ロマネスコの食べ方・切り方や栽培方法!栄養や味はカリフラワーと似てる?

ロマネスコの食べ方・切り方や栽培方法!
栄養や味はカリフラワーと似てる?

日本ではまだまだマイナーな食べ物の「ロマネスコ」。

 

ですが近年、「見栄えが華やかになる」ということで注目を浴び始めています。

 

そんなロマネスコについて

 

「どうやって食べたら良いの?」
「栄養や味はどうなの?」

 

といった疑問をお持ちの方も多いでしょう。

 

このページでは、そんな「ロマネスコのアレコレ」をどこよりもわかりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

 

〜目次〜

  • ロマネスコとは?!どんな味がするの!?
  • ロマネスコの切り方食べ方
  • どんな栄養があるのか?!
  • ロマネスコを栽培してみよう!

 

 

ロマネスコとは?!どんな味がするの!?

そのユニークな見た目から、近年話題となっている野菜が「ロマネスコ」です。

 

あまり耳慣れないネーミングですが、ちょっと響きが豪華な感じがしませんか?

 

ロマネスコとは、カリフラワーの仲間であり、ローマ(イタリア)原産の野菜と言われています。

 

ちなみにロマネスコはイタリア語で「ローマ」のという意味です。

 

一説によれば、「ブロッコリーとカリフラワーを掛け合わせて作られた」という説があります。

 

しかしロマネスコ自体、イタリアでは伝統的な野菜ですし、カリフラワーはブロッコリーの突然変異でできた野菜なので、この説については信ぴょう性が低いとされています。

 

日本では珊瑚礁(さんごしょう)とよくにた見た目から、そのまま「珊瑚礁」と呼ばれることもあります。

 

ぱっと見は、仏像などに見られる螺髪(らほつ)がびっしりと生えているような感じです。

 

 

見た目どおり歯ごたえのしっかりとしたお野菜で、軽く茹でてサラダに添えると一気に見た目が華やかな印象になります。

 

茹で過ぎると美味しくないので、少し歯ごたえが残る程度に軽く塩茹でしてサラダとして食べるのが一般的です。

 

しかしヨーロッパでは、ブロッコリーのようにパスタやスープの具材としても広く用いられています。

 

非常にユニークなルックスが話題ですが、食べる花の部分の細い突起が螺旋を描いている様は、仲間であるカリフラワーの花の部分にもしっかりと見受けられるので、注意してみてみると面白いと思います。

 

なお、ロマネスコが「ブロッコリーとカリフラワーを掛け合わせた野菜」と言われる理由の一つは、その「色合い」から来ていると思われます。

 

カリフラワーのオフホワイト、ブロッコリーの鮮やかな濃い緑に対し、ロマネスコはその中間とも言えるライトグリーンをしています。

 

また食感はカリフラワー、味はブロッコリーに似ていることから、様々な面でブロッコリーとカリフラワーの中間的な存在になっています。

 

日本では、近年ようやく栽培が始まったばかりでまだまだ流通量が少ないのですが、そのユニークな見た目から人気が上昇中で、スーパーなどでもポツポツと見かけるようになりました。

 

スポンサーリンク

 

ロマネスコの切り方や食べ方について!

ロマネスコの醍醐味はその食感にあると言っても良いでしょう。

 

少し固めでコリコリとした食感は、見た目と相まってとても楽しい気分にしてくれます。

 

したがってあまり火を通しすぎるのはお勧めしませんが、サラダ以外にも色々な食べ方があるので、このパートでは「ロマネスコの調理法」などについて説明していきましょう。

 

ではまずは、一番基本的な「サラダ」に使う際の茹で方からです。

 

 

ロマネスコの切り方・茹で方

まずは、周囲についている葉っぱを全て綺麗に切り落とします。

 

次に、中心の太い茎の根本に包丁を入れて根を取り払います。

 

下の方から花蕾をつぶさないように、適当な大きさに房を切り離していきます。

 

この時、頂点付近の房は手で切り離した方が綺麗な形が維持できます。

 

あとは、深めの鍋に大さじ1〜2の塩を入れて沸騰させ、そこに小房に分けたロマネスコを入れて1分30秒から3分ほど茹でます

 

茹で時間は特に決まっていませんが、好みの硬さになるまで茹でましょう。

 

良いタイミングでザルにあげてそのまま冷やします。

 

この時色止めしようとして冷水にさらすのは却って食感を損ねるので、放置して冷やすようにします。

 

粗熱が取れたらサラダ用の具材として利用できます。

 

あとはお皿に盛り付けて、好みのドレッシングをかけていただきましょう。

 

 

サラダ以外にも使える!ロマネスコの活用法!

とても美しい螺旋模様をもつ野菜ですので、洋食には積極的に活用したい食材です。

 

本場のヨーロッパの方では

 

  • パスタ
  • スープ
  • マカロニ料理(グラタンなど)
  • ステーキの付け合わせ
  • グラッセ(甘く煮る調理法)
  • 魚介類と一緒に炒める

 

などにして楽しんでいます。

 

味は日本でもおなじみのブロッコリーとよく似ているので、あなたの工夫次第では無限にアレンジができるのではないでしょうか?

 

筆者の場合はシンプルに塩茹でしてマヨネーズをつけて食べるか、ペペロンチーネの彩りとして使うのが好きです!

 

 

では続いて
「ロマネスコの栄養と効能」について説明しましょう。

スポンサーリンク

 

ロマネスコの栄養と効能!

ロマネスコ1株(およそ100g)中に含まれている栄養素とカロリーは以下のとおりです。

 

  • カロリー:23.5kcal
  • タンパク質:1.88g
  • 炭水化物:3.9g
  • 脂質:0.19g
  • 食物繊維:2.0g
  • ビタミンC:56mg
  • その他:ミネラル、アミノ酸など

 

になります。

 

同じような見た目、食感、味のブロッコリーと比べるとビタミンCの含有量では負けていますが、それでも十分な量が含まれているといえるでしょう

 

ビタミンCには

 

  • 抗酸化作用

    ⇒活性酸素の除去

  • コラーゲンを生成する作用

    ⇒美肌効果

  • 骨粗鬆症の予防作用

    ⇒老化防止、ロコモティブシンドロームの予防

  • 血管を丈夫にする作用

    ⇒生活習慣病の予防

  • 抗ストレス作用

    ⇒うつ病や更年期障害などの予防、改善

  • 免疫力を強化する作用

 

などが確認されています。

 

これだけの薬効を持つ「ビタミンC」がたっぷりと含まれているお野菜がロマネスコなので、サラダなどにして見た目にも美味しくいただきましょう。

 

また食物繊維も豊富なので、便秘がちな女性にはとても嬉しい野菜と言えます。

スポンサーリンク

 

ロマネスコの栽培方法!

まるで彫刻を見ているかのような「美しい幾何学的な螺旋構造」を持つロマネスコですが、近年では家庭菜園で楽しまれている愛好家が増えています。

 

そこでここではロマネスコの栽培方法について説明していきましょう。

 

この野菜を育てるコツとしては

 

  • 有機物をたくさん含んだ土で育てる
  • 虫がつきやすいので害虫対策をしっかりと立てる(アブラナ科の植物なのでアブラムシなどがつきやすいという特徴があります)

 

の2点です。

 

培養土にはたっぷりの堆肥と肥料を植え付ける土に混ぜ込んでおきましょう。

 

またアブラナ科の植物は連作障害を起こしやすいので、過去にアブラナ科の植物(レタス、キャベツ、ブロッコリーなど)を育てた土は使わないようにします

 

ロマネスコの発芽適温は15℃〜20℃なので5月中旬から7月が種まきの適期です。

 

育苗ポットで発芽させてから、プランターや地面に植え替えると丈夫な株に育ちます。

 

 

栽培時のポイントは?

まずは栽培時のポイントをまとめてみました。

 

  • 赤玉土(小粒)など種まき用の土を育苗ポットに入れる
  • 中心に指で1cmほどの深さのくぼみを作る
  • くぼみの中に種を5〜6粒入れる
  • うっすらと土をかぶせ、たっぷりの水やりを行う
  • 土が乾燥しなように新聞紙や不織布で表面を覆い、適宜水をやりながら管理する
  • 発芽したら土の表面が乾いてから水をやるように切り替える
  • 本葉が3〜5枚生えてきたら鉢やプランター、または地面に植え替える

 

 

苗植えの時期と、やり方について

苗植えの適期は8月〜9月にかけてです。

 

少量であれば大きめの鉢やプランターで十分でしょう。

 

収穫まではさらに3〜4ヶ月ほどの期間を要します。

 

ここでは家庭菜園に適している鉢植えとプランターでの苗植えの方法を紹介しましょう。

 

  1. 10号以上の鉢に対して1株の割合で栽培用の鉢やプランターを選びます。

    プランターの場合は60cmで2株が目安となります。

  2. 使用する土は市販の野菜用培養土でも十分です。
  3. 土を自作する時は赤玉土(小粒)に2〜3割ほどの堆肥や腐葉土をブレンドします。
  4. 容器の縁から2〜3cm下まで土を入れます。
  5. 苗がすっぽり入るぐらいの植え穴をスコップで掘ります。
  6. 苗を植え付け、周囲に土を入れて固定します。
  7. 最後はたっぷりと水を与えて植え付け完了です。

 

 

育て方のコツは?

苗植え後の育て方については以下のとおりです。

 

 

水やりについて

水やりについては株が乾燥しないように気をつけましょう。

 

鉢植えやプランターでは土の表面が乾いたら水をやるようにします。

 

 

追肥を行いながら育てます

収穫までの期間が長いので、追肥を行いながら育てます。

 

肥料が少ないと食用部分の花蕾が小さくなってしまいます。

 

追肥のタイミングは植え付けて2〜3週間後から2週間おきに化成肥料を根元に与えるか、一週間おきに薄めた肥料を水の代わりに与えます。

 

特にリン酸を多めに含んだ肥料が良いでしょう。

 

追肥のタイミングで株と土面に隙間が空いているようなら、株元に土を寄せておきましょう。

 

 

収穫のタイミングは?

順調に育てば10月中旬から12月に収穫できるようになります

 

花蕾の凸凹がはっきりして、全体的に直径が20cmほどの立派な株に成長すれば収穫のタイミングです。

 

株元をナイフなどで切り、花蕾を傷つけないようにして収穫しましょう。

 

なお葉っぱは収穫の時に同時に切り落としておくと、後ほど扱いやすくなります。

 

 

さいごに!

いかがでしたでしょうか?

 

栽培方法も難しくありませんし、家でパーティなんかをする時には華やかになって良いかもしれません!

 

決して「栄養満点」な野菜ではありませんが、食卓をオシャレにしたいならぜひ取り入れてほしいです。

スポンサーリンク


 

関連ページ

さつまいもの保存方法と賞味期限(日持ち)!黒いのはカビ?腐るとどうなる?
さつまいもの保存方法や賞味期限、冷凍保存の可否などを説明しています。また、腐った状態の見た目や、黒く変色した場合に食べれるのか等もまとめています。
さつまいもの栄養と効果効能!食べすぎは太る?茹で方・茹で時間・アク抜き・蒸し方も簡単!
さつまいもの栄養や効果効能を分かりやすく!その他、茹で方や茹で時間、アク抜きや蒸し方、ふかし方なども説明します!
玉ねぎの保存方法と賞味期限・消費期限(日持ち)、腐るとどうなる?&切り方(乱切り・輪切り・角切り・みじん切り・千切り)の紹介!
玉ねぎの切り方(乱切り・輪切り・角切り・みじん切り・千切り)の他、保存方法や賞味期限・消費期限、腐った時の判別方法をわかりやすくまとめています。
玉ねぎの栄養成分と効果効能、食べすぎは体臭・おなら・下痢・口臭の原因?
玉ねぎの食べすぎはオナラや体臭・下痢・口臭にも繋がる?成分や栄養のお話と、効果・効能について分かりやすくまとめています。
新玉ねぎとは?!保存方法や栄養・効果効能、水にさらすのは必要?収穫時期は春か秋?
新玉ねぎと通常の玉ねぎに違いはあるの?収穫時期・店頭に並ぶ時期はいつ頃?保存方法や栄養価、効能は?水にさらした方がいいの?新玉ねぎをまとめてみた。
しめじの保存方法(冷凍はOK?)と賞味期限!栄養・カロリーと効能、白いのはカビ?洗うのOK?腐るとどうなる?切り方と石づきについて
しめじの石づきの切り方は?洗ってOK?白いのはカビ?保存方法や冷凍保存の可否、賞味期限、栄養価・カロリー、腐るとどうなるの?等まとめました。
しいたけの保存方法(冷凍OK?)と切り方!栄養・カロリー・効能・賞味期限について。洗うと腐る?白いのはカビなの?
しいたけは腐るとどうなる?白いのはカビ?賞味期限は?保存方法や冷凍保存、切り方や効能を分かりやすくまとめました。
えのきの保存(冷凍保存OK?)と栄養・効能!賞味期限や消費期限、洗うと腐るのか?
えのきって洗えるの?腐るとどうなるの?といった疑問から、日持ちを延ばす保蔵方法、冷凍保存の仕方を分かりやすくまとめてみました。
エリンギの切り方や保存(冷凍OK?)・賞味期限、栄養!洗うと腐る?カビが生える?
エリンギの切り方や保存方法(冷凍保存や乾燥エリンギの作り方)、日持ち、腐るとどうなるのか?カビは生えるのか?栄養や効能をまとめてみました。
大根の保存方法(冷凍保存など)と賞味期限!柔らかい・黒い・青い時は腐る前兆?日持ちさせるには?
大根を日持ちさせる保存方法や賞味期限、ぶよぶよ柔らかい時や黒・青に変色した場合は腐る前?大根や大根おろしを日持ちさせる方法を分かりやすく。
大根の栄養価・効能!糖質量とダイエット効果、食べ過ぎで悪影響は?
大根の栄養と効果・効能をまとめました。糖質量、そしてダイエットに良いと言われる一方で、「太る」と言われる理由、その他「食べ過ぎ」による悪影響を説明します。
大根の下茹で方法と茹で時間、部位(上下)の使い分けと、からい場合の対処法!
大根の下茹で方法や、茹で時間、茹でる時のポイントとは?!大根の部位の特徴や使い方、辛い場合の対策もまとめました!
ほうれん草の茹で方とアク抜き!保存は冷凍保存が良い?賞味期限と栄養価・効果効能
ほうれん草の栄養と効果・効能のほか、「生食」できるか?保存方法・冷凍保存・日持ちさせるコツ、下茹でや茹で時間、切り方などを分かりやすくまとめてみました。
ほうれん草のシュウ酸は結石の原因に?食べ過ぎの影響と除去方法!
ほうれん草の食べ過ぎは身体に悪いの?含まれている「シュウ酸」が結石の原因になるこも?子どもへの影響や、除去方法についてまとめてみた。
ピーマンの栄養や効能・効果!切り方、賞味期限UPの保存方法(冷凍保存で日持ちする?)
ピーマンに関する栄養や効能・効果を分かりやすく。その他、ピーマンの切り方(乱切り/千切り)や、保存方法、冷凍保存で日持ちUPするのか?などについてもまとめています。
れんこんの保存(冷凍で日持ちUP?)と賞味期限!アク抜き(下処理)や栄養・効能、黒い変色は糖質と関係が?!
れんこんはなぜ黒く変色するのか?栄養や糖質と関係ある?その他、下処理方法や茹で時間、保存方法や冷凍保存で賞味期限を伸ばすことが出来るのか?などを、まとめました。
にんにくの効果・効能と、食べ過ぎで下痢・腹痛・胃もたれに?これってアレルギー?
にんにくに期待される効果・効能の他、アレルギー、食べ過ぎによる下痢・腹痛・胃もたれが起こる原因・対処法を、分かりやすくまとめています。
にんにくの保存方法(冷凍保存など)と賞味期限(日持ち)!腐ると緑になるの?
にんにくが緑や青になるのは腐る前兆?保存方法や賞味期限、冷凍保存の可否などを分かりやすくまとめてみました。
アスパラガスの保存方法(冷凍OK?)・賞味期限・栄養!尿が臭くなる理由は?
アスパラ(アスパラガス)の保存方法や日持ち期間、栄養素や効能、尿が臭くなると言われている原因を、分かりやすくまとめています。
アスパラガスの茹で方・茹で時間、切り方!下処理(下ごしらえ)と食べ方
アスパラガス(アスパラ)の茹で方や茹で時間といった「下ごしらえ」の他、切り方や食べ方について分かりやすくまとめてみました。
桑の葉茶の14の効果・効能、副作用!作り方や飲み方、妊婦は飲める?
桑の葉茶とは?妊婦が飲んでも大丈夫?糖尿病やダイエットに良いと言われる理由は?作り方や、飲むタイミング、効果・効能、副作用といった基本的な情報を、分かりやすくまとめてみました!