ヤマアラシの針が超ヤバイ!交尾できる?飼育は可能?【巨大ハリネズミ】

ヤマアラシの針が超ヤバイ!
交尾できる?飼育は可能?【巨大なハリネズミ】

「強力な針」に覆われたヤマアラシ。

 

このページでは、そんなヤマアラシについて、

 

針って何で出来てるの?

ハリネズミの仲間なの?

ペットにできるの?

 

などなど、ヤマアラシのあれこれをわかりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

ヤマアラシってどんな動物?大きさは?

 

ヤマアラシは、

 

ネズミ目 ヤマアラシ科

 

もしくは

 

ネズミ目 アメリカヤマアラシ科

 

に分類される草食性のげっ歯類です。

 

野生のヤマアラシは基本的に「単独行動」をしており、群れを作ることはありません。

 

夜になると穀物や果実などのエサを探しにいき、昼間は「岩陰や地面に掘った巣穴」で体を休めています。

 

ちなみに、良く似ている「ハリネズミ」はモグラ目の生物なので、ヤマアラシとは全く別の生物です。

 

 

大きさは?

ヤマアラシの大きさは

 

  • 体長:60〜90p(+しっぽ20〜25p)
  • 体重:5.4〜16.2kg

 

で、種類や個体によってかなりのばらつきがあります。

 

また、ヤマアラシの背中には長く鋭い針が何本も生えており、この針を使うことで外敵から身を守っています。

 

この針は最長30cmにもなりますので、パッと見の体長はもっと大きく見えます。

 

スポンサーリンク

 

 

「ヤマアラシの針」の数は3万本?!

ヤマアラシのもっとも大きな特徴は、「背中全体に生えた針」です。

 

ヤマアラシの「背中」から「お尻」には針がびっしりと覆うように生えており、その本数はなんと約3万本以上

 

 

針の長さは10〜30pにもなり、ヤマアラシがこどもの頃から硬く鋭く尖っています。

 

ハリネズミやハリモグラなど、「体に針を持つ動物」は他にもいますが、基本的にこれらの動物は「臆病な気質」を持っています。

 

そのため、外敵から身を守る際には「針を立てた状態で体を丸める」などの防御体勢を取ることが多いとされているのです。

 

それに対し、「外敵に対し気性が荒い」動物であるヤマアラシは、むしろ積極的に「針を使った攻撃」を外敵にしかけようとします

 

攻撃態勢に入ったヤマアラシは「毛穴に結合した筋肉」を収縮させ、背中の針を一気に逆立てます。

 

そして相手をその場から追い出すために、背中の針をバサバサと大きく揺らしながら、後ろ向きに突進していくのです。

 

そんなヤマアラシにちょっかい掛けると…

 

画像引用:https://www.youtube.com/

 

スポンサーリンク

 

 

ヤマアラシの針は何でできている?

ヤマアラシの針は「ケラチン」という「タンパク質」からできており、ツメや体毛と同じ成分を持っています。

 

もともとヤマアラシの針は「何本もの体毛が合わさって硬化したもの」であり、毛のように定期的に生え変わります。

 

針の先端部はするどく尖っており、ザラザラとした無数の突起物が表面を覆っています。

 

この突起は釣り針にある「返し」のような役割を持っていて、一度刺さると簡単に抜くことはできません。

 

さらにこの針はとても強度が高く、ゴム製の長靴程度であれば簡単に貫くことができます。

 

 

ちなみに、ヤマアラシの針の色は「白と黒のまだら模様」ですが、これは野生動物にとって「警戒色」を表します

 

ハチの体色である「黄色と黒のボーダー」が注意を引くように、ヤマアラシの針も周囲に対し色で警告を示しているのですね。

 

 

 

「ハリネズミの針」とは何が違うの?

 

ヤマアラシとハリネズミの針は、どちらも「ケラチン」から作られています。

 

そのため、

 

  • 硬化した体毛が何本も合わさってできている点
  • 毛周期がある点

 

もまったく同じです。

 

ただし、

 

  • ヤマアラシは攻撃のために針を使う
  • ハリネズミは主に防御のために針を立てる

 

という違いがあります。

 

ハリネズミの場合、針が無くなれば自分の身が危険にさらされてしまうため、「外敵に刺さった針」が抜け落ちるようなことは滅多にないのです。

 

対してヤマアラシの針は、敵に刺さると簡単に抜け落ちるしくみになっており、ヤマアラシの体に残ることはありません。

 

また、ハリネズミの針は刺さってもチクチクした痛みがあるだけですが、ヤマアラシの針が刺さった場合はとても危険です。

 

上で挙げた画像のように、ゴム製の長靴程度であれば簡単に貫きます。

 

さらにヤマアラシの針には、

 

  • 発症するとほぼ確実に命を落とす「狂犬病」のウイルス
  • 様々な感染症の原因菌

 

が付着していることもあります。

 

構造的には同じヤマアラシとハリネズミの針ですが、使い方や危険度は大きく異なるといえるでしょう。

スポンサーリンク

 

 

ヤマアラシの天敵は?

ヤマアラシの主な天敵は、ニシキヘビのような「大型のヘビ」です。

 

ニシキヘビのように大型のヘビは、針ごと丸呑みすることでヤマアラシを食べることができます。

 

まれに飲み込んだヤマアラシを吐き出そうとして、針が内臓に突き刺さり命を落とすヘビもいますが、大抵は胃液によって消化されます。

 

※丸呑みした時に全体的に刺さってしまったヘビ

 

 

ヤマアラシの天敵として他によく知られている動物は、

 

  • ピューマ
  • コヨーテ
  • オオカミ
  • ライオン
  • ヒョウ

 

などで、基本的にはヤマアラシの「針が生えていない頭部や腹部」を狙って攻撃を仕掛けてきます。

 

ヤマアラシは「背中の針」でしか相手を攻撃できないため、弱点を狙われたり、複数で襲われたりすると対抗できません。

 

そのため、ライオンのように「群れを作る動物」に襲われた場合は、近くにいるヤマアラシ同士で「頭を合わせて針だけを晒す」姿勢をとることも。

 

普段は単独で行動しているヤマアラシですが、いざという時には仲間同士で協力し合って身を守るのです。

スポンサーリンク

 

 

ヤマアラシは性行為(交尾)できるの?

危険な背中をもっているヤマアラシ、「交尾できないのでは?」と疑問に思う方も多いでしょう。

 

でも大丈夫、問題なく交尾できます。

 

ヤマアラシは「季節繁殖動物」のため、毎年秋頃になると「発情期」に入ります。

 

発情期に入ったメスは、オスの側でじっと動かなくなり、その間は食事も取らなくなります。

 

相手を選ぶのはメスの役割で、オスはメスの周りをうろうろしたり、性器を突出させたりして、メスにアピールします。

 

メスがその場から動かなければマッチング成功で、オスは「陶酔作用(気持ちよく酔うこと)」のある自分の尿を、メスに振りかけます。

 

その後、オスのヤマアラシは後ろ足と尾で体を支え直立し、四つん這いになったメスと交尾をするのです。

 

交尾中は覆いかぶさるような格好になりますが、メスの針は伏せた状態になっているため、オスに刺さることはありません

 

また、ヤマアラシの針は生殖器周辺には生えておらず、「背中の針」さえ寝かせておけば怪我をすることはないのです。

 

【安佐動物公園で撮影された交尾】

 

スポンサーリンク

 

 

実はヤマアラシは飼育できる!

野生では気性の荒いヤマアラシですが、実はペットとして飼育するとよくなつく動物でもあります。

 

「動物園などで飼育されているヤマアラシ」の中には、犬のように首や耳などを撫でると喜んだり、人の後を付いて回ったりする個体も。

 

ハムスターのように「手を使って食事をする」など、げっ歯類らしいかわいい一面もみることができます。

 

ただし、ヤマアラシは大きい個体で1m近くまで成長するため、飼育する際はできるだけ広いスペースを確保しておかなければいけません。

 

また、体調を崩した時にすぐ診てもらえるよう、エキゾチックアニマル専門の動物病院を見つけておく必要もあります。

 

そのため「飼育は出来るが簡単では無い」と言えます。

 

 

ヤマアラシのエサは?

ヤマアラシは草食性のため、

 

  • 植物

    ⇒木の根、葉、芽、種子)

  • 野菜

    ⇒サツマイモ、にんじん、キャベツ、白菜、青菜

 

などをエサとして与えます。

 

動物園ではこれらの食材に、ドッグフードを混ぜて与えることもあります。

 

また、エサと一緒に「樫の木」や「丸太」などをかじり木として与えてやると、ヤマアラシは喜んでかじります。

 

あまり知られていませんが、実はヤマアラシはハムスターのように「物をかじる習性」があるのです。

 

ヤマアラシの歯は非常に頑丈で、金属製の扉に穴を開けるほど強い強度を持っています。

 

ヤマアラシのストレス解消のためにも、かじり木は必要不可欠なアイテムといえるでしょう。

 

 

 

ヤマアラシの寿命はどれくらい?

種類によっても異なりますが、ヤマアラシの寿命は

 

  • 野生:5〜12年
  • 飼育下:15〜20年

 

程度とされています。

 

日本に流通しているヤマアラシのほとんどは「ヤングアダルト」か「アダルト」であり、1〜2歳の個体はほとんど出回りません。

 

ヤマアラシはよくなつく個体が多いため、「アダルトから飼育しても問題なく飼うことができる」といわれています

 

 

 

ヤマアラシはどこで買える?

ヤマアラシを飼いたい場合は、

 

  • エキゾチックアニマル専門店
  • インターネット

 

を通じて取り扱い業者に連絡をとりましょう。

 

ヤマアラシは約50万円前後で売られており、エキゾチックアニマルとしては平均的な価格です。

 

 

 

危険じゃない?本当に飼える?

刺さると非常に危険な針を持つヤマアラシですが、環境省が指定している「特定動物リスト」には入っていません。

 

特定動物とは「人に危害を加える恐れのある危険な動物」のことで、カミツキガメやワニなど約650種の動物が指定されています。

 

現在ヤマアラシは特定動物に指定されていないため、市区町村などに飼育の届け出を出す必要はありません。

 

なお、飼育する上では「針はかなり危険」なので、当然全て抜かれます。

 

もちろん針を取り除ききれてないと、残った針が刺さるため大変危険ではあります。

 

 

 

さいごに!

ヤマアラシの針の仕組みや、ハリネズミとの違い、交尾などについて説明しました。

 

ヤマアラシはペットとして飼うことが出来ますが、ほかにもユニークで可愛いペットは色々いますよ。

 

ぜひ別のページも参考にしてみてくださいね。

 


 

 

関連ページ

ハリネズミの値段と寿命、飼い方と5つの飼育道具・餌!【なつく飼育】
【2018年最新版】ハリネズミの価格相場や種類を分かりやすく説明!また、寿命や飼育方法、餌の種類、なつくための方法も!そのほか、お風呂や臭い対策について分かりやすくまとめています。
ハリネズミの針は痛いの?噛む原因や対策は?爪切りの方法も!
「ハリネズミの攻撃」をまとめてみました!針は何で出来てるの?痛いの?噛むことはある?原因と対策を5つ紹介!爪も危ないので、爪を上手く切る方法を4つ紹介します!
シマリスの値段・寿命、なつくための飼育方法!【冬眠・餌も解説】
シマリスって飼えるの?値段や寿命はどれくらい?なついてくれる?【シマリスのすべてを徹底解説!】。冬眠や餌、飼うための環境づくりを分かりやすく説明しています。検討中の方は必見!!
チンチラの値段とベッタリなつく飼い方!寿命や泣き声、餌、色と種類
【チンチラをはじめて飼う方へ!】色や種類ごとの価格や、ベタベタなついてくれる飼育方法、泣き声の大きさと、その時の感情、エサや飼育環境について分かりやすくまとめています。
デグーがなつく飼い方!餌・寿命・鳴き声・値段・色の種類【やさしく解説】
デグーがなつく飼育方法や餌の与え方、寿命やカラー品種、値段の以外を分かりやすく説明しています。これからデグーを飼いたいと思っている方に役立つ情報が満載です!
モルモットの寿命を延ばすコツと、ベッタリなつく飼い方【餌・トイレ・お風呂】
【2018年更新版】モルモットの寿命や、伸びのびと長生きできる飼い方について説明。ケージや環境づくり、餌の種類、お風呂やトイレのしつけの要否についても分かりやすく解説します。
モルモットの値段と、12の種類・品種による性格の特徴【飼い易いのは?】
【2018年更新版】モルモットは毛の長さやロゼット(つむじ)の有無で12種類に分けられます。ここでは種類・品種ごとの「性格の特徴」や飼いやすさを分かりやすく紹介しています。
プレーリードッグの値段と飼育の4箇条!寿命は?【なつく性格で飼い易い】
プレーリードッグの価格相場や飼い方・飼育道具を分かりやすく解説!なつきやすくて飼い易く、寿命も長いためペットにオススメ!画像付きで種類や特徴も解説しています!
カワウソの種類と値段・性格・寿命・生息地【はじめて飼う方へ】
カワウソをペットとして飼いたい!という方へ!カワウソの種類や値段相場、性格やおおよその寿命、本来の生息地はどこ?などなど、カワウソの生態を知ることでさらに愛情を注げるようになりますよ!
カワウソが超なつく!正しい飼い方(餌・好物・臭い対策)を徹底解説!
カワウソを飼うにあたって、餌や環境づくり、臭い対策、しつけ方を分かりやすく説明しています!また、どうやったらなつくのか?についても徹底解説しております!
モモンガの値段となつく飼い方!餌・お風呂・ケージ選び!【画像】
モモンガを飼いたい!と思っている方に、モモンガの値段や、餌・お風呂といった飼育方法、なつくためにどうすれば良いのか?を説明!おすすめのケージや巣箱なども紹介します!
モモンガの種類と、ムササビとの5つの違い【寿命・鳴き声・飼育】
モモンガを飼いたい!という方に、モモンガの種類やムササビとの違いを説明します!どちらも飼育できるの?寿命はどちらが長い?鳴き声など、飼いやすさはどうなの?
ミーアキャットの値段とペット飼育3つのコツ!性格・寿命・餌【飼い方まとめ】
ミーアキャットの飼い方や価格相場について説明します。また、性格や寿命、餌の種類、飼う上で気をつけるべき4つのポイントもあわせて解説します。
レッサーパンダを飼うには?性格の3つの特徴や寿命、食べ物【まとめ】
可愛い「威嚇ポーズ」でも有名となったレッサーパンダ。ペットとして飼えるの?種類や性格、寿命といった生態、どんなものを食べるの?といったレッサーパンダのあれこれを紹介。
ハクビシンの「鳴き声・ふん・足跡・食べ方」から分かる駆除・対策まとめ!
ハクビシンの駆除や予防対策では、まずは鳴き声・や農作物の食べ方(形跡)から、ハクビシンを突き止め、そして撃退します。駆除の流れを分かりやすくまとめました。
ハクビシンの生態(天敵・大きさ・生息地)と5つの害!【病気・感染症】
ハクビシンの生態のほか、人間への5つの害、感染し得る5つの病気について説明しています。また、写真とともにタヌキ、アライグマとの違いなどについても解説。
フェレットの種類と値段・寿命・飼い方
フェレットはなつくの?トイレや噛むしつけは?種類や値段、寿命や飼育(エサ・ケージ・散歩・お風呂・臭い対策)、くしゃみなどを説明!鳴き声も可愛いフェレットを飼い方!
オコジョはペットで飼える?生息地や性格・寿命・フェレットやテンとの違い!
イタチ科の「オコジョ」はペット飼育できるのか?フェレットやテン、イタチとの違いは?性格や寿命、食べ物などを解説。
アンゴラウサギは4種類!値段・飼育方法【毛刈り無しでは死に至る…】
アンゴラウサギの種類や値段、毛刈りなどを分かりやすく紹介!また、寿命や生息地、性格などもあわせて解説しています!
ミニブタの値段とペット飼育道具7つ!大人の大きさや寿命【まとめ】
【2018年】ミニブタの種類や販売価格、飼育環境、飼育方法、平均的な大きさや、大きくならないのか?など分かりやすく解説。
スローロリスの値段や寿命、8種の違いと飼育方法!【毒を持つ哺乳類】
毒をもつ哺乳類と言われる「スローロリス」。名前のとおりスローな動きがとても癒されます。ペットとしての販売価格の相場や寿命、性格、飼育方法などを解説。
衝撃!卵を産む哺乳類「ハリモグラ」と「ハリネズミ」の11の違い!
ハリモグラとハリネズミは何が違うの?卵で赤ちゃんを産むって本当?ペット飼育出来るの?すべて解説します。
珍しいペット17選!値段や寿命、飼いやすさ・懐きやすさ【まとめ】
「珍しく変わったペットを飼いたい」と言う方へ、室内で飼えるアニマル(犬や猫以外)を紹介!値段や寿命を合わせて解説。
シロナガスクジラは地球上最大か?大きさや寿命・天敵・生息地まとめ
シロナガスクジラは最も大きい生物なのか?大きさや重さ、生息地、睡眠方法や餌の食べ方をまとめました。