     

     

    これにより「往復の送料」や「手続きの時間」に無駄が生じるわけです。

     

    そのためこれらの無駄を省けるようになるというのが大きなメリットの1つです。

     

    なお、上の説明で「基本的に」という言葉を使いましたが、近年は本籍が遠方であっても、コンビニで「戸籍関連の証明書」を取得出来るようになりました

     

    ただしコンビニで取得する場合は、「マイナンバーカード」が必要です。

     

    人気の記事!

     

     

     

     

    「離婚」など、一部の記載事項が記載されなくなる!

    主に「離婚の事実」を隠したいがために、転籍を考える方もいらっしゃいます。

     

    「離婚の話とは無縁」という方もひとつの知識としてご覧ください。

     

    上で「本籍の移動とは、戸籍の置き場を移動すること」と説明しましたが、厳密には「戸籍の位置」は変わりません。

     

    元々の場所でも戸籍が残り、新しい場所で新たに「戸籍の台帳」が作成されます。

     

    その際に、

     

    • 引き継がれるもの
    • 引き継がないもの

     

    があり、このときに「離婚」の記載を引き継がないで戸籍を作ることが出来るのです。

     

    ただし、元の市区町村の役場では、古い戸籍が残っており、そこには記載されたままとなりますので、そこまで確認されると普通にバレます。

     

    同じ「市区町村」内の動きでは消えません!

    もし「離婚の記載を消したい」ために転籍を考えているのであれば、少なくとも今の本籍となっている「市」を飛び出して、違う「市」へ移らなければなりません。

    同じ「市区町村」内で転籍しても、本籍の欄に訂正が入るだけで、他の記載は変わりません。

     

     

    なお、古い戸籍は「除籍」という扱いで保管されるので、今後その情報を閲覧する場合は

     

    • 除籍謄本
    • 除籍抄本

     

    として(元の本籍へ)交付請求することになります。

     

    関連の人気記事!
    >>除籍謄本(抄本)とは?取り方や必要なもの!【相続での必要書類】

     

     

    夫や妻が「転籍」した過去を黙っていると、死後、相続手続きや遺品整理などをする中で、遡って除籍謄本を集めていく中で、

     

    「実は夫は過去に2度の離婚歴があった!」

    「実は腹違いの兄弟がいた!」

     

    なんて事実が発覚したりします。

     

    ちなみにですが、離婚すると「元夫と2人で作った戸籍」では、妻は“除籍” という扱いで書かれています。

     

    >>戸籍謄本・抄本の記載事項5つを画像つきで分かりやすく解説!

     

    しかし「その戸籍がまだ現存している(夫やほかの誰かが入っている)」のであれば、その戸籍の情報を請求する場合は

     

    • 戸籍謄本
    • 戸籍抄本

     

    を請求することになります。

     

    「除籍」は2つの意味で使われている

    「除籍」という言葉は、以下の2つの意味で使われます。

    1. ある戸籍から抜けること
    2. 「転籍後の戸籍」や、戸籍から全員が抜けてしまった「抜け殻状態の戸籍」のこと

    そのため、前者の場合はその戸籍に誰かが在籍しているため、「生きている戸籍(つまり通常の戸籍)」として扱われます。

     

     

    なお、これは「元夫と2人で作った戸籍」において “筆頭者は元夫だった” という、おおよそ一般的なケースに当てはめて考えた時の話です。

     

    筆頭者ってなに?という方は、以下ページも参考にしてみて下さい!

     

    >>「筆頭者が誰なのか?」は、5秒もあれば把握できる!

     

     

     

     

    「名だたる名所」に本籍を置くことが出来る!

    これは後ほど説明しますが、本籍は日本各所、どこにでも置くことが出来ます
    (町役場がある場所で、原則は登記簿に記載されている土地)

     

    そのため、自分がその場所に住んでいなくとも

     

    • 東京タワー
    • スカイツリー
    • 皇居
    • 大阪城

     

    などに本籍を置くことも出来ます。

     

    これは「友人へ自慢する!」「ただの自己満足だ!」など理由はさまざまだと思いますが、一つのメリットとして捉えることも出来ます。

     

     

     

    では続いて
    「本籍の変更によるデメリットはたった1つ!」について説明しましょう。

    スポンサーリンク

     

     

    「本籍の変更」によるデメリットはたった1つ!

    「本籍の変更」を行うことによるデメリットは1つだけです。

     

    それは、

     

    今後、出生から現在までの「すべての戸籍情報」を取得する場合に、すべての本籍を遡って収集していかなければならない

     

    ということです。

     

    上でも説明のとおり、戸籍は「以前の本籍」において “除籍” という扱いのまま残されていますので、それを取得していく必要があります。

     

    通常は、生きている方が自分自身の「出生時点から今現在の戸籍情報まですべて集める」というケースはあまり無いでしょう。

     

    しかし一般的に多いのが、死亡したあとの相続関連で「出生から死亡時点までの戸籍情報を集める」ケースです。

     

    通常は、

     

    「両親の戸籍」にいた

    結婚して「配偶者との新しい戸籍」に入る

     

    というシンプルなものなので、2箇所での謄本請求で済むハズですが、これが複雑化するということです。

     

    本人にとって大きなデメリットは無いかもしれませんが、死亡して残された人からすると「迷惑な話」となる場合が多いです。

     

    関連の人気記事!

    スポンサーリンク

     

     

    本籍を変更しよう!手続きはカンタン!

    これまで説明したとおり、本籍の変更には

     

    • 3つのメリット
    • 1つのデメリット

     

    が存在します。

     

    あなたにとって「メリットの方が大きい!」と思える状況であれば、これらを理解した上で本籍を変更しましょう。

     

    変更はとってもカンタンですので順を追って説明していきます。

     

    大前提として、「引越しをした」からと言って本籍は無理に移す必要はありません

    ただし住所変更(住民票の移動)は義務なので、必ずしておきましょう。

     

    関連記事
    >>住民票を移さないのは罰金!『必要なとき』6パターンからデメリットを知ろう!

     

    スポンサーリンク

     

    誰が何をすれば良い?

    やるべきことは至ってシンプルです。

     

    戸籍の「筆頭者」と「配偶者」が、『転籍届』を記入して提出する

     

    だけです。(もちろん他に持参するものはあります)

     

    人気の関連記事!

    >>「筆頭者・配偶者が誰なのか?」は、5秒もあれば把握できる!

     

     

    転籍届は、最寄の町役場(市役所や区役所などのこと)でも貰えますし、町役場のホームページからダウンロードすることも出来ます。

     

    家でダウンロードして使う場合は、必ず白いA4サイズのもの※に印刷する必要があります。

     

    「用紙サイズが違うと受理してもらえない」ので、心配な方は直接町役場に貰いに行きましょう。

     

    ※2018年時点の話であり、変わる可能性があるため必ず各役場のHPで確認して下さい

     

    「子ども」だけ転籍できる?

    子どもだけ転籍することは出来ません。

     

    ただし子どもが20歳以上であれば「分籍(自分が筆頭者となり、1人で新しい戸籍を作れる)」によって、本籍を移すことが出来ます。

     

    また子どもが結婚すると、そのタイミングで「子ども」と「子供の配偶者」で新しい戸籍を作ることになるので、その際に本籍を移すことも出来ます。

     

     

     

     

    「転籍届」に何を書くの?

    転籍届で書く項目は、基本的に4つです。

     

    本籍(戸籍)の変更手続き

     

     

    本籍

    現在の本籍を記入します。「現住所」ではありませんのでご注意下さい。

     

    「今の本籍が分からない!」という方は、以下を参考にして下さい

     

    >>最速10秒!「本籍」を超カンタンに調べられる5つの方法!

     

     

    新しい本籍

    移したい場所を記入します。

     

    「本籍」の書き方は、

     

    • 「番地」で終わるのか?
    • 「街区(番)」で終わるのか?

     

    というパターンがありますが、「新しく本籍を置く市区町村」によって微妙に異なる部分がありますので、注意が必要です。

     

    書き方を分かりやすくまとめていますので、以下ページもご確認下さい。

     

    >>間違える人が続出!「本籍の正しい書き方」を知っておこう!

     

     

    おなじ戸籍にある人

    ここには、

     

    • 筆頭者(主に夫)
    • 配偶者(主に妻)
    • ほか、同じ戸籍にいる全員

     

    の名前と現住所を書きます。

     

    「現住所」が必要なので、子どもと別居している場合は、あらかじめ子どもたちの「正しい現住所」を確認しておきましょう。

     

    なお、転籍をするタイミングで「住所も変える」という場合は、新しい住所を記入して下さい。

     

    ただし「転籍の手続き」と「住所変更(住民票の移動)の手続き」は別ですので、後日「住所変更」の手続きが必要となります。

     

    冒頭で説明のとおり、本籍とは「戸籍の台帳」を置いている場所であり、住んでいる場所(住所)とは別です。

     

    人気の関連ページ!
    >>住民票の移動(変更)に必要なもの!手続き期間は?土日もできる?

     

     

    届出人

    「転籍届」の届出人は、基本的に

     

    • 筆頭者(主に夫)
    • 配偶者(主に妻)

     

    の2人です。

     

    印鑑は「認め印」「実印」のどちらでも大丈夫ですが、二人別々の印鑑を押して下さい。(シャチハタは不可)

     

    なお、以下の場合は届出人は「筆頭者のみ」で大丈夫です。

     

    • 配偶者が死亡している場合
    • 配偶者と離婚している場合

     

    逆に「筆頭者が死亡した場合」は、配偶者だけが届出人となり手続きできます。

     

    ※上で挙げていない「筆頭者と離婚した場合」というケースでは、配偶者は通常「むかし(両親)の戸籍」に戻っているため、「転籍」するには親による届出が必要です。

     

    参考記事!
    >>離婚後の「配偶者(元妻)の戸籍の扱い方」は3パターンある!

     

     

    「15歳未満の筆頭者」が転籍する場合

    Dの記入欄はあまり使われないですが、説明しておきます。

     

    この記入欄は、

     

    「15歳未満かつ筆頭者になっている人」が、転籍を届け出るとき

     

    に記入が必要です。

     

    そもそも「15歳未満かつ筆頭者である」というパターンが珍しいです。

     

    例えばですが、『両親が不明となっている(つまり捨て子など)という理由により、市区町村が出生届を提出した場合』は、子どもが筆頭者となって戸籍が作られます。

     

    この時は、

     

    • 親権者(父、養父、母、養母)
    • 未成年後見人

     

    のいずれかの人が、届出人となる必要があります。

     

     

     

    転籍届を書き終わったら、次は提出です。

     

    スポンサーリンク

     

     

    「転籍届」をどこに出したら良いの?

    転籍届を記入したら、以下のいずれかに提出します。

     

    • 「現在の本籍地」にある役場
    • 「変更後の本籍地」にある役場
    • 「現住所(住民票を置いている所)」にある役場

     

    この時、提出する場所は一箇所で大丈夫です。

     

    「住民票の移動」のような、“転入元・転入先のそれぞれで提出する” といった必要はありません。

     

    なお郵送で提出することも可能ですが、あまりオススメは出来ません。

     

    詳しくは後ほど「郵送での手続き」で説明します。

     

     

     

     

    誰が持って行っても良いの?

    実際に役場に手続きに行く人は、

     

    • 届出人の2人
    • どちから1人
    • 子どもや代理人

     

    のいずれかで問題ありません。
    (届出人2人の印鑑が押されている事が前提)

     

    ただし何らかの修正が必要となった場合は、届手人が出向く必要が生じる可能性もあります。

    スポンサーリンク

     

     

    何を持っていったら良いの?

    持って行くものは以下の4種類です。

     

     

    転籍届

    これが無ければ何も始まりません。
    記入と届手印に漏れがないことを確認しましょう。

     

     

    届出人の印鑑

    届出印を押した印鑑を持参しましょう。
    通常は2本持参することになります。

     

     

    戸籍謄本

    「同じ市区町村」内での転籍の場合は不要ですが、違うところへ転籍する場合は必要となります。

     

    「戸籍抄本(こせきしょうほん)」ではなく「戸籍謄本(こせきとうほん)」が必要となりますので、間違わないように気をつけましょう。

     

    この2つの違いや、取り方については以下の記事でまとめています。

     

    >>「戸籍謄本・抄本の違い」と「取得できる5つの場所、値段の違い」をまとめてみた!

     

     

    持参人の本人確認書類

    役所に転籍届を持参する人の身分証が必要です。

     

    基本的には

     

    • 運転免許証
    • パスポート

     

    となりますが、これらが無い場合は事前に出向く役所に電話で確認しておきましょう

    スポンサーリンク

     

     

    郵送でも対応してもらえる

    上でも触れましたが、転籍届は郵送でも受け付けてもらえます。

     

    郵送する先は、直接持参する場合と同様に、

     

    • 「現在の本籍地」にある役場
    • 「変更後の本籍地」にある役場
    • 「現住所(住民票を置いている所)」にある役場

     

    のいずれかで大丈夫です。

     

    そして郵送の場合も、

     

    • 転籍届(筆頭者と配偶者の印がある事が前提)
    • 戸籍謄本

     

    の提出が必要となります。

     

    ただし以下の2つの理由から、あえて「郵送」を選ぶ必要は無いと思います。

     

    • そもそも「住民票を置いている最寄の役場」で手続き出来る
    • 内容に誤りがあった場合に「訂正に出向く必要が生じる可能性」がある

     

    それでも「郵送する必要がある」という方は、修正が必要になった場合にすぐに出向けるように、郵送先は最寄の町役場(住民票を置いている場所)にしておくのが良いでしょう。

     

    ちなみに、郵送する前には念のため「郵送で受け付けて貰えるのか?」を確認しておいた方が良いです。

     

    これは、市区町村の役場ごとに

     

    • ホームページ上で「郵送でも可能」と記載がある役場
    • ホームページ上で郵送について特に記載がない役場

     

    があるため、念のための確認です。

     

     

     

     

    提出したら、後は待つだけ!

    提出すると、新しい本籍地の役所で「戸籍の台帳」が作られ、「届け出た日付」で本籍は移ります。

     

    ただし、戸籍謄本・抄本の発行までは届け出てから1週間ほど掛かってしまいます。

     

    ※市区町村によって期間は多少前後します

     

    そのため、発行を急いでいる方は「発行までに掛かる時間」を事前に確認しておきましょう。

     

    なお元の本籍地では、「戸籍」が「除籍」という扱いになり、80年間保存されることになっています。

     

     

     

    「本籍地の手続き」は以上で終わりです。

     

    色々くわしく書きましたが、実際に行うことは

     

    「転籍届を書く⇒提出する」

     

    という対応のみです。

     

    では最後に、
    「日本の名所を本籍とする場合の地番」についてまとめておきました。

    スポンサーリンク

     

     

    皇居や東京タワーを本籍としよう!

    「本籍変更のメリット」の一つとして紹介しましたが、本籍は基本的に日本各地のどこにでも設定できます。

     

    ただし町役場が管理している場所で、原則は登記簿に記載されている土地です。

     

    有名どころを挙げていくと・・・

     

    • 皇居

      ⇒東京都千代田区千代田1番

    • 東京タワー

      ⇒東京都港区芝公園四丁目2番

    • スカイツリー

      ⇒東京都墨田区押上一丁目1番

    • 東京ディズニーランド

      ⇒千葉県浦安市舞浜1番地

    • 大阪城

      ⇒大阪市中央区大阪城1番

    • 甲子園球場

      ⇒兵庫県西宮市甲子園町1番

    • 沖ノ鳥島

      ⇒東京都小笠原村沖ノ鳥島1番地

     

    これらが人気の「本籍スポット」と言えるでしょう。

     

    ただし現住所から近い場所でないと戸籍謄本・抄本の取得が面倒になるので、よっぽどのこだわりが無い限りは、これらの場所に移すことはオススメしません・・・

     

     

     

     

    さいごに!

    本籍地の変更方法や、有名な「本籍スポット」について説明しました。

     

    デメリットもありますが、今後の人生においてそれ以上にメリットを活かせるのであれば、戸籍の変更手続きをオススメします

     

    なお既に説明しましたが、「マイナンバーカード」があれば、戸籍謄本や住民票をコンビニで簡単に取得できるようになるため、とても便利ですよ。

     

     

    スポンサーリンク


     

    あわせて読まれています!

     

    関連ページ

    戸籍謄本・戸籍抄本の5つの取り方と必要なもの!どこで取ると得か?
    【2018年更新版】戸籍謄本と戸籍抄本、住民票との違いは?5つの取得方法での値段の違いはあるか?読み方は?必要な時は?死亡時にどうなる?解説します。
    戸籍謄本・抄本のコンビニ取得方法と7つの注意!費用・交付時間まとめ
    【2018年更新】戸籍謄本(抄本)のコンビニ取得のやり方と必要なもの、注意点を詳しくまとめました。
    戸籍謄本の取り寄せ方と必要なもの!【書き方・日数・速達方法も解説】
    【2018年最新版】戸籍謄本・戸籍抄本を郵送やコンビニで取り寄せる方法を解説。どれくらいの時間・費用がかかるのか?分かりやすく説明します。
    戸籍の附票とは?保存期間や写しの取り方・手数料【完全版】
    【2018年更新版】戸籍の附表の取り方や手数料、自治体での保存期間について。また、住民票との違いや取得する場合の注意点、除票や改製原附票について、分かりやすくまとめています。
    除籍謄本(抄本)とは?3つの取り方と必要なもの!【離婚・死亡時など】
    【2018年更新版】戸籍謄本とは何が違うの?取り寄せ方や必要な物、取れる人は家族や代理人、他人でも大丈夫?保存期間はどれくらい?離婚、相続の時に関わる「除籍」について分かりやすく解説!
    原戸籍(謄本・抄本)の取り方は3パターン!役割や読み方【完全版】
    【2018更新版】(改製)原戸籍とは?役割や読み方、取得方法を分かりやすくまとめています。なぜ必要か?郵送での取り寄せは出来るのか?コンビニ対応しているか?等も説明。
    戸籍謄本の筆頭者が5秒で分かる超カンタンな調べ方!
    【2018年更新版】戸籍の「筆頭者」が5秒で分かる方法を紹介!離婚歴がある場合や、親が離婚・再婚した場合、または筆頭者が死亡した時にどうなるのか?わかりやすく解説します。
    戸籍謄本・抄本を本籍地以外から取る3つの方法!【完全版】
    【2018年更新版】戸籍謄本や抄本を取るには、「本籍の役所」へ請求する必要があります。しかし本籍が遠い場合も多く、そのような時に本籍地以外から取得する3つの方法を説明します。
    戸籍謄本・抄本の『見本』と、内容・記載事項5つを画像付きで解説!
    【2018年更新版】戸籍謄本や抄本に何が記載されるのか?マイナンバーは載るのか?実際に記載される内容(5つの事項)を、画像付きで説明していきます。
    【戸籍謄本と代理人】委任状の書き方や、家族(親・兄弟)の場合の要否!
    【2018年更新版】戸籍(謄本・抄本)の代理取得で必要な「委任状」。書き方のほか、家族(親・兄弟姉妹)が代理で取る場合に、委任状が必要なのか?解説します。
    戸籍謄本の種類は3つある!違いを画像付きで分かりやすく説明します
    戸籍謄本の種類と違いを画像で説明!戸籍謄本・抄本の違いは?除籍って?原戸籍ってなに?分かりやすく解説します。
    戸籍謄本の有効期限まとめ【パスポート・相続・結婚・離婚・転籍 etc…】
    【2018年更新版】パスポート作成や相続、婚姻や離婚、転籍など、さまざまなシーンで必要となる謄本。戸籍謄本・抄本に有効期限はあるのか?解説します。
    本籍の5つの調べ方と筆頭者の確認方法、番地の正しい書き方!【完全版】
    【2018年更新版】本籍とは何?という基本から、「5通りの調べ方」、「筆頭者って誰?親が離婚している場合はどうなる?」「本籍の住所の正確な書き方は?」という疑問を、どこよりも分かりやすく説明しています。
    住民票の4つの取り方と必要なもの!どこで取ると得か?【土日も可能】
    【2018年更新版】住民票の発行方法や、請求書の書き方を分かりやすく解説。また、取得時の持ち物、料金の違い、県外にいる場合の貰い方、未成年が取るにはどうすれば良いのか?
    住民票のコンビニでの取り方と5つの注意!交付時間やマイナンバー有無など
    【2018年更新】コンビニでの住民票発行のやり方と、注意点を解説。通知カードでの取得やマイナンバー記載の有無、発行時間についても説明。
    住民票は本人以外でも取れる!【家族・知人による代理取得と委任状】
    【2018最新版】住民票を代理人に代わりに取得して貰う方法を解説。委任状の書き方や家族でも必要なのか?未成年者の場合はどうか?など。
    住民票の3つの移し方と必要なもの!手続き期間は?土日もできる?
    【2018年更新版】住民票を移す(変更)手続き方法や必要な物、期間はいつからいつまでか?「住民票の移動」に関わる一連の流れを解説。
    住民票を移さないのは罰金!『必要なとき』6パターンからデメリットを知ろう!
    【2018年更新版】住民票を移動しない!移してない!という場合に掛かる罰金額や条件の他、「移さなくて良い」条件を説明。その他、住民票が必要となる時と移さないデメリットを解説します。
    住民票に有効期限はあるのか?提出先に求められる期限をまとめてみた
    【2018年最新版】住民票に有効期限はあるのか?提出先によっても変わる有効期限、ここでは賃貸・住宅ローン契約や車検、運転免許試験などで求められる期限について解説しています。
    住民票の種類は5つある!内容・用途の違いを画像付きで説明します!
    【2018年最新版】住民票の種類と、内容・使い方の違いを解説します。どれを取れば良いのか?が分かります。参考にしてみて下さい!
    住民票の「原本・写し・コピー」の3つの違いを分かりやすく解説します
    【2018年最新版】「住民票の原本を提出して下さい」と言われた時に、「写し」で良いのか気になる方も多いでしょう。また「コピー不可」の場合に「写し」で良いのか?気になるところ。
    住民票の15の記載内容を「見本」で解説!記載事項から分かることは?
    【2018年最新版】住民票には何が書いてある?マイナンバーは記載される?見本画像ととも、15の記載事項を分かりやすく解説します。
    転出届に必要なものは?期限はいつからいつまで?【書き方も解説】
    【2018年更新版】転出届の提出に必要な物、書き方、郵送方法、代理を依頼する委任状の書き方を解説。その他、忘れた時にどうするか?土日は出せるのか?有効期限はあるか?等も説明します。
    住民票記載事項証明書とは?書き方・必要な物と、コンビニで取る時の注意点
    【2018年更新版】住民票記載事項証明書と住民票の違いとは?請求書・指定フォーマットの書き方や申請に必要な物、どこで取れるか?マイナンバーは入れれる?わかりやすく説明します。
    戸籍謄本と住民票の違いを画像で解説!
    戸籍謄本(抄本)と住民票の違いを画像で比較!「本籍と住所の違い」「筆頭者と世帯主の違い」など、5つの細かい違いを分かりやすく説明していきます。
    マイナンバーカードの5つの作り方!どの申請方法が簡単?申請期間は?
    マイナンバーカードの「申請方法〜発行」を分かりやすく解説。申請に必要なもの、作り方の違い、どの方法が簡単か?申請期限はあるのか?など。
    マイナンバーカードの「受け取り」方法!期限・所要時間・土日受取まとめ
    【2018年更新版】マイナンバーカードの受取方法や必要な物、代理人による受取、委任状の書き方、所要時間、土日の受取について解説。
    マイナンバーカードのメリット7つとデメリット4つ!できる事と必要性
    マイナンバーカードを作ることによるメリット・デメリットをまとめました。出来ることや作る必要性、悪用リスクなどを解説。
    マイナンバーカードが届かない時の3つの確認!問い合わせ先はどこ?
    【2018年更新版】個人番号カード(マイナンバーカード)が届かないという方に、3つの確認ポイントを解説!どこに問い合わせるべきかも説明しています。
    【マイナンバー通知カード】紛失時の3つの手続きと、悪用リスクまとめ
    【2018年更新版】通知カードを失くした時の3通りの手続きと、紛失したことによる悪用リスクを分かりやすく説明します。
    婚姻届の必要書類4つと、事前確認しておくべき7つの点!【完全版】
    【2018年版】婚姻届の提出に必要なものを分かりやすく解説!必要なのは戸籍謄本?抄本?また、提出前に絶対に確認しておくべき点も紹介!
    婚姻届の書き方がパッと分かる!15項目を見本で解説【記入例まとめ】
    【2018年更新】婚姻届の書き方を記入例で解説!住所はマンション名まで?番地まで?本籍や証人とは?解説します。
    婚姻届の「新本籍」にオススメな候補地5ヶ所と、決める時の2つの注意点
    【2018年版】婚姻届に書く「新しい本籍地」はどこにすべき?メリットとデメリットと共に、本籍地の候補を紹介します。
    続柄の書き方がパッと分かる一覧まとめ【図で分かりやすく解説!】
    「あなたとの続柄」「世帯主からみた続柄」などの一覧まとめ。一覧図もあるため、「妻・嫁・夫・旦那・父・母・娘・息子・子」の正解が分かる。年末調整や戸籍・住民票、保険の受取などに。
    「いとこの子供」の呼び方・続柄と、子供側から見た私の呼び名・続柄は?
    「いとこの子供」には色々な呼び方があります。続柄の表記、いとこの子供から見た私の呼び名も解説。その他、結婚できるのか?お年玉は渡すべきか?もあわせて説明します。
    はとこの意味がパッと分かる!家系図と「サザエさん一家」で理解しよう
    「はとこ」の意味や漢字を、「家系図」と「サザエさん一家」で分かりやすく解説!はとこと結婚できるのか?「またいとこ」とは違うのか?芸能界にいる「はとこ関係」も紹介!