バルサンの値段(価格)を7タイプ全サイズで調査!コスパ比較<2018年>

バルサンの値段を徹底調査!全タイプ・サイズで比較してみた!【2018年】

こんにちは。
山奥の実家で20年、都心に出てきてからも10年近くゴキブリと戦ってきたアキラです。

 

ゴキブリやダニ・ノミなどの駆除に大活躍する「バルサン」。

 

しかし色々と種類やサイズがあり、

 

  • 「赤のバルサン」と「黒のバルサン」に、値段の差ほどの効果はあるのか?
  • 大きいサイズを買った方が得なのか?
  • コスパはどれが高いのか?

 

などなど疑問が沸く点も。

 

そこでこのページでは、バルサン全商品の「値段」と「コスパ」をわかりやすくまとめてみました。

 

布団のダニに困っている方へ

「布団のダニ」に困っている方は、以下ページへどうぞ。

>>バルサンを「布団のダニ対策」で使った結果が衝撃的すぎた!【悲報】

 

スポンサーリンク

 

 

 

こちらの記事も人気です!

スポンサーリンク

 

 

まずは7種類のバルサンを紹介!

では早速比較していきましょう!

 

まず最初は、ライオンから販売されている「バルサンの種類」と「サイズ展開」を紹介します。

 

種類によって対象となる害虫が違うという点を、まずは理解しておきましょう。

 

 

バルサン

(総合力タイプ)

バルサンプロEX

(強力タイプ)

形式

デザイン

サイズ

20g
(6〜8畳)

40g
(12〜16畳)

60g
(18〜24畳)

80g
(24〜32畳)

12.5g
(6〜8畳)

25g
(12〜16畳)

46.5g
(6〜10畳)

93g
(12〜20畳)

20g
(6〜8畳)

40g
(12〜16畳)

12.5g
(6〜8畳)

25g
(12〜16畳)

46.5g
(6〜10畳)

93g
(12〜20畳)

効果

対象

  • ゴキブリ
  • ノミ
  • イエダニ
  • トコジラミ
  • 屋内塵性ダニ類
  • ハエ成虫
  • 蚊成虫
  • 抵抗性チャバネゴキブリ
  • 大型ゴキブリ
  • ダニ
  • ノミ
  • トコジラミ
  • 屋内塵性ダニ類
  • ハエ成虫
  • 蚊成虫

 

 

バルサン いや〜な虫

(不快害虫用)

形式

デザイン

サイズ

20g
(6〜10畳)

効果

対象

 

 

このように合計7種類の商品がありますが、それぞれ「対象となる虫」「噴射の方法」に違いがあります。

 

このページでは、主に「値段」の比較をしています。

 

それぞれ使ってみた感想などは『 バルサン7種類を使った効果比較がヤバイ…!使い方・放置時間を語る 』を参考にしてみて下さい。

 

スポンサーリンク

 

 

各種類、サイズごとの値段をまずは比較!

では続いて、7種類それぞれでサイズごとの値段の比較をしていきましょう!

 

なお、比較するときは

 

値段 ÷ 最大適応畳数

 

によって、1畳あたりの値段を算出していきます。

 

値段はすべて「amazon価格」、そして「2018年時点の価格」で比較しています。

時期によって多少の変動があることをご承知おきください。

 

 

 

商品

デザイン

サイズ

値段

一畳

あたり

バルサン

(煙)

20g
(6〜8畳)

573円

71円

20g×3個
(6〜8畳)×3

1,613円

67円

40g
(12〜16畳)

921円

57円

40g×3個
(12〜16畳)×3

2,557円

53円

60g
(18〜24畳)

1,326円

55円

80g
(24〜32畳)

1,500円

46円

 

 

 

 

商品

デザイン

サイズ

値段

一畳

あたり

バルサン

(水)

12.5g
(6〜8畳)

573円

71円

12.5g×3個

(6〜8畳)×3

2,183円

90円

25g
(12〜16畳)

838円

52円

25g×3個

(12〜16畳)×3

2,407円

50円

 

 

 

 

商品

デザイン

サイズ

値段

一畳

あたり

バルサン

(霧)

46.5g
(6〜10畳)

788円

78円

46.5g×2個

(6〜10畳)×2

1,577円

78円

93g
(12〜20畳)

93g×2個
(12〜20畳)×2

 

 

 

 

商品

デザイン

サイズ

値段

一畳

あたり

バルサン
プロEX

(煙)

20g
(6〜8畳)

711円

88円

20g×3個
(6〜8畳)×3

1,930円

80円

40g
(12〜16畳)

1,368円

85円

40g×3個
(12〜16畳)×3

2,889円

60円

 

 

 

 

商品

デザイン

サイズ

値段

一畳

あたり

バルサン
プロEX

(水)

12.5g
(6〜8畳)

711円

88円

12.5g×3個

(6〜8畳)×3

1,980円

82円

25g
(12〜16畳)

999円

62円

25g×3個
(12〜16畳)×3

3,673円

76円

 

 

 

 

商品

デザイン

サイズ

値段

一畳

あたり

バルサン
プロEX

(霧)

46.5g
(6〜10畳)

1,220円

122円

46.5g×2個
(6〜10畳)×2

1,840円

92円

93g
(12〜20畳)

1,368円

68円

93g×2個
(12〜20畳)×2

2,440円

61円

 

 

 

 

商品

デザイン

サイズ

値段

一畳

あたり

バルサン
いやな虫

(煙)

20g
(6〜10畳)

570円

57円

20g×3個
(6〜10畳)×3

1,863円

62円

 

 

 

 

 

ここでは、各タイプの「サイズごと」の比較をしてみました。

 

わかることとしては、やはり「大きいサイズ」のものの方が値段は安いと言う事です。

 

ただし中には「3個セットのほうが割高になる」商品もあるため、購入の際は注意が必要です。

 

 

では、これら全てを値段順に比較してみましょう!

 

スポンサーリンク

 

 

すべてを「値段順」にならべてみると・・・?

全種類、全サイズを値段順に並べてみましょう!

 

※10位までを掲載

 

  1. バルサン(煙)80g

    ⇒46円/畳

  2. バルサン(水)25g×3

    ⇒50円/畳

  3. バルサン(水)25g

    ⇒52円/畳

  4. バルサン(煙)40g×3

    ⇒53円/畳

  5. バルサン(煙)60g

    ⇒55円/畳

  6. バルサン(煙)40g

    ⇒57円/畳

  7. バルサンいや〜な虫(煙)20g

    ⇒57円/畳

  8. バルサンプロEX(煙)40g×3

    ⇒60円/畳

  9. バルサンプロEX(霧)93g×2

    ⇒61円/畳

  10. バルサンプロEX(水)25g

    ⇒62円/畳

 

 

このことから分かるとおり、基本的には赤色のバルサン(通常タイプ)が安いことが分かりますね。

 

さらに、「霧タイプ」より「煙・水タイプ」が安いことも分かります。

 

では単純に「値段が安いものを購入すれば良いのか?」と言うと、それはちょっと違います。

 

スポンサーリンク

 

 

「値段×効果」=コスパ として考えよう!

ここまでは値段を比較してきました。

 

上の一覧を見ると分かるとおり、2018年時点ではバルサン(通常タイプ)の「最大サイズ」が最も安いです。

 

ただし「効果」の面でみるとどうでしょうか?

 

筆者は実際に7種類すべてを使ってきましたが、評価は以下のとおり「プロEX」を選択すべきという結論に至っています。

 

 

バルサン

(総合力タイプ)

バルサンプロEX

(強力タイプ)

形式

デザイン

評価

一言

あえて選ぶ必要は無い 香りがどうしても気になる場合は選択肢に 一軒家にはコレでOK 機密性のあるマンションでは十分使える 機密性の低いマンション・アパートではコレでOK

※「いや〜な虫」は対象となる害虫が違うため、評価から省いています

 

 

なぜなら「通常のバルサンでは効かないゴキブリ」が出現する可能性があるからです。

 

ダニ・ノミなど「ゴキブリ以外」の駆除を目的とするのであれば、通常の「赤色バルサン」でも良いと思いますが、「ゴキブリの駆除」を考えるのであれば「黒のプロEX」を選んだ方が良いと実感しています。

 

それ以外にも見るべき観点として、

 

  • 一軒家であれば「煙・水タイプ」
  • 機密性の低いマンション・アパートであれば「霧タイプ」
  • 機密性の高いマンションであれば「水タイプ」

 

が良いと感じています。

 

これらの詳しい感想・選び方は『 バルサン7種類を使った効果比較がヤバイ…!使い方・放置時間を語る 』で説明していますが、ここで言えることは、値段だけでなく

 

  • 駆除したい害虫に「ゴキブリ」は含まれるか?
  • 一軒家か?マンションか?

 

なども考慮して選ぶのが、本当の意味での「コスパの高い商品」である、ということです。

 

スポンサーリンク

 

 

バルサンも悪くないが、「連鎖駆除薬」を使う方が早い!

バルサンは、「バルサンを焚くタイミングで部屋にいる害虫を、強力に駆除できる駆除薬」です。

 

しかし、

 

  • その後の掃除が面倒
  • その後しっかりと予防対策を行わなければ意味が無い

    ⇒侵入防止効果は無い

  • ゴキブリの卵には効果が無い

    ⇒2週間後にもう一度バルサンを焚くべき

 

というデメリットもあります。

 

そのためバルサンを都度使うのも良いのですが、筆者の経験上「連鎖駆除薬」を設置するのが一番効果的でした。

 

「連鎖駆除薬」とは、毒餌を食べたゴキブリだけでなく、

 

  • 「そのゴキブリのふん」を食べたゴキブリ
  • 「そのゴキブリの死骸」を食べたゴキブリ
  • 「そのゴキブリが抱えていた卵」

 

までを全て連鎖的に駆除できるお薬です。

 

アース製薬のブラックキャップが有名ですが、さらに強力なゴキちゃんストップがオススメです。

 

くわしくは別記事でまとめていますので、バルサンの購入を考えている方は、連鎖駆除薬も合わせてご確認下さい!

 

 

 


 

こちらの記事も人気です!