バリ島までの飛行時間・時差に注意せよ!直行便と経由便の違いまとめ

バリ島までの飛行時間・時差に注意せよ!直行便と経由便の違いまとめ!

こんにちは。
年に5回は必ず「海外旅行」に行くアキラです。

 

バリ島は旅費も安く、フライト時間も短い、まさに「日本から手軽に行きやすいリゾート」と言えるでしょう。

 

ただしフライト時間は「直行便」「経由便」で変わりますし、時差にも注意が必要です。

 

このページでは、

 

  • 直行便・経由便でのフライト時間
  • 時差がどれくらいあるのか?
  • 時差ボケの解消の仕方

 

などを説明しておりますので、ぜひバリ島旅行の参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

 

目次
  • 日本とバリ島の時差と、注意すべき点!
  • 日本からバリ島へ『直行便』を使った場合のフライト時間
  • 日本からバリ島へ『経由便』を使った場合のフライト時間
  • バリ島から「ジャカルタ」「シンガポール」へのフライト時間!
  • LCCは使うべきか?メリットとデメリット!
  • 時差ボケを解消する6つの方法!

 

バリに関連するページ!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

日本とバリ島の時差は?注意すべき点は?

日本からバリ島へ実際に行ってみると、想像以上に「近い」ことに気づくことができます。

 

日本とバリ島では、日本のほうが1時間早いため、時差はマイナス1時間です。

 

例)

  • 日本時間:15時20分
  • バリ島時間:14時20分

 

 

つまり大きな「時差ぼけ」などには繋がりにくいのですが、このあと説明する

 

  • 直行便を使う
  • 経由便を使う

 

という選択肢によっては、時差ボケは小さくとも、かなり身体が疲れます。

 

※「時差ボケの解消方法」は、このページの最後に説明しています。

 

ではこれから、関東・関西から出発する際に、それぞれどれくらいの時間が掛かるのか、説明していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

日本からバリ島へ『直行便』を使った場合のフライト時間

ここからは、

 

  • 成田空港⇒バリ島(デンパサール国際空港)
  • 関西空港⇒バリ島(デンパサール国際空港)

 

の2つの経路でそれぞれ説明します。

 

 

 

成田空港⇒バリ島(デンパサール国際空港)の直行便

ガルーダ・インドネシア航空を使って、成田国際空港からバリ島のデンパサール国際空港へ向かった場合、約7時間30分のフライト時間になります。

 

以下は成田空港から直行便を使った際の例です。

フライト時間

約7時間30分

出発時間例

11:00

到着時間

17:30(現地時間)

※現地時間は、時差により-1時間となっています

 

 

 

 

関西空港⇒バリ島(デンパサール国際空港)の直行便

ガルーダ・インドネシア航空を使って、関西国際空港からバリ島のデンパサール国際空港へ向かった場合、約7時間のフライト時間になります。

 

以下は関西国際空港から直行便を使った際の例です。

 

フライト時間

約7時間

出発時間例

10:50

到着時間

16:30(現地時間)

※現地時間は、時差により-1時間となっています

 

 

 

 

「直行便」は2社が運行している!

日本からバリ島への直行便は、

 

  1. ガルーダ・インドネシア航空
  2. エアアジア

 

で利用することができます。

 

JALやANAでバリ島へ向かう場合は直行便はなく、ジャカルタで乗り換えをする必要があります。

 

 

ガルーダ・インドネシア航空

ガルーダ・インドネシア航空は、インドネシア共和国の国営航空会社です。

 

成田国際空港と関西国際空港からバリ島へ、毎日1便の直行便が運航しています

 

フライトスケジュールには、「夏季スケジュール」と「冬季スケジュール」があります。

 

フライトスケジュールは随時変更する可能性がありますから、事前に確認しておく必要があるでしょう。

 

 

 

エアアジア

2017年に、ローコストキャリア(LCC)である「エアアジアグループ」のエアアジアXが、成田国際空港からバリ島(デンパサール国際空港)への直行便を就航しました。

 

エアアジアXの「成田発バリ島着」の直行便は、毎日1便が運航しています。

 

2018年9月時点での出発時間は下記の通りです。

 

  • 出発時間⇒08:25
  • 到着時間⇒14:25(現地時間)

 

 

 

直通便は、この通り限られた空港から、限られた航空会社のみ運航しています。

 

後ほど説明しますが、直行便を使える環境にあるのであれば、基本的には直行便をオススメします

 

では続いて、
日本から『経由便』を使った場合のフライト時間について説明します。

 

スポンサーリンク

 

 

日本からバリ島へ『経由便』を使った場合のフライト時間

経由便のパターンも、

 

  • 成田国際空港
  • 関西国際空港

 

からそれぞれ出航した場合の例を挙げていきましょう。

 

 

 

成田空港⇒バリ島(デンパサール国際空港)の経由便

成田国際空港からバリ島への経由便の数は、たくさんあります。

 

フライト時間はもちろん、

 

  • どこでトランジットするのか?
  • トランジット時間はどれくらいあるのか?
  • トランジット時間に何ができるのか?

 

を検討して、利用する航空会社を選ぶと良いでしょう。

 

※トランジットとは、給油その他のために一時「他国の空港」に立ち寄ること

 

 

フィリピン航空

フライト時間

(乗り継ぎ時間含む)

12時間15分

乗り換え空港

マニラ(ニノイ・アキノ国際空港)

乗り継ぎ時間

3時間25分

出発時間例

13:25

到着時間

00:40(出発日から+1日)

※現地時間は、時差により-1時間となっています

 

 

 

中国当方航空

フライト時間

(乗り継ぎ時間含む)

11時間40分

乗り換え空港

上海(プードン国際空港)

乗り継ぎ時間

2時間10分

出発時間例

13:50

到着時間

00:30(出発日から+1日)

※現地時間は、時差により-1時間となっています

 

 

 

スクート(Scoot)

フライト時間

(乗り継ぎ時間含む)

14時間10分

乗り換え空港

シンガポール(チャンギ国際空港)

乗り継ぎ時間

2時間20分

出発時間例

20:40

到着時間

09:50(出発日から+1日)

※現地時間は、時差により-1時間となっています

 

 

 

香港航空

フライト時間

(乗り継ぎ時間含む)

13時間30分

乗り換え空港

香港(香港国際空港)

乗り継ぎ時間

3時間20分

出発時間例

12:00

到着時間

00:30(出発日から+1日)

※現地時間は、時差により-1時間となっています

 

スポンサーリンク

 

 

関西空港⇒バリ島(デンパサール国際空港)の経由便

続いては「関西国際空港」から「バリ島」への経由便についてです。

 

こちらもいろいろな航空会社が運航しています。

 

なお、『乗り継ぎ時間が短いほうが、早くバリ島に到着できる』と考えてしまうかもしれません。

 

しかし、あまりにも乗り継ぎ時間が短いと

 

  • 飛行機の到着が遅れてしまった場合
  • 乗り継ぎの手続きに時間がかかってしまった場合
  • 乗り継ぎするターミナルが遠い場合

 

に、乗り遅れてしまう可能性があります。

 

そのため、出来るだけ乗り継ぎ時間に余裕をみて、利用する航空会社を選ぶことをオススメします。

 

 

エアアジアX

フライト時間

(乗り継ぎ時間含む)

15時間

乗り換え空港

マレーシア(クアラルンプール国際空港)

乗り継ぎ時間

5時間10分

出発時間例

22:00

到着時間

12:00(出発日から+1日)

※現地時間は、時差により-1時間となっています

 

 

 

香港航空

フライト時間

(乗り継ぎ時間含む)

11時間20分

乗り換え空港

香港(香港国際空港)

乗り継ぎ時間

2時間10分

出発時間例

07:00

到着時間

17:20

※現地時間は、時差により-1時間となっています

 

 

 

フィリピン航空

フライト時間

(乗り継ぎ時間含む)

15時間45分

乗り換え空港

マニラ(ニノイ・アキノ国際空港)

乗り継ぎ時間

8時間

出発時間例

09:55

到着時間

00:40(出発日から+1日)

※現地時間は、時差により-1時間となっています

 

 

 

ジェットスター航空

フライト時間

(乗り継ぎ時間含む)

15時間20分

乗り換え空港@

台北(台湾桃園国際空港)

乗り継ぎ時間@

0時間55分

乗り換え空港A

シンガポール(チャンギ国際空港)

乗り継ぎ時間A

3時間50分

出発時間例

17:20

到着時間

07:40(出発日から+1日)

※現地時間は、時差により-1時間となっています

 

スポンサーリンク

 

 

補足:バリ島から「ジャカルタ」「シンガポール」へのフライト!

バリ島からインドネシアの首都「ジャカルタ」へ行く方や、バリ島から近い国「シンガポール」へ行かれる方も多いと思いますので、補足として記載しておきます。

 

 

バリ島⇒ジャカルタ(スカルノ・ハッタ国際空港)へのフライト時間と時差

バリ島からジャカルタへは飛行機で約2時間弱ですが、同じ国内の移動になるとはいえ時差があります。

 

バリ島とジャカルタではバリ島のほうが1時間早く、時差は−1時間です。

 

エアアジアXを利用した場合

フライト時間

1時間50分

時差

1時間

出発時間例

23:40

到着時間

00:30(出発日から日を跨ぐ)

※現地時間は、時差により-1時間となっています

 

 

 

バリ島⇒シンガポール(チャンギ国際空港)へのフライト時間と時差

バリ島からシンガポールへはおよそ2時間半以上かかるものの、時差はありません

 

インドネシア・エアアジアを利用した場合

フライト時間

2時間40分

出発時間例

07:00

到着時間

09:40

 

スポンサーリンク

 

 

LCCは使うべきか?メリットとデメリット!

LCCを利用すれば、安くバリ島に行ける可能性があります。

 

ただし、メリットもあればデメリットもあるため、よく検討してから利用するようにしましょう。

 

 

LCCを使うメリットは?

LCCを使う最大のメリットは、費用を抑えてバリ島に行くことができる点にあります。

 

「とにかく安い費用でバリ島に行きたい」と考えている人であれば、利用してみる価値は十分にあるでしょう。

 

 

LCCを使うデメリットは?

LCCを使うデメリットは、シートが狭く、食事などのサービスはオプション選択して自分で付けなければいけない点にあります。

 

ドリンクや毛布の貸し出しもオプションになり、機内でサービスを利用した場合にはその場で支払いをする必要があります。

 

無駄を省いた空の旅が嫌でなければ構わないでしょうが、「快適な空の旅」を楽しみたい方にとっては、物足りなさを感じてしまうでしょう。

 

また経由便の場合には、乗り継ぎ時間が短すぎたり長すぎたりする場合があります。

 

乗り継ぎ時間が短すぎると間に合わずに乗り遅れたり、長すぎると空港で1泊する必要があったりします。

 

 

 

LCCの直行便と経由便を使ってみた感想

私は過去に、エアアジアの「直行便」「経由便」の2つを使っていますので、率直な感想です。

 

直行便について

エアアジアXの「成田発バリ島着」「バリ島発成田着」の直行便を利用したところ、思った以上に良く、利用する価値は十分にあると感じました

 

快適さはあまり感じられないものの、コスパは最高です。

 

基本はこれを使えば間違いないです。

 

 

経緯便について

一方、エアアジアの「関空発バリ島着」「バリ島発関空着」の経由便を利用してみたところ、費用は安く抑えられましたが、フライト時間の長さや乗り継ぎ時間で疲れてしまいました

 

乗り継ぎ場所のクアラルンプールで遊びたい方にとっては「お得」ですが、早くバリ島に到着したい方にとっては、心身ともに「疲れる」フライトになるといえます。

 

目的がバリ島であるなら、乗り継ぎ時間が長いと疲れますし、せっかくの休みが無駄に感じます。

 

基本的にはオススメしません。

 

スポンサーリンク

 

 

時差ボケを解消する6つの方法!

バリ島と日本の時差はたった1時間ですので、基本は「時差ボケ」は無いと思います。

 

しかし長旅に疲れると、中にはちょっとした時差ボケを感じる場合も。

 

そんな時は以下の方法を試してみましょう!

 

 

ウォーキングや散歩をする

適度な運動は、時差ボケを解消するのに役立ちます。

 

ウォーキングや散歩など、太陽の光を浴びながら体を動かすほうが生体リズムを整いやすくなりますから、室内でストレッチをするよりも時差ボケに効果的です。

 

また、運動により体内時計の光に対する反応を強化できるため、生体リズムを整えて時差ボケを治すことができるでしょう。

 

 

 

夜にしっかり睡眠を取る

時差ボケのつらい症状の一つに、不眠や仮眠などの睡眠障害があります。

 

時差ボケ中は、夜になっても眠くならないことがあるかもしれませんが、できる限りしっかり睡眠を取ることができるように努力しましょう。

 

眠れないからといって、ずっとスマホを触っていてはブルーライトの影響でますます眠れなくなってしまいます。

 

夜に十分な睡眠を取るようにするためにも、就寝1時間前までにはテレビを消したり、スマホを触るのをやめたりする必要があります。

 

 

 

太陽の光を浴びる

時差ボケは、現地時間と体内時計のズレによって発生します。

 

体内時計をうまく調節するためには、光を使って生体リズムを整える必要があります。

 

体内時計を現地の時間に合わせて時差ボケを解消するためにも、目的地に到着したら太陽の光をしっかり浴びるようにしましょう。

 

また、太陽の光を浴びることで、睡眠ホルモンである「メラトニン」の分泌が促され、夜の睡眠の質を高めることができます。

 

しかし中には、「飛行機に乗って疲れたからひと休みしたい!」という方もいらっしゃるはず。

 

そのような場合には、プールサイドに設置されているサンベッドにしばらく寝転んでみてはいかがでしょうか。

 

そうすれば、休息を兼ねつつ日光浴と時差ボケ解消が同時に行えるでしょう。

 

 

 

アルコールの力を利用する

時差ボケ解消のために、到着日の夜は十分な睡眠を取る必要があります。

 

ですが、時差ボケの影響でなかなか寝付けないということもあるでしょう。

 

「眠らなければいけない」と思えば思うほど、プレッシャーになってしまい、逆に目が冴えてしまうことだってあるかもしれません。

 

そんなときには、奥の手としてアルコールの力を少し借りてみてはいかがでしょうか。

 

飲みすぎは眠りの質を低下させるためおすすめしませんが、アルコールを適度に飲んで眠気を誘うのは時差ボケ解消に役立つ場合があります。

 

 

 

熱いシャワーを浴びる

到着後、太陽の光を浴びるためにも、現地でアクティブに過ごすのが時差ボケ解消に効果的です。

 

疲れたからといってベッドで休んでばかりいては、いつまでたっても時差ボケが治らないことも。

 

現地でアクティブに過ごすためにも、ホテルに到着したら少し熱めのシャワーを浴びてみましょう。

 

そうすることで交感神経が刺激され、活動的に過ごすのに役立ちます。

 

 

 

アロマオイルを活用する

時差ボケを解消するために、アロマオイルを活用してみましょう。

 

特に、ラベンダーのアロマオイルは心身ともにリラックスさせる効果があるほか、不眠にも効果があることで知られています。

 

わたしたちの体には、交感神経と副交感神経という自立神経が存在しており、これらの自立神経がバランスを取って働いているおかげで体内の環境が整えられます。

 

眠りに関係するのは、主に「副交感神経」。

 

眠れないときには交感神経が興奮しているため、副交感神経を優位にする必要があります。

 

ラベンダーのアロマオイルの香りはわたしたちの脳に働きかけ、副交感神経を優位にする効果があります。

 

使い方としては、バスタブに数滴アロマオイルを垂らすことができますし、ティッシュに数滴アロマオイルを垂らして、枕もとに置いておくこともできるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ!

バリ島へのフライト時間と時差、LCCのメリット・デメリットについてまとめてみました。

 

バリ島へは基本的には直行便を使うのがオススメですが、経由便を使わなければいけない場合は、「乗り継ぎ時間」をしっかり確認しておきましょう。

 

なお、バリ島もエリアによっては治安が悪いところもありますので、以下の注意点も参考にしてみて下さい。

 

>>【バリ島観光】実は治安が悪い?!旅行の際の25の注意点まとめ

 

 

また、「飲み物などは場所によっても値段が違う」などなど、物価についてもまとめていますので、旅行前には予め「ある程度の値段」を把握しておきましょう。

 

>>バリ島の物価がすでにヤバイ!観光時の費用や移住生活費を計算したら…

 

 

バリは乾季・雨季で遊び方も変わるため、観光場所にお悩みの方は、以下も参考にしてみて下さい!

 

 

 

その他にも、「バリ旅行に役立つ情報」をまとめています。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

パスポートの作り方3ステップ!最速の取り方を伝授【必要な物&書類】
【2018年更新版】パスポートの申請(取得)方法や受け取り方法、必要な物・必要書類、値段を分かりやすく解説!また、早く取得する方法や取得値段を抑える方法も説明!
パスポートの発行期間・日数と、最短1日で取れる2つの秘策!【即日発行】
【2018年更新版】パスポートの申請後、発行されるまで何日掛かる?主要都市の発行にかかる時間、最短で取る2つの方法、「書類集め」を時短する秘訣を紹介。
パスポートの「代理申請」は簡単!代理人に必要な物&注意点まとめ
【2018年更新】パスポートを代理申請する方法を分かりやすく説明!代理できる事と出来ない事、友人・知人でも代理人になれるのか?受取はできるのか?などを解説します。
海外旅行にオススメのクレジットカード5種を徹底解説!【比較まとめ】
【2018年更新版】海外旅行に絶対にいずれか1枚は持って行くべきカードを5枚厳選!保険の有無、学生にオススメのもの、自動付帯と利用付帯の違いも説明!
海外旅行で「必要なもの」「あると便利」を厳選まとめ<持ち物リスト80選>
【2018年更新版】海外旅行で絶対必要なものと、あると便利なものリストを公開!持ち物は旅行で要る物、出張で要る物が微妙に異なりますので、両方を解説!
オーストラリアは治安がヤバイ?観光時に注意すべき10のポイント!
【2018年最新版】オーストラリア観光の際に気をつけるべき10の注意点を、実体験をもとにまとめました。治安は良いのか?悪いのか?旅行時に参考にして下さい。
タイ観光は治安に要注意!ヤバイ場所と、旅行時の13の注意点まとめ
【2018年最新版】タイ旅行は安全か?これまでの事件や、バンコクやプーケットなど各エリアの治安状況、旅行の時に気をつける事などをまとめました。
タイ通貨は11種類!お得な両替方法と、日本円へ一瞬で計算する方法
【2018年最新版】タイ(バンコク・プーケット)などで使われる『タイバーツ』の単位と、通貨の種類、両替できる場所を紹介!また「日本円への計算」がアッという間にできる方法を解説。
タイのコンセントは3種!電圧&プラグ、変圧器が不要の電化製品まとめ
【2018年最新版】タイ(バンコク・プーケットなど)の電圧やコンセントプラグについて写真付きで紹介。変換プラグや変圧器は必要か?タイの家電屋は?近隣国の情報もあわせて解説!
タイ・バンコクの雨季はいつ?雨でも楽しい7つ遊び方と、注意点5つ!
【2018年最新版】タイの雨季はいつからいつまで?雨季のタイ観光を楽しめる7つの過ごし方や、雨季のタイ旅行で気をつけるべきポイントをまとめました。
【プーケット観光】実は治安がヤバイ?旅行の際の9つの注意点まとめ
【2018年最新版】プーケットへの旅行は安全なの?最新の治安情報や、テロリストの可能性、詐欺の手口など、安全性や怖い点を解説。また旅行の際の注意すべきポイントも解説!
プーケットの雨季を300%楽しめる!雨でも楽しい9つの遊び方まとめ
【2018年最新版】プーケット旅行で不安なのが雨。雨季はいつから?8月9月の夏休みはオススメか?ビーチは遊泳禁止になるの?楽しみ方・過ごし方を紹介します!
プーケットのベストシーズン(乾季)をガッツリ満喫する9つの遊び方!
【2018年更新版】プーケットのベストシーズンはいつ?ダイビングやシュノーケリング、マリンスポーツをするのであれば乾季がピッタリ!値段や注意点をまとめました。
【バンコク観光】治安が結構ヤバイぞ!旅行の際の12の注意点まとめ
【2018年最新版】バンコクへの旅行は安全か?最新の治安情報や、テロの可能性、詐欺の手口など、安全性や怖い点を解説。また旅行の際の注意すべきポイントも解説!
【バリ島観光】実は治安がヤバイ?旅行の際の25の注意点まとめ
【2018年最新版】バリ旅行は安全なのか?最新の治安情報や、テロの可能性、安全性や怖い点を解説。また観光時に注意すべきポイントも説明します。
バリ島の物価がすでにヤバイ!観光時の費用や移住生活費を計算したら
【2018年最新版】バリ島の物価は高い?安い?旅行や移住をお考えの方に、水やビール、コーヒーなどの物価の他、交通費、ホテル代、スパ代、値下げ交渉のコツもまとめました。
バリ島の雨季はいつ?雨のバリ島を300%充実させる15の遊び方!
バリ島には乾季と雨季がありますが、雨が降っても遊びつくせる15の方法と、雨季の観光における5つの注意点を説明。旅行される方はぜひ参考にしてみて下さい!
バリ島のベストシーズン(乾季)の気温と、超絶楽しい11の遊び方・場所
【2018年最新版】バリ島のベストシーズンは乾季(4月〜10月)。その時期の気温や、楽しみ方・過ごし方、雨季との値段の違い、観光時の注意点についてまとめてみました。
バリ島のコンセントは変圧器・変換プラグが必要!電圧と3つの注意点!
バリ島旅行で気になる「コンセント事情」。バリ島は日本とはプラグの形・電圧ともに違いますので、変圧器・プラグが必要。その他、コンセントに関する注意すべき3つのポイントを説明。
バリ島の通貨は11種!安全な両替方法と注意点、日本円への計算方法!
【2018年最新版】バリ島の通貨「ルピア」の種類と、安心でオススメな両替所、現地通貨を引き出す際の注意点、日本円へアッというまに換算する計算方法をまとめました。
【マレーシア観光】実は治安がヤバイ?旅行の際の9つの注意点まとめ
【2018年最新版】マレーシア旅行は安全なのか?最新の治安情報や、テロの可能性、詐欺の手口など、安全性や怖い点を解説。また、旅行の際に注意すべきポイントも説明します。
<カンボジア観光>主要な5エリアの治安と、旅行時の13の注意点まとめ
【2018年最新版】カンボジア旅行における注意点や、主要な観光名所の治安、過去のテロ情報など危険となり得るものについて、分かりやすくまとめました。
【ニューヨーク観光】治安が結構ヤバイぞ!旅行時の12の注意点まとめ
【2018年最新版】ニューヨーク観光は安全なのか?最新の治安情報や、テロの可能性、安全性や怖い点を解説。また観光時に注意すべきポイントも説明します。
【ラスベガス観光】治安がヤバいエリアと、旅行時の10の注意点まとめ
【2018年最新版】ラスベガス旅行時に気になる治安の悪い場所を、5つのエリア毎に説明。また旅行時に気をつけるべき点や、銃の規制・所持についても説明しています。
<ロサンゼルス観光>治安がヤバイ6ヶ所と、旅行時の12の注意点まとめ
【2018年最新版】ロス(LA)で治安が悪い場所を紹介。また観光時に危険に巻き込まれないための注意点もまとめています。銃社会のアメリカを旅行する際に知っておくべきことも。
トルコ(イスタンブール)の治安が実はヤバイ!観光時の12の注意まとめ
【2018年最新版】トルコの主要観光エリアの治安や過去のテロ、旅行時に注意すべきポイントをまとめました。「治安が悪い」といってもエリアによってもまちまち。しっかりまとめました。
カッパドキアの気球はヤバイ!事故と5つの注意点、ツアーの流れまとめ
【2018年最新版】カッパドキアと言えば、色んな意味でヤバイのが気球体験!ツアー料金(値段)や開催時期・時間、オススメツアー会社、注意点、行き方について。
<ドイツ観光>治安がヤバイ?危険な5エリアと、旅行時の11の心得まとめ
【2018年最新版】ドイツで治安が悪い場所はどこか?逆に「良い場所」はどこか?危ない場所や旅行時に心がけるポイントを分かりやすくまとめました。
フランス・パリ観光は治安に注意!危険エリア7つと、旅行時の17の心得
【2018年最新版】フランス・パリの治安の悪い場所を、区やエリアごとに紹介!またルーブル美術館やオペラ座周辺などで気をつけたいこと、旅行時の注意、過去のテロについて。