ゲジゲジ虫の対策・駆除6選!益虫なの?幼虫や毒性、噛むの?|画像有

ゲジゲジ虫の対策・駆除6選!
益虫なの?幼虫や毒性、噛むの?【画像有】

ゲジゲジは「代表的な害虫の一つ」としても有名です。

 

どこからともなく沸いてくるため、駆除に悩んでいる方も多いのではないのでしょうか?

 

そこでこのページでは、ゲジゲジの対策や、毒性、噛まれた時の対処について分かりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク

 

この記事の目次
  • ゲジゲジってどんな虫?
  • ゲジゲジはどこから沸いてくるの?
  • ゲジゲジの駆除・対策6選
  • ゲジゲジの「卵」「幼虫」を知っておこう!
  • ゲジゲジは噛むの?毒性はある?
  • ゲジゲジは益虫なの?害虫なの?

 

 

スポンサーリンク

 

 

ゲジゲジってどんな虫?

 

ゲジゲジは本来は「蚰蜒(ゲジ)」という虫であり、ムカデの仲間の「多足類」を指します。

 

「ゲジゲジ」は愛称のようなものです。

 

このゲジゲジは大きく

 

  1. 「ゲジ」と呼ばれる普通のタイプ
  2. 「オオゲジ」と呼ばれる大型のタイプ

 

の2種類に分けられます。

 

ゲジは3p程度の大きさで、オオゲジは7pほどあることから、家庭に出るゲジゲジのほとんどは「ゲジ」だと考えられます。

 

オオゲジは「山や林のような人里から少し離れた環境」で暮らしているため、あまり目にすることはありません。

 

 

ムカデやヤスデとの違いは?

ゲジゲジと間違われることも多い、ムカデヤスデの写真もそれぞれ紹介しておきましょう!

 

 

ムカデ

ムカデは人間にも噛み付いてくる「凶暴な性格」なので要注意です。
また強烈な毒も持っているため痛みも強力です。

 

 

関連記事!

 

 

ヤスデ

ヤスデはおとなしい性格ですが、独特な「強烈な臭い」を放つことでも有名です。

 

 

関連記事!

 

スポンサーリンク

 

 

ゲジゲジはどこから沸いて来るの?

「ゲジゲジの対策」を説明する前に、まずはゲジゲジがなぜ沸いてくるのか?説明しましょう。

 

ゲジゲジの住処(すみか)には条件があります。

 

その条件とは、

 

  1. 暗くて
  2. 湿っており
  3. 好きなエサとなる昆虫がいる場所

 

です。

 

実際には、

 

  • 土のある庭や畑
  • 枯れ葉が置かれているような地面
  • 廃材のような入り組んだ物が放置されている場所
  • トンネルや地下水がしみ出してくるような湿った場所

 

には必ずと言って良いほど生息しています。

 

これらの環境には住み着くだけの理由があります。

 

 

これらの環境に住みつく理由は?

なぜこれらの環境を好むのか?と言うと、これらの環境にはゲジゲジの大好物である「ゴキブリ」や「カマドウマ」などが住み着いているからです。

 

ゲジゲジは肉食であり、これらを捕食するためにもこのような環境に適応して暮らしています。

 

このように考えると、ゴキブリがあらゆるところに住み着いている以上は、ゲジゲジの生息域も実に広範囲です。

 

ゴキブリが入り込むのと同じ様に、家のあちらこちらにある隙間から家屋の中に侵入してきます。

 

一戸建てであれば

 

  • 物置
  • 食糧庫
  • 地下室
  • 風呂場

 

などが好みの環境であるため、住み着く可能性があります。

 

住みつくには土が必要であるため家の中で沸くことはほとんどありませんが、侵入される場合はその環境を改善することが必要なのです。

 

 

ではゲジゲジ虫をどのように駆除・対策していけば良いのか?説明しましょう。

 

スポンサーリンク

 

ゲジゲジ虫の駆除対策6選!

ゲジゲジの駆除対策には、以下の6種類の方法があります!

 

 

 

スプレー剤での駆除!

オーソドックスですが

 

  1. 冷却スプレー
  2. 殺虫スプレー

 

も効果が見込めます。

 

 

「冷却スプレー剤」の使用!

冷却スプレーとはゲジゲジに吹き付けることで体温を急激に下げ「仮死状態に陥らせる」「低体温で動けなくさせる」事を目的としたスプレーです。

 

メーカーによって効果に差があるものの、スプレーの効果でそのまま殺すこともできます。

 

 

 

このスプレーがあれば、たとえ急にゲジゲジが出てきたとしても動きを鈍らせることで逃げられなくなり、そのまま殺して捕獲することで直接の駆除ができます。

 

しかし直接噴射するということは、姿が見える状態でないと駆除することができません

 

さらに殺してしまった場合は自分で処分しなくてはならないため、触れないほどの虫嫌いの人であれば辛い作業になるでしょう。

 

なお忌避効果(寄せつけない効果)は期待できません。

 

そのため直接駆除したいのならこちらでも良いですが、忌避効果を期待するのなら「殺虫スプレー」を使用するのが良いでしょう。

 

 

「殺虫スプレー」の使用!

一般的に市販されている殺虫スプレーの表示に「ムカデ・ゲジゲジに」と書かかれていれば、ゲジゲジも殺すことができます。

 

また忌避効果(侵入予防)のあるスプレーも多く、姿を表す前に

 

  • 窓枠
  • 玄関
  • ドアの隙間

 

などに撒いておけば、ゲジゲジが嫌がって近付くことはなくなります。

 

 

 

なお、侵入経路に撒いておけばゲジゲジは入って来なくなりますが、侵入対策としてはスプレーの効果頼みなので、効果が消える前に毎回撒かなければなりません。

 

さらに雨が吹き込むようなところでは、水に流れてしまいます。

 

そのため、スプレーを「侵入予防目的」で使う場合は、こまめに撒き直すことを前提で使用しましょう。

 

ちなみに侵入対策をするのであれば、「ゲジゲジの経路」を調べてあらかじめ塞いでおき、そのうえでスプレーをしておくのが効果的です。

 

侵入経路が分からずに広い範囲に撒いてしまうと、人体に影響がないとも言えません

 

 

 

くん煙剤での駆除

ゴキブリ駆除に有名な「バルサン(くん煙剤)」もゲジゲジ駆除に効果があります。

 

「効果のある虫」の種類にゲジゲジが含まれているかどうかは、必ずチェックして購入してください。

 

「不快害虫用」となっているものでも可能です。

 

 

 

くん煙剤は薬剤を家中に充満させるため、「置きっぱなしの食品」に気を付けなくてはなりません。

 

丸ごと食べるようなフルーツやフタの空いた香辛料などは、必ず箱などに入れて燻煙剤に当たらないようにしましょう。

 

また「ゲジゲジが現れそうなところ」を塞いでしまうと、隅々まで薬剤が行き渡りませんので、ある程度は狙った場所に充満させるようにします。

 

このように効果を発揮させるためのポイントを押さえて使用します。

 

なお、購入する時は持続期間も必ずチェックしましょう。

 

たいていのものは1か月程度効果を発揮します。

 

一度「くん煙剤」でしっかり駆除を行い、効果があるうちに侵入経路を見つけ出して塞いだり、原因を取り除いたりすると、表面上の対策だけでなく根本解決ができます

 

 

 

粉末の駆除剤を使う

粉末の駆除剤は忌避剤(侵入防止)として使用するのがほとんどです。

 

適用害虫が幅広いため、撒いておけばほとんどの害虫対策に使用できます。

 

こちらもスプレー剤と同様に、侵入経路へ撒くことで忌避効果を発揮します。

 

 

 

スプレー剤との違いは持続効果が長めである事です。

 

雨に強く効き目が簡単には落ちません。

 

ただし粉末の薬剤は、撒いておくと「ペット」や「赤ちゃん」が触れたり口に入れる可能性があるため、使用は充分に検討してから行ってください。

 

また粉末薬剤の中には即効で害虫を殺せるものもあります。

 

害虫を見つけて直接撒くことで効果を発揮しますので、

 

  • 駆除効果
  • 忌避効果

 

を両方一度に行いたい場合はこちらも向いています。

 

 

 

毒エサトラップを仕掛ける!

毒餌におよび寄せて殺虫する方法です。

 

トラップは害虫対策の定番中の定番ですが、幅広い害虫に効果があるため確実に効果を上げてくれます。

 

しかし侵入経路や庭先などに仕掛ける場合、「侵入する予定のなかった害虫」まで引き寄せてしまうことにもなります。

 

その結果害虫を集めてしまうことになりますので、それを前提に使用してください。

 

そのため、効果的な使い方としては

 

  • 侵入経路を断つことで「ゲジゲジを侵入する原因」を取り除きつつ
  • 今、家の中にいるであろうゲジゲジを引き寄せて一気に駆除したい

 

場合に効果を発揮します。

 

 

 

 

隙間を埋めて「侵入対策」をする!

物理的に「侵入できなくする」確実な対策法です。

 

隙間テープなどを用いて窓や扉などをしっかりと塞ぎ、家に侵入できないように整えましょう。

 

ゲジゲジはムカデ同様、羽根がないため飛んで入ってくることはありません。

 

壁などは登りますが、それでも地続きでなければ入りませんので、

 

  • 物理的な対策を行いつつ
  • 薬剤の散布も行う

 

のが有効です。

 

この時盲点となるのが、普段は目に見えない小さな隙間です。

 

たとえば

 

  • 換気口
  • 壁の排気口
  • お風呂や洗濯機周りの排水口
  • エアコンのダクト周り
  • 床下収納周り

 

などです。

 

地続きでの侵入であるため、床下は特に「侵入経路として疑わしい部分」となります。

 

また自動換気システムを備えた家屋では、目につかないところに換気口がある場合があります。

 

これは集合住宅でも同じであり、また2階以上であっても外に通じる穴があれば、侵入の可能性があることを忘れないでおきましょう。

 

 

 

「ゲジゲジが好む環境」を排除する!

こちらは根本解決に近い方法です。

 

ゲジゲジの習性を考え、ゲジゲジにとって住みにくい環境を作ることで自然と侵入しないようにしていけます。

 

上でも説明しましたが、ゲジゲジが好む環境は以下のとおりです。

 

  • 暗く湿った倉庫や物置
  • 風が通らず、枯れ葉で「温度」と「湿度」が一定に保たれている場所
  • エサとなる「ゴキブリ」や「カマドウマ」が発生している場所
  • 廃材が置きっぱなしになっているようなところ

 

ゲジゲジは「ゴキブリやカマドウマといった害虫」を主食としています。

 

つまりエサのないところには来ませんので、エサとなるこれらの害虫を排除してしまうのが一番です。

 

そしてこれらの害虫も、ゲジゲジと同様に上記のような環境を好みますので、環境対策をしておけば

 

  • エサとなるゴキブリ
  • ゲジゲジ

 

どちらも集まることは無くなります。

 

逆にゲジゲジが住みにくい環境を考えると、「風通しが良く、湿気が溜まらず陽の差す明るい場所」が、ゲジゲジの嫌う環境です。

 

物置などは難しい場合もありますが、

 

  • 風を通すために頻繁に扉を開る
  • 光をなるべく入れるようにする

 

と、嫌がって出ていく可能性は高いのです。

 

 

 

以上、6つの「駆除・対策」を説明しました。

 

対策を行う時は、これらをいくつか組み合わせて行うとより効果的です!

 

なお、次に「ゲジゲジ虫の卵と幼虫」について説明しますので、あわせて確認しておいて下さい!

 

スポンサーリンク

 

ゲジゲジ虫の「卵」と「幼虫」!

ゲジゲジの駆除や対策の説明をしましたが、「卵」や「幼虫」のこともあわせて頭に入れておきましょう!

 

 

ゲジゲジの産卵!

ゲジゲジが産卵を行うのは3月〜11月の間ですが、その中でも気温が高くなってくる5月からが繁殖の本格シーズンとなります。

 

5月〜9月の間に、メスは断続的に産卵を行います。

 

ちなみにゲジゲジは土の上で産卵を行います。

 

 

母虫が卵に一つ一つ泥を塗って乾燥しないように処理します。

 

さらに乾燥対策をするために地表の割れ目に産み付けられるのです。

 

そのため、庭先などでゲジゲジを目撃した場合は、「土に産み付けられていないか」も確認しておきましょう。

 

ゲジゲジは付きっきりで「卵の世話」をすることはありませんが、産卵後の行動の特徴としては、このような他の虫にはない「細かな作業」を行います

 

なお、1匹のメスが平均寿命までに産む卵の数は、500個以上とも言われています。

 

ちなみにゲジゲジのメスは、卵を産めるようになるまで2年ほどの期間が必要です。

 

ライフサイクルが5〜6年程度であるのに対し、成虫の寿命はやや短く感じますが、それでも産卵回数が多いためこの数を生むことができるというわけです。

 

では続いて
「ゲジゲジの幼虫」についてです。

 

スポンサーリンク

 

ゲジゲジの幼虫!

5月〜9月にかけて成虫が産卵した卵は、3週間程度で孵化します。

 

ゲジゲジの幼体は、足の数は少ないですが既にゲジゲジの姿をしています。

 

しかし色も白いため、この時点では「ゲジゲジだと分からない」場合もあるようです。

 

この幼体は、生まれたばかりの頃は足が4対(計8本)しかありません。

 

その後2年ほどの時間をかけて何度も「脱皮」を繰り返します。

 

この「脱皮」のたびに体節と足の数が増えていき、最終的には足は15対30本となるのです。

 

身体の大きさも3p前後となり、足が長い特徴的な体型となります。

 

そして完全に体が成熟し、成虫となってから産卵を行います。

 

卵が孵化し無事に生まれてきても、成熟してから寿命までに2年程度の期間があります。

 

そしてこの2年間に、500個もの卵を産むのです。

 

 

 

では続いて、
「ゲジゲジは噛むのか?毒はあるのか?」について説明しましょう!

 


 

ゲジゲジは噛むの?毒はある?

ゲジゲジは見た目においても分類としても「ムカデの仲間」として知られていますので、

 

  • 噛む
  • 強い毒を持っている

 

と思われることが多いです。

 

関連記事!
>>ムカデの生態(種類・つがい・幼虫・卵・天敵・餌)辞典【完全版】

 

ではゲジゲジは噛むのか?

 

結論から言うと、噛みつくような狂暴な性質はなく、人間を襲うようなことはありません

 

まれに追い詰められると「生存本能」として咬む場合があります。

 

しかしこれも手を出さなければ問題ないため、例外ではあります。

 

また毒に関しては、持ってはいますが「大変弱い毒」です。

 

強い痛みや腫れを伴うようなものではありませんので、もし噛まれてしまった場合は、流水でしっかり洗い流せばほとんど影響はないでしょう

 

ムカデのように「痛み」や「広範囲の腫れ」を伴うような毒ではありません。

 


 

ゲジゲジは益虫か?害虫か?

ゲジゲジは益虫か?という話はたくさんありますが、これは「どの視点で見るか」によって変わってきます。

 

 

ゲジゲジが益虫だと言われる点は?

ゲジゲジには

 

  • カマドウマ
  • ゴキブリ
  • 白アリ

 

などの害虫をエサとする習性があります。

 

「アブラムシを食べるため、テントウムシは益虫」と言われるように、これらの害虫を食べるゲジゲジは「益虫」と言っても過言ではないでしょう。

 

特にゴキブリを食べる時などは、背中から羽交い絞めにして足1本残すことなくきれいに食べてしまうのです。

 

このような習性は人間にとってとても有難く、やはり益虫と思える点です。

 

 

 

害虫と言われる理由とは?

ではなぜ「害虫」と扱われるのか?

 

当たり前のことですが、人間がどう思っていようと、ゲジゲジは「自分のエサ」が人間の住む家の中にあれば、追いかけて侵入してしまいます。

 

もし侵入された場合は、その家にとって困ってしまうため「害虫」という扱いになってしまうのです。

 

また見た目の気持ち悪さから「不快害虫」とされています。

 

どちらにしても「害虫」とされてしまうのです。

 

 

 

ゲジゲジは「ウイルス・菌」は運ばない!

ゲジゲジは「衛生害虫」ではありません。

 

衛生害虫とは、「細菌やウイルス」を運んで来るため、存在するだけで衛生的に問題となる虫類のことです。

 

こちらの点では、ゲジゲジはまったく害虫には当たりません。

 

なぜなら、ゲジゲジは細菌類を運ぶような機能が体にないのです。

 

人間にとって問題となる寄生虫もいないため、この点では害虫ではないのです。

 

見た目が悪いので「不快害虫」ではありますが、ゲジゲジが姿を表したら「もしかしてゴキブリやカマドウマが家のどこかで発生しているのかもしれない」という目安にはなります。

 

これらを排除してしまえばゲジゲジはいなくなるため、害虫と言うほど大した影響もないと言えます。

 

それよりも、エサとなっているゴキブリなどが

 

  • 「不快害虫」であると同時に「衛生害虫」でもあること
  • 貯蔵中の食品に害をなす「貯穀害虫」であること

 

を認識し、これらの駆除を行うことが先であると認識することが大切です。

 

 

さいごに!

ゲジゲジの駆除対策や、毒性、わき出る原因について説明しました。

 

もしゲジゲジが家の周りに出た場合は、ゲジゲジへの対策を行うだけでなく、根本原因となる「ゴキブリなどの駆除」も行いましょう

 



 

 

▼お役に立ちましたら、シェアして頂けますと嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ゴキブリ退治<7つの瞬殺方法>!洗剤・熱湯・アルコールでの殺し方は正しいのか?
最近まで山奥に住んでいた私が、ゴキブリをアッと言う間に瞬殺できる「7つの対処法」を紹介します!「いなくなった!」と不安な夜を過ごしているあなた、見つけたらすぐに退治するのが大切ですよ。お湯や洗剤は本当に効果あるのか?説明します。
ゴキブリの卵が孵化する8つの場所と時期!女子でも出来る駆除法4選!
【2018年更新版】ゴキブリの卵はどこに産み付けられ、どこで孵化するのか?また、何匹生まれるのか?孵化の時期はいつ頃か?卵を見つけた時の処理方法を分かりやすくまとめてみました。
ゴキブリはどこから来る?7つの侵入経路・原因と、鉄壁の予防対策法!
ゴキブリはどこから入ってくるのか?侵入経路や寄せ付けないための「侵入防止対策」をどこよりも分かりやすく解説!ホウ酸団子や忌避剤は意味があるのか?ゴキブリを寄せ付けない鉄壁の予防対策もご紹介!
ゴキブリの赤ちゃん(幼虫)はどこから出る?「一匹いたら百匹いる」の真実とは
【2018年更新版】ゴキブリの赤ちゃん(子ども)の特徴や大きさ、「飛ぶのか?」などについて説明します。また、どこからわきでてくるのか?考えられる7つのルートと対策を、どこよりも分かりやすく解説!
ゴキブリにアロマ(ハーブ・ミント)やファブリーズ、重曹は効くか?【試してみた】
【ゴキブリ画像なし】ゴキブリにはアロマ(ハーブやラベンダー、ミント)、ファブリーズ、重曹などが効くと聞きます。では実際に効いたのか?試してみました。(ゴキブリの画像はありませんのでご安心下さい。)
ゴキブリの生態が丸わかり!種類・寿命・冬の生活・共食い!噛むの?菌は?
【どこよりも分かりやすく説明!】ゴキブリの生態について、、種類や寿命、冬はどこに潜んでいるのか?夜行性なのか?を説明!人間を噛むの?ウイルス・細菌感染の危険性の有無は?
ゴキブリを寄せ付けない究極アイテム発見!ハッカや超音波よりスゴイ!
【2018年更新版】ゴキブリを寄せ付けない方法を色々試してみた!ハッカ油や超音波、電磁波、ナツメ・ラベンダーなどのハーブなどなど。その中で「これは効く!」と思えた効果抜群のアイテムが見つかったので紹介する!
ブラックキャップの効果検証6ヶ月!置き場所や有効期限【逆効果or最強?】
ゴキブリ対策として有名な「ブラックキャップ」を6ヶ月設置して効き目を検証!屋外でも効果はあるのか?置き場所はどこが良いのか?有効期間はどれくらいか?をまとめました!
ムカデの生態(種類・つがい・幼虫・卵・天敵・餌)辞典【完全版】
ムカデについてどこよりも分かりやすく解説!種類は多いの?つがい行動するって本当?幼虫はどんなの?噛むことや毒はある?卵はどんなのでどんな場所にうむの?【ムカデがわかる辞典】
ムカデ対策・駆除の方法9選!熱湯やハッカ油で退治?噛まれた時の対処・薬
ムカデの対処方法を9種紹介!ハッカ油や熱湯、バルサン、殺虫剤・・・ 何が効くの?ムカデを寄せ付けない予防法や、噛まれたらどうするのか?を分かりやすく説明しています!
ゲジゲジの種類は2種類!『ゲジゲジみたいな虫』はムカデorヤスデかも!
ゲジゲジ虫の種類の紹介のほか、「ゲジゲジと似てる虫」として勘違いされやすい「ヤスデ」や「ムカデ」の特徴や違いを、画像とともに説明しています。
ヤスデをササッと駆除・対策する8の方法と、「大量発生」する4つの原因!
気持ち悪いヤスデを駆除・退治する8つの方法や、家の中に侵入させないための予防法、なぜヤスデは大量発生するのか?その理由を分かりやすくまとめました。
ヤスデの臭い対策3ポイントと毒性の有無!噛む?刺す?【害虫or益虫?】
ヤスデと言えば「くさい臭い」。この臭いに毒性はあるか?臭い液が付いてしまった場合どうすべきか?噛まれたり刺したりするのか?人間にとって害虫か益虫か?まとめました。
ヤスデの種類は200以上!最大30cm!天敵・幼虫・卵など生態まとめ!【画像】
ヤスデの種類や、世界最大級のヤスデを写真付きでご紹介!また天敵や、卵から孵化・赤ちゃん・子供までのライフサイクル、増える時期などの生態についてもご紹介。
シバンムシの駆除法6つと予防法7選!幼虫・卵どこから沸くの?
シバンムシの駆除方法6つと予防方法7つを分かりやすく。またシバンムシは何が原因でどこから沸いて来る?卵や幼虫はどう退治する?繁殖の時期・畳への害などを含めて説明しています。
ユスリカの3つの対策・駆除、発生時期、幼虫・成虫の寿命や生態!
【2018年更新版】ユスリカやフユユスリカの対策や駆除方法、発生時期、幼虫・成虫の寿命や生態を分かりやすく解説。その他、蚊取り線香や電撃殺虫機なども紹介します。
ガガンボ(カトンボ)という「でかい蚊」の幼虫や種類、駆除・刺された時の対処
【まとめ】大きい蚊のような虫「ガガンボ」。このガガンボの生態や種類、人を刺すのか?を説明。またオススメの6つの駆除・対策方法もあわせて説明しています!
チャタテムシの徹底カンタン駆除対策9選!幼虫・卵もまとめて撃破!【画像】
チャタテムシをカンタンに駆除する4つの方法と、寄せ付けないための5つの予防対策法をお教えします!また「幼虫・卵」の段階ではどのように駆除すべきか、あわせて解説します。
カマドウマ(便所コオロギ)の駆除対策10選!幼虫や卵、どこから来る?【画像】
トイレに出るコオロギのような虫「カマドウマ」。駆除方法や侵入予防対策、どこから入るのか?幼虫や卵のライフサイクルについて分かりやすく説明します。
アブラムシの駆除・対策14選!牛乳や木酢液は効く?【パッと退治する裏技】
厄介なアブラムシを退治する方法、寄せ付けない予防方法をそれぞれ説明します!無農薬で撃退・予防できる方法もありますので、色々組み合わせて試してみましょう!
アブラムシが黒い?5つの種類と生態の違い!卵・成虫・繁殖【完全版】
アブラムシの種類や生態の違い、卵や幼虫について分かりやすく説明しています。また「繁殖力が強い」秘密や、駆除方法についても説明しています。
ダンゴムシの餌・飼い方・生態と駆除方法
ダンゴムシの飼育やエサ、生態(寿命・オスメスの違い・赤ちゃん・幼虫・種類など)を分かりやすく説明!また、害虫ともなるダンゴムシの駆除方法についても説明しています。
トノサマバッタの生態(餌・飼い方・卵・寿命・共食い)【完全版】
トノサマバッタについて、餌や飼い方、産卵のさせ方や卵の保管方法、孵化のさせ方、寿命、共食いの有無を分かりやすく説明しています。トノサマバッタを 飼いたい方は必見!
カミキリムシの正しい飼い方と、種類・エサ・幼虫!【画像】
カミキリムシって買える(飼育できる)?!成虫や幼虫の生態って?種類やエサは?カミキリムシについて、わかりやすくまとめてみました。
クマンバチの巣や毒針を解説!刺されたら?駆除やオスメスの生態
クマンバチの生態を分かりやすく説明!毒はあるの?刺された場合の処置はどうする?駆除の方法は?オスメスの見分け方は?分かりやすく解説しています。
カタツムリがグングン育つ飼い方!【餌・寿命・種類・卵なども解説】
カタツムリがスクスクと育つよう正しい飼育方法を説明します!飼育に必要なケースやエサ、飼育時の注意点、産卵や孵化のこと、そして赤ちゃんの育て方まで説明しています。
カタツムリの寄生虫「ロイコクロリディウム」は人間にも寄生?【死亡例も…】
カタツムリに寄生する虫「ロイコクロリディウム」とは?この虫の特徴や生息地域、どうやって人間に寄生するのか?寄生したらどうなるのか?どこよりも分かりやすく説明しています。