ゴキブリの生態まとめ!種類・寿命・冬の生活・共食い!噛むの?菌は?

ゴキブリの生態が丸わかり!
種類・寿命・冬の生活・共食いについて!人間を噛むことはある?菌はあるの?

とにかく嫌われ者の虫、それが「ゴキブリ」です。

 

そんなゴキブリに対して、

 

細菌はあるのかな?噛むのかな?

寿命はどれくらい?種類は?

 

などなど、色んな疑問を持っている方も居るでしょう。

 

このページでは、そんなゴキブリの生態についてどこよりもわかりやすくまとめています。

 

このページを読めば、ゴキブリに関する知識・雑学をバッチリ学ぶことができますよ!

スポンサーリンク

 

目次

 

 

こちらの記事も人気です!

 

 

スポンサーリンク

 

 

ゴキブリの種類と寿命を知ろう!

世界には3000種類以上いると言われているゴキブリですが、日本にも在来種と呼ばれる「元々日本に生息していた種類」があります。

 

現在私たちが見かける種類は、主に

 

  • クロゴキブリ
  • チャバネゴキブリ
  • ヤマトゴキブリ

 

の3種類です。

 

そのうちヤマトゴキブリは日本の在来種のゴキブリです。

 

そしてそれぞれで寿命が異なるので、あわせて説明しましょう!

 

※ゴキブリの画像を紹介していますので、苦手な方はササッとスクロールしてくださいね!

 

 

クロゴキブリ

その名のとおり全身が黒く、ツヤツヤとした光る羽根を持つゴキブリです。

 

他の2種類よりも体が大きく平均3p程度の大きさですが、中には4pを超えるような大きさのものもいます。

 

 

海外から侵入してきた種類であり、日本に限らず世界中でその姿を見ることができます。

 

特に「寒い環境「や「35度以上の暑すぎる環境」に弱いため、北海道よりも関東以南に特に多く見られます。

 

しかし屋内であれば北海道でも生息でき、飲食店などの安定した気温とエサが提供されるような場所では、地域に限らず生息しています。

 

 

クロゴキブリの寿命はどれくらい?

クロゴキブリの寿命は2年程度と言われています。

 

しかしそのうち200日前後(7ヶ月ほど)が成虫の寿命です。

 

クロゴキブリの卵は、孵化するまでに30日程度かかります。

 

そして羽化した後、幼虫として1年〜1年半程度月日を要します。

 

この長い幼虫期間を経て成虫となり、成虫としては7か月程度活動するのです。

 

もし卵を家屋内に生まれてしまうと、200日もクロゴキブリと一緒に生活していることになります。

 

しかし成虫期間は意外と短く、1年も生きない種類なのです。

 

 

 

チャバネゴキブリ

チャバネゴキブリは、体型が小さめで薄い茶色をしています。

 

体型はコオロギに似ており、他のゴキブリよりも丸みがあります。

 

また体と同じかそれよりも長い触覚が目立つ点も、コオロギのような印象を持ちます。

 

 

チャバネゴキブリはアフリカ原産と言われていますが、もはや集中している地域が分からないほど世界中に広がっています。

 

その深刻な影響から、日本でも「侵略的外来生物」に定められています。

 

チャバネゴキブリは、一般的に木造家屋よりもコンクリートなど近代的なビルを好むと言われています。

 

一般家庭でも繁殖することがありますが、それ以上に飲食店や雑居ビルなどに生息することが多い種類です。

 

 

チャバネゴキブリの寿命はどれくらい?

チャバネゴキブリの寿命は90日程度と言われています。

 

卵は適温とされる25度前後の環境で21〜27日程度で孵化し、幼虫となります。

 

そして数回の脱皮を経て50日〜2カ月程度で成虫へと育っていきます。

 

その後の成虫期間はクロゴキブリよりも短く、長くて4か月程度となります。

 

その短い間に産卵を4〜5回行い、繁殖活動を行います。

 

 

 

ヤマトゴキブリ

雑木林に多く生息する、日本固有種のゴキブリです。

 

昔は他の種類のゴキブリよりもヤマトゴキブリの数が多く、家屋にも侵入していました。

 

しかしクロゴキブリが増えるに従って外に追いやられ、現在では主に屋外で生息しています

 

雑木林や森が近い環境では、家屋と林を行き来している場合も多くみられます。

 

ヤマトゴキブリは体長3p程度で、クロゴキブリよりも細身の体形をしています。

 

 

黒みが強い色をしており、羽根の長いオスはクロゴキブリと同様に黒光りしている印象です。

 

しかしメスの個体は羽根が短く、腹部が半分露出しているのが特徴です。

 

また体長と同じくらいの長さ触覚を持っており、敵の存在だけでなく光にもとても敏感に反応します。

 

 

ヤマトゴキブリの寿命はどれくらい?

ヤマトゴキブリは「樹液」を食べて生活できるゴキブリであり、元々は屋外の環境が良いほど長生きする種類でした。

 

しかし近年の山林や木々の減少でヤマトゴキブリの生活環境が悪化し、今では寿命を縮めるまでになっています。

 

そのため現在のヤマトゴキブリの成虫の寿命は3〜5か月と、他の種類のゴキブリよりもやや短くなっています。

 

しかしヤマトゴキブリのメスは、上記の2種とは違って単為生殖が可能です。

 

寿命は短めですがオスと交尾をしなくても卵を産むことができるため、生涯の産卵回数が25回前後とたくさんの数を産むことができます。

 

幼虫期間は4か月から1年ほどと言われています。

 

しかし、実際は9月まで活発に活動し、その後幼虫のまま休眠し越冬するため、翌年の活動期間を含めれば2年前後は幼虫のままでいることになります。

 

成虫になるまでに意外と長く活動を行っている種類なのです。

 

 

 

では続いて、
「ゴキブリって噛むの?細菌やウイルスはいる?」というテーマで説明しましょう!

 

スポンサーリンク

 

ゴキブリは噛むの?細菌やウイルスはいる?

結論から述べると、

 

「ゴキブリは人を噛むことがある」

 

と言えます。

 

ゴキブリは、人間が動いている間は、その動きを敏感に察知し、影や光の動きにでさえ反応して逃げてしまいます。

 

しかしその人間が静止している時は、意外にも身体に上ってくることがあるのです。

 

我々が夜寝ている時などは動かないため、ゴキブリにとっては脅威とはならないようです。

 

そうして人間の体に上ってきたゴキブリは皮膚を噛むことがあります。

 

 

 

なぜ人を噛むの?

これは「噛まないと殺される」という脅威をゴキブリが感じたからではなく、あくまで栄養欲しさに噛みついていると言われています。

 

たとえば

 

  • 水分が欲しい時
  • 脅威とはならない赤ちゃんなどの相手を「栄養源」であると感じた時

 

に迷わず噛んでしまう習性とされています。

 

また、窮地に立たされた時に思いがけず噛みつくとも言われています。

 

 

 

「アゴの力」は強力だから気をつけよう!

この時気を付けたいのは、ゴキブリが持つ大きなアゴの力です。

 

ゴキブリは、自身の体重の50倍の力で噛むことができると、2015年にアメリカの研究チームによって発表されました。

 

これは人間の約5倍の力に相当します。

 

ゴキブリが「アゴの筋線維」を活性化させて噛んでいることが判明したのです。

 

特に固いものであればあるほど筋線維の力を開放し噛み続けます。

 

つまり人間の皮膚も同様に、がっちりとした強い力で噛んでくる可能性があるのです。

 

 

 

もっとも気をつけるべきは、「ウイルス」と「細菌」

噛む力以上に気を付けなくてはならないのは、ゴキブリの持つ細菌やウイルスです。

 

ゴキブリは不衛生な場所に生息しており、そのため自身が感染していなくても、体中に細菌やウイルスを付着させて歩き回っています。

 

噛みつかれれば当然傷口から何らかの細菌やウイルスが侵入し、感染する可能性があります

 

「細菌の種類」や、「噛まれた人の体質」によっては、アレルギーである「アナフィラキシーショック」などを起こす可能性がありますので、充分に気を付けなければなりません。

 

もし噛まれたことに気付いたら、まずは水洗いを十分に行い、消毒処置を行いましょう。

 

こうしたゴキブリによる細菌対策には「ゴキブリが侵入しない環境」を作るのがベストですが、

 

  • 口の周り
  • 髪の毛
  • 布団

 

などに「食べ物のカス」を付着させたまま寝ないようにすることも大切です。

 

ゴキブリに「栄養源」と見なされないように環境を整えましょう。

 

ふんを吸い込まないように注意!

ゴキブリのフンは「ごま」のような大きさですが、ふんにも菌が多いため誤って吸引しないように注意が必要です。

またゴキブリは「ふん」も餌とするため、ふんを見つけた場合はしっかりと掃除しておきましょう。

>>ゴキブリのふんの掃除法と注意点5つ!固さ・量にも注目しよう【画像】

 

 

 

では続いて
「ゴキブリは夜行性なの?昼はあまり出ないのはなぜ?」という点について説明しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

ゴキブリは夜行性なの?昼はあまり出ないのはなぜ?

ゴキブリは基本的には「夜行性の昆虫」です。

 

特に良く活動をする時間帯は

 

  • 日没後
  • 夜明け前

 

だと言われています。

 

駆除しようと近づくと一目散に逃げ出してしまうため、ゴキブリは目が良いと思われがちですが、実は視力はあまり良くありません。

 

視力ではなく触覚で敏感に周囲を感じ取っているため、暗い環境でも問題ないのです。

 

ゴキブリが夜活動するのは、「人間や天敵がいない時間」を狙って行動しているからです。

 

しかし駆除をする際には時間帯を気にする必要はないでしょう。

 

駆除対策を昼間に行っても、「昼と夜とで駆除効果に違いは出ない」とされるからです。

 

ちなみに、「暗いマンホール」から大量発生した事件は有名ですね。

 

>>【動画まとめ】マンホールから大量のゴキブリが湧く… なぜマンホールに?

 

 

 

では続いて
「ゴキブリは冬は活動しないって本当?」という点について説明しましょう!

 

スポンサーリンク

 

ゴキブリは冬は活動しないって本当?

ゴキブリは耐寒性があまりなく、冬場はとても苦手です。

 

しかし苦手だからこそ、温かい時期に活動し、家の中の「暖を取れる場所」を見つけてそこでじっとしています

 

ゴキブリは冬眠することはありませんが、「寒さによって動作が緩慢になり、そのまま越冬する」という状態で過ごしているのです。

 

冬は外での活動をほとんど行わなくなるため、つい「いなくなった」と思いがちですが、実は家屋に潜んでいる場合が多く、夏場よりも我々に近い場所に生息しているのです。

 

 

冬はどのあたりに潜んでる?

ゴキブリは、冬場は「家屋の暖かい場所」にじっとして過ごしています。

 

たとえば

 

  • 電子レンジの奥
  • 冷蔵庫の奥
  • インターフォンパネルの中
  • 天井裏
  • エアコンの室外機の中

 

などが格好の越冬場所となっています。

 

寒さにとても弱い昆虫ではありますが、人間の快適な生活が温かい場所を提供してしまっていますので、容易に越冬してしまうのが現状です。

 

人気の関連ページ!
>>ゴキブリが巣を作る11の場所!どんな形?【駆除と全滅までの流れ!】

 

 

 

卵も越冬する!

また、ゴキブリの卵も越冬します。

 

もし大掃除などの時に成虫ではなく「黒か茶色の丸いカプセル」のようなものを見つけたら、それはゴキブリの卵鞘(らんしょう)です。

 

 

卵鞘の中には十数個もの「ゴキブリの卵」が入っています。

 

殺虫剤や燻煙剤も効かないほどの強固な作りとなっていますので、「一つ一つ確実に捨てる」という物理的な駆除を行う必要があります

 

あわせて読まれています!

 

 

 

秋・冬の退治が非常に大切!

上で説明のとおり、ゴキブリは家の暖かいところで越冬するため、知らない間に卵を産みます。

 

そして暖かくなる春に、一気に目の前に現れるのです。

 

そのため、「秋・冬のゴキブリ駆除が何よりも大切」と言われています。

 

もし涼しい時期にゴキブリが現れた場合、それは多く潜んでいるうちの一匹が、たまたま姿を現しただけの可能性があります。

 

そのため、長年ゴキブリに悩まされてきた私としては、早めの「毒餌の設置」を強くオススメしています。

 

中でも、アース製薬の「ブラックキャップ」もしくは、さらに最強の「ゴキちゃんストップ」の選べば間違いないと思っています。

 

人気の関連ページ!

 

 

 

では続いて
「ゴキブリって共食いするの?」という点について説明しましょう!

 

スポンサーリンク

 

ゴキブリは共食いするのか?!

結論から述べると「共食いします。」

 

ゴキブリの共食いは、「一般的に良く見られる行動」の一つです。

 

自然下ではあまりありませんが、飼育下のような混みあった環境の中では、「食欲旺盛な幼虫」同士が盛んに共食いし合う様子が観察できます。

 

飼育下の幼虫は、成虫よりも同時期に生まれた相手が多く、それゆえに食料を奪い合うストレスが多いため、共食いに走りやすい傾向にあります。

 

しかし共食いは種の保存や存続を行ううえでは効率的なやり方です。

 

病気で弱った個体の遺伝子を後世に残さず、逆にストレスに強い個体を残すことができます。

 

食料や環境に合わせて個体数を調整することは、ゴキブリが長い歴史の中で培ってきた、優秀な遺伝子を残す技術なのかもしれません。

 

人気の関連ページ!
>>ゴキブリの生命力・繁殖力がヤバすぎる!「1匹いたら100匹いる」の真実

 

 

 

 

ゴキブリはチーターの4倍も素早く動ける?!

ゴキブリというと足が速いイメージがありますが、これは足が良く発達しているためです。

 

他の昆虫と比べると関節が安定しており、走り方も4本足のうち3本が常に地面と接しているため、体を安定させたままスピードを出すことができます。

 

このスピードのおかげで、1秒間に体の大きさの50倍もの距離を走ることができます。

 

これはチーターに換算すると、その約4倍という脅威のスピードなのです。

 

加えて、特徴である「長い触覚」や、尾葉と呼ばれる「お尻にある突起」が、周囲の気配を敏感に察知しています。

 

さらに敵の存在を察知すると「逃げよう」という意思決定を脳がすることなく、足の神経に直接命令が伝えられるため反射的に逃げているのです。

 

このため「敵の存在を察知するといち早く逃げ出す」という行動が可能となっています。

 

目は複眼になってはいますがあまり機能していないため、背後などではなく、「ゴキブリの正面」から捕獲したほうが動きが鈍いと言われています。

 

スポンサーリンク

 

 

ゴキブリが飛ぶ理由と条件!

ゴキブリは急に飛ぶことがありますが、「飛びやすい条件」というのもあります。

 

こちらは話が長くなるため、別記事でまとめています。

 

>>ゴキブリが飛ぶ5つの条件!考え得る「飛ぶ理由」3つと対策!【実体験】

 

 

 

 

ゴキブリとフナムシの関係は?

「海のゴキブリ」と呼ばれるフナムシは、海岸に行った際に誰もが一度は目にしているでしょう。

 

近寄ると「ザワザワザワ」と逃げ回るあの姿は、まさにゴキブリにそっくり。

 

そんなフナムシは、なんと食べることも出来てしまいます…

 

では、フナムシとゴキブリの違いはどこにあるのか?また仲間なのか?

 

「フナムシの生態&ゴキブリの違い」を以下のページでまとめました。

 

>>フナムシとゴキブリの5つの違い!食べると味ヤバすぎた【感想まとめ】

 

 

 

 

 

ゴキブリは3億8000年前から変わらない?!

害虫として知らない者はいないゴキブリですが、なんと3億8000万年前から今とほとんど変わらない形をしていたことが分かっています。

 

そのため「昆虫界のシーラカンス」と呼ばれることもあります。

 

人間の歴史が2500万年前から始まったこと、恐竜がいた頃は1億7500万年前であったことを考えれば、私たちよりも遥かに昔から存在していたのです。

 

実際にアメリカ・イリノイ州では、地下深くの石炭層から化石が見つかったこともあります。

 

人気の関連ページ!
>>ゴキブリの生命力・繁殖力がヤバすぎる!「1匹いたら100匹いる」の真実

 

 

 

 

なんで「ゴキブリ」という名前なの?

ゴキブリという名前は、「御器を被る」という言葉からきています。

 

これは「御器=食器」であり、「台所に潜んで食器を被る(かじる)」ことから付けられた和名です。

 

地方によっては

 

  • 「ゴッカブイ」
  • 「クロッツ」

 

などと呼び名が変わりますが、いずれもその名のとおり、「“夜行性で見つからない時間帯” に台所にひそんで、人間の食べ物をかじってしまう」ためについた名前です。

 

そして体の形も平べったく、押しつぶしたような体形をしており、物の下にひそむのには適した形となっています。

 

 

 

 

さいごに!

ゴキブリの生態について、幅広く紹介してみました!

 

上でも説明のとおり、ゴキブリは菌やウイルスを運ぶ害虫なので、家屋に潜んでいると思われる場合は、しっかりと駆除・対策するようにしましょう!

 

生態に関する記事!

 

スポンサーリンク


 

 


ゴキブリ退治・対策の流れを把握する!


駆除・忌避(寄せ付けない)する!


使ってみた!


侵入を予防する!


赤ちゃん・卵・巣


生態を知る!


その他の情報!

 

 

関連ページ

ゴキブリ対策まとめ!30年の経験でわかった【二度と見ない最強駆除】
2018年最新版. 約30年ゴキブリの対策・駆除をしてきた私が、ハーブやアロマ、スプレーなどのグッズからオススメや駆除の流れを実体験に基づき解説!
【ゴキブリ退治】7つの瞬殺方法!熱湯など「身近な物」での殺し方まとめ
【G画像なし】山奥に住んでいた私が、ゴキブリをアッと言う間に瞬殺できる「7つの対処法」を紹介!お湯や洗剤は本当に効果あるのか?説明します。
ゴキブリはどこから来る?7つの侵入経路・原因と、鉄壁の予防対策法!
ゴキブリはどこから入ってくるのか?侵入経路や寄せ付けないための「侵入防止対策」をどこよりも分かりやすく解説!ホウ酸団子や忌避剤は意味があるのか?ゴキブリを寄せ付けない鉄壁の予防対策もご紹介!
ゴキブリの卵が孵化する9つの場所と時期!女子でも出来る駆除法5選!
【2018年更新版】ゴキブリの卵はどこに産み付けられ、どこで孵化するのか?また、何匹生まれるのか?孵化の時期はいつ頃か?卵を見つけた時の処理方法を分かりやすくまとめてみました。
ゴキブリの赤ちゃん(幼虫)が出る7つの原因と、効果抜群な駆除法8選!
ゴキブリの赤ちゃん(子ども)の特徴や大きさ、「飛ぶのか?」などを解説。どこから出るのか?「1匹いると30匹いる」の真実も分かりやすく説明。
ゴキブリが巣を作る11の場所!どんな形?【駆除と全滅までの流れ!】
ゴキブリの巣はどこで作られる?ゴキブリと巣を退治する方法と、全滅させるまでの流れを解説します。
ゴキブリにアロマ(ハーブ・ミント)やファブリーズ、重曹は効くか?【試してみた】
【ゴキブリ画像なし】ゴキブリにはアロマ(ハーブやラベンダー、ミント)、ファブリーズ、重曹などが効くと聞きます。では実際に効いたのか?試してみました。(ゴキブリの画像はありませんのでご安心下さい。)
驚愕!ゴキブリへの「アルコール」が効果絶大だったので報告する!
ゴキブリにアルコールスプレーは効果があるのか?なぜ嫌がるのか?実際に試した結果をモザイク画像と共に報告します!
ゴキブリに洗剤使ったらヤバすぎた!たった1つのコツで「即死」できる!
ゴキブリに洗剤を使ってみた結果、効きやすい洗剤・効きにくい洗剤があった!「死なない」「逃げられた」という方、やり方間違ってません?
ゴキブリを寄せ付けない究極アイテム発見!ハッカや超音波よりスゴイ!
【2018年更新版】ゴキブリを寄せ付けない方法を色々試してみた!ハッカ油や超音波、電磁波、ナツメ・ラベンダーなどのハーブなどなど。その中で「これは効く!」と思えた効果抜群のアイテムが見つかったので紹介する!
ゴキブリの生命力・繁殖力がヤバすぎる!「1匹いたら100匹いる」の真実
ゴキブリは生命力と繁殖スピードが異常に高いため、繁殖させないための対策が必要です。「1匹いたら100匹いる」は本当か?
ゴキブリが飛ぶ5つの条件!考え得る「飛ぶ理由」3つと対策まとめ
ゴキブリは飛びます!しかも頻繁に人に向かって飛んできます… なぜ飛ぶのか?飛ばない種類もあるのか?説明します。
ゴキブリのふんの掃除法と注意点5つ!固さ・量にも注目しよう【画像】
ゴキブリのふんを見つけたらどうすべき?床や壁に付いた場合の処理対策や、潰すとどうなるか?ニオイなどについても説明します。
ゴキブリの「餌・好物」と「嫌いなもの」を知ると徹底的に排除できる
ゴキブリが好きな食べ物、嫌いな食べ物・ニオイをまとめました。餌となるものを排除できると、毒餌の効果も強まるので必ず把握しておきましょう。
ゴキブリを見失った!逃げられた!「寝れない夜」を避ける11の対策!
ゴキブリに逃げられた!どこかに消え た!という場合に考えられる「逃げ込みやすい13の場所」と、眠れない場合の11の対策を紹介。
逆効果?ブラックキャップの効果を6ヶ月ガチ検証したらヤバすぎた!
ゴキブリ対策として最強説のある「ブラックキャップ」の効き目を6ヶ月間ガチ検証しました。屋外でも効果はあるのか?置き場所はどこが良い?有効期間は?すべて解説します。
コンバットの効果5ヶ月検証!ブラックキャップとの強さ比較もしてみた
ゴキブリ駆除薬「コンバット」・「コンバットハンター」を使ってみた結果を公開!ブラックキャップとどちらがオススメか?説明します!
ゴキちゃんストップの効果を7ヶ月検証!置き方のコツ伝授!【口コミ】
ブラックキャップの効果がいまいちだったため、プロ仕様のゴキちゃんストップで検証。結果をレビューします。その他、置き場所・薬局で買えるのか?なども解説。
ゴキブリホイホイをおすすめしない5つの理由!効果検証がヤバすぎた…
ごきぶりホイホイを試行錯誤で長年使ってきた結果から、オススメできない理由を挙げてみます。逆効果か?設置場所は関係あるか?など。
ゴキジェットプロの「効果検証」で判明!オススメできない5つの理由!
【ゴキ画像なし】ゴキジェットプロでは死なない?使って分かったメリット・デメリット、黒(まちうけタイプ)はどうか?実体験から個人的な感想を説明します!
バルサン7種類を使った効果比較がヤバイ…!使い方・放置時間を語る
【2018年】バルサン7種類使用したため、効き目の比較とオススメを紹介。また使用方法や放置時間、効果期間、注意点、掃除のやり方も解説。
バルサンの値段(価格)を7タイプ全サイズで調査!コスパ比較 <2018年>
【2018年版】バルサンやバルサンプロEXなど、全タイプ・サイズのコスパを比較!アースレッドや虫コロリとの比較も!
バルサンを「布団のダニ対策」で使った結果が衝撃的すぎた!【悲報】
バルサンを焚くときに布団にかかって良いの?私はあえてかけてダニ対策を行った経験がありますが、結果がヤバかったのでお伝えしたい。
「ゴキブリを食べると死亡する」の真実!味と害、8つの食べ方まとめ!
ゲテモノ好きが食べる「ゴキブリ」。食べると死ぬという噂は本当か?食用ゴキブリの味や、食べることでの害、調理方法を解説!
【動画まとめ】マンホールから大量のゴキブリが湧く!なぜマンホールに?
京橋駅でマンホールから大量発生したゴキブリ。なぜマンホールにいたのか?どこにでもいるのか?動画とともに解説します。
ダニ退治で本当に効果的な9つの駆除法と、実は効果が薄い9つの対策!
【2018年最新版】ダニ退治で本当に効く駆除方法と、実はあまり効果のない方法を紹介!アイロンやドライヤー、ファブリーズ、アルコールは効くのか?などなど。
ダニ刺されの症状と9つの見極め方!跡の特徴や薬、治らない場合の対処
【2018年最新版】ダニに刺された時の判断方法や症状の特徴を画像で紹介!痒くない場合や、治らない場合の対策、ムヒ等の市販薬について。
【ダニは7種類】大きさ・特徴の違い!赤い虫や、目に見えるのもダニか?
ダニの種類を詳しく解説!大きさや刺され跡、出現する時期の違いなど特徴を説明。肉眼で見えるものや赤い小さな虫についても触れています。
ムカデの生態(種類・つがい・幼虫・卵・天敵・餌)辞典【完全版】
ムカデについてどこよりも分かりやすく解説!種類は多いの?つがい行動するって本当?幼虫はどんなの?噛むことや毒はある?卵はどんなのでどんな場所にうむの?【ムカデがわかる辞典】
ムカデ対策・駆除の方法9選!熱湯やハッカ油で退治?噛まれた時の対処・薬
ムカデの対処方法を9種紹介!ハッカ油や熱湯、バルサン、殺虫剤・・・ 何が効くの?ムカデを寄せ付けない予防法や、噛まれたらどうするのか?を分かりやすく説明しています!
ゲジゲジの侵入経路8つと、駆除・対策7選!益虫なの?幼虫や毒性<画像>
ゲジゲジ虫の対策と駆除を分かりやすく解説。幼虫や卵、どこから沸いてくるのか?毒性や噛むこともあるのか?益虫なのか?についても分かりやすく説明。
ゲジゲジの種類は2種類!『ゲジゲジみたいな虫』はムカデorヤスデかも!
ゲジゲジ虫の種類の紹介のほか、「ゲジゲジと似てる虫」として勘違いされやすい「ヤスデ」や「ムカデ」の特徴や違いを、画像とともに説明しています。
ヤスデをササッと駆除・対策する8の方法と、「大量発生」する4つの原因!
気持ち悪いヤスデを駆除・退治する8つの方法や、家の中に侵入させないための予防法、なぜヤスデは大量発生するのか?その理由を分かりやすくまとめました。
ヤスデの臭い対策3ポイントと毒性の有無!噛む?刺す?【害虫or益虫?】
ヤスデと言えば「くさい臭い」。この臭いに毒性はあるか?臭い液が付いてしまった場合どうすべきか?噛まれたり刺したりするのか?人間にとって害虫か益虫か?まとめました。
ヤスデの種類は200以上!最大30cm!天敵・幼虫・卵など生態まとめ!【画像】
ヤスデの種類や、世界最大級のヤスデを写真付きでご紹介!また天敵や、卵から孵化・赤ちゃん・子供までのライフサイクル、増える時期などの生態についてもご紹介。
チャドクガ(幼虫・成虫)の発生時期と、安全な駆除・予防対策9選!
チャドクガの成虫と幼虫の生態(大きさや毒など)と、発やすい時期、駆除と予防対策について画像付きで紹介。天敵や木酢液を使った予防方法についても解説。
チャドクガに刺されたら?症状と、すぐ出来る対処法・薬・治療【まとめ】
チャドクガに刺されたらどんな症状が出るの?皮膚炎(かぶれ・湿疹)を画像で紹介。また、とっさに出来る応急処置7ステップを分かりやすくまとめています。
ブヨに効果的な対策5つと、刺された場合の症状・薬・治療を解説します!
ブヨに刺されたら腫れや水ぶくれ、かゆみが出ます。ここでは対処方法やオススメの市販薬、虫除け方法を詳しく解説します。
シバンムシの駆除法6つと予防法7選!幼虫・卵どこから沸くの?
シバンムシの駆除方法6つと予防方法7つを分かりやすく。またシバンムシは何が原因でどこから沸いて来る?卵や幼虫はどう退治する?繁殖の時期・畳への害などを含めて説明しています。
カツオブシムシ(幼虫・成虫・卵)のカンタン駆除対策12選!どこから湧く?
虫食いの原因である「ヒメカツオブシムシ」と「ヒメマルカツオブシムシ」の駆除方法と予防対策を12紹介!幼虫や卵がどんなものか?どこから侵入してくるのか?解説します。
ユスリカの3つの対策・駆除、発生時期、幼虫・成虫の寿命や生態!
【2018年更新版】ユスリカやフユユスリカの対策や駆除方法、発生時期、幼虫・成虫の寿命や生態を分かりやすく解説。その他、蚊取り線香や電撃殺虫機なども紹介します。
ガガンボ(カトンボ)という「でかい蚊」の幼虫や種類、駆除・刺された時の対処
【まとめ】大きい蚊のような虫「ガガンボ」。このガガンボの生態や種類、人を刺すのか?を説明。またオススメの6つの駆除・対策方法もあわせて説明しています!
チャタテムシの徹底カンタン駆除対策9選!幼虫・卵もまとめて撃破!【画像】
チャタテムシをカンタンに駆除する4つの方法と、寄せ付けないための5つの予防対策法をお教えします!また「幼虫・卵」の段階ではどのように駆除すべきか、あわせて解説します。
カマドウマ(便所コオロギ)の駆除対策10選!幼虫や卵、どこから来る?【画像】
トイレに出るコオロギのような虫「カマドウマ」。駆除方法や侵入予防対策、どこから入るのか?幼虫や卵のライフサイクルについて分かりやすく説明します。
カメムシの種類や天敵、寿命、噛むか?飛ぶか?など【生態まとめ】
「屁こき虫」「へっぴり虫」とも呼ばれるカメムシ。カメムシの種類(仲間)や天敵、寿命、冬眠するのか?など生態を分かりやすくまとめました。
カメムシの臭いの消し方7つと成分!自然に消える?ファブリーズは有効?
カメムシの臭い消しに有効な7つの方法と、臭い成分について。例えるとどんな臭いがするか?自然と消えるか?なども解説。
カメムシが大量発生する3つの時期・原因と対策6選!【大雪との関係】
カメムシが大発生する季節や原因、その対策を解説。また大雪や台風などの天災、花粉との関連についても解説。
コガネムシとカナブンの5つの違い!【種類・エサ・見た目・生態まとめ】
カナブンとコガネムシは似ていますが、実は異なる点がたくさん。ここでは見分け方や色の違い、食性、飛び方などを比較しています。
コガネムシ(幼虫・成虫)の5つの駆除・対策!寄り付く原因を解消するには
コガネムシは幼虫・成虫ともに「害虫」です。ここではトラップを含め退治方法や発生する時期・原因についてまとめています。
アブラムシの駆除・対策14選!牛乳や木酢液は効く?【パッと退治する裏技】
厄介なアブラムシを退治する方法、寄せ付けない予防方法をそれぞれ説明します!無農薬で撃退・予防できる方法もありますので、色々組み合わせて試してみましょう!
アブラムシが黒い?5つの種類と生態の違い!卵・成虫・繁殖【完全版】
アブラムシの種類や生態の違い、卵や幼虫について分かりやすく説明しています。また「繁殖力が強い」秘密や、駆除方法についても説明しています。
ダンゴムシの餌・飼い方・生態と駆除方法
ダンゴムシの飼育やエサ、生態(寿命・オスメスの違い・赤ちゃん・幼虫・種類など)を分かりやすく説明!また、害虫ともなるダンゴムシの駆除方法についても説明しています。
フナムシとゴキブリの5つの違い!食べると味ヤバすぎた【感想まとめ】
フナムシとゴキブリの違いを分かりやすく!また、フナムシの料理方法と味、食べた感想をまとめています。その他、噛むのか?害虫なのか?などの生態についても。
トノサマバッタの生態(餌・飼い方・卵・寿命・共食い)【完全版】
トノサマバッタについて、餌や飼い方、産卵のさせ方や卵の保管方法、孵化のさせ方、寿命、共食いの有無を分かりやすく説明しています。トノサマバッタを 飼いたい方は必見!
タガメの生息地と飼育方法!卵を壊す理由や天敵、捕食方法を学ぼう!
タガメの生息地や販売されている値段相場、飼育方法、捕まえ方を分かりやすく説明!またタガメが卵を自ら壊してしてしまう理由や、天敵、捕食の仕方、飛ぶのか?についても説明!
ゲンゴロウの種類は4000?幼虫、飼育と餌、タガメとの違い【まとめ】
ゲンゴロウの種類と生息地、絶滅危惧種なのか?といった内容と、飼育方法(餌や飼育道具)、タガメとの違いを分かりやすくまとめています。【画像あり】
カミキリムシの正しい飼い方と、種類・エサ・幼虫!【画像】
カミキリムシって買える(飼育できる)?!成虫や幼虫の生態って?種類やエサは?カミキリムシについて、わかりやすくまとめてみました。
クマンバチの巣や毒針を解説!刺されたら?駆除やオスメスの生態
クマンバチの生態を分かりやすく説明!毒はあるの?刺された場合の処置はどうする?駆除の方法は?オスメスの見分け方は?分かりやすく解説しています。
カタツムリがグングン育つ飼い方!【餌・寿命・種類・卵なども解説】
カタツムリがスクスクと育つよう正しい飼育方法を説明します!飼育に必要なケースやエサ、飼育時の注意点、産卵や孵化のこと、そして赤ちゃんの育て方まで説明しています。
カタツムリの寄生虫「ロイコクロリディウム」は人間にも寄生?【死亡例も…】
カタツムリに寄生する虫「ロイコクロリディウム」とは?この虫の特徴や生息地域、どうやって人間に寄生するのか?寄生したらどうなるのか?どこよりも分かりやすく説明しています。
サナダムシのダイエットは最悪「死」!寄生症状が怖い…【卵と画像】
サナダムシダイエットって本当に効果あるの?そもそもサナダムシって何・・・?寄生させることでの症状や、寄生される原因、なぜ痩せると言われているのか?解説します。