ゴキブリのふんの掃除法と注意点5つ!固さ・量にも注目しよう【画像】

ゴキブリのフンの掃除法と注意点5つ!固さ・量にも注目しよう【画像】

こんにちは。
山奥の実家で20年、都心に引越してきてからも10年近くゴキブリと戦ってきたアキラです。

 

今回のテーマは「ゴキブリのふん」。

 

家の中に住み着き、いつのまにか撒き散らかされている「ふん」。

 

このページでは、

 

そもそもフンはどんな物のか?

掃除方法や注意点はあるのか?

量や固さなどか分かることはあるのか?

 

といった、ふんに関する情報を分かりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク

 

 

こちらの記事も人気です!

スポンサーリンク

 

 

ゴキブリのフンってどんなの?画像で知ろう!

ゴキブリのフンは、ゴキブリの種類によって多少の違いがあります。

 

日本でも50種類ほど確認されていますが、私達がふだん見かけるゴキブリは、そのほとんどが

 

  • チャバネゴキブリ
  • クロゴキブリ

 

の2種類です。

 

人気の関連ページ!
>>【ゴキブリの生態まとめ】種類・寿命・冬の生活・共食い!噛むのか?菌はあるのか?

 

 

2つに微妙な違いはありますが、正直「ふたつのフン」を見分けるのは困難です。

 

以下の黒いゴマのようなものが、ゴキブリのふんです。

 

画像引用:http://d-suizenji.com/

 

画像引用:http://d-suizenji.com/

 

 

 

「チャバネゴキブリ」のふん

特に家で見かけることの多いチャバネゴキブリのフンは、1mm程度の大きさであり

 

  • 茶色

 

の色がついたフンが多いです。

 

チャバネゴキブリのほうが、クロゴキブリのものと比べると茶色が多い印象です。

 

しかしたくさんあったとしても少量であっても、この大きさでは「何かのゴミ」に見えてしまいますので、「ゴキブリのフン」として気が付かないことが多いのが困る点です。

 

 

 

「クロゴキブリ」のふん

家や外でも良く見るとされるクロゴキブリは、フンがチャバネゴキブリよりも少し大きく、2mm〜2.5mm程度の大きさとなっています。

 

しかし大きめとは言っても、少量であればこちらもゴミと変わらないので、よく見ないうちに掃除機で吸っていることもあるでしょう。

 

 

 

見分けるのは困難…

この2つのフンだけで「ゴキブリの種類」を見分けるのは困難ですし、そもそも「ゴキブリのふん」か「ゴミ」かをきちんと見分けるのも難しいと言えます。

 

またフンだけを目にして「どんなゴキブリのフンなのか?」を見分けることは、日夜研究をしている専門科にも難しい問題なのです。

スポンサーリンク

 

 

 

「ふんっぽい物」が見つかりやすい場所は?

もしこのようなゴミが

 

  • 食品を入れている引き出し
  • 食器棚の中

 

でたびたび見つかった場合は、まずはゴキブリを疑ってみると良いでしょう。

 

ゴキブリが一番現れやすいのは「食品や水分が多くあるキッチン」ですので、フンもキッチンに落ちている場合が圧倒的に多いのです。

 

キッチン掃除の時は、まめに拭き掃除をして、雑巾やウェットシートに付いてくる「細かいゴミ」に気を付けてみると良いでしょう。

 

ちなみに「ゴキブリのフン」は潰れにくいですが、水には溶けますので、水を垂らしてみるのが一つの判断方法でもあります。

 

もしキッチンのどこかで「ゴキブリのフン」を見つけた場合は、シンクの下や冷蔵庫の裏、他の引き出しの中も合わせてチェックするようにします。

 

 

キッチン以外にも…

他にも、「侵入口」になりやすい

 

  • エアコン
  • 下水道の周り
  • 換気扇

 

なども抜かりなくチェックが必要ですし、「巣」となりやすい

 

  • 洗濯機まわり
  • タンスの裏付近
  • 植木鉢まわり

 

も要注意。

 

そういった場所には、卵が産み落とされている可能性もあります。

 

人気の関連ページ!
>>ゴキブリの卵が孵化する9つの場所と時期!女子でも出来る駆除法5選!

 

 

なお、ゴキブリのフンがいつもある場所は「ローチスポット」と呼ばれ、フンが「黒インクを散らしたようにその場所を汚している」のが特徴です。

 

画像引用:https://okwave.jp/qa/

 

ローチスポットがあると、ゴキブリが増える可能性があるため注意が必要です。

 

上で挙げた写真のような「小さなゴミ」があればフンと断定して、速やかに駆除と予防を開始しましょう。

スポンサーリンク

 

 

フンだと判明したら掃除をしよう!

「ゴキブリのふんだな。」と分かれば、掃除に取り掛かりましょう。

 

必要なものは3つ
  1. 使い捨て出来る手袋
  2. 使い捨て出来る雑巾や、ウェットティッシュ
  3. 洗剤や壁紙専用クリーナー

 

 

まずは準備!

まずしっかり手袋をして、フンが手に付かないようにします。

 

ゴキブリは「不衛生な環境」を好むバイキンだらけの昆虫なので、食べているものも不衛生です。

 

そのためフンも人体に有害な影響をもたらします

 

充分に気を付けて扱うようにしましょう。

 

なお、使用し終わったものは袋に密閉して捨てる必要があるため、手袋は使い捨てのものがベストです。

 

同じく「使い捨て」できる雑巾や、床掃除用のウェットシートを用意しましょう。

 

 

 

掃除の方法!

掃除の方法は基本的には「単純な作業」です。

 

もしフンがあれば、液体洗剤を「フン」や「判明している侵入口の周り」に垂らして、少し放置します。

 

それからしっかりふき取っていきます。

 

もちろん上の画像のように壁紙に付着している場合は、「壁紙専用クリーナー」または「万能スプレー」を使いましょう。

 

 

基本的にはこの方法で良いのですが、液体洗剤の中でフンが溶けて床や布にシミを作ってしまう可能性があります。

 

シミになるのが困る場合は、

 

  • フンを最初に掃除機で吸う
  • コロコロテープで取り除く

 

といった作業を行ってから、拭き掃除と殺菌をおこないます。

 

 

 

汚れが落ちない場合!

付着してから時間が経っている場合、汚れが落ちにくい可能性があります。

 

その場合は、以下の手順で掃除してみましょう。

 

しつこい汚れを落とす5ステップ
  1. フンを掃除する
  2. 汚れに「洗剤」や「クリーナー」を吹きかける
  3. その上からティッシュを被せる
  4. さらにその上からラップを被せる
  5. 30分ほど放置してから、再度キレイに拭き取る

 

ちなみにこの方法は、「キッチン周りの日々の掃除」でも有効です。

 

ただし壁紙にはラップが付着しにくいので、そのような場合は「ティッシュを被せてしばらく放置」までを実践のうえ、「不要な歯ブラシ」で軽く擦ってみましょう。

スポンサーリンク

 

 

フン掃除における5つの注意点!

ふんの掃除をするにあたっては、以下の5点に注意しましょう。

 

 

 

手袋・マスクの着用

手袋に関しては、上でも説明したとおりです。

 

また、フンを吸い込むと「アレルギーの原因」にもなり得ますので、必ずマスクも着用しましょう。

 

 

 

必ずアルコール除菌すること

ゴキブリのフンには「ゴキブリが食べたもののカス」だけではなく、「ゴキブリ特有の集合フェロモン」が含まれています。

 

このフェロモンは「ゴキブリだけが感知できるような臭い」を放っており、放置しておくとそのにおいで仲間のゴキブリを呼んでしまう可能性があるのです。

 

そのため、しっかり殺菌してにおいも丸ごと消すことが大切です。

 

このためアルコールスプレーを広範囲にまいて、徹底的に殺菌してしまいましょう。

 

アルコールは臭いも除去でき、ゴキブリの持つバイキンも殺菌できるため、ゴキブリ対策には有効な薬品です。

 

またゴキブリにとって、殺菌された場所は「居心地の悪い場所」であると印象付けることもできます。

 

 

 

 

スプレーは静かに振りかける

スプレーはフンが飛ばないように静かに振りかけ、そして静かにふき取りましょう。

 

ゴキブリのフンには「赤痢菌」や「サルモネラ菌」など、強烈な影響を及ぼす細菌が含まれていますので、感染すると食中毒症状になる場合が多いのです。

 

スプレーをする時に「噴射の勢い」で雑菌やフンが舞い上がる可能性がありますので、なるべく飛ばないように気を付けてスプレーしてください。

 

上でも説明のとおり、掃除をする時は吸い込まないようにマスクをしましょう。

 

ちなみに、「潰す」ことも絶対に避けましょう。

 

潰すとどうなるのかは、このあと「フンは潰さない方が良い6つの理由」で説明します。

 

 

 

掃除したゴミは、必ず密閉して捨てる

上で説明のとおり、ゴキブリのふんには「ゴキブリ特有の集合フェロモン」が含まれます。

 

そのため、手袋・マスク・雑巾など「掃除に使ったもの」は、全てゴミ袋に密閉して処分する必要があります。

 

 

 

掃除機の内部もきれいにしておくこと

上と同じ理由ですが、もし「ゴキブリのふん」を掃除機で吸い取った場合は、掃除機の中身もキレイに掃除しておきましょう。

 

どこかにフンが詰まっていると、「ゴキブリをおびき寄せる原因」になりかねません。

スポンサーリンク

 

 

フンは潰さない方が良い6つの理由!

これは「掃除の時の注意点」の延長でもありますが、フンは絶対に潰さないようにしましょう。

 

ゴキブリの食性にもよりますが、通常、ゴキブリのフンは簡単にはつぶれない場合が多いです。

 

しかし潰すしてしまうと、場合によっては炭のようにポロポロと砕ける場合があります。

 

これは「フンの水分量・時間の経過」にもよるため、一概には言えません。

 

ですが「潰してみよう!」とするのは大変危険な行為。

 

「潰さない方が良い」と言われる理由は、以下の6つです。

 

 

細菌が混ざっているため空気中に舞って蔓延しやすくなる

これは単純にゴキブリの「不衛生な性質」によるものです。

 

「赤痢菌」や「サルモネラ菌」などに代表されるような「病原菌」が含まれているため、注意しなくてはなりません。

 

 

 

粉末を吸い込むとゴキブリのアレルギー症状を起こす場合がある

上でも説明のとおりです。

 

ゴキブリは「アレルギーを誘発する物質」を持っているため、体内に入り込むことでアレルギー症状を起こすことがあります。

 

 

 

ゴキブリ特有のフェロモンが広がって仲間を呼ぶ

ゴキブリのフンには人間には感知できない集合フェロモンが含まれています。

 

粉々になるとフェロモンが広がりやすくなり、他のゴキブリが集まりやすくなると言われています。

 

 

 

ニオイがする

ニオイについては後ほど説明しますが、チャバネゴキブリのように「ニオイがきつい種類のフン」は、部屋の中にニオイが広がる可能性があります。

 

細かく広がれば、単純にそれだけニオイの元も広がってしまいます。

 

 

 

処理がしにくくなるだけでなく、部屋に広がりやすくなる

処理のし易さは「固形」のほうがもちろんカンタンです。

 

粉々になると処理できないだけでなく、スリッパや足にくっついて広げてしまう原因となります。

 

足の裏についてしまうと広がりを止められなくなってしまいますので気を付けましょう。

 

 

 

掃除機で吸うにも不便が…

細かすぎると掃除機で吸えなくなり、吸えても掃除機内に広がってしまいます。

 

さらに排気に混じって出てくる可能性もあり、悪循環に陥る可能性も。

スポンサーリンク

 

 

ふんの掃除と共に、「連鎖駆除薬」を設置しておこう!

特にゴキブリの幼虫は「ふん」を食べて成長するため、ふんは確実に掃除する必要があります。

 

しかし一方で、ゴキブリのふんがあると言うことは、「たくさんのゴキブリが潜んでいる可能性」があります。

 

つまり「見えていないゴキブリ」や、これから産まれるであろう幼虫たちもすべて駆除しなければ、イタチゴッコとなるわけです。

 

目に見えているゴキブリを退治するには「冷却スプレー」などがオススメですが、どこかに潜んでいるゴキブリを退治するには、連鎖駆除薬がもっともオススメです。

 

代表的なのがブラックキャップです。

 

 

これは、餌を食べたゴキブリだけでなく、

 

  • そのゴキブリが抱えている卵
  • 「そのゴキブリのふん」を食べたゴキブリ
  • 「そのゴキブリの死骸」を食べたゴキブリ

 

をすべて連鎖的に駆除できるため、ゴキブリの駆除にあたっては必要不可欠なアイテムです。

 

設置するだけで「ゴキブリの姿が見えなくなる」ため、ふんがあった付近には確実にセットしておきましょう。

 

実際に6ヶ月間使ってみたため、検証結果も紹介しています。

 

>>最強!卵も赤ちゃんもゴッソリ駆除!ブラックキャップの置き場所・有効期限まとめ【検証6ヶ月】

 

 

 

 

追記:「業者用の駆除薬」を使ってみた

昨年はブラックキャップを設置しましたが、本年はプロ業者が実際に使用している駆除薬「ゴキちゃんストップ」を使用。

 

くわしくは、「 ゴキちゃんストップの効果を7ヶ月検証!置き方のコツ伝授!【口コミ】 」で紹介していますが、結論を言うと「ブラックキャップよりも強力」です。

 

薬剤への食いつきもよく、ベランダに設置した結果「隣人の汚いベランダ」に潜んでいたゴキブリも、すべて一網打尽にしました。

 

「家の中のゴキブリがしぶとい」という方には、ぜひオススメの商品です。

 

クリックすると公式サイトへ移動します

 

 

人気の関連ページ!
>>ゴキちゃんストップの効果を7ヶ月検証!置き方のコツ伝授!【口コミ】

 

 

 

 

量・固さ・臭いから分かることは?

ここでは、「ふんの量や固さ、ニオイから分かるとはあるのか?」というテーマを説明します。

 

 

フンの「量」で分かることはある?

ゴキブリのフンは、少量であれば「小さなゴミ」に見えるため気が付きにくいのが現状です。

 

たとえ部屋に落ちていても掃除機で吸ってしまい、気付かずに処分していることもあります。

 

普段の掃除ではホコリやチリが気になって、一緒に雑巾で拭いてしまっていることもあるでしょう。

 

しかし、もしある一か所に大量にゴキブリのフンがある場合は、以下のような判断ができます。

 

  • ゴキブリの巣が近くある
  • ゴキブリがよく侵入するお気に入りの場所である
  • あまり人の目につかずフンを残せる場所である

 

いずれにしても、フンを見つけた場合は、今後「定期的なチェックが必要な場所」であると認識しましょう。

 

もし「ゴキブリの巣」があれば、数匹を退治しても表面的な対処にしかなりません。

 

それどころか巣で大繁殖したゴキブリは、フンのにおいで「家の中へと侵入する手引き」をしている可能性があるのです。

 

ゴキブリの駆除とともに、ふんはしっかりと即掃除しましょう。

 

 

 

ふんの「固さ」で分かることはある?

ゴキブリのフンは、時間が経ったものであればドライでコロコロしており、ゴツゴツとした表面になっています。

 

ちなみに、フンの形に目立った差はありませんが、チャバネゴキブリは「丸型」でクロゴキブリは「やや楕円形」をしています。

 

つるっとしたキレイな楕円ではないため、落ちているフンを眺めただけでは、2つの見分けは付きにくいのが実際のところでしょう。

 

ゴキブリはポスターの裏や壁などにもフンをする場合があり、時間がたてばシミのように茶色く広がっていることもあります。

 

画像引用:https://okwave.jp/qa/

 

必ずしもコロコロした「掴めるような状態」のフンだけではなく、落ちている環境に「湿気が多いかどうか」によっても、フンの残り方は変わります。

 

フンの固さはある程度あり、指先で壊そうとしても壊れない程度の固さがあります。

 

 

水には溶ける!

押しても簡単に潰れることはありませんが、水には溶ける性質です。

 

固さや見た目で見分けるのではなく、水を垂らして溶かしてみると良いでしょう。

 

黒ゴマとそっくりなので見分けられないこともありますが、黒ゴマは水に溶けないので簡単に分かります。

 

またフンが時間が経って乾燥しすぎていると、ポロポロと砕ける場合もあります。

 

ゴキブリがその時に食べたものにもよりますので、雑食性のゴキブリのフンは一定ではないのです。

 

 

 

フンのにおいで分かることは?

どちらの種類のフンであっても、少量であればニオイがすることはまずありません。

 

しかし大量にあれば、ニオイだけで気付くこともあります。

 

中には「その家の特有のニオイ」だと思っていたものが、実は「大繁殖したゴキブリのフンのニオイだった」ということもあります。

 

 

ニオイに違いはあるか?

チャバネゴキブリのフンは、「鼻につくようなツンとした鉄のようなにおい」がします。

 

刺激臭と言われることもあり、クロゴキブリよりもニオイがきつく、「ゴキブリのフンがある」と気付くことが多いでしょう。

 

しかし少量では気づきにくく、これはあくまでクロゴキブリと比べた時の特徴となります。

 

そしてクロゴキブリのフンは、チャバネゴキブリと比べて「ゴミの腐ったようなにおい」と言われています。

 

こちらも同様に、少量であればほとんど無臭で気が付かない程度です。

 

 

ニオイを嗅ごうとするな!

においに特徴があるからといって、フンのにおいで確かめようと顔を近づけて吸い込むと、粉末が体内に入ってアレルギーの原因となる場合があります。

 

もしフンを見つけてもなるべく触らず、嗅がないように処理しましょう。

 

人間には分からないニオイでも、ゴキブリの嗅覚ではすぐに気付くようなニオイなので、このニオイだけで人は判断できないのが現状です。

 

万が一、明らかにニオイがする場合であれば、それは「手遅れ」を感じるほどゴキブリが増えている状況と言えます。

 

 

 

ほかの生物のふんの可能性も…

他の昆虫や小動物のフンだという場合もあるでしょう。

 

フンの大きさが5mm以上で、においが強いものの場合はネズミのフンである可能性が高いです。

 

ほかにも、

 

  • 「コロコロしておらず、シミのように柔らかいもの」はトコジラミ
  • 「白っぽい」ならカマキリなどの肉食昆虫

 

の場合もあります。

 

このような「他の生き物のフン」であっても、害虫である以上安心はできません。

 

それらが「頻繁に出入りしている害虫・害獣」であることには間違いありませんので、すぐに駆除を行いましょう。

 

 

 

 

まとめ!

「ゴキブリのふん」についてまとめてみました。

 

ふんは「他のゴキブリを引き寄せる原因」となるため、見つけ次第早急に掃除しましょう。

 

また、掃除の際は上で挙げた「注意点」を必ず守って対処しましょう。

 

特にオススメの関連記事!

 

 

スポンサーリンク


 

 


ゴキブリ退治・対策の流れを把握する!


駆除・忌避(寄せ付けない)する!


使ってみた!


侵入を予防する!


赤ちゃん・卵・巣


生態を知る!


その他の情報!

 

関連ページ

ゴキブリ対策まとめ!30年の経験でわかった【二度と見ない最強駆除】
2018年最新版. 約30年ゴキブリの対策・駆除をしてきた私が、ハーブやアロマ、スプレーなどのグッズからオススメや駆除の流れを実体験に基づき解説!
【ゴキブリ退治】7つの瞬殺方法!熱湯など「身近な物」での殺し方まとめ
【G画像なし】山奥に住んでいた私が、ゴキブリをアッと言う間に瞬殺できる「7つの対処法」を紹介!お湯や洗剤は本当に効果あるのか?説明します。
ゴキブリはどこから来る?7つの侵入経路・原因と、鉄壁の予防対策法!
ゴキブリはどこから入ってくるのか?侵入経路や寄せ付けないための「侵入防止対策」をどこよりも分かりやすく解説!ホウ酸団子や忌避剤は意味があるのか?ゴキブリを寄せ付けない鉄壁の予防対策もご紹介!
ゴキブリの卵が孵化する9つの場所と時期!女子でも出来る駆除法5選!
【2018年更新版】ゴキブリの卵はどこに産み付けられ、どこで孵化するのか?また、何匹生まれるのか?孵化の時期はいつ頃か?卵を見つけた時の処理方法を分かりやすくまとめてみました。
ゴキブリの赤ちゃん(幼虫)が出る7つの原因と、効果抜群な駆除法8選!
ゴキブリの赤ちゃん(子ども)の特徴や大きさ、「飛ぶのか?」などを解説。どこから出るのか?「1匹いると30匹いる」の真実も分かりやすく説明。
ゴキブリが巣を作る11の場所!どんな形?【駆除と全滅までの流れ!】
ゴキブリの巣はどこで作られる?ゴキブリと巣を退治する方法と、全滅させるまでの流れを解説します。
ゴキブリにアロマ(ハーブ・ミント)やファブリーズ、重曹は効くか?【試してみた】
【ゴキブリ画像なし】ゴキブリにはアロマ(ハーブやラベンダー、ミント)、ファブリーズ、重曹などが効くと聞きます。では実際に効いたのか?試してみました。(ゴキブリの画像はありませんのでご安心下さい。)
ゴキブリへの「アルコール」が効果絶大だったので報告する!【驚愕】
ゴキブリにアルコールスプレーは効果があるのか?なぜ嫌がるのか?実際に試した結果をモザイク画像と共に報告します!
ゴキブリに洗剤使ったらヤバすぎた!たった1つのコツで「即死」できる!
ゴキブリに洗剤を使ってみた結果、効きやすい洗剤・効きにくい洗剤があった!「死なない」「逃げられた」という方、やり方間違ってません?
ゴキブリを寄せ付けない究極アイテム発見!ハッカや超音波よりスゴイ!
【2018年更新版】ゴキブリを寄せ付けない方法を色々試してみた!ハッカ油や超音波、電磁波、ナツメ・ラベンダーなどのハーブなどなど。その中で「これは効く!」と思えた効果抜群のアイテムが見つかったので紹介する!
ゴキブリの生態まとめ!種類・寿命・冬の生活・共食い!噛むの?菌は?
【どこよりも分かりやすく説明!】ゴキブリの生態について、、種類や寿命、冬はどこに潜んでいるのか?夜行性なのか?を説明!人間を噛むの?ウイルス・細菌感染の危険性の有無は?
ゴキブリの生命力・繁殖力がヤバすぎる!「1匹いたら100匹いる」の真実
ゴキブリは生命力と繁殖スピードが異常に高いため、繁殖させないための対策が必要です。「1匹いたら100匹いる」は本当か?
ゴキブリが飛ぶ5つの条件!考え得る「飛ぶ理由」3つと対策!【実体験】
ゴキブリは飛びます!しかも頻繁に人に向かって飛んできます… なぜ飛ぶのか?飛ばない種類もあるのか?説明します。
ゴキブリの「餌・好物」と「嫌いなもの」を知ると徹底的に排除できる
ゴキブリが好きな食べ物、嫌いな食べ物・ニオイをまとめました。餌となるものを排除できると、毒餌の効果も強まるので必ず把握しておきましょう。
ゴキブリを見失った!逃げられた!「寝れない夜」を避ける11の対策!
ゴキブリに逃げられた!どこかに消え た!という場合に考えられる「逃げ込みやすい13の場所」と、眠れない場合の11の対策を紹介。
逆効果?ブラックキャップの効果を6ヶ月ガチ検証したらヤバすぎた!
ゴキブリ対策として最強説のある「ブラックキャップ」の効き目を6ヶ月間ガチ検証しました。屋外でも効果はあるのか?置き場所はどこが良い?有効期間は?すべて解説します。
コンバットの効果5ヶ月検証!ブラックキャップとの強さ比較もしてみた
ゴキブリ駆除薬「コンバット」・「コンバットハンター」を使ってみた結果を公開!ブラックキャップとどちらがオススメか?説明します!
ゴキちゃんストップの効果を7ヶ月検証!置き方のコツ伝授!【口コミ】
ブラックキャップの効果がいまいちだったため、プロ仕様のゴキちゃんストップで検証。結果をレビューします。その他、置き場所・薬局で買えるのか?なども解説。
ゴキブリホイホイをおすすめしない5つの理由!効果検証がヤバすぎた…
ごきぶりホイホイを試行錯誤で長年使ってきた結果から、オススメできない理由を挙げてみます。逆効果か?設置場所は関係あるか?など。
ゴキジェットプロの「効果検証」で判明!オススメできない5つの理由!
【ゴキ画像なし】ゴキジェットプロでは死なない?使って分かったメリット・デメリット、黒(まちうけタイプ)はどうか?すべて解説します!
バルサン7種類を使った効果比較がヤバイ…!使い方・放置時間を語る
【2018年】バルサン7種類使用したため、効き目の比較とオススメを紹介。また使用方法や放置時間、効果期間、注意点、掃除のやり方も解説。
バルサンの値段(価格)を7タイプ全サイズで調査!コスパ比較 <2018年>
【2018年版】バルサンやバルサンプロEXなど、全タイプ・サイズのコスパを比較!アースレッドや虫コロリとの比較も!
バルサンを「布団のダニ対策」で使った結果が衝撃的すぎた!【悲報】
バルサンを焚くときに布団にかかって良いの?私はあえてかけてダニ対策を行った経験がありますが、結果がヤバかったのでお伝えしたい。
「ゴキブリを食べると死亡する」の真実!味と害、8つの食べ方まとめ!
ゲテモノ好きが食べる「ゴキブリ」。食べると死ぬという噂は本当か?食用ゴキブリの味や、食べることでの害、調理方法を解説!
【動画まとめ】マンホールから大量のゴキブリが湧く… なぜマンホールに?
京橋駅でマンホールから大量発生したゴキブリ。なぜマンホールにいたのか?どこにでもいるのか?動画とともに解説します。
ムカデの生態(種類・つがい・幼虫・卵・天敵・餌)辞典【完全版】
ムカデについてどこよりも分かりやすく解説!種類は多いの?つがい行動するって本当?幼虫はどんなの?噛むことや毒はある?卵はどんなのでどんな場所にうむの?【ムカデがわかる辞典】
ムカデ対策・駆除の方法9選!熱湯やハッカ油で退治?噛まれた時の対処・薬
ムカデの対処方法を9種紹介!ハッカ油や熱湯、バルサン、殺虫剤・・・ 何が効くの?ムカデを寄せ付けない予防法や、噛まれたらどうするのか?を分かりやすく説明しています!
ゲジゲジの対策・駆除7選!益虫なの?噛むの?幼虫と毒性【画像】
ゲジゲジ虫の対策と駆除を分かりやすく解説。幼虫や卵、どこから沸いてくるのか?毒性や噛むこともあるのか?益虫なのか?についても分かりやすく説明。
ゲジゲジの種類は2種類!『ゲジゲジみたいな虫』はムカデorヤスデかも!
ゲジゲジ虫の種類の紹介のほか、「ゲジゲジと似てる虫」として勘違いされやすい「ヤスデ」や「ムカデ」の特徴や違いを、画像とともに説明しています。
ヤスデをササッと駆除・対策する8の方法と、「大量発生」する4つの原因!
気持ち悪いヤスデを駆除・退治する8つの方法や、家の中に侵入させないための予防法、なぜヤスデは大量発生するのか?その理由を分かりやすくまとめました。
ヤスデの臭い対策3ポイントと毒性の有無!噛む?刺す?【害虫or益虫?】
ヤスデと言えば「くさい臭い」。この臭いに毒性はあるか?臭い液が付いてしまった場合どうすべきか?噛まれたり刺したりするのか?人間にとって害虫か益虫か?まとめました。
ヤスデの種類は200以上!最大30cm!天敵・幼虫・卵など生態まとめ!【画像】
ヤスデの種類や、世界最大級のヤスデを写真付きでご紹介!また天敵や、卵から孵化・赤ちゃん・子供までのライフサイクル、増える時期などの生態についてもご紹介。
チャドクガ(幼虫・成虫)の発生時期と、安全な駆除・予防対策9選!
チャドクガの成虫と幼虫の生態(大きさや毒など)と、発やすい時期、駆除と予防対策について画像付きで紹介。天敵や木酢液を使った予防方法についても解説。
チャドクガに刺されたら?症状と、すぐ出来る対処法・薬・治療【まとめ】
チャドクガに刺されたらどんな症状が出るの?皮膚炎(かぶれ・湿疹)を画像で紹介。また、とっさに出来る応急処置7ステップを分かりやすくまとめています。
ブヨに効果的な対策5つと、刺された場合の症状・薬・治療を解説します!
ブヨに刺されたら腫れや水ぶくれ、かゆみが出ます。ここでは対処方法やオススメの市販薬、虫除け方法を詳しく解説します。
シバンムシの駆除法6つと予防法7選!幼虫・卵どこから沸くの?
シバンムシの駆除方法6つと予防方法7つを分かりやすく。またシバンムシは何が原因でどこから沸いて来る?卵や幼虫はどう退治する?繁殖の時期・畳への害などを含めて説明しています。
カツオブシムシ(幼虫・成虫・卵)のカンタン駆除対策12選!どこから湧く?
虫食いの原因である「ヒメカツオブシムシ」と「ヒメマルカツオブシムシ」の駆除方法と予防対策を12紹介!幼虫や卵がどんなものか?どこから侵入してくるのか?解説します。
ユスリカの3つの対策・駆除、発生時期、幼虫・成虫の寿命や生態!
【2018年更新版】ユスリカやフユユスリカの対策や駆除方法、発生時期、幼虫・成虫の寿命や生態を分かりやすく解説。その他、蚊取り線香や電撃殺虫機なども紹介します。
ガガンボ(カトンボ)という「でかい蚊」の幼虫や種類、駆除・刺された時の対処
【まとめ】大きい蚊のような虫「ガガンボ」。このガガンボの生態や種類、人を刺すのか?を説明。またオススメの6つの駆除・対策方法もあわせて説明しています!
チャタテムシの徹底カンタン駆除対策9選!幼虫・卵もまとめて撃破!【画像】
チャタテムシをカンタンに駆除する4つの方法と、寄せ付けないための5つの予防対策法をお教えします!また「幼虫・卵」の段階ではどのように駆除すべきか、あわせて解説します。
カマドウマ(便所コオロギ)の駆除対策10選!幼虫や卵、どこから来る?【画像】
トイレに出るコオロギのような虫「カマドウマ」。駆除方法や侵入予防対策、どこから入るのか?幼虫や卵のライフサイクルについて分かりやすく説明します。
カメムシの種類や天敵、寿命、噛むか?飛ぶか?など【生態まとめ】
「屁こき虫」「へっぴり虫」とも呼ばれるカメムシ。カメムシの種類(仲間)や天敵、寿命、冬眠するのか?など生態を分かりやすくまとめました。
カメムシの臭いの消し方7つと成分!自然に消える?ファブリーズは有効?
カメムシの臭い消しに有効な7つの方法と、臭い成分について。例えるとどんな臭いがするか?自然と消えるか?なども解説。
カメムシが大量発生する3つの時期・原因と対策6選!【大雪との関係】
カメムシが大発生する季節や原因、その対策を解説。また大雪や台風などの天災、花粉との関連についても解説。
コガネムシとカナブンの5つの違い!【種類・エサ・見た目・生態まとめ】
カナブンとコガネムシは似ていますが、実は異なる点がたくさん。ここでは見分け方や色の違い、食性、飛び方などを比較しています。
コガネムシ(幼虫・成虫)の5つの駆除・対策!寄り付く原因を解消するには
コガネムシは幼虫・成虫ともに「害虫」です。ここではトラップを含め退治方法や発生する時期・原因についてまとめています。
アブラムシの駆除・対策14選!牛乳や木酢液は効く?【パッと退治する裏技】
厄介なアブラムシを退治する方法、寄せ付けない予防方法をそれぞれ説明します!無農薬で撃退・予防できる方法もありますので、色々組み合わせて試してみましょう!
アブラムシが黒い?5つの種類と生態の違い!卵・成虫・繁殖【完全版】
アブラムシの種類や生態の違い、卵や幼虫について分かりやすく説明しています。また「繁殖力が強い」秘密や、駆除方法についても説明しています。
ダンゴムシの餌・飼い方・生態と駆除方法
ダンゴムシの飼育やエサ、生態(寿命・オスメスの違い・赤ちゃん・幼虫・種類など)を分かりやすく説明!また、害虫ともなるダンゴムシの駆除方法についても説明しています。
フナムシとゴキブリの5つの違い!食べるとどんな味…?【生態まとめ】
フナムシとゴキブリの違いを分かりやすく!また、フナムシの料理方法と味、食べた感想をまとめています。その他、噛むのか?害虫なのか?などの生態についても。
トノサマバッタの生態(餌・飼い方・卵・寿命・共食い)【完全版】
トノサマバッタについて、餌や飼い方、産卵のさせ方や卵の保管方法、孵化のさせ方、寿命、共食いの有無を分かりやすく説明しています。トノサマバッタを 飼いたい方は必見!
タガメの生息地と飼育方法!卵を壊す理由や天敵、捕食方法を学ぼう!
タガメの生息地や販売されている値段相場、飼育方法、捕まえ方を分かりやすく説明!またタガメが卵を自ら壊してしてしまう理由や、天敵、捕食の仕方、飛ぶのか?についても説明!
ゲンゴロウの種類は4000?幼虫、飼育と餌、タガメとの違い【まとめ】
ゲンゴロウの種類と生息地、絶滅危惧種なのか?といった内容と、飼育方法(餌や飼育道具)、タガメとの違いを分かりやすくまとめています。【画像あり】
カミキリムシの正しい飼い方と、種類・エサ・幼虫!【画像】
カミキリムシって買える(飼育できる)?!成虫や幼虫の生態って?種類やエサは?カミキリムシについて、わかりやすくまとめてみました。
クマンバチの巣や毒針を解説!刺されたら?駆除やオスメスの生態
クマンバチの生態を分かりやすく説明!毒はあるの?刺された場合の処置はどうする?駆除の方法は?オスメスの見分け方は?分かりやすく解説しています。
カタツムリがグングン育つ飼い方!【餌・寿命・種類・卵なども解説】
カタツムリがスクスクと育つよう正しい飼育方法を説明します!飼育に必要なケースやエサ、飼育時の注意点、産卵や孵化のこと、そして赤ちゃんの育て方まで説明しています。
カタツムリの寄生虫「ロイコクロリディウム」は人間にも寄生?【死亡例も…】
カタツムリに寄生する虫「ロイコクロリディウム」とは?この虫の特徴や生息地域、どうやって人間に寄生するのか?寄生したらどうなるのか?どこよりも分かりやすく説明しています。
サナダムシのダイエットは最悪「死」!寄生症状が怖い…【卵と画像】
サナダムシダイエットって本当に効果あるの?そもそもサナダムシって何・・・?寄生させることでの症状や、寄生される原因、なぜ痩せると言われているのか?解説します。