ゴキブリはどこから来る?7つの侵入経路・原因と、鉄壁の予防対策法!

ゴキブリはどこから来る?7つの侵入経路(原因)と、鉄壁の予防対策法!

「人類の敵」と言っても過言ではない「嫌われ虫」、それがゴキブリ。

 

ゴキブリは、いつもどこからともなく涌き出てくる摩訶不思議な生き物。

 

しかし「侵入経路」は必ずあります。

 

このページでは、ゴキブリの「7つの侵入経路」と「その対策」をどこよりも分かりやすく説明していきます!

スポンサーリンク

 

あわせて読まれています!

 

 

ゴキブリは隙があれば入る!7箇所に注意しろ!

では早速、「ゴキブリが侵入してくる経路」「その対策」を一つずつ説明していきます!

 

 

エアコン周り!

侵入経路として見落としがちな「エアコン周り」は、非常に注意すべきポイントです。

 

特に冬場は、暖房を使うことで室外機が電気で温まり、暖房内の隙間が越冬場所になってしまうのです。

 

そして動かさない時は排水ホースから、ゴキブリが登って侵入します。

 

 

また、ホースを「室内に通す穴」に詰めている、パテの隙間から侵入する場合があるのです。

 

↓ココのこと!

 

この3点から、
「エアコンの周囲」は油断ならない侵入経路・越冬場所として注意が必要です。

 

 

「エアコンからの侵入」への対策は?

エアコンからの侵入は、以上のとおり

 

  1. 「室外機」への侵入防止
  2. 「排水ホース」からの侵入防止
  3. 「ホース穴」からの侵入防止

 

の3つの観点で対応が必要です。

 

 

1.「室外機」への侵入防止!

「エアコンの室外機」は冬の環境では暖かく、ゴキブリの越冬場所になりやすくなります。

 

エアコンを使用しない時は、中に入り込まれないように透明なごみ袋をかぶせて覆ってしまいましょう

 

被せ方は自由ですが、ゴキブリは5ミリの隙間でも入り込むので、ゴミ袋の入り口になるべく隙間が出来ないようにしっかりとテープで止めておきましょう。

 

下の画像は「新品購入時」の袋の様子ですが、こんな風に全体をピタッと覆います

 

 

 

また、室外機は壁に寄せすぎず、いつも掃除をしてゴミを溜めないようにしておきます。

 

さらに一戸建てでは「景観を損ねる」という理由で、「オシャレな木製の室外機カバー」を取り付けている場合があります。

 

確かに見た目は良くなりますが、外から室外機が見えないということは、ゴキブリにとっては好都合です。

 

対策を行うなら一度外して風通しを良くしましょう

 

 

2.「排水ホース」からの侵入防止!

エアコンの不使用時は、排水ホースからも侵入される可能性があります。

 

ホースの先端が開いている場合は、「メッシュの布」や「ストッキング」をかぶせてガードしておきましょう。

 

以下の様に、スーパーで売られている「オクラの袋」でも対応できます。

 

 

 

また、きちんとした対策をするのなら「ドレンキャップ」という商品も売られています。

 

 

この対策では、ゴキブリだけでなくゴミや小さな虫の侵入も防げて便利です。

 

 

3.「ホース穴」からの侵入予防!

ホース穴を塞ぐパテは、経年変化で固くなり、隙間が空いてしまいます

 

ホームセンターなどで防水パテを入手し、室内からも屋外からもパテを詰めておきましょう。

 

 

なお、「パテの中に入り込んでゴキブリが巣を作った」例もありますので、隙間なく詰めてください。

 

この対策は、劣化する前に定期的に行いましょう。

 

スポンサーリンク

 

「換気口や換気扇」に気をつけろ!

お風呂やトイレの「換気口」は、ゴキブリが侵入する常套手段です。

 

換気口は家の外側についています。

 

 

天井の換気扇の「表面面のゴミ」は掃除はしていても、「ゴキブリの侵入経路として、家の外側を意識する」ことはないかもしれません。

 

しかしゴキブリは壁や天井もふつうに登りますので、高さに関係なくガードしなくてはなりません

 

外に繋がる換気口のすべてに対策を施しましょう。

 

 

「排気口からの侵入」への対策は?

ほこりの掃除だけでなく、換気口フィルターをつけて、換気口を丸ごと塞いでしまいましょう。

 

 

汚れもガードできて一石二鳥です。

 

コバエ対策にもなりますので、簡単に害虫全般を防ぐことができます。

 

ただし「目詰まり」を起こさないように、定期的に交換しましょう。

 

なお、「ゴキブリを侵入させない」という目的だけであれば、もう少し目の粗いもので覆っても良いでしょう。

 

 

 

 

「排水口」に気をつけろ!

3つ目の侵入経路は「排水口」です。

 

家の中には色々な場所に排水口があります。

 

ゴキブリはキッチンを始め、お風呂場、洗濯機など、様々な排水口から侵入してきます。

 

特にキッチンは食べ物を置いておく場所ですから、対策は絶対となります。

 

 

「排水口からの侵入」への対策は?

まずは、キッチンのシンク下や洗面所の下に入っている「排水パイプ」を確認し、隙間が空いていればパテで埋めてしまいましょう。

 

ゴキブリは排水パイプの中だけでなく、排水パイプの外側を伝って入ってくる場合もあります。

 

 

他にも、いつもジメジメしたお風呂場も侵入しやすい場所となります。

 

新しいユニットバスであっても「排水口の目の粗さ」が心配な場合は、侵入対策が施された市販のフタを購入しましょう。

 

↓このくらい粗いと、小さなゴキブリは侵入できてしまう

 

この場合は、フィルターネット(髪の毛や石鹸カス掃除グッズ)を使用するのも効果的です。

 

 

 

なお、体から出た「垢」や「石けんカス」は、ゴキブリのエサとなります。

 

こまめに掃除をして、ゴキブリのエサ場とならないように清潔にしておきましょう。

 

その他集合住宅では、ベランダにつながる排水口からゴキブリが侵入する場合があります。

 

そのため、排水口に網をするなどの対策が必要です。

 

↓ の画像のように、ネットで覆ったうえで、石などを周りに敷き詰められると最強です。

 

 

 

なお、パイプを伝ってベランダに侵入したゴキブリは、戸や網戸の隙間から簡単に部屋に侵入してきます

 

あるいはエアコンのホースを登って来るかもしれません。

 

必ず対策を施したいところですが、賃貸住宅では勝手に「完全に塞いでしまう」ことはできません。

 

定期的に殺虫剤を撒いたりトラップを仕掛けるなどして、「雨どい・パイプ」からの侵入を阻止しましょう。

 

スポンサーリンク

 

「出入り口」からの侵入に注意!

玄関や窓、網戸の隙間など、「人間と同じ経路」で侵入する場合も多いので注意が必要です。

 

ゴキブリは、部屋の掃除中などに開け放っていた窓や玄関から堂々と侵入します。

 

隙間であっても、5mm程度であれば簡単に侵入されてしまうのです。

 

玄関や窓は「見ているから大丈夫」と思って油断してしまいがちですが、大きい分侵入には困らない場所なのです。

 

 

「出入り口からの侵入」への対策は?

戸口や窓には、必ず網戸をしておくようにしましょう。

 

網戸をしていても「わずかな隙間」があれば侵入されますので、破れがあればテープなどを張ってしっかり直しましょう。

 

 

 

また古い窓や玄関の扉は「サッシ用の隙間テープ」を活用すると便利です。

 

古いアパートなどでは玄関を閉めていても、わずかな隙間から侵入される場合が多々あるからです。

 

 

 

さらに「郵便物を差し込むタイプの郵便ポスト」が玄関扉についている場合は、郵便物の隙間からゴキブリが侵入する場合があります。

 

郵便物を溜めないようにし、どうしても隙間ができて心配な場合は、ドアのポストを完全にふさぎ、別にポストを用意して設置するようにしましょう。

 

 

 

 

床下点検口・通風孔

床下点検口とは、洗面所などの床にある「床下を覗くための扉」です。

 

点検口は「床下収納」のような四角い形をしています。

 

 

誰でも簡単に開けることができますが、そのままにしている家庭も少なくありません。

 

また通風孔は、家の外壁の地面に近い場所に空いている四角い穴が一般的です。

 

 

小動物が入り込まないよう簡単に柵がしてありますが、ゴキブリは5ミリの隙間でも通ってしまうため、対策が必要となります。

 

 

「床下点検口・通風孔からの侵入」への対策は?

床下点検口は床下と室内が扉一枚で接しているため、ゴキブリが侵入しやすい状況です。

 

業者などに任せると、床下に薬剤を撒くこともあります。

 

まずは寄せ付けない対策として、点検口を開けてすぐの床下に毒エサを置きましょう。

 

 

 

 

ちなみに「毒エサがある」からといって、ゴキブリが外部からぞくぞくと集まってくることはありませんのでご安心下さい。

 

また同時に、外部から床下に侵入する時に通る「通風孔」を塞いでおきましょう

 

通風孔は目の細かい金網で塞ぐだけで、風通しを損なわずに対策ができます。

 

 

ネズミやノラ猫、他の昆虫も入らなくなりますので、このままつけっぱなしにしておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

物に付着して侵入する!

ゴキブリはまれに人間のバッグや服にくっついて家屋に侵入することがあります。

 

恐ろしいことに、外出先で「食品が入ったバッグの中」や「服のすそ」に忍び込み、人間にくっついて家の中に入り込む場合もあるのです。

 

その他にも、観葉植物や段ボールについてくる場合もあります

 

段ボールはその隙間に卵を産まれているケースもありますし、一度侵入すると「そこを本拠地とする習性」もありますので、きちんとチェックするべきです。

 

 

「物への付着での侵入」への対策は?

一番の基本は、帰宅時に靴や服のすそを外でしっかり払ってから家に入るようにすることです。

 

また外出先でバッグの中に侵入されないよう、普段から整理整頓して食品はなるべく入れないようにしてください。

 

たとえば会社のロッカーに侵入し、そこからバッグに入り込む場合もあります。

 

このことから、外部に荷物を置いている場合は、その周辺の対策も必要となります。

 

段ボールに関しては、宅配便で届くものやスーパーなどでもらってきたものは、使わない時にこまめに処分するのが一番です。

 

「すでにダンボール内に卵を産まれている可能性」を考慮してのことです。

 

また植物に関しては、「部屋の中に置かない」のが一番とされますが、それではインテリアに乏しい部屋になってしまいます。

 

もし部屋に置く場合は、土ではなく「素焼きのソイル」や「ハイドロボール」を使用すると良いでしょう。

 

 

 

またエアプランツなどの「土を使わないもの」を選ぶのも効果的です。

 

エアプランツとは?

土から栄養を吸収するのではなく、雨や空気中の水分を吸収して成長する植物。

 

 

ちなみに、「外に置いていた植木鉢」を家の中に持ち込む場合は特に注意してください。植木鉢の中に卵を産まれている可能性があります。

 

これはゴキブリに限ったことではありませんので、植物専用の殺虫剤を水やりの時に薄めて与えるようにし、土の中にいる虫を殺しましょう。

 

 

さらに新たに植物を植える場合は、ゴキブリが嫌いな「ハーブ」を一緒に植えて育てると、対策にもなります

 

あわせて読まれています!
>>ゴキブリの卵が孵化する8つの場所と時期!女子でも出来る「卵の駆除法」4選!

 

 

 

「キッチン台と、床・壁の隙間」に気をつけろ!

これは「すでに家の中にゴキブリが侵入してしまった場合の対策」となります。

 

キッチン台の多くは、「外部で作ったキッチン台」をキッチンに置いているだけという構造です。

 

そのため、すでにゴキブリがキッチンに入り込んでいれば、「壁・床」と「キッチン台」の間に隙間があることで、入り込んで巣を作られてしまうのです。

 

 

 

「キッチン台まわりの隙間」への対策は?

キッチン台周りの床は、人が良く立つ場所であるため負担がかかり、老朽化すると床がだんだんとへこんできます。

 

床がへこんでくるとシンクとの隙間ができやすくなり、シンクの下にゴキブリがもぐって住処にしてしまうのです。

 

シンクと壁や床との隙間は、ホームセンターで販売されているコーキング剤で埋めて、上からマスキングテープを張って完全にふさいでしまうのがベストです。

 

 

水やゴミも入りにくくなり、シンクの裏が知らず知らずに汚れることもありません。

 

汚れは「ゴキブリのエサ」にもなりますので、しっかりと塞ぎましょう。

 


 

さいごに!

ゴキブリの侵入経路(原因)をまとめてみました。

 

これらを塞ぐことにより、「外から入ってくるゴキブリ」のほとんどは食い止められます。

 

また、侵入経路がある程度把握できていれば、そこからの侵入を極力阻止することも可能です。

 

>>ゴキブリを寄せ付けない究極アイテム発見!ハッカや超音波より効果抜群!

 

 

もしすでに家に入ってしまっている場合は、『ゴキブリ退治の<瞬殺方法7選!>洗剤・熱湯・アルコールでの殺し方は正しいのか?』で紹介している内容で、正しく素早く対処しましょう!

 



 

あわせてお読み下さい!

 

▼お役に立ちましたら、シェアして頂けますと嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ゴキブリ退治<7つの瞬殺方法>!洗剤・熱湯・アルコールでの殺し方は正しいのか?
最近まで山奥に住んでいた私が、ゴキブリをアッと言う間に瞬殺できる「7つの対処法」を紹介します!「いなくなった!」と不安な夜を過ごしているあなた、見つけたらすぐに退治するのが大切ですよ。お湯や洗剤は本当に効果あるのか?説明します。
ゴキブリの卵が孵化する8つの場所と時期!女子でも出来る駆除法4選!
【2018年更新版】ゴキブリの卵はどこに産み付けられ、どこで孵化するのか?また、何匹生まれるのか?孵化の時期はいつ頃か?卵を見つけた時の処理方法を分かりやすくまとめてみました。
ゴキブリの赤ちゃん(幼虫)はどこから出る?「一匹いたら百匹いる」の真実とは
【2018年更新版】ゴキブリの赤ちゃん(子ども)の特徴や大きさ、「飛ぶのか?」などについて説明します。また、どこからわきでてくるのか?考えられる7つのルートと対策を、どこよりも分かりやすく解説!
ゴキブリにアロマ(ハーブ・ミント)やファブリーズ、重曹は効くか?【試してみた】
【ゴキブリ画像なし】ゴキブリにはアロマ(ハーブやラベンダー、ミント)、ファブリーズ、重曹などが効くと聞きます。では実際に効いたのか?試してみました。(ゴキブリの画像はありませんのでご安心下さい。)
ゴキブリの生態が丸わかり!種類・寿命・冬の生活・共食い!噛むの?菌は?
【どこよりも分かりやすく説明!】ゴキブリの生態について、、種類や寿命、冬はどこに潜んでいるのか?夜行性なのか?を説明!人間を噛むの?ウイルス・細菌感染の危険性の有無は?
ゴキブリを寄せ付けない究極アイテム発見!ハッカや超音波よりスゴイ!
【2018年更新版】ゴキブリを寄せ付けない方法を色々試してみた!ハッカ油や超音波、電磁波、ナツメ・ラベンダーなどのハーブなどなど。その中で「これは効く!」と思えた効果抜群のアイテムが見つかったので紹介する!
ムカデの生態(種類・つがい・幼虫・卵・天敵・餌)辞典【完全版】
ムカデについてどこよりも分かりやすく解説!種類は多いの?つがい行動するって本当?幼虫はどんなの?噛むことや毒はある?卵はどんなのでどんな場所にうむの?【ムカデがわかる辞典】
ムカデ対策・駆除の方法9選!熱湯やハッカ油で退治?噛まれた時の対処・薬
ムカデの対処方法を9種紹介!ハッカ油や熱湯、バルサン、殺虫剤・・・ 何が効くの?ムカデを寄せ付けない予防法や、噛まれたらどうするのか?を分かりやすく説明しています!
ゲジゲジ虫の対策・駆除6選!益虫なの?幼虫や毒性、噛むことはあるの?
ゲジゲジ虫の対策と駆除を分かりやすく解説しています!また、幼虫や卵、どこから沸いてくるのか?毒性や噛むこともあるのか?についても分かりやすく説明しています。
シバンムシの駆除法6つと予防法7選!幼虫・卵どこから沸くの?
シバンムシの駆除方法6つと予防方法7つを分かりやすく。またシバンムシは何が原因でどこから沸いて来る?卵や幼虫はどう退治する?繁殖の時期・畳への害などを含めて説明しています。
ダンゴムシの餌・飼い方・生態と駆除方法
ダンゴムシの飼育やエサ、生態(寿命・オスメスの違い・赤ちゃん・幼虫・種類など)を分かりやすく説明!また、害虫ともなるダンゴムシの駆除方法についても説明しています。
トノサマバッタの生態(餌・飼い方・卵・寿命・共食い)【完全版】
トノサマバッタについて、餌や飼い方、産卵のさせ方や卵の保管方法、孵化のさせ方、寿命、共食いの有無を分かりやすく説明しています。トノサマバッタを 飼いたい方は必見!
カミキリムシの正しい飼い方と、種類・エサ・幼虫!【画像】
カミキリムシって買える(飼育できる)?!成虫や幼虫の生態って?種類やエサは?カミキリムシについて、わかりやすくまとめてみました。
クマンバチの巣や毒針を解説!刺されたら?駆除やオスメスの生態
クマンバチの生態を分かりやすく説明!毒はあるの?刺された場合の処置はどうする?駆除の方法は?オスメスの見分け方は?分かりやすく解説しています。
カタツムリがグングン育つ飼い方!【餌・寿命・種類・卵なども解説】
カタツムリがスクスクと育つよう正しい飼育方法を説明します!飼育に必要なケースやエサ、飼育時の注意点、産卵や孵化のこと、そして赤ちゃんの育て方まで説明しています。
カタツムリの寄生虫「ロイコクロリディウム」は人間にも寄生!【死亡例も…】
カタツムリに寄生する虫「ロイコクロリディウム」とは?この虫の特徴や生息地域、どうやって人間に寄生するのか?寄生したらどうなるのか?どこよりも分かりやすく説明しています。