婚姻届の書き方がパッと分かる!15項目を見本で解説【記入例まとめ】

婚姻届の書き方がパッと分かる!15項目を見本でくわしく解説!【記入例まとめ】

こんにちは。元市民課職員のアキラです。

 

入籍時に必要となるのが「婚姻届」。

 

この婚姻届、記載内容はシンプルですが、ややこしい点もいくつかあり

 

  • 住所ってどこまで書くの?
  • 番地とかよくわからない!
  • 本籍ってなに?筆頭者って?
  • 引越しする場合どうすれば良い?

 

などなど疑問が浮かぶ点も出てくるでしょう。

 

そこでこのページでは、元市民課の筆者がどこよりも分かりやすく「婚姻届の書き方」を説明しています。

 

スポンサーリンク

 

 

人気の関連ページ!
>>婚姻届の必要書類4つと、事前確認しておくべき7つの点!【完全版】

 

スポンサーリンク

 

 

記入前の3つのポイント!

まずは記入する前に、以下の3つのポイントを押さえておきましょう!

 

 

記載は消えないボールペンで!

記載は「黒色の消えないボールペン」が基本です。

 

黒インクのもので消えなければ何でも良いですが、鉛筆や赤色インクのものは使用できません。

 

 

 

訂正は二重線で対応を!

万が一記載ミスをした場合は、修正液・修正テープは使えません。

 

二重線で消したのち、「13.届出人の署名押印」で使う印鑑で、修正します。

 

※どちらか一方の印鑑でOKです

 

 

 

 

「捨て印」を押しておこう!

「捨て印」は義務ではありませんが、押していると便利です。

 

 

 

 

捨て印があると、軽微な修正があったときに、わざわざ出向かなくとも担当が修正してくれます。
(修正の権限を与えることができる)

 

特に「夜間窓口・時間外窓口」で提出するときは、押しておくことをオススメします

 

なお、保証人欄の横にも、保証人2人にそれぞれ押してもらっておくと良いです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

婚姻届の書き方!15項目の記入例と解説!

婚姻届はさまざまなデザインがありますが、記載内容は日本全国で統一されています

 

そのため、どこへ提出するにも書き方は同様です。

 

「婚姻届」の左上の項目から順に説明していきます。

 

 

 

 

 

 

 

1.届出日

 

ここには「婚姻届を提出する日」を記入します。

 

婚姻届は24時間365日受け付けてくれますが、土日などは一旦「受け取り」だけとなり、翌営業日に内容が確認され、問題がなければ届出日まで遡って受理されます。

 

そのため、基本的には「届出日=入籍日」として受理されます

 

 

基本的には「窓口が空いてる時間帯」に!

何らかの記載内容に不備が見つかった場合、訂正が出来てからの受理となります。

 

そのため、基本的には「窓口が開いている時間帯」に、訂正するための印鑑を持参して提出に行きましょう。

 

※印鑑は後に説明する「署名押印」に使うものと同じ物を持参すること

 

特に「入籍日」にこだわりがある場合は、「窓口が開いている時間」がオススメ。

 

 

 

休日や夜間でも修正してくれるが・・・

「休日窓口」や「夜間窓口」においても、「毎日のように婚姻届を受け取っている係りの人」がいるため、基本的にはそこで記載内容は確認してくれます。

 

万が一の訂正のために、後に説明する「署名押印」に使う印鑑を持参しましょう。

 

ただし、翌営業日に何らかの記載内容に不備が見つかった場合、訂正が出来てからの受理となります。

 

基本的には、訂正が出来ればさかのぼって受理してくれますが、不安な方は「窓口が開いている時間」に提出しに行きましょう。

 

なお、冒頭で挙げた事前の3つのポイントのうち、捨印は必ず押しておきましょう。(修正の権限を与えます)

 

 

 

戸籍抄本も忘れるな!

余談ですが、提出には「戸籍抄本」が必要となるケースがあります。

 

戸籍抄本が必要なケース
  • 夫・妻ともに、本籍ではない場所で提出する場合

    ⇒2人とも戸籍抄本が必要

  • 夫の本籍で提出する場合

    ⇒妻の戸籍抄本が必要

  • 妻の本籍で提出する場合

    ⇒夫の戸籍抄本が必要

  • 2人の本籍で提出する場合

    ⇒2人とも戸籍抄本は不要

 

※再婚の場合、その者は「戸籍抄本ではなく戸籍謄本」が必要

 

 

これを用意できていない場合には、

 

  • とりあえず当日受理してもらえる役所
  • 戸籍謄本または戸籍抄本が提出されてから受理される役所

 

があります。

 

間に合わなさそうな場合は、早めに「提出予定の役所」に確認しておきましょう。

 

人気の関連ページ!

 

スポンサーリンク

 

 

2.届け出先

 

届出先は、

 

  • 夫の本籍地
  • 夫の住所地(所在地)
  • 妻の本籍地
  • 妻の住所地(所在地)

 

のいずれかにおける、市役所・区役所・出張所です。

 

なお「住所地(所在地)」には、一時的な滞在場所も含まれます。

 

そのため、

 

  • 二人でフラッと立ち寄った場所
  • 結婚式場の場所
  • 思い出の地

 

などでも提出できます。

 

なお、この欄に記載する時は「市区町村の市町・区長」宛てとなります。

 

例)

  • 大阪市 西区長 殿
  • 東京都 渋谷区長 殿
  • 東京都 調布市長 殿

 

 

ちなみに、もし「手元にある婚姻届」に、あらかじめ「○○市町殿」などの宛先が記載されている場合は、違うところに提出するのであれば以下のように訂正して下さい。

 

 

ただしこれでも問題は無いですが、あまりキレイな婚姻届とも言えません。

 

記念として写真を撮って残すような場合は、予め記入の無いものを用意しましょう。

 

※インターネットで色んなデザインのものが無料配布されています(ただしA3で印刷できる環境が必要)

 

スポンサーリンク

 

 

3.氏名

 

氏名欄には、それぞれの婚姻前の氏名を記入します。

 

戸籍上と全く同一の字で書く必要があるため、正式な漢字が「旧字体」の場合は、そのまま「旧字体」で記載して下さい。

 

なお生年月日は和暦で記入して下さい。

 

 

 

 

4.住所


※夫は左側、妻は右側

 

それぞれの住所を「住民票」のとおりに正しく記載しましょう。

 

「東京都 渋谷区 本町 1-1-12」などの記載方法はNGです。

 

>>住民票の4つの取り方と必要なもの!どこで取ると得か?【土日も可能】

 

 

なお、住民票にマンション名までが含まれている場合でも、以下のように最後まで記載して下さい。

 


※夫は左側、妻は右側

 

 

 

夫と妻が既に同じ住所の場合は?

すでにお互いの「住民登録」が同じ場所となっている場合は、妻の住所欄には「夫と同じ」と記載出来ます。

 

 

これから新しい住所に引越す場合は?

この欄には、「届出日」の時点で住民登録されている住所をそれぞれが記載する必要があります。

 

まだ住民票を移していないのであれば、新しい住所は書けません。

 

新しい住所に引越す場合は、後日、それぞれが「住民票の移動手続き」をする必要があります。

 

>>住民票の3つの移し方と必要なもの!手続き期間は?土日もできる?

 

 

「相手が外人の場合」「海外に住んでいる場合」

相手が外人の方であっても、もし「住民登録」しているのであれば、その住所を記入。

 

住民登録していない場合は、国名のみを記入して下さい。
(ex.アメリカ合衆国)

 

またもしあなたが海外に住んでいる場合で、日本において住民登録していない場合は、海外での住所を記入して下さい。

 

住民登録しているのであれば、住民票どおりに記入しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

5.本籍


※夫は左側、妻は右側

 

この欄には、それぞれの「今現在の本籍(戸籍を置いている土地)」を記載します。

 

「本籍」と「住所」は違うことも多いので、予め確認しておきましょう。

 

>>最速10秒!現在の「本籍」を超カンタンに調べられる5つの方法!

 

外国籍の方は、国籍だけを記入しましょう。

 

 

また「筆頭者」とは、戸籍の持ち主のようなものであり、戸籍謄本に最初に載っている人を指します。

 

ほとんどのケースで「父親」が筆頭者ですが、分からない場合は以下の記事を参考にして下さい。

 

>>戸籍謄本の筆頭者が5秒で分かる超カンタンな調べ方を紹介!

 

 

 

 

6.父母の氏名と続き柄

 

それぞれの父母の氏名を、戸籍上の字で記載します。
(旧字体であれば旧字体を使うこと)

 

この時、以下のポイントを押さえておきましょう。

 

  • 親が「婚姻中(離婚していない)」または「死別している場合」は、父は姓名を記入し、母は名だけを記入します。
  • 親が「離婚している場合」は、それぞれの姓名(フルネーム)を記入します。
  • 何らかの理由で親の名前が分からない場合は、分かる範囲で記入します。窓口でその旨を説明すればOKです。
  • 養父母の場合は、後ほど説明する「12.その他欄」で記入します。

 

 

 

続き柄への記入

続き柄は、戸籍謄本に記載されているとおり

 

  • 長男・二男・三男・四男・・・・
  • 長女・二女・三女・四女・・・・

 

のいずれかを記入します。

 

なお「二男・二女」は「次男・次女」と書かないように注意しましょう。

 

>>続柄の書き方がパッと分かる一覧まとめ!【図で分かりやすく解説】

 

スポンサーリンク

 

 

7.婚姻後の氏・新しい本籍

 

 

婚姻後の氏

婚姻後は、一方が筆頭者(ひっとうしゃ)となり、その人の苗字を名乗ることになります。

 

一般的には夫側が多いですが、中には女性の氏を名乗る家庭もあります。

 

なお一度決めた筆頭者は、たとえ筆頭者が亡くなったとしても変わることはありませんので、よく相談して決めましょう。

 

※ただし、たとえば夫が亡くなった後に「復氏届」を出せば、妻は「旧姓に戻れる」という制度はあります

 

 

 

新しい本籍

婚姻届とは、表現を変えると「二人で新しく戸籍を作ること」です。

 

そして「その戸籍をどこに置くのか?(本籍をどこにするのか)」を、婚姻のタイミングで決めるのです。

 

戸籍は、スカイツリーや皇居など、基本的にはどこにでも置くこと出来ます。

 

>>「本籍地」はスカイツリーや皇居、東京タワーや大阪城に置ける!

 

 

ただし「戸籍謄本」の取得など「戸籍に関する証明書」を申請するときには、本籍の役場へ請求する必要があります。

 

そのため、「これから住む住所」と遠いところに置いてしまうと、今後不便になるケースも出てきます。

 

したがってこだわりが無いのであれば、「これから住む住所」と同じにするのが無難です。

 

>>婚姻届の「新本籍」にオススメな候補地5ヶ所と、決める時の2つの注意点

 

 

ただ、こだわりで「どこか遠い土地」に戸籍を置いた場合でも、郵送やコンビニなどで「戸籍に関する証明書」を取得することは出来ます。

 

またデメリットも存在しますが、本籍の変更もカンタンに行うことは出来ます。

 

 

 

 

「新しい本籍」を書かないケース

氏を名乗る側の人(筆頭者となる人)が、「分籍」や「過去の婚姻」によってすでに戸籍を持っている場合、もう一方の人はその戸籍に入るため、このタイミングで「新しい本籍」を定める必要はありません。

 

すでに本籍が決まっているからです。

 

よってその場合は、「新しい本籍」欄は空欄となります。

 

※通常であれば2人で「新しい戸籍を作る」のですが、この場合は「すでに作られている戸籍」にもう一方が入ることになります

 

スポンサーリンク

 

 

8.同居を始めたとき

 

この欄は必ずしも正確である必要はありません。

 

結婚式を挙げた人であれば、記入はカンタンですね。

 

また「同居した日」と言っても「住民票を一緒にした日」では無く、あくまで同じ場所に住み始めた時期を記入すれば良いです。

 

4.住所」ではそれぞれが「住民票に記載された住所」を記載します。

 

そのため「同居しているが、2人の住民票の住所が違う」という事にもなり得ますが、問題ありません。

 

なお、「まだ同居しておらず結婚式も挙げていない場合」は記入不要です。

 

スポンサーリンク

 

 

9.初婚・再婚の別


※夫は左側、妻は右側

 

当てはまるものにチェックをいれましょう。

 

なお、以前の配偶者と「死別」や「離婚」している場合、それぞれを和暦で記入しましょう。

 

ちなみに、再婚にも関わらずその事実を伏せて「虚偽の記載」をした場合、窓口担当が「マニュアルどおりに婚姻届の訂正を求めるような人」であれば、すぐにバレます。

 

事情を汲み取ってくれる人が対応してくれると隠せる可能性もありますが、戸籍情報は一生残りますので、配偶者に探りを入れられると普通にバレます。

 

離婚した事実を「表面上」消すことは出来るのですが、さかのぼって情報を取得していくことが出来るので(除籍謄本の取得)、そのうち「離婚の事実」に辿り着きます。

 

なお、以下のとおり「空欄で出してもOK」としている自治体もあります。

 

東京都 北区

 

まず、「初婚」「再婚」の別、「初婚」でない場合の直前婚の「死別」「離別」の区別及びその年月日の記載についてですが、法定記載事項となります。

ただし北区の場合は、初婚・離婚欄の未記載、離婚年月日が不明であっても受理しないということはありません

〜中略〜

窓口では、離婚の年月日がご不明である場合は、離別のチェック欄にチェックマークを入れていただき、おわかりになる範囲でのご記入で大丈夫です。

同時にこちらで調査した内容をご確認いただいております。

巡視室でお預かりの場合も同様に、離婚年月日が空欄であっても受理しないということはありません。

こちらで確認し手続きを進めてまいります。

 

引用:東京都北区

 

 

自治体によって対応は色々と変わります。

 

もしも「特別な事情」がある場合は、まずは提出する役所に電話で確認してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

10.同居を始める前の夫妻それぞれの世帯の主な仕事

 

ここでは、それぞれの「世帯における主な仕事」にチェックを入れます。

 

たとえば妻の住民票が実家にある場合、その世帯の主な仕事はほとんどの場合で「父親の仕事」ですので、「父親の仕事」を基準に選択肢を選びます。

 

もし一人暮らしをしている場合は、「本人の仕事」にチェックを入れれば良いです。

 

ただこの欄は曖昧なところも多く、役所によっては「単純に2人の現在の仕事にチェックすれば良いですよ」と言うところもあります。

 

いずれにしても「曖昧な欄」であることは間違いなく、役場としても正確には把握できないため、おおよそで問題ありません。

 

さらに詳しい説明が必要な場合、後ほど「補足@:世帯の主な仕事とは?」で説明しています。

 

 

 

 

11.夫妻の職業

 

この欄は「国税調査のある年」だけ記入します。

 

具体的には、西暦における5の倍数の年である

 

2020年、2025年、2030年・・・

 

に該当する場合です。

 

 

記入が必要な場合

記入が必要な場合は、

 

  • 役所の窓口に設置される「職業一覧」
  • 厚生労働省が発表している「職業・産業例示表」

 

のいずれかで確認しましょう。

 

なお、勤め先の会社名を記入する必要はなく、「番号」もしくは「職業分類名」を書くだけです。

 

 

 

 

12.その他

 

この欄は基本的には使わない欄ですが、以下の場合に記入します。

 

  • 婚姻する者が未成年の場合
  • 両親が養父母の場合
  • 苗字を旧字体から新字体に変えたいとき

 

もし以上の3つに当てはまる場合は、「補足A:その他欄の記入方法」をご確認ください。

 

 

 

 

13.届出人の署名押印

 

この欄は、必ず自分自身で「婚姻前の名前」を記入し、「婚姻前の印鑑」で押印します。

 

なお印鑑は実印でも良いですし、100均で購入した認印でも良いです。

 

ですが、シャチハタやゴム印(シャチハタもゴム印の一つ)は陰影が崩れる場合があるため、避けて下さい。

 

 

 

 

14.連絡先

 

「届出人署名押印」欄の下にあります。

 

フォーマットによっては太枠の外側に記入欄がある場合があるため、見落としに要注意。

 

記載内容の不備があった場合に連絡が入るため、日中でも出られる連絡先を記入して下さい。

 

 

 

 

15.証人の欄

 

証人は、20歳以上の成人であれば、両親・兄弟・知人など誰でも問題ありません。

 

計2人の証人が必要となりますが、夫側からの証人が2人でも良いですし、妻側からの証人が2人でも良いです。

 

もちろん、双方が一人ずつ証人を用意してもOK。

 

なお、証人2人の苗字が同じ場合は、それぞれ違う印鑑を押す必要がありますので、予めその旨は伝えておきましょう。

 

 

住所と本籍について

証人の住所については、「住民票の記載のもの」を書く必要がありますが、「番地・号」など細かい正式な住所が分からない場合は、以下のような書き方でも問題ありません。

 

ex. 東京都 渋谷区 宇田川町 1-10-20

 

 

本籍についても把握してない人が多いため、予め「本籍記入欄がある」旨を、お願いする人に伝えておきましょう。

 

>>最速10秒!現在の「本籍」を超カンタンに調べられる5つの方法!

 

 

 

成人同士の婚姻は「親の同意」は不要

余談ですが、証人は「知人でもOK」とされているとおり、20歳を過ぎている場合は婚約に「親の同意」は必要ありません

 

ただし未成年の場合は、「12.その他」欄に父母の同意が必要です。

 

 

 

 

 

補足@:世帯の主な仕事とは?

10.同居を始める前の夫妻それぞれの世帯の主な仕事」では、それぞれの仕事を6つの選択肢から選びます。

 

ただ、選択肢の書き方がややこしいため、分かり易い表現に書き換えます。

 

 

1.農業だけまたは農業とその他の仕事を持っている世帯

農家はこちらを選択

 

 

2.自由業・商工業・サービス業等を個人で経営している世帯

個人事業主はこちらを選択

 

 

3.企業・個人商店等(官公庁は除く)の常用勤労者世帯で勤め先の従業者数が1人から99人までの世帯(日々または1年未満の契約の雇用者は5)

ここは、

 

従業員が1〜99人の企業で、1年以上の雇用契約で働いている人

 

が当てはまります。

 

なお役員でも、一般社員と同様に、同じ給与規則が適用されている役員であれば、こちらを選択。

 

 

4.3にあてはまらない常用勤労者世帯及び会社団体の役員の世帯(日々または1年未満の契約の雇用者は5)

ここは、

 

  • 従業員が100人以上の企業で、1年以上の雇用契約で働いている人
  • 上記の3に該当しない役員
  • 公務員

 

が当てはまります。

 

 

5.1から4にあてはまらないその他の仕事をしている者のいる世帯

上の1〜4に当てはまらない場合は、こちらを選択します。

 

 

6.仕事をしている者のいない世帯

ここは、

 

  • 一人暮らしをしているが働いていなかった
  • 家族で暮らしていたが、誰も働いていなかった

 

という場合に選択します。

 

 

 

 

補足A:「その他」欄の記入方法

12.その他」欄においては、

 

  1. 婚姻する者が未成年の場合
  2. 両親が養父母の場合
  3. 旧字体から新字体に変えたいとき

 

の3ケースで記入が必要となります。

 

 

婚姻する者が未成年の場合

婚姻する者が未成年の場合は、両親による署名・押印が必要になります。

 

  • 一方が未成年の場合

    ⇒そのものの両親の署名・押印(※)

  • 双方が未成年の場合

    ⇒それぞれの親が1人ずつ署名・押印

 

※両親のうち一方が既に亡くなっている・居場所が分からない場合は、一方でも認められています

 

 

 

 

両親が養父母の場合

両親が養父母(特別養子縁組を除く)場合は、「6.父母の氏名と続き柄」欄ではなく、その他欄にフルネームを記入します。

 

なお、押印は不要です。

 

 

 

 

旧字体から新字体に変えたいとき

澤・廣・濱・櫻・國・齋・齊などの「旧字体」は、希望があれば「新字体」へ変更することが出来ます。

 

ただし一度変更すると戻せませんので、その旨を理解した上で、変更を希望する旨と、2人の印鑑を押して下さい。

 

 

 

 

 

さいごに!

婚姻届の書き方を紹介しました。

 

なお、以下のケースでは「戸籍抄本または謄本」が必要となります。

 

戸籍抄本が必要なケース
  • 夫・妻ともに、本籍ではない場所で提出する場合

    ⇒2人とも戸籍抄本が必要

  • 夫の本籍で提出する場合

    ⇒妻の戸籍抄本が必要

  • 妻の本籍で提出する場合

    ⇒夫の戸籍抄本が必要

  • 2人の本籍で提出する場合

    ⇒2人とも戸籍抄本は不要

 

※再婚の場合、その者は「戸籍抄本ではなく戸籍謄本」が必要

 

 

本籍が遠いと取得に時間を要するため、なるべく早めに取得手続きを行いましょう。

 

 

また、「婚姻届の提出」に必要となるものは、以下の記事でまとめています。

>>婚姻届の必要書類4つと、事前確認しておくべき7つの点!【完全版】

 

 

人気の関連ページ!

 

 

 

関連ページ

戸籍謄本・戸籍抄本の5つの取り方と必要なもの!どこで取ると得か?
【2018年更新版】戸籍謄本と戸籍抄本、住民票との違いは?5つの取得方法での値段の違いはあるか?読み方は?必要な時は?死亡時にどうなる?解説します。
戸籍謄本・抄本のコンビニ取得方法と7つの注意!費用・交付時間まとめ
【2018年更新】戸籍謄本(抄本)のコンビニ取得のやり方と必要なもの、注意点を詳しくまとめました。
戸籍謄本の取り寄せ方と必要なもの!【書き方・日数・速達方法も解説】
【2018年最新版】戸籍謄本・戸籍抄本を郵送やコンビニで取り寄せる方法を解説。どれくらいの時間・費用がかかるのか?分かりやすく説明します。
戸籍の附票とは?保存期間や写しの取り方・手数料【完全版】
【2018年更新版】戸籍の附表の取り方や手数料、自治体での保存期間について。また、住民票との違いや取得する場合の注意点、除票や改製原附票について、分かりやすくまとめています。
除籍謄本(抄本)とは?3つの取り方と必要なもの!【離婚・死亡時など】
【2018年更新版】戸籍謄本とは何が違うの?取り寄せ方や必要な物、取れる人は家族や代理人、他人でも大丈夫?保存期間はどれくらい?離婚、相続の時に関わる「除籍」について分かりやすく解説!
原戸籍(謄本・抄本)の取り方は3パターン!役割や読み方【完全版】
【2018更新版】(改製)原戸籍とは?役割や読み方、取得方法を分かりやすくまとめています。なぜ必要か?郵送での取り寄せは出来るのか?コンビニ対応しているか?等も説明。
戸籍謄本の筆頭者が5秒で分かる超カンタンな調べ方!
【2018年更新版】戸籍の「筆頭者」が5秒で分かる方法を紹介!離婚歴がある場合や、親が離婚・再婚した場合、または筆頭者が死亡した時にどうなるのか?わかりやすく解説します。
戸籍謄本・抄本を本籍地以外から取る3つの方法!【完全版】
【2018年更新版】戸籍謄本や抄本を取るには、「本籍の役所」へ請求する必要があります。しかし本籍が遠い場合も多く、そのような時に本籍地以外から取得する3つの方法を説明します。
戸籍謄本・抄本の『見本』と、内容・記載事項5つを画像付きで解説!
【2018年更新版】戸籍謄本や抄本に何が記載されるのか?マイナンバーは載るのか?実際に記載される内容(5つの事項)を、画像付きで説明していきます。
【戸籍謄本と代理人】委任状の書き方や、家族(親・兄弟)の場合の要否!
【2018年更新版】戸籍(謄本・抄本)の代理取得で必要な「委任状」。書き方のほか、家族(親・兄弟姉妹)が代理で取る場合に、委任状が必要なのか?解説します。
戸籍謄本の種類は3つある!違いを画像付きで分かりやすく説明します
戸籍謄本の種類と違いを画像で説明!戸籍謄本・抄本の違いは?除籍って?原戸籍ってなに?分かりやすく解説します。
戸籍謄本の有効期限まとめ【パスポート・相続・結婚・離婚・転籍 etc…】
【2018年更新版】パスポート作成や相続、婚姻や離婚、転籍など、さまざまなシーンで必要となる謄本。戸籍謄本・抄本に有効期限はあるのか?解説します。
本籍の5つの調べ方と筆頭者の確認方法、番地の正しい書き方!【完全版】
【2018年更新版】本籍とは何?という基本から、「5通りの調べ方」、「筆頭者って誰?親が離婚している場合はどうなる?」「本籍の住所の正確な書き方は?」という疑問を、どこよりも分かりやすく説明しています。
「本籍地の変更手続き」方法と、メリット・デメリットまとめ【必要書類】
【2018年更新版】本籍地の移動手続きと、長所・短所を解説。皇居などの人気本籍スポットも紹介。パスポートや免許証がなければ変更できないのか?も説明。
住民票の4つの取り方と必要なもの!どこで取ると得か?【土日も可能】
【2018年更新版】住民票の発行方法や、請求書の書き方を分かりやすく解説。また、取得時の持ち物、料金の違い、県外にいる場合の貰い方、未成年が取るにはどうすれば良いのか?
住民票のコンビニでの取り方と5つの注意!交付時間やマイナンバー有無など
【2018年更新】コンビニでの住民票発行のやり方と、注意点を解説。通知カードでの取得やマイナンバー記載の有無、発行時間についても説明。
住民票は本人以外でも取れる!【家族・知人による代理取得と委任状】
【2018最新版】住民票を代理人に代わりに取得して貰う方法を解説。委任状の書き方や家族でも必要なのか?未成年者の場合はどうか?など。
住民票の3つの移し方と必要なもの!手続き期間は?土日もできる?
【2018年更新版】住民票を移す(変更)手続き方法や必要な物、期間はいつからいつまでか?「住民票の移動」に関わる一連の流れを解説。
住民票を移さないのは罰金!『必要なとき』6パターンからデメリットを知ろう!
【2018年更新版】住民票を移動しない!移してない!という場合に掛かる罰金額や条件の他、「移さなくて良い」条件を説明。その他、住民票が必要となる時と移さないデメリットを解説します。
住民票に有効期限はあるのか?提出先に求められる期限をまとめてみた
【2018年最新版】住民票に有効期限はあるのか?提出先によっても変わる有効期限、ここでは賃貸・住宅ローン契約や車検、運転免許試験などで求められる期限について解説しています。
住民票の種類は5つある!内容・用途の違いを画像付きで説明します!
【2018年最新版】住民票の種類と、内容・使い方の違いを解説します。どれを取れば良いのか?が分かります。参考にしてみて下さい!
住民票の「原本・写し・コピー」の3つの違いを分かりやすく解説します
【2018年最新版】「住民票の原本を提出して下さい」と言われた時に、「写し」で良いのか気になる方も多いでしょう。また「コピー不可」の場合に「写し」で良いのか?気になるところ。
住民票の15の記載内容を「見本」で解説!記載事項から分かることは?
【2018年最新版】住民票には何が書いてある?マイナンバーは記載される?見本画像ととも、15の記載事項を分かりやすく解説します。
転出届に必要なものは?期限はいつからいつまで?【書き方も解説】
【2018年更新版】転出届の提出に必要な物、書き方、郵送方法、代理を依頼する委任状の書き方を解説。その他、忘れた時にどうするか?土日は出せるのか?有効期限はあるか?等も説明します。
住民票記載事項証明書とは?書き方・必要な物と、コンビニで取る時の注意点
【2018年更新版】住民票記載事項証明書と住民票の違いとは?請求書・指定フォーマットの書き方や申請に必要な物、どこで取れるか?マイナンバーは入れれる?わかりやすく説明します。
戸籍謄本と住民票の違いを画像で解説!
戸籍謄本(抄本)と住民票の違いを画像で比較!「本籍と住所の違い」「筆頭者と世帯主の違い」など、5つの細かい違いを分かりやすく説明していきます。
マイナンバーカードの5つの作り方!どの申請方法が簡単?申請期間は?
マイナンバーカードの「申請方法〜発行」を分かりやすく解説。申請に必要なもの、作り方の違い、どの方法が簡単か?申請期限はあるのか?など。
マイナンバーカードの「受け取り」方法!期限・所要時間・土日受取まとめ
【2018年更新版】マイナンバーカードの受取方法や必要な物、代理人による受取、委任状の書き方、所要時間、土日の受取について解説。
マイナンバーカードのメリット7つとデメリット4つ!できる事と必要性
マイナンバーカードを作ることによるメリット・デメリットをまとめました。出来ることや作る必要性、悪用リスクなどを解説。
マイナンバーカードが届かない時の3つの確認!問い合わせ先はどこ?
【2018年更新版】個人番号カード(マイナンバーカード)が届かないという方に、3つの確認ポイントを解説!どこに問い合わせるべきかも説明しています。
【マイナンバー通知カード】紛失時の3つの手続きと、悪用リスクまとめ
【2018年更新版】通知カードを失くした時の3通りの手続きと、紛失したことによる悪用リスクを分かりやすく説明します。
婚姻届の必要書類4つと、事前確認しておくべき7つの点!【完全版】
【2018年版】婚姻届の提出に必要なものを分かりやすく解説!必要なのは戸籍謄本?抄本?また、提出前に絶対に確認しておくべき点も紹介!
婚姻届の「新本籍」にオススメな候補地5ヶ所と、決める時の2つの注意点
【2018年版】婚姻届に書く「新しい本籍地」はどこにすべき?メリットとデメリットと共に、本籍地の候補を紹介します。
続柄の書き方がパッと分かる一覧まとめ【図で分かりやすく解説!】
「あなたとの続柄」「世帯主からみた続柄」などの一覧まとめ。一覧図もあるため、「妻・嫁・夫・旦那・父・母・娘・息子・子」の正解が分かる。年末調整や戸籍・住民票、保険の受取などに。
「いとこの子供」の呼び方・続柄と、子供側から見た私の呼び名・続柄は?
「いとこの子供」には色々な呼び方があります。続柄の表記、いとこの子供から見た私の呼び名も解説。その他、結婚できるのか?お年玉は渡すべきか?もあわせて説明します。
はとこの意味がパッと分かる!家系図と「サザエさん一家」で理解しよう
「はとこ」の意味や漢字を、「家系図」と「サザエさん一家」で分かりやすく解説!はとこと結婚できるのか?「またいとこ」とは違うのか?芸能界にいる「はとこ関係」も紹介!