「ゴキブリを食べると死亡する」の真実!味と害、8つの食べ方まとめ!

「ゴキブリを食べると死亡する」は本当か!?味と害、8つの食べ方まとめ!

こんにちは。
山奥の実家で20年、都心に出てきてからも10年近くゴキブリと戦ってきたアキラです。

 

一部のゲテモノ好きにはたまらない「ゴキブリ」。

 

そんな「ゴキブリを食べる」行為はあまり知られておらず、

 

「食べると死ぬ」という噂は本当か?

食べることでどういう害が考えられるのか?

どんな味、調理法があるのか?

 

などなど、知らない方も多いです。

 

そこでこのページでは、「ゴキブリを食べる」というテーマについて、わかりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

 

目次
  • そもそも「ゴキブリは食べられるもの」なのか?
  • 食用として食べている地域はたくさんある!
  • 食べると起こり得る2つの害とは?死ぬ可能性は?
  • ゴキブリの味は案外「美味しい」?
  • 世界の8つの食べ方(調理法)!

 

 

こちらの記事も人気です!

 

スポンサーリンク

 

 

そもそも「ゴキブリは食べられるもの」なのか?

ゴキブリは私たちの生活に密接に関わっていますが、例外なく「悪名高い昆虫」と言えるでしょう。

 

こんな昆虫を食べるなんて、現代の日本では信じられないかもしれません。

 

しかしゴキブリは「食べられる昆虫」のひとつとして世界で認識されています。

 

日本でも同様に食べる人がいますが、嫌いな人が多く「ゲテモノ料理」として扱われています。

 

 

 

ゴキブリ自体は有害ではないが…

そんなゴキブリですが、不快ではあってもゴキブリ自体には「有毒な物質」は無いのです。

 

しかし不衛生な環境に住んでいるため、体の中にも表面にも「人間に有害な細菌」を保有している事は周知の事実です。

 

また、「人間が反応するアレルギー物質」も持っていますので、

 

  • 有害物質はない
  • 食用として世界中で食べられている

 

とは言っても、決して「安全な食品」ではないのです。

 

このため食用にする場合は、

 

  • ゴキブリの種類選び
  • 取り扱い(下処理や調理など)

 

を慎重に行う必要があります。

 

ちなみに、日本で人間が食べているゴキブリは、あくまでも「爬虫類・両生類などのペットに与える餌」として売られているものであり、人間の食用ゴキブリはありません。

 

食べる場合は完全に自己責任です。

 

 

 

よって「安全ではないが、処理を施せば食べれる」と言える!

「安全ではない」とは言いつつも、食べられていることもまた事実。

 

ゴキブリ自体は世界中にたくさんの種類が生息しており、国によっては「栄養源」となるだけでなく「薬」にもなり、貴重な食用昆虫とされることもしばしばあります。

 

そのため、

 

  • ゴキブリ=食べられない
  • ゴキブリ=食べたら危ない

 

とは、一概に言えないもの。

 

このあと説明しますが、「ゴキブリを食べたら死ぬ」という噂も、可能性としては有り得ますが、「食べる=必ず死ぬ」にはなりません

 

調理に慣れた人によって適切に処理されたゴキブリは、他の食材と同じように

 

「毒を取り除かれたり、味付けされて美味しく料理された物」

 

と何ら変わりない食材の一つとなるのです。

スポンサーリンク

 

 

食用として食べている地域はたくさんある!

世界に目を向けてみれば、意外なほどゴキブリを「食用」とみなして食べている国はたくさんあります。

 

たとえば

 

  • カメルーンやナイジェリア、コンゴなどのアフリカ諸国
  • ベトナムやタイなどの東南アジア地域
  • 中国などの東アジア地域
  • メキシコ、ブラジル、イギリスの一部の地域

 

このように幅広い地域で食用とされています。

 

食べる目的はほとんどが「普段の食材の一つ」であり、貴重なたんぱく源として扱っていますが、中には

 

  • 卵鞘(卵が数十個格納された鞘状のもの)を漬けた日本酒やウイスキー
  • 乾燥させて粉末にした漢方薬

 

などもあります。

 

思ってるほど「珍味」とされることはなく、大半が「おかずの一つ」となっているようです。

スポンサーリンク

 

 

食べると起こり得る2つの害とは?

上でも説明しましたが、ゴキブリは「有毒な細菌類」を体内に保有していたり、体表に付着させていたりすることが多い昆虫です。

 

このため、日本では「不快害虫」であり「衛生害虫」でもあるとされています。

 

では「起こり得る害」にどんなものがあるのか、ご紹介します。

 

 

「細菌感染」が起こる可能性

ゴキブリは、少なくとも以下の細菌を保有していることが分かっています。

 

  • サルモネラ菌
  • 赤痢菌
  • チフス菌
  • 小児麻痺病原体
  • 大腸菌

 

私たちがよく知る通常のゴキブリは、トイレや下水道など「不衛生な環境」を通ってくるため、「菌を保有している」と考えて間違いありません

 

となれば食べることで感染し、重篤になれば「死ぬ可能性」もあると考えられます。

 

特に「赤痢菌」などは、治療の際は「病院による国への届け出」が必須であり、「治療中は患者を隔離しなければならない」という決まりがあります。

 

それほど危険とされている細菌を、ゴキブリは保有しているのです。

 

また、食中毒を起こす細菌として有名な「サルモネラ菌」も保有しているとされています。

 

売られているゴキブリを使うにしても、もし人間の食用とするのならば、これらを充分に考慮したうえで「殺菌」するところから始めなくてはなりません。

 

処理の際には、キッチンに細菌をばら撒かないように取り扱いを慎重に行う必要があります。

 

 

 

「アレルギー発症」の可能性

2つ目に考えられる害は、「アレルギー発症」です。

 

ゴキブリには、人が反応を起こすアレルギー物質(アレルゲン)が含まれています。

 

そのため、食べることで「ゴキブリアレルギー」を発症する可能性があります。

 

ゴキブリアレルギーとは?

虫体やゴキブリのフン、死骸の粉末などは「細かい粒子」となって大気中に舞っています。

 

それを吸い込むことで体内に入り込み、

 

  • アレルギー性鼻炎
  • 気管支炎
  • 気管支喘息

 

などを引き起こすアレルギー症状のことを言います。

 

「体内に入ることで症状を起こす」部分は、食物アレルギーと同じです。

 

気管支喘息で治療中の患者の「アレルゲンを特定する検査」を行ったところ、ゴキブリの陽性率は最大で24%であったという結果も出ています。

 

ゴキブリは「年間を通して住み着いている屋内昆虫」の代表。知らないうちに吸引している可能性があるのです。

 

ということで、虫体にも排泄物にも「アレルゲン」が含まれていますので、「食べることでアレルギー症状を発症する可能性」は大いにあります。

スポンサーリンク

 

 

ゴキブリの味は案外「美味しい」?

世界では様々な「昆虫料理」が存在します。

 

その中でも、ゴキブリは意外にも「美味しい」との声が多いのです。

 

筆者は実は「フナムシ」は食べたことがあるのですが、さすがにゴキブリは未経験。

 

人気の関連ページ!
>>フナムシとゴキブリの5つの違い!食べると味ヤバすぎた【感想まとめ】

 

と言うことで、「ゲテモノ好きの知人の感想」や「インターネット上の声」からまとめてみます。

 

 

 

香ばしく、「エビのしっぽ」みたい?

たとえば東南アジア地域では、成虫を「素揚げ」や「クシ焼き」、「塩焼き」にして食べています。

 

ゴキブリは殻が固く食べられそうもないのですが、揚げると「エビのような甲殻類に似た香ばしさがある」と言われています。

 

「フライにした時のエビのしっぽ」という声は、インターネット上にも多数あります。

 

特に塩味が合うようで、完全にエビだと思い込めば風味を楽しめるでしょう。

 

 

 

イナゴに似た味?

焼いた場合はサクサクしており、「イナゴに似た香ばしさ」だと言われています。

 

知人曰く、

 

  • 羽根を取るか取らないか?
  • 絶食させてから調理するかどうか?

 

が味に大きく関わっているようです。

 

やはり「苦み」や「生臭さ」が口に残ると、台無しになってしまうのでしょう。

 

なお「腹部の内臓」を取って塩を詰めて焼く場合は、「殻の部分の香ばしさ・食感を味わうもの」だとされています。

 

 

 

カニ味噌の食感?

日本では意外にも「唐揚げ」や「天ぷら」にする調理法が伝えられています。

 

天ぷらにする場合は、ぐつぐつ沸いている熱湯にゴキブリを入れてしばらく茹で、その後に「山菜・きのこの天ぷら」などと同じように作ります。

 

天ぷらとして揚がったゴキブリは、腹は柔らかく「カニ味噌のような食感」であると言われています。

 

淡泊で上品な味ですが、それでいて「エビに似た風味とカニ味噌のような食感」を楽しめるのが特徴です。

 

 

 

クリーミー?

揚げる方法は海外でも知られており、「マダガスカルゴキブリ」という大型のゴキブリで作られることもあります。

 

マダガスカルゴキブリは殻があまりにも固いため、「内臓だけを食べて捨てる」という食べ方をしています。

 

内臓は揚げる前に「半分えぐり出して露出させた状態」で衣をつけていきます。

 

揚がったものを「ずるるっ」とすすって食べるのですが、これが「クリーミーで美味である」と言われています。

 

 

 

筆者としては、どれも想像しただけで気分が悪くなるものばかりです…

 

しかし、このように「ゲテモノ好き」からは「美味しい・風味がある」というポジティブな意見が多いのもまた事実。

 

食べてみようと思う方は、次に紹介する「世界の8つの食べ方(調理法)」を参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

 

 

世界の8つの食べ方(調理法)!

上でも少し「食べ方」について触れていますが、最後に「ゴキブリの8つの食べ方(調理法)」について紹介しましょう。

 

ただし上で説明のとおり「細菌感染」などの可能性もあるため、完全に自己責任のもと行ってください。

 

 

刺身

ゴキブリの羽、脚、消化器官や内臓を取り除いて、時間をかけて「塩水」でキレイに洗います。

 

きれいになったら水気を切って、ポン酢をかけて刺身として食べます。

 

調理法はこれだけではありますが、内臓の「苦み」や「臭み」は多少軽減するでしょう。

 

外殻の硬さはもちろんそのままですが、歯ごたえを感じられる食べ方です。

 

独特の苦さや臭みも「ホヤのような味わい」だと思えば、食べていて気にならないとされています。

 

ただし熱による殺菌処理をまったくしていないので、本当に食べる場合は細菌感染などに気を付けて調理しましょう

 

刺身にするゴキブリの種類は、クロゴキブリが良いとされています。

 

 

 

唐揚げ

ゴキブリを集めたら1週間ほど絶食させ、フン抜きをしてそのまま飼育しておきます。

 

食べる時は羽と脚を切り落とし、サクッと揚がる天ぷら油で「短時間で揚げる」ようにします。

 

素揚げの他、市販の唐揚げ粉をまぶしても良いでしょう。

 

唐揚げは「芝エビに似た香ばしい味わい」だと言われています。

 

美味しく調理するためには「下処理が大切」ですので、調理前のフン抜きや絶食はしっかり行いましょう。

 

こちらもクロゴキブリが良いとされています。

 

 

 

炒め

唐揚げと同じように「絶食させたゴキブリ」を、生のままフライパンで炒めていきます。

 

油を多めにすると揚げ焼きのようになり、炒めた後に塩味をつければ香ばしさが引き立ちます。

 

主に東南アジア地域で行われている食べ方です。

 

 

 

塩焼き

ゴキブリの頭を引っ張り、一緒にくっついてくる消化器官や内臓を抜き出します。

 

きれいに取れたら羽と脚を落として、空いた腹部に塩を詰めて焼いていきます。

 

下処理の作業がありますので、大き目のクロゴキブリや、それ以上の種類が調理しやすいでしょう。

 

しっかり焼くと「エビの塩焼きのような香ばしさ」が広がり、サクサク感も楽しめる調理法です。

 

この食べ方は主に日本で行われていました。

 

 

 

天ぷら

まず生きたゴキブリを沸騰している鍋に入れ、一気にゆでていきます。

 

この時活きのいいゴキブリは、「キュー!」と鳴くとか…。

 

しっかり茹でたらザルに上げ、料理バサミで脚を落とします。

 

そして脇腹にハサミを入れ、腹部の殻をはがします。

 

このように固い部分を取り除いたら、冷やした天ぷら粉をまんべんなくつけて揚げていきます。

 

ただしいくら衣をつけて揚げたからといって、「独特の臭み」を完全に消すのは難しいようです。

 

風味を損なわないように「絶食処理などの下処理」をしておいた方が良いでしょう。

 

 

 

ジャム

18世紀にイギリスで行われていた調理法ですが、現在は行われていません。

 

ゴキブリを「フン抜き」などの下処理をした後、酢で煮込みます。

 

その後天日干しにし、乾燥させます。

 

乾燥が済んだら頭部や内臓、消化器官、脚を取り除き、

 

  • バター
  • ゴマ

 

を入れて煮込んでいくと、ペースト状になっていきます。

 

このようにしてジャムとしていました。

 

当時の貴重なたんぱく源を長期保存ができるようにこのようなジャムにしていたのでしょう。

 

 

 

卵鞘(らんしょう)のフライ

虫体ではなく「卵がたくさん入った卵鞘」を使った調理法です。

 

【ゴキブリの卵鞘】

 

ゴキブリが抱えている卵鞘を集めて、そのまま揚げフライにします。

 

虫体は下処理をおこなって、他の調理法で食べると良いでしょう。

 

これはタイに住む少数民族が行っていた調理法だと言われています。

 

 

 

卵鞘酒

「クロゴキブリの卵鞘をお酒に浸けておくと、お酒が美味しくなる」と日本で言われていたことがあります。

 

作るには少し時間がかかり、飼育から始めなくてはなりません。

 

使うゴキブリはクロゴキブリ。

 

たくさん入れておいた飼育ケースの中に「お酒の徳利」を置き、その中に10個以上の卵鞘が産みつけられるのを待ちます。

 

うまくいけば数日で産みつけられることも。

 

確認できたら徳利を取り出し、水でキレイに洗ってお酒を入れ燗をつけます(適度に温めること)。

 

この時にできるだけ熱くすると、卵鞘の効果で「お酒の味がまろやかになる」とか。

 

それは「二級酒がまるで一級酒のように感じられる」のだそう。

 

また安物のウイスキーに卵鞘を20個ほど入れてしばらく置くと、「味に丸みが出て美味しくなる」とも言われます。

 

 

 

さいごに!

「ゴキブリを食べると死亡する」の真実と、味や害、食べ方を紹介しました。

 

日本含め、世界で食べられている事実はあるため、「食べると死ぬ」は言いすぎかもしれまん。

 

ただし「危険な細菌を保有している可能性があり、最悪なケースとして考え得る」ということは、忘れてはいけません。

 

食べるときは、必ず自己責任のもと挑戦して下さい。当サイトではいかなる責任も負いかねます。

 

 

ちなみに、ゴキブリと良く似た「フナムシ」も食べれますよ。

 

>>フナムシとゴキブリの5つの違い!食べると味ヤバすぎた【感想まとめ】

 

 

人気の関連ページ!

 

スポンサーリンク


 

 


ゴキブリ退治・対策の流れを把握する!


駆除・忌避(寄せ付けない)する!


使ってみた!


侵入を予防する!


赤ちゃん・卵・巣


生態を知る!


その他の情報!

 

 

関連ページ

ゴキブリ対策まとめ!30年の経験でわかった【二度と見ない最強駆除】
2018年最新版. 約30年ゴキブリの対策・駆除をしてきた私が、ハーブやアロマ、スプレーなどのグッズからオススメや駆除の流れを実体験に基づき解説!
【ゴキブリ退治】7つの瞬殺方法!熱湯など「身近な物」での殺し方まとめ
【G画像なし】山奥に住んでいた私が、ゴキブリをアッと言う間に瞬殺できる「7つの対処法」を紹介!お湯や洗剤は本当に効果あるのか?説明します。
ゴキブリはどこから来る?7つの侵入経路・原因と、鉄壁の予防対策法!
ゴキブリはどこから入ってくるのか?侵入経路や寄せ付けないための「侵入防止対策」をどこよりも分かりやすく解説!ホウ酸団子や忌避剤は意味があるのか?ゴキブリを寄せ付けない鉄壁の予防対策もご紹介!
ゴキブリの卵が孵化する9つの場所と時期!女子でも出来る駆除法5選!
【2018年更新版】ゴキブリの卵はどこに産み付けられ、どこで孵化するのか?また、何匹生まれるのか?孵化の時期はいつ頃か?卵を見つけた時の処理方法を分かりやすくまとめてみました。
ゴキブリの赤ちゃん(幼虫)が出る7つの原因と、効果抜群な駆除法8選!
ゴキブリの赤ちゃん(子ども)の特徴や大きさ、「飛ぶのか?」などを解説。どこから出るのか?「1匹いると30匹いる」の真実も分かりやすく説明。
ゴキブリが巣を作る11の場所!どんな形?【駆除と全滅までの流れ!】
ゴキブリの巣はどこで作られる?ゴキブリと巣を退治する方法と、全滅させるまでの流れを解説します。
ゴキブリにアロマ(ハーブ・ミント)やファブリーズ、重曹は効くか?【試してみた】
【ゴキブリ画像なし】ゴキブリにはアロマ(ハーブやラベンダー、ミント)、ファブリーズ、重曹などが効くと聞きます。では実際に効いたのか?試してみました。(ゴキブリの画像はありませんのでご安心下さい。)
驚愕!ゴキブリへの「アルコール」が効果絶大だったので報告する!
ゴキブリにアルコールスプレーは効果があるのか?なぜ嫌がるのか?実際に試した結果をモザイク画像と共に報告します!
ゴキブリに洗剤使ったらヤバすぎた!たった1つのコツで「即死」できる!
ゴキブリに洗剤を使ってみた結果、効きやすい洗剤・効きにくい洗剤があった!「死なない」「逃げられた」という方、やり方間違ってません?
ゴキブリを寄せ付けない究極アイテム発見!ハッカや超音波よりスゴイ!
【2018年更新版】ゴキブリを寄せ付けない方法を色々試してみた!ハッカ油や超音波、電磁波、ナツメ・ラベンダーなどのハーブなどなど。その中で「これは効く!」と思えた効果抜群のアイテムが見つかったので紹介する!
ゴキブリの生態まとめ!種類・寿命・冬の生活・共食い!噛むの?菌は?
【どこよりも分かりやすく説明!】ゴキブリの生態について、、種類や寿命、冬はどこに潜んでいるのか?夜行性なのか?を説明!人間を噛むの?ウイルス・細菌感染の危険性の有無は?
ゴキブリの生命力・繁殖力がヤバすぎる!「1匹いたら100匹いる」の真実
ゴキブリは生命力と繁殖スピードが異常に高いため、繁殖させないための対策が必要です。「1匹いたら100匹いる」は本当か?
ゴキブリが飛ぶ5つの条件!考え得る「飛ぶ理由」3つと対策まとめ
ゴキブリは飛びます!しかも頻繁に人に向かって飛んできます… なぜ飛ぶのか?飛ばない種類もあるのか?説明します。
ゴキブリのふんの掃除法と注意点5つ!固さ・量にも注目しよう【画像】
ゴキブリのふんを見つけたらどうすべき?床や壁に付いた場合の処理対策や、潰すとどうなるか?ニオイなどについても説明します。
ゴキブリの「餌・好物」と「嫌いなもの」を知ると徹底的に排除できる
ゴキブリが好きな食べ物、嫌いな食べ物・ニオイをまとめました。餌となるものを排除できると、毒餌の効果も強まるので必ず把握しておきましょう。
ゴキブリを見失った!逃げられた!「寝れない夜」を避ける11の対策!
ゴキブリに逃げられた!どこかに消え た!という場合に考えられる「逃げ込みやすい13の場所」と、眠れない場合の11の対策を紹介。
逆効果?ブラックキャップの効果を6ヶ月ガチ検証したらヤバすぎた!
ゴキブリ対策として最強説のある「ブラックキャップ」の効き目を6ヶ月間ガチ検証しました。屋外でも効果はあるのか?置き場所はどこが良い?有効期間は?すべて解説します。
コンバットの効果5ヶ月検証!ブラックキャップとの強さ比較もしてみた
ゴキブリ駆除薬「コンバット」・「コンバットハンター」を使ってみた結果を公開!ブラックキャップとどちらがオススメか?説明します!
ゴキちゃんストップの効果を7ヶ月検証!置き方のコツ伝授!【口コミ】
ブラックキャップの効果がいまいちだったため、プロ仕様のゴキちゃんストップで検証。結果をレビューします。その他、置き場所・薬局で買えるのか?なども解説。
ゴキブリホイホイをおすすめしない5つの理由!効果検証がヤバすぎた…
ごきぶりホイホイを試行錯誤で長年使ってきた結果から、オススメできない理由を挙げてみます。逆効果か?設置場所は関係あるか?など。
ゴキジェットプロの「効果検証」で判明!オススメできない5つの理由!
【ゴキ画像なし】ゴキジェットプロでは死なない?使って分かったメリット・デメリット、黒(まちうけタイプ)はどうか?実体験から個人的な感想を説明します!
バルサン7種類を使った効果比較がヤバイ…!使い方・放置時間を語る
【2018年】バルサン7種類使用したため、効き目の比較とオススメを紹介。また使用方法や放置時間、効果期間、注意点、掃除のやり方も解説。
バルサンの値段(価格)を7タイプ全サイズで調査!コスパ比較 <2018年>
【2018年版】バルサンやバルサンプロEXなど、全タイプ・サイズのコスパを比較!アースレッドや虫コロリとの比較も!
バルサンを「布団のダニ対策」で使った結果が衝撃的すぎた!【悲報】
バルサンを焚くときに布団にかかって良いの?私はあえてかけてダニ対策を行った経験がありますが、結果がヤバかったのでお伝えしたい。
【動画まとめ】マンホールから大量のゴキブリが湧く!なぜマンホールに?
京橋駅でマンホールから大量発生したゴキブリ。なぜマンホールにいたのか?どこにでもいるのか?動画とともに解説します。
ダニ退治で本当に効果的な9つの駆除法と、実は効果が薄い9つの対策!
【2018年最新版】ダニ退治で本当に効く駆除方法と、実はあまり効果のない方法を紹介!アイロンやドライヤー、ファブリーズ、アルコールは効くのか?などなど。
ダニ刺されの症状と9つの見極め方!跡の特徴や薬、治らない場合の対処
【2018年最新版】ダニに刺された時の判断方法や症状の特徴を画像で紹介!痒くない場合や、治らない場合の対策、ムヒ等の市販薬について。
【ダニは7種類】大きさ・特徴の違い!赤い虫や、目に見えるのもダニか?
ダニの種類を詳しく解説!大きさや刺され跡、出現する時期の違いなど特徴を説明。肉眼で見えるものや赤い小さな虫についても触れています。
ムカデの生態(種類・つがい・幼虫・卵・天敵・餌)辞典【完全版】
ムカデについてどこよりも分かりやすく解説!種類は多いの?つがい行動するって本当?幼虫はどんなの?噛むことや毒はある?卵はどんなのでどんな場所にうむの?【ムカデがわかる辞典】
ムカデ対策・駆除の方法9選!熱湯やハッカ油で退治?噛まれた時の対処・薬
ムカデの対処方法を9種紹介!ハッカ油や熱湯、バルサン、殺虫剤・・・ 何が効くの?ムカデを寄せ付けない予防法や、噛まれたらどうするのか?を分かりやすく説明しています!
ゲジゲジの侵入経路8つと、駆除・対策7選!益虫なの?幼虫や毒性<画像>
ゲジゲジ虫の対策と駆除を分かりやすく解説。幼虫や卵、どこから沸いてくるのか?毒性や噛むこともあるのか?益虫なのか?についても分かりやすく説明。
ゲジゲジの種類は2種類!『ゲジゲジみたいな虫』はムカデorヤスデかも!
ゲジゲジ虫の種類の紹介のほか、「ゲジゲジと似てる虫」として勘違いされやすい「ヤスデ」や「ムカデ」の特徴や違いを、画像とともに説明しています。
ヤスデをササッと駆除・対策する8の方法と、「大量発生」する4つの原因!
気持ち悪いヤスデを駆除・退治する8つの方法や、家の中に侵入させないための予防法、なぜヤスデは大量発生するのか?その理由を分かりやすくまとめました。
ヤスデの臭い対策3ポイントと毒性の有無!噛む?刺す?【害虫or益虫?】
ヤスデと言えば「くさい臭い」。この臭いに毒性はあるか?臭い液が付いてしまった場合どうすべきか?噛まれたり刺したりするのか?人間にとって害虫か益虫か?まとめました。
ヤスデの種類は200以上!最大30cm!天敵・幼虫・卵など生態まとめ!【画像】
ヤスデの種類や、世界最大級のヤスデを写真付きでご紹介!また天敵や、卵から孵化・赤ちゃん・子供までのライフサイクル、増える時期などの生態についてもご紹介。
チャドクガ(幼虫・成虫)の発生時期と、安全な駆除・予防対策9選!
チャドクガの成虫と幼虫の生態(大きさや毒など)と、発やすい時期、駆除と予防対策について画像付きで紹介。天敵や木酢液を使った予防方法についても解説。
チャドクガに刺されたら?症状と、すぐ出来る対処法・薬・治療【まとめ】
チャドクガに刺されたらどんな症状が出るの?皮膚炎(かぶれ・湿疹)を画像で紹介。また、とっさに出来る応急処置7ステップを分かりやすくまとめています。
ブヨに効果的な対策5つと、刺された場合の症状・薬・治療を解説します!
ブヨに刺されたら腫れや水ぶくれ、かゆみが出ます。ここでは対処方法やオススメの市販薬、虫除け方法を詳しく解説します。
シバンムシの駆除法6つと予防法7選!幼虫・卵どこから沸くの?
シバンムシの駆除方法6つと予防方法7つを分かりやすく。またシバンムシは何が原因でどこから沸いて来る?卵や幼虫はどう退治する?繁殖の時期・畳への害などを含めて説明しています。
カツオブシムシ(幼虫・成虫・卵)のカンタン駆除対策12選!どこから湧く?
虫食いの原因である「ヒメカツオブシムシ」と「ヒメマルカツオブシムシ」の駆除方法と予防対策を12紹介!幼虫や卵がどんなものか?どこから侵入してくるのか?解説します。
ユスリカの3つの対策・駆除、発生時期、幼虫・成虫の寿命や生態!
【2018年更新版】ユスリカやフユユスリカの対策や駆除方法、発生時期、幼虫・成虫の寿命や生態を分かりやすく解説。その他、蚊取り線香や電撃殺虫機なども紹介します。
ガガンボ(カトンボ)という「でかい蚊」の幼虫や種類、駆除・刺された時の対処
【まとめ】大きい蚊のような虫「ガガンボ」。このガガンボの生態や種類、人を刺すのか?を説明。またオススメの6つの駆除・対策方法もあわせて説明しています!
チャタテムシの徹底カンタン駆除対策9選!幼虫・卵もまとめて撃破!【画像】
チャタテムシをカンタンに駆除する4つの方法と、寄せ付けないための5つの予防対策法をお教えします!また「幼虫・卵」の段階ではどのように駆除すべきか、あわせて解説します。
カマドウマ(便所コオロギ)の駆除対策10選!幼虫や卵、どこから来る?【画像】
トイレに出るコオロギのような虫「カマドウマ」。駆除方法や侵入予防対策、どこから入るのか?幼虫や卵のライフサイクルについて分かりやすく説明します。
カメムシの種類や天敵、寿命、噛むか?飛ぶか?など【生態まとめ】
「屁こき虫」「へっぴり虫」とも呼ばれるカメムシ。カメムシの種類(仲間)や天敵、寿命、冬眠するのか?など生態を分かりやすくまとめました。
カメムシの臭いの消し方7つと成分!自然に消える?ファブリーズは有効?
カメムシの臭い消しに有効な7つの方法と、臭い成分について。例えるとどんな臭いがするか?自然と消えるか?なども解説。
カメムシが大量発生する3つの時期・原因と対策6選!【大雪との関係】
カメムシが大発生する季節や原因、その対策を解説。また大雪や台風などの天災、花粉との関連についても解説。
コガネムシとカナブンの5つの違い!【種類・エサ・見た目・生態まとめ】
カナブンとコガネムシは似ていますが、実は異なる点がたくさん。ここでは見分け方や色の違い、食性、飛び方などを比較しています。
コガネムシ(幼虫・成虫)の5つの駆除・対策!寄り付く原因を解消するには
コガネムシは幼虫・成虫ともに「害虫」です。ここではトラップを含め退治方法や発生する時期・原因についてまとめています。
アブラムシの駆除・対策14選!牛乳や木酢液は効く?【パッと退治する裏技】
厄介なアブラムシを退治する方法、寄せ付けない予防方法をそれぞれ説明します!無農薬で撃退・予防できる方法もありますので、色々組み合わせて試してみましょう!
アブラムシが黒い?5つの種類と生態の違い!卵・成虫・繁殖【完全版】
アブラムシの種類や生態の違い、卵や幼虫について分かりやすく説明しています。また「繁殖力が強い」秘密や、駆除方法についても説明しています。
ダンゴムシの餌・飼い方・生態と駆除方法
ダンゴムシの飼育やエサ、生態(寿命・オスメスの違い・赤ちゃん・幼虫・種類など)を分かりやすく説明!また、害虫ともなるダンゴムシの駆除方法についても説明しています。
フナムシとゴキブリの5つの違い!食べると味ヤバすぎた【感想まとめ】
フナムシとゴキブリの違いを分かりやすく!また、フナムシの料理方法と味、食べた感想をまとめています。その他、噛むのか?害虫なのか?などの生態についても。
トノサマバッタの生態(餌・飼い方・卵・寿命・共食い)【完全版】
トノサマバッタについて、餌や飼い方、産卵のさせ方や卵の保管方法、孵化のさせ方、寿命、共食いの有無を分かりやすく説明しています。トノサマバッタを 飼いたい方は必見!
タガメの生息地と飼育方法!卵を壊す理由や天敵、捕食方法を学ぼう!
タガメの生息地や販売されている値段相場、飼育方法、捕まえ方を分かりやすく説明!またタガメが卵を自ら壊してしてしまう理由や、天敵、捕食の仕方、飛ぶのか?についても説明!
ゲンゴロウの種類は4000?幼虫、飼育と餌、タガメとの違い【まとめ】
ゲンゴロウの種類と生息地、絶滅危惧種なのか?といった内容と、飼育方法(餌や飼育道具)、タガメとの違いを分かりやすくまとめています。【画像あり】
カミキリムシの正しい飼い方と、種類・エサ・幼虫!【画像】
カミキリムシって買える(飼育できる)?!成虫や幼虫の生態って?種類やエサは?カミキリムシについて、わかりやすくまとめてみました。
クマンバチの巣や毒針を解説!刺されたら?駆除やオスメスの生態
クマンバチの生態を分かりやすく説明!毒はあるの?刺された場合の処置はどうする?駆除の方法は?オスメスの見分け方は?分かりやすく解説しています。
カタツムリがグングン育つ飼い方!【餌・寿命・種類・卵なども解説】
カタツムリがスクスクと育つよう正しい飼育方法を説明します!飼育に必要なケースやエサ、飼育時の注意点、産卵や孵化のこと、そして赤ちゃんの育て方まで説明しています。
カタツムリの寄生虫「ロイコクロリディウム」は人間にも寄生?【死亡例も…】
カタツムリに寄生する虫「ロイコクロリディウム」とは?この虫の特徴や生息地域、どうやって人間に寄生するのか?寄生したらどうなるのか?どこよりも分かりやすく説明しています。
サナダムシのダイエットは最悪「死」!寄生症状が怖い…【卵と画像】
サナダムシダイエットって本当に効果あるの?そもそもサナダムシって何・・・?寄生させることでの症状や、寄生される原因、なぜ痩せると言われているのか?解説します。