玉ねぎの栄養成分と効果・効能!食べすぎは体臭・おなら・下痢・口臭の原因?

玉ねぎの栄養成分と効果・効能!食べすぎは体臭・おなら・下痢・口臭の原因?

TVでも「健康に良い食材」として紹介される玉ねぎ。

 

しかし、

 

実際にどんな栄養が含まれているのか?

食べすぎるとどうなるのか?

 

まで知っている人は少ないでしょう。

 

このページでは、そんな玉ねぎの栄養や食べ過ぎによるデメリットをどこよりもわかりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

 

  • 玉ねぎの栄養成分期待される効果
  • 玉ねぎを食べ過ぎるとどうなるの?!
  • 玉ねぎで体臭・おなら・口臭がきつくなる理由は?!

 

というテーマについてわかりやすく説明していきます。

 

 

玉ねぎの栄養・成分と期待される効果!

近年健康に良いとブームになっている玉ねぎですが、意外にも

 

  • ビタミン類
  • ミネラル

 

は、他の緑黄色野菜などと比べて決して多いとは言えません
(ただしもちろん、注目されるべき成分も含まれています)

 

ミネラルで言えば、唯一他の野菜より多めに含まれているのが

 

カリウム

 

です。

 

カリウムは、ナトリウム(塩の元素)の排泄を促す作用があるので、高血圧などの人にはオススメの成分です。

 

一方で注目を集めている成分が

 

  1. ケルセチン(ポリフェノールの一種)
  2. 硫化アリル(硫黄化合物で玉ねぎの臭いや辛味の成分)

 

です。

 

最近流行りの

 

  • 「血液サラサラ」効果
  • 「ダイエット」効果

 

は、この二つの成分が主に作用していると言われています。

 

では、それぞれの成分の概要と、期待される効果について見ていきましょう。

 

 

1.ケルセチン

ポリフェノールの一種で強い抗酸化力があります。

 

また血管を丈夫にし、血流を改善する効果があるので、生活習慣病(高血圧、動脈硬化症など)の予防に役立つとされています。

 

さらに、悪玉コレステロールを減らす作用があり、脂肪の吸収を抑制する効果もあるので、ダイエットに良いとされているのです。

 

 

2.硫化アリル

硫黄化合物の一種で、生の玉ねぎの辛味や刺激成分、または臭いの主成分となります。

 

刺激成分として有名な「アリシン」は、玉ねぎを切る時に硫化アリルが刺激を受けて変異する物質です。

 

硫化アリルはさらに詳しく分けると

 

  • アリイン(ニラ、ニンニクなど)
  • 硫化プロピル(ネギ類など)

 

という種類に分類され、玉ねぎに含まれている硫化アリルは「硫化プロピル」に属しています。

 

ニンニクと玉ねぎを比べると、どちらも刺激臭があり目にシミますが、臭いの種類は若干違っています。

 

ところがネギ類はだいたい同じような刺激臭がします。

 

このことからわかるように、長ネギや玉ねぎに含まれているのは「硫化プロピル」なのです。

 

では、具体的にこの硫化アリル(硫化プロピル)の働きについて説明しましょう。

 

この成分にはケルセチン以上に「血液サラサラ」効果があります

 

血液がサラサラになると

 

  • 血圧が下がる
  • 虚血性疾患(脳梗塞、心筋梗塞、狭心症など)の予防
  • 動脈硬化の予防

 

などに高い効果を発揮すると言われています。

 

さらに、「血液中の余分な糖質や脂質を減らす作用」も確認されていて

 

  • 糖尿病の予防、改善効果
  • 中性脂肪を下げる効果

 

なども期待されているのです。

 

加えてビタミンB1(若返りのビタミンと呼ばれており、玉ねぎにも含まれています)の吸収を助ける効果もあります。

 

そのため、ビタミンB1を豊富に含む豚肉と一緒に摂ると、その効果として知られている

 

  • 疲労回復や食欲増進
  • 不眠解消
  • イライラの解消

 

など、「女性の更年期障害」や「うつ」の改善にも期待が寄せられているのです。

 

なお、玉ねぎを熱すると出てくる甘さの正体は

 

「オリゴ糖」と、硫化プロピルが熱で変質した「セパエン」という物質によるもの

 

です。

 

特に「オリゴ糖」は小腸では消化されずに大腸まで届き、善玉菌のエサになる貴重な成分として知られています。

 

加えて食物繊維も豊富に含まれているので

 

慢性便秘の改善

 

にも効果があります。

 

 

 

このように、たとえビタミンやミネラルが少なくとも、日々の健康にとって欠かせない重要な食材であることは間違いありません。

 

ただし食べすぎには注意です。

 

次は「玉ねぎを食べ過ぎるとどうなるのか?」という点を説明します。

 

スポンサーリンク

 

玉ねぎを食べ過ぎるとどうなるのか?!

上で説明したように、「血液がサラサラになる」と報道されて以来、人気が上がっている玉ねぎですが、食べ過ぎるとどうなるのでしょう?

 

生の玉ねぎを切ると涙が出てきますが、これは玉ねぎに含まれている「アリシン」という辛味成分の刺激によるものです。

 

辛味成分は適度に摂取するには健康上とても良いのですが、刺激が強いため取りすぎると却って体調を崩す可能性があります

 

玉ねぎの過剰摂取で気をつけなければならないのは、まずは「消化器症状」です。

 

主なものとして

 

  • 下痢
  • 吐き気
  • 胃もたれ
  • 胸焼け

 

などが挙げられます。

 

これは辛味成分が胃腸に負担をかけることで、食べたときに胃酸過多の状態になることで起こる症状です。

 

そのほかには

 

  • 血圧低下
  • 貧血

 

などもあります。

 

これらは、血液をサラサラにする作用が過剰となり「溶血」を起こしやすいとされており、食べ過ぎると玉ねぎの刺激成分によって「赤血球細胞が壊されるリスクがある」ことを示しています。

 

 

では、どれくらいが適量なの?

成人が玉ねぎを毎日食べるとすると、一日の適量は1/4個程度、子供ならその半分程度にしておくのが良いでしょう。

 

4人家族なら、中〜大程度の大きさの玉ねぎ一個が一日の適量と考えておけば良いと思います。

 

その代わり、何にでも使える食材なので毎日少量でも食べることを心がけましょう。

 

ちなみに十分に加熱した玉ねぎの場合は、熱で刺激成分が分解されるので、この2〜3倍量を食べても問題ありません

 

カレーや肉じゃがには欠かせない素材ですので、時間をかける煮込み料理のときはたっぷりめに入れても良いでしょう。

 

 

 

生で食べることよりは炒めて食べることが多いので、一般的には食べる量はあまり気にしすぎる必要はありません。

 

なお、生で食べるときは下痢などに気をつけましょう。

 

それ以外にも、玉ねぎは

 

  • 口臭
  • 体臭
  • オナラ

 

をクサくするため、その点も注意が必要です。

 

詳しくは次に説明します。

 

スポンサーリンク

 

玉ねぎでオナラや口臭、体臭が臭くなる理由とは?!

玉ねぎは少量を毎日食べるのが理想的ですが、食べ過ぎると「胃腸に負担をかける」以外にも困った事態が生じます。

 

それは

 

  • 口臭や体臭が強くなる
  • おならが臭くなる

 

ということです。

 

これは先ほど紹介した臭い成分である「硫化アリル」と、「オリゴ糖」「食物繊維」の働きによるものです。

 

体臭や口臭が臭くなるのは、硫化アリルがそのまま配合されている「生の状態」で食べすぎると起こりやすくなります

 

硫化アリルは水溶性の成分なので、吸収されると血液に溶け、汗などの体液と一緒に分泌され体臭のもとになります。

 

また食後は完全に消化されるまでは、吐く息に硫化アリルの臭いが混じるので、不快な口臭となります。

 

一方で「オリゴ糖」や「食物繊維」は腸の働きを活発にするので、摂取しすぎるとお腹がユルくなり、おならの回数が増えます。

 

そこに生の玉ねぎに含まれる硫化アリルの臭いが混ざることで、おならが臭くなるのです。

 

 

加熱すれば大丈夫!

十分に加熱した玉ねぎの場合は、硫化アリルは熱で変異して

 

「セパエン」

 

という甘味成分になります。

 

この状態であればそれほど臭いは強くないので、毎日食べるときは生での食用は少量にして、あとは十分加熱した状態で食べると良いでしょう。

 

よく加熱して飴色になった玉ねぎは、糖質が気になる人のお砂糖の代わりに使うことができます。

 

ペースト状にして作り置きしておけば、糖尿病の方への料理にも使用できる甘味料になるので、工夫をして少しずつでも食べるようにしてください。

 

お砂糖よりは甘味が自然でしつこくないので、さっぱりとした上品な料理に仕上がります。

 

スポンサーリンク

 

さいごに!

いかがでしたでしょうか?

 

総合的に見てみると「熱して食べる」のが、食べすぎによる胃腸への負担減や、口臭・体臭の防止にも繋がります。

 

血液サラサラ効果のように健康に良い点がたくさんありますが、注意点がある事も認識しておきましょう。

 

最後に、玉ねぎについては、「玉ねぎの保存方法と賞味期限・消費期限、腐るとどうなる?&色んな切り方の紹介!」もあわせて参考にしてみてください。

 

なお「新玉ねぎ」との違い等については、新玉ねぎとは?保存方法や栄養・効果効能、水にさらすのは必要?収穫時期は春か秋?でまとめています!

 



 

▼お役に立ちましたら、シェアして頂けますと嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

さつまいもの保存方法と賞味期限(日持ち)!黒いのはカビ?腐るとどうなる?
さつまいもの保存方法や賞味期限、冷凍保存の可否などを説明しています。また、腐った状態の見た目や、黒く変色した場合に食べれるのか等もまとめています。
さつまいもの栄養と効果効能!食べすぎは太る?茹で方・茹で時間・アク抜き・蒸し方も簡単!
さつまいもの栄養や効果効能を分かりやすく!その他、茹で方や茹で時間、アク抜きや蒸し方、ふかし方なども説明します!
玉ねぎの保存方法と賞味期限・消費期限(日持ち)、腐るとどうなる?&切り方(乱切り・輪切り・角切り・みじん切り・千切り)の紹介!
玉ねぎの切り方(乱切り・輪切り・角切り・みじん切り・千切り)の他、保存方法や賞味期限・消費期限、腐った時の判別方法をわかりやすくまとめています。
新玉ねぎとは?!保存方法や栄養・効果効能、水にさらすのは必要?収穫時期は春か秋?
新玉ねぎと通常の玉ねぎに違いはあるの?収穫時期・店頭に並ぶ時期はいつ頃?保存方法や栄養価、効能は?水にさらした方がいいの?新玉ねぎをまとめてみた。
しめじの保存方法(冷凍はOK?)と賞味期限!栄養・カロリーと効能、白いのはカビ?洗うのOK?腐るとどうなる?切り方と石づきについて
しめじの石づきの切り方は?洗ってOK?白いのはカビ?保存方法や冷凍保存の可否、賞味期限、栄養価・カロリー、腐るとどうなるの?等まとめました。
しいたけの保存方法(冷凍OK?)と切り方!栄養・カロリー・効能・賞味期限について。洗うと腐る?白いのはカビなの?
しいたけは腐るとどうなる?白いのはカビ?賞味期限は?保存方法や冷凍保存、切り方や効能を分かりやすくまとめました。
えのきの保存(冷凍保存OK?)と栄養・効能!賞味期限や消費期限、洗うと腐るのか?
えのきって洗えるの?腐るとどうなるの?といった疑問から、日持ちを延ばす保蔵方法、冷凍保存の仕方を分かりやすくまとめてみました。
エリンギの切り方や保存(冷凍OK?)・賞味期限、栄養!洗うと腐る?カビが生える?
エリンギの切り方や保存方法(冷凍保存や乾燥エリンギの作り方)、日持ち、腐るとどうなるのか?カビは生えるのか?栄養や効能をまとめてみました。
大根の保存方法(冷凍保存など)と賞味期限!柔らかい・黒い・青い時は腐る前兆?日持ちさせるには?
大根を日持ちさせる保存方法や賞味期限、ぶよぶよ柔らかい時や黒・青に変色した場合は腐る前?大根や大根おろしを日持ちさせる方法を分かりやすく。
大根の栄養価・効能!糖質量とダイエット効果、食べ過ぎで悪影響は?
大根の栄養と効果・効能をまとめました。糖質量、そしてダイエットに良いと言われる一方で、「太る」と言われる理由、その他「食べ過ぎ」による悪影響を説明します。
大根の下茹で方法と茹で時間、部位(上下)の使い分けと、からい場合の対処法!
大根の下茹で方法や、茹で時間、茹でる時のポイントとは?!大根の部位の特徴や使い方、辛い場合の対策もまとめました!
ほうれん草の茹で方とアク抜き!保存は冷凍保存が良い?賞味期限と栄養価・効果効能
ほうれん草の栄養と効果・効能のほか、「生食」できるか?保存方法・冷凍保存・日持ちさせるコツ、下茹でや茹で時間、切り方などを分かりやすくまとめてみました。
ほうれん草のシュウ酸は結石の原因に?食べ過ぎの影響と除去方法!
ほうれん草の食べ過ぎは身体に悪いの?含まれている「シュウ酸」が結石の原因になるこも?子どもへの影響や、除去方法についてまとめてみた。
ピーマンの栄養や効能・効果!切り方、賞味期限UPの保存方法(冷凍保存で日持ちする?)
ピーマンに関する栄養や効能・効果を分かりやすく。その他、ピーマンの切り方(乱切り/千切り)や、保存方法、冷凍保存で日持ちUPするのか?などについてもまとめています。
れんこんの保存(冷凍で日持ちUP?)と賞味期限!アク抜き(下処理)や栄養・効能、黒い変色は糖質と関係が?!
れんこんはなぜ黒く変色するのか?栄養や糖質と関係ある?その他、下処理方法や茹で時間、保存方法や冷凍保存で賞味期限を伸ばすことが出来るのか?などを、まとめました。
ロマネスコの食べ方・切り方や栽培方法!栄養や味はカリフラワーと似てる?
ブロッコリーとカリフラワーの中間のような「ロマネスコ」。味や栄養、食べ方や栽培方法について分かりやすくまとめてみました。
にんにくの効果・効能と、食べ過ぎで下痢・腹痛・胃もたれに?これってアレルギー?
にんにくに期待される効果・効能の他、アレルギー、食べ過ぎによる下痢・腹痛・胃もたれが起こる原因・対処法を、分かりやすくまとめています。
にんにくの保存方法(冷凍保存など)と賞味期限(日持ち)!腐ると緑になるの?
にんにくが緑や青になるのは腐る前兆?保存方法や賞味期限、冷凍保存の可否などを分かりやすくまとめてみました。
アスパラガスの保存方法(冷凍OK?)・賞味期限・栄養!尿が臭くなる理由は?
アスパラ(アスパラガス)の保存方法や日持ち期間、栄養素や効能、尿が臭くなると言われている原因を、分かりやすくまとめています。
アスパラガスの茹で方・茹で時間、切り方!下処理(下ごしらえ)と食べ方
アスパラガス(アスパラ)の茹で方や茹で時間といった「下ごしらえ」の他、切り方や食べ方について分かりやすくまとめてみました。