【婚姻届の証人】印鑑や捨印、「住所・本籍」の書き方・訂正を解説!

【婚姻届の証人】印鑑や捨印の方法、「住所・本籍」の書き方・訂正方法を解説します!

このページでは「証人欄の書き方」を説明しています。
「誰に証人を依頼すべきか?」については、以下ページをご覧下さい。

>>【婚姻届の証人】誰がベスト?両親・友人に依頼するリスクはある?いない時はどうする?

 

こんにちは。
元市民課職員のアキラです。

 

まずはご結婚おめでとうございます!

 

婚姻届では、2人の証人による「署名」「押印」が必要です。

 

ここでは、そんな「証人欄」において

 

  • 印鑑は同じでも良いのか?
  • 印が薄くかすれてた場合にどうするか?
  • 捨て印はどうするのか?
  • 住所・本籍はどこまで書くのか?
  • どのように訂正するのか?

 

など気になる点を回答しています。

 

ぜひ最後までご覧になり、問題なく受理されるようにご準備下さい。

スポンサーリンク

 

 

人気の関連ページ!

 

スポンサーリンク

 

 

証人欄における「名前・住所・本籍」の正しい書き方!

証人欄には、以下のとおり

 

  • 名前・生年月日
  • 住所
  • 本籍

 

を記入する欄があります。

 

【記入例】

 

 

名前・生年月日について

名前は特に注意点はありません。

 

生年月日は、上記の画像どおり和暦で記入しましょう。

 

 

 

住所について

住所は、住民登録している住所を記入しましょう。

 

ただし「番地・号」などの細かい部分が分からない場合は、以下のような書き方でも問題ありません。

 

ex. 東京都 渋谷区 宇田川町 1-10-20-801号

 

もしもこのように書く場合は、上記画像の「佐々木健一」氏の住所のように、「番地・番・号」という文字を線で消せばOK。

 

※正式に書く場合も、記入スペースが小さいため上記のように対応せざるを得ない事が多いです

 

また住民登録時に「マンション名」を入れているか分からない場合でも、マンション名の有無は影響しないため、どちらでも良いです。

 

なお「号」で終わるような住所であれば、上記画像の「秋岡由美子」氏の住所のように書きましょう。

 

 

 

本籍について

本籍の場合は、「番地」もしくは「番」までの記入です。

 

現在の本籍が分からない方は、以下の方法でパパッと調べてみましょう。

 

人気の関連ページ!
>>最速10秒で本籍を調べられる5つ方法!番地の正しい書き方は?

 

スポンサーリンク

 

 

証人欄の記入内容を訂正する方法!

もしも記入ミスをした際は、

 

  • 修正液
  • 修正テープ

 

などは使えません。

 

以下の画像の通り二重線で消したのち、「署名横に押す印鑑」と同じ物で「修正印」を押しましょう。

 

婚姻届の修正画像

 

 

その後は、空いたスペースに書き直せばOKです。

 

ただし夫婦となる2人にとっては、婚姻届は「思い出」ともなるもの。

 

そのため、修正すべきか書き直すべきかは本人達に確認するのがベターです。

 

スポンサーリンク

 

 

同じ姓の場合、印鑑は同じでも大丈夫?

証人は20歳以上であれば誰でも問題ありませんので、片側の両親に記入をお願いする場合もあるでしょう。

 

>>【婚姻届の証人】誰がベスト?両親・友人に依頼するリスクはある?いない時はどうする?

 

 

ただしその場合、父親・母親の印鑑は必ず違う物で押印して貰って下さい

 

また当然ですが、「自分自身の署名欄の押印」とも違うもので押してください。

 

これは、別々の人が証人であることを示すためです。

 

なお、印鑑は100均で売られているものでも問題ありませんが、

 

  • シャチハタ
  • ゴム印

 

は避けましょう。(後に陰影が変わる可能性があるため)

 

スポンサーリンク

 

 

印鑑が薄くかすれた!失敗した場合は…?

印鑑を押したが、

 

  • 一部が欠けてしまった
  • 全体的に薄く見えにくい

 

という失敗をすることもあるでしょう。

 

特に、「緊張して父親が押印に失敗した」なんて話はチラホラ聞きますよね。

 

そのような場合は、失敗した印を二重線で消したあと、空いたスペースに押しなおして貰いましょう

 

 

この時「失敗した印」に重ねて印をしてしまうと、結局ごちゃごちゃして見にくくなりますので、空いたスペースに押しましょう。

 

また、次に説明する「捨て印」も押して貰いましょう。

 

 

 

「捨印」は必ず押してもらおう!

枠外には、「捨印」を押してもらうようにしましょう。

 

婚姻届によっては、証人欄の右側に「捨印の枠」が設けられている場合もありますが、枠が無い場合は以下の通り枠外に「捨印」と記載のうえ、それぞれ押してもえばOK

 

証人の押印に対する捨印画像

 

 

「捨印」を押すことで、修正の権限を与えることが可能。

 

そのため軽微な修正があった際に、わざわざ修正に出向かずとも役所の担当者が修正してくれます。

 

証人の印鑑を預かるわけにもいきませんし、証人にわざわざ来てもらうのも大変なので、「捨印も押して欲しい」と予め伝えておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

外国人にお願いするときの注意点!

外国人の方に証人をお願いする際は、大前提として「国籍のある国における成年基準に達しているのか」をまずは確認しましょう。

 

その上で、以下の点に注意して記入してもらいましょう。

 

※自治体によって考え方が異なる可能性がありますので、出来れば提出する自治体に確認する事が望ましいです

 

【記入例】

 

 

名前

名前はフルネームで記入してもらいましょう。

 

ミドルネームがある場合は、ミドルネームも含めて記入します。

 

なおアルファベット・カタカナどちらでもOK。

 

押印は不要ですが、署名は本人の直筆であることが必須です。

 

 

生年月日

生年月日は西暦で記入してもらいましょう。

 

 

住所

必ずしも日本に居住してなくても大丈夫ですので、現在住んでいる住所を記入します。

 

アルファベットもしくはカタカナで記入しますが、代筆も可能です。

 

 

本籍

ここは国籍を書いてもらえば大丈夫です。(代筆可能)

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ!

証人欄の書き方や押印、訂正方法について解説しました。

 

証人については、

 

  • 誰にすべきか?
  • 依頼を受ける側にリスクはあるか?

 

などについてもまとめていますので、あわせてご確認下さい。

>>【婚姻届の証人】誰がベスト?両親・友人に依頼するリスクはある?いない時はどうする?

 

 

また婚姻届の書き方について、15項目すべてを画像付きで詳しく説明しています。

>>婚姻届の書き方がパッと分かる!15項目を見本で解説【記入例まとめ】

 

 

また、『新しい本籍をどこにすべきか?』と悩んでいる方も多いと思いますが、候補地と、決める時の注意点もまとめています。

>>婚姻届の「新本籍」にオススメな候補地5ヶ所と、決める時の2つの注意点

 

 

実際に届け出る前には、以下の記事で事前確認しておきましょう。

>>婚姻届の必要書類4つと、事前確認しておくべき7つの点!【完全版】

 

 

最後に、「婚姻届の提出」と「住所変更」は合わせて行うことも出来ますので、各々がしっかり対応しましょう。

※引っ越し後14日以内に手続きしなかった場合は、最悪なケースとして罰金が課せられる可能性もありますので要注意

>>婚姻届と「住所変更」の同時手続きは2ステップ!転入届・転出届・転居届の違いまとめ

 

スポンサーリンク

 

 

その他、婚姻届について!

 

 

 

戸籍謄本・抄本の「取り方」


本籍・筆頭者の「調べ方」


本籍の「変え方」


戸籍謄本の「内容」


戸籍謄本の「種類」


その他、戸籍・本籍の情報!

 

 

 

住民票の「取り方」


住民票の「移動」


住民票の「内容」


住民票の「種類」


その他、住民票の情報!