ゴキブリホイホイをおすすめしない5つの理由!効果検証がヤバすぎた…

ゴキブリホイホイをおすすめしない5つの理由!効果検証がヤバすぎた…

 

「ゴキブリの画像」は載せておりませんので、安心して読み進めて頂ければと思います。

 

こんにちは。
山奥の実家で20年、都心に出てきてからも10年近くゴキブリと戦ってきたアキラです。

 

ロングセラーとなっており、誰しも一度は名前を聞いたことのある「ゴキブリホイホイ」。

 

筆者もつい何年か前までは、効果検証をかねて頻繁に使っていました。

 

「ヤバイ」という言葉は良い意味でも悪い意味でも使われますが、この商品に関して言うと「悪い意味でヤバイ」と、個人的には思いました。

 

ここで説明している様々な理由から使うのを止め、今はブラックキャップゴキちゃんストップしか使っていません。

 

このページでは、ゴキブリホイホイを使わなくなった理由、そして代わりとして有効なオススメ商品を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

 

 

こちらの記事も人気です!

 

スポンサーリンク

 

 

ゴキブリホイホイをオススメしない5つの理由!

最近は色々な駆除薬が販売されていますが、昔は「ゴキブリと言えば、とりあえずゴキブリホイホイ」と言えるくらい、一般的に使われていました。

 

もちろん未だに使っているご家庭も多いでしょう。

 

しかし筆者としては、長年の経験からゴキブリホイホイはおすすめしません。

 

と言うことで、まずは「オススメしない5つの理由」を説明します。

 

 

 

ゴキブリの姿を見る必要がある!

筆者としては結構慣れましたが、妹はよく「ギャーギャー」と叫んでいました。

 

ゴキブリホイホイでは、引っ掛かったゴキブリを間近で見ることになります

 

天井部分には「つまみ」がついているので、もちろんゴキブリには一切触れずに捨てることは出来ます。

 

 

ただし「不気味に触覚を動かしているゴキブリ」を近くで見るのは、男である私でも未だにゾワゾワします。

 

また、2つ目の理由として説明しますが、生きているゴキブリはまれに脱走しますので、持ち上げようとした振動で逃げ出したときは、さすがに「ヤバいッ!」と投げ捨ててしまいました…

 

 

 

 

粘着効果がいまいち持続しない!

これはもともとゴキブリホイホイのパッケージにも書かれていることですが、約半年ほど持続効果のある「駆除薬」が多い中、ゴキブリホイホイの粘着力は弱まるのがやや早く感じます。

 

以下は、ゴキブリホイホイの裏面の説明です。

 

 

そう、「十分効果がある」というのは1ヶ月ほどなのです。

 

ゴキブリホイホイは、一度設置したらしばらく放置している方も多いと思いますが、案外「粘着力」は弱まってくる印象です。

 

その証拠に、上でも説明のとおり「ごきぶりホイホイを持ち上げる振動」によって、なぜかゴキブリが粘着面から生還し、ババッと逃げ出したことがあります。

 

 

 

この時はさすがに、男の私でも

 

「ヤバイヤバイヤバイ!ヤバすぎぃ!」

 

と叫んだのを覚えています。

 

ちなみにですが、ゴキブリは絶食状態でも2〜3週間は生き延びられますし、一滴の水でも1ヵ月生き延びられると言います。

 

実際、3ヶ月ほど置いたゴキブリホイホイに、3匹の生きたゴキブリが引っ掛かっていたこともあります。(設置後、どのタイミングで引っ掛かったのかは分かりませんが)

 

ゴキブリホイホイの持続期間を考えると、このゴキブリすべてが何らかの形で逃げ出していた可能性も0では無いと思っています。

 

粘着力が、半永久的に強力であればもう少し評価出来るかもしれません。

 

ゴキブリが逃げ出すと、「ヤバイ」としか言えないガチな極限状態に追い込まれます。要注意。

 

スポンサーリンク

 

 

卵を産み落とされていた!

これもかなり印象に残っている映像です…

 

ゴキブリホイホイを設置しているにも関わらず、ある日を境に「ゴキブリの赤ちゃん」を大量に見るようになりました。

 

ゴキブリの赤ちゃんは「集団行動する習性」があるため、ぞろぞろと動いている姿をみて、「これはゴキブリの赤ちゃんだな」と一瞬で分かりました。

 

「あれ、もしかして…」と思い、冷蔵庫を動かしゴキブリホイホイを見てみると、「ゴキブリホイホイに上半身をつっこんだままひっかかったゴキブリ」が、まさに卵鞘(らんしょう)を産み落としているところを発見しました。

 

【ゴキブリの卵鞘】

 

 

ゴキブリは「卵鞘」という、「中に卵がたくさん入ったカプセル状のもの」を産み落とすのですが、そのポイントがまた絶妙な場所でした。

 

 

 

 

幸いこの卵鞘からはまだ孵化しておらず、目にした多くの赤ちゃんは、違う卵鞘から生まれたものだと思います。

 

しかし、もしこの卵鞘から孵化していたら「ヤバイ状況」が広がっていたのは確実でしょう…

 

ゴキブリホイホイでは産卵・孵化を止めることは出来ないので、「捕まえる効果しかない」のはでは、根本解決にならないと思いました。

 

 

 

 

赤ちゃんには効かない?

「ゴキブリの幼虫(赤ちゃん)にはいまいち効果がない」という口コミを見たことがありますが、まさに同じことを感じました。

 

Bで説明のとおり、ゴキブリホイホイを設置している時にも、大量の赤ちゃんを発見しています。

 

しかしゴキブリホイホイには引っ掛かっておらず、平然と家の中を歩き回っていました。

 

赤ちゃんには、付属している誘導剤が効かないのか、もしくは粘着面を上手くスルーできる力があるのか分かりませんが、確かに引っ掛からないイメージがあります。

 

 

 

 

根本的な「駆除」には繋がらない!

オススメしない最大の理由がコレです。

 

そう、ゴキブリホイホイは「捕獲はするが駆除には繋がらない」ので、これでは「家の中からゴキブリがいなくならないのでは?」と常々思っていました。

 

この後、「代わりに置くべきオススメの商品」で説明しますが、今は連鎖駆除させるような餌トラップが売られています。

 

実際にこれらを使うことで、家の中で全くゴキブリを見なくなった(壊滅させた)のは事実であり、ゴキブリホイホイで地道に「捕獲」していた努力のが嘘のように感じられます。

 

Bでも説明しましたが、捕獲しただけでは卵を産み落とされる可能性がありますし、その卵から孵化すると、結局別の場所で巣を作られる可能性もあります。

 

事実、筆者の実家では何年もの間ゴキブリホイホイを設置していましたが、設置場所を試行錯誤しても、結局ゴキブリを目にする頻度が減ることはありませんでした。

 

なぜなら「効率的にゴキブリを減らすためのトラップ」では無いからです。

 

スポンサーリンク

 

 

捕獲効果はあるのか?逆効果にもなるのか?

ここまでの説明のとおり、「駆除する効果はない」ためオススメはしていませんが、では「捕獲する効果」としてはどうなのか?

 

また、「逆効果になり得るのか?」という点についても触れていきましょう。

 

 

「捕獲する効果」としてはどうか?

ゴキブリホイホイの本来の目的は「捕獲」なので、その点でみれば悪くないと筆者は感じます。

 

ただし、ゴキブリホイホイは「何ヶ所に設置して終わり」という簡単な物では無いと思います。

 

ゴキブリには、各々「お気に入りの通り道」があるのか、それとも「危険察知能力」に違いがあのか分かりませんが、引っ掛かるゴキブリと、引っ掛からないゴキブリがいます。

 

そのため、「ゴキブリが巣を作っているであろう場所」に設置しても、引っ掛かるものもいれば、引っ掛からないものもいるのです。

 

筆者の家では、何度も色んな場所に置き換えて検証してみましたが、最終的には「置き換え」が面倒で、「設置数を増やす」という方法を取っていました。

 

結果的にコスパが悪くなりますし、いくら取ってもきりがなく出没したため、「代わりに置くべき商品」へと切替ました。

 

ちなみに、他社の安い「ゴキブリホイホイみたいな商品」と比べると、捕獲する能力は高いと感じます。

 

 

 

逆効果にもなり得るのか?

ゴキブリホイホイには、ゴキブリの好む誘導剤が付いているため、「この誘導剤によって外部から余計にゴキブリが集まるのでは?」という懸念の声があります。

 

では実際のところはどうなのか?

 

筆者は2013年頃までゴキブリホイホイを使っていましたが、その頃に「アース製薬のお客様窓口」に問い合わせたことがあります。

 

私:
ゴキブリホイホイを置くことによって、逆にゴキブリが集まることは無いですか?

 

担当の方:
家の中のゴキブリは誘導できるが、外からおびき寄せるほどの力はありません。

 

とのことでした。

 

追記(2018年7月):
再度問い合わせてみましたが、同じ回答でした。

 

 

実際、設置後に「減った」と強く実感したこともありませんが、「増えた」と思ったこともありません。

 

よって、問い合わせた内容や、実際に使った経験からも「逆効果になることはない」と言えます

 

ちなみにですが、ゴキブリだけでなく、

 

  • ムカデ
  • クモ
  • ダニ
  • ゲジゲジ

 

などもキャッチすることがあり、これが「逆効果」なのか「良い効果」なのかは、何とも言えないところです…。

 

ゴキブリが踏むスペースが無くなる(デメリット)とも言えますし、それらの死骸を食べにゴキブリが来る(メリット)とも言えますね。

スポンサーリンク

 

 

代わりにおくべきオススメ商品2選!

筆者は「山奥の実家」、そして「汚部屋の隣人がいる家」で暮らしてきたため、不運にも「ゴキブリに悩まされる人生」を送ってきました。

 

ゴキブリホイホイなどで地道にゴキブリと戦っていましたが、「知ってればもっと早く悩みから開放されたのに」と思える2つのアイテムを紹介します。

 

 

ブラックキャップ

 

ゴキブリホイホイと同じく「アース製薬」から販売されている、「連鎖駆除型の毒餌」です。

 

「連鎖駆除薬」とは、毒餌を食べたゴキブリだけでなく、

 

  • 「そのゴキブリのふん」を食べたゴキブリ
  • 「そのゴキブリの死骸」を食べたゴキブリ
  • 「そのゴキブリが抱えていた卵」

 

までを全て連鎖的に駆除できるお薬です。

 

「最強」と言われるだけあり、ゴキブリの食いつきも良く、家中のゴキブリを「ほぼほぼ壊滅」出来た優れもの

 

 

丸っこいシルエットであり、目に見えるところに置いていても違和感がなく、効果も半年続くのでコスパが良いです。

 

半年間設置して検証していますので、以下の記事もあわせてご確認下さい。

 

良い意味でヤバイ商品です。

 

>>ブラックキャップの効果検証6ヶ月!置き場所や有効期限【逆効果or最強?】

 

 

 

 

 

ゴキちゃんストップ

 

よりオススメなのが、ブラックキャップの「強力版」とも言えるこのアイテム。

 

「プロのゴキブリ駆除業者」が実際に使っている、最強の駆除薬です。

 

ブラックキャップでは駆除しきれなかったベランダ周りのゴキブリも、ゴッソリと一掃してくれた、まさに「我が家の救世主」です。

 

筆者の家では、「隣人のベランダ」にゴキブリがウジャウジャいることから、毎年3月あたりから部屋へ侵入されます。

 

そのため、上で紹介した「ブラックキャップ」を、過去にベランダを中心に色々とセッティングしています。

 


※とにかく隣人との境目には大量に設置していました

 

設置した後の詳しい結果などは『 ブラックキャップの効果検証6ヶ月! 』で説明しておりますが、結論を言うと、「家の中のゴキブリ」には効果があったが、「隣人のベランダのゴキブリ」までは駆除出来なかったのです。

 

そのため、夏を通して何度も横の家から侵入されました。

 

また定期的に巨大ゴキブリが姿を現すため、個人的には「巨大ゴキブリのブラックキャップへの食いつきはやや微妙」という印象。

 

そこで翌年に、このゴキちゃんストップを使ってみました。

 

以前は、真ん中の物ははほとんど食べられなかったため…

 

 

 

「触覚を壁に触れさせながら端を歩く習性」を逆手にとり、端に固めました。

 

 

 

その結果、ゴキブリの活動期である4月〜10月の間、一度もゴキブリを目にしませんでした。

 

 

薬剤が露出していることから、全体的に齧られており、「食いつきの良さ」が分かります。

 

「ゴキちゃんストップ」もブラックキャップと同様に “連鎖駆除タイプ” の駆除薬であり、卵も赤ちゃんも「根こそぎ絶滅させる」ことを目的としています

 

しかし、ゴキちゃんストップは一般市販品では有り得ない「ホウ酸濃度40%」のプロ業者用なので、効果が圧倒的に高いです。

 

夏を通して「一度もゴキブリを目にしない」というのは過去に無いため、この効果には驚きました。

 

ちなみに、山奥の実家でも設置してもらったところ、これまた効果抜群で一切目の前に現れることがなくなりました。

 

一軒家・マンション関わらず、しっかりと成果を挙げてくれています。

 

もし「ゴキブリホイホイ」を置いてみようかな?と思っている方や、「ゴキブリホイホイでいまいち捕獲できないんだよな」とお悩みの方には、ぜひ一度お使い頂きたい駆除薬です。

 

ちなみに、以前は楽天で購入可能だったようですが、今は以下の通り「楽天・アマゾン」のようなサイトでは買えません。

 

【楽天での検索結果】※クリックで拡大

 

 

【アマゾンでの検索結果】※クリックで拡大

 

 

そのため、ご購入の際は公式HPよりお買い求め下さい。

 

クリックすると公式サイトへ移動します

 

 

人気の関連ページ!
>>ゴキちゃんストップの効果を7ヶ月検証!置き方のコツ伝授!【口コミ】

 

スポンサーリンク

 

 

捕獲より駆除を目指すべき理由!

すでに説明のとおり、ゴキブリホイホイは「捕獲するためのアイテム」であり、「ゴキブリの数を効率的に減らせるアイテム」ではありません

 

「ゴキブリは1匹いれば30匹いる」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、これはあながち間違っていません。

 

なぜなら、種類にもよりますがゴキブリは1回の産卵で20〜50匹の卵を生みます

 

また産卵してから2〜3週間で、次の産卵が出来るのです。

 

「ゴキブリホイホイをオススメしない理由」の中でも説明しましたが、ゴキブリホイホイのすぐそばで卵鞘を産み落とされていることもありました。

 

そのため、個人的にはのん気に「捕まえてやる!」なんて言っている場合ではなく、積極的に「駆除していく」ことが何よりも大切だと思っています。

 

山奥の実家では長年「ゴキブリホイホイによる捕獲」を続けてきましたが、何の根本解決にもなりませんでした。

 

もっと早くこれらを知っていれば、苦労しなかったと思います。

 

見かけた場合は、早めに設置しておくことをオススメします。

 

 

 

 

さいごに!

「ゴキブリホイホイをオススメしない理由」と「代わりに置くべきアイテム」を紹介しました!

 

連鎖駆除薬は半年効果が持続するので、3月末に設置すれば9月末まで「ゴキブリを目にしない生活」を送れます。

 

もちろんピークとなる6〜8月に設置しても、全く遅くありませんよ。

 

「ゴキブリホイホイ」を検討されている方には、ゴキブリが増えてしまう前に、積極的な駆除をオススメします。

 

■参考リンク
公式HP:ゴキちゃんストップ

 

 


 

 


ゴキブリ退治・対策の流れを把握する!


駆除・忌避(寄せ付けない)する!


使ってみた!


侵入を予防する!


赤ちゃん・卵・巣


生態を知る!


その他の情報!

 

 

関連ページ

ゴキブリ対策まとめ!30年の経験でわかった【二度と見ない最強駆除】
2018年最新版. 約30年ゴキブリの対策・駆除をしてきた私が、ハーブやアロマ、スプレーなどのグッズからオススメや駆除の流れを実体験に基づき解説!
【ゴキブリ退治】7つの瞬殺方法!熱湯など「身近な物」での殺し方まとめ
【G画像なし】山奥に住んでいた私が、ゴキブリをアッと言う間に瞬殺できる「7つの対処法」を紹介!お湯や洗剤は本当に効果あるのか?説明します。
ゴキブリはどこから来る?7つの侵入経路・原因と、鉄壁の予防対策法!
ゴキブリはどこから入ってくるのか?侵入経路や寄せ付けないための「侵入防止対策」をどこよりも分かりやすく解説!ホウ酸団子や忌避剤は意味があるのか?ゴキブリを寄せ付けない鉄壁の予防対策もご紹介!
ゴキブリの卵が孵化する9つの場所と時期!女子でも出来る駆除法5選!
【2018年更新版】ゴキブリの卵はどこに産み付けられ、どこで孵化するのか?また、何匹生まれるのか?孵化の時期はいつ頃か?卵を見つけた時の処理方法を分かりやすくまとめてみました。
ゴキブリの赤ちゃん(幼虫)が出る7つの原因と、効果抜群な駆除法8選!
ゴキブリの赤ちゃん(子ども)の特徴や大きさ、「飛ぶのか?」などを解説。どこから出るのか?「1匹いると30匹いる」の真実も分かりやすく説明。
ゴキブリが巣を作る11の場所!どんな形?【駆除と全滅までの流れ!】
ゴキブリの巣はどこで作られる?ゴキブリと巣を退治する方法と、全滅させるまでの流れを解説します。
ゴキブリにアロマ(ハーブ・ミント)やファブリーズ、重曹は効くか?【試してみた】
【ゴキブリ画像なし】ゴキブリにはアロマ(ハーブやラベンダー、ミント)、ファブリーズ、重曹などが効くと聞きます。では実際に効いたのか?試してみました。(ゴキブリの画像はありませんのでご安心下さい。)
ゴキブリへの「アルコール」が効果絶大だったので報告する!【驚愕】
ゴキブリにアルコールスプレーは効果があるのか?なぜ嫌がるのか?実際に試した結果をモザイク画像と共に報告します!
ゴキブリに洗剤使ったらヤバすぎた!たった1つのコツで「即死」できる!
ゴキブリに洗剤を使ってみた結果、効きやすい洗剤・効きにくい洗剤があった!「死なない」「逃げられた」という方、やり方間違ってません?
ゴキブリを寄せ付けない究極アイテム発見!ハッカや超音波よりスゴイ!
【2018年更新版】ゴキブリを寄せ付けない方法を色々試してみた!ハッカ油や超音波、電磁波、ナツメ・ラベンダーなどのハーブなどなど。その中で「これは効く!」と思えた効果抜群のアイテムが見つかったので紹介する!
ゴキブリの生態まとめ!種類・寿命・冬の生活・共食い!噛むの?菌は?
【どこよりも分かりやすく説明!】ゴキブリの生態について、、種類や寿命、冬はどこに潜んでいるのか?夜行性なのか?を説明!人間を噛むの?ウイルス・細菌感染の危険性の有無は?
ゴキブリの生命力・繁殖力がヤバすぎる!「1匹いたら100匹いる」の真実
ゴキブリは生命力と繁殖スピードが異常に高いため、繁殖させないための対策が必要です。「1匹いたら100匹いる」は本当か?
ゴキブリが飛ぶ5つの条件!考え得る「飛ぶ理由」3つと対策!【実体験】
ゴキブリは飛びます!しかも頻繁に人に向かって飛んできます… なぜ飛ぶのか?飛ばない種類もあるのか?説明します。
ゴキブリのふんの掃除法と注意点5つ!固さ・量にも注目しよう【画像】
ゴキブリのふんを見つけたらどうすべき?床や壁に付いた場合の処理対策や、潰すとどうなるか?ニオイなどについても説明します。
ゴキブリの「餌・好物」と「嫌いなもの」を知ると徹底的に排除できる
ゴキブリが好きな食べ物、嫌いな食べ物・ニオイをまとめました。餌となるものを排除できると、毒餌の効果も強まるので必ず把握しておきましょう。
ゴキブリを見失った!逃げられた!「寝れない夜」を避ける11の対策!
ゴキブリに逃げられた!どこかに消え た!という場合に考えられる「逃げ込みやすい13の場所」と、眠れない場合の11の対策を紹介。
逆効果?ブラックキャップの効果を6ヶ月ガチ検証したらヤバすぎた!
ゴキブリ対策として最強説のある「ブラックキャップ」の効き目を6ヶ月間ガチ検証しました。屋外でも効果はあるのか?置き場所はどこが良い?有効期間は?すべて解説します。
コンバットの効果5ヶ月検証!ブラックキャップとの強さ比較もしてみた
ゴキブリ駆除薬「コンバット」・「コンバットハンター」を使ってみた結果を公開!ブラックキャップとどちらがオススメか?説明します!
ゴキちゃんストップの効果を7ヶ月検証!置き方のコツ伝授!【口コミ】
ブラックキャップの効果がいまいちだったため、プロ仕様のゴキちゃんストップで検証。結果をレビューします。その他、置き場所・薬局で買えるのか?なども解説。
ゴキジェットプロの「効果検証」で判明!オススメできない5つの理由!
【ゴキ画像なし】ゴキジェットプロでは死なない?使って分かったメリット・デメリット、黒(まちうけタイプ)はどうか?すべて解説します!
バルサン7種類を使った効果比較がヤバイ…!使い方・放置時間を語る
【2018年】バルサン7種類使用したため、効き目の比較とオススメを紹介。また使用方法や放置時間、効果期間、注意点、掃除のやり方も解説。
バルサンの値段(価格)を7タイプ全サイズで調査!コスパ比較 <2018年>
【2018年版】バルサンやバルサンプロEXなど、全タイプ・サイズのコスパを比較!アースレッドや虫コロリとの比較も!
バルサンを「布団のダニ対策」で使った結果が衝撃的すぎた!【悲報】
バルサンを焚くときに布団にかかって良いの?私はあえてかけてダニ対策を行った経験がありますが、結果がヤバかったのでお伝えしたい。
「ゴキブリを食べると死亡する」の真実!味と害、8つの食べ方まとめ!
ゲテモノ好きが食べる「ゴキブリ」。食べると死ぬという噂は本当か?食用ゴキブリの味や、食べることでの害、調理方法を解説!
【動画まとめ】マンホールから大量のゴキブリが湧く… なぜマンホールに?
京橋駅でマンホールから大量発生したゴキブリ。なぜマンホールにいたのか?どこにでもいるのか?動画とともに解説します。
ムカデの生態(種類・つがい・幼虫・卵・天敵・餌)辞典【完全版】
ムカデについてどこよりも分かりやすく解説!種類は多いの?つがい行動するって本当?幼虫はどんなの?噛むことや毒はある?卵はどんなのでどんな場所にうむの?【ムカデがわかる辞典】
ムカデ対策・駆除の方法9選!熱湯やハッカ油で退治?噛まれた時の対処・薬
ムカデの対処方法を9種紹介!ハッカ油や熱湯、バルサン、殺虫剤・・・ 何が効くの?ムカデを寄せ付けない予防法や、噛まれたらどうするのか?を分かりやすく説明しています!
ゲジゲジの対策・駆除7選!益虫なの?噛むの?幼虫と毒性【画像】
ゲジゲジ虫の対策と駆除を分かりやすく解説。幼虫や卵、どこから沸いてくるのか?毒性や噛むこともあるのか?益虫なのか?についても分かりやすく説明。
ゲジゲジの種類は2種類!『ゲジゲジみたいな虫』はムカデorヤスデかも!
ゲジゲジ虫の種類の紹介のほか、「ゲジゲジと似てる虫」として勘違いされやすい「ヤスデ」や「ムカデ」の特徴や違いを、画像とともに説明しています。
ヤスデをササッと駆除・対策する8の方法と、「大量発生」する4つの原因!
気持ち悪いヤスデを駆除・退治する8つの方法や、家の中に侵入させないための予防法、なぜヤスデは大量発生するのか?その理由を分かりやすくまとめました。
ヤスデの臭い対策3ポイントと毒性の有無!噛む?刺す?【害虫or益虫?】
ヤスデと言えば「くさい臭い」。この臭いに毒性はあるか?臭い液が付いてしまった場合どうすべきか?噛まれたり刺したりするのか?人間にとって害虫か益虫か?まとめました。
ヤスデの種類は200以上!最大30cm!天敵・幼虫・卵など生態まとめ!【画像】
ヤスデの種類や、世界最大級のヤスデを写真付きでご紹介!また天敵や、卵から孵化・赤ちゃん・子供までのライフサイクル、増える時期などの生態についてもご紹介。
チャドクガ(幼虫・成虫)の発生時期と、安全な駆除・予防対策9選!
チャドクガの成虫と幼虫の生態(大きさや毒など)と、発やすい時期、駆除と予防対策について画像付きで紹介。天敵や木酢液を使った予防方法についても解説。
チャドクガに刺されたら?症状と、すぐ出来る対処法・薬・治療【まとめ】
チャドクガに刺されたらどんな症状が出るの?皮膚炎(かぶれ・湿疹)を画像で紹介。また、とっさに出来る応急処置7ステップを分かりやすくまとめています。
ブヨに効果的な対策5つと、刺された場合の症状・薬・治療を解説します!
ブヨに刺されたら腫れや水ぶくれ、かゆみが出ます。ここでは対処方法やオススメの市販薬、虫除け方法を詳しく解説します。
シバンムシの駆除法6つと予防法7選!幼虫・卵どこから沸くの?
シバンムシの駆除方法6つと予防方法7つを分かりやすく。またシバンムシは何が原因でどこから沸いて来る?卵や幼虫はどう退治する?繁殖の時期・畳への害などを含めて説明しています。
カツオブシムシ(幼虫・成虫・卵)のカンタン駆除対策12選!どこから湧く?
虫食いの原因である「ヒメカツオブシムシ」と「ヒメマルカツオブシムシ」の駆除方法と予防対策を12紹介!幼虫や卵がどんなものか?どこから侵入してくるのか?解説します。
ユスリカの3つの対策・駆除、発生時期、幼虫・成虫の寿命や生態!
【2018年更新版】ユスリカやフユユスリカの対策や駆除方法、発生時期、幼虫・成虫の寿命や生態を分かりやすく解説。その他、蚊取り線香や電撃殺虫機なども紹介します。
ガガンボ(カトンボ)という「でかい蚊」の幼虫や種類、駆除・刺された時の対処
【まとめ】大きい蚊のような虫「ガガンボ」。このガガンボの生態や種類、人を刺すのか?を説明。またオススメの6つの駆除・対策方法もあわせて説明しています!
チャタテムシの徹底カンタン駆除対策9選!幼虫・卵もまとめて撃破!【画像】
チャタテムシをカンタンに駆除する4つの方法と、寄せ付けないための5つの予防対策法をお教えします!また「幼虫・卵」の段階ではどのように駆除すべきか、あわせて解説します。
カマドウマ(便所コオロギ)の駆除対策10選!幼虫や卵、どこから来る?【画像】
トイレに出るコオロギのような虫「カマドウマ」。駆除方法や侵入予防対策、どこから入るのか?幼虫や卵のライフサイクルについて分かりやすく説明します。
カメムシの種類や天敵、寿命、噛むか?飛ぶか?など【生態まとめ】
「屁こき虫」「へっぴり虫」とも呼ばれるカメムシ。カメムシの種類(仲間)や天敵、寿命、冬眠するのか?など生態を分かりやすくまとめました。
カメムシの臭いの消し方7つと成分!自然に消える?ファブリーズは有効?
カメムシの臭い消しに有効な7つの方法と、臭い成分について。例えるとどんな臭いがするか?自然と消えるか?なども解説。
カメムシが大量発生する3つの時期・原因と対策6選!【大雪との関係】
カメムシが大発生する季節や原因、その対策を解説。また大雪や台風などの天災、花粉との関連についても解説。
コガネムシとカナブンの5つの違い!【種類・エサ・見た目・生態まとめ】
カナブンとコガネムシは似ていますが、実は異なる点がたくさん。ここでは見分け方や色の違い、食性、飛び方などを比較しています。
コガネムシ(幼虫・成虫)の5つの駆除・対策!寄り付く原因を解消するには
コガネムシは幼虫・成虫ともに「害虫」です。ここではトラップを含め退治方法や発生する時期・原因についてまとめています。
アブラムシの駆除・対策14選!牛乳や木酢液は効く?【パッと退治する裏技】
厄介なアブラムシを退治する方法、寄せ付けない予防方法をそれぞれ説明します!無農薬で撃退・予防できる方法もありますので、色々組み合わせて試してみましょう!
アブラムシが黒い?5つの種類と生態の違い!卵・成虫・繁殖【完全版】
アブラムシの種類や生態の違い、卵や幼虫について分かりやすく説明しています。また「繁殖力が強い」秘密や、駆除方法についても説明しています。
ダンゴムシの餌・飼い方・生態と駆除方法
ダンゴムシの飼育やエサ、生態(寿命・オスメスの違い・赤ちゃん・幼虫・種類など)を分かりやすく説明!また、害虫ともなるダンゴムシの駆除方法についても説明しています。
フナムシとゴキブリの5つの違い!食べるとどんな味…?【生態まとめ】
フナムシとゴキブリの違いを分かりやすく!また、フナムシの料理方法と味、食べた感想をまとめています。その他、噛むのか?害虫なのか?などの生態についても。
トノサマバッタの生態(餌・飼い方・卵・寿命・共食い)【完全版】
トノサマバッタについて、餌や飼い方、産卵のさせ方や卵の保管方法、孵化のさせ方、寿命、共食いの有無を分かりやすく説明しています。トノサマバッタを 飼いたい方は必見!
タガメの生息地と飼育方法!卵を壊す理由や天敵、捕食方法を学ぼう!
タガメの生息地や販売されている値段相場、飼育方法、捕まえ方を分かりやすく説明!またタガメが卵を自ら壊してしてしまう理由や、天敵、捕食の仕方、飛ぶのか?についても説明!
ゲンゴロウの種類は4000?幼虫、飼育と餌、タガメとの違い【まとめ】
ゲンゴロウの種類と生息地、絶滅危惧種なのか?といった内容と、飼育方法(餌や飼育道具)、タガメとの違いを分かりやすくまとめています。【画像あり】
カミキリムシの正しい飼い方と、種類・エサ・幼虫!【画像】
カミキリムシって買える(飼育できる)?!成虫や幼虫の生態って?種類やエサは?カミキリムシについて、わかりやすくまとめてみました。
クマンバチの巣や毒針を解説!刺されたら?駆除やオスメスの生態
クマンバチの生態を分かりやすく説明!毒はあるの?刺された場合の処置はどうする?駆除の方法は?オスメスの見分け方は?分かりやすく解説しています。
カタツムリがグングン育つ飼い方!【餌・寿命・種類・卵なども解説】
カタツムリがスクスクと育つよう正しい飼育方法を説明します!飼育に必要なケースやエサ、飼育時の注意点、産卵や孵化のこと、そして赤ちゃんの育て方まで説明しています。
カタツムリの寄生虫「ロイコクロリディウム」は人間にも寄生?【死亡例も…】
カタツムリに寄生する虫「ロイコクロリディウム」とは?この虫の特徴や生息地域、どうやって人間に寄生するのか?寄生したらどうなるのか?どこよりも分かりやすく説明しています。
サナダムシのダイエットは最悪「死」!寄生症状が怖い…【卵と画像】
サナダムシダイエットって本当に効果あるの?そもそもサナダムシって何・・・?寄生させることでの症状や、寄生される原因、なぜ痩せると言われているのか?解説します。