戸籍謄本・抄本を本籍地以外から取る3つの方法!【完全版】

戸籍謄本・抄本を本籍地以外から取る3つの方法!【完全版】

こんにちは。元市民課職員のアキラです。

 

戸籍謄本(抄本)は「本籍の役場」へ請求する必要がありますが、

 

本籍が遠くて取れない!!

 

という声が多いのが現状です。

 

そこでこのページでは、「本籍地以外」の所から取得するための3つの方法を、元市民課職員の筆者がどこよりもわかりやすく説明していきます。

 

「そもそも本籍地が分からない!」と言う方は、『 最速10秒!本籍の5つの調べ方と筆頭者の確認方法【完全版】 』を参考にして下さい。

スポンサーリンク

 

目次
  • 戸籍謄本・抄本を「本籍地以外」から取る3つの方法!
  • 「戸籍の請求書」を書くときの7つのポイントを解説!

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

戸籍謄本(抄本)を「本籍地以外」から取る3つの方法!

さっそく説明していきますが、本籍地が遠いと今回のような不便なことが起きます。

 

今後も現住所に住み続ける予定であれば、「本籍を移す」のも良いでしょう。

 

ただし「本籍の変更(転籍)」のメリット・デメリットを知った上で変更しましょう。

 

人気の関連ページ!
>>「本籍地の変更手続き」は超カンタン!メリット・デメリットを理解して変更しよう!

 

 

話が若干それましたが、ここから本題に移っていきます。

 

本籍地以外から取得するには、以下の3通りの方法があります。

 

  1. コンビニから取得する
  2. 郵送で取得する
  3. 本籍に住む家族・代理人に取ってもらう

 

これ以外の「裏技のような手法」はありません

 

では、一つずつ説明していきます。

スポンサーリンク

 

 

コンビニから取得する!

コンビニに設置してある「マルチコピー機」を使って取得する方法です。

 

もっとも手軽かつ、手数料も安く済む可能性が高い方法なのでオススメです。

 

マルチコピー機は「機能の多いコピー機」であり、通常はコピーをする時に何気なく使っています。

 

しかし「戸籍の証明書」や「住民票」を取得することも出来る優れものです。

 

【セブンイレブンのマルチコピー機】

 

セブンイレブンに限らず、どこのコンビニでも似たような装置が設置されていると思います。

 

各コンビニ「行政サービス」のボタンがあるので、そちらをクリックして手続きを進めます。

 

 

 

メリットは?

コンビニで取ることによるメリットは、「近場で取れる」ということでしょう。

 

また、サービスは毎日6:30〜23:00で稼動していますので、忙しい合間にも手軽に取得出来る点も魅力的です。
(ただし12月29日〜1月3日はシステムが止まるので注意)

 

さらに、ほかの方法で取得するよりも手数料が安くなる可能性が高いです。

 

最後に、「マイナンバーカード」や「住民基本台帳カード」があれば取得できるので、必要な物が少ない点も良いです。

 

 

デメリットは?

コンビニ取得サービスを使うには

 

  • マイナンバーカード

 

が必要です。

 

人気の関連ページ!
>>実は超カンタン!マイナンバーカードの5つの作り方!申請期間は?

 

 

個人に配布されている「通知カード」では取得できません。

 

また「本籍地に住民登録している方」がコンビニで取得する場合は、「住民基本台帳カード」でも取得できますが、本籍地以外に住民登録している方は「住民基本台帳カード」では取得できません。

 

マイナンバーカードがあれば、カード1枚で取得できるのでかなりのメリットですが、まだまだ持っていない人も多く、そのような方は利用できません。

 

また、コンビニサービスに関してはそもそも自治体によって対応の有無があるため、マルチコピー機があるからと言って必ずしも取得できる訳ではありません。

 

たとえば、平成30年の3月から新潟市はサービスを開始しましたが、「いまさら感」を感じる人も多いでしょう。

 

ですがこのように「まだまだ進んでいない自治体がある」のが現状です。

 

補足ですが「自治体によってコンビニサービスの対応有無がある」というのは、

 

  • 自治体によって、マルチコピー機が設置されていない
  • 自治体によって、コピー機に機能が搭載されていない

 

という意味ではありません。

 

「マルチコピー機を通して、取得できるようにしていない」自治体がある、と言うことです。

 

コンビニを通すとしても、戸籍謄本(抄本)を請求している先は「本籍を置いている自治体」です。

 

 

 

コンビニで取る時の手数料は?

コンビニで取得する際の手数料は、請求先の自治体によって違いはありますが、350円〜450円となっています。

 

窓口で取る場合はおおむね全国450円で統一されていますので、コンビニで取る方が安くなる可能性があります。

 

※戸籍謄本(抄本)の発行手数料は、平成12年以降は「各自治体が条例で定める」ことになっていますが、以前の交付手数料から変更せずに450円としているところがほとんどです

 

 

 

コンビニでの取り方は?

上で説明のとおり、

 

  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード

 

のいずれかをコンビニに持参し、マルチコピー機にセットします。

 

あとは、「行政サービス」を選んで戸籍謄本の取得を選択すればOKです。

 

 

人気の関連ページ!

 

スポンサーリンク

 

 

郵送で取得する方法!

2つ目の方法は、郵送で「請求書と返信用封筒」を送付し、戸籍謄本(抄本)を返送してもらう方法です。

 

コンビニサービスが出来る前は、「本籍地以外からの取得」と言えば、郵送が主流でした。

 

 

メリットは?

メリットとしては、

 

  1. どれだけ遠くても楽に申請できる
  2. 役場の開庁時間を気にする必要がない

 

という2つです。

 

 

デメリットは?

デメリットとしては、

 

  1. 返送までに1週間ほど時間が掛かるため、急ぎの場合に間に合わない可能性がある
  2. 往復の郵送料が掛かる
  3. 分からない点がある場合に、質問できない

 

という3つでしょう。

 

1つ目に関しては自治体にもよりますが、先方に到着した日に「即日対応・即日発送」してもらう事が出来れば、多少は短縮できると思います。

 

しかし原則は「郵送してから返送までに、最低でも1週間は掛かる」という認識でいる方が良いです。

 

2つ目に関しては、切手往復分164円(82円×2回)が掛かります。

 

3つ目に関しては、分からない点は事前に電話確認しておけば解決できる問題です。

 

「書類・同封物不備」などがあると手続きに時間がかかりますので、予め不明点は自治体に確認しましょう。

 

 

 

郵送で取る時の手数料は?

郵送で取得する際の手数料は、窓口で取得するときと同じでおおむね450円ですが、上で説明のとおり「往復の送料164円ほど」が掛かってしまいます。

 

※戸籍謄本(抄本)の発行手数料は、平成12年以降は「各自治体が条例で定める」ことになっていますが、以前の交付手数料から変更せずに450円としているところがほとんどです

 

 

 

郵送での取り方は?

郵送で取る場合は、まずは自治体のHPで「交付請求書」をダウンロードしましょう。

 

そのほかに必要な物としては、

 

  • 運転免許証など「身分証明書の写し」
  • 手数料(郵便定額小為替450円)
  • 返信用の封筒(切手を貼っておくこと)

 

です。

 

「交付請求書」は、自治体によってフォーマットが違いますが、どこであっても項目はほぼ変わりません。

 

記入内容は、後ほど「請求書を書く時の7つのポイント!」にて説明します。

 

 

 

速達方法や日数について

以下ページでは「速達方法」や「届くまでの日数」など、郵送申請についてより具体的に説明しています。

 

>>戸籍謄本の取り寄せ方と必要なもの!【書き方・日数・速達方法も解説】

 

スポンサーリンク

 

 

「本籍に住んでいる人」に代わりに取得してもらう

本籍に住んでいる家族、もしくは友人に代わりに取得してもらい、それを自宅へ郵送してもらう方法です。

 

上で説明した「役場への郵送請求」よりも、時間を短縮できる可能性が高いので、急いでいる時には良い方法です。

 

 

メリットは?

メリットとしては、

 

  1. 「役場へ請求書を送る」という最初の手続きが省かれるため、「役場への郵送請求」よりは時間が短縮できる可能性がある。(親や兄弟がその日に取得に行くことが出来るのであれば)
  2. 「役場へ請求書を送る」という最初の手続きが省かれるため、「役場への郵送請求」よりは82円ほどお得になる

 

という2点です。

 

 

デメリットは?

デメリットとしては、

 

  1. 親や兄弟であれば変わりに取得してもらえるが、知人にお願いする場合は「委任状」が必要となる
  2. 親や兄弟が取得するための労力が必要
  3. もしあなたが結婚しているのであれば、親や兄弟とは違う戸籍となっており、その場合は親には取得してもらうことは出来るが、兄弟では取得できない(委任状が必要となる)

 

という3点が挙げられます。

 

1つ目に関して、「まず委任状を知人に郵送する」という時間を考えると、「知人にお願いするよりは直接役場へ郵送請求する方が早い」と言えるため、知人にお願いすることは現実的ではありません。

 

3つ目に関しては、兄弟が「自らの戸籍謄本」を取れば、同じ戸籍に載っていたあなたの「結婚して抜ける前までの情報」は載っています。

 

ただしあなたが抜けたあとに、その戸籍が改正されてしまっていると、「結婚して抜ける前までの情報」も見ることが出来なくなっています。

 

※改正前の戸籍謄本を取る場合、「原戸籍」の取得が必要です

 

また、通常提出先には最新の戸籍情報を提出するので、「結婚して抜ける前までの情報」が分かったところで意味はありません。

 

関連:戸籍は改正されることがある
>>原戸籍(謄本・抄本)の取り方はカンタン!役割や読み方【完全版】

 

 

 

手数料は?

窓口への取得をお願いするわけですので、おおむね450円です。

 

※戸籍謄本(抄本)の発行手数料は、平成12年以降は「各自治体が条例で定める」ことになっていますが、以前の交付手数料から変更せずに450円としているところがほとんどです

 

 

 

代わりに取得してもらう方法は?

やるべきことは簡単で、親などの「請求できる人」が役所に行き、請求書を記入して取得するだけです。

 

その後、取得したものを速達で郵送してもらえば、翌日に手元に届けることも可能でしょう。

 

「役場で請求できる人」の条件となりますが、同じ戸籍に入っている人であれば委任状は不要です。

 

知人など「違う戸籍に入っている人」にお願いする場合は委任状が必要となりますので、この方法でお願いするのは現実的ではありません。
(あらかじめ委任状を知人に送付する手間・時間が掛かるため)

 

また上でも説明のとおり、もしあなたが結婚している場合は、両親の戸籍からは抜けて「新しい戸籍」に入っている状態です。

 

この場合、あなたの両親や祖父母はあなたの戸籍謄本(抄本)を請求できますが、兄弟姉妹の場合は請求できません。

 

結婚していなければ、兄弟が自分自身を請求者として戸籍謄本を取得すれば、そこにあなたの名前も記載されています。

スポンサーリンク

 

 

郵送時の「請求書」を書く時の7つのポイント!

請求書は各自治体のHPからダウンロードできますが、請求書が「窓口直接提出用」と「郵送用」に分かれている場合がありますので、ご注意ください。

 

さて、フォーマットは各自治体によって違いますが、記入する内容にほぼ違いはありません。

 

今回は大阪市のものをサンプルに、説明します。

 

【大阪市のフォーマット】

 

 

 

 

 

手続きされる方

役場に持って行く場合は、「窓口に実際に持参する人」を指しますが、郵送では通常は自分自身が手続きする人になるでしょう。

 

請求者

「請求者」というのは、言い換えると「届出人」になります。

 

ここも通常は「自分の名前」を記入すればOKです。

 

ちなみに届出人は、

 

  • 本人
  • 両親
  • 祖父母
  • 息子

 

など兄弟を省き、自らの親や祖父母、子や孫にあたる人だけに限られます。

 

 

 

 

 

本籍

本籍とは「戸籍を置いている土地」のことを言います。

 

ここを記入できなければ請求できませんので、本籍はしっかり把握しておきましょう。

 

人気の関連ページ!
>>最速10秒!現在の「本籍」を超カンタンに調べられる5つの方法!

 

 

筆頭者

筆頭者とは、「戸籍の主」のことを言います。

 

あなたが結婚していなければ、通常は父親が筆頭者です。

 

また、結婚している場合は、通常は夫が筆頭者、妻が配偶者であることが多いです。

 

ただし必ずしもその通りともなりませんので、分からない場合は以下の記事を参考にして下さい。

 

人気の関連ページ!
>>「筆頭者・配偶者が誰なのか?」は、5秒もあれば把握できる!

 

 

請求者と筆頭者との関係

これは筆頭者が把握出来ていれば簡単に分かると思います。

 

筆頭者、配偶者の概念が分からない方は、上のリンクからご確認ください。

 

 

請求の理由

これは特に難しく考える必要はなく、請求の理由にチェックを入れればOKです。

 

 

 

 

 

必要な証明書の種類

ここでは「戸籍」の

 

  • 謄本(とうほん)

    ⇒その戸籍に入っている全ての人間の情報を取得する

  • 抄本(しょうほん)

    ⇒その戸籍に入っている1人、もしくは複数人の情報を取得する

 

を選びます。

 

その際、上の画像のように抄本の「名前を書く欄」が一人分しかない場合は、空いてるスペースに記入すればOKです。

スポンサーリンク

 

 

まとめ!

戸籍謄本・抄本を、「本籍地以外」から取得する方法を3つ説明しました。

 

どれも簡単ですが、マイナンバーカードが無いのであれば、やはり「郵送」が主流となります。

 

「本籍地の変更」は難しいものではありませんので、「現在の住所」に今後も住み続けるのであれば、変更してしまった方が楽でしょう

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


 

本籍・筆頭者の「調べ方」


本籍の「変え方」


戸籍謄本・抄本の「取り方」


戸籍謄本の「内容」


戸籍謄本の「種類」


その他、戸籍・本籍の情報!

 

 

 

住民票の「取り方」


住民票の「移動」


住民票の「内容」


住民票の「種類」


その他、住民票の情報!

 

 

 

 

関連ページ

戸籍謄本・戸籍抄本の5つの取り方と必要なもの!どこで取ると得か?
【2018年更新版】戸籍謄本と戸籍抄本、住民票との違いは?5つの取得方法での値段の違いはあるか?読み方は?必要な時は?死亡時にどうなる?解説します。
戸籍謄本・抄本のコンビニ取得方法と7つの注意!費用・交付時間まとめ
【2018年最新版】戸籍謄本(抄本)は、マイナンバーカードがあればコンビニ取得出来ます。やり方と必要なもの、取得時の注意点を分かりやすくまとめました。
戸籍謄本の取り寄せ方と必要なもの!【書き方・日数・速達方法も解説】
【2018年最新版】戸籍謄本・戸籍抄本を郵送やコンビニで取り寄せる方法を解説。どれくらいの時間・費用がかかるのか?分かりやすく説明します。
戸籍の附票とは?保存期間や写しの取り方・手数料【完全版】
【2018年更新版】戸籍の附表の取り方や手数料、自治体での保存期間について。また、住民票との違いや取得する場合の注意点、除票や改製原附票について、分かりやすくまとめています。
除籍謄本(抄本)とは?3つの取り方と必要なもの!【離婚・死亡時など】
【2018年更新版】戸籍謄本とは何が違うの?取り寄せ方や必要な物、取れる人は家族や代理人、他人でも大丈夫?保存期間はどれくらい?離婚、相続の時に関わる「除籍」について分かりやすく解説!
原戸籍(謄本・抄本)の取り方は3パターン!役割や読み方【完全版】
【2018更新版】(改製)原戸籍とは?役割や読み方、取得方法を分かりやすくまとめています。なぜ必要か?郵送での取り寄せは出来るのか?コンビニ対応しているか?等も説明。
戸籍謄本の筆頭者が5秒で分かる超カンタンな調べ方!
【2018年更新版】戸籍の「筆頭者」が5秒で分かる方法を紹介!離婚歴がある場合や、親が離婚・再婚した場合、または筆頭者が死亡した時にどうなるのか?わかりやすく解説します。
戸籍謄本・抄本の『見本』と、内容・記載事項5つを画像付きで解説!
【2018年更新版】戸籍謄本や抄本に何が記載されるのか?マイナンバーは載るのか?実際に記載される内容(5つの事項)を、画像付きで説明していきます。
【戸籍謄本と代理人】委任状の書き方や、家族(親・兄弟)の場合の要否!
【2018年更新版】戸籍(謄本・抄本)の代理取得で必要な「委任状」の書き方と、本人以外の家族(親・兄弟姉妹)が代理で取る場合に委任状が必要なのか?を解説します。
戸籍謄本の種類は3つある!違いを画像付きで分かりやすく説明します
戸籍謄本の種類と違いを画像で説明!戸籍謄本・抄本の違いは?除籍って?原戸籍ってなに?分かりやすく解説します。
戸籍謄本の有効期限まとめ【パスポート・相続・結婚・離婚・転籍 etc…】
【2018年更新版】パスポート作成や相続、婚姻や離婚、転籍など、さまざまなシーンで必要となる謄本。戸籍謄本・抄本に有効期限はあるのか?解説します。
本籍の5つの調べ方と筆頭者の確認方法、番地の正しい書き方!【完全版】
【2018年更新版】本籍とは何?という基本から、「5通りの調べ方」、「筆頭者って誰?親が離婚している場合はどうなる?」「本籍の住所の正確な書き方は?」という疑問を、どこよりも分かりやすく説明しています。
「本籍地の変更手続き」方法と、メリット・デメリットまとめ【必要書類】
【2018年更新版】本籍地の移動手続きと、長所・短所を解説。皇居などの人気本籍スポットも紹介。パスポートや免許証がなければ変更できないのか?も説明。
住民票の4つの取り方と必要なもの!どこで取ると得か?【土日も可能】
【2018年更新版】住民票の発行方法や、請求書の書き方を分かりやすく解説。また、取得時の持ち物、料金の違い、県外にいる場合の貰い方、未成年が取るにはどうすれば良いのか?
住民票のコンビニでの取り方と5つの注意!交付時間やマイナンバー有無など
【2018年更新】コンビニでの住民票発行のやり方と、注意点を解説。通知カードでの取得やマイナンバー記載の有無、発行時間についても説明。
住民票は本人以外でも取れる!【家族・知人による代理取得と委任状】
【2018最新版】住民票を代理人に代わりに取得して貰う方法を解説。委任状の書き方や家族でも必要なのか?未成年者の場合はどうか?など。
住民票の3つの移し方と必要なもの!手続き期間は?土日もできる?
【2018年更新版】住民票を移す(変更)手続き方法や必要な物、期間はいつからいつまでか?「住民票の移動」に関わる一連の流れを解説。
住民票を移さないのは罰金!『必要なとき』6パターンからデメリットを知ろう!
【2018年更新版】住民票を移動しない!移してない!という場合に掛かる罰金額や条件の他、「移さなくて良い」条件を説明。その他、住民票が必要となる時と移さないデメリットを解説します。
住民票に有効期限はあるのか?提出先に求められる期限をまとめてみた
【2018年最新版】住民票に有効期限はあるのか?提出先によっても変わる有効期限、ここでは賃貸・住宅ローン契約や車検、運転免許試験などで求められる期限について解説しています。
住民票の種類は5つある!内容・用途の違いを画像付きで説明します!
【2018年最新版】住民票の種類と、内容・使い方の違いを解説します。どれを取れば良いのか?が分かります。参考にしてみて下さい!
住民票の「原本・写し・コピー」の3つの違いを分かりやすく解説します
【2018年最新版】「住民票の原本を提出して下さい」と言われた時に、「写し」で良いのか気になる方も多いでしょう。また「コピー不可」の場合に「写し」で良いのか?気になるところ。
住民票の15の記載内容を「見本」で解説!記載事項から分かることは?
【2018年最新版】住民票には何が書いてある?マイナンバーは記載される?見本画像ととも、15の記載事項を分かりやすく解説します。
住民票の「本籍地」の記載方法と、「省略」の意味!【記載時の注意点】
【2018年最新版】住民票に「本籍」を記載する方法や、「省略」表示の意味、その他記載する際の注意点、「筆頭者」とは?という点まで、まとめて説明します。
転出届に必要なものは?期限はいつからいつまで?【書き方も解説】
【2018年更新版】転出届の提出に必要な物、書き方、郵送方法、代理を依頼する委任状の書き方を解説。その他、忘れた時にどうするか?土日は出せるのか?有効期限はあるか?等も説明します。
住民票記載事項証明書とは?書き方・必要な物と、コンビニで取る時の注意点
【2018年更新版】住民票記載事項証明書と住民票の違いとは?請求書・指定フォーマットの書き方や申請に必要な物、どこで取れるか?マイナンバーは入れれる?わかりやすく説明します。
戸籍謄本と住民票の違いを画像で解説!
戸籍謄本(抄本)と住民票の違いを画像で比較!「本籍と住所の違い」「筆頭者と世帯主の違い」など、5つの細かい違いを分かりやすく説明していきます。
マイナンバーカードの5つの作り方!どの申請方法が簡単?申請期間は?
マイナンバーカードの「申請方法〜発行」を分かりやすく解説。申請に必要なもの、作り方の違い、どの方法が簡単か、発行日数、申請期限はあるのか?など。
マイナンバーカードの「受け取り」方法!期限・所要時間・土日受取まとめ
【2018年更新版】マイナンバーカードの受取方法や必要な物、代理人による受取、委任状の書き方、所要時間、土日の受取について解説。
マイナンバーカードのメリット7つとデメリット4つ!できる事と必要性
マイナンバーカードを作ることによるメリット・デメリットをまとめました。出来ることや作る必要性、悪用リスクなどを解説。
マイナンバーカードの有効期限を確認しよう!更新手続きと5つの注意点
【2018年最新版】マイナンバー(個人番号)カードの有効期限の確認方法と、更新手続きの流れ、電子証明証はどうなるのか?手数料はどれほどか?についてまとめました。
マイナンバーカードが届かない時の3つの確認!問い合わせ先はどこ?
【2018年更新版】個人番号カード(マイナンバーカード)が届かないという方に、3つの確認ポイントを解説!どこに問い合わせるべきかも説明しています。
マイナンバーカードの交付申請書は4種類!紛失時の再発行方法も解説
【2018年最新版】個人番号カードを申請する際に使う「交付申請書」は、実は4種類あります。それぞれの違いと使う際の注意点、紛失して再発行した場合の注意をまとめました。
マイナンバーカード発行は即日可能か?発行日数を確認する2つの方法!
【2018年最新版】マイナンバーカードは発行まで何日掛かる?即日発行は出来ないの?カード申請から発行までの日数についてまとめています。
マイナンバーカードは、「通知カード」を紛失しても発行・受取できる!
【2018年最新版】マイナンバーカードの作成では、通知カードが必要です。ですが、無くなった場合でも発行は可能です。紛失した場合にどのような手続きが必要なのかまとめました。
<マイナンバー通知カード>紛失時の3つの手続きと、再発行手順まとめ
【2018年更新版】通知カードをなくした時の3通りの手続きと、再発行する手順や手数料、紛失したことによる悪用リスクを分かりやすく説明します。
マイナンバーがわからない時の5つの調べ方【即日で番号確認する裏技】
【2018年最新版】マイナンバー(個人番号)が分からない!番号だけ知りたい!という方に5つの番号確認方法を紹介しています。どれも即日で確認できるので参考にして下さい。
マイナンバーの変更方法と、手続きに必要な条件2つ【必要書類まとめ】
【2018年最新版】マイナンバー(個人番号)は変更が可能ですが、申請には条件があります。ここでは変更手続きの方法と、必要書類、変更時の条件・注意点をまとめました。
マイナンバー(通知)カードの「住所変更」手続き!引越し後の7つの注意
【2018年最新版】引っ越し後は、個人番号カード・通知カードの住所変更が必須!手続き方法や必要書類、引越し後14日・90日過ぎて申請するとどうなるのか?まとめました。
マイナンバーカード・通知カードの「氏名変更」手続きと、5つの注意点!
【2018年最新版】結婚や離婚などにより名前が変わった場合の、「マイナンバーカード・通知カードの氏名変更」を解説。また、名前変更に関する注意点もまとめています。
マイナンバーカードは写真なしで発行可能?「写真なし」を求められたら
【2018年最新版】個人番号カードは「顔写真なし」で申請・発行することは出来るか?また「提出物」の中に「マイナンバーカード(顔写真なし)」と記載されている場合に提出すべき物について。
婚姻届の必要書類4つと、事前確認しておくべき7つの点!【完全版】
【2018年版】婚姻届の提出に必要なものを分かりやすく解説!必要なのは戸籍謄本?抄本?また、提出前に絶対に確認しておくべき点も紹介!
婚姻届の書き方がパッと分かる!15項目を見本で解説【記入例まとめ】
【2018年更新】婚姻届の書き方を記入例で解説!住所はマンション名まで?番地まで?本籍や証人とは?解説します。
婚姻届の「同居を始めたとき」とは?意味や「同棲」との違いなどを解説!
【2018年最新版】婚姻届の「同居を始めたとき」とは、いつを指しているのか?また、住民票の移動をしていない、一緒にしていない、同棲っぽい…など曖昧な点も解説。
婚姻届の「新本籍」にオススメな候補地5ヶ所と、決める時の2つの注意点
【2018年版】婚姻届に書く「新しい本籍地」はどこにすべき?メリットとデメリットと共に、本籍地の候補を紹介します。
【婚姻届の証人】両親・友人に依頼するリスクは?いない時はどうする?
【2018年最新版】婚姻届にある保証人は、誰にお願いするのがベスト?また知人に依頼する際にリスクはあるのか?また証人がいない時や、外国人でも良いのか?まとめました。
【婚姻届の証人】印鑑や捨印、「住所・本籍」の書き方・訂正を解説!
【2018年最新版】婚姻届の証人欄で困る「押印のミス」や訂正の方法、名前・住所・本籍の書き方、代筆で良いのか?外国人にお願いする場合の注意などをまとめました。
続柄の書き方がパッと分かる一覧まとめ【図で分かりやすく解説!】
「あなたとの続柄」「世帯主からみた続柄」などの一覧まとめ。一覧図もあるため、「妻・嫁・夫・旦那・父・母・娘・息子・子」の正解が分かる。年末調整や戸籍・住民票、保険の受取などに。
世帯主の意味とは?「一人暮らし」「同棲」では誰?世帯主は2人でもOK?
【2018最新版】世帯主とは何か?その定義などから分かりやすく説明します。また一人暮らしや誰かと同棲・同居している場合、誰が世帯主となるのか?まとめました。
「いとこの子供」の呼び方・続柄と、子供側から見た私の呼び名・続柄は?
「いとこの子供」には色々な呼び方があります。続柄の表記、いとこの子供から見た私の呼び名も解説。その他、結婚できるのか?お年玉は渡すべきか?もあわせて説明します。
はとこの意味がパッと分かる!家系図と「サザエさん一家」で理解しよう
「はとこ」の意味や漢字を、「家系図」と「サザエさん一家」で分かりやすく解説!はとこと結婚できるのか?「またいとこ」とは違うのか?芸能界にいる「はとこ関係」も紹介!