ミーアキャットの値段とペット飼育3つのコツ!性格・寿命・餌【飼い方まとめ】

ミーアキャットの値段とペット飼育3つのコツ!性格・寿命・餌 【飼い方まとめ!】

二足で立ち、キョロキョロと様子を窺う姿が可愛い「ミーアキャット」。

 

人にもベッタリなついてくれる可愛い動物ですが、まだまだペットとしてはマイナーです。

 

そこで、

 

どれくらいの値段相場なのか?

どんな性格なのか?

飼うのに何が必要なのか?

 

などをわかりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク

 

目次!
  • ミーアキャットってどんな動物
  • 値段相場はどれくらい?
  • 性格の特徴は4つ!
  • 寿命はどれくらい?
  • 飼育のコツ@:飼育に必要な物
  • 飼育のコツA:の内容や頻度!
  • 飼育のコツB:飼う上で注意すべき4つのこと

 

 

スポンサーリンク

 

 

ミーアキャットってどんな動物なの?

ミーアキャットは、ネコ目 マングース科に属する雑食性の動物です。

 

ミーアキャットの別名は「ミーアカット」で、南アフリカでは「スリカータ(岩猫)」とも呼ばれています。

 

 

「キャット」と付いてはいますが、ご覧のとおりあまり猫のような顔はしておりません。

 

ミーアキャットの平均的な大きさは

 

  • 体長:25〜31p(+しっぽ17〜25p)
  • 体重:オス600〜800g、メス600〜1000g

 

であり、ミーアキャットのメスはオスよりもやや大きくなる傾向があります。

 

 

主な生息地は?

ミーアキャットの主な生息地は、

 

  • アンゴラ南西部
  • ナミビア
  • ボツワナ南部
  • 南アフリカ

 

などの半砂漠地帯。

 

彼らは長くて鋭い爪を活かし、岩の多い荒れ地やサバンナの地面に「直径10pほどの巣穴」を堀って暮らしています。

 

 

どんな暮らしをしてるの?

基本的にはペアか家族で生活していますが、複数の家族で一緒に暮らしても特に問題はありません。

 

ミーアキャットは社会性が高いため、大きなグループになると、50頭以上の大家族になることもあります。

 

ただし、ミーアキャットの群れには必ず「1組の優位ペア」が存在しており、子作りは優位ペアのみが行います。

 

どんなに大きな群れであってもその仕組みは変わらず、他のメンバーは生涯子守りや授乳などを担当します。

 

 

狩の訓練が特徴的!

ミーアキャットは狩りの訓練がとても特徴的で、こどもへのエサの取り方はかなり計画的に教育します。

 

大人同士が鳴き声でコミュニケーションを取りながら、「こどもの教育の進み具合」を確かめたりもします。

 

ミーアキャットにはそれぞれ役割があり、狩りや食事中は必ず誰かが「見張り役」になります。

 

なぜなら身を隠す場所が少ない半砂漠地帯のサバンナでは、いち早く危険に気付き逃げなくてはならないからです。

 

ミーアキャットは「サバンナにおける食物連鎖」の下位、つまり「餌にされやすい生き物」なのです。

 

二本足で立つあの特徴的な行動は、実は「周囲に敵がいないかどうか警戒している姿」なのですね。

 

 

スポンサーリンク

 

どれくらいの値段で買えるの??

日本でのミーアキャットの価格は、20〜50万円前後が相場です。

 

ミーアキャットは取り扱いショップが少なく、現時点ではとてもレアな動物です。

 

ペットとしての歴史がまだ浅いため、一般的なペットショップではまず見かけないでしょう。

 

ミーアキャットの購入時は

 

  • 大手のショップ
  • ブリーダー
  • エキゾチック専門店

 

を訪ねてください。

 

ちなみに成体のミーアキャットは、子供よりもなつきにくい傾向があります。

 

ミーアキャットを飼う場合は、ベビーのうちからしっかりと信頼関係を築いておくことをオススメします

スポンサーリンク

 

 

ミーアキャットの性格の特徴4つ!

ミーアキャットの性格をあらわす4つの特徴を紹介しましょう!

 

 

気性が荒い!

マングースの仲間であるミーアキャットは気性が荒く、「サバンナのジャング」とも呼ばれています。

 

小柄でかわいらしい見た目からは想像できませんが、実はミーアキャットは意外と攻撃的な動物。

 

敵とみなした相手には、「長い爪」と「牙」を使って徹底的に対抗することもあります。

 

興奮すると思わず口が出てしまう個体も多いため、おもちゃなどで遊ぶ際には注意が必要です。

 

 

 

用心深い!

ミーアキャットは「サバンナの食物連鎖」において、かなり下位に位置する動物です。

 

彼らを襲う動物は数多くいますが、なかでもフクロウやコブラ、ジャッカルは天敵中の天敵。

 

空や草むらで狙いを定める天敵たちにいち早く気付けるよう、ミーアキャットは常に周囲を警戒しています。

 

普段は活発なミーアキャットですが、広い所や初めての場所では警戒して、ほとんど動かなくなることも。

スポンサーリンク

 

 

恐がり!

ミーアキャットは「敵が空から襲ってくる」ことを本能的に知っており、「上からの動作」を怖がります。

 

たとえ外敵のいない安全な飼育下でも、「頭上での素早い動き」はミーアキャットのストレスの原因になります。

 

思わぬ事故を防ぐためにも、ミーアキャットを撫でる時は必ず下から手を入れるようにしましょう。

 

 

 

協調性が高い!

ミーアキャットは集団行動をする動物で、とても高い社交性を持っています。

 

仲間同士で協力し支え合って暮らしているため、野生動物のなかでは人に馴れやすいでしょう。

 

ただし、ミーアキャットには主に8〜3月に発情期があり、この期間はオスメス共に攻撃性が高まります。

 

今までとてもなついていたミーアキャットでも、発情期間だけは「野生の本能」が出てしまうのです。

 

発情中のお世話は革手袋をして行い、スキンシップ等はできるだけ避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

 

 

ミーアキャットの寿命はどれくらい?

「野生のミーアキャット」の寿命は5〜8年ですが、飼育下では10〜15年程度まで生きることが多いです。

 

ただしミーアキャットはとても規則正しい生活をしており、生活リズムが崩れるとストレスを感じます。

 

できるだけミーアキャットが長生きできるよう、ストレスの少ない飼育をこころがけましょう!

 

飼い方の注意点は、当ページの最後に「飼育する上での4つのポイント!」でまとめています。

 

 

 

飼育に必要な5つの物!

実際にペットとして飼う上で必要な、5つの物(設備)について説明しましょう!

 

 

ケージ

ミーアキャットは、フェレットやウサギ用のケージで飼うことができます。

 

理想的なケージの大きさは、理想としては縦50×横70×高さ65p程度で、床には干し草をたっぷり敷きましょう。

 

 

 

ただしミーアキャットは「穴堀り」をとても好むため、放っておくとケージの外が干し草だらけになります。

 

そのため、ケージの周りに囲いを作って「飛び散りを防止」できれば、毎日の掃除がとても楽になります。

 

 

 

 

トイレ

ミーアキャットはトイレのしつけができない動物です。

 

犬や猫のように、「飼い主の希望した場所で排泄するよう教える」のは、難しいでしょう。

 

ただし、ミーアキャットにはある一定の場所で尿をする習性があります。

 

ケージ内をできるだけ衛生的に保てるよう、ミーアキャットが決めた場所にトイレ容器を設置してください。

 

コーナー型のフェレットトイレはあまり場所を取らずに設置できるため、ケージ内が狭くならずに便利です。

 

設置してすぐは警戒して入らない可能性もありますが、慣れるまで気長に待ちましょう。

 

 

 

 

 

砂浴び場

野生のミーアキャットは、砂浴びによって「被毛の健康」を保っています。

 

ミーアキャットが中でひっくり返れるくらいの容器に砂を入れ、定期的に砂浴びさせてあげましょう。

 

砂の飛び散りを防ぐためには、できるだけ深い容器を用意することが重要です。

 

小さめの衣装ケースやプラスチックの引き出しなどを利用すれば、砂の飛び散りは最小限に抑えられます。

 

 

 

粗い砂では十分な砂浴びの効果がでないため、チンチラ用のきめ細かい砂を購入してください。

 

 

 

 

 

給水器

ミーアキャットはあまり水は飲みませんが、いつでも新鮮な水を飲めるようにしておく必要があります。

 

「置き型の水皿」は干し草や糞などで汚れやすいため、ミーアキャットにはオススメできません。

 

ミーアキャットには、ケージの外から付けられるタイプの給水器を使いましょう。

 

 

 

 

 

トンネル・巣箱

野生のミーアキャットは地中に穴を掘って、その中で生活しています。

 

ミーアキャットが安心して過ごせるよう、巣箱やトンネルを用意してあげましょう。

 

巣箱の大きさは、ミーアキャットの体が収まるものならなんでも構いません。

 

それこそ「砂遊びようのケース」でも代用できます。

 

ケージ内にたっぷり干し草を入れておけば、自分で巣箱へ運んで快適な寝床を作ります。

スポンサーリンク

 

 

餌の種類や与え方!

雑食性のミーアキャットは、様々なものを食べることができます。

 

ミーアキャットのエサとなるものは、

 

  • さそり
  • 昆虫(シロアリなど)
  • クモ
  • 多足類(ムカデなど)
  • 爬虫類(とかげ、へびなど)
  • 小型の鳥類
  • 小型のほ乳類(ねずみなど)
  • 植物の茎、根、芽
  • 果実、種子

 

などなど多岐にわたり、野生では主にさそりを食べています。

 

「毒のある尻尾」で知られているサソリですが、実はミーアキャットには「サソリの毒」がまったく効きません。

 

ミーアキャットは生まれつき「神経毒に対する抗体」を持っているため、サソリを食べても平気なのです。

 

 

一般家庭では専用フードを!

一般家庭でサソリを手に入れるのは難しいため、飼育下では「ミーアキャット専用フード」を与えましょう。

 

ミーアキャット専用フードは、エキゾチック専門店やインターネット通販で購入することが出来ます。

 

【上野動物園などでも使われているフード】
マズリ ミーアキャットフード

 

 

もし手に入らない場合は、

 

  • 鶏肉
  • ゆで卵
  • シルクワーム
  • 冷凍マウス

 

などの動物性タンパク質をメインに与えてください。

 

副食として、市販の「ドッグフード」や「キャットフード」を与えても構いません。

 

さらにミーアキャットは「植物性の食べ物」も好むため、おやつとして

 

  • りんご
  • バナナ
  • さつまいも

 

などをあげると喜びます。

 

食事の回数は1日2〜3回で、1日量を朝と晩に分けて与えましょう

スポンサーリンク

 

 

飼育する上での4つのポイント!

ここからは、
ペットとして飼育していく上での4つのポイントについて説明します!

 

 

室温は25℃以上をキープ!

ミーアキャットの適温は28℃で、真夏以外は常にエアコンで空調管理をする必要があります

 

寒さに弱いミーアキャットにとっては、「人間が少し汗ばむくらい」がちょうどよい温度です。

 

できる限りミーアキャットにストレスをかけないよう、高めの室温を意識すると良いでしょう。

 

温度が25℃を下回るとミーアキャットは知力を消耗するため、冬場でも25℃以上はキープしたいところ。

 

ですが、なかなか一般家庭では難しいかもしれません。

 

そんな時は

 

  • 爬虫類用のサーモカーペットをケージ下に敷く
  • 犬猫・小動物用のヒーターをケージ内に入れる

 

などの工夫をして、ミーアキャットの体が冷えないようにしてください。

 

その際はミーアキャットが自分で移動して体温を調節できるよう、一部だけをホットスポットにしましょう。

 

 

 

【ストーブの動きに合わせて移動!】

 

 

 

 

日光浴はできれば毎日!

野生のミーアキャットは、「体を温めるためにしばらくの間直立し、太陽の光を浴びる習性」があります。

 

ミーアキャットにとって日光浴は、生活リズムを整えるために必要不可欠なもの。

 

太陽の光は「ストレス解消」「ホルモンバランスを整える効果」もあるため、定期的に日光浴をさせてあげましょう。

 

できれば直接太陽の光に当たるのが理想的ですが、飼育環境によっては難しいこともあります。

 

ミーアキャットを飼う場合には、毎日短時間でも日の当たる窓辺などで日光浴をさせてあげましょう

 

スポンサーリンク

 

散歩は十分注意して行う!

ミーアキャットは慣れれば、外へ「散歩」に連れて行くこともできます。

 

犬のようにスタスタと歩くわけではありませんが、穴を掘ったりすることでストレス発散に繋がります。

 

ミーアキャットはとても活発な性格のため、散歩は良い「運動不足解消」にもなるでしょう。

 

しかしミーアキャットのように珍しい動物は注目されるため、散歩中に思わぬ事故が起こりやすくなります。

 

他の動物に驚いて逃げたりしないよう、散歩時の「ハーネス」や「リード」は二重にしましょう。

 

興奮が収まらないなど、万が一のために備えて「キャリーバッグ」を持っていくことをオススメします。

 

 

また外には様々な虫がいるため、散歩中は「ノミ・ダニ」などが付きやすくなります。

 

ミーアキャットを散歩させる場合は、あらかじめ「外部寄生虫の予防薬」を付けておきましょう。

 

何かあった時のために、かかりつけの病院を作っておくことも大切です。

 

 

 

 

マーキング対策は必須!

オスのミーアキャットは、「尿や臭腺から出るニオイ」を使って縄張りを示します。

 

野生であれば気にならないマーキング行動も、狭い室内でされるとなると死活問題です。

 

ケージの中はもちろん、外にも尿を飛ばすため、部屋中がオシッコ臭くなってしまうことも…

 

ケージをバリケードで固めるなどして、室内が汚れるのを防ぎましょう。

 

「好きなおもちゃ」や「飼い主の服」にもマーキングすることがあるため、注意が必要です。

 

 

消臭・除菌スプレーは強力なものを!

消臭・除菌には、「味の素」や「キッコーマン」など大企業でも使われてる技術を用いた「カンファペット」というスプレーがかなりオススメ。

 

人間や犬・猫だけでなく、ミーアキャットにも全く問題なく使える安全性です。

 

アルコールなどと違い「ペットの被毛」に悪影響を与えることもないため、直接かけることも出来ますよ。

 

我が家では特に「大型犬のニオイ」に困っていましたが、これを使ってから全くニオイがなくなりました。

 

使うと分かりますが、「今までの商品はなんだったのか?」とケチを付けたくなります…。笑

 

手頃な値段にも関わらず効果としてはズバ抜けていますので、ニオイや除菌にお困りの方にはぜひお試し頂きたいスプレーです。

 

特にミーアキャットを飼ってるご家庭にはオススメです。

 

ちなみに支払い時には「Amazonアカウントでお支払い」も選択できるため、アカウントをお持ちであればパパッと購入できますよ。

 

クリックすると公式ページへ飛びます

 

 

 

 

さいごに!

「ミーアキャットの値段や飼い方のコツ」について説明しました!

 

まだまだマイナーなペットですが、懐きやすく非常に愛嬌があり可愛いのがミーアキャットです。

 

もちろんミーアキャット以外にも、家で飼えるペットは色々います!

 

同じく「二足で立ち上がる」プレーリードッグは、とってもなつきやすく飼い易いですよ♪

 

プレーリードッグの値段と飼育の4箇条!寿命は?【なつく性格で飼い易い】

 

是非ほかのページも参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク


 

 

関連ページ

ハリネズミの値段と寿命、飼い方と5つの飼育道具・餌!【なつく飼育】
【2018年最新版】ハリネズミの価格相場や種類を分かりやすく説明!また、寿命や飼育方法、餌の種類、なつくための方法も!そのほか、お風呂や臭い対策について分かりやすくまとめています。
ハリネズミの針は痛いの?噛む原因や対策は?爪切りの方法も!
「ハリネズミの攻撃」をまとめてみました!針は何で出来てるの?痛いの?噛むことはある?原因と対策を5つ紹介!爪も危ないので、爪を上手く切る方法を4つ紹介します!
シマリスの値段・寿命、なつくための飼育方法!【冬眠・餌も解説】
シマリスって飼えるの?値段や寿命はどれくらい?なついてくれる?【シマリスのすべてを徹底解説!】。冬眠や餌、飼うための環境づくりを分かりやすく説明しています。検討中の方は必見!!
チンチラの値段とベッタリなつく飼い方!寿命や泣き声、餌、色と種類
【チンチラをはじめて飼う方へ!】色や種類ごとの価格や、ベタベタなついてくれる飼育方法、泣き声の大きさと、その時の感情、エサや飼育環境について分かりやすくまとめています。
デグーがなつく飼い方!餌・寿命・鳴き声・値段・色の種類【やさしく解説】
デグーがなつく飼育方法や餌の与え方、寿命やカラー品種、値段の以外を分かりやすく説明しています。これからデグーを飼いたいと思っている方に役立つ情報が満載です!
モルモットの寿命を延ばすコツと、ベッタリなつく飼い方【餌・トイレ・お風呂】
【2018年更新版】モルモットの寿命や、伸びのびと長生きできる飼い方について説明。ケージや環境づくり、餌の種類、お風呂やトイレのしつけの要否についても分かりやすく解説します。
モルモットの値段と、12の種類・品種による性格の特徴【飼い易いのは?】
【2018年更新版】モルモットは毛の長さやロゼット(つむじ)の有無で12種類に分けられます。ここでは種類・品種ごとの「性格の特徴」や飼いやすさを分かりやすく紹介しています。
プレーリードッグの値段と飼育の4箇条!寿命は?【なつく性格で飼い易い】
プレーリードッグの価格相場や飼い方・飼育道具を分かりやすく解説!なつきやすくて飼い易く、寿命も長いためペットにオススメ!画像付きで種類や特徴も解説しています!
カワウソの種類と値段・性格・寿命・生息地【はじめて飼う方へ】
カワウソをペットとして飼いたい!という方へ!カワウソの種類や値段相場、性格やおおよその寿命、本来の生息地はどこ?などなど、カワウソの生態を知ることでさらに愛情を注げるようになりますよ!
カワウソが超なつく!正しい飼い方(餌・好物・臭い対策)を徹底解説!
カワウソを飼うにあたって、餌や環境づくり、臭い対策、しつけ方を分かりやすく説明しています!また、どうやったらなつくのか?についても徹底解説しております!
モモンガの値段となつく飼い方!餌・お風呂・ケージ選び!【画像】
モモンガを飼いたい!と思っている方に、モモンガの値段や、餌・お風呂といった飼育方法、なつくためにどうすれば良いのか?を説明!おすすめのケージや巣箱なども紹介します!
モモンガの種類と、ムササビとの5つの違い【寿命・鳴き声・飼育】
モモンガを飼いたい!という方に、モモンガの種類やムササビとの違いを説明します!どちらも飼育できるの?寿命はどちらが長い?鳴き声など、飼いやすさはどうなの?
レッサーパンダを飼うには?性格の3つの特徴や寿命、食べ物【まとめ】
可愛い「威嚇ポーズ」でも有名となったレッサーパンダ。ペットとして飼えるの?種類や性格、寿命といった生態、どんなものを食べるの?といったレッサーパンダのあれこれを紹介。
ハクビシンの「鳴き声・ふん・足跡・食べ方」から分かる駆除・対策まとめ!
ハクビシンの駆除や予防対策では、まずは鳴き声・や農作物の食べ方(形跡)から、ハクビシンを突き止め、そして撃退します。駆除の流れを分かりやすくまとめました。
ハクビシンの生態(天敵・大きさ・生息地)と5つの害!【病気・感染症】
ハクビシンの生態のほか、人間への5つの害、感染し得る5つの病気について説明しています。また、写真とともにタヌキ、アライグマとの違いなどについても解説。
フェレットの種類と値段・寿命・飼い方
フェレットはなつくの?トイレや噛むしつけは?種類や値段、寿命や飼育(エサ・ケージ・散歩・お風呂・臭い対策)、くしゃみなどを説明!鳴き声も可愛いフェレットを飼い方!
オコジョはペットで飼える?生息地や性格・寿命・フェレットやテンとの違い!
イタチ科の「オコジョ」はペット飼育できるのか?フェレットやテン、イタチとの違いは?性格や寿命、食べ物などを解説。
アンゴラウサギは4種類!値段・飼育方法【毛刈り無しでは死に至る…】
アンゴラウサギの種類や値段、毛刈りなどを分かりやすく紹介!また、寿命や生息地、性格などもあわせて解説しています!
ミニブタの値段とペット飼育道具7つ!大人の大きさや寿命【まとめ】
【2018年】ミニブタの種類や販売価格、飼育環境、飼育方法、平均的な大きさや、大きくならないのか?など分かりやすく解説。
スローロリスの値段や寿命、8種の違いと飼育方法!【毒を持つ哺乳類】
毒をもつ哺乳類と言われる「スローロリス」。名前のとおりスローな動きがとても癒されます。ペットとしての販売価格の相場や寿命、性格、飼育方法などを解説。
ヤマアラシの針が超ヤバイ!交尾できる?飼育は可能?【巨大ハリネズミ】
ヤマアラシの針は何で出来てるの?天敵はヘビ以外にもいる?ペット飼育できる?ハリネズミとの違いは?詳しく解説します。
衝撃!卵を産む哺乳類「ハリモグラ」と「ハリネズミ」の11の違い!
ハリモグラとハリネズミは何が違うの?卵で赤ちゃんを産むって本当?ペット飼育出来るの?すべて解説します。
珍しいペット17選!値段や寿命、飼いやすさ・懐きやすさ【まとめ】
「珍しく変わったペットを飼いたい」と言う方へ、室内で飼えるアニマル(犬や猫以外)を紹介!値段や寿命を合わせて解説。
シロナガスクジラは地球上最大か?大きさや寿命・天敵・生息地まとめ
シロナガスクジラは最も大きい生物なのか?大きさや重さ、生息地、睡眠方法や餌の食べ方をまとめました。