珍しいペット17選!値段や寿命、飼いやすさ・懐きやすさ【まとめ】

珍しいペット17選!値段や寿命、飼いやすさ・懐きやすさ【まとめ】

一般的にペットとして飼われている動物としては、

 

  • ハムスター

 

などが人気ですが、実は「マイナーだけど可愛いペット」はたくさんいます!

 

このページでは、そんなマイナーなペットのうち家で飼える、珍しいけど愛らしいペットを、ジャンルごとに分かりやすくまとめていきます。

スポンサーリンク

 

目次
  • かなり幅広い!ネズミ目の珍しいペット!
  • こんなのもいる!モグラ目(っぽいものも含む)の珍しいペット!
  • ネコっぽい、イヌっぽい珍しいペット!
  • ウサギ目の珍しいペット!
  • 実は飼える!サル目の珍しいペット!
  • 爬虫類・両生類の珍しいペット!
  • イノシシ科の珍しいペット!

 

 

 

かなり幅広い!ネズミ目の珍しいペット!

「ネズミ」と聞くと

 

  • 何だか汚い動物を想像してしまう
  • ハムスターを想像する

 

という方が多いと思いますが、実はかなり幅広い動物が存在します。

 

 

シマリス

 

シマリスは

 

ネズミ目 リス科 シマリス属

 

に分類される動物。

 

体調の大きさは、

 

  • 体長12〜17p

    (+しっぽの長さ8〜13p)

  • 体重50〜150g

 

ほどで、ハムスターと同じか、一回りほど大きい身体をしています。

 

 

寿命はどれくらい?

寿命は7〜9年と言われており、小動物の中では比較的長いほうです。

 

 

値段の相場は?

ペットショップで購入することが出来ます。

 

5000円〜10000円ほどが相場なので、気軽に飼いやすいのも良い点です。

 

 

性格は?なつくの?

性格の特徴としては、

 

  • 活発
  • 臆病
  • 警戒心が強い
  • 好奇心が旺盛

 

という4つが挙げられます。

 

小さな身体をしていることから警戒心は強いですが、赤ちゃんの頃から「人間に育てられている個体」は、人への抵抗がそれだけ少ないです。

 

また、基本的に「独立心」が強いため、犬や猫のように甘えることは少ないといえるでしょう。

 

基本的には、「なつく」よりは「馴れる」ように接することが大切です。

 

ただし上で説明の通り、小さいときから人間のもとで育っている個体や、警戒心が弱い個体ももちろんいますよ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

チンチラ

 

チンチラは

 

ネズミ目 チンチラ科

 

の動物。

 

平均的な大きさは

 

  • 体長25〜26p

    (+しっぽの長さ13〜16p)

  • 体重390g〜500g

 

であり、ハムスターと比べると結構大きな身体をしています。

 

 

寿命はどれくらい?

10〜15年とされているため、小さな動物の中では比較的長生きする方です。

 

犬や猫ともあまり変わりませんね。

 

 

値段の相場は?

チンチラには多くのカラーバリエーションがあり、色味によって値段は変わります。

 

安い個体であれば20000円ほどで飼えますが、高い個体になると10万円弱するものも…

 

 

性格は?なつくの?

とにかく「好奇心旺盛」、そして「知能の高さ」が特徴的です。

 

その「知能の高さ」から、飼い主の顔もバッチリ覚えてくれますので、しっかりなついてくれます。

 

なつくと手の上に乗って食事することも。

 

 

 

 

 

 

デグー

 

デグーは

 

ネズミ目 デグー科

 

の動物。

 

平均的な大きさは、

 

  • 体長12〜20p

    (+しっぽの長さ10〜17p)

  • 体重170g〜300g

 

なので、「ハムスターより多少大きい動物」と考えておけば良いでしょう。

 

 

寿命はどれくらい?

寿命は約6〜8年程度とされていますので、ここまであげたチンチラやシマリスと比べると、やや短命です。

 

 

値段の相場は?

デグーの値段は、カラーや模様により異なりますが、おおよそ4000円〜3万円ほどと考えておきましょう。

 

 

性格は?なつくの?

デグーはとても頭が良く、コミュニケーションがしっかりととれる動物。

 

そのため、適切な飼育をしていれば「犬のような甘え方」をしてくることも。

 

「懐きやすく飼いやすい」ということで、近年徐々に人気が高まっています。

 

デグー同士、「15種類もある鳴き声」を使い分け、コミュニケーションを取っているといわれています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

モルモット

 

モルモットは、

 

ネズミ目 テンジクネズミ科

 

に属する動物。

 

大きさは

 

  • 体長:25p
  • 体重:0.6〜1s

 

ほどであり、尻尾はありません。

 

一般的にみられる「ウサギ」と同等くらいとイメージすれば良いでしょう。

 

 

寿命はどれくらい?

モルモットの寿命は4〜8年ほどと開きがあり、平均すると6年です。

 

これは飼育環境や食事の内容に左右されると言われています。

 

 

値段の相場は?

モルモットは12の種類・品種が存在しており、その値段もバラバラ。

 

もっとも一般的な種類であれば安くて2000円ほどから買えますが、高い品種であれば3万円を超えるものも…

 

 

性格は?なつくの?

モルモットは警戒心が強い生き物ではありますが、元々は「群れ」で生活しています。

 

そのため、触れられることは嫌いではなく、もちろん人間に対しても心開いてくれるようになりますよ。

 

もちろん慣れれば「部屋の中での放し飼い」も可能です。

 

 

 

 

 

 

プレーリードッグ

 

プレーリードッグは、

 

ネズミ目 リス科 プレーリードッグ属

 

の動物。

 

「あっ!この動物もネズミ目なんだね!」と意外に思った方も多いでしょう。

 

プレーリードッグの平均的な大きさは

 

  • 体長:28〜33p

    (+しっぽ7〜10p)

  • 体重:900g〜1.4kg

 

なので、ウサギと同等と考えて良いでしょう。

 

 

寿命はどれくらい?

飼育している場合は、天敵がいないため8〜13年ほど生きます。

 

ネコや犬とも変わりませんので、家族の一員として末永く生活できますよ。

 

 

値段の相場は?

平均的な値段は20万円前後ですが、高いものになると50万を超えるものも…

 

現在流通しているものは、国内ブリーダーによって繁殖した個体であり、輸入されてきた個体はいません。

 

 

性格は?なつくの?

性格の特徴は大きく5つ、

 

  1. 社会性がある
  2. 警戒心が強い
  3. 表情が豊か
  4. 活発に活動する
  5. 犬並みになつく

 

です。

 

人間だけでなく、ほかの動物にもなついてくれるので、色々と飼育している環境でも馴染んでくれるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

モモンガ

 

モモンガは大きく3種類に分けられますが、そのうちペットとして飼えるのが

 

  • アメリカモモンガ
  • フクロモモンガ

 

です。

 

前者のアメリカモモンガに関しては、ネズミ目 リス科の生き物です。

 

一方のフクロモモンガはフクロネズミ目と言って、なんとカンガルーの仲間(有袋類)として知られています。

 

人気なのは飼いやすい「フクロモモンガ」ですので、ネズミ目ではありませんが、このまま「フクロモモンガ」の特徴を説明します。

 

大きさとしては、

 

  • 体長:16〜21p

    (+しっぽの長さ16〜21p)

  • 体重:95〜160g

 

ほど。

 

上の画像は「アメリカモモンガ」であり、フクロモモンガとは若干「見た目」に違いがありますね。

 

 

 

寿命はどれくらい?

寿命は8〜12年とされていますので、短くも長くも無いでしょう。

 

 

値段の相場は?

1〜2万円程度であり、比較的安価で販売されています。

 

 

性格は?なつくの?

フクロモモンガはなつきやすく、特に

 

  • 赤ちゃん
  • 男の子

 

はより懐いてくれるでしょう。

 

馴れると自ら「人間の肩」へと飛び乗ることも!

 

 

 

 

 

 

ヤマアラシ

 

ヤマアラシはいくつかの種類がいますが、

 

ネズミ目 ヤマアラシ科

 

もしくは

 

ネズミ目 アメリカヤマアラシ科

 

に分類される動物です。

 

大きさとしては、

 

  • 体長:60〜90p(+しっぽ20〜25p)
  • 体重:5.4〜16.2kg

 

であり、種類によりかなり個体差があります。

 

また、背中の針は最長30cmにもなるため、見た目は上記のサイズ感より大きく感じます。

 

もちろんペットとして飼育する場合は、危険なので針は抜きます。

 

 

寿命はどれくらい?

飼育下であれば、5〜12年生きるとされているため、正しい知識と環境の中で育てることが出来れば、そこそこ長寿と言えるでしょう。

 

 

値段の相場は?

50万円ほどで売られており、エキゾチックアニマルとしては平均的な価格。

 

普通のペットショップではもちろん売られていませんので、

 

  • エキゾチック専門店
  • インターネット

 

で探すのが良いです。

 

 

性格は?なつくの?

ヤマアラシは自ら針で攻撃を仕掛ける「気性の荒い動物」。

 

その一方で、ナデナデされることを好んだり、動物園では飼育員の後ろをテトテトと追いかける可愛い姿も確認できます。

 

「子どもの頃から育てていないと、人間になつかない」というペットも多いですが、ヤマアラシは大人の個体でもなつきやすく、マニアからは可愛がられる存在です。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

モグラ目(っぽいものも含む)の珍しいペット!

ここでは、「モグラ目」に属するペットと、モグラっぽいペットをあわせて紹介します!

 

 

ハリネズミ

 

ハリネズミは

 

モグラ目 ハリネズミ科

 

に属している動物。

 

モグラの仲間ではありますが、ネズミっぽい顔をしているため、ハリネズミと呼ばれています。

 

平均的な大きさは

 

  • 体長17〜24p
  • 体重200g〜700g

 

ほど。

 

 

寿命はどれくらい?

寿命は5〜10年と幅があります。

 

これはハリネズミの繊細な性格から、「ストレスを感じやすい」という弱みによるもの。

 

環境や接し方によって、このように倍開いてしまうことがあるのです。

 

 

値段の相場は?

ハリネズミには「カラー品種」があり、カラーによって値段の相場は違います。

 

一般的なタイプは安く、1〜2万円程度購入できますが、「ブチ模様」のある珍しいタイプなどは4万円以上することも…

 

 

性格は?なつくの?

ハリネズミは、基本的には「なつく」と言うよりは「馴れる」タイプの動物です。

 

極端に甘えてくることもありませんが、適切なコミュニケーションを取ることで、心を開いて歩み寄ってくれるようにはなりますよ。

 

そして馴れると、こんなにもウットリした表示を見せることも…

 

もちろん怒らせると、針を立てます。

 

 

 

 

 

 

ハリモグラ

 

ハリモグラは

 

カモノハシ目 ハリモグラ科

 

に属する動物であり、ハリネズミとは全くことなる生き物です。

 

平均的なサイズは

 

  • 体長:30〜45p
  • 体重:2.5〜7kg

 

ほどなので、ハリネズミの10倍ほどの大きさがあります。

 

なんと言っても衝撃的なのは「哺乳類なのに卵を産む」という点でしょう。

 

 

寿命はどれくらい?

寿命はめちゃくちゃ長く、自然下で50年、飼育下でも40年近く生きると言われています。

 

動物界において、かなり長寿な生き物と言えるでしょう。

 

 

値段の相場は?

日本においては希少な動物なので、ペットショップでは100〜120万円ほどで取引されています。

 

「エキゾチック専門店」や「ネット通販」で購入することが出来ますが、売り切れるのも早いと言われています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

「ネコっぽい」「犬っぽい」珍しいペット!

ネコも犬も「ネコ目」という大きなグループに属していますが、ここでは

 

  • ネコっぽい
  • 犬っぽい

 

マイナーなペットたちを紹介していきましょう。

 

 

フェレット

 

フェレットは

 

ネコ目 イタチ科 イタチ族

 

の動物。

 

そう、イタチもネコの仲間というわけです。

 

平均的な大きさは

 

  • 体長35〜38p

    ⇒うち、しっぽの長さ12〜20p

  • 体重700g〜1.5s

 

ほど。

 

 

寿命はどれくらい?

寿命は6〜8年ほどと言われており、一般的なネコ・犬と言ったペットよりは、短命ではあります。

 

同じ「ネコ目」でも、イタチ科はやや平均寿命は短いのです。

 

 

値段の相場は?

フェレットは何種類かに分かれますが、メジャーなものでは4〜6万円。

 

中には8万円を超えるものもありますが、「避妊・去勢、臭腺除去の有無」によっても値段は変わります。

 

 

性格は?なつくの?

好奇心旺盛、そして何よりも「知能レベルの高さ」が特徴でしょう。

 

なんと知能は「人間の5歳児程度」とも言われており、かなり懐きやすい性格をしています。

 

 

 

 

 

 

カワウソ

 

 

「泳ぐイタチ」こと、カワウソ。

 

ネコ目 イタチ科の動物です。

 

種類が色々あり、大きさもそれぞれ異なりますが、日本でペットとして飼われている「コツメカワウソ」を基準に説明します。

 

大きさは

 

  • 体長40〜65p

    (+しっぽの長さ25〜35p)

  • 体重2kg〜6s

 

ほど。

 

 

寿命はどれくらい?

おおよそ11〜15年ほどとされています。

 

 

値段の相場は?

近年の「カワウソブーム」によって値段は高騰しています。

 

60万円から、高いものであれば170万円ほどするものも。

 

 

性格は?なつくの?

カワウソの性格の特徴は

 

  1. 活発
  2. 賢い
  3. 甘えんぼ
  4. 遊び好き
  5. 平和主義
  6. 好奇心旺盛

 

の6つが挙げられます。

 

この性格をみれば、「かなり懐きやすい」ということは、安易に想像出来るかと思います。

 

TVでもちょこちょこ取り上げられていますが、甘え方はとってもキュートです。

 

 

 

 

 

 

ミーアキャット

 

ミーアキャットは、

 

ネコ目 マングース科

 

の動物。

 

同じ「ネコ目」でも、カワウソなどの「イタチ科」とは表情が違いますね。

 

平均的な大きさは

 

  • 体長:25〜31p(+しっぽ17〜25p)
  • 体重:オス600〜800g、メス600〜1000g

 

であり、ミーアキャットのメスはオスよりもやや大きくなる傾向に。

 

 

寿命はどれくらい?

飼育下では10〜15年ほど生きると言われています。

 

ストレスを感じると寿命が縮んでしまうため、ストレスフリーな環境で育ててあげましょう。

 

 

値段の相場は?

日本ではあまり流通しておらず、エキゾチック専門店やブリーダーの元での購入になります。

 

相場としては20〜25万円ほど。

 

 

性格は?なつくの?

「気性の荒さ」、そして「用心深さ」などが特徴的。

 

ただし「協調性の高さ」もあるため、野生動物の中では「人に慣れやすい」と言われています。

 

もちろん、ほかの動物と一緒に飼うことも可能。

 

ただし「発情期」は攻撃的に可能性があるため、臨機応変に対応が必要です。

 

 

 

 

 

 

フェネック

 

フェネックは

 

ネコ目 イヌ科

 

の動物。

 

ネコにも見えるし犬にも見えますが、厳密には「キツネ」です。

 

大きさは、

 

  • 体長:30〜40cm
  • 体重:1〜2kg

 

であり、イヌ科の中では最小種。

 

 

寿命はどれくらい?

おおよそ12〜15年ほどなので、イヌや猫とあまり変わらないです。

 

 

値段の相場は?

かなりマイナーな動物なので値段も高く、55〜120万円ほどと開きがあります。

 

オスの方が高い傾向にあります。

 

また、ブリーダーから買うのか?エキゾチックアニマル専門店から買うのか?によっても、値段に多少の違いがあります。

 

 

性格は?なつくの?

「臆病」「警戒心が強い」というのが特徴的であり、一般的には「慣れない」と言われます。

 

ただし「赤ちゃんの頃から人間の手によって育てられている個体」、もしくは「長い間一緒にいる個体」は懐くようにもなります。

 

個体差はもちろんありますが、「懐かない」わけではない、と言えます。

スポンサーリンク

 

 

 

「ウサギ目」の珍しいペット!

続いては「ウサギ目」の中でも、あまりメジャーではないペットを紹介しましょう。

 

 

アンゴラウサギ

 

ウサギの中でも、希少価値の高い「アンゴラウサギ」。

 

「ホワッホワな毛」で覆われており、しっかりと「毛刈り」が必要。

 

メジャーな「アンゴラウサギ」である「イングリッシュアンゴラ」は、小型犬ほどのサイズであり、体重も2〜3.5kgしかありません。

 

【イングリッシュアンゴラ】

 

 

寿命はどれくらい?

平均寿命は5年と言われていますが、中には10年まで生きる個体もおり、飼育環境に左右されます。

 

 

値段の相場は?

9〜13万円程度の値段で売られていますが、中には20万円を超えるものも。

 

希少価値の高いウサギなので、ブリーダーに問い合わせると確実でしょう。

 

 

性格は?なつくの?

非常に穏やかな性格をしているため、抱っこされるのも嫌がりません。

 

そのため、コミュニケーションも取りやすく、飼い易いウサギと言えるでしょう。

 

ただし、「ブラッシングなどの手間」が掛かる品種ではあります。

 

 

 

 

 

 

実は飼える!サル目の珍しいペット!

ほとんど飼っている人はいないでしょう。

 

「サル目」のペットを紹介します。

 

 

スローロリス

 

まさにモンチッチ。クリックリの目がとっても可愛いサル目の動物です。

 

大きさは

 

  • 体長:26〜38p(しっぽはほとんどない)
  • 体重:0.4〜2kg

 

程度。

 

 

寿命はどれくらい?

スローロリスはストレスに弱いため、飼育下では10〜15年の寿命です。

 

野生下では20年以上生きますが、飼育環境によるストレスを非常に受けやすく、「野生環境よりも早く死んでしまう」傾向にあります。

 

 

値段の相場は?

「ブリーダーや個人の手で繁殖された個体」しか流通しておらず、相場は60〜80万円。

 

ベビーでは100万円を超える場合もあります。

 

希少価値の高い動物なので、エキゾチックアニマル専門店などに問い合わせると良いでしょう。

 

 

性格は?なつくの?

動きがスローなので「のんびり屋」に見えますが、実際は「とても繊細な性格」。

 

そのためストレスには弱いです。

 

人間には慣れてくれるため、抱っこすることも、腕の中で食事を与えることも出来ますよ。

 

 

 

 

 

 

爬虫類・両生類の珍しいペット!

一般的には、爬虫類や両生類をペットにしていること自体がやや「珍しい」部類に入るでしょう。

 

 

ウーパールーパー

 

「のほほん」とした佇まいが何とも可愛いウーパールーパーは、両生類の生物。

 

大人になると、全長25〜30cmほどの大きさになります。

 

 

寿命はどれくらい?

平均寿命は7〜10年とされていますが、海外では25年生きた個体も。

 

水質や水温にも左右されますが、おおよそ7年は生きると考えて良いでしょう。

 

 

値段の相場は?

値段はカラーにもよりますが、安いものであれば1000円ほどで購入できることも。

 

ややレアな個体であっても4000円ほどで購入できるため、哺乳類と比べるとかなり安いですね。

 

 

性格は?なつくの?

基本的にはおっとりとしていますが、「目の前のものに噛み付く」という習性があるため、場合によっては共食いをしてしまうこともあります。

 

また哺乳類のように「手に乗って餌を食べる」などはありませんが、慣れると「人が水槽に近づくと自分から寄ってくる」ようになります。

 

 

 

 

 

 

イノシシ科の珍しいペット!

「イノシシ科」と聞くと、いかついイメージがあるかも知れませんが、とってもキュートなペットが存在します。

 

 

ミニブタ

 

ミニブタとは、「家畜用の豚を、実験目的で小型に改良したブタ」の事をを言います。

 

もともとイノシシを家畜化したものがブタなので、一応「イノシシ科」に属しています。

 

平均的なサイズ感は

 

  • 体長40〜50cm
  • 体重35〜50kg

 

ですが、個体によってはかなり巨大化することもあり、最終的に200kgに到達したものも…

 

 

寿命はどれくらい?

平均寿命は10〜15年と比較的に長いため、犬や猫と同じように育てることが出来ます。

 

 

値段の相場は?

値段は案外安く、5〜15万円ほどで購入可能。

 

さらに牧場では2〜3万円ほどで譲ってもらえることもあります。

 

 

性格は?なつくの?

犬と同じように懐き易いのですが、「ブタ特有の習性・行動」がありますので、しっかりとした躾(しつけ)が必要です。

 

 

 

 

 

 

さいごに!

あまり飼育している人のいない、ちょっと珍しいペットを紹介してみました!

 

個体差もありますし、必ずしも「懐く」動物ばかりではありませんが、愛情をもって接してあげると「心を開いてくれる」動物がほとんどです。

 

イヌやネコとは違った「可愛さ・癒し」がありますので、気になる方はぜひ各ページをご確認下さい!