モモンガの種類と、ムササビとの5つの違い【寿命・鳴き声・飼育】

モモンガの種類とムササビとの違い【寿命・鳴き声・飼育の可否】

 

「モモンガ」や「ムササビ」をペットにしたい!!

 

最近はそんな声が増えています。

 

しかし「モモンガの種類」や「ムササビとの違い」を知らない方が大半でしょう。

 

そこで今回は、モモンガとムササビの違いをどこよりも分かりやすくまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

  • 日本で代表される3種類の「モモンガ」
  • 3種類のモモンガには5つの違いがある!
  • ムササビってどんな生き物?
  • ムササビとモモンガの5つの違いを知ろう!

 

こちらも読まれています!
>>モモンガの値段とベッタリなつく飼い方!餌・お風呂・ケージ【画像】

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

モモンガってどんな生物?!

まずは「モモンガってなに?!」というところから簡単に。

 

モモンガとは、

 

げっ歯類もしくは有袋類

 

に分類される「皮膜」を持った動物の総称です。

 

食性は

 

  • 昆虫
  • 種子
  • 果実

 

などを食べて生活する「雑食性」。

 

主に森林に生息し、木々の間を滑空しながらエサや巣材を集めています。

 

夜行性で、かつ高い場所にある「樹のうろ」を巣穴とするため、野生でその姿を見ることはあまりできません。

 

 

 

モモンガの3つの種類と違い!

実はモモンガにはたくさんの種類があります。

 

ここでは、日本で特に知られている「代表的なモモンガ3種」の生態についてご紹介します。

 

 

 

フクロモモンガ

「ペットとして飼育されているモモンガ」の中では、最もメジャーなモモンガです。

 

 

フクロモモンガは

 

フクロネズミ目 フクロモモンガ科 フクロモモンガ属

 

に分類される「有袋類」のモモンガです。

 

主な生息地は

 

  • オーストラリア
  • インドネシア

 

などの暖かい地帯で、腹部には有袋類特有の「育児嚢(いくじのう)」を持ちます。

 

平均的な大きさは

 

  • 体長:16〜21p

    (+しっぽの長さ16〜21p)

  • 体重:95〜160g

 

です。

 

主に「群れで行動する習性」があるため、人になつきやすく「鳴き声でのコミュニケーション」も盛ん

 

寿命は8〜12年程度と長生きします。

 

 

 

アメリカモモンガ

アメリカモモンガもペットとして認められているモモンガです。

 

こちらは

 

ネズミ目 リス科 アメリカモモンガ属

 

に分類される「げっ歯類」のモモンガ。

 

 

主な生息地は

 

  • カナダ
  • アメリカ合衆国
  • メキシコ
  • 中米北部

 

などです。

 

上で説明のとおり、ペットとして飼育することもできますが、フクロモモンガに比べると「野性味」が強く流通数も少なめです。

 

平均的な大きさは

 

  • 体長:14〜15p

    (しっぽの長さ8.5〜12p)

  • 体重:50〜80g

 

です。

 

飼育下での寿命は8〜12年程度

 

神経質で臆病な性格をしていますが、体は強く、丈夫な個体が多い傾向にあります。

 

 

 

エゾモモンガ

エゾモモンガは、「特定外来生物」に指定されている “タイリクモモンガ” と交雑の恐れがあるため、現在、日本では「鳥獣保護法」により飼育が禁止されています

 

このモモンガは

 

ネズミ目 リス科 モモンガ属

 

に分類される「げっ歯類」のモモンガです。

 

ジャンルとしては、上の「アメリカモモンガ」と同類です。

 

 

アジア大陸に生息する「タイリクモモンガ」の亜種で、日本では北海道のみに分布。

 

平均的な大きさは

 

  • 体長:15〜18p

    (しっぽの長さ約10p)

  • 体重:80〜120g

 

ほどです。

 

野生での寿命は3〜5年程度ですが、動物園などで飼育された個体は7、8年程度生きることもあります。

 

 

 

では続いて、
「3種のモモンガの違い」をまとめてみます!

 

スポンサーリンク

 

3種類のモモンガ、違いは5つ!

「小さな体」と「長いしっぽ」、「空中を滑空するための皮膜」など、似ている部分が多い3種類のモモンガ。

 

ですが細かくみていくと、実は多くの違いがあることがわかります。

 

ここでは5つに分けて説明します。

 

 

「分類」が違う!

上で挙げた

 

  • フクロモモンガ
  • アメリカモモンガ
  • エゾモモンガ

 

のうち、「フクロモモンガ」のみが

 

カンガルーと同類の「有袋目」

 

となっています。

 

大切なのでもう一度言うと、フクロモモンガは「モモンガ」の仲間ではなくて「カンガルー」の仲間です。

 

 

 

「習性」が違う!

 

フクロモモンガ

「フクロモモンガはカンガルーの仲間」ということで、習性もほかとは結構違います。

 

フクロモモンガは、主に「オス1匹とメス5〜6匹の群れ」で生活します。

 

彼らは「縄張り意識」が非常に強く、仲間以外のモモンガを断固として受け入れようとはしません。

 

またフクロモモンガのオスは、臭腺から分泌した「フェロモン」を、群れのメスにこすりつけて個体識別をする習性も持っています。

 

自分の糞尿を周囲にまき散らすことで縄張りを主張する「マーキング行動」も多いため、トイレを一カ所に固定することはほとんどないといえるでしょう。

 

 

「エゾモモンガ」「アメリカモモンガ」

反対に「エゾモモンガ」と「アメリカモモンガ」は、主に単独で活動します。

 

ですが、寒い冬の間などは1つの巣穴に20匹以上が集まって暖をとることも。

 

フクロモモンガほど縄張り意識がなく、敵と出会った際には「威嚇」よりもまず逃げようとする傾向があります

 

「飼いやすさ」でみると、群れで行動する「フクロモモンガ」に軍配があがります

 

 

 

「尾」の違い!

「尾」は3種類とも違います。

 

  • エゾモモンガの尾

    ⇒平べったく扁平状で、背中に沿うように持ち上がっている。

  • フクロモモンガの尾

    ⇒先端が丸まった細長い形状。

  • アメリカモモンガの尾

    ⇒他2種よりふっくら毛がついた、垂れ下がる尾。

 

 

 

快適温度

種類によって、「快適な温度」には違いがあります。

 

 

フクロモモンガ

暖かい地帯に生息するフクロモモンガの快適温度は23〜28度です。

 

リス科のモモンガに比べると、ある程度湿度の高い場所にも強いといえるでしょう。

 

 

アメリカモモンガ

アメリカモモンガの快適温度は20〜26度と、やや低め。

 

寒さには比較的強いアメリカモモンガですが、湿度や暑さには弱いという特徴があります。

 

そのため「気温が30度を超えるような夏場」に飼育する場合には、温度管理に十分注意して下さい。

 

 

エゾモモンガ

エゾモモンガの快適温度は不明。

 

ですが、

 

  • 北海道のみに分布
  • シベリアやロシアを主な生息地とする「タイリクモモンガ」の亜種

 

ということを考えると、アメリカモモンガと同じく高温多湿に弱い可能性が高いでしょう。

 

 

 

「体臭」が違う!

体臭にも違いが見られます。

 

 

フクロモモンガ

フクロモモンガのオスは、胸やおでこに「フェロモンを分泌する臭腺」を持っています。

 

そのため体臭はきつく、マーキング行動に使う「糞尿」も独特のにおいを発します。

 

また他の2種に比べると、昆虫や鳥のたまごなど「動物性タンパク質」を多く摂る必要があるために、体臭がキツくなる傾向にあります。

 

 

「エゾモモンガ」「アメリカモモンガ」

エゾモモンガとアメリカモモンガの体は、ほとんど臭いません。

 

なぜならこの2種類のモモンガは、どちらも種子やクルミなど「植物性の食べ物」を好む傾向があるため

 

糞や尿などの臭いも薄く、気になるほどの体臭がすることはまずないでしょう。

 

 

 

飼いやすいモモンガはどれ?!

3種類のモモンガを紹介しましたが、飼う事ができるのは

 

  • フクロモモンガ
  • アメリカモモンガ

 

のどちらかです。

 

ではこのうちどちらが飼いやすいか?と言うと、「なつきやすい」という意味でフクロモモンガをオススメします

 

もちろん絶対になつく訳ではありませんが、警戒心が強い「アメリカモモンガ」よりは馴れてくれますよ!

 

ただしニオイはややキツイので、専門店などでニオイを確かめてから飼いましょう!

 

こちらも読まれています!
>>モモンガの値段とベッタリなつく飼い方!餌・お風呂・ケージ【画像】

 

 

 

では続いて、
「ムササビとの違い」について説明していきましょう!

 

スポンサーリンク

 

ムササビとの違いを知ろう!

説明の前にまず大前提からお話しますが、ムササビは「鳥獣保護法」によりペットとしての飼育が禁止されています

 

ムササビとは

 

ネズミ目 リス科 ムササビ属

 

に分類される「げっ歯類」の動物です。

 

つまり、同じくリス科の動物である「エゾモモンガ」「アメリカモモンガ」とは親戚関係

 

 

主に

 

  • 東南アジア
  • インドネシア

 

などに分布しており、現在8つの種類が確認されています。

 

ムササビの最大の特徴は、手首から出ている「針状軟骨」という骨です。

 

通常時は折りたたまれているこの軟骨は、「滑空に必要な皮膜の面積」を最大限に広げる役割を持っています。

 

ムササビの画像

 

そのため、滑空中は「空飛ぶ座布団」などといわれるほど、大きく四角いシルエットになるムササビ。

 

無風状態での滑空距離は約20〜30mで、最大滑空距離はなんと100〜160m以上にも及ぶことが確認されています。

 

 

 

ムササビの生態は?

実はムササビには、生息地によって8つの種類が存在します。

 

ですが通常日本で「ムササビ」といわれるのは、「ホオジロムササビ」のいう日本固有の種のこと。

 

ホオジロムササビは北海道以外の地域に幅広く分布し、主に神社やお寺のある林に単独で生息しています。

 

平均的な大きさは

 

  • 体長:27〜49p

    (しっぽの長さ28〜41p)

  • 体重:700g〜1.5kg

 

で、小柄な猫やフェレットと同じくらいのサイズです。

 

こちらも参考に!
>>フェレットの値段・寿命・種類!なつく飼い方(餌・トイレ・散歩)を知ろう!

 

 

雑食性とされるムササビですが、その食性はほぼ完全な「植物食」

 

主なエサは

 

  • ブナやケヤキ、カエデの葉
  • ドングリ
  • 樹皮
  • 果実
  • ツバキの花

 

などです。

 

夜行性動物のため、活動するのは日が完全に落ちてから。

 

モモンガ同様、日中は高い位置にある「樹のうろ」の中で体を休めています。

 

 

 

では次に
「モモンガとムササビの違い」を説明しましょう!

 

スポンサーリンク

 

モモンガとムササビの違いは?

どちらも野生ではほとんど目にすることができないため、「何がどのように違うのか」を正確に知っている人は少ないでしょう。

 

ここでは「広義でのモモンガ」と「ムササビ」の違いについて説明していきます!

 

 

 

「体の大きさ」が違う!

ムササビは、モモンガとは比べ物にならないほど大きな体をしています。

 

「モモンガ」と比べると約3倍もの大きさを誇るムササビ。

 

ムササビは、モモンガの中ではもちろん、リス科の中でも最大級に体が大きいといえるでしょう。

 

ちなみに「げっ歯類」の中で一番大きいのは、主に南アメリカに生息するカピバラという動物。

 

次いでビーバー、ヌートリアとなりますが、実はムササビはその次に大きな「げっ歯類」なんですよ。

 

空中を滑空する姿はまさに、「空飛ぶ座布団」です。

 

 

 

「尾の形」が違う!

「扁平あるいは細長い尾」を持つモモンガに対し、ムササビの尾は丸く太さのある円錐形

 

長くフサフサした尾は、滑空時にバランスをとるために、重要な役割を持っています。

 

生い茂る木々を上手に避けようと、右や左に方向転換するムササビにとって、尾は必要不可欠な器官だといえるでしょう。

 

 

 

「鳴き声」が違う!

モモンガ達の鳴き声は、いずれも「ズイズイズイズイ」という短い鳴き声をしています。

 

反対に、ムササビは「グルルルグルルル」という鳴き声を発します。

 

また警戒中であれば、「キュルルルルル」と普段より高い声を出すこともあります。

 

 

 

「模様」が違う!

「ホオジロムササビ」という名前の通り、ムササビの頬には白い帯のような模様があります。

 

ホオジロムササビの画像

 

これはムササビ特有の「白門」で、モモンガにはみられません。

 

 

 

「皮膜」が違う!

モモンガの皮膜は、前足から後ろ足の間にのみ存在するのに対し、ムササビはほぼ全身に存在します。

 

具体的には前足と首にかけてと、後ろ足と尾の間。

 

 

そのため「滑空可能な距離」には、とても大きな差があります。

 

  • モモンガの滑空距離:10〜30m(最大100m程度)
  • ムササビの滑空距離:15〜30m(最大100〜160m程度)

 

スポンサーリンク

 

さいごに!

今回は

 

  • 「日本でメジャーな3種類のモモンガ」の生態とその違い
  • 「ムササビとモモンガ」の違い

 

についてご紹介しました。

 

特徴や生態が似ているため、混乱しやすい4種類の動物。

 

ですが、すべての動物は皆違った性質を持っているものです。

 

ペットとして飼いたい場合は、フクロモモンガもしくはアメリカモモンガを検討して下さいね!

 

こちらも読まれています!
>>モモンガの値段とベッタリなつく飼い方!餌・お風呂・ケージ【画像】

 

スポンサーリンク


 

 

関連ページ

ハリネズミの値段と寿命、飼い方と5つの飼育道具・餌!【なつく飼育】
【2018年最新版】ハリネズミの価格相場や種類を分かりやすく説明!また、寿命や飼育方法、餌の種類、なつくための方法も!そのほか、お風呂や臭い対策について分かりやすくまとめています。
ハリネズミの針は痛いの?噛む原因や対策は?爪切りの方法も!
「ハリネズミの攻撃」をまとめてみました!針は何で出来てるの?痛いの?噛むことはある?原因と対策を5つ紹介!爪も危ないので、爪を上手く切る方法を4つ紹介します!
シマリスの値段・寿命、なつくための飼育方法!【冬眠・餌も解説】
シマリスって飼えるの?値段や寿命はどれくらい?なついてくれる?【シマリスのすべてを徹底解説!】。冬眠や餌、飼うための環境づくりを分かりやすく説明しています。検討中の方は必見!!
チンチラの値段とベッタリなつく飼い方!寿命や泣き声、餌、色と種類
【チンチラをはじめて飼う方へ!】色や種類ごとの価格や、ベタベタなついてくれる飼育方法、泣き声の大きさと、その時の感情、エサや飼育環境について分かりやすくまとめています。
デグーがなつく飼い方!餌・寿命・鳴き声・値段・色の種類【やさしく解説】
デグーがなつく飼育方法や餌の与え方、寿命やカラー品種、値段の以外を分かりやすく説明しています。これからデグーを飼いたいと思っている方に役立つ情報が満載です!
モルモットの寿命を延ばすコツと、ベッタリなつく飼い方【餌・トイレ・お風呂】
【2018年更新版】モルモットの寿命や、伸びのびと長生きできる飼い方について説明。ケージや環境づくり、餌の種類、お風呂やトイレのしつけの要否についても分かりやすく解説します。
モルモットの値段と、12の種類・品種による性格の特徴【飼い易いのは?】
【2018年更新版】モルモットは毛の長さやロゼット(つむじ)の有無で12種類に分けられます。ここでは種類・品種ごとの「性格の特徴」や飼いやすさを分かりやすく紹介しています。
プレーリードッグの値段と飼育の4箇条!寿命は?【なつく性格で飼い易い】
プレーリードッグの価格相場や飼い方・飼育道具を分かりやすく解説!なつきやすくて飼い易く、寿命も長いためペットにオススメ!画像付きで種類や特徴も解説しています!
フェレットの種類と値段・寿命・飼い方
フェレットはなつくの?トイレや噛むしつけは?種類や値段、寿命や飼育(エサ・ケージ・散歩・お風呂・臭い対策)、くしゃみなどを説明!鳴き声も可愛いフェレットを飼い方!
カワウソの種類と値段・性格・寿命・生息地【はじめて飼う方へ】
カワウソをペットとして飼いたい!という方へ!カワウソの種類や値段相場、性格やおおよその寿命、本来の生息地はどこ?などなど、カワウソの生態を知ることでさらに愛情を注げるようになりますよ!
カワウソが超なつく!正しい飼い方(餌・好物・臭い対策)を徹底解説!
カワウソを飼うにあたって、餌や環境づくり、臭い対策、しつけ方を分かりやすく説明しています!また、どうやったらなつくのか?についても徹底解説しております!
モモンガの値段となつく飼い方!餌・お風呂・ケージ選び!【画像】
モモンガを飼いたい!と思っている方に、モモンガの値段や、餌・お風呂といった飼育方法、なつくためにどうすれば良いのか?を説明!おすすめのケージや巣箱なども紹介します!
ミーアキャットの値段とペット飼育3つのコツ!性格・寿命・餌【飼い方まとめ】
ミーアキャットの飼い方や価格相場について説明します。また、性格や寿命、餌の種類、飼う上で気をつけるべき4つのポイントもあわせて解説します。
レッサーパンダを飼うには?性格の3つの特徴や寿命、食べ物【まとめ】
可愛い「威嚇ポーズ」でも有名となったレッサーパンダ。ペットとして飼えるの?種類や性格、寿命といった生態、どんなものを食べるの?といったレッサーパンダのあれこれを紹介。
ハクビシンの「鳴き声・ふん・足跡・食べ方」から分かる駆除・対策まとめ!
ハクビシンの駆除や予防対策では、まずは鳴き声・や農作物の食べ方(形跡)から、ハクビシンを突き止め、そして撃退します。駆除の流れを分かりやすくまとめました。
ハクビシンの生態(天敵・大きさ・生息地)と5つの害!【病気・感染症】
ハクビシンの生態のほか、人間への5つの害、感染し得る5つの病気について説明しています。また、写真とともにタヌキ、アライグマとの違いなどについても解説。
アンゴラウサギは5種類!値段と飼育方法【毛刈り無しでは死に至る…】
アンゴラウサギの種類や値段、毛刈りなどを分かりやすく紹介!また、寿命や生息地、性格などもあわせて解説しています!
ミニブタの値段とペット飼育道具7つ!大人の大きさや寿命【まとめ】
【2018年】ミニブタの種類や販売価格、飼育環境、飼育方法、平均的な大きさや、大きくならないのか?など分かりやすく解説。
スローロリスの値段や寿命、8種の違いと飼育方法!【毒を持つ哺乳類】
毒をもつ哺乳類と言われる「スローロリス」。名前のとおりスローな動きがとても癒されます。ペットとしての販売価格の相場や寿命、性格、飼育方法などを解説。
ヤマアラシの針が超ヤバイ!交尾できる?飼育は可能?【巨大ハリネズミ】
ヤマアラシの針は何で出来てるの?天敵はヘビ以外にもいる?ペット飼育できる?ハリネズミとの違いは?詳しく解説します。
衝撃!卵と産む哺乳類「ハリモグラ」と「ハリネズミ」の11の違い!
ハリモグラとハリネズミは何が違うの?卵で赤ちゃんを産むって本当?ペット飼育出来るの?すべて解説します。
珍しいペット17選!値段や寿命、飼いやすさ・懐きやすさ【まとめ】
「珍しく変わったペットを飼いたい」と言う方へ、室内で飼えるアニマル(犬や猫以外)を紹介!値段や寿命を合わせて解説。