続柄の書き方がパッと分かる一覧まとめ!【図で分かりやすく解説】

「続柄」の書き方がパッと分かる!一覧と図で分かりやすく解説!

住民票や戸籍、あるいは源泉徴収票などにも出てくる「続柄」

 

しかし、記入する際に

 

続柄の書き方が分からない!
世帯主が何なのか分からない!

 

という方も多いでしょう。

 

このページでは、そんな「続柄の書き方」について、パパッとわかる一覧と図で分かりやすく説明しましょう!

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

「続柄」とは、血縁関係や婚姻関係をあらわす!

まずは「続柄」の基本をサラッと解説します。

 

 

読み方は?

「続柄」の読み方として多くの方が「ぞくがら」と呼んでいますが、厳密には「つづきがら」が正解です。

 

ただし現代においては多くの方が「ぞくがら」と呼んでいることから、「将来的には辞書にも“ぞくがら”として記載されるのでは?」と言われています。

 

 

続柄ってなに?

続柄とは、婚姻関係血縁関係を表すために使われています。

 

  • 戸籍に関して使われる場合

    ⇒血族・姻族・配偶者との関係をあらわす

  • 住民票年末調整の申告書などに関して使われる場合

    ⇒「1つの世帯」に同居している人物の関係をあらわす

 

人気の関連ページ!
>>戸籍謄本と住民票の5つの違いを画像付きで分かりやすく解説!

 

 

後ほど説明しますが、これらの違いによって微妙に記載内容が異なる点がありますので、ここからは「戸籍に関する続柄」と「それ以外に関する続柄」に分けて説明します。

 

 

「戸籍に関する書類」における続柄

 

  • 「戸籍謄本の請求書」に書く続柄
  • 「戸籍謄本」に書かれている続柄
  • 「婚姻届」に書く続柄

 

など「戸籍に関する書類」における続柄については、以下へ飛んでください。

 

 

 

 

「戸籍以外に関する書類」における続柄

 

  • 「住民票の請求書」に書く続柄
  • 「住民票」に書かれている続柄
  • 「生命保険の受け取り人」に書く続柄
  • 「保育園へ提出する書類」に書く続柄

 

などなど「戸籍以外に関する書類」での続柄については、以下へジャンプ!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

「戸籍の書類」における続柄の書き方!

「戸籍謄本(抄本)の請求書」や「婚姻届・離婚届」に記載する続柄について説明します。

 

住民票や年末調整の書類など、「戸籍関連以外の書類」についての続柄については、こちらへ飛んで下さい。

 

 

戸籍謄本(抄本)の請求における続柄

請求書のフォーマットは各自治体で異なりますが、多くの場合で

 

  1. 筆頭者から見た続柄
  2. 必要な戸籍に記載されている人から見た続柄

 

などの記載となっていると思います。

 

※戸籍謄本(抄本)を請求する際に、「請求者の身分」を示すものとして記入が必要です。

 

 

筆頭者から見た続柄

もし「筆頭者から見た続柄」となっている場合についてです。

 

筆頭者とは、簡単に言うと「戸籍の持ち主」です。
筆頭者が誰なのか分からない場合は、以下ページで確認して下さい。

 

人気の関連ページ!
>>戸籍の筆頭者・配偶者が5秒で分かる超カンタンな調べ方!

 

 

以下は大阪市の「戸籍謄本(抄本)の請求書」ですが、ここのDがそれに当たります。

 

 

以上のように「筆頭者との関係」のチェックボックスがある場合は、筆頭者からみた立場にチェックを入れましょう。

 

 

 

必要な戸籍に記載されている人から見た続柄

もし以下の様に「必要な戸籍に記載されている人から見た続柄」と書かれている場合は・・・

 

 

たとえ請求者が「筆頭者の子ども」であったとしても、子どもが「戸籍に書かれている人」であれば、請求者は「本人」になります。
※前者の「筆頭者との関係」で判断するならば、子にあたる

 

ちなみに、子どもは結婚すると「親の戸籍」からは抜けますが、その段階では「親の戸籍」において “除籍” という扱いのまま、名前は残ります。

 

しかし「戸籍の改製」が行われたり、「戸籍の移転(転籍)」が行われると、除籍扱いだった人の名前は消えてしまいます。

 

その場合、その人は「両親の戸籍に書かれている人」ではなくなるため、もし「両親の戸籍謄本」を取得するのであれば、請求者は「子」になります。

 

 

 

記載される人物は限られる

戸籍の証明書において「請求出来る権限」を持っている人は、以下のとおり決まっています。

 

  • 筆頭者

    ⇒一般的に「夫」

  • 配偶者

    ⇒一般的に「妻」

  • 直系卑属(ちょっけいひぞく)

    ⇒子、孫、ひ孫

  • 直系尊属(ちょっけいそんぞく)

    ⇒父母、祖父母、曾祖父母

※「筆頭者」は、たとえ亡くなっても筆頭者のままです

 

つまり、基本的にはこれらの人以外は請求者になれませんので、請求者は自ずと

 

本人・配偶者・父・母・祖父・祖母・子・孫

 

のいずれかになります。

 

 

 

「婚姻届・離婚届」に記載する続柄

婚姻届や離婚届でも、以下の様に「父母との続き柄」欄があります。

 

 

 

ここは戸籍謄本(抄本)に書かれている通り、以下のように記載します。

 

続柄の書き方

補足事項

長男

 

二男

「次男」ではなく、「二男」と記載すること

三男

 

四男

 

長女

 

二女

「次女」ではなく、「二女」と記載すること

三女

 

四女

 

養子

養子縁組している場合、実子と区別される

 

 

 

戸籍には実際にどんな続柄が書かれているの?

戸籍謄本や抄本を取得すると、実際にどのように「続柄」が書かれているのかが分かります。

 

以下は戸籍謄本の一部ですが、Bの部分に「続柄」が記載されています。

 

 

このように、戸籍上は子は「長女・二女」などの書き方がされます。

 

また、もし養子縁組している場合は、続柄には「養子」と記載されます。

 

スポンサーリンク

 

 

「戸籍以外の書類」における続柄

ここからは、

 

「住民票」における続柄
「生命保険の受取人」における続柄
「保育園へ提出する書類」における続柄
etc...

 

といった、「戸籍とは関係ない書類」における続柄のお話です。

 

 

まずは、お手元の書類にどのように書かれているのかチェックしましょう!

 

おおよそ、以下の3つのいずれかだと思われます。

 

  1. 続柄
  2. 世帯主からみた続柄
  3. あなたとの続柄

 

 

続柄

「続柄」とだけ書かれている場合、多くは「世帯主から見た続柄」のことを言います。

 

たとえば、以下は大阪市の「住民票の請求書」ですが、ここの@の部分に「世帯主から見て」という補足があります。

 

 

つまり、「世帯主から見てどのような関係なのか?」を記載する必要があります。

 

 

 

世帯主からみた続柄

「@続柄」と同様です。

 

「世帯主から見てどのような関係なのか?」を記載する必要があります。

 

 

 

あなたとの続柄

「あなたとの続柄」と書いてある場合は、そのまま「あなたから見た続柄」を記入する必要があります。

 

「あなた」というのは、つまりは「請求者・申告者」ということです。

 

ちなみに「あなたとの続柄」の記載を要求されるタイミングとしては、年末調整における「給与所得の扶養控除等(異動)申告書」などです。

 

【申告書の一部抜粋】

 

スポンサーリンク

 

 

実際に書くべき「続柄」の一覧!

上記のいずれであっても、記載する「続柄」の名称は変わりません。

 

ここからは、実際に書くべき続柄(の名称)を「本人からみた続柄」として記載しますので、「どこから見た続柄を記載する必要があるのか?」を考え、当てはめてください。

 

※後ほど「例」をいくつか紹介しています

 

続柄の名称

補足事項

▼「本人」▼

本人

『世帯主との続柄』において自身が世帯主の場合や、『あなたとの続柄』において自身の場合

世帯主

『世帯主との続柄』において自身が世帯主の場合は、「世帯主」でも良い

   
   

▼本人から見た「自身の家族」▼

 

 

兄が何人居ても、「兄」と記載する

※長男・二男とは記載しない

弟が何人居ても、「弟」と記載する

姉が何人居ても、「姉」と記載する

※長女・二女とは記載しない

妹が何人居ても、「妹」と記載する

父の父

本人から見ると「父方の祖父」

父の母

本人から見ると「父方の祖母」

父の兄

本人から見ると「父方の伯父」

父の弟

本人から見ると「父方の叔父」

父の姉

本人から見ると「父方の伯母」

父の妹

本人から見ると「父方の叔母」

母の父

本人から見ると「母方の祖父」

母の母

本人から見ると「母方の祖母」

母の兄

本人から見ると「母方の伯父」

母の弟

本人から見ると「母方の叔父」

母の姉

本人から見ると「母方の伯母」

母の妹

本人から見ると「母方の叔母」

兄の子

本人から見ると「おい」「めい」

弟の子

姉の子

妹の子

父の兄の子

本人から見ると「いとこ」

父の弟の子

父の姉の子

父の妹の子

本人の「子ども」

※住民票においては、子どもはすべて「子」であらわす(長男・長女・二男・二女などは戸籍上の記載)

子の夫

本人から見ると「娘の配偶者」

子の妻

本人から見ると「息子の配偶者」

子の子

本人から見ると「孫」

   
   

▼本人から見た「夫の親族」▼

 

夫の父

本人から見ると「義父」

夫の母

本人から見ると「義母」

夫の兄

本人から見ると「義兄」

夫の弟

本人から見ると「義弟」

夫の姉

本人から見ると「義姉」

夫の妹

本人から見ると「義妹」

夫の父の父

 

夫の父の母

 

夫の父の兄

 

夫の父の弟

 

夫の父の姉

 

夫の父の妹

 

夫の母の兄

 

夫の母の弟

 

夫の母の姉

 

夫の母の妹

 

夫の兄の子

 

夫の弟の子

 

夫の姉の子

 

夫の妹の子

 

   
   

▼本人から見た「妻の親族」▼

 

妻の父

本人から見ると「義父」

妻の母

本人から見ると「義母」

妻の兄

本人から見ると「義姉」

妻の弟

本人から見ると「義弟」

妻の姉

本人から見ると「義姉」

妻の妹

本人から見ると「義妹」

妻の父の父

 

妻の父の母

 

妻の父の兄

 

妻の父の弟

 

妻の父の姉

 

妻の父の妹

 

妻の母の兄

 

妻の母の弟

 

妻の母の姉

 

妻の母の妹

 

妻の兄の子

 

妻の弟の子

 

妻の姉の子

 

妻の妹の子

 

   
   

▼本人から見た「その他の関係」▼

夫(未届) ・ 未届の夫

事実婚、同棲している婚約者

(内縁の配偶者)

妻(未届) ・ 未届の妻

事実婚、同棲している婚約者

(内縁の配偶者)

未届の夫の子

内縁の夫の子

未届の妻の子

内縁の妻の子

夫の子

夫の連れ子

(養子縁組をしていない場合は左記の通りだが、していれば「子」)

妻の子

妻の連れ子

(養子縁組をしていない場合は左記の通りだが、していれば「子」)

縁故者

・婚姻状態にある中で、他の男女と内縁関係にある場合(「未届の○」の文言は使えない)

・親族であるが、遠い関係の場合(いとこの子供はとこなど)

同居人

友人

「住民票の取得」時などに、代理人として申請する場合

 

 

「世帯主との続柄」の記載方法の変更

近年におけるプライバシー意識の高まりから、「世帯主との続柄の記載方法」に改定が行われました。

 

その結果、住民票においては「長男・二男・長女・二女」などの表記は廃止され、すべて「子」で統一されることになりました。

 

また養子縁組をしている場合の「養子」「養女」についても、すべて「子」で統一されています。
※戸籍においては「養子」となり、実子とは区別される

 

スポンサーリンク

 

 

図でパパッと理解しよう!

図を用意しましたので、
一覧で分からない方はこちらを参考にして下さい。

 

※クリックすると拡大できます
※()内は一般的に使われる呼称ですが、続柄では使われません

続柄の一覧図

 

 

 

「どこから見た続柄なのか?」をチェックすること!

繰り返しになりますが、続柄を記入する際は

 

  • 世帯主からみた続柄なのか?
  • あなたとの続柄なのか?

 

を見て判断しなければなりません。

 

例をいくつか挙げてみます。

 

 

例:「世帯主との続柄」

「住民票の請求書」を例に見てみます。(以下画像の@部分)

 

 

これは、「世帯主から見て、あなたはどういう関係なのか?」を記入します。

 

  • 世帯主があなたの場合

    ⇒「本人」もしくは「世帯主」

  • 世帯主が夫の場合

    ⇒「妻」

  • 世帯主が妻の場合

    ⇒「夫」

  • 世帯主が父親の場合

    ⇒「子」 ※長男・二男などでも良いが「子」で良い

  • 世帯主が兄や姉の場合

    ⇒「弟」 ※何番目の弟なのかは不要

  • 世帯主が弟や妹の場合

    ⇒「兄」 ※何番目の兄なのかは不要

  • 世帯主が友人の場合(代理人として届け出る場合)

    ⇒「友人」

 

 

 

例:「あなたとの続柄」

「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を例に見てみます。

 

 

これは、「あなたから見て各人はどのような関係なのか?」を記入します。

 

  • 本人の場合

    ⇒「本人」または「世帯主」

  • あなたから見て妻にあたる人

    ⇒「妻」

  • あなたから見て長男にあたる人

    ⇒「子」

  • あなたから見て二男にあたる人

    ⇒「子」 ※二男と書いても良いが、子で統一で良い

  • あなたから見て父にあたる人

    ⇒「父」

 

スポンサーリンク

 

「世帯」「世帯主」ってなに?

「世帯・世帯主の意味が分からない!」という方もいらっしゃると思いますので、補足しておきます。

 

 

「世帯」

世帯とは「生計・居住を共にしている者の集団」です。

 

「集団」と言っても、一人暮らしにおいては「一人の世帯」になります。

 

また同居人や婚約者など、親族以外の者が含まれている場合もあります。

 

なお、住民票は「世帯ごと」に作られます。

 

 

 

「世帯主」

世帯主は、一つの世帯に必ず一人います。

 

では「どうやって世帯主を決めるのか?」と言うと、

 

  • その世帯の生計を維持している者
  • 世帯を代表する者として、社会に妥当と認められる者

 

が世帯主になります。

 

家族であれば一般的に父親であり、一人暮らしであれば本人が世帯主になります。

 

 

 

同じ住所に2つの世帯があっても良い

住民票は世帯ごとに作られ、そして世帯には必ず一人だけ世帯主が存在します。

 

たとえば同棲している場合、同じ住所に住んでいるからと言って、2人が同じ住民票にする必要はありません。

 

お互いがそれぞれに生計を立てていれば、お互いが世帯を作り(住民票を作る)、そしてお互いが世帯主になれば良いです。

スポンサーリンク

 

 

さいごに!

続柄の書き方と注意ポイントを解説しました。

 

上でも説明のとおり、ポイントは「どの立場から見た続柄なのか?」をしっかりと見極めることです。

 

以上、参考にして頂ければと思います。

 

人気の関連ページ!

 

スポンサーリンク


 

 

▼お役に立ちましたら、シェアして頂けますと嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

関連ページ

戸籍謄本と戸籍抄本の4つの取り方!どこで取ると得か?有効期限・値段について
【2018年更新版】戸籍謄本と戸籍抄本、住民票との違いの他、カンタンに取る方法、4つの取り方での値段の違い。その他、読み方、必要な時(ケース)、有効期限、死亡時にどうなるか?を説明します。
戸籍の附票とは?保存期間や写しの取り方・手数料【完全版】
【2018年更新版】戸籍の附表の取り方や手数料、自治体での保存期間について。また、住民票との違いや取得する場合の注意点、除票や改製原附票について、分かりやすくまとめています。
除籍謄本(抄本)とは?取り方や必要なもの!【離婚・死亡時の相続】
【2018年更新版】戸籍謄本とは何が違うの?取り寄せ方や必要な物、取れる人は家族や代理人、他人でも大丈夫?保存期間はどれくらい?離婚、相続の時に関わる「除籍」について分かりやすく解説!
原戸籍(謄本・抄本)の取り方はカンタン!役割や読み方【完全版】
【2018更新版】(改製)原戸籍とは?役割や読み方、取得方法を分かりやすくまとめています。なぜ必要なのか?郵送での取り寄せは出来るのか?コンビニは対応しているのか?なども説明します。
戸籍謄本の筆頭者が5秒で分かる超カンタンな調べ方!
【2018年更新版】戸籍の「筆頭者」が5秒で分かる方法を紹介!離婚歴がある場合や、親が離婚・再婚した場合、または筆頭者が死亡した時にどうなるのか?わかりやすく解説します。
戸籍謄本・抄本を本籍地以外から取る3つの方法!【完全版】
【2018年更新版】戸籍謄本や抄本を取るには、「本籍の役所」へ請求する必要があります。しかし本籍が遠い場合も多く、そのような時に本籍地以外から取得する3つの方法を説明します。
戸籍謄本・抄本にマイナンバーは記載出来る?記載事項5つを画像つきで解説
【2018年更新版】戸籍謄本や抄本にマイナンバーを記載する事は出来るのか?謄本・抄本を取った際に実際に記載される内容(5つの事項)を、画像付きで説明していきます。
【戸籍謄本と代理人】委任状の書き方や、家族(親・兄弟)の場合の要否!
【2018年更新版】戸籍(謄本・抄本)の代理取得で必要な「委任状」。この委任状の書き方のほか、家族(親・兄弟)が代理で取る場合に、委任状が必要なのか?分かりやすく説明します。
本籍の5つの調べ方と筆頭者の確認方法、番地の正しい書き方!【完全版】
【2018年更新版】本籍とは何?という基本から、「5通りの調べ方」、「筆頭者って誰?親が離婚している場合はどうなる?」「本籍の住所の正確な書き方は?」という疑問を、どこよりも分かりやすく説明しています。
「本籍地の変更手続き」は超カンタン!皇居や東京タワーにも移動できる!
【2018年更新版】本籍地の移動手続きを、図を使って分かりやすく解説!皇居やディズニーランドなどの人気本籍スポットも紹介!パスポートや免許書がなければ変更できないのか?も説明しています。
住民票の3つの取り方と必要なもの!どこで取ると簡単?値段は違う?
【2018年更新版】住民票の発行方法や、請求書の書き方を分かりやすく解説。また、取得時の持ち物、料金の違い、県外にいる場合の貰い方、未成年が取るにはどうすれば良いのか?
住民票の移動(変更)に必要なもの!手続き期間は?土日もできる?
【2018年更新版】住民票を移す(異動)手続き方法や必要な物を説明。また、期間はいつからいつまでなのか?「住民票の変更」に関わる一連の流れを分かりやすく解説します。
住民票を移さないのは罰金!『必要なとき』6パターンからデメリットを知ろう!
【2018年更新版】住民票を移動しない!移してない!という場合に掛かる罰金額や条件の他、「移さなくて良い」条件を説明。その他、住民票が必要となる時と移さないデメリットを解説します。
転出届に必要なものは?期限はいつからいつまで?【書き方も解説】
【2018年更新版】転出届の提出に必要な物、書き方、郵送方法、代理を依頼する委任状の書き方を解説。その他、忘れた時にどうするか?土日は出せるのか?有効期限はあるか?等も説明します。
住民票記載事項証明書とは?書き方・必要な物と、コンビニで取る時の注意点
【2018年更新版】住民票記載事項証明書と住民票の違いとは?請求書・指定フォーマットの書き方や申請に必要な物、どこで取れるか?マイナンバーは入れれる?わかりやすく説明します。
戸籍謄本と住民票の違いを画像で解説!
戸籍謄本(抄本)と住民票の違いを画像で比較!「本籍と住所の違い」「筆頭者と世帯主の違い」など、5つの細かい違いを分かりやすく説明していきます。
「いとこの子供」の呼び方・続柄と、子供側から見た私の呼び名・続柄は?
「いとこの子供」には色々な呼び方があります。続柄の表記、いとこの子供から見た私の呼び名も解説。その他、結婚できるのか?お年玉は渡すべきか?もあわせて説明します。
はとこの意味がパッと分かる!家系図と「サザエさん一家」で理解しよう
「はとこ」の意味や漢字を、「家系図」と「サザエさん一家」で分かりやすく解説!はとこと結婚できるのか?「またいとこ」とは違うのか?芸能界にいる「はとこ関係」も紹介!