アンゴラウサギは5種類!値段・飼育方法【毛刈り無しでは死に至る…】

アンゴラウサギは5種類!値段と飼育方法【毛刈り無しでは死に至る…】

ホワッホワな毛が特徴の「アンゴラウサギ」。

 

とても奇抜な見た目から「愛好家」も多いですが、毛の処理など飼育も結構大変です。

 

ここでは、

 

どんなウサギなのか?

種類や値段はどれくらいか?

飼うときのはポイントはあるか?

 

などなどをわかりやすくまとめてみました!

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

アンゴラウサギってどんなウサギ?!

アンゴラウサギの原産国は、トルコのアンゴラ(現在はアンカラに改名)共和国です。

 

寒さの厳しい地域で暮らすアンゴラウサギは、「被毛の密度を高める」ことで暖かさを維持していました。

 

そのため、アンゴラウサギは数あるうさぎの種類のなかで、もっとも分厚く長い被毛を持っています

 

アンゴラウサギの特徴は、なんと言ってもこの全身に生えたフワフワの被毛でしょう。

 

 

 

種類にもよりますが、基本的にアンゴラウサギの毛は約3ヶ月間で顔が隠れるほど伸びてしまいます

 

通常、動物の毛はある程度成長したら伸びることはなくなりますが、この品種の被毛は違います。

 

放っておけばおく程、アンゴラウサギの毛は伸びていくため、12〜15pほどの長さになることも…。

 

商業目的で何度も改良が重ねられてきたアンゴラウサギは、定期的に毛刈りをしなければなりません。

 

そのため、アンゴラウサギは「人が手をかけなければ生きていけないウサギ」といえるでしょう。

 

 

 

現在、「生息地」は無い?!

アンゴラウサギの原産国はトルコですが、あの特徴的な長い毛は原産のままではありません。

 

「アンゴラウサギの毛」は18世紀半ばからフランスやイギリスに輸入され、何度も改良を重ねたことで長くなりました。

 

そのため、現在「アンゴラ種」とされている全てのウサギは人が飼育しており、野生には存在していません

 

アンゴラウサギの被毛は非常にきめ細かく保温性が高いため、気温によっては命を落とす可能性もあります

 

現在の姿では、アンゴラウサギが厳しい野生下で生き抜いていくのは難しいでしょう。

スポンサーリンク

 

 

性格は?飼いやすい?

アンゴラウサギの性格は非常に穏やかで、常におっとりと暮らしています。

 

活発なウサギのように俊敏さはないため、あまり走り回るようなことも少ないと言えるでしょう。

 

アンゴラウサギが大人しい性格になったのは、「採毛」の際に暴れることのないよう改良がされたからです。

 

多くのウサギは抱っこされるのを嫌がりますが、アンゴラウサギは黙って抱かれている個体がほとんどです。

 

元来人なつこい性格で人によく馴れるため、コミュニケーションがとり易いウサギといえるでしょう。

 

毎日のブラッシングや衛生管理などの手間はかかりますが、それだけ魅力も多い品種です。

 

 

ペットとしての歴史がスゴイ!

ちなみに、アンゴラウサギをペットとして飼育し出したのは「フランスの王室」だったといわれています。

 

非常に豪華な被毛を持っているアンゴラウサギは、きらびやかな「王族のペット」として最適だったのでしょう。

 

また、アンゴラウサギの毛はカシミヤよりも細く柔らかいため、非常に手触りが良いという特徴があります。

 

まるで絹のようにスベスベとした手触りの被毛は、アンゴラウサギ特有の魅力といえるでしょう。

 

 

 

寿命は飼育環境で変わる…

アンゴラウサギの平均寿命は5年ですが、なかには10年まで生きる個体もいます。

 

うさぎはストレスに弱く、食事や温度などの飼育環境によって大きく寿命が変わります

 

アンゴラウサギを飼育する際は、できるだけストレスをかけないように「飼育環境」をしっかりと整えましょう。

スポンサーリンク

 

 

 

値段の相場はどれくらい?!

アンゴラウサギは、おおよそ9〜13万円程度の値段で売られています。

 

もちろん中には20万前後で売られている個体もあります。

 

ただし、毛が長いことで管理に手間がかかるため、一般的なペットショップではほぼ取り扱っていないでしょう。

 

更にアンゴラウサギはペットとしての販売数が少なく、うさぎのなかでは希少価値の高い品種です。

 

アンゴラウサギを購入したい場合は、問屋やブリーダーに問い合わせるほうが確実に見つけられると思います。

 

 

購入時のポイント!

また、初めて「アンゴラ種」を飼う際は、アフターフォロー付きのブリーダーから購入するのが安心。

 

アンゴラ種は被毛が非常に長いため、衛生的かつ健康に飼育するには様々なコツが必要不可欠です。

 

「毛のカット」や「お手入れ」について相談できる人を作っておけば、間違った飼育する可能性は少なくなります。

スポンサーリンク

 

 

 

アンゴラウサギの種類は5つ!特徴を説明!

「衣料の原料」として各地で使用されるようになり、アンゴラウサギの品種改良は盛んに進められました。

 

現在、ARBA(世界最大のうさぎ品種協会)で公認されているアンゴラウサギの品種は、以下の5種類です。

 

 

イングリッシュアンゴラ

 

真ん丸の顔を持っており、鼻をのぞく全ての部分がみっしりと毛で覆われている品種です。

 

このうさぎはフランスで品種改良されたもので、アンゴラ種のなかでは最もメジャーなうさぎ

 

現在「ペットとして飼育されているアンゴラウサギ」のほとんどは、この品種だといっても過言ではないでしょう。

 

ペットとしての需要が高いイングリッシュアンゴラは小型化されており、体重は2〜3.5kgほどしかありません。

 

また、他のアンゴラ種にくらべて耳が短いのも特徴で、耳の先には長い飾り毛「タッセル」が生えています。

 

 

 

フレンチアンゴラ

 

フレンチアンゴラの体重は3.5〜4.5kgで、アンゴラ種のなかでは2番目に大きい品種です。

 

フレンチアンゴラは「イングリッシュアンゴラのもととなった品種」であり、改良はフランスで行われました。

 

この品種の特徴は、ガードヘアーと呼ばれる「硬い毛が柔らかい下毛を覆っているところ」です。

 

ガードヘアーがあると毛同士が絡まりにくくなるため、アンゴラ種のなかでは管理がしやすい品種でしょう。

 

またフレンチアンゴラは顔や耳の毛が短く、「頭頂部に生えた長い毛」以外は、顔周りもスッキリしています。

 

 

 

ジャイアントアンゴラ

 

世界最大のうさぎ「フレミッシュジャイアント」と、垂れ耳最大の「フレンチロップ」を掛け合わせて作った品種です。

 

商業用のアンゴラ種は「多くの被毛が採れる個体」ほど価値が高く、体のサイズがより大きいものが好まれる傾向にあります。

 

ジャイアントアンゴラはできるだけ多くの被毛が採れるよう、アメリカで品種改良されたうさぎです。

 

ジャイアントアンゴラの体重は4.5〜5.5kg以上で、カラーバリエーションはホワイト1種類のみ。

 

耳と頬には飾り毛があり、全身の被毛を含めた直径は2m以上になることもあります。

 

 

 

サテンアンゴラ

 

サテンアンゴラは、カナダで改良されたアンゴラ種であり、体重は3〜4.5kgほど

 

遺伝子の突然変異によって生まれた「フレンチアンゴラ」をもとに作られた品種です。

 

この品種の顔や耳の毛は「フレンチアンゴラ」と同様に短いですが、耳の先にはわずかながら「飾り毛」が生えています。

 

また、サテンアンゴラの毛は非常に手触りがよく、光に当たると光沢を放ってキラキラ輝くという特徴を持っています。

 

商業用としてはもちろん、ペットとしても人気が高いため、アンゴラ種のなかでは最もカラーバリエーションが豊富です。

 

サテンアンゴラの主なカラーバリエーションは

 

  • ホワイト
  • ブルー
  • ブラウン
  • ライラック

 

などですが、他にも多くのカラーが存在します。

 

なお、基本的にこの品種は「直毛」ですが、まれに突然変異で「縮れ毛」の個体が生まれることもあります。

 

 

 

日本アンゴラ

 

日本アンゴラは、イギリスから輸入されたアンゴラウサギを改良した「アルビノのアンゴラ種」です。

 

※アルビノ…生まれつき色素が少ないもの

 

この品種は大正末期から昭和にかけて作られており、過去には最大72万羽を「商業用動物」として飼育していました。

 

72万羽というのは、「アンゴラウサギの品種改良」が盛んだったフランスやイギリスよりも多い数です。

 

しかし、当時の日本では「動物の被毛を使った織物」の需要が少なく、アンゴラウサギの飼育数は徐々に減少。

 

海外への輸出には非常に手間がかかったことから、現在は兵庫県の

 

  • 六甲山牧場
  • イングランドの丘

 

でしか見ることが出来ないと言われています。

 

日本アンゴラの体重は3〜3.6kgで、カラーバリエーションはホワイトのみです。

スポンサーリンク

 

 

飼い方のポイントは大きく5つ!

では、もし「アンゴラウサギを飼おう」と思ったときには、どのような事に気をつければ良いのか?

 

飼育方法を5つのポイントに分けて簡単に説明します!

 

 

「快適な室温」を保とう!

アンゴラウサギの適温は14〜21℃のため、「人間が快適と感じる温度」では暑すぎます。

 

アンゴラウサギは密度の高い被毛で全身が覆われているため、高温多湿に弱い動物です。

 

皮膚病や精神的ストレスを避けるため、梅雨時や夏場のエアコンはドライ設定にしておきましょう。

 

 

 

ケージは「大きく・網目のもの」を!

アンゴラウサギの毛はもつれやすいため、ケージが狭いと様々なものに絡まる危険が高まります。

 

思わぬ事故でアンゴラウサギが怪我をしないよう、ケージはできるだけ大きいサイズのものを選びましょう。

 

また、一般的にうさぎの飼育では「ソアホック」を防ぐために、ケージの床に「おがくず」や「マット」を敷きます。

 

ソアホックとは、「硬い敷物」の上で長期間過ごすことにより、手足が炎症を起こしてしまうことです。

 

ソアホックを放っておくと皮膚の炎症はひどくなり、傷ができたり、皮が酷くえぐれたりするようになります。

 

うさぎは皮膚が非常に弱く、床の敷物が「網目タイプ」のケージでは、手足に負担がかかってしまうのです。

 

しかし、アンゴラウサギの手足には「分厚い被毛」がしっかりと生えているため、炎症を起こすことはほぼありません。

 

むしろ排泄物が毛に絡まって不衛生な状態になると、アンゴラウサギが病気にかかるリスクは高くなります

 

汚れや糞尿ができるだけ下に落ちるよう、ケージの敷物は網目のあるタイプを選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

食事は主食と副食を!

アンゴラウサギの主食は、

 

  • うさぎ専用フード
  • 牧草

 

です。

 

 

 

 

また、副食には

 

  • 野菜

    ⇒にんじん、キャベツ、小松菜など

  • 果物

    ⇒りんご、梨、パイン、パパイヤ、バナナなど

 

など、消化に良いものを与えて下さい。

 

アンゴラウサギは毛の量が多いため、毛づくろいの際に大量の毛を飲み込んでしまいがちです。

 

毛玉が便としてスムーズに排出されるよう、副食には「食物繊維が豊富なもの」を選ぶようにしましょう。

 

なお、水は外付けタイプの給水器に入れて、毎日新しいものに入れ替えて下さいね。

 

 

 

 

ブラッシング!

アンゴラウサギの毛はもつれやすいため、放っておくとすぐに毛玉ができてしまいます。

 

毛玉ができた箇所は皮膚が引っ張られるため、痛みやストレスを感じる原因になるでしょう。

 

コミュニケーションの一環として、ブラッシングは毎日必ず行うよう心がけて下さい

 

 

 

 

お風呂!

体についた汚れをそのままにしておくと、アンゴラウサギが病気になることもあります。

 

アンゴラウサギの毛が汚れてしまった場合は

 

  • ぬるま湯を張った洗面所で優しく洗う
  • 蒸しタオルで体を拭いてあげる

 

などの方法で、体をキレイにしてあげましょう。

スポンサーリンク

 

 

2通りの毛刈り方法があるが、中国は酷い!

アンゴラウサギは、もともと「被毛を商業目的で刈り取るために品種改良された品種」です。

 

放っておくと毛はどこまでも伸びてしまうため、3〜4ヶ月に1度は「採毛」や「カット」をする必要があります

 

アンゴラウサギの採毛には、以下の2種類の方法があります。

 

  1. はさみやバリカンで刈り取る方法(イギリスがメイン)
  2. 指でつまんで抜き取る方法(フランスがメイン)

 

 

はさみやバリカンで刈り取る方法

羊の毛刈りのように道具を使ってウサギの毛を刈る方法で、主にイギリスニュージーランドで行われています。

 

この方法では、うさぎが急に動いて怪我をしないように、手足をひもなどで拘束して被毛を刈り取ります。

 

バリカンを使うと「刈り取り時間」が大幅に短くなるため、アンゴラウサギの採毛ではメジャーな方法といえるでしょう。

 

ただし、この方法では短い毛も一緒に刈り取ってしまうため、採取した毛の長さや質にはバラつきがあります。

 

 

 

指でつまんで抜き取る方法

主にフランスで行われている方法で、「アンゴラウサギの毛根が緩くなる時期」を狙って採毛します。

 

年4回ある「換毛期」の期間をしっかりと見極める必要があるため、技術や知識は毛刈りよりも必要とされます。

 

しかし、毛刈りのように手足を拘束しなくて良いため、アンゴラウサギへの負担は最小限に抑えられるでしょう。

 

アンゴラウサギの採毛は1週間ほど間隔をあけて繰り返し行うと、より質の良い毛を大量に採ることができます。

 

この方法は上記の方法に比べてかなり時間がかかりますが、そのぶん採れる毛の質や取引価格は格段に良くなります。

 

 

 

強引にむしり取る採毛方法は動物虐待!

 

中国では「毛を強引に引っ張ってむしり取る」という酷い方法で、アンゴラウサギの採毛をする業者もいます。

 

本来鳴かないはずのうさぎが、恐怖や痛みに耐えかねて鳴き叫んでいても、作業はどんどん進められていくのです。

 

もちろん同じ中国でも、以下の動画のように丁寧にバリカンで刈り取っている所もあります。

 

 

こちらは中国の蒙陰県に位置する「アンゴラ飼育場」での映像であり、ここではアンゴラに感謝し、大切に扱っているようです。

 

中国には「動物の福祉に関する法律や規制」がないため、商業動物の扱い方は業者によって異なります。

 

悲しいことに、現在取引されているアンゴラウサギの被毛は、約90%が中国産のもの。

 

「中国産のアンゴラは安価で良い」と買っている人がいる限り、アンゴラウサギ達の痛みや辛さはなくならないでしょう。

スポンサーリンク

 

 

さいごに!

アンゴラウサギの生態や種類、値段などを紹介しました。

 

非常に世話のかかる品種でもありますが、モフモフした姿にはほかには無い可愛さを感じられますね。

 

「ちょっと変わった動物、ちょっと変わった品種を飼いたい!」という方には、ぜひオススメのウサギちゃんです!

 

なお、ウサギではありませんが、似たような雰囲気のモルモットも飼いやすく、人気ですよ!

 

【アンゴラウサギとモルモット】

 

スポンサーリンク


 

 

関連ページ

ハリネズミの値段と寿命、飼い方と5つの飼育道具・餌!【なつく飼育】
【2018年最新版】ハリネズミの価格相場や種類を分かりやすく説明!また、寿命や飼育方法、餌の種類、なつくための方法も!そのほか、お風呂や臭い対策について分かりやすくまとめています。
ハリネズミの針は痛いの?噛む原因や対策は?爪切りの方法も!
「ハリネズミの攻撃」をまとめてみました!針は何で出来てるの?痛いの?噛むことはある?原因と対策を5つ紹介!爪も危ないので、爪を上手く切る方法を4つ紹介します!
シマリスの値段・寿命、なつくための飼育方法!【冬眠・餌も解説】
シマリスって飼えるの?値段や寿命はどれくらい?なついてくれる?【シマリスのすべてを徹底解説!】。冬眠や餌、飼うための環境づくりを分かりやすく説明しています。検討中の方は必見!!
チンチラの値段とベッタリなつく飼い方!寿命や泣き声、餌、色と種類
【チンチラをはじめて飼う方へ!】色や種類ごとの価格や、ベタベタなついてくれる飼育方法、泣き声の大きさと、その時の感情、エサや飼育環境について分かりやすくまとめています。
デグーがなつく飼い方!餌・寿命・鳴き声・値段・色の種類【やさしく解説】
デグーがなつく飼育方法や餌の与え方、寿命やカラー品種、値段の以外を分かりやすく説明しています。これからデグーを飼いたいと思っている方に役立つ情報が満載です!
モルモットの寿命を延ばすコツと、ベッタリなつく飼い方【餌・トイレ・お風呂】
【2018年更新版】モルモットの寿命や、伸びのびと長生きできる飼い方について説明。ケージや環境づくり、餌の種類、お風呂やトイレのしつけの要否についても分かりやすく解説します。
モルモットの値段と、12の種類・品種による性格の特徴【飼い易いのは?】
【2018年更新版】モルモットは毛の長さやロゼット(つむじ)の有無で12種類に分けられます。ここでは種類・品種ごとの「性格の特徴」や飼いやすさを分かりやすく紹介しています。
プレーリードッグの値段と飼育の4箇条!寿命は?【なつく性格で飼い易い】
プレーリードッグの価格相場や飼い方・飼育道具を分かりやすく解説!なつきやすくて飼い易く、寿命も長いためペットにオススメ!画像付きで種類や特徴も解説しています!
カワウソの種類と値段・性格・寿命・生息地【はじめて飼う方へ】
カワウソをペットとして飼いたい!という方へ!カワウソの種類や値段相場、性格やおおよその寿命、本来の生息地はどこ?などなど、カワウソの生態を知ることでさらに愛情を注げるようになりますよ!
カワウソが超なつく!正しい飼い方(餌・好物・臭い対策)を徹底解説!
カワウソを飼うにあたって、餌や環境づくり、臭い対策、しつけ方を分かりやすく説明しています!また、どうやったらなつくのか?についても徹底解説しております!
モモンガの値段となつく飼い方!餌・お風呂・ケージ選び!【画像】
モモンガを飼いたい!と思っている方に、モモンガの値段や、餌・お風呂といった飼育方法、なつくためにどうすれば良いのか?を説明!おすすめのケージや巣箱なども紹介します!
モモンガの種類と、ムササビとの5つの違い【寿命・鳴き声・飼育】
モモンガを飼いたい!という方に、モモンガの種類やムササビとの違いを説明します!どちらも飼育できるの?寿命はどちらが長い?鳴き声など、飼いやすさはどうなの?
ミーアキャットの値段とペット飼育3つのコツ!性格・寿命・餌【飼い方まとめ】
ミーアキャットの飼い方や価格相場について説明します。また、性格や寿命、餌の種類、飼う上で気をつけるべき4つのポイントもあわせて解説します。
レッサーパンダを飼うには?性格の3つの特徴や寿命、食べ物【まとめ】
可愛い「威嚇ポーズ」でも有名となったレッサーパンダ。ペットとして飼えるの?種類や性格、寿命といった生態、どんなものを食べるの?といったレッサーパンダのあれこれを紹介。
ハクビシンの「鳴き声・ふん・足跡・食べ方」から分かる駆除・対策まとめ!
ハクビシンの駆除や予防対策では、まずは鳴き声・や農作物の食べ方(形跡)から、ハクビシンを突き止め、そして撃退します。駆除の流れを分かりやすくまとめました。
ハクビシンの生態(天敵・大きさ・生息地)と5つの害!【病気・感染症】
ハクビシンの生態のほか、人間への5つの害、感染し得る5つの病気について説明しています。また、写真とともにタヌキ、アライグマとの違いなどについても解説。
フェレットの種類と値段・寿命・飼い方
フェレットはなつくの?トイレや噛むしつけは?種類や値段、寿命や飼育(エサ・ケージ・散歩・お風呂・臭い対策)、くしゃみなどを説明!鳴き声も可愛いフェレットを飼い方!
オコジョはペットで飼える?生息地や性格・寿命・フェレットやテンとの違い!
イタチ科の「オコジョ」はペット飼育できるのか?フェレットやテン、イタチとの違いは?性格や寿命、食べ物などを解説。
ミニブタの値段とペット飼育道具7つ!大人の大きさや寿命【まとめ】
【2018年】ミニブタの種類や販売価格、飼育環境、飼育方法、平均的な大きさや、大きくならないのか?など分かりやすく解説。
スローロリスの値段や寿命、8種の違いと飼育方法!【毒を持つ哺乳類】
毒をもつ哺乳類と言われる「スローロリス」。名前のとおりスローな動きがとても癒されます。ペットとしての販売価格の相場や寿命、性格、飼育方法などを解説。
ヤマアラシの針が超ヤバイ!交尾できる?飼育は可能?【巨大ハリネズミ】
ヤマアラシの針は何で出来てるの?天敵はヘビ以外にもいる?ペット飼育できる?ハリネズミとの違いは?詳しく解説します。
衝撃!卵と産む哺乳類「ハリモグラ」と「ハリネズミ」の11の違い!
ハリモグラとハリネズミは何が違うの?卵で赤ちゃんを産むって本当?ペット飼育出来るの?すべて解説します。
珍しいペット17選!値段や寿命、飼いやすさ・懐きやすさ【まとめ】
「珍しく変わったペットを飼いたい」と言う方へ、室内で飼えるアニマル(犬や猫以外)を紹介!値段や寿命を合わせて解説。
シロナガスクジラは地球上最大か?大きさや寿命・天敵・生息地まとめ
シロナガスクジラは最も大きい生物なのか?大きさや重さ、生息地、睡眠方法や餌の食べ方をまとめました。