ダニ刺されの症状と9つの見極め方!跡の特徴や薬、治らない場合の対処

ダニ刺されの症状と9つの見極め方!跡の特徴や薬、治らない時の対処

こんにちは。
「ペットが持ち込むダニ」に何度も悩まされてきたアキラです。

 

朝起きると、足や腕にポツポツと刺されたような跡が…

 

 

これってダニ?!

 

 

多くの人が「ダニなのか?違う虫なのか?」悩むかと思います。

 

そこでこのページでは、

 

  • ダニ刺されを見極めるポイント
  • どのような症状が起きるのか?
  • 跡の特徴は?
  • どんな対処をすれば良いのか?

 

などなどを説明していきます。

 

ぜひ最後までお読みいただけますと幸いです。

スポンサーリンク

 

 

人気の関連ページ!

 

スポンサーリンク

 

ダニ刺されを判断する9つのポイント!

虫さされの症状は日常的であり、何の虫が原因か分からないこともしばしば。

 

ダニかどうか判断しかねる時は、次に挙げる9つに当てはまるかどうかを確認しましょう。

 

多く当てはまれば当てはまるほど、ダニの可能性が高いです。

 

 

1つの腫れに対して刺された痕も1つである

ダニは「腫れている部分」には「刺し傷が1つ」です。

 

もし2つある場合は、ダニ以外の害虫が原因の可能性が高くなります。

 

ダニとよく似た「トコジラミ(南京虫)」という害虫に刺された場合も2つの刺し跡になるため、その可能性もあります。

 

「各ダニ刺されの跡」については後ほど紹介しています。

 

 

 

強烈なカユミが長引く

ダニに刺された場合、おおよそ1週間〜10日ほどカユミが続くことが多いです。

 

蚊であれば、(アレルギーがなければ)せいぜい2日ほどで治まりますので、長引くようであればダニの可能性があります。

 

 

 

刺された部分は肌を露出していない部分

刺された場所が

 

  • 服から露出していない部分
  • 露出している部分と露出していない部分の両方

 

であれば、ダニの可能性が高くなります。

 

ダニは大変小さいため、服の中に潜り込んだり、布地を簡単に通過することができます。

 

人が寝ている間でも露出の有無に関わらず、刺しやすい「体の柔らかい場所」を探して刺すことが多いのです。

 

よって「露出していないにも関わらず刺された」という場合は、ダニが疑われます。

 

スポンサーリンク

 

 

刺された時間帯は夜間が多い

ダニは夜行性であるため、日中の明るい時間帯は「布団や畳の表面」には出てこないことがほとんど。

 

しかしたとえば「ノミ類」は昼間に活動しているため、日中のうちに気付くことが多くなります。

 

このように時間帯の違いで、ダニかダニ以外の害虫かを見分けることができます。

 

 

 

刺された時期は夏場

ダニは「湿度があり、暖かい場所」を好むため、特に夏場に繁殖しやすいです。

 

そのため刺されたタイミングが夏であれば、ダニの可能性が高まります。

 

ただし、布団は寝汗で湿気をもちやすく暖かいため、ダニにとっては天国のような場所。

 

冬場でも繁殖する可能性があることはお忘れなく。

 

 

 

刺された当日に腫れ始めた

ダニは刺されてから「5時間程度」で腫れ始めることが多く、翌日が腫れのピークとなります。

 

もし刺されたことに気付かず数日たっていた場合や、1日以上たってから腫れてきた場合は、ダニ以外の害虫の可能性が高くなります。

 

このように「腫れ始める時間帯」である程度見分けることも可能です。

 

ただし、人によって「腫れ方」や「腫れ始める時間」に差があるため、これだけで判断しないようにしてください。

 

 

 

刺された跡が長く残る

ダニ刺されは特に激しいカユミに襲われるため、掻きむしってしまう方も多いでしょう。

 

その結果、茶色いシミになってしまうケースや、赤黒いシコリとして残ってしまうことも多々あります。

 

詳しくは、後ほど「ダニ刺されの跡が治らない!」で説明しています。

 

 

 

外国の不衛生な環境に接触した

ダニと同じように人を刺す害虫として、トコジラミ(南京虫)という虫がいます。

 

日本にはあまり生息していないため、現在は海外から持ち込まれるケースがほとんどです。

 

もし発展途上国などの「不衛生な環境」に滞在した場合は、ダニではなく「トコジラミ」に刺されている可能性があります。

 

「トコジラミ」に刺されると、刺された痕が「2つ」になることが多く、また腫れの症状が出るまで1週間程度かかるため、ダニとは異なるのです。

 

もし帰国後に症状が出た場合は、ダニかトコジラミかを見極めることが重要です。

 

※「ダニでは無いかもしれない」という判断材料の一つとして捉えて下さい

 

 

 

アウトドアなどの自然環境や、いつも触れない動物と接触した

身近にいる「人を刺す害虫」には、ダニよりも大きい「ノミ」や「マダニ」という昆虫も存在します。

 

自然環境の中で過ごす時間が多かったり、動物と触れ合ったりした場合は、「屋内のダニ」だけでなく「ノミ」や「マダニ」の可能性あります。

 

これらは野外の草木にくっついていますので、体に移って家の中に持ち込むこともあるのです。

 

またキャンプ場や山だけでなく、家の小さな庭などでも生息していますので、外で過ごす時間が長い時はどこであっても気を付けなくてはなりません。

 

「ノミ」や「マダニ」は「屋内のダニ類」とは違った症状が出るため、刺された痕をよく観察しましょう。

 

症状や跡については、後ほど紹介しています。

 

 

 

以上が「刺されたのがダニかどうか?」を見極めるおおよそのポイントです。

 

この時点で「確実にダニだ!」と言える方は、ダニ退治をしっかりと行いましょう。

 

人気の関連ページ!
>>ダニ退治で本当に効果的な9つの駆除法と、実は効果が薄い9つの対策!

 

 

続いては、ダニの種類と

 

  • 刺された跡がどうなるのか?
  • 刺されるとどんな症状が表れるのか?

 

を説明していきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

どのような症状が起きるのか?ダニの種類や他の害虫の刺し跡を見てみよう!

 

ダニの種類としては、屋内で見られるダニとして大きく

 

  • チリダニ
  • コナダニ
  • ツメダニ
  • イエダニ※現在は外で見られることが多い

 

の4種類がいます。

 

さらにここでは、症状を見分けるために「外で見られるダニ」「その他の害虫」である

 

  • マダニ
  • ノミ
  • ツツガムシ
  • トコジラミ
  • ブヨ

 

についてもあわせて説明していきます。

 

 

 

チリダニの症状

ほぼ一年中見られ、どんな家にも確実に存在しているダニです。

 

チリダニは布団やクッションの中など、エサとなる「人の皮膚」や「髪の毛」が多く溜まる所に集まっています。

 

なお布団などには多くのダニが潜んでいますが、その中でも「90%がチリダニ」だと言われています。

 

人を刺すことはありませんが、アレルギーを引き起こします。

 

また、後に紹介する「ツメダニ」のエサとなってしまうダニなので、ツメダニ退治のためにも出来るだけ数を減らしたいダニです。

 

 

刺された場合の特徴
  • 人を刺すことはない

 

 

症状
  • 刺すことはないが、死骸やフンが「ダニアレルゲン」となり、「アレルギー症状」を引き起こす可能性が高い

 

 

 

 

コナダニ

チリダニと同じく、人を刺すようなことはありませんが、次に紹介する「ツメダニ」のエサとなってしまうダニです。

 

繁殖力が強く、梅雨や秋口には大発生する可能性があります。

 

砂糖や小麦粉、チーズなどの食品のほか、畳にも多く生息します。

 

 

刺された場合の特徴
  • 人を刺すことはない

 

 

症状
  • 刺すことはないが、食品に沸いたコナダニを一緒に食べてしまうことで、「アレルギー症状」を引き起こす可能性がある

 

 

 

 

ツメダニ

※ツメダニによる症状

 

ツメダニはチリダニと同じように、布団やクッション、カーペットなどに潜んで繁殖しています。

 

上でも説明のとおり、これらの場所に潜むダニの90%はチリダニであり、ツメダニの割合はその中の「わずか1%程度」

 

しかしツメダニはヒトを刺しますので、数は少なくても「人を刺さないチリダニ」よりも目立つ存在です。

 

 

刺された場合の特徴
  • 太もも・腹部周辺・陰部・肘関節の内側・足首など、「皮膚のやわらかい部分」が刺されやすい
  • 刺された跡が数か所にまとまっていることが多い
  • 一つの腫れに対し刺し傷は一つ

 

 

症状
  • かゆみは1週間程度続く
  • 刺されてから半日くらいで腫れが始まる

 

症状が翌日に出る「遅延型アレルギー」であるため、腫れのピークは翌日です。

 

8時間程度で症状が出るため、「何日も気づかない」ということは無いでしょう。

 

 

 

 

イエダニ

 

イエダニという名前ですが、ネズミや鳥に寄生するダニです。

 

宿主(寄生先)であるネズミなどが死んだ場合や、ネズミの巣で大量繁殖した場合に、人間にも移動して吸血します。

 

イエダニが媒介することで感染する「線虫」や「病原菌」が多数あるため、ダニの中でも「極めて危険な種類」だと言われています。

 

また冬でも活動するため、冬に刺された痕があればイエダニの仕業だと考えられます。

 

※以前はネズミの侵入により「屋内に侵入しやすいダニ」でしたが、ネズミ対策も進んでいる現代では、屋外で見られることが多いとも言われます

 

 

刺された場合の特徴
  • 太もも・腹部周辺・陰部・肘関節の内側・足首など、「皮膚のやわらかい部分」が刺されやすい
  • 一つの腫れに対し刺し傷は一つ

 

 

症状
  • 刺された部分は5mm〜10mmほどに腫れ上がる
  • 激しいかゆみが生じる
  • 「水疱」や「しこり」ができることがある
  • 刺された部分から「ウイルス」や「寄生虫」に感染している可能性もある

 

 

 

以上の4つが「屋内で見られるダニ」です。

 

これらに当てはまるようであれば、まずは「ダニ退治」をしっかりとして下さい。

 

人気の関連ページ!

 

 

また、ここからは

 

  • 屋外で見られるダニ
  • 他に考えられる害虫

 

の「刺し跡」について説明していきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

マダニ

画像引用:島根県

 

マダニは「ダニの仲間」ではありますが、「家屋のダニ類」とは違い草木の中に生息している「屋外のダニ」です。

 

屋外で暮らし屋内には住み着かないため、屋内で刺された場合は違う種類によるものと言えます。

 

ちなみに3〜10mmほどの大型であり、「屋内のダニ」とは違い目に見えるため、パッと見の違いは一目瞭然。

 

動物の血を吸って生きているため、動物が触れやすい「草の先端」に待ち伏せし、犬や猫に寄生するチャンスを狙って過ごしています。

 

裏山や野山、草刈りなどをしていると刺されることがあります。

 

 

刺された場合の特徴
  • 手足、首などの露出している部分
  • 吸血中は皮膚に食い込んでとどまっているが、刺激は少ないため吸血に気付かないこともある
  • 刺さった状態でいることが多く、1週間以上吸血する可能性もある
  • 一つの腫れに対し刺し傷は一つ

 

 

症状
  • かまれた部分に痒みと痛みがあり、場合によっては高熱がでる
  • 吸血がきっかけで「マダニが媒介する感染症」を引き起こすことがある

 

 

 

 

ノミ

画像引用:日本皮膚科学会

 

ノミは体長2〜3mmほどありますので、目に見えます。

 

※屋内で見られるダニは1mm以下

 

基本的には外にいる害虫ですが、犬や猫の身体に寄生して吸血するため、散歩時に付着すると家の中に持ち込むことになります。

 

犬や猫の毛を掻き分けると身体に付着してるのがよく見えますので、疑わしい場合は確認してみましょう。

 

 

刺された場合の特徴
  • 外で刺された場合は、すね〜足首付近が刺されやすい
  • 吸血後1〜2日後にブツブツと発疹が出て気づくことが多い
  • ダニとは違い明るい時間も行動していることから、日中帯に刺されることもある

 

 

症状
  • かゆみが強烈である
  • ダニと同様に1週間以上かゆみが続く

 

 

 

 

ツツガムシ

 

「ツツガムシ」という名前ですが、一応ダニの一種です。

 

刺すのは幼虫の個体であり、主に「ネズミ類」に寄生していますが、これらが媒介して人間をも吸血します。

 

なお、0.1〜3%の個体は「ツツガムシ病リケッチア」を保菌しており、これに吸着されるとツツガムシ病に感染します。

 

幼虫は「ネズミの耳」に棲みついていることが多いため、ネズミを駆除しなければ根本解決には繋がりません。

 

種類によっては、「川沿いの河原」や「草原」などに生息しているものもいます。

 

 

刺された場合の特徴
  • 太もも・腹部周辺・陰部・肘関節の内側・足首など、「皮膚のやわらかい部分」が刺されやすい
  • 刺し口がハッキリと分かる
  • 一つの腫れに対し刺し傷は一つ

 

 

症状
  • 痛みやかゆみはほとんど出ない(鏡を見て気付くことが多い)
  • 自覚症状はないが、ツツガムシは皮膚に長い時間留まり体液を吸い続ける

 

 

ツツガムシ病に感染したら…

▼皮膚の発疹▼

引用:新潟県

 

  • 10〜14日の潜伏期間のあと、高熱や頭痛、筋肉痛、皮膚の発疹が引き起こされる
  • このうち「高熱・刺し跡・発疹」の3つは、90%以上の患者にみられる

 

 

 

 

トコジラミ(南京虫)

 

トコジラミは「南京虫(ナンキンムシ)」とも呼ばれている吸血昆虫です。

 

「古いベッドや家具」などに潜んでいる場合が多いため、海外では「Bed bug(ベッドバグ)」とも呼ばれています。

 

アンティーク家具を購入した後に症状が出ることもありますので、「古い家具類」を持ち込む時は充分に害虫対策を行いましょう。

 

 

刺された場合の特徴
  • 肌の露出の有無に関わらず、夜間に広範囲にわたって刺し傷ができる

    ⇒トコジラミは肌の上を歩きながら刺すため、背中一帯や手足など幅広く刺されやすい

  • 一つの腫れに対し刺し傷は二つ

 

 

症状
  • 初めて刺された場合は、かゆみや痛みなどの症状が出ないため分かりにくい
  • 二回目以降の症状は、強いかゆみとともに赤く腫れあがる
  • 個人差がありますが、かゆみが強く出る人の場合は、寝ている間に掻きむしり朝起きると出血している場合もある

 

 

 

 

ブヨ

▲刺されて数日後の画像▲

 

ブヨは3〜9月の暖かい時期に特に多く、「渓流の近く」「山奥」に多く見られます。

 

そのため「キャンプ場になりやすい場所」には特に多く見られます。

 

 

刺された場合の特徴
  • 目で見て出血点が分かる
  • 一つの腫れに対し刺し傷は一つ

 

 

症状
  • 半日ほどで大きく腫れ上がってくる
  • 個人差はあるが、徐々に痛みが強くなる
  • 強烈なカユミが出る人もいれば、それほど感じない人もいる

 

人気の関連ページ!
>>ブヨに効果的な対策5つと、刺された場合の症状・薬・治療を解説します!

 

 

 

 

画像引用:日本皮膚科学会

 

蚊には多くの人が夏場は日常的に刺されるので、おおよそ判断が付くと思います。

 

おおよそ8mm〜1.3mmほどに腫れ上がり、かゆみを伴いますが、2日もすればカユミは治まります。

 

ただし個人差もあり、2週間経ってもカユミが治まらない人もいます。

 

これは「蚊によるアレルギー」であり、全身のじんましんや、発熱までも引き起こされることもあります。

 

スポンサーリンク

 

 

ダニ刺されの市販薬の選び方と、病院の処方薬!

市販薬や処方薬のお話の前に、簡単に「ステロイド剤」について説明しておきましょう。

 

「ダニ刺されの薬」は塗り薬ですが、病院で処方される薬は「ステロイド剤」です。

 

※別途「飲み薬」が処方されることもあります

 

塗り薬は主に「チューブ軟膏」で処方されますが、市販品では「液状」や「ゲル状」のものなどもあり、どちらも塗りやすく皮膚に留まりやすい形状となっています。

 

 

ステロイド剤には「5段階のランク」がある

ステロイド剤には「5段階のランク」があり、市販薬は一番弱い「1ランク」から中間の「3ランク」までのものしか配合されません。

 

このランクで効果がない場合は「市販薬が適切ではない」と考え、病院で薬を処方してもらいましょう。

 

ただし、ステロイド剤は

 

「ランクが低いものが悪い」
「ランクが高ければ良い」

 

というわけではありません。

 

薬を塗る部位によっては「ステロイドの吸収率が高まる」ため、処方薬であってもランクの低いものを処方される場合があります。

 

たとえば「陰部」や「顔」「脇の下」など、皮膚の薄い部分にはランクの低い塗り薬を使用します。

 

 

 

市販薬の選び方は?

たくさんの虫さされ薬が販売されていますが、腫れて「赤みが強くなっている場合」は、かゆみ止めだけでなく「ステロイド外用薬」を使用して腫れを抑えましょう。

 

また寝ている時などは、かゆみのために掻きむしって肌を傷めてしまうこともあります。

 

こうなると跡が長引く可能性があるため、なるべく掻いてはいけません。

 

こうした傷を作らないためにも「即効性」のあるものが良いでしょう。

 

 

ムヒS

ムヒSは、ステロイドが入っていない、単なる「かゆみ止め」です。

 

ただし膿が出てる場合や、大きく腫れてる場合、掻いて傷が付いている場合は、ドラッグストアの薬剤師さんに相談しましょう。

 

 

 

ムヒアルファEX

こちらはステロイドが配合されているため、かゆみの抑制以外にも、皮膚の炎症を抑える効果があります。

 

かぶれが起きている、大きく腫れあがっているという場合には、こちらを使用しましょう。

 

ただし顔や陰部などの皮膚の薄い所には強すぎる可能性がありますので、どちらにしろドラッグストアの薬剤師さんに相談してみましょう。

 

 

 

 

病院で処方される薬は?

処方薬は医師の判断で出されるため、自分で選ぶ市販薬よりも確実で、症状のある部位に適切に使用できます。

 

ダニに刺された時に処方される軟膏は、「ランク3」のものが一般的です。

 

アレルギー症状など、他の症状が併発している場合はランクの高いものへ変更される場合もあります。

 

代表的な処方薬
  • リンデロンVG
  • ベトネベートクリーム
  • フルコートクリーム

 

スポンサーリンク

 

 

ダニ刺されが治らないのはなぜ?

ダニに刺されたあと「なかなかカユミや跡が治らない!」という方もいると思います。

 

この場合、以下の2つが考えられます。

 

 

結節性痒疹(けっせつせいようしん)

何らかの虫に刺されたあと、その部位を掻き続けることで、1cmほどのシコリが継続してしまう状態です。

 

腕や膝下に出来やすく、我慢できないカユミが継続します。

 

治療としては「掻かないこと」ですが、自らの力では難しいため、病院で薬を処方してもらう必要があります。

 

 

 

 

伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)

伝染性膿痂疹とは、いわゆる「とびひ」のことです。

 

虫刺されに関わらず、あせもなどを掻いたときに、その掻いた手を介して

 

  • 水ぶくれ
  • びらん

 

の症状が全身に広がることがあります。

 

抗生剤内服やアレルギー薬、塗り薬などで治療します。

 

画像引用:日本皮膚科学会

 

スポンサーリンク

 

 

ダニに刺されたのに痒くない?

「ダニに刺されたようだけど、あまり痒くない」という方がいらっしゃいますが、これは体質による差もありますので、あり得ることです。

 

また、「トコジラミ」や「ツツガムシ」に刺された場合は気づかないケースもあるくらいです。

 

気になるようであれば、皮膚科を受診しましょう。

 

また、家の中で急に症状が現れたのであれば、いずれにしろ家に何らかの害虫が潜んでいる可能性がありますので、しっかり駆除しましょう。

 

人気の関連ページ!
>>ダニ退治で本当に効果的な9つの駆除法と、実は効果が薄い9つの対策!

 

 

 

 

まとめ!

「ダニ刺されの症状・跡」と「他の害虫による刺され跡」について紹介しました。

 

もしも…

 

  • 夜間に噛まれた!
  • 布団の中で噛まれた!
  • 夏場に噛まれた!
  • 強烈に痒い!
  • 何ヶ所か跡がある!

 

という場合は、ダニに刺された可能性が高いでしょう。

 

いくら薬を塗ってもダニを退治しなければ本末転倒ですので、まずはしっかりとダニ退治を行いましょう。

 


 

人気の関連ページ!

 

関連ページ

ゴキブリ対策まとめ!30年の経験でわかった【二度と見ない最強駆除】
2018年最新版. 約30年ゴキブリの対策・駆除をしてきた私が、ハーブやアロマ、スプレーなどのグッズからオススメや駆除の流れを実体験に基づき解説!
【ゴキブリ退治】7つの瞬殺方法!熱湯など「身近な物」での殺し方まとめ
【G画像なし】山奥に住んでいた私が、ゴキブリをアッと言う間に瞬殺できる「7つの対処法」を紹介!お湯や洗剤は本当に効果あるのか?説明します。
ゴキブリはどこから来る?7つの侵入経路・原因と、鉄壁の予防対策法!
ゴキブリはどこから入ってくるのか?侵入経路や寄せ付けないための「侵入防止対策」をどこよりも分かりやすく解説!ホウ酸団子や忌避剤は意味があるのか?ゴキブリを寄せ付けない鉄壁の予防対策もご紹介!
ゴキブリの卵が孵化する9つの場所と時期!女子でも出来る駆除法5選!
【2018年更新版】ゴキブリの卵はどこに産み付けられ、どこで孵化するのか?また、何匹生まれるのか?孵化の時期はいつ頃か?卵を見つけた時の処理方法を分かりやすくまとめてみました。
ゴキブリの赤ちゃん(幼虫)が出る7つの原因と、効果抜群な駆除法8選!
ゴキブリの赤ちゃん(子ども)の特徴や大きさ、「飛ぶのか?」などを解説。どこから出るのか?「1匹いると30匹いる」の真実も分かりやすく説明。
ゴキブリが巣を作る11の場所!どんな形?【駆除と全滅までの流れ!】
ゴキブリの巣はどこで作られる?ゴキブリと巣を退治する方法と、全滅させるまでの流れを解説します。
ゴキブリにアロマ(ハーブ・ミント)やファブリーズ、重曹は効くか?【試してみた】
【ゴキブリ画像なし】ゴキブリにはアロマ(ハーブやラベンダー、ミント)、ファブリーズ、重曹などが効くと聞きます。では実際に効いたのか?試してみました。(ゴキブリの画像はありませんのでご安心下さい。)
驚愕!ゴキブリへの「アルコール」が効果絶大だったので報告する!
ゴキブリにアルコールスプレーは効果があるのか?なぜ嫌がるのか?実際に試した結果をモザイク画像と共に報告します!
ゴキブリに洗剤使ったらヤバすぎた!たった1つのコツで「即死」できる!
ゴキブリに洗剤を使ってみた結果、効きやすい洗剤・効きにくい洗剤があった!「死なない」「逃げられた」という方、やり方間違ってません?
ゴキブリを寄せ付けない究極アイテム発見!ハッカや超音波よりスゴイ!
【2018年更新版】ゴキブリを寄せ付けない方法を色々試してみた!ハッカ油や超音波、電磁波、ナツメ・ラベンダーなどのハーブなどなど。その中で「これは効く!」と思えた効果抜群のアイテムが見つかったので紹介する!
ゴキブリの生態まとめ!種類・寿命・冬の生活・共食い!噛むの?菌は?
【どこよりも分かりやすく説明!】ゴキブリの生態について、、種類や寿命、冬はどこに潜んでいるのか?夜行性なのか?を説明!人間を噛むの?ウイルス・細菌感染の危険性の有無は?
ゴキブリの生命力・繁殖力がヤバすぎる!「1匹いたら100匹いる」の真実
ゴキブリは生命力と繁殖スピードが異常に高いため、繁殖させないための対策が必要です。「1匹いたら100匹いる」は本当か?
ゴキブリが飛ぶ5つの条件!考え得る「飛ぶ理由」3つと対策まとめ
ゴキブリは飛びます!しかも頻繁に人に向かって飛んできます… なぜ飛ぶのか?飛ばない種類もあるのか?説明します。
ゴキブリのふんの掃除法と注意点5つ!固さ・量にも注目しよう【画像】
ゴキブリのふんを見つけたらどうすべき?床や壁に付いた場合の処理対策や、潰すとどうなるか?ニオイなどについても説明します。
ゴキブリの「餌・好物」と「嫌いなもの」を知ると徹底的に排除できる
ゴキブリが好きな食べ物、嫌いな食べ物・ニオイをまとめました。餌となるものを排除できると、毒餌の効果も強まるので必ず把握しておきましょう。
ゴキブリを見失った!逃げられた!「寝れない夜」を避ける11の対策!
ゴキブリに逃げられた!どこかに消え た!という場合に考えられる「逃げ込みやすい13の場所」と、眠れない場合の11の対策を紹介。
逆効果?ブラックキャップの効果を6ヶ月ガチ検証したらヤバすぎた!
ゴキブリ対策として最強説のある「ブラックキャップ」の効き目を6ヶ月間ガチ検証しました。屋外でも効果はあるのか?置き場所はどこが良い?有効期間は?すべて解説します。
コンバットの効果5ヶ月検証!ブラックキャップとの強さ比較もしてみた
ゴキブリ駆除薬「コンバット」・「コンバットハンター」を使ってみた結果を公開!ブラックキャップとどちらがオススメか?説明します!
ゴキちゃんストップの効果を7ヶ月検証!置き方のコツ伝授!【口コミ】
ブラックキャップの効果がいまいちだったため、プロ仕様のゴキちゃんストップで検証。結果をレビューします。その他、置き場所・薬局で買えるのか?なども解説。
ゴキブリホイホイをおすすめしない5つの理由!効果検証がヤバすぎた…
ごきぶりホイホイを試行錯誤で長年使ってきた結果から、オススメできない理由を挙げてみます。逆効果か?設置場所は関係あるか?など。
ゴキジェットプロの「効果検証」で判明!オススメできない5つの理由!
【ゴキ画像なし】ゴキジェットプロでは死なない?使って分かったメリット・デメリット、黒(まちうけタイプ)はどうか?実体験から個人的な感想を説明します!
バルサン7種類を使った効果比較がヤバイ…!使い方・放置時間を語る
【2018年】バルサン7種類使用したため、効き目の比較とオススメを紹介。また使用方法や放置時間、効果期間、注意点、掃除のやり方も解説。
バルサンの値段(価格)を7タイプ全サイズで調査!コスパ比較 <2018年>
【2018年版】バルサンやバルサンプロEXなど、全タイプ・サイズのコスパを比較!アースレッドや虫コロリとの比較も!
バルサンを「布団のダニ対策」で使った結果が衝撃的すぎた!【悲報】
バルサンを焚くときに布団にかかって良いの?私はあえてかけてダニ対策を行った経験がありますが、結果がヤバかったのでお伝えしたい。
「ゴキブリを食べると死亡する」の真実!味と害、8つの食べ方まとめ!
ゲテモノ好きが食べる「ゴキブリ」。食べると死ぬという噂は本当か?食用ゴキブリの味や、食べることでの害、調理方法を解説!
【動画まとめ】マンホールから大量のゴキブリが湧く!なぜマンホールに?
京橋駅でマンホールから大量発生したゴキブリ。なぜマンホールにいたのか?どこにでもいるのか?動画とともに解説します。
ダニ退治で本当に効果的な9つの駆除法と、実は効果が薄い9つの対策!
【2018年最新版】ダニ退治で本当に効く駆除方法と、実はあまり効果のない方法を紹介!アイロンやドライヤー、ファブリーズ、アルコールは効くのか?などなど。
【ダニは7種類】大きさ・特徴の違い!赤い虫や、目に見えるのもダニか?
ダニの種類を詳しく解説!大きさや刺され跡、出現する時期の違いなど特徴を説明。肉眼で見えるものや赤い小さな虫についても触れています。
ムカデの生態(種類・つがい・幼虫・卵・天敵・餌)辞典【完全版】
ムカデについてどこよりも分かりやすく解説!種類は多いの?つがい行動するって本当?幼虫はどんなの?噛むことや毒はある?卵はどんなのでどんな場所にうむの?【ムカデがわかる辞典】
ムカデ対策・駆除の方法9選!熱湯やハッカ油で退治?噛まれた時の対処・薬
ムカデの対処方法を9種紹介!ハッカ油や熱湯、バルサン、殺虫剤・・・ 何が効くの?ムカデを寄せ付けない予防法や、噛まれたらどうするのか?を分かりやすく説明しています!
ゲジゲジの対策・駆除7選!益虫なの?噛むの?幼虫と毒性【画像】
ゲジゲジ虫の対策と駆除を分かりやすく解説。幼虫や卵、どこから沸いてくるのか?毒性や噛むこともあるのか?益虫なのか?についても分かりやすく説明。
ゲジゲジの種類は2種類!『ゲジゲジみたいな虫』はムカデorヤスデかも!
ゲジゲジ虫の種類の紹介のほか、「ゲジゲジと似てる虫」として勘違いされやすい「ヤスデ」や「ムカデ」の特徴や違いを、画像とともに説明しています。
ヤスデをササッと駆除・対策する8の方法と、「大量発生」する4つの原因!
気持ち悪いヤスデを駆除・退治する8つの方法や、家の中に侵入させないための予防法、なぜヤスデは大量発生するのか?その理由を分かりやすくまとめました。
ヤスデの臭い対策3ポイントと毒性の有無!噛む?刺す?【害虫or益虫?】
ヤスデと言えば「くさい臭い」。この臭いに毒性はあるか?臭い液が付いてしまった場合どうすべきか?噛まれたり刺したりするのか?人間にとって害虫か益虫か?まとめました。
ヤスデの種類は200以上!最大30cm!天敵・幼虫・卵など生態まとめ!【画像】
ヤスデの種類や、世界最大級のヤスデを写真付きでご紹介!また天敵や、卵から孵化・赤ちゃん・子供までのライフサイクル、増える時期などの生態についてもご紹介。
チャドクガ(幼虫・成虫)の発生時期と、安全な駆除・予防対策9選!
チャドクガの成虫と幼虫の生態(大きさや毒など)と、発やすい時期、駆除と予防対策について画像付きで紹介。天敵や木酢液を使った予防方法についても解説。
チャドクガに刺されたら?症状と、すぐ出来る対処法・薬・治療【まとめ】
チャドクガに刺されたらどんな症状が出るの?皮膚炎(かぶれ・湿疹)を画像で紹介。また、とっさに出来る応急処置7ステップを分かりやすくまとめています。
ブヨに効果的な対策5つと、刺された場合の症状・薬・治療を解説します!
ブヨに刺されたら腫れや水ぶくれ、かゆみが出ます。ここでは対処方法やオススメの市販薬、虫除け方法を詳しく解説します。
シバンムシの駆除法6つと予防法7選!幼虫・卵どこから沸くの?
シバンムシの駆除方法6つと予防方法7つを分かりやすく。またシバンムシは何が原因でどこから沸いて来る?卵や幼虫はどう退治する?繁殖の時期・畳への害などを含めて説明しています。
カツオブシムシ(幼虫・成虫・卵)のカンタン駆除対策12選!どこから湧く?
虫食いの原因である「ヒメカツオブシムシ」と「ヒメマルカツオブシムシ」の駆除方法と予防対策を12紹介!幼虫や卵がどんなものか?どこから侵入してくるのか?解説します。
ユスリカの3つの対策・駆除、発生時期、幼虫・成虫の寿命や生態!
【2018年更新版】ユスリカやフユユスリカの対策や駆除方法、発生時期、幼虫・成虫の寿命や生態を分かりやすく解説。その他、蚊取り線香や電撃殺虫機なども紹介します。
ガガンボ(カトンボ)という「でかい蚊」の幼虫や種類、駆除・刺された時の対処
【まとめ】大きい蚊のような虫「ガガンボ」。このガガンボの生態や種類、人を刺すのか?を説明。またオススメの6つの駆除・対策方法もあわせて説明しています!
チャタテムシの徹底カンタン駆除対策9選!幼虫・卵もまとめて撃破!【画像】
チャタテムシをカンタンに駆除する4つの方法と、寄せ付けないための5つの予防対策法をお教えします!また「幼虫・卵」の段階ではどのように駆除すべきか、あわせて解説します。
カマドウマ(便所コオロギ)の駆除対策10選!幼虫や卵、どこから来る?【画像】
トイレに出るコオロギのような虫「カマドウマ」。駆除方法や侵入予防対策、どこから入るのか?幼虫や卵のライフサイクルについて分かりやすく説明します。
カメムシの種類や天敵、寿命、噛むか?飛ぶか?など【生態まとめ】
「屁こき虫」「へっぴり虫」とも呼ばれるカメムシ。カメムシの種類(仲間)や天敵、寿命、冬眠するのか?など生態を分かりやすくまとめました。
カメムシの臭いの消し方7つと成分!自然に消える?ファブリーズは有効?
カメムシの臭い消しに有効な7つの方法と、臭い成分について。例えるとどんな臭いがするか?自然と消えるか?なども解説。
カメムシが大量発生する3つの時期・原因と対策6選!【大雪との関係】
カメムシが大発生する季節や原因、その対策を解説。また大雪や台風などの天災、花粉との関連についても解説。
コガネムシとカナブンの5つの違い!【種類・エサ・見た目・生態まとめ】
カナブンとコガネムシは似ていますが、実は異なる点がたくさん。ここでは見分け方や色の違い、食性、飛び方などを比較しています。
コガネムシ(幼虫・成虫)の5つの駆除・対策!寄り付く原因を解消するには
コガネムシは幼虫・成虫ともに「害虫」です。ここではトラップを含め退治方法や発生する時期・原因についてまとめています。
アブラムシの駆除・対策14選!牛乳や木酢液は効く?【パッと退治する裏技】
厄介なアブラムシを退治する方法、寄せ付けない予防方法をそれぞれ説明します!無農薬で撃退・予防できる方法もありますので、色々組み合わせて試してみましょう!
アブラムシが黒い?5つの種類と生態の違い!卵・成虫・繁殖【完全版】
アブラムシの種類や生態の違い、卵や幼虫について分かりやすく説明しています。また「繁殖力が強い」秘密や、駆除方法についても説明しています。
ダンゴムシの餌・飼い方・生態と駆除方法
ダンゴムシの飼育やエサ、生態(寿命・オスメスの違い・赤ちゃん・幼虫・種類など)を分かりやすく説明!また、害虫ともなるダンゴムシの駆除方法についても説明しています。
フナムシとゴキブリの5つの違い!食べるとどんな味…?【生態まとめ】
フナムシとゴキブリの違いを分かりやすく!また、フナムシの料理方法と味、食べた感想をまとめています。その他、噛むのか?害虫なのか?などの生態についても。
トノサマバッタの生態(餌・飼い方・卵・寿命・共食い)【完全版】
トノサマバッタについて、餌や飼い方、産卵のさせ方や卵の保管方法、孵化のさせ方、寿命、共食いの有無を分かりやすく説明しています。トノサマバッタを 飼いたい方は必見!
タガメの生息地と飼育方法!卵を壊す理由や天敵、捕食方法を学ぼう!
タガメの生息地や販売されている値段相場、飼育方法、捕まえ方を分かりやすく説明!またタガメが卵を自ら壊してしてしまう理由や、天敵、捕食の仕方、飛ぶのか?についても説明!
ゲンゴロウの種類は4000?幼虫、飼育と餌、タガメとの違い【まとめ】
ゲンゴロウの種類と生息地、絶滅危惧種なのか?といった内容と、飼育方法(餌や飼育道具)、タガメとの違いを分かりやすくまとめています。【画像あり】
カミキリムシの正しい飼い方と、種類・エサ・幼虫!【画像】
カミキリムシって買える(飼育できる)?!成虫や幼虫の生態って?種類やエサは?カミキリムシについて、わかりやすくまとめてみました。
クマンバチの巣や毒針を解説!刺されたら?駆除やオスメスの生態
クマンバチの生態を分かりやすく説明!毒はあるの?刺された場合の処置はどうする?駆除の方法は?オスメスの見分け方は?分かりやすく解説しています。
カタツムリがグングン育つ飼い方!【餌・寿命・種類・卵なども解説】
カタツムリがスクスクと育つよう正しい飼育方法を説明します!飼育に必要なケースやエサ、飼育時の注意点、産卵や孵化のこと、そして赤ちゃんの育て方まで説明しています。
カタツムリの寄生虫「ロイコクロリディウム」は人間にも寄生?【死亡例も…】
カタツムリに寄生する虫「ロイコクロリディウム」とは?この虫の特徴や生息地域、どうやって人間に寄生するのか?寄生したらどうなるのか?どこよりも分かりやすく説明しています。
サナダムシのダイエットは最悪「死」!寄生症状が怖い…【卵と画像】
サナダムシダイエットって本当に効果あるの?そもそもサナダムシって何・・・?寄生させることでの症状や、寄生される原因、なぜ痩せると言われているのか?解説します。