逆効果?ブラックキャップの効果を6ヶ月ガチ検証したらヤバすぎた!

逆効果?ブラックキャップの効果を6ヶ月ガチ検証したらヤバすぎた!

「ゴキブリの画像」は載せておりませんので、安心して読み進めて頂ければと思います。

 

こんにちは。
山奥の実家で20年、都心に引越してきてからも10年近くゴキブリと戦ってきたアキラです。

 

 

ブラックキャップを設置してから、早半年。

 

恐る恐る「冷蔵庫」を動かすと、そこには「ヤバイ状況」が広がっていた…

 

 

 

 

暖かい季節になると、どこからともなく出没する「ゴキブリ」。

 

そんなゴキブリに「最強!」とまで言われているのが、ゴキブリ駆除薬「ブラックキャップ」です。

 

ただ一方で、「ゴキブリが寄ってきてしまって逆効果では?」という疑問の声も。

 

と言うことで、実際にゴキブリに困っている「筆者の家」でも6ヶ月間置いてみて、その効果を検証してみました!

 

 

この記事を読むことで、

 

  • どこに置くべきか?
  • 効果はあるのか?逆効果にならないのか?
  • 類似の商品と比べ効果はどうか?

 

などが分かります。

 

ゴキブリにお困りの方は、ぜひ最後までご覧頂ければ幸いです。

 

スポンサーリンク

 

目次
  • ブラックキャップの7つの効果とは?
  • 「屋外用」との違いはどこか?
  • いつ設置すれば「最大の効果」を引き出せるのか?
  • 有効期限はどれくらい?
  • 置き場所は13ヶ所!24個すべてをセッティング!
  • 半年経った結果は、「ヤバイ状況」に!
  • 逆効果にはならない?確認してみた!
  • 追記@:「プロ業者の駆除薬」を使ってみた!
  • 追記A:「コンバット」との違いは?試してみた!

 

関連ページ!

 

スポンサーリンク

 

 

ブラックキャップの7効果とは?

ブラックキャップのパッケージ画像

 

まずは簡単に、「ブラックキャップにスゴイ効果がある」と言われる理由を知るために、ブラックキャップの構造や成分などを見てみましょう!

 

興味の無い方は飛ばしても大丈夫ですが、「なぜ効くのか?」を知っておくと良いと思います。

 

 

 

速攻性のある成分が含まれている??

ブラックキャップには、「フィプロニル」という成分が含まれています。

 

パッケージには、この成分を「速攻成分」という表示にしていますが、この成分は厳密に言うと「遅延性の毒物」です。

 

ただ決して「遅い」わけではなく、「毒エサを食べたゴキブリが、巣まで戻れる時間」が考慮されています。

 

これは、後ほど説明する「連鎖駆除」のためには必要な時間です。

 

また、食べた当日には、食べたゴキブリには効果が現れるため、「速攻」とまではいきませんが、十分なスピード感でしょう。

 

 

 

メスが抱えている卵にも効く!

ゴキブリの卵は、卵鞘(らんしょう)という大きな「さや」で守られています。

 

【ゴキブリの卵鞘】

 

そのため、殺虫剤を吹きかけたり、バルサンのような「くん煙剤」を使用しても、卵にダメージを与えることは出来ません。

 

ところが「フィプロニル」はこの卵にまで働きかけるため、幼虫の誕生を阻止することが出来るのです。

 

 

 

連鎖反応を引き起こす!

「遅延性の成分」なので、「ブラックキャップを食べたゴキブリ」は巣まで戻ることが出来ますが、そこで力尽きます。

 

すると他のゴキブリが、そのゴキブリのフンや死骸を食べるのですが、フィプロニルの効果は「フンやゴキブリを食べたゴキブリ」にまで影響し、致死させる力を持っています。

 

この連鎖反応によって、ゴキブリの根絶を狙います。

スポンサーリンク

 

 

耐性のあるゴキブリにも効く!

近年は、薬剤に対して「耐性」を持つゴキブリが増えています。

 

そんな「強いゴキブリ」のほか、都会ではあまり見かけないような「巨大なゴキブリ」にも効くように、強力に作られています。

 

 

 

警戒心を解く設計!

これは「なるほどな!」と思いましたが、ゴキブリは「暗くて狭い場所」が好きです。

 

ブラックキャップはその心理を逆手にとり、「暗闇」「適度な隙間」を作ることで、誘い込みやすくしてあります。

 

 

 

半生で食べやすく設計!

ゴキブリにも、柔らかさや固さと言った「食べ物に対する好み」があります。

 

もっともゴキブリに好まれる「半生」を採用することで、食いつきやすく設計されています。

 

 

 

コンパクトな設計!

コンパクトなサイズ感なので、場所を選ばずに設置しやすくなっています。

 

写真では分かりづらいと思いますが、

 

  • 直径は約4.5cm
  • 高さは約2.5cm

 

です。

 

ブラックキャップのサイズ画像

 

ブラックキャップのサイズ画像

 

ブラックキャップのサイズ画像

※写真の角度によって高さ3cmほどに見えますが、実際は約2.5cmです

 

 

スポンサーリンク

 

 

「屋外用」との違いはどこか?

ブラックキャップには、
「通常タイプ」と「屋外用」が売られています。

 

 

【通常タイプ】

 

 

【屋外用】

 

 

 

通常の物とはどこが違うのか?

どこが違うのかと言うと、まずは見た目が違います。

 

【屋外タイプ】
ブラックキャップの屋外用

 

屋外用のものは、四角くやや薄めに設計されており、ケースがグレーです。

 

さらに

 

  • 雨・風に強い
  • 排水・防水機能がある(エサは水に溶けにくい処方)
  • 固定テープが裏についている

 

という特徴があります。

 

我が家では、通常用・屋外用を区別せずに買ってしまったので、「通常タイプ」のものに両面テープを貼り付けて使用しました。

 

ブラックキャップに両面テープで固定

 

このように「通常タイプ」を外で使用しても、特に大きな問題はありませんでした。

 

ただし、

 

  • 「両面テープをつける」という手間
  • ベランダに設置する場合、ベランダの奥行きによっては雨を受けすぎる

 

という点があるため、外にも設置を予定している方は、最初から「屋外用」を1箱買っておいても良いでしょう。

スポンサーリンク

 

 

いつ設置すれば最大の効果を引き出せるのか?

せっかくブラックキャップを購入した以上は、最大限その効果を引き出したいところです。

 

では「どうすればもっとも効果を上げられるのか?」と言うと、活動期に多くのゴキブリにしっかりとエサを食わせ、そこから連鎖駆除で一網打尽すると言うことです。

 

当然、「ブラックキャップを食べるゴキブリ」が増えれば増えるほど、死骸やフンが増え、そしてそれらを食べて連鎖死に至る数も増えます。

 

よって「もっとも活動する時期」にはセッティングしておくべきだと言えます。

 

 

 

ゴキブリが活動する時期は?

ゴキブリの最盛期は、あなたも目にする事が多いであろう「7〜8月」の暑い時期です。

 

しかし、一般的に「発生し始める時期」としては、暖かくなり始めた4月頃からです。

 

 

 

持続効果を計算すると、3月の下旬あたりがベスト

ブラックキャップの有効期限は、以下のとおり約6ヶ月です。

 

 

つまり、

 

「暖かくなりはじめる3月下旬」に設置し、6ヶ月後の「涼しくなってくる9月下旬」に撤去する

 

というのがベストだと考えられます。

 

3月中に設置しておけばまず問題ないでしょう。

 

ただしこれは「ゴキブリを目にして嫌な思いをしないために早めに置こう」というお話であって、ゴキブリを見かけてから「対策」として設置しても全く遅くありません

 

なお家の中に入り込んでいる場合、冬であってもゴキブリは家の中の「特に暖かい場所」で越冬している可能性があります。

 

特に暖かい場所

  1. 電子レンジの裏
  2. 冷蔵庫の奥
  3. エアコンの室外機の中
  4. 天井裏
  5. 配電盤(ブレーカー)の中
  6. etc...

 

そのため冬場であっても、上記のような場所には設置し続けているとなお良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

有効期限はあるのか?

有効期限は、上で説明したとおり約6ヶ月です。

 

 

一年中設置する場合は、年に2回取り替えれば良いでしょう。

 

ちなみに「屋外用」でも効果は6ヶ月となっています。

 

 

 

 

置き場所は13ヶ所!
24個すべてをセッティング!

我が家では「12個入り」を2つ購入したため、13ヶ所で24個全てをセッティングしました。

 

ちなみにですが、パッケージ裏の使用方法に「一度に全部を使うとより効果的」と書いてあります。

 

しかし、そもそもで「1つの内袋」に12個が全て入っているため、一度封を開けた場合は、どちらにしろ一度にすべて設置してしまった方が良いと思われます。

 

ブラックキャップの内袋

 

ブラックキャップの内袋に12個すべて

 

「空気に触れる」ことで有効期間が縮まるのか、「ホコリの付着」で有効期限が縮まるのか、その辺りは正確には分かりません。

 

しかしまずは「エサを食べさせる」ことが最大の目的なので、ケチらずに全て設置してしまいましょう。

 

「置き場所」については、パッケージ裏のイラストを参考にしました。

 

【室内の場合】

 

【屋外の場合】

 

 

もちろん、

 

  • ゴキブリの侵入経路と思われる場所
  • ゴキブリがよく逃げ込む場所

 

を把握し、その近くに置くのがベストです。

 

 

 

実際に置いた13の場所!

我が家で実際に設置した13の場所を紹介しましょう!

 

 

玄関(外)

ブラックキャップの置き場所(玄関)

 

 

玄関(内)

ブラックキャップの置き場所(玄関)

 

 

室外機の上・下・横

ブラックキャップの置き場所(室外機)

ブラックキャップの置き場所(室外機)

ブラックキャップの置き場所(室外機)

 

 

隣のベランダとの境界(特に重点的)

ここに大量に置くために、2パック購入していると言っても過言ではないです。

 

ブラックキャップの置き場所(ベランダ)

 

 

ベランダの植木鉢の横

ブラックキャップの置き場所(植木鉢)

 

 

洗濯機の側

ブラックキャップの置き場所(洗濯機)

 

 

冷蔵庫の横

ブラックキャップの置き場所(冷蔵庫)

 

 

キッチンの入り口近辺

ブラックキャップの置き場所(台所の入り口)

 

 

流し台の下

ブラックキャップの置き場所(台所下)

 

 

キッチンの上棚

ブラックキャップの置き場所(キッチン上棚)

 

 

プラスチックのタンス

ブラックキャップの置き場所(タンス)

 

 

その他

シューズ収納台と電子レンジ裏に1つずつ設置しています。
※写真を撮り忘れました

 

スポンサーリンク

 

 

半年後の結果!最強か?逆効果か?

さて、本題です。

 

6ヶ月置いてみた結果、

 

  • 最強だったのか?
  • 逆効果だったのか?

 

結論を述べると

 

効果はあったが、「最強」とまでは言えない

 

です。

 

 

 

効果のあった場所!

まずは「ブラックキャップを食べた痕跡のあった場所」はどこか?

 

一覧にしてみました。

 

置き場所

食べられた ○

食べられなかった ×

玄関(外)

×

玄関(内)

×

シューズ収納台の裏

×

室外機(上)

×

室外機(下)

室外機(横)

×

隣のベランダとの境界

ベランダの植木鉢の横

洗濯機の側

×

冷蔵庫の横

キッチンの入り口近辺

流し台の下

×

キッチンの上棚

×

電子レンジ裏

×

プラスチックのタンス

×

 

我が家では、このような結果に。

 

「隣のベランダ」から来ているのは分かっていたので、境界部分にはたくさん設置していましたが、やはり結構食べられていました。

 

また食べられ方は一つ一つ異なり、かなり無造作。

 

ブラックキャップを食べられた痕

 

 

侵入経路は把握していましたが、このように色んな場所に設置してみると、「どこから来ている可能性が高いのか」がより把握できますね。

 

 

 

 

効果が現れるのは早く、そしてヤバかった!

理想の設置時期である「3月の中旬」に設置しました。

 

毎日のようにゴキブリが現れていた我が家ですが、なんと設置してから1週間立った頃には、ほぼほぼ見なくなりました

 

「ほぼほぼ」とした理由は、数日後には定期的にまた大きいのを目にするなど、「一匹も見なくなる」というほど完璧な成果ではなかったからです。

 

恐らく、「巨大なゴキブリ」は直接ブラックキャップを食べることは少ないのでは?という個人的な見解です。

 

普通サイズのゴキブリ ⇒ ブラックキャップで死ぬ ⇒ そのゴキブリを、巨大なゴキブリが食べる

 

巨大ゴキブリが定期的に姿を現すところをみると、私の中では、「巨大ゴキブリは上の流れでしか駆除できないのでは?」という印象。

 

ただしその後もチラホラ見かけることはあるものの、確かに見る機会は明らかに減りました。

 

これまで「バルサン」や「ゴキブリホイホイ」でちまちまと駆除していた筆者にとって、「これはかなりスゴイ効き目だな」と素直に実感。

 

また、冷蔵庫を恐る恐る動かしてみると…

 

グロテスクな写真なので、載せることはしませんが…

 

 

うぎゃぁぁぁっっっ!!!

 

ヤバいよ!!ヤバいよ!!

 

 

と、「出川さんの口癖」を自然と口走っていました。

 

そこには、めちゃくちゃ死骸が転がる「ヤバイ状況」が…。

 

中には「食べられたゴキブリ」もいると思いますが、冷蔵庫裏では見事な「連鎖駆除」が行われていました。

 

このように、設置後に「家の中で全く目にしなくなる」というミラクルは起きませんでしたが、巣は壊滅していました。

 

さらに、まだ残暑の残る9月下旬の頃には見る回数が増えたので、「有効期限6ヶ月」というのは間違ってなさそうです。

 

また、「有効期限中はほどほどに効果を発揮していた」とも言えると思います。

 

 

 

 

「隣人のベランダ」の巣は壊滅できず…

上で「ほぼほぼ見なくなった」と説明のとおり、設置後は巨大ゴキブリを定期的に見かけることはありつつも、明らかに見る回数は減りました

 

ただ我が家の問題はそれだけではありません。

 

横の部屋のベランダが、まぁびっくりするほど汚いんです。

 

「ゴミを捨てるのが面倒な性格」で、恐らくは “何でもかんでもとりあえずベランダに出す” という方針みたいです。

 

※ベランダの奥行きがあることで、余計ゴミを溜めやすいようです…

 

 

簡単な仕切りしかないためゴミが丸見えで、とりあえず「汚い」です。

 

そして、そんな「隣の部屋」からもゴキブリがこちらに来ているのは明らかなのです。

 

なぜなら我が家のベランダには餌となる物や、巣を作られそうなものは極力排除、もしくはしっかり手入れをしているにも関わらず、定期的にゴキブリが歩いているからです。

 

そのため「家の中のゴキブリ」を駆除しても、新規のゴキブリがベランダから家の中へ侵入してきた可能性もあると考えています。

 

もちろん基本的にはベランダからの侵入は出来ないようにしているため、「家の中のブラックキャップを食べずに生き延びているゴキブリ」の可能性もありますが…

 

 

 

ベランダからの侵入防止はするが…

ちなみにですが、ベランダからの「侵入防止対策」は全て行っていますので、通常であれば絶対に入ってこれないようにしています。

 

>>ゴキブリはどこから来る?7つの侵入経路・原因と、鉄壁の予防対策法!

 

 

しかし、認知症の父が何度も網戸を閉め忘れるため、その間に入って来てるゴキブリも中にはいると思います。

 

我が家では、ここの防止策も別で考える必要はあります。

 

 

 

 

結局、効果はあるのか?ないのか?

「検証結果」をまとめます。

 

まず、目にする数は明らかに減りましたので、効果はあったと思います。

 

ただし気になるのが、

 

  • 基本的に外からは入ってこれないようにしている割には、設置後もチラホラとリビングなどで目にしたため、「食いつかないゴキブリ(恐らく巨大ゴキブリ)もいるのでは?」という点
  • 「隣のベランダ」の巣には効果が無かった」という点

 

の2点です。

 

設置後もこのようにチラホラと…。

 


※「モザイク入れろ!」とご指摘を頂きました。不快な思いをされた方々へお詫び申し上げます。

 

 

隣人のベランダには、巣にうってつけの「ダンボール」や「プランター」がたくさん並んでいますので、「ゴキブリの巣」があると想定出来ます。

 

「我が家のベランダ」でブラックキャップを食べたゴキブリは、隣へも持ち帰っているハズなので、隣のベランダでも恐らくはゴキブリを連鎖的に駆除できているハズです。

 

しかし、ベランダ(筆者の家)に設置した後も、ちょくちょくと我が家のベランダへ来ていた点をみると、「隣のベランダにある巣」は破壊出来ていなかったものと思われます。

 

 

 

 

「総評」としては70点!

以上のとおり、

 

  • 部屋において食いついて無いであろうゴキブリがいる点(巨大ゴキブリは食いつかない可能性も。)
  • 隣人ベランダの巣を壊滅できなかった点

 

を総合的にみて、評価としては★3.5つの70点としておきます!

 

もちろん「ちまちまと退治する」よりはよっぽど効率的ですし、完璧な効果とは言えないものの、我が家の巣は壊滅させていました。

 

そのため、決して悪くは無い商品だと思います。

 

 

なお、逆効果になることはないのか?についても調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

「逆効果」にはならないのか?

こういった駆除剤では、「ゴキブリをおびき寄せることで、却って増えるのでは?」と懸念される方が多いと思います。

 

しかし、「ゴキブリ自体も15cmの範囲しかニオイを検知出来ない」と言われていますし、実際に「見る機会」は減りましたので、決して「逆効果」にはなっていないと言えます。

 

ですが「念には念を。」ということで、アース製薬の「お客様窓口」に確認してみました。

 

私:
ブラックキャップは、置くことによって逆にゴキブリを集めてしまうような事はあり得ませんか?
「外に置くタイプ」も含め、逆効果にならないかをお聞きしたいです。

 

 

担当の方:
ブラックキャップの効果範囲はせいぜい30cmほどですので、遠いところにいるゴキブリ、ましては外からおびき寄せると言うことはありません。
また屋外タイプでも同様です。ご安心ください。
逆に言うと、しっかりと「ゴキブリの通り道」に置いて頂きますようお願いします。

 

と言うことで、やはり問題なし。

 

「通り道と思われる場所」「なるべく壁際」を意識して設置すると良いです。

 

 

 

 

追記:「業務用駆除剤」を使ってみた!

去年はブラックキャップを使用ましたが、今年は業務用駆除剤「ゴキちゃんストップ」を4〜10月に試してみました。

 

使ってみると分かりますが、これはめちゃくちゃ効果が強いと言えます。

 

今年もベランダの汚いお隣さんですが、3月の後半には「隣のベランダ」から「筆者のベランダ」へと、ゴキブリがカサカサ侵入してきた事を確認しています。

 

そこで、プロ業者が実際に使っているこちらの駆除剤を4月上旬に設置。

 

以前は、真ん中に設置した物ははほとんど食べられなかったため…

 

 

 

「触覚を壁に触れさせながら歩く習性」を逆手にとり、端に固めました。

 

 

 

その結果、ゴキブリの活動期である4月〜10月の間、一度も

 

  • ベランダ
  • 家の中

 

でゴキブリを目にしませんでした。

 

夏を通して「一度もゴキブリを目にしない」というのは過去に無いため、これには驚きました。

 

 

薬剤が露出していることから、全体的に齧(かじ)られており、「食いつきの良さ」が窺えます。

 

少しでも齧ってくれれば「こちらの勝ち」ですので、露出してる点は大きなメリットです。さすがプロ仕様。

 

※ペットや赤ちゃんがいる環境では「触れる可能性がある」ため、触れられない場所にのみ設置しましょう

 

ゴキちゃんストップ」も“連鎖駆除タイプ”の駆除薬ですが、一般市販品では有り得ない「ホウ酸濃度40%」のプロ業者用なので、効果が圧倒的に高いです。

 

なおブラックキャップと同様に、半年間効果が持続します。

 

ブラックキャップよりは少しだけ価格が高いですが、その分効果も高いです。

 

「少しでも安くないとイヤだ」という方はブラックキャップでも良いと思いますし、「中途半端に生き残ってもイヤだから、一気に全滅させたい!」という方にはゴキちゃんストップをオススメします。

 

ちなみに「ゴキちゃんストップ」は、以前は楽天で購入可能だったようですが、今は以下の通り「楽天・アマゾン」のようなサイトでは買えません。

 

 

【楽天での検索結果】※クリックで拡大

 

 

【アマゾンでの検索結果】※クリックで拡大

 

 

そのため、お求めの場合は公式HPよりご購入ください。


なお10月や11月に入ってゴキブリが現れた場合、そのゴキブリは「暖かい家の中」で隠れて越冬し、卵を産み落とす可能性が高いです。


目にする回数が減ったとしても、ゴキブリは冬眠せず、暖かい場所で繁殖活動を続けているのです。


そのため「秋〜冬の対策が翌年のゴキブリを防ぐ」と言われるのですが、逆に対策をしていなければ翌年は一気に増える可能性があります


今回見かけたそのゴキブリは、「ジッと隠れ潜んでいるうちの一匹」が姿を見せただけ、とも考えられるのです。


これから寒くなってくると、さらに行動範囲が狭まり姿を見せなくなってしまうため、退治が難しくなります。


つまり見かけた場合は、逆に「全滅させるチャンス」とも言えるのです。


もし10月以降に一匹でも見かけた場合は、翌年の大繁殖を抑えるために早めに設置しておきましょう。



クリックすると公式サイトへ移動します

 

 

人気の関連ページ!
>>ゴキちゃんストップの効果を7ヶ月検証!置き方のコツ伝授!【口コミ】

 

 

 

 

追記A:コンバットとの違いはあるのか?

2018年の3〜7月上旬にかけて、コンバットハンターを試してみました。

 

ブラックキャップと似たような商品に、「コンバット」があります。

 

コンバットは通常の「コンバット」ではなく、より強化された「コンバットハンター」がオススメですが、こちらも成分はブラックキャップと同様に「フィプロニル」です。

 

値段も有効期限(持続時間)も大きさもほぼ変わりませんが、デザインでみると、コンバットよりはブラックキャップの方が「駆除剤っぽさ」がありません。

 

そのため、ブラックキャップの方が「置いていても違和感が無い」と思いました。

 

直径はブラックキャップとほぼ変わらない(1mmの誤差ほど)ですが、7mmほど薄いです。

 

 

 

ブラックキャップは「あれ?何かのパーツが落ちてるのかな?」くらいのデザインなので、「見える場所」に置く場合には良いと思います。

 

 

 

 

使った結果は・・・

使ってみての結論を述べると、「ゴキブリを全滅させる力」はやはりゴキちゃんストップの方が強いです。

 

「コンバットハンター」は成分が「ブラックキャップ」と変わらないので、結果もほぼ変わらないものとなりました。

 

「コンバットの種類や効果の違い」などが気になる方は以下へどうぞ。
>>コンバットの効果5ヶ月検証!ブラックキャップとの強さも比較してみた

 

 

 

 

類似商品のおすすめランキング!

最後に、これまで使ってきた類似の毒餌商品について、ランキング形式に感想をカンタンにまとめます。

 

 

 

1.ゴキちゃんストップ

「これは最強すぎる」と妻と喜んだ、文句なしの商品。

 

2017年4〜10月の7ヶ月間、効果検証を実施。

 

実際にプロが使っている「業者用の駆除薬」なだけあって、ブラックキャップで駆除しきれなかった「ベランダのゴキブリ」「巨大ゴキブリ」までを、ガッツリと駆除。

 

まさに「我が家の救世主」であり、ブラックキャップよりはやや値が張るが「少しでも効果が高い物が良い」という方は迷わずコレがオススメ。

 

何度も中途半端な商品を買い直すぐらいなら、最初から選ぶことをオススメする。

 

クリックすると公式サイトへ移動します

 

 

人気の関連ページ!
>>ゴキちゃんストップの効果を7ヶ月検証!実際使った方から頂いた感想も紹介!

 

 

 

 

2.ブラックキャップ

2016年に始めて使用。
「連鎖駆除薬ってスゲー!」と感動させてもらえた商品であり、デザインもシンプルで置きやすい。

 

詳細はこの記事のとおり。

 

ただし至らない点として、

 

  • 巨大ゴキブリには直接的な効果は微妙かも
  • 「隣のベランダからのゴキブリ」は阻止出来なかった

 

という点があるため、「近所に汚い部屋がありそう」「大きなゴキブリを見かける」という方は、最初からゴキちゃんストップを選ぶ方が良いと考える。

 

 

人気の関連ページ!
>>ブラックキャップの効果検証6ヶ月!置き場所・期限【逆効果or最強?】

 

 

 

 

3.コンバットハンター

2018年の3〜7月に使用。
「ブラックキャップ」と成分が変わらず、実際に「効果の強さ」という意味でも変わらないことを確認。

 

コスパもさほど変わらないため、設置した時の見た目で判断すると良い。
個人的には丸みのあるブラックキャップの方が好み。

 

ただし「ゴキちゃんストップ」には劣るので、巨大ゴキブリがいる環境など、効果を重視するならゴキちゃんストップがオススメ。

 

 

人気の関連ページ!
>>コンバットの効果5ヶ月検証!ブラックキャップとの強さ比較もしてみた

 

 

 

 

4.コンバット(通常タイプ)

コンバットには大きく3種類ありますが、もっともオーソドックスなタイプ。

 

2015年頃に使用。
正直「連鎖駆除薬って微妙なのでは?」という印象を持ってしまうほど、我が家では効果を発揮できず。

 

「ヒドラメチルノン」というブラックキャップなどよりも毒性の弱い成分が使われている。

 

また一つひとつのサイズが大きいことから、部屋に散りばめることが難しく、「あまりこの商品を選ぶ必要はないのでは」と言う感想。

 

使った物の一つとして「オススメランキング」で紹介しているものの、正直オススメできない。

 

 

人気の関連ページ!
>>コンバットの効果5ヶ月検証!ブラックキャップとの強さ比較もしてみた

 

 

 

 

さいごに!

ブラックキャップと、プロ業者用駆除剤の検証結果を紹介しました!

 

なおゴキブリは色々な場所から侵入してくるため、「ブラックキャップ」や「プロ駆除薬」を使用してもしつこく出没する場合は、

 

  • 侵入元
  • 卵の場所

 

なども把握しておきましょう。

 

※上で説明のとおり「涼しい時期(10月以降)〜寒くなった時期」に見かけた場合でも、「翌年の大繁殖」に繋がってしまうため必ず対策しておきましょう。

 

クリックすると公式サイトへ移動します

 

 


ゴキブリ退治・対策の流れを把握する!


駆除・忌避(寄せ付けない)する!


使ってみた!


侵入を予防する!


赤ちゃん・卵・巣


生態を知る!


その他の情報!

 

 

関連ページ

ゴキブリ対策まとめ!30年の経験でわかった【二度と見ない最強駆除】
2018年最新版. 約30年ゴキブリの対策・駆除をしてきた私が、ハーブやアロマ、スプレーなどのグッズからオススメや駆除の流れを実体験に基づき解説!
【ゴキブリ退治】7つの瞬殺方法!熱湯など「身近な物」での殺し方まとめ
【G画像なし】山奥に住んでいた私が、ゴキブリをアッと言う間に瞬殺できる「7つの対処法」を紹介!お湯や洗剤は本当に効果あるのか?説明します。
ゴキブリはどこから来る?7つの侵入経路・原因と、鉄壁の予防対策法!
ゴキブリはどこから入ってくるのか?侵入経路や寄せ付けないための「侵入防止対策」をどこよりも分かりやすく解説!ホウ酸団子や忌避剤は意味があるのか?ゴキブリを寄せ付けない鉄壁の予防対策もご紹介!
ゴキブリの卵が孵化する9つの場所と時期!女子でも出来る駆除法5選!
【2018年更新版】ゴキブリの卵はどこに産み付けられ、どこで孵化するのか?また、何匹生まれるのか?孵化の時期はいつ頃か?卵を見つけた時の処理方法を分かりやすくまとめてみました。
ゴキブリの赤ちゃん(幼虫)が出る7つの原因と、効果抜群な駆除法8選!
ゴキブリの赤ちゃん(子ども)の特徴や大きさ、「飛ぶのか?」などを解説。どこから出るのか?「1匹いると30匹いる」の真実も分かりやすく説明。
ゴキブリが巣を作る11の場所!どんな形?【駆除と全滅までの流れ!】
ゴキブリの巣はどこで作られる?ゴキブリと巣を退治する方法と、全滅させるまでの流れを解説します。
ゴキブリにアロマ(ハーブ・ミント)やファブリーズ、重曹は効くか?【試してみた】
【ゴキブリ画像なし】ゴキブリにはアロマ(ハーブやラベンダー、ミント)、ファブリーズ、重曹などが効くと聞きます。では実際に効いたのか?試してみました。(ゴキブリの画像はありませんのでご安心下さい。)
驚愕!ゴキブリへの「アルコール」が効果絶大だったので報告する!
ゴキブリにアルコールスプレーは効果があるのか?なぜ嫌がるのか?実際に試した結果をモザイク画像と共に報告します!
ゴキブリに洗剤使ったらヤバすぎた!たった1つのコツで「即死」できる!
ゴキブリに洗剤を使ってみた結果、効きやすい洗剤・効きにくい洗剤があった!「死なない」「逃げられた」という方、やり方間違ってません?
ゴキブリを寄せ付けない究極アイテム発見!ハッカや超音波よりスゴイ!
【2018年更新版】ゴキブリを寄せ付けない方法を色々試してみた!ハッカ油や超音波、電磁波、ナツメ・ラベンダーなどのハーブなどなど。その中で「これは効く!」と思えた効果抜群のアイテムが見つかったので紹介する!
ゴキブリの生態まとめ!種類・寿命・冬の生活・共食い!噛むの?菌は?
【どこよりも分かりやすく説明!】ゴキブリの生態について、、種類や寿命、冬はどこに潜んでいるのか?夜行性なのか?を説明!人間を噛むの?ウイルス・細菌感染の危険性の有無は?
ゴキブリの生命力・繁殖力がヤバすぎる!「1匹いたら100匹いる」の真実
ゴキブリは生命力と繁殖スピードが異常に高いため、繁殖させないための対策が必要です。「1匹いたら100匹いる」は本当か?
ゴキブリが飛ぶ5つの条件!考え得る「飛ぶ理由」3つと対策まとめ
ゴキブリは飛びます!しかも頻繁に人に向かって飛んできます… なぜ飛ぶのか?飛ばない種類もあるのか?説明します。
ゴキブリのふんの掃除法と注意点5つ!固さ・量にも注目しよう【画像】
ゴキブリのふんを見つけたらどうすべき?床や壁に付いた場合の処理対策や、潰すとどうなるか?ニオイなどについても説明します。
ゴキブリの「餌・好物」と「嫌いなもの」を知ると徹底的に排除できる
ゴキブリが好きな食べ物、嫌いな食べ物・ニオイをまとめました。餌となるものを排除できると、毒餌の効果も強まるので必ず把握しておきましょう。
ゴキブリを見失った!逃げられた!「寝れない夜」を避ける11の対策!
ゴキブリに逃げられた!どこかに消え た!という場合に考えられる「逃げ込みやすい13の場所」と、眠れない場合の11の対策を紹介。
コンバットの効果5ヶ月検証!ブラックキャップとの強さ比較もしてみた
ゴキブリ駆除薬「コンバット」・「コンバットハンター」を使ってみた結果を公開!ブラックキャップとどちらがオススメか?説明します!
ゴキちゃんストップの効果を7ヶ月検証!置き方のコツ伝授!【口コミ】
ブラックキャップの効果がいまいちだったため、プロ仕様のゴキちゃんストップで検証。結果をレビューします。その他、置き場所・薬局で買えるのか?なども解説。
ゴキブリホイホイをおすすめしない5つの理由!効果検証がヤバすぎた…
ごきぶりホイホイを試行錯誤で長年使ってきた結果から、オススメできない理由を挙げてみます。逆効果か?設置場所は関係あるか?など。
ゴキジェットプロの「効果検証」で判明!オススメできない5つの理由!
【ゴキ画像なし】ゴキジェットプロでは死なない?使って分かったメリット・デメリット、黒(まちうけタイプ)はどうか?実体験から個人的な感想を説明します!
バルサン7種類を使った効果比較がヤバイ…!使い方・放置時間を語る
【2018年】バルサン7種類使用したため、効き目の比較とオススメを紹介。また使用方法や放置時間、効果期間、注意点、掃除のやり方も解説。
バルサンの値段(価格)を7タイプ全サイズで調査!コスパ比較 <2018年>
【2018年版】バルサンやバルサンプロEXなど、全タイプ・サイズのコスパを比較!アースレッドや虫コロリとの比較も!
バルサンを「布団のダニ対策」で使った結果が衝撃的すぎた!【悲報】
バルサンを焚くときに布団にかかって良いの?私はあえてかけてダニ対策を行った経験がありますが、結果がヤバかったのでお伝えしたい。
「ゴキブリを食べると死亡する」の真実!味と害、8つの食べ方まとめ!
ゲテモノ好きが食べる「ゴキブリ」。食べると死ぬという噂は本当か?食用ゴキブリの味や、食べることでの害、調理方法を解説!
【動画まとめ】マンホールから大量のゴキブリが湧く!なぜマンホールに?
京橋駅でマンホールから大量発生したゴキブリ。なぜマンホールにいたのか?どこにでもいるのか?動画とともに解説します。
ダニ退治で本当に効果的な9つの駆除法と、実は効果が薄い9つの対策!
【2018年最新版】ダニ退治で本当に効く駆除方法と、実はあまり効果のない方法を紹介!アイロンやドライヤー、ファブリーズ、アルコールは効くのか?などなど。
ダニ刺されの症状と9つの見極め方!跡の特徴や薬、治らない場合の対処
【2018年最新版】ダニに刺された時の判断方法や症状の特徴を画像で紹介!痒くない場合や、治らない場合の対策、ムヒ等の市販薬について。
【ダニは7種類】大きさ・特徴の違い!赤い虫や、目に見えるのもダニか?
ダニの種類を詳しく解説!大きさや刺され跡、出現する時期の違いなど特徴を説明。肉眼で見えるものや赤い小さな虫についても触れています。
ムカデの生態(種類・つがい・幼虫・卵・天敵・餌)辞典【完全版】
ムカデについてどこよりも分かりやすく解説!種類は多いの?つがい行動するって本当?幼虫はどんなの?噛むことや毒はある?卵はどんなのでどんな場所にうむの?【ムカデがわかる辞典】
ムカデ対策・駆除の方法9選!熱湯やハッカ油で退治?噛まれた時の対処・薬
ムカデの対処方法を9種紹介!ハッカ油や熱湯、バルサン、殺虫剤・・・ 何が効くの?ムカデを寄せ付けない予防法や、噛まれたらどうするのか?を分かりやすく説明しています!
ゲジゲジの侵入経路8つと、駆除・対策7選!益虫なの?幼虫や毒性<画像>
ゲジゲジ虫の対策と駆除を分かりやすく解説。幼虫や卵、どこから沸いてくるのか?毒性や噛むこともあるのか?益虫なのか?についても分かりやすく説明。
ゲジゲジの種類は2種類!『ゲジゲジみたいな虫』はムカデorヤスデかも!
ゲジゲジ虫の種類の紹介のほか、「ゲジゲジと似てる虫」として勘違いされやすい「ヤスデ」や「ムカデ」の特徴や違いを、画像とともに説明しています。
ヤスデをササッと駆除・対策する8の方法と、「大量発生」する4つの原因!
気持ち悪いヤスデを駆除・退治する8つの方法や、家の中に侵入させないための予防法、なぜヤスデは大量発生するのか?その理由を分かりやすくまとめました。
ヤスデの臭い対策3ポイントと毒性の有無!噛む?刺す?【害虫or益虫?】
ヤスデと言えば「くさい臭い」。この臭いに毒性はあるか?臭い液が付いてしまった場合どうすべきか?噛まれたり刺したりするのか?人間にとって害虫か益虫か?まとめました。
ヤスデの種類は200以上!最大30cm!天敵・幼虫・卵など生態まとめ!【画像】
ヤスデの種類や、世界最大級のヤスデを写真付きでご紹介!また天敵や、卵から孵化・赤ちゃん・子供までのライフサイクル、増える時期などの生態についてもご紹介。
チャドクガ(幼虫・成虫)の発生時期と、安全な駆除・予防対策9選!
チャドクガの成虫と幼虫の生態(大きさや毒など)と、発やすい時期、駆除と予防対策について画像付きで紹介。天敵や木酢液を使った予防方法についても解説。
チャドクガに刺されたら?症状と、すぐ出来る対処法・薬・治療【まとめ】
チャドクガに刺されたらどんな症状が出るの?皮膚炎(かぶれ・湿疹)を画像で紹介。また、とっさに出来る応急処置7ステップを分かりやすくまとめています。
ブヨに効果的な対策5つと、刺された場合の症状・薬・治療を解説します!
ブヨに刺されたら腫れや水ぶくれ、かゆみが出ます。ここでは対処方法やオススメの市販薬、虫除け方法を詳しく解説します。
シバンムシの駆除法6つと予防法7選!幼虫・卵どこから沸くの?
シバンムシの駆除方法6つと予防方法7つを分かりやすく。またシバンムシは何が原因でどこから沸いて来る?卵や幼虫はどう退治する?繁殖の時期・畳への害などを含めて説明しています。
カツオブシムシ(幼虫・成虫・卵)のカンタン駆除対策12選!どこから湧く?
虫食いの原因である「ヒメカツオブシムシ」と「ヒメマルカツオブシムシ」の駆除方法と予防対策を12紹介!幼虫や卵がどんなものか?どこから侵入してくるのか?解説します。
ユスリカの3つの対策・駆除、発生時期、幼虫・成虫の寿命や生態!
【2018年更新版】ユスリカやフユユスリカの対策や駆除方法、発生時期、幼虫・成虫の寿命や生態を分かりやすく解説。その他、蚊取り線香や電撃殺虫機なども紹介します。
ガガンボ(カトンボ)という「でかい蚊」の幼虫や種類、駆除・刺された時の対処
【まとめ】大きい蚊のような虫「ガガンボ」。このガガンボの生態や種類、人を刺すのか?を説明。またオススメの6つの駆除・対策方法もあわせて説明しています!
チャタテムシの徹底カンタン駆除対策9選!幼虫・卵もまとめて撃破!【画像】
チャタテムシをカンタンに駆除する4つの方法と、寄せ付けないための5つの予防対策法をお教えします!また「幼虫・卵」の段階ではどのように駆除すべきか、あわせて解説します。
カマドウマ(便所コオロギ)の駆除対策10選!幼虫や卵、どこから来る?【画像】
トイレに出るコオロギのような虫「カマドウマ」。駆除方法や侵入予防対策、どこから入るのか?幼虫や卵のライフサイクルについて分かりやすく説明します。
カメムシの種類や天敵、寿命、噛むか?飛ぶか?など【生態まとめ】
「屁こき虫」「へっぴり虫」とも呼ばれるカメムシ。カメムシの種類(仲間)や天敵、寿命、冬眠するのか?など生態を分かりやすくまとめました。
カメムシの臭いの消し方7つと成分!自然に消える?ファブリーズは有効?
カメムシの臭い消しに有効な7つの方法と、臭い成分について。例えるとどんな臭いがするか?自然と消えるか?なども解説。
カメムシが大量発生する3つの時期・原因と対策6選!【大雪との関係】
カメムシが大発生する季節や原因、その対策を解説。また大雪や台風などの天災、花粉との関連についても解説。
コガネムシとカナブンの5つの違い!【種類・エサ・見た目・生態まとめ】
カナブンとコガネムシは似ていますが、実は異なる点がたくさん。ここでは見分け方や色の違い、食性、飛び方などを比較しています。
コガネムシ(幼虫・成虫)の5つの駆除・対策!寄り付く原因を解消するには
コガネムシは幼虫・成虫ともに「害虫」です。ここではトラップを含め退治方法や発生する時期・原因についてまとめています。
アブラムシの駆除・対策14選!牛乳や木酢液は効く?【パッと退治する裏技】
厄介なアブラムシを退治する方法、寄せ付けない予防方法をそれぞれ説明します!無農薬で撃退・予防できる方法もありますので、色々組み合わせて試してみましょう!
アブラムシが黒い?5つの種類と生態の違い!卵・成虫・繁殖【完全版】
アブラムシの種類や生態の違い、卵や幼虫について分かりやすく説明しています。また「繁殖力が強い」秘密や、駆除方法についても説明しています。
ダンゴムシの餌・飼い方・生態と駆除方法
ダンゴムシの飼育やエサ、生態(寿命・オスメスの違い・赤ちゃん・幼虫・種類など)を分かりやすく説明!また、害虫ともなるダンゴムシの駆除方法についても説明しています。
フナムシとゴキブリの5つの違い!食べると味ヤバすぎた【感想まとめ】
フナムシとゴキブリの違いを分かりやすく!また、フナムシの料理方法と味、食べた感想をまとめています。その他、噛むのか?害虫なのか?などの生態についても。
トノサマバッタの生態(餌・飼い方・卵・寿命・共食い)【完全版】
トノサマバッタについて、餌や飼い方、産卵のさせ方や卵の保管方法、孵化のさせ方、寿命、共食いの有無を分かりやすく説明しています。トノサマバッタを 飼いたい方は必見!
タガメの生息地と飼育方法!卵を壊す理由や天敵、捕食方法を学ぼう!
タガメの生息地や販売されている値段相場、飼育方法、捕まえ方を分かりやすく説明!またタガメが卵を自ら壊してしてしまう理由や、天敵、捕食の仕方、飛ぶのか?についても説明!
ゲンゴロウの種類は4000?幼虫、飼育と餌、タガメとの違い【まとめ】
ゲンゴロウの種類と生息地、絶滅危惧種なのか?といった内容と、飼育方法(餌や飼育道具)、タガメとの違いを分かりやすくまとめています。【画像あり】
カミキリムシの正しい飼い方と、種類・エサ・幼虫!【画像】
カミキリムシって買える(飼育できる)?!成虫や幼虫の生態って?種類やエサは?カミキリムシについて、わかりやすくまとめてみました。
クマンバチの巣や毒針を解説!刺されたら?駆除やオスメスの生態
クマンバチの生態を分かりやすく説明!毒はあるの?刺された場合の処置はどうする?駆除の方法は?オスメスの見分け方は?分かりやすく解説しています。
カタツムリがグングン育つ飼い方!【餌・寿命・種類・卵なども解説】
カタツムリがスクスクと育つよう正しい飼育方法を説明します!飼育に必要なケースやエサ、飼育時の注意点、産卵や孵化のこと、そして赤ちゃんの育て方まで説明しています。
カタツムリの寄生虫「ロイコクロリディウム」は人間にも寄生?【死亡例も…】
カタツムリに寄生する虫「ロイコクロリディウム」とは?この虫の特徴や生息地域、どうやって人間に寄生するのか?寄生したらどうなるのか?どこよりも分かりやすく説明しています。
サナダムシのダイエットは最悪「死」!寄生症状が怖い…【卵と画像】
サナダムシダイエットって本当に効果あるの?そもそもサナダムシって何・・・?寄生させることでの症状や、寄生される原因、なぜ痩せると言われているのか?解説します。