チャタテムシの徹底カンタン駆除対策9選!幼虫・卵もまとめて撃破!【画像】

チャタテムシの徹底カンタン駆除対策9選!幼虫・卵もまとめて撃破!【画像あり】

こんにちは。
山奥の実家で20年、多くの虫と暮らしてきたアキラです。

 

カビの生えやすい場所に繁殖する「チャタテムシ」。

 

一度繁殖すると駆除が非常に面倒になりますので、見つけ次第どんどん対処していきたいところです。

 

ただ、

 

  • どうやって駆除したらいいのか?
  • 寄せ付けない方法はないのか?

 

などなど分からない点もあると思いますので、わかりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク

 

目次
  • チャタテムシってどんな虫?
  • カンタンにできる4つの駆除方法!
  • もう寄せ付けない!5つの予防対策!
  • 卵・幼虫の駆除方法!

 

 

 

スポンサーリンク

 

チャタテムシは2種類!

チャタテムシは、カビを食す小さな虫(害虫)です。

 

カビの生えやすい「湿気の有る場所」に発生しやすく

 

  1. 穀物・乾麺などの保存食品
  2. 押入れ
  3. 木製の家具
  4. ダンボール箱

 

などに主に棲み付いています。

 

羽の「有るタイプ」と「無いタイプ」がおり、特にカビの生えやすい梅雨〜初秋に増殖します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

カンタンに出来る4つの駆除方法!

ここからは、
チャタテムシを駆除する4つの方法をお伝えします!

 

 

アルコールスプレー

チャタテムシは弱い昆虫ですので、アルコールスプレーで簡単に駆除することができます。

 

チャタテムシ対策でアルコールスプレーを使用する場合は、

 

  • アルコール除菌スプレー
  • アルコール消毒スプレー

 

と書かれているものにしてください。

 

 

これら「アルコールスプレー」と「殺虫剤」の大きな違いは、「人の口に入れても問題ないかどうか」という点です。

 

チャタテムシは家中に発生しますが、乾麺やお米などの食品にも発生します。

 

もしキッチン内で駆除する場合には、殺虫剤では食べる時に害が出てしまいます

 

それに比べて、アルコールであれば口に入っても問題ありませんので、食品周辺ではこちらを使うと良いのです。

 

食品の他、カトラリーや食器棚の中などもアルコールスプレーを使用しましょう。

 

 

アルコールスプレーの後の管理!

もしアルコールスプレーを食品にかける場合は、その後は厳重に封をして冷蔵庫などで管理することが望ましいです。

 

また、アルコールが蒸発すると効果がなくなってしまうため、「忌避剤(寄せ付けない効果)」として使用したいのであれば、殺虫剤のほうが向いています。

 

予防対策として使う場合は、定期的にキッチン内にアルコールで拭き掃除をしたり、ホコリが付きやすいところにアルコールスプレーをしておくと良いです。

 

 

もしチャタテムシが口に入ったら?

なお、もし食品にチャタテムシがいて誤って口にしてしまったとしても、実は「不快」というだけで直接的な害を及ぼすことはありません

 

ただし大量に体内に入れてしまうと、それがアレルゲンとなりアレルギーを引き起こす可能性はあります。

 

スポンサーリンク

 

 

コロコロ粘着テープ

洋服などのほこりや糸くずを取るためのコロコロ粘着テープも、害虫の駆除に使用することができます。

 

とは言っても一匹ずつくっつけていくので大変地味な作業ではありますが、目で見て確認しながら確実に取り除くことができます。

 

この後紹介する「くん煙剤」「殺虫剤」のように丸ごと手間をかけずに取り除くことはできませんが、他の方法で駆除した後に「仕上げ」で行うのであれば有効です。

 

ホコリやカビが大好きなチャタテムシは、これらを掃除する時に一緒にくっつけて取ってしまえば簡単です。

 

 

 

 

 

くん煙剤・くん蒸剤

「バルサン」や「虫コロリ」などで有名な、室内で焚くくん煙剤です。

 

部屋にいなくても手間をかけることなく駆除できる、殺虫剤の中でも優れモノです。

 

またホームセンターなどで安価に入手することができ、大変手軽なものとなっています。

 

一般的には9畳〜12畳用が売られてますので、物を隣室に避難させながら一部屋ごとに焚くのが良いでしょう。

 

使用中はスプレーのように「吹き飛ばしてチャタテムシを逃がしてしまう心配」がなく、薬剤で「部屋を丸ごと包むように駆除できる」ので便利です。

 

またくん煙剤は使用後、効果が1か月程度持続しますので、焚いた後は忌避剤を使うことも少なくなります。

 

さらにこの薬剤やくん蒸剤は「ハウスダスト」を固めてしまいますので、舞い上がりが起こらず、くん煙剤が終了した後は掃除機で吸うだけという簡単な駆除方法となります。

 

 

隙間には効果がない!

良いことばかりのようですが、燻煙剤が入り込めない

 

  • 本の隙間
  • クローゼットの奥
  • 畳の内部

 

などにチャタテムシが入り込んでしまうと、それらには効果がありません。

 

くん煙剤を使用する場合は、部屋の片づけを行い、煙が入り込みやすいようにしておきましょう

 

この時、逃げ込みやすい「ダンボール」などはあらかじめ捨てておき、逃げこめないようにします。

 

このように、燻煙剤を最大限に活かせるように部屋を準備してから使うのがベストです。

 

 

「蚊取り線香」よりも「くん煙剤」を!

また、チャタテムシは弱い虫なので「蚊取り線香でも殺虫効果がある」と思われています。

 

しかし、煙が入り込まないダンボールや食品、本の中に逃げてしまいますので、効果はありません。

 

最近では「薬剤が入っている強力な蚊取り線香」がありますので、高濃度にすれば効果があると言われます。

 

しかしそれでは人間の体に影響が出てしまいますので、くん煙剤を使ってきちんと駆除することが、効率的で安全に行える方法となります。

 

 

なお「くん煙剤」の種類や効果の違いについては、以下の記事で分かりやすくまとめています。

 

人気の関連ページ!
>>ゴキブリ退治<7つの瞬殺方法>!殺虫剤、バルサンの種類や違いを徹底解説!

 

 

またLION社の「バルサン」は種類も多いため、以下のページで違いをまとめています。

 

>>バルサン7種類を使った効果比較がヤバイ…!使い方・放置時間を語る

 

 

 

 

不快害虫用スプレー剤

ピレスロイド系の薬剤が入った、一般的に販売されているスプレー剤です。

 

ホームセンターやドラッグストアなどで簡単に手に入り、安価であることも魅力です。

 

 

スプレー剤は噴射力が強いため、ノズルを細いものに変えれば薬剤をまき散らさずにピンポイントで駆虫することができます。

 

しかし勢いが強すぎるとチャタテムシが吹き飛んで行ってしまうので、その場を覆う様に少し離れた場所からスプレーするとより効果的です。

 

またスプレー剤は忌避剤(寄せ付けない効果)としても使えますので、チャタテムシが出そうな場所に噴射しておくこともできます。

 

その際は辺りに薬剤が飛び散ってしまいますので、ペットや植物にかからないように注意して使用しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

チャタテムシを寄せ付けない!5つの予防対策!

ここまでは「発生したチャタテムシの駆除」について説明しましたが、ここからは「発生させない予防対策」について説明しましょう。

 

 

カビの徹底除去

チャタテムシはカビが大好物です。

 

家の中でカビの生えている部分を見つけたら、徹底的に除去してからその上に害虫忌避剤(上で挙げたスプレー剤)を塗布すると、大変効果的で寄り付かなくなります。

 

また「カビが生えている場所」を中心にして燻煙剤を焚くのも良い方法です。

 

カビがチャタテムシのエサ場となっていますので、それだけその周辺には数も多いと考えられます。

 

他にも、カーテンのカビは見落としがちなので注意したいところです。

 

こまめに洗濯をし、汚れを落としてスッキリさせましょう。

 

カーテンをはじめ、この「隠れカビ」にチャタテムシが集まり、そしてチャタテムシをエサとする「ツノダニ」を引き寄せてしまいます。

 

チャタテムシ対策は、その他の害虫対策にもなりますので、見つけ次第即駆除することが大切です。

 

 

 

 

本やダンボールの徹底掃除!

チャタテムシは別名「本シラミ」と呼ばれるほど、本が大好きな害虫です。

 

本から発生すると見つけにくくなりますので、しまいっぱなしの本は、時々「虫干し」すると発生しにくくなります。

 

※虫干しとは「日光や風に当てる」ということで、ページをサーッと捲くって当てていきます

 

本も含め「保管しておく紙類」は風通し良くしておくことが良いのですが、もし虫干しで書籍などの日焼けが気になるなら、保管場所に除湿器を設置しましょう。

 

また扉つきの書棚に入れ、害虫が入り込みにくくする事も有効です。

 

 

古いダンボールも廃棄しよう

チャタテムシは「長く保管されているダンボール」も大好きです。

 

保管時に直接床に置いておくと、チャタテムシがどんどん入り込みます。

 

ダンボールは袋に入れて保管し、使わないものは早めに処分することで、発生源を断つことができます。

 

なお、リサイクルに出すために保管している「雑誌・新聞紙」でも発生しますので、気を付けて適度に処分してしまいましょう。

 

 

 

 

湿度を下げよう!

チャタテムシはカビが大好物ですので、カビの元になる「湿気」を断つことが根本解決につながります

 

エアコンの除湿機能などを使って湿度を下げ、風通しを良くし、湿気が一所に溜まらないようにしましょう。

 

使用していない部屋でも「窓からの日光」を当てるほか、除湿剤や除湿器も検討した方が良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

畳、ござを敷かない

チャタテムシは畳やござが大好きですので、もし家の中で発生してしまった場合は、すぐにこれらに住みつきます。

 

もしチャタテムシの数が多いと感じたなら、掃除機や薬剤で除去するよりも、まずこれらを敷かないという選択肢を検討してください

 

チャタテムシは、一般家庭では住み着いているのが当たり前です。

 

だからこそ害をなさないように調整し、チャタテムシを増やさないように気を付けるべきなのです。

 

 

 

 

その他、チャタテムシの好きなものを除去する

チャタテムシの好むものはたくさんありますが、畳やござの他にも

 

  • 古書
  • 物を置くために下に敷いた紙
  • 昆虫標本
  • そうめん、マカロニ、お米などの食品

 

など様々なものが挙げられます。

 

もし食品棚に発生すると、「口のあいた食品」全てに次々と入り込んでしまいます。

 

これらのものを全て除去できたとしても、大量に発生したチャタテムシは簡単にはいなくなりません。

 

手に負えないほどに発生した場合は、駆除の専門業者に相談することも検討しましょう。

 

一度しっかり除去できれば、キレイな状態を維持するための対策はそう難しくはありません。

スポンサーリンク

 

 

卵や幼虫の駆除!!

続いては、
卵や幼虫の段階における駆除方法について説明しましょう。

 

 

卵はどんなの?

※画像は「ハンマーの虫のページ2」さんのブログからお借りしました。

 

左が産卵直後、右が一週間後の写真です。

 

はじめは無色透明ですが、徐々に茶色に変色します。

 

 

 

卵はどこにあるの?

卵は特定の場所ではなく、「成虫が好む環境」であればどこででも繁殖してしまうと考えた方が良いです。

 

チャタテムシは

 

  • 気温が25℃以上30℃以下
  • 湿度が75%程度

 

であれば、どこでも繁殖が可能な昆虫です。

 

特に「湿気のある押し入れ・クローゼット」のような締め切った場所が適しています。

 

その他にも、すでに説明したような

 

  • 存在を忘れていた乾麺や米などの食品の袋
  • ダンボールや本、サッシの隙間

 

など、どこにでも生息しています。

 

もちろん「カビが生えている場所」には確実にいますので、カビをエサにしてどんどん繁殖してしいまいます。

 

繁殖の条件は整いやすいので、「成虫が好む環境」をまずは理解し、成虫を駆除することを意識しましょう

 

 

 

 

卵の駆除方法!

チャタテムシは単為生殖する昆虫なので、成虫が1匹でもいれば確実に繁殖してしまう恐ろしい害虫です。

 

まずは成虫を見つけ次第、徹底的に駆除するようにしましょう。

 

そしてカビなどの「チャタテムシのエサ」となるものをなくせば、成虫の駆除は早くなります。

 

ではなぜ「成虫の駆除」をしたほうが早いのか?

 

くん煙剤などを何度焚いても卵には効果がなく、孵化して周囲にエサがあれば、代々いなくなることはないからです。

 

逆に言うと、成虫を駆除しつつ、エサをなくせば繁殖しません。

 

なお、卵には「殺虫剤」もあまり効果がないので、以下の方法で駆除するしかありません。

 

 

卵をコロコロテープや掃除機で直接除去する

上でも説明した方法ですが、掃除機ではなく、コロコロテープで除去しましょう。

 

実は「掃除機でチャタテムシを吸い取る方法」は良いとは言えません。

 

なぜなら、

 

  • あまりにも虫や卵が小さすぎて排気口からまた出てしまう
  • 吸い込めたとしても掃除機内で卵が孵化してしまう可能性がある

 

という理由からです。

 

これでは室内を移動しただけに過ぎませんので、掃除機は「薬剤など他の方法で駆除した後の仕上げ」として行うのがベストです。

 

 

 

 

孵化しない環境を作る

卵が孵化しても育たない

 

  • 気温25℃以下
  • 湿度60%以下

 

の環境を作り続けると良いですが、「人が住んでいる家」では現実的には難しい方法です。

 

 

 

 

孵化した成虫を駆除し続ける

現実的にはこの方法での対処がベストでしょう。

 

「卵の駆除だけでなく、成虫ともども駆除する」考えが必要です。

 

まずは「卵を産む成虫」を何度も駆除し、駆除し損なった成虫が「生きていられない環境」を作るのが効果的です。

 

くん煙剤を定期的に焚いて「孵化したチャタテムシ」を次々に駆除しつつ、一方で「生きられる環境」を潰すことで、成虫が卵を産むのを阻止することを心がけましょう。

スポンサーリンク

 

 

さいごに!

チャタテムシは、「卵・成虫」関わらず丸ごと駆除・予防する必要があるという事が分かって頂けたかと思います。

 

まずは「根本原因となるカビ」を除去しつつ、くん煙剤で一度部屋をキレイさっぱりリセットしましょう。

 

なお、当サイトではチャタテムシ以外にも、さまざまな害虫の駆除・対策・生態についてまとめていますので、あわせてご確認ください!

 

人気の関連ページ!
>>ゴキブリ退治<7つの瞬殺方法>!殺虫剤、バルサンの種類や違いを徹底解説!

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

ゴキブリ対策まとめ!30年の経験でわかった【二度と見ない最強駆除】
2018年最新版. 約30年ゴキブリの対策・駆除をしてきた私が、ハーブやアロマ、スプレーなどのグッズからオススメや駆除の流れを実体験に基づき解説!
【ゴキブリ退治】7つの瞬殺方法!熱湯など「身近な物」での殺し方まとめ
【G画像なし】山奥に住んでいた私が、ゴキブリをアッと言う間に瞬殺できる「7つの対処法」を紹介!お湯や洗剤は本当に効果あるのか?説明します。
ゴキブリはどこから来る?7つの侵入経路・原因と、鉄壁の予防対策法!
ゴキブリはどこから入ってくるのか?侵入経路や寄せ付けないための「侵入防止対策」をどこよりも分かりやすく解説!ホウ酸団子や忌避剤は意味があるのか?ゴキブリを寄せ付けない鉄壁の予防対策もご紹介!
ゴキブリの卵が孵化する9つの場所と時期!女子でも出来る駆除法5選!
【2018年更新版】ゴキブリの卵はどこに産み付けられ、どこで孵化するのか?また、何匹生まれるのか?孵化の時期はいつ頃か?卵を見つけた時の処理方法を分かりやすくまとめてみました。
ゴキブリの赤ちゃん(幼虫)が出る7つの原因と、効果抜群な駆除法8選!
ゴキブリの赤ちゃん(子ども)の特徴や大きさ、「飛ぶのか?」などを解説。どこから出るのか?「1匹いると30匹いる」の真実も分かりやすく説明。
ゴキブリが巣を作る11の場所!どんな形?【駆除と全滅までの流れ!】
ゴキブリの巣はどこで作られる?ゴキブリと巣を退治する方法と、全滅させるまでの流れを解説します。
ゴキブリにアロマ(ハーブ・ミント)やファブリーズ、重曹は効くか?【試してみた】
【ゴキブリ画像なし】ゴキブリにはアロマ(ハーブやラベンダー、ミント)、ファブリーズ、重曹などが効くと聞きます。では実際に効いたのか?試してみました。(ゴキブリの画像はありませんのでご安心下さい。)
驚愕!ゴキブリへの「アルコール」が効果絶大だったので報告する!
ゴキブリにアルコールスプレーは効果があるのか?なぜ嫌がるのか?実際に試した結果をモザイク画像と共に報告します!
ゴキブリに洗剤使ったらヤバすぎた!たった1つのコツで「即死」できる!
ゴキブリに洗剤を使ってみた結果、効きやすい洗剤・効きにくい洗剤があった!「死なない」「逃げられた」という方、やり方間違ってません?
ゴキブリを寄せ付けない究極アイテム発見!ハッカや超音波よりスゴイ!
【2018年更新版】ゴキブリを寄せ付けない方法を色々試してみた!ハッカ油や超音波、電磁波、ナツメ・ラベンダーなどのハーブなどなど。その中で「これは効く!」と思えた効果抜群のアイテムが見つかったので紹介する!
ゴキブリの生態まとめ!種類・寿命・冬の生活・共食い!噛むの?菌は?
【どこよりも分かりやすく説明!】ゴキブリの生態について、、種類や寿命、冬はどこに潜んでいるのか?夜行性なのか?を説明!人間を噛むの?ウイルス・細菌感染の危険性の有無は?
ゴキブリの生命力・繁殖力がヤバすぎる!「1匹いたら100匹いる」の真実
ゴキブリは生命力と繁殖スピードが異常に高いため、繁殖させないための対策が必要です。「1匹いたら100匹いる」は本当か?
ゴキブリが飛ぶ5つの条件!考え得る「飛ぶ理由」3つと対策まとめ
ゴキブリは飛びます!しかも頻繁に人に向かって飛んできます… なぜ飛ぶのか?飛ばない種類もあるのか?説明します。
ゴキブリのふんの掃除法と注意点5つ!固さ・量にも注目しよう【画像】
ゴキブリのふんを見つけたらどうすべき?床や壁に付いた場合の処理対策や、潰すとどうなるか?ニオイなどについても説明します。
ゴキブリの「餌・好物」と「嫌いなもの」を知ると徹底的に排除できる
ゴキブリが好きな食べ物、嫌いな食べ物・ニオイをまとめました。餌となるものを排除できると、毒餌の効果も強まるので必ず把握しておきましょう。
ゴキブリを見失った!逃げられた!「寝れない夜」を避ける11の対策!
ゴキブリに逃げられた!どこかに消え た!という場合に考えられる「逃げ込みやすい13の場所」と、眠れない場合の11の対策を紹介。
逆効果?ブラックキャップの効果を6ヶ月ガチ検証したらヤバすぎた!
ゴキブリ対策として最強説のある「ブラックキャップ」の効き目を6ヶ月間ガチ検証しました。屋外でも効果はあるのか?置き場所はどこが良い?有効期間は?すべて解説します。
コンバットの効果5ヶ月検証!ブラックキャップとの強さ比較もしてみた
ゴキブリ駆除薬「コンバット」・「コンバットハンター」を使ってみた結果を公開!ブラックキャップとどちらがオススメか?説明します!
ゴキちゃんストップの効果を7ヶ月検証!置き方のコツ伝授!【口コミ】
ブラックキャップの効果がいまいちだったため、プロ仕様のゴキちゃんストップで検証。結果をレビューします。その他、置き場所・薬局で買えるのか?なども解説。
ゴキブリホイホイをおすすめしない5つの理由!効果検証がヤバすぎた…
ごきぶりホイホイを試行錯誤で長年使ってきた結果から、オススメできない理由を挙げてみます。逆効果か?設置場所は関係あるか?など。
ゴキジェットプロの「効果検証」で判明!オススメできない5つの理由!
【ゴキ画像なし】ゴキジェットプロでは死なない?使って分かったメリット・デメリット、黒(まちうけタイプ)はどうか?実体験から個人的な感想を説明します!
バルサン7種類を使った効果比較がヤバイ…!使い方・放置時間を語る
【2018年】バルサン7種類使用したため、効き目の比較とオススメを紹介。また使用方法や放置時間、効果期間、注意点、掃除のやり方も解説。
バルサンの値段(価格)を7タイプ全サイズで調査!コスパ比較 <2018年>
【2018年版】バルサンやバルサンプロEXなど、全タイプ・サイズのコスパを比較!アースレッドや虫コロリとの比較も!
バルサンを「布団のダニ対策」で使った結果が衝撃的すぎた!【悲報】
バルサンを焚くときに布団にかかって良いの?私はあえてかけてダニ対策を行った経験がありますが、結果がヤバかったのでお伝えしたい。
「ゴキブリを食べると死亡する」の真実!味と害、8つの食べ方まとめ!
ゲテモノ好きが食べる「ゴキブリ」。食べると死ぬという噂は本当か?食用ゴキブリの味や、食べることでの害、調理方法を解説!
【動画まとめ】マンホールから大量のゴキブリが湧く!なぜマンホールに?
京橋駅でマンホールから大量発生したゴキブリ。なぜマンホールにいたのか?どこにでもいるのか?動画とともに解説します。
ダニ退治で本当に効果的な9つの駆除法と、実は効果が薄い9つの対策!
【2018年最新版】ダニ退治で本当に効く駆除方法と、実はあまり効果のない方法を紹介!アイロンやドライヤー、ファブリーズ、アルコールは効くのか?などなど。
ダニ刺されの症状と9つの見極め方!跡の特徴や薬、治らない場合の対処
【2018年最新版】ダニに刺された時の判断方法や症状の特徴を画像で紹介!痒くない場合や、治らない場合の対策、ムヒ等の市販薬について。
【ダニは7種類】大きさ・特徴の違い!赤い虫や、目に見えるのもダニか?
ダニの種類を詳しく解説!大きさや刺され跡、出現する時期の違いなど特徴を説明。肉眼で見えるものや赤い小さな虫についても触れています。
ムカデの生態(種類・つがい・幼虫・卵・天敵・餌)辞典【完全版】
ムカデについてどこよりも分かりやすく解説!種類は多いの?つがい行動するって本当?幼虫はどんなの?噛むことや毒はある?卵はどんなのでどんな場所にうむの?【ムカデがわかる辞典】
ムカデ対策・駆除の方法9選!熱湯やハッカ油で退治?噛まれた時の対処・薬
ムカデの対処方法を9種紹介!ハッカ油や熱湯、バルサン、殺虫剤・・・ 何が効くの?ムカデを寄せ付けない予防法や、噛まれたらどうするのか?を分かりやすく説明しています!
ゲジゲジの対策・駆除7選!益虫なの?噛むの?幼虫と毒性【画像】
ゲジゲジ虫の対策と駆除を分かりやすく解説。幼虫や卵、どこから沸いてくるのか?毒性や噛むこともあるのか?益虫なのか?についても分かりやすく説明。
ゲジゲジの種類は2種類!『ゲジゲジみたいな虫』はムカデorヤスデかも!
ゲジゲジ虫の種類の紹介のほか、「ゲジゲジと似てる虫」として勘違いされやすい「ヤスデ」や「ムカデ」の特徴や違いを、画像とともに説明しています。
ヤスデをササッと駆除・対策する8の方法と、「大量発生」する4つの原因!
気持ち悪いヤスデを駆除・退治する8つの方法や、家の中に侵入させないための予防法、なぜヤスデは大量発生するのか?その理由を分かりやすくまとめました。
ヤスデの臭い対策3ポイントと毒性の有無!噛む?刺す?【害虫or益虫?】
ヤスデと言えば「くさい臭い」。この臭いに毒性はあるか?臭い液が付いてしまった場合どうすべきか?噛まれたり刺したりするのか?人間にとって害虫か益虫か?まとめました。
ヤスデの種類は200以上!最大30cm!天敵・幼虫・卵など生態まとめ!【画像】
ヤスデの種類や、世界最大級のヤスデを写真付きでご紹介!また天敵や、卵から孵化・赤ちゃん・子供までのライフサイクル、増える時期などの生態についてもご紹介。
チャドクガ(幼虫・成虫)の発生時期と、安全な駆除・予防対策9選!
チャドクガの成虫と幼虫の生態(大きさや毒など)と、発やすい時期、駆除と予防対策について画像付きで紹介。天敵や木酢液を使った予防方法についても解説。
チャドクガに刺されたら?症状と、すぐ出来る対処法・薬・治療【まとめ】
チャドクガに刺されたらどんな症状が出るの?皮膚炎(かぶれ・湿疹)を画像で紹介。また、とっさに出来る応急処置7ステップを分かりやすくまとめています。
ブヨに効果的な対策5つと、刺された場合の症状・薬・治療を解説します!
ブヨに刺されたら腫れや水ぶくれ、かゆみが出ます。ここでは対処方法やオススメの市販薬、虫除け方法を詳しく解説します。
シバンムシの駆除法6つと予防法7選!幼虫・卵どこから沸くの?
シバンムシの駆除方法6つと予防方法7つを分かりやすく。またシバンムシは何が原因でどこから沸いて来る?卵や幼虫はどう退治する?繁殖の時期・畳への害などを含めて説明しています。
カツオブシムシ(幼虫・成虫・卵)のカンタン駆除対策12選!どこから湧く?
虫食いの原因である「ヒメカツオブシムシ」と「ヒメマルカツオブシムシ」の駆除方法と予防対策を12紹介!幼虫や卵がどんなものか?どこから侵入してくるのか?解説します。
ユスリカの3つの対策・駆除、発生時期、幼虫・成虫の寿命や生態!
【2018年更新版】ユスリカやフユユスリカの対策や駆除方法、発生時期、幼虫・成虫の寿命や生態を分かりやすく解説。その他、蚊取り線香や電撃殺虫機なども紹介します。
ガガンボ(カトンボ)という「でかい蚊」の幼虫や種類、駆除・刺された時の対処
【まとめ】大きい蚊のような虫「ガガンボ」。このガガンボの生態や種類、人を刺すのか?を説明。またオススメの6つの駆除・対策方法もあわせて説明しています!
カマドウマ(便所コオロギ)の駆除対策10選!幼虫や卵、どこから来る?【画像】
トイレに出るコオロギのような虫「カマドウマ」。駆除方法や侵入予防対策、どこから入るのか?幼虫や卵のライフサイクルについて分かりやすく説明します。
カメムシの種類や天敵、寿命、噛むか?飛ぶか?など【生態まとめ】
「屁こき虫」「へっぴり虫」とも呼ばれるカメムシ。カメムシの種類(仲間)や天敵、寿命、冬眠するのか?など生態を分かりやすくまとめました。
カメムシの臭いの消し方7つと成分!自然に消える?ファブリーズは有効?
カメムシの臭い消しに有効な7つの方法と、臭い成分について。例えるとどんな臭いがするか?自然と消えるか?なども解説。
カメムシが大量発生する3つの時期・原因と対策6選!【大雪との関係】
カメムシが大発生する季節や原因、その対策を解説。また大雪や台風などの天災、花粉との関連についても解説。
コガネムシとカナブンの5つの違い!【種類・エサ・見た目・生態まとめ】
カナブンとコガネムシは似ていますが、実は異なる点がたくさん。ここでは見分け方や色の違い、食性、飛び方などを比較しています。
コガネムシ(幼虫・成虫)の5つの駆除・対策!寄り付く原因を解消するには
コガネムシは幼虫・成虫ともに「害虫」です。ここではトラップを含め退治方法や発生する時期・原因についてまとめています。
アブラムシの駆除・対策14選!牛乳や木酢液は効く?【パッと退治する裏技】
厄介なアブラムシを退治する方法、寄せ付けない予防方法をそれぞれ説明します!無農薬で撃退・予防できる方法もありますので、色々組み合わせて試してみましょう!
アブラムシが黒い?5つの種類と生態の違い!卵・成虫・繁殖【完全版】
アブラムシの種類や生態の違い、卵や幼虫について分かりやすく説明しています。また「繁殖力が強い」秘密や、駆除方法についても説明しています。
ダンゴムシの餌・飼い方・生態と駆除方法
ダンゴムシの飼育やエサ、生態(寿命・オスメスの違い・赤ちゃん・幼虫・種類など)を分かりやすく説明!また、害虫ともなるダンゴムシの駆除方法についても説明しています。
フナムシとゴキブリの5つの違い!食べるとどんな味…?【生態まとめ】
フナムシとゴキブリの違いを分かりやすく!また、フナムシの料理方法と味、食べた感想をまとめています。その他、噛むのか?害虫なのか?などの生態についても。
トノサマバッタの生態(餌・飼い方・卵・寿命・共食い)【完全版】
トノサマバッタについて、餌や飼い方、産卵のさせ方や卵の保管方法、孵化のさせ方、寿命、共食いの有無を分かりやすく説明しています。トノサマバッタを 飼いたい方は必見!
タガメの生息地と飼育方法!卵を壊す理由や天敵、捕食方法を学ぼう!
タガメの生息地や販売されている値段相場、飼育方法、捕まえ方を分かりやすく説明!またタガメが卵を自ら壊してしてしまう理由や、天敵、捕食の仕方、飛ぶのか?についても説明!
ゲンゴロウの種類は4000?幼虫、飼育と餌、タガメとの違い【まとめ】
ゲンゴロウの種類と生息地、絶滅危惧種なのか?といった内容と、飼育方法(餌や飼育道具)、タガメとの違いを分かりやすくまとめています。【画像あり】
カミキリムシの正しい飼い方と、種類・エサ・幼虫!【画像】
カミキリムシって買える(飼育できる)?!成虫や幼虫の生態って?種類やエサは?カミキリムシについて、わかりやすくまとめてみました。
クマンバチの巣や毒針を解説!刺されたら?駆除やオスメスの生態
クマンバチの生態を分かりやすく説明!毒はあるの?刺された場合の処置はどうする?駆除の方法は?オスメスの見分け方は?分かりやすく解説しています。
カタツムリがグングン育つ飼い方!【餌・寿命・種類・卵なども解説】
カタツムリがスクスクと育つよう正しい飼育方法を説明します!飼育に必要なケースやエサ、飼育時の注意点、産卵や孵化のこと、そして赤ちゃんの育て方まで説明しています。
カタツムリの寄生虫「ロイコクロリディウム」は人間にも寄生?【死亡例も…】
カタツムリに寄生する虫「ロイコクロリディウム」とは?この虫の特徴や生息地域、どうやって人間に寄生するのか?寄生したらどうなるのか?どこよりも分かりやすく説明しています。
サナダムシのダイエットは最悪「死」!寄生症状が怖い…【卵と画像】
サナダムシダイエットって本当に効果あるの?そもそもサナダムシって何・・・?寄生させることでの症状や、寄生される原因、なぜ痩せると言われているのか?解説します。