【プーケット観光】実は治安がヤバイ?旅行の際の9つの注意点まとめ

【プーケット観光】実は治安がヤバイ?旅行の際の9つの注意点まとめ

 

 

こんにちは。
年に5回は必ず「海外旅行」に行くアキラです。

 

プーケットに限らず、海外旅行へ出かける前には、必ず

 

  • 現地の治安
  • 注意すべき点(日本人の常識と違う点・日本との違い)

 

をチェックしておきましょう。

 

このページでは、タイ(プーケットやバンコク)に長期滞在していた筆者が、治安や危険性を分かりやすくまとめてみました。

 

ぜひ最後までお読み頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

 

目次
  • プーケットの現在の治安と、過去の事件!
  • プーケット観光における9つの注意点!
  • 各エリアの治安と特色を知ろう!

 

 

タイ旅行の関連ページ!

 

人気の関連ページ!

 

スポンサーリンク

 

プーケットの現在の治安と過去の事件

まずは簡単に、プーケットの

 

  • 現在の治安
  • 過去に起きた治安を脅かす危険な出来事

 

を簡単に説明しましょう。

 

 

現在のプーケットの治安

結論から言うと、現在プーケット周辺の治安は安全なエリアに入ります。

 

外務省が発表している「渡航注意情報」でも、特にとりあげられていません。

 

プーケットより、首都バンコクの方が「危険度レベル1」に指定されており、危ないとされています。

 

そのためプーケットは「安心してバカンスを楽しめるビーチリゾート」といって問題ありません。

 

日本とは違い海外ですから、「最低限、観光する上で気をつけておくべきポイント」もありますが、プーケットは安心して観光できるリゾート地です。

 

しかし、プーケットでも過去に爆弾事件は起きてはいます。

 

また、プーケットエリア以南では「テロ被害が多発しているエリア」もあり要注意。

 

プーケット旅行で気をつけておくべきポイント」「各エリアの治安」は後々説明していきますので、出来れば順に読み進めて頂ければと思います。

 

 

 

 

過去にプーケットで起きた「治安を揺るがす事件」

念のため、過去にプーケットで起きた事件を見ておきましょう。

 

記憶に新しい事件ですと…

 

 

2015年

2015年にプーケットで暴動・爆弾事件がおきています。

 

バンコクの日系デパート「伊勢丹」の近くで、イスラム系の爆弾テロが起きたのと同時期のことです。

 

 

2016年

2016年8月にプーケットを含むタイ南部7県で爆破・放火テロがありました。

 

プーケットを代表する観光スポット「パドンビーチ」で起きた爆弾事件テロは、世界中のニュースで報道される大きな事件であり、外国人観光客の多くが巻き込まれました。

 

 

 

以上のとおりであり、2018年現在プーケットは再び落ち着きを取り戻しています。

 

しかし渡航前には、現地のニュースで「治安の状況」を確認しておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

プーケット観光における9つの注意点!

プーケットで観光する際に気をつけるべきポイントをまとめました。

 

事前に知っておけば、現地に入っても心の余裕をもってプーケット観光を楽しめます。

 

 

 

@支払い方法に注意!

 

プーケットではタイ王国の通貨「タイバーツ」が流通しています。

 

※2017年以降おおよそ「3.2〜3.4円/1バーツ」です

 

タイではフィリピンやミャンマーのように「米ドル」が一般的に流通していないので、支払い用のタイバーツを用意しましょう。

 

観光地ですので、ホテルやショッピングモール等では「クレジットカードやデビットカード」での支払いはもちろん可能。

 

「無料で海外旅行保険が付帯するカード」は、必ず1枚持参しておきましょう。

 

人気の関連ページ!
>>海外旅行にオススメのクレジットカード5種を徹底解説!【比較まとめ】

 

 

しかし交通機関やマリンアクティビティの際の支払いではカード払いが出来ないことが多いので、現地通貨のタイバーツの用意も必要です。

 

 

プーケットのATM・両替商でタイバーツを手に入れましょう

プーケットは国際的な観光地のため、ATMも両替商もあります。

 

お持ちのクレジットカードやデビットカードが

 

  • シーラス(Cirrus)
  • プラス(Plus)
  • 銀聯(Union Pay)

 

のどれかに対応していれば、ATMからタイバーツを引き出すことが可能。

 

またホテルや大手の飲食店なら、「クレジットカード・デビットカード」での支払いもできます。

 

両替商も空港や街にあるので、日本円や米ドルをもっていけばタイバーツに両替することも可能です。

 

 

 

 

Aチップの文化に注意!

 

実はタイにはチップの文化があります。

 

仏教国で寄付をすることをタンブンと言い、好意的に受けとられることが多く、それが転じチップを払う文化が定着しました。

 

プーケット観光ですと

 

  • 高級レストラン
  • タクシー
  • 古式タイマッサージ店

 

でチップを渡す場面があります。

 

高級レストランでは、お釣りの小銭をそのまま店員さんに渡せばOK。

 

タクシーでは、例えば「メータータクシーならば、93バーツなら100バーツあげてお釣りを受け取らない」といった支払い方がスマートです。

 

タイといえば古式タイマッサージも有名ですが、お店で支払う料金とは別に、マッサージ師にも50バーツ〜100バーツ程度チップとして手渡しするのが一般的。

 

 

 

 

Bプーケットの通信事情に注意!

 

プーケットの空港では、簡単に「旅行者向けのSIM」が手に入ります。

 

SIMフリー端末のスマートフォンをもっていけば、プーケット現地でもネットに気軽につなぐことができます。

 

タイの大手通信会社は

 

  • AIS
  • Dtac
  • TrueMove

 

が大手3社。

 

どの通信会社でも、旅行で使う分にはそれほど差がないため、現地で調達しやすいSIMを選べば問題ありません。

 

 

 

 

Cプーケット空港から主要エリアへの交通手段に注意!

 

プーケット空港から「プーケットの主要観光エリア」までは距離があり、最低でも1時間以上はかかります。

 

「空港までいく交通手段」にはそれぞれ特徴がありますので、一つずつ説明します。

 

なお長いフライトの疲れで寝てしまう人も多いのですが、寝ている間に盗まれたり無くなったりすることも多いので、貴重品の管理には気をつけましょう。

 

 

エアポートバス

エアコン付きのバスであり、現在はプーケットタウン方面のみの運行です。

 

パドンビーチ方面ではなく街中のプーケットタウンに行きたい人向けなので、ビーチ方面に行きたい人は注意しましょう。

 

料金は片道100バーツ程度です。

 

 

乗合バス

パドンビーチ、カタ&カロンビーチ方面に安く行きたい人は「乗合タクシー」がおすすめです。

 

人数が集まり次第出発します。

 

バトンビーチまで1人180バーツ、カロンエリアまでは200バーツ程度です。

 

 

リムジンタクシー

乗合バスと同じようなバンで、前払いのチケット制で買えます。

 

乗合バスと同じカウンターで購入可能。

 

料金の目安は以下のとおり。

 

  • バトンビーチまで

    ⇒800バーツ程度

  • カロンエリアまで

    ⇒1000バーツ程度

  • プーケットタウンまで

    ⇒650バーツ程度

 

 

メータータクシー

よく日本やバンコクにもある、「走行分のメーター料金」で支払額が決まるタクシーです。

 

しかし中にはメーターを使わずに相場より高い値段を提示されることもあります。

 

そのため、どちからといえば旅慣れた人におすすめです。

 

料金の目安は以下のとおり。

 

  • バトンビーチまで

    ⇒800バーツ程度

  • カロンエリアまで

    ⇒1000バーツ程度

  • プーケットタウンまで

    ⇒650バーツ程度

 

スポンサーリンク

 

 

Dプーケット島内の交通手段にご注意!

 

プーケット島内は、電車や地下鉄もなく、バンコクと比べても移動手段が限られています。

 

メーターのタクシーがバンコクのように簡単につかまらないため、島内の交通は便利とは言い難いです。

 

現地の旅行社が提供している、以下のような運行サービスを利用するのも手です。

 

 

トゥクトゥク

トゥクトゥクとは、タイ語で三輪自動車のこと。

 

メーターがなくドライバーと交渉して値段が決まります。

 

目的地にピンポイントで行くことができる反面、価格交渉が煩わしいと感じる方にはオススメできません。

 

また夜遅くに女性1人で乗るのも、防犯上の観点から避けたほうが良いです。

 

 

ソンテウ

島内の決まったルートを巡回している乗合バスです。

 

行きたい方向を調べ、行きたい方向に走っているソンテウをつかまえて乗ります。

 

現地の人の足であり観光用ではないため、慣れないと使いづらいです。

 

パドンビーチからプーケットタウンまで30バーツ程度です。

 

スポンサーリンク

 

 

Eコンセントの電圧にご注意を!

 

日本の電化製品のプラグを差し込むことが可能ですが、電圧が異なります。

 

タイの電圧が220ボルトで日本の電圧は100ボルトです。

 

スマートフォンやノートパソコンなどは、アダプターが「100ボルトから240ボルト」といった表記が書かれていることも多く、そのまま使用可能なことが多いです。

 

しかし対応していない電圧のものを使うと差し込むことは出来ても、壊れてしまう可能性があるため、変圧器があると便利。

 

筆者が実際に使っているオススメ商品は、以下のものです。

 

 

この商品が優れている点は、

 

  • 5個のプラグが付いており、世界150ヶ国以上で使える。
  • 入力電圧は260Vまで耐えれるため、電圧の高いオーストラリア(240V)であっても耐えられる。
  • USBポートも付いており、わざわざスマホの充電器が必要ない。

 

という3点であり、これを購入してから海外で困ったことはありません。最強です。

 

 

 

 

Fトイレ事情にご注意を!

 

タイのトイレは日本のような「ウォシュレット機能」はついていません。

 

その代わり水がでるホースがあり、それでお尻を洗うのがタイでは一般的。

 

プーケットでもトイレットペーパーもあまり流れないため、紙の流しすぎには注意してください。

 

また公共のトイレの中には「3バーツ前後の使用料」を払わなければ入れないトイレもあるため、普段から小銭のタイバーツを持ち歩いておくと良いでしょう。

 

なお、私はPanasonicのハンディウォシュレットを使っていますが、これで不便したことは一度もありません。

 

紙が硬い場合もありますので、出来れば使うことをオススメします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

G詐欺などの犯罪にご注意を!

 

プーケットは綺麗な海もあれば繁華街もある、世界的に人気のビーチリゾートです。

 

その一方で代表的なビーチリゾートの観光地だからこそ、気をつけるべきポイントもあります。

 

代表的な4つの注意点を挙げましょう。

 

 

ジェットスキー詐欺

プーケットのジェットスキー業者は、昔から評判が悪く利用をおすすめしません。

 

例えばジェットスキーを利用した後で

 

「ここが傷ついている。利用中に事故を起こしたからだ。弁償しろ。」

 

という具合に身に覚えのない言いがかりをつけられ、お金をとられるケースが多発しているからです。

 

他にも「燃料が十分でないジェットスキー」を貸し出し、沖から戻ろうとしたら燃料切れで帰ってこれず

 

「利用時間オーバーだから追加料金を支払え」

 

と言われた事例もあります。

 

最近では悪徳業者の取り締まりも強化されていますが、プーケットのジェットスキー業者はトラブルが絶えず、昔から評判が悪いためオススメ出来ません。

 

 

 

最初から馴れ馴れしく話しかけてくる人に注意

南国のリゾートでは開放的な気分なりがちですが、向こうから馴れ馴れしく話しかけてくる人には注意してください。

 

これはタイの観光地全般にいえることですが

 

  • 日本に縁があることを主張して唐突に近づいていくる人
  • 銀行員や大学教授、公務員など権威のありそうな立場であることを装い近づいてくる人
  • ことば巧みに商売を持ちかけてくる人

 

このような、「なんの前触れもなく唐突に道端で話しかけてくる人」は詐欺であることも多く、十分に警戒してください。

 

 

 

ビーチボーイの誘惑に注意

プーケットには若い女性を狙うビーチボーイが数多くいます。

 

タイ人の男性は、女性に対してとても優しく良い雰囲気を醸し出しながらエスコートしてくれます。

 

南国の開放感と日本ではない甘い一時で、プーケットのビーチボーイの虜になる女性も少なくありません。

 

しかし、良いように利用されているだけのことも多く、お金と体目的で最後には悪い結果になってしまうことも。

 

特にマリファナ等の薬物を勧められても断りましょう。外国人であってもタイで麻薬は犯罪です。

 

 

 

夜の繁華街でも最低限の注意をしましょう

プーケットの繁華街にはバービアなど、夜に賑わう盛り場もあります。

 

節度を持って楽しむ分には特に問題ないのですが、外国ですので最低限の注意はしましょう。

 

例えば日本のように手荷物を置いて席を離れると、いつの間にか手荷物がなくなってしまう等のトラブルも起きます。

 

 

 

 

Hエリアによっては危険であることを知っておこう!

 

プーケットは外務省の「渡航安全情報」でも警戒エリアに入っておらず、最低限の節度を守り気をつけるポイントを守っていれば、安全な観光スポットです。

 

しかしエリアごとに特色もあります。

 

各エリアの治安・特色については、このあとまとめています。

 

スポンサーリンク

 

 

各エリアの治安と特色を知ろう!

では最後に、以下5つのエリアの治安・特色を紹介しましょう。

 

  1. パドンビーチ周辺
  2. カタエリア
  3. プーケットタウン周辺
  4. ピピ諸島
  5. プーケットエリア以南

 

 

パドンビーチ周辺

プーケットで一番賑わう全長3kmほどのビーチ。

 

マリンアクティビティのサービスも多数あり、買い物もパドンビーチ周辺が便利。

 

昼はアンダマン海を臨むビーチを楽しめ、夜になると隣接したバングラー通りが賑やかになり、ナイトライフも楽しめます。

 

明るく賑やかで人通りもあるため、実は治安も悪くありません。

 

基本的には、

 

  • 知らない人についていかない
  • 貴重品は常に身につけておく

 

といった当たり前の警戒意識さえあれば、安心して過ごせるエリアです。

 

 

 

カタエリア

パドンビーチから車で15分ほどいったところにある、静かなビーチエリア。

 

落ちついた雰囲気が好きな方が快適に過ごせます。

 

しかしプーケットのビーチ全般にもいえることですが、一人で夜の暗いビーチ沿いを歩くのは防犯上の観点からおすすめできません。

 

 

 

プーケットタウン周辺

ビーチ沿いから離れた、プーケットの行政や現地のタイ人の暮らす中心エリア。

 

19世紀の面影を感じることができるオールドタウンの街並みは、ビーチ沿いとはまた違った雰囲気を楽しむことができます。

 

治安が悪いわけではないのですが、プーケットタウンからビーチエリアに行く交通手段が限られています。

 

そのためビーチエリアにホテルをとっていると、夜遅くになると帰りづらくなります。

 

 

 

ピピ諸島

プーケットからフェリーで東に2時間ほどいくと「ピピ諸島」があります。

 

世界有数のダイビングスポットとして有名。

 

デカプリオ主演の映画「ザ・ビーチ」の舞台となった、楽園のビーチ「マヤベイ」が特に有名であり、観光客で賑わっています。

 

ただ観光客が増えすぎてサンゴ礁の生態系に影響が出たため、観光に制限がかかりました。

 

なお、ピピ諸島の中心はピピ・ドン島であり、最低限の買い物には困らない程度のお店もあります。

 

小さな島で治安も良いエリアです。

 

海の透明度も高くプーケットのビーチとはまた違った雰囲気を楽しみたい方にオススメ。

 

 

 

プーケットエリア以南の治安

プーケット以南は「イスラム系のテロリスト」による被害が多発しているエリア。

 

せっかくプーケットまで来たら、タイとマレーシアの国境沿いにも行ってみたいと思う方もいるかもしれません。

 

しかし、タイ南部は外務省の発表では警戒レベル2〜3。

 

特にマレーシア国境沿いの「パタニ県周辺」は、渡航中止勧告が出ています。

 

元々タイ最南端の「パタニ県」を中心とするエリアは、マレー語を母語とする14世紀より栄えた「パタニ王国」でした。

 

パタニ王国は、タイとマレーシアの条約により

 

  • パタニ王国の北が、タイの領土
  • パタニ王国の南が、マレーシアの領土

 

になった歴史的背景があるため、今でも独立運動が盛んなのです。

 

そのため、プーケット以南のエリアへの観光は避けましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ!

プーケット各エリアの治安や、旅行する際の注意点について説明しました。

 

総じて「治安の良いエリア」ですが、マレーシアの国境近くへは近づかないように注意しましょう。

 

また、過去にテロが起きているのは間違いないので、絶対に安心というわけではありません。

 

なお「観光客はお金を持っている」というイメージから、スリなどの被害に遭いやすいです。

 

しっかりと対策しておきましょう。

 

タイ旅行の関連ページ!

 

人気の関連ページ!

 

スポンサーリンク

 

関連ページ

パスポートの作り方3ステップ!最速の取り方を伝授【必要な物&書類】
【2018年更新版】パスポートの申請(取得)方法や受け取り方法、必要な物・必要書類、値段を分かりやすく解説!また、早く取得する方法や取得値段を抑える方法も説明!
パスポートの発行期間・日数と、最短1日で取れる2つの秘策!【即日発行】
【2018年更新版】パスポートの申請後、発行されるまで何日掛かる?主要都市の発行にかかる時間、最短で取る2つの方法、「書類集め」を時短する秘訣を紹介。
パスポートの「代理申請」は簡単!代理人に必要な物&注意点まとめ
【2018年更新】パスポートを代理申請する方法を分かりやすく説明!代理できる事と出来ない事、友人・知人でも代理人になれるのか?受取はできるのか?などを解説します。
海外旅行にオススメのクレジットカード5種を徹底解説!【比較まとめ】
【2018年更新版】海外旅行に絶対にいずれか1枚は持って行くべきカードを5枚厳選!保険の有無、学生にオススメのもの、自動付帯と利用付帯の違いも説明!
海外旅行で「必要なもの」「あると便利」を厳選まとめ<持ち物リスト80選>
【2018年更新版】海外旅行で絶対必要なものと、あると便利なものリストを公開!持ち物は旅行で要る物、出張で要る物が微妙に異なりますので、両方を解説!
オーストラリアは治安がヤバイ?観光時に注意すべき10のポイント!
【2018年最新版】オーストラリア観光の際に気をつけるべき10の注意点を、実体験をもとにまとめました。治安は良いのか?悪いのか?旅行時に参考にして下さい。
【バンコク観光】治安が結構ヤバイぞ!旅行の際の12の注意点まとめ
【2018年最新版】バンコクへの旅行は安全か?最新の治安情報や、テロの可能性、詐欺の手口など、安全性や怖い点を解説。また旅行の際の注意すべきポイントも解説!
【マレーシア観光】実は治安がヤバイ?旅行の際の9つの注意点まとめ
【2018年最新版】マレーシア旅行は安全なのか?最新の治安情報や、テロの可能性、詐欺の手口など、安全性や怖い点を解説。また、旅行の際に注意すべきポイントも説明します。
【バリ島観光】実は治安がヤバイ?旅行の際の25の注意点まとめ
【2018年最新版】バリ旅行は安全なのか?最新の治安情報や、テロの可能性、安全性や怖い点を解説。また観光時に注意すべきポイントも説明します。
【ニューヨーク観光】治安が結構ヤバイぞ!旅行時の12の注意点まとめ
【2018年最新版】ニューヨーク観光は安全なのか?最新の治安情報や、テロの可能性、安全性や怖い点を解説。また観光時に注意すべきポイントも説明します。