【動画まとめ】マンホールから大量のゴキブリが湧く!なぜマンホールに?

【動画まとめ】マンホールに大量のゴキブリが!なぜマンホールに?!

こんにちは。
山奥の実家で20年、都心に出てきてからも10年近くゴキブリと戦ってきたアキラです。

 

2006年、そして2012年にネットを騒がせた「マンホールから大量ゴキブリ事件」。

 

なぜあれほどまでにマンホールにゴキブリが潜んでいたのか?

 

理由とともに振返ってみましょう!

スポンサーリンク

 

目次
  • 2006年「京橋マンホールゴキブリ事件」とは?
  • 2012年、再び大阪をゴキブリが襲う!
  • なぜマンホールにゴキブリがいるのか?
  • どこのマンホールにもゴキブリはいるの?
  • 都道府県によってゴキブリの発生頻度は違うのか?

 

 

こちらの記事も人気です!

 

スポンサーリンク

 

京橋マンホールゴキブリ事件

「マンホールには大量のゴキブリがいる」。

 

これを世に知らしめる最初のキッカケとなったのが、大阪 京橋駅の駅員さんの行動。

 

 

はじまりは2006年の駅員のとある行動

大阪の京橋駅と言うと、とても飲み屋が多い場所です。

 

もともと大阪にはゴキブリが多いとされていますが、そんな中マンホールからゴキブリが出てくるところを、駅員が目撃。

 

そして駅員は「駆除してしまおう」とマンホールに大量の殺虫剤を吹きかけた・・・

 

その結果・・・

 

 

 

大量のゴキブリが湧き出てき、あたりは騒然とします。

 

ホウキで叩き潰す人や踏みつける人、逃げ惑う人。

 

業者がマンホールの穴を塞ぎますが、すでに辺りにはゴキブリの死骸が散乱。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

「京橋ゴキブリ駆除オフ会」が開催される

同じく2006年、マンホールから大量のゴキブリが涌き出ることを知ったネット民が、京橋駅に集合。

 

マンホールの穴のうち、一箇所以外を塞ぎ、一つの穴にはビニール袋をかぶせることで袋に捕獲する作成が実行されました。

 

その時の動画がコチラ↓

 

 

 

 

この時はビニール袋に上手く入ったものの、まだ準備もしていないマンホールに対してスプレーを掛ける輩があらわれ、結局周りは地獄絵図に。

 

※「ゴキブリが逃げるように他のマンホールから出てきた」という声もありますが、真偽は不明

 

最終的には企画者(リーダー)が、警察から注意を受けるハメに。

 

「常にゴキブリが歩いている駅」というのも嫌ですが、このような駆除作業はやはりプロが行うべきですね。

 

スポンサーリンク

 

 

2012年、再び大阪をゴキブリが襲う!

 

2006年の事件から6年、再びゴキブリが大阪の街を襲いました。

 

今度は大阪の中心とも言える「難波」。

 

豪雨によりマンホールの水が溢れ、逃げ場を失ったゴキブリが大量に涌き出てきたのです。

 

この時の動画は見つかりませんでした。

 

画像は出回っていますが、2006年の画像がなぜかこの時のものとして拡散しています。

 

 

 

 

そもそもなぜマンホールにゴキブリがいるのか?

 

ゴキブリは

 

  • 暗い場所
  • 狭い隙間
  • 湿度が高くジメジメしている場所
  • 暖かい場所

 

これらの条件が当てはまる場所を好みます。

 

「狭い隙間」以外において、マンホールは見事に当てはまりますね。

 

ゴキブリは「水滴1つで2週間は生き延びられる」と言われるほど生命力が強いため、マンホールはまさに「繁殖にピッタリな場所」なのです。

 

人気の関連ページ!

 

スポンサーリンク

 

 

ではどこのマンホールにも存在するのか?

では「どこのマンホールにも存在するのか?」と言うと、そうでも無いようです。

 

YouTuber達がいくつか動画を撮っていますが、なかなか出てきません。

 

 

【新宿のマンホール】

 

 

【渋谷のマンホール】

 

 

 

ところが、YouTuberが「難波」のマンホールに突撃したところ…

 

【難波のマンホール】

 

 

やはり「難波」は大量に発生・・・。

 

ゴキブリが潜んでいる量に違いがあるのはなぜか・・・?

 

スポンサーリンク

 

 

ゴキブリの発生リスクは都道府県によって違う?

ちなみにですが、ゴキブリの発生しやすい都道府県というのが、駆除業者「マイスタースタジオ」より発表されています。

 

それによると、

 

  1. 東京
  2. 大阪
  3. 京都

 

という順で、「人口が多い都市」に発生数が多い傾向にあるということが分かっているようです。

 

ただし暖かい地域を好むゴキブリは、寒い地域である「北海道」では出没数は少ない傾向に。
(相談件数が少ないとのこと)

 

そもそも北海道では「ゴキブリを見た事がない!」という方もたくさんいらっしゃいます。

 

さて、大阪の「難波・京橋」では大量に発生しているところが確認されていますが、なぜ渋谷・新宿など同じく「ゴキブリが大量にいそうな場所」であまり出てこなかったのか。

 

その点は謎のままです。

 

ちなみにですが、筆者の実家は「山奥の田舎」で人口は少ないですが、ゴキブリはめちゃくちゃ多いです。

 

あくまでも

 

「人口が多い」=「駆除依頼が多い」=「発生頻度が高い」

 

としているだけですので、そのあたりは認識しておかないとダメですね。

 

人気の関連ページ!

 

スポンサーリンク


 

 


ゴキブリ退治・対策の流れを把握する!


駆除・忌避(寄せ付けない)する!


使ってみた!


侵入を予防する!


赤ちゃん・卵・巣


生態を知る!


その他の情報!