ゴキちゃんストップの効果を7ヶ月検証!置き方のコツ伝授!【口コミ】

ゴキちゃんストップの効果を7ヶ月検証!置き方のコツ伝授!【口コミ】

 

「ゴキブリの画像」はありませんので、安心して読み進めて頂ければと思います。

 

こんにちは。
山奥の実家で20年、都心に出てきてからも10年近くゴキブリと戦ってきたアキラです。

 

「ゴキブリは、一匹たりとも我が家には侵入させまい!!」

 

その気持ちから、本気の駆除対策として「プロ仕様の駆除薬」であるゴキちゃんストップを購入。

 

2017年4〜10月の7ヶ月間置いてみたので、このページではその「検証結果」をお伝えしていきます。

 

なお、我が家では「ブラックキャップ」を半年間置いてみた経験もありますが、評価は70点としています。

 

>>ブラックキャップの効果検証6ヶ月!置き場所や有効期限【逆効果か?最強か?】

 

 

今回は「上記記事の続き」であり、「ゴキブリへのリベンジ」でもあります。

 

目次
  • 結論から述べると…!
  • ゴキちゃんストップの成分と特徴!
  • いつ設置すれば「最大の効果」を引き出せるのか?
  • 置き場所はヶ所!12個すべてをセッティング!
  • 半年経った結果は?

 

 

クリックすると公式サイトへ移動します

 

 

結論から述べると…!

「結果だけ知りたい」という方も中にはいらっしゃると思いますので、まずは結論から述べます。

 

私が実際に使用してみた限りでは、ブラックキャップよりゴキちゃんストップの方がかなり強力でした。

 

ブラックキャップに関しては、

 

  • 大きなゴキブリの食いつきがイマイチ

    ⇒生き残りがチロチロ歩いている…

  • 「隣人のベランダ」からのゴキブリを阻止できなかった

    ⇒隣のベランダの巣は壊滅できなかった

 

という欠点がありました。

 

ブラックキャップも総じてみると悪くありませんでしたが、ゴキちゃんストップは「業務用駆除薬」というだけあり、本当にゴッソリとゴキブリがいなくなりました。

 

また、ブラックキャップとの比較だけでなく、

 

  • バルサン
  • ゴキブリホイホイ

 

など一通りの駆除方法を行ってきましたが、その「強さ」「効率の良さ」は圧倒的だと実感しています。

 

関連ページ!

 

 

そのため「なかなか駆除できない・・・」とお悩みの方には、個人的にはかなりオススメです。

 

 

公式HP:ゴキちゃんストップ

 

 

 

 

ゴキちゃんストップの成分・特徴!

正直な話、「成分なんて、効果があればどうでも良い」というのが本音ですが、「薬への食いつき」にも関わる部分なので、一応説明しておきましょう。

 

 

主成分は?

主成分は「ホウ酸」ですが、特筆すべきはホウ酸含有量40%という「プロ仕様ならではの薬剤含有量」です。

 

ホウ酸が40%以上含まれていれば、ホウ酸を食べたゴキブリだけでなく、

 

  • お腹に抱えている卵
  • 「ホウ酸を食べたゴキブリ」の死骸を食べたゴキブリ
  • 「ホウ酸を食べたゴキブリ」のフンを食べたゴキブリ

 

を一網打尽に出来ると言われており、いわゆる「連鎖駆除」が出来ます。

 

「一般市販の駆除薬」では有り得ない高含有量なので、その点はもっとも大きな強みと言えます。

 

 

 

ほかの成分について

 

ほかの成分として、

 

  • 小麦粉
  • タマネギ
  • 色素緑201号

 

が含まれています。

 

連鎖駆除薬は「食わせることに意味がある」ので、「食いつきを良し悪し」は非常に大切です。

 

タマネギはゴキブリの大好物

 

ブラックキャップも「タマネギのようなニオイ」がしましたが、ゴキちゃんストップでもやはりタマネギを含有させています。

 

ちなみに「実際の食いつきは?」と言うと…

 

 

 

結果を半分言ってしまうようなものですが、しっかりと全体的に噛み付いてくれています。

 

ブラックキャップと比べても、食いつきはかなり良いと言えるでしょう。

 

 

 

ゴキちゃんストップの特徴は?

大きな特徴としては、
「薬剤が露出している点」でしょう。

 

 

 

露出のメリットは?

ブラックキャップと比べても、ケースが無い分「食いつき」が良かったです。

 

上でも述べたとおり「連鎖駆除薬は食わせることに意味がある」ので、露出タイプはその点において大きなメリットです。

 

露出のデメリットは?

しっかりと薬剤が含まれているため、直接触ってはいけません。

 


※触るときはビニール手袋かティッシュで持ちましょう

 

したがって、ペットや赤ちゃんがいるご家庭では「手の触れられない場所」でのみ、ゴキちゃんストップを使用しましょう。

 

また濡れると効果が落ちるため、ベランダに雨が入り込みやすいご家庭では、ベランダでの使用はオススメできません。

 

※我が家はベランダが奥深く一切濡れないため、ベランダにも設置しています

 

 

その他、薄さが2〜3mmほどしかありませんので、「ブラックキャップ」が入らないような隙間にも、スッキリと設置できます。

 

この点も大きなメリットと言えますね。

 

なお壁に貼り付ける場合は、付属の両面テープを裏に張ればOKです。

 

 

 

 

クリックすると公式サイトへ移動します

 

 

 

いつ設置すれば「最大の効果」を引き出せるか?

これは「ブラックキャップの検証記事」でも説明していますが、ゴキブリが活発に動きだす前に設置するのがベストです。

 

もちろん活発になってからでも遅くはありません。

 

 

 

ゴキブリが活動する時期は?

ゴキブリの最盛期は、あなたも目にする事が多いであろう「7〜8月」の暑い時期です。

 

しかし、一般的に「発生(目に見える所での行動)し始める時期」としては、暖かくなり始めた4月頃からです。

 

 

 

持続効果を計算すると、3月の下旬あたりがベスト

ゴキちゃんストップの有効期限は、以下のとおり約6ヶ月です。

 

 

つまり、

 

「暖かくなりはじめる3月下旬」に設置し、6ヶ月後の「涼しくなってくる9月下旬」に撤去する

 

というのがベストだと考えられます。

 

3月中に設置しておけばまず問題ないでしょう。

 

ただしこれは「ゴキブリを目にして嫌な思いをしないために早めに置こう」というお話であって、ゴキブリを見かけてから「対策」として設置しても全く遅くありません

 

なお家の中に入り込んでいる場合、冬であってもゴキブリは家の中の「特に暖かい場所」でひっそりと活動している可能性があります。

 

特に暖かい場所

  1. 電子レンジの裏
  2. 冷蔵庫の奥
  3. エアコンの室外機の中
  4. 天井裏
  5. 配電盤(ブレーカー)の中
  6. etc...

 

そのため「涼しい・寒い時期」に見かけた場合は、上記のような場所には設置し続けた方が良いです。

 

「秋〜冬の対策が翌年の繁殖を抑える」という言葉がありますが、我が家ではずっと「冬の対策」を行っていなかったことが、大繁殖していた要因のひとつでした。

 

この点はご注意下さい。

 

 

 

 

置き場所はどこがベストか?

置き場所は、「ゴキブリの通り道と思われる場所」に置くのがベストです。

 

もし「通り道と思われる場所」が一切分からない場合は、以下の場所に設置しましょう。

 

以下は「ブラックキャップ」に推奨されている場所ですが、これはゴキちゃんストップでも同様のことが言えます。

 

※設置する際は角や壁に沿って置きましょう
(ゴキブリは壁に沿って歩く習性があるため)

 

 

【室内の場合】

 

 

【屋外の場合】

 

 

 

私が実際に置いた12枚の場所

私の場合、もともと「隣人のベランダから入ってきてるだろう」と推測はできていましたが、ブラックキャップを置いた時には、検証も兼ねて色々な場所に設置しました。

 

しかし結果は、やはり「ベランダ」に設置したものと、巣を作ってるであろう「冷蔵庫」の横に設置したものの食いつきが良く、玄関などでは全く食べられていませんでした。

 

その結果から、今回は以下のように設置しました。

 

※屋内は手薄に、ベランダに重点的に置くことを考え、12枚入りを購入

 

 

 

隣ベランダとの境界

我が家のゴキブリの原因は、「ベランダの汚いお隣さん」からの侵入です。

 

つまり「隣ベランダのゴキブリを全滅させる」ことが、我が家の平和に繋がるため、ここは多く設置しています。

 

また、ブラックキャップを置いたときに実証された「ゴキブリは触覚を壁に当てて端を歩く習性がある」という点を踏まえ、両サイドに特に重点的に設置しました。

 

 

 

【ブラックキャップでの失敗】

 

 

 

植木鉢の横

同じく「ベランダに置いている植木鉢」の横も、前回結構食いついていたため、設置しました。

 

「角」という概念がありませんが、とりあえず鉢の近くにおいています。

 

 

 

 

室外機の上・横・下

同じく「室外機の周り」も、前回結構食いついていたため、設置しました。

 

 

 

 

玄関(屋内)

ここは恐らく侵入経路ではないですが、夏場はたまに玄関を開放するため、念のため設置しました。

 

 

 

 

キッチンの入り口

我が家は、ベランダからキッチン、そして冷蔵庫までがほぼほぼ直進で行けるため、冷蔵庫下(裏)にゴキブリの巣を作られていました。

 

そしてやはり、「前回の食いつき」で「キッチンの入り口が巣までの経路になっている」ことが判明していたため、今回も設置。

 

 

 

 

冷蔵庫の横

冷蔵庫周りは、我が家で一番「ゴキブリの巣が作られやすい場所」だと考えられるため、念のために設置。

 

※ゴキちゃんストップが薄く、暗い場所で写らないため写真は省略

 

 

 

以上、6箇所に計12枚を設置しました!

 

 

クリックすると公式サイトへ移動します

 

 

 

結果はどうなったか?

4月に設置しましたが10月の終わりごろに撤去しました。
(約7ヶ月間の検証です)

 

その結果は?と言うと…

 

 

食べられた場所!
  • 隣人との境目(両端)
  • 植木鉢の横
  • 室外機の下

 

 

食べられなかった場所!
  • 室外機の上と横
  • キッチンの入り口
  • 冷蔵庫の横
  • 玄関

 

 

おおよそ予測どおりでした。

 

実際食べられると、緑の部分がハゲて白っぽくなります。

 

 

 

 

 

隣人のベランダのゴキブリが消えた…

今回の目的は、

 

  • ブラックキャップでは食いつきの悪かった「巨大G」もガッツリ退治すること
  • 我が家の中だけでなく「隣から来るゴキブリも根こそぎ退治する」こと

 

の2点でした。

 

特に後者の「隣人からのゴキブリ」はなかなか厄介。

 

 

 

 

近所の間で「気まずい関係」になりたくないため、やんわりと指摘はしていましたが、一向にキレイにならない(するつもりが無い)ため、我が家側で対策を始めました。

 

そして、ゴキちゃんストップによって無事その目的は果たされました

 

もともと「ブラックキャップの何がダメだったか?」と言うと、家の中のゴキブリの巣は壊滅出来ていたものの、隣人との境目に置いたブラックキャップを食べていたにも関わらず、なぜか「隣人の汚いベランダ」では相変らずゴキブリが生きており、我が家にたまに侵入していた点にあります。

 

さらには壁に卵鞘(卵がたくさん入ったカプセル状のもの)を産み付けられることもありました…。

 

 

 

しかし今回、なんと「汚いお隣さんのベランダ」には、ゴキブリの死体があるものの、パッと見た感じではカサカサと動くものはいませんでした。

 

また、我がベランダに入ってくるものも0匹!

 

さらに「ブラックキャップ」の時には、設置後も定期的に部屋で目にしていた「巨大ゴキブリ」も、今年は目にしませんでした。

 

引越してきて8年間、「ゴキブリを一切見ない夏」ははじめての経験でしたので、これには驚きました。

 

「ブラックキャップもそこそこの効果はある」と思っていましたが、やはり「プロが実際に使っている」という点では大きな違いがあると実感。

 

ブラックキャップよりはやや値段は張るものの、「卵・赤ちゃん・成虫」その全てをゴッソリと駆除したいのであれば、最初から本気で駆除した方が良いと思いました。

 

 

 

 

逆効果にはなっていない!

「逆にゴキブリが寄ってくるのでは?」と懸念する方がいますが、ゴキブリは「15cmの範囲しか検知できない」と言われています。

 

そのため、「本来近くにいなかったゴキブリまでおびき寄せる」ということはありません。

 

また、仮にそれがあったとしても、食べてくれれば芋づる式にほかのゴキブリも駆除できるため、結果的にはプラスになります。

 

 

クリックすると公式サイトへ移動します

 

 

 

結論としては・・・!

色々な駆除方法や侵入対策を行ってきましたが、もっとも露骨に効果が見られました。

 

「ゴキブリは1匹いると30匹居る」というのはあながち嘘ではない※ため、隠れているであろう「赤ちゃん・卵」も根こそぎ駆除すべきです。

 

※一つの卵から30匹ほど生まれますし、産卵後10日ほどで次の産卵が出来るため

 

ちなみに家に住み着きやすい「クロゴキブリ」は、一生で最大500匹の赤ちゃんを産みます。

 

侵入対策も必要ですが、家にいるゴキブリと卵を一旦すべてリセット(駆除)するという意味では、「強力な戦力」になってくれることは間違いでしょう。

 

特に私の肌感覚では、「ブラックキャップ」では巨大Gが食いついてくれない可能性があります。

 

そのため「しつこいゴキブリ」にお悩みの方には、ぜひ一度お試し頂きたいと思える商品です。

 

なお、以前は楽天で購入可能だったようですが、今は以下の通り「楽天・アマゾン」のようなサイトでは買えません。

 

 

【楽天の検索結果】※クリックで拡大

 

 

【アマゾンの検索結果】※クリックで拡大

 

 

ご購入の際は、公式HPよりお買い求め下さい。


なお11月や12月に入ってゴキブリが現れた場合、そのゴキブリは「暖かい家の中」で隠れて越冬し、卵を産み落とす可能性が高いです。


目にする回数が減ったとしても、ゴキブリは冬眠しない生物なので、暖かい場所で繁殖活動を続けているのです。


そのため「秋〜冬の対策が翌年のゴキブリを防ぐ」と言われるのですが、逆に対策をしていなければ翌年は一気に増える可能性があります


11月以降は寒い日が増え、行動範囲が狭くなるため、外から侵入してくることは極めて少なくなります。


そのため、今回見かけたゴキブリは「寒い屋外から侵入してきた」のではなく、「ジッと隠れ潜んでいるうちの一匹が姿を見せただけ」の可能性が圧倒的に高いです。


これから一段と寒くなると、さらに行動範囲が狭まり姿を見せなくなってしまうため、退治が極めて難しくなります


つまり見かけた場合は、逆に「全滅させるチャンス」とも言えるのです。


もし12月以降に一匹でも見かけた場合は、他にも隠れ潜んでいる可能性が非常に高く、「翌年の大繁殖」に繋がってしまうため早めに設置しておきましょう。



公式HP:ゴキちゃんストップ

 

 

 

 

頂いた感想の紹介!

この記事をご覧になった方より、「検証記事が参考になりました」というメールを何通も頂いております。

 

こうしたメールは励みになります。ありがとうございます。

 

一部の方から掲載の了承を頂けましたので、ご参考までに紹介させて頂きます。

 

 

メール@


※クリックで拡大できます

 

 

メールA


※クリックで拡大できます

 

 

メールB


※クリックで拡大できます

 

 

 

ほかにもたくさんメールを頂いておりますが、「本当に良かったです!」「参考になりましたー!」という短文が多いため、また購入時の参考になりそうなものがありましたら掲載いたします。

 

ご連絡頂きました皆さん、ありがとうございました。

 

クリックすると公式サイトへ移動します

 

 

以上、この記事が一人でも参考になれば幸いです。