ゴキブリにアロマ(ハーブ・ミント)やファブリーズ、重曹は効くか?【試してみた】

ゴキブリにアロマ(ハーブやミント)、ファブリーズ、重曹は効くのか?【試してみた】

このページでは、ゴキブリ対策として

 

アロマ・ファブリーズ・重曹は効くのか?

 

について、「効くと言われる理論」「実際に試した結果」をお伝えします!

 

なお検証結果はあくまでも筆者が行った範囲でしかないため、参考程度にして下さいね!

 

※ゴキブリが嫌いな方も多いので、写真は一切載せておりません

 

スポンサーリンク

 

こちらも人気です!

 

 

ゴキブリに「アロマオイルが効く」というのは本当か?

1つ目は「アロマオイル」についてです。

 

 

アロマオイルが効くと言われる理由はなにか?

「アロマオイルの香りでゴキブリを撃退する方法」と言うのは、殺虫というよりも「忌避効果」を狙ったものです。

 

忌避効果とは、「寄せ付けない」という意味です。

 

要は、「一部のアロマオイルは “ゴキブリの嫌い香り” がするため、近寄らなくなる」 と言う理論です。

 

ゴキブリが嫌うアロマオイル

    • ミント
    • ローズマリー
    • ゼラニウム
    • ユーカリ
    • ラベンダー
    • ベチバー
    • クローブ
    • シナモン

 

このほかにもたくさんありますが、「手に入りやすく代表的なもの」は以上のような物でしょう。

 

言葉の補足!

ハーブとは “薬や香料とする草の総称” であり、ハーブの中に上記のようなさまざまな植物があります。

また、アロマとは “自然の植物や果実が持つ香りの成分” のことです。

この香りで「心と体のケア」をする自然療法が、アロマテラピーと呼ばれるものです。

 

なお、「アロマオイル」の他に

 

  • エッセンシャルオイル
  • 精油

 

という名前でも販売されていますが、同じ意味となります。

 

オイルを選ぶときは天然由来100%のものを選びましょう

 

人工的な物質が含まれていると、ゴキブリへの忌避効果が半減してしまいます。

 

ちなみに、ホームセンターなどでは

 

  • 「アロマで虫よけ」
  • 「ハーブで虫対策」

 

といった謳い文句で、虫よけ効果のあるアロマ製品がたくさん販売されています。

 

 

 

その中でも “最も効果的” だと言われているのが「ベチバー」です。

 

ベチバーは「インド原産の植物」ですが、日本ではラベンダーやミントほど一般的ではないかもしれません。

 

しかしゴキブリ対策にはとても効果的な香りの一つです。

 

九州大農学研究院をはじめとする福岡県久留米市の企業との共同研究では、「ゴキブリを100%寄せ付けない効果がある」と明言しました。

 

 

 

 

どうやって使用するの?

アロマオイルを使用する際には、他のオイルと同じ様に「電気式やキャンドル式の芳香器」で香りを部屋中に行き渡らせます。

 

ゴキブリが良く出そうな場所に焚くと効果的です。

 

 

 

 

注意点もある!

気をつけなければならないのは、アロマオイルの香りは人体にも作用するということです。

 

特に妊娠中の場合は「子宮収縮作用のあるオイル」には気を付けなければなりません。

 

オイルの副作用や効能を良く見て選びましょう。

 

 

 

本題!アロマは効くか?

前置きが長くなりましたが、本題の「アロマは効くか?」についてです。

 

結論から言うと、

 

アロマを炊いている日は本当にゴキブリを目にしなくなったので、かなりの効果がある

 

と言えます。

 

ちなみに使ったのは

 

  1. ベチバー
  2. ラベンダー
  3. ミント

 

の3種類ですが、「かなり効果があるな」と思ったのはベチバーです。

 

 

ベチバーは効果を感じられた

使ったのは上でも挙げた「ベチバー」のアロマオイルです。

 

 

「100%寄せ付けない」なんて本当なのか?と思いながらも4日間使ってみました。

 

実家は山奥にあるため、夏場は何もしなければ基本的にゴキブリが出るので、目にするのは日常茶飯事です。

 

しかしアロマを炊いていた4日間は本当に出現しなくなり、止めてから2日後に再び出没しました

 

家の周りにゴキブリが生息しているのは確かなので、「香りが行き届いている範囲には寄ってきていないのは確かかな?」と私の実証実験では結論付けました。

 

これまでハッカ油や超音波などのアイテムを使ったことがありますが、それらよりも圧倒的に効果が強く感じます

 

個人的に、普通にかなりオススメです。

 

なお、ベチバーは「根っこのような香り」なので、好き嫌いは分かれる匂いだと思います。

 

個人的にエキゾチックな香りは苦手なため4日間で断念しましたが、この香りが嫌でなければ有効活用出来ると思いますよ♪

 

 

 

ミントとラベンダーは「どうだろう?」というレベル

ミントとラベンダーもそれぞれ4日ずつ試しました。

 

【ペパーミント】

 

 

【ラベンダー】

 

 

どちらも香りは良く、価格も安いので続けやすいのですが、「ゴキブリへの忌避効果」という意味では、微妙だと言う結論に至りました

 

ラベンダーに関しては、炊きはじめて1時間した頃に、普通にカサカサとゴキブリが床を歩いており、「こりゃダメだ。」とその効果は諦めました。

 

香りが好きなので4日ほど連続で使ってみましたが、4日目にも出現してしまったので効果は「×」だと思います。

 

ミントに関しても、3日目の炊いている最中に普通に出てきてしまったので、「うーん。」といった感想です。

 

ベチバーが「5日連続でゴキブリを遠ざけた」という実績と比べ、「どちらもその効果はイマイチかな」と結論付けました

 

よって「ゴキブリの忌避効果」という意味でアロマを選ぶのであれば、個人的にはベチバーがオススメです。

 

 

 

無水エタノールでも、似たような忌避剤を作れる!

薬局などで販売されている「精製水」と「無水エタノール」を9:1の割合で配合し、そこにオイルを数滴垂らして「忌避スプレー剤」を作ることができます。

 

このスプレーを「ゴキブリの通り道や水場の床」などに撒いて使用します。

 

また床の拭き掃除に使用しても効果的です。

 

部屋の中が良い香りとなり、我々人間にはリラックス効果もありますよ。

 

 

ただし、個人的には「ベチバーの方が圧倒的に効果がある」と思うので、そちらをオススメします。

 

 

「忌避効果」を狙うなら、超音波などもある!

「ゴキブリを遠ざける効果」の検証として、

 

  • 超音波
  • 電磁波
  • ハーブ(種の粉末)

 

も使ってみましたので、こちらも参考にしてみて下さい。

 

>>ゴキブリを寄せ付けない究極アイテム発見!ハッカや超音波より効果抜群!

 

ただし上記記事でも最終的に「ベチガー」をオススメしていますが、生活環境によっては超音波なども十分使えると思いますよ!

 

 

 

続いては
「ファブリーズは効くのか?」という点についてです!

 

スポンサーリンク

 

ゴキブリにファブリーズは効くのか?

続いても、
巷では有名な「ファブリーズでゴキブリを退治できる」という噂について検証してみました。

 

 

ファブリーズが効くとされる理由は?

消臭剤として有名な

 

  • ファブリーズ
  • リセッシュ

 

が「ゴキブリ退治に効果的」だとされています。

 

この理由は、洗剤やアルコールと同様に「気門をふさいで窒息死させること」が狙いです。

 

昆虫には「気門」と呼ばれる “昆虫独特の呼吸穴” がありますが、そこを塞ぐことでゴキブリを窒息死させているのです。

 

ファブリーズにもリセッシュにも界面活性剤が含まれており、「ゴキブリの体表の油膜」を溶かして気門を塞いでしまうことができます。

 

人気の関連記事!
>>ゴキブリ退治<7つの瞬殺方法>!洗剤・熱湯・アルコールでの殺し方は正しいのか?

 

 

※「ファブリーズ・リセッシュの成分」については以下サイトが役に立ちました。
>>https://ameblo.jp/rik01194/entry-12298464391.html

 

 

 

ファブリーズにゴキブリへの効果はあるのか?

結論から述べると

 

多少の効果は認められるが、ファブリーズだけで絶命させるのは大変

 

だと思いました。

 

使用したファブリーズはコチラ。

 

 

 

使用方法は、「弱っていない普通のゴキブリ」にシュッシュッと吹き掛けただけです。

 

 

私「シュッシュッ!!」

 

G「ガサガサガサ・・・・」

 

私「・・・・シュッシュッシュッ!!」

 

G「ガサガサ・・・・」

 

 

シュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッ!!!

 

 

ガサガサガサガサーーーーーーーーーーーー!!!

 

 

行方不明に。

 

 

この戦いから感じた事は、

 

「弱っているゴキブリ」を見つけた時に大量に掛ければ絶命させることも出来るかもしれないが、元気に動いているゴキブリに掛けてもほぼ効果が無い

 

と言うことです。

 

弱っているゴキブリであれば熱湯を掛けても処分できますし、あえてファブリーズを使う必要があるかは疑問です。

 

いずれにしろ即効性は全く期待出来ないので、『ゴキブリ退治<7つの瞬殺方法>!洗剤・熱湯・アルコールでの殺し方は正しいのか?』でもオススメしているとおり、冷却スプレーを常備しておきましょう。

 

 

 

 

では最後に
「ゴキブリに重曹は本当に効くか?」についてです。

 

スポンサーリンク

 

「ゴキブリに重曹が効く」は本当か?

最後は重曹での対策についてです。

 

 

重曹が効くとされる理由は?

重曹でのゴキブリ対策とは、「ゴキブリに重曹を食べさせる」ことで退治することです。

 

つまり「毒エサ方式」です。

 

重曹は炭酸飲料を作る際の「炭酸」の役割をしています。

 

人間は炭酸を飲むと、そのガスをゲップとして体外に出すことができますが、ゴキブリはゲップをすることができません。

 

そのため消化器官の中にガスが溜まり、内臓破裂を起こして死んでしまうのです。

 

また膨満するため、「他のエサが食べられなくなって死ぬ」とも言われています。

 

 

 

やり方は?

重曹で対策をする場合は、まずゴキブリのエサを作ります。

 

重曹と砂糖を1:1で混ぜたものを、ゴキブリの通り道や出入りしそうな穴の近くに置いておきます。

 

水に浸して湿らせておけば、「ゴキブリの幼虫」の口にも入りやすくなり、なお効果的です。

 

ただしあまりに水分が多い場合、炭酸が抜けてしまいますので、定期的に交換するようにしましょう。

 

 

 

重曹の効果はいかに?

重曹は100均でも売られていますし、どこでも手に入ります。

 

 

私が使ったのは上の「食用」の重曹です。

 

もっとも入ってきやすい玄関周りに重点的に撒いてみました。

 

その結果、玄関と玄関前付近で2匹ゴキブリが死んでいることを確認出来ました。

 

特に「ほかの罠」を仕掛けたりはしていなかったため、重曹による効果だと言えます。

 

ただし見張っていたわけではないので、どのくらいで絶命したかは分かりません。

 

結論、即効性があるかは不明ですが普通に効きました

 

 

 

注意点!

このエサは昆虫全般に効果的ですが、ペットや人間には害がないため安全なものです。

 

安価なので常時設置することもできます。

 

ただし、重曹には

 

  • 食用
  • 薬用
  • 工業用

 

などがあります。

 

以下引用のとおり、この3つに大きな違いは無いようですが、ペットや赤ちゃんがいる家庭では、念のため「掃除用」などを使わずに「食用」を使うのが良いでしょう。

 

難しい言葉で3種類に分けられている重曹ですが、実は中身には大きな違いはありません

というのも、重曹を製造している各会社のカタログを見ても、純度は全て99%であり、成分の違いも非常に細かな数値でしかないため違いがあるとは言えません。

では、なぜ薬用・食用・掃除用など重曹の種類や用途が分かれているかというと、適用している法律の違いと言えるかと思います。

要は、「薬用・食用として口に入れても問題ないですよ」というお墨付きを国からもらっている、ということですね。

引用元:http://shiraberulab.com/bakingsoda/

 

 

 

余談:ホウ酸ダンゴとは違う!

似たような「対策法法」としてホウ酸ダンゴが有名です。

 

「ホウ酸ダンゴがなぜ効くのか?」はまだはっきりと解明されていないようですが、一般的に「消化器に作用して脱水症状を引き起こす」と言われています。

 

「消化器官の中にガスが溜まり、内臓が破裂する」という重曹とは、作用が違うことが分かります。

 

スポンサーリンク

 

 

さいごに!

アロマやファブリーズ、重曹などの「ゴキブリに効く」と噂されるものを実験してみました。

 

どれも「100%の確証を持って言える結果」ではありませんので、参考程度にしてみて下さいね!

 

なお、根本的に「家に侵入させない方法」については、

 

ゴキブリはどこから来る?7つの侵入経路・原因と、鉄壁の予防対策法!

 

で説明していますので、こちらも参考にしてみて下さい。

 

そして「すでに出現しているゴキブリ」への対策については、アッと言う間に瞬殺できる方法を『ゴキブリ退治<7つの瞬殺方法>!洗剤・熱湯・アルコールでの殺し方は正しい?』で紹介していますので合わせてご確認下さい!

 

また、以下の関連記事もたくさんお読み頂いております!

 



 

こちらも読まれています!

 

▼お役に立ちましたら、シェアして頂けますと嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ゴキブリ退治<7つの瞬殺方法>!洗剤・熱湯・アルコールでの殺し方は正しいのか?
最近まで山奥に住んでいた私が、ゴキブリをアッと言う間に瞬殺できる「7つの対処法」を紹介します!「いなくなった!」と不安な夜を過ごしているあなた、見つけたらすぐに退治するのが大切ですよ。お湯や洗剤は本当に効果あるのか?説明します。
ゴキブリの卵が孵化する8つの場所と時期!女子でも出来る駆除法4選!
【2018年更新版】ゴキブリの卵はどこに産み付けられ、どこで孵化するのか?また、何匹生まれるのか?孵化の時期はいつ頃か?卵を見つけた時の処理方法を分かりやすくまとめてみました。
ゴキブリはどこから来る?7つの侵入経路・原因と、鉄壁の予防対策法!
ゴキブリはどこから入ってくるのか?侵入経路や寄せ付けないための「侵入防止対策」をどこよりも分かりやすく解説!ホウ酸団子や忌避剤は意味があるのか?ゴキブリを寄せ付けない鉄壁の予防対策もご紹介!
ゴキブリの赤ちゃん(幼虫)はどこから出る?「一匹いたら百匹いる」の真実とは
【2018年更新版】ゴキブリの赤ちゃん(子ども)の特徴や大きさ、「飛ぶのか?」などについて説明します。また、どこからわきでてくるのか?考えられる7つのルートと対策を、どこよりも分かりやすく解説!
ゴキブリの生態が丸わかり!種類・寿命・冬の生活・共食い!噛むの?菌は?
【どこよりも分かりやすく説明!】ゴキブリの生態について、、種類や寿命、冬はどこに潜んでいるのか?夜行性なのか?を説明!人間を噛むの?ウイルス・細菌感染の危険性の有無は?
ゴキブリを寄せ付けない究極アイテム発見!ハッカや超音波よりスゴイ!
【2018年更新版】ゴキブリを寄せ付けない方法を色々試してみた!ハッカ油や超音波、電磁波、ナツメ・ラベンダーなどのハーブなどなど。その中で「これは効く!」と思えた効果抜群のアイテムが見つかったので紹介する!
ムカデの生態(種類・つがい・幼虫・卵・天敵・餌)辞典【完全版】
ムカデについてどこよりも分かりやすく解説!種類は多いの?つがい行動するって本当?幼虫はどんなの?噛むことや毒はある?卵はどんなのでどんな場所にうむの?【ムカデがわかる辞典】
ムカデ対策・駆除の方法9選!熱湯やハッカ油で退治?噛まれた時の対処・薬
ムカデの対処方法を9種紹介!ハッカ油や熱湯、バルサン、殺虫剤・・・ 何が効くの?ムカデを寄せ付けない予防法や、噛まれたらどうするのか?を分かりやすく説明しています!
ゲジゲジ虫の対策・駆除6選!益虫なの?幼虫や毒性、噛むことはあるの?
ゲジゲジ虫の対策と駆除を分かりやすく解説しています!また、幼虫や卵、どこから沸いてくるのか?毒性や噛むこともあるのか?についても分かりやすく説明しています。
シバンムシの駆除法6つと予防法7選!幼虫・卵どこから沸くの?
シバンムシの駆除方法6つと予防方法7つを分かりやすく。またシバンムシは何が原因でどこから沸いて来る?卵や幼虫はどう退治する?繁殖の時期・畳への害などを含めて説明しています。
ダンゴムシの餌・飼い方・生態と駆除方法
ダンゴムシの飼育やエサ、生態(寿命・オスメスの違い・赤ちゃん・幼虫・種類など)を分かりやすく説明!また、害虫ともなるダンゴムシの駆除方法についても説明しています。
トノサマバッタの生態(餌・飼い方・卵・寿命・共食い)【完全版】
トノサマバッタについて、餌や飼い方、産卵のさせ方や卵の保管方法、孵化のさせ方、寿命、共食いの有無を分かりやすく説明しています。トノサマバッタを 飼いたい方は必見!
カミキリムシの正しい飼い方と、種類・エサ・幼虫!【画像】
カミキリムシって買える(飼育できる)?!成虫や幼虫の生態って?種類やエサは?カミキリムシについて、わかりやすくまとめてみました。
クマンバチの巣や毒針を解説!刺されたら?駆除やオスメスの生態
クマンバチの生態を分かりやすく説明!毒はあるの?刺された場合の処置はどうする?駆除の方法は?オスメスの見分け方は?分かりやすく解説しています。
カタツムリがグングン育つ飼い方!【餌・寿命・種類・卵なども解説】
カタツムリがスクスクと育つよう正しい飼育方法を説明します!飼育に必要なケースやエサ、飼育時の注意点、産卵や孵化のこと、そして赤ちゃんの育て方まで説明しています。
カタツムリの寄生虫「ロイコクロリディウム」は人間にも寄生!【死亡例も…】
カタツムリに寄生する虫「ロイコクロリディウム」とは?この虫の特徴や生息地域、どうやって人間に寄生するのか?寄生したらどうなるのか?どこよりも分かりやすく説明しています。