バリ島のベストシーズン(乾季)の気温と、超絶楽しい11の遊び方・場所

バリ島のベストシーズン(乾季)の気温と、超絶楽しい11の遊び方・場所

こんにちは。
年に5回は必ず「海外旅行」に行くアキラです。

 

バリ島には「乾季・雨季」の2つのシーズンがありますが、ベストシーズンと言われるのは「雨の少ない“乾季”」です。

 

雨季でも楽しく遊べる場所は多いのですが、やはり「雨に当たらず観光したい!」という方が多いでしょう。

 

このページをご覧頂くことで、

 

  • バリ島のベストシーズンは何月か?
  • ベストシーズンでのオススメの遊び方・場所
  • 乾季の観光で気をつけるべき点
  • 雨季とどれくらい値段の差があるか?

 

などが分かります!

 

バリ島旅行を計画されている方は、ぜひ参考にして頂けますと幸いです!

スポンサーリンク

 

目次
  • バリ島のベストシーズンは4月〜10月!
  • ベストシーズンの気温はどれくらい?
  • ベストシーズンのオススメの遊び方・スポット11選!
  • 乾季の観光で気をつけるべき5つの注意点!
  • 乾季の旅費はどれくらい?雨季との違いは?

 

バリに関連するページ!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

バリ島のベストシーズンは4月〜10月!

常夏のバリ島ですが、「雨季と乾季」に季節を分けることができます。

 

一般的に、

 

  • 乾季

    ⇒4月から10月まで

  • 雨季

    ⇒11月から3月まで

 

です。

 

雨季といっても、「短時間の豪雨(スコール)」や「降っては止んでを繰り返す」ことが多く、日本の梅雨のように1日中雨が降りっぱなしという日はあまりありません。

 

そのため、雨季にも楽しく遊ぶことは十分できます。

 

人気の関連ページ!
>>バリ島の雨季はいつ?雨のバリ島を300%充実させる15の遊び方!

 

 

しかし雨季は道路が冠水することが多いため、バリ島旅行のベストシーズンとしては、やはり『乾季』の4〜10月だといえます

 

乾季のバリ島は1日中快晴が続き、アクティブに過ごすのにオススメの時期です。

 

 

 

 

ベストシーズンの気温はどれくらい?

バリ島は、年間の平均気温が28℃と言われています。

 

さらに、「乾季・雨季」で見比べると、実は暑いのはどちらかというと「雨季」

 

乾季の方が日がカンカン照りなイメージがあり、気温が高くなりそうですが、実はそうでも無いのです。

 

ただし紫外線の強さは半端ないため、日本の28℃の日光を想像していると、あっという間にヤケドしてしまいますので要注意。

 

なお、乾季の場合の最低気温は25℃ほどで、上に軽く羽織るものが1枚あっても良いかな、と思うこともあります。

 

では続いて、
ベストシーズンにオススメな遊び方・スポットについて紹介しましょう!

 

スポンサーリンク

 

 

ベストシーズンにオススメな遊び方・スポット11選!

ではここから、ベストシーズン(乾季)のバリ島観光にオススメな遊び方や、訪れるべきスポットについて紹介しましょう!

 

 

1.やっぱりマリンスポーツ!

バリ島の青い海を満喫したいなら、マリンスポーツでアクティブに過ごしてみましょう。

 

マリンスポーツにもいろいろな種類があり、

 

  • スキューバダイビング
  • シュノーケリング
  • ジェットスキー
  • パラセイリング
  • サーフィン

 

などがあります。

 

特にバリ島は「サーフィン天国」と呼ばれており、1日を通して良い波が立っています。

 

クタビーチでは初心者向けにサーフィンのレッスンが行われていますから、初めてサーフィンをする方でも安心して楽しむことができるでしょう。

 

 

 

2.ビーチクラブでのんびり過ごす!

ビーチクラブとは、レストランやバーなどが備わったビーチ沿いの娯楽施設です。

 

海を眺めながらプールで泳いだり、食事を楽しんだりでき、のんびり過ごすのに最適な場所だといえます。

 

ビーチフロントやプール沿いの席には「ミニマムチャージ」が設けられている場合が多く、食事の最低支払額が決められています。

 

そのため、ビーチクラブを訪れた際には「自分が選んだ席にミニマムチャージが設けられているかどうか」を確認しておきましょう

 

バリ島では新しいビーチクラブがどんどん増えており、ビーチクラブ巡りをして「自分のお気に入りのビーチクラブ」を探してみるのも良いですね。

 

 

 

3.トレッキングで自然を満喫!

乾季のバリ島でぜひチャレンジしていただきたいアクティビティに、ウブドでのトレッキングがあります。

 

トレッキングといっても山麓を歩くわけではなく、「のどかな田園風景が広がるウブド郊外を歩く」というコースがほとんど。

 

緑豊かな風景の中で体を動かせば、心身ともにリフレッシュできます。

 

『観光もビーチも寺院巡りも飽きた!』という方、『自然に癒されたい!』という方などにおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

 

4.気分爽快!ラフティング!

ゆったりとした時間が流れているバリ島で、束の間のスリルを楽しみたいなら、ラフティングに挑戦してみるのはいかがでしょうか。

 

ゴムボートで急流の川を下る体験は、忘れられない旅の思い出になるはずです。

 

バリ島では、

 

  • アユン川
  • トラガワジャ川

 

の2ヶ所がラフティング・スポットとして知られています。

 

森林浴を楽しみながら、はらはらドキドキのスリルも味わえるラフティングは、ストレス解消にもってこいのアクティビティですよ。

 

 

 

5.ムンジャンガン島を訪れてみる!

バリ島北西部に位置するムンジャンガン島は「バリ西部国立公園」の一部であり、ングラライ国際空港から車で約4時間かかる場所にあります。

 

ムンジャンガン島でのおすすめは、ダイビングとシュノーケリングです。

 

乾季に訪れれば、海面から水深30m以上見える、透明度の高い海を堪能できます

 

美しいコバルトブルーのムンジャンガンの海は、まさに「竜宮城」かと思うほど素晴らしく、さまざまな海の生き物に遭遇することができます。

 

ムンジャンガン島に行く場合、バリ南部エリアからの日帰りは難しいため、ムンジャンガン周辺エリアのホテルを探しておくことをおすすめします。

 

 

 

6.バージンビーチを訪れてみる!

バリ島東部に位置するバージンビーチは、隠れ家ビーチをお探しの方にオススメの場所

 

人でごった返したクタビーチが苦手な方であれば、バージンビーチまで足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

 

ングラライ国際空港から車で約3時間ほどの場所にあるバージンビーチは、サンベッドでうたた寝をするもよし、シュノーケリングをするも良しのスポットです。

 

ビーチ沿いには小さなワルン(食堂)が並んでいるため、食事に困ることもありません。

 

いつ行っても混雑していることがないので、静かなビーチバカンスを楽しむことができます。

 

 

 

7.サンデービーチクラブを訪れてみる!

バリ島南部にあるサンデービーチクラブは、野趣あふれるビーチクラブ。

 

ウンガサン地区にあるホテル「ザ・ウンガサン・クリフトップ・リゾート」内にあり、完全プライベートビーチの美しい景色を堪能できます。

 

白い砂浜とコバルトブルーの海を楽しめるのは、乾季だからこそ。

 

入場料は大人一人Rp.450.000(約3400円)で、そのうちRp.250.000(約2000円)を飲食費として使うことができます。

 

入場料には

 

  • タオル
  • Wifi使用料
  • カヤックやシュノーケリングセット
  • スタンドアップパドルボードなどのレンタル料

 

が含まれており、大変お得に遊べますよ!

 

スポンサーリンク

 

 

8.パンダワビーチを訪れてみる!

バリ島南部にあるパンダワビーチは、インドネシア人にも外国人にも人気のビーチ。

 

パンダワビーチの人気の秘密は、海の透明度の高さとアクセスの良さにあります。

 

パンダワビーチではサンベッドで一日中まどろむことも可能ですが、

 

  • カヤック
  • スタンドアップパドルボード

 

などのアクティビティも楽しむことができます。

 

比較的波が穏やかなビーチなので波打ち際で遊ぶことができ、お子様連れの方にもおすすめです。

 

 

 

9.ロビナビーチを訪れてみる!

バリ島北部にある「ロビナビーチ」では、

 

  • ドルフィン・ウォッチング
  • シュノーケリング

 

を楽しめます。

 

ドルフィン・ウォッチングでは、ジュクンと呼ばれる小型ボートに乗って「イルカが現れるスポット」まで向かいます。

 

ジュクンには屋根がついておらず、雨をしのぐことができないため、ロビナビーチでのドルフィン・ウォッチングへの参加は乾季がオススメなのです。

 

ングラライ国際空港からロビナ・ビーチまでは車で約4時間かかりますが、野生のイルカの群れを目の前にすれば、道中の疲れなどたちまち消えてしまうでしょう。

 

もしかすると、イルカだけではなくクジラを見ることができるかもしれませんよ!

 

 

 

10.アユン川を訪れてみよう!

ラフティングに初めて挑戦するのであれば、ウブドにあるアユン川を訪れてみましょう。

 

雨季だと雨で視界が遮られてしまう可能性がありますが、乾季なら森林浴をしながらラフティングを行えます。

 

アユン川はトラガワジャ川に比べると流れが穏やかなため、景色を楽しみながらスリルに身を任せることができます。

 

川や滝の水しぶきで衣類が濡れてしまいますが、ラフティング後には更衣室やシャワールームを使用できますから、忘れずに着替えを持参しましょう。

 

 

 

11.「チャンプアン渓谷」を訪れてみよう!

ウブドの有名なトレッキング・コースであるチャンプアン渓谷は、「グヌルンバ寺院へ向かう橋の右手側の小道」を進んでいったところがスタート地点。

 

チャンプアン渓谷をトレッキングしていると、観光地とは少し違う、バリ島の素朴な一面を垣間見ることができます。

 

石畳の散歩道やライステラスなど、「思わずシャッターを切ってしまうようなフォトジェニックな風景」が広がっていますから、カメラやスマホを持って訪れましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

ベストシーズン(乾季)のバリ島観光時に注意すべき4つのポイント!

続いては、乾季のバリを観光する際に気をつけておくべきポイントをお伝えします!

 

 

1.熱中症予防のため水分はこまめに補給しよう!

湿気が少ないバリ島の乾季は過ごしやすいですが、観光に夢中になるあまり、つい水分補給を忘れてしまうなんてことも。

 

特に、マリンスポーツやプールなど、水に浸かるアクティビティを行っているときには、のどの渇きを感じにくいことがあります。

 

日が当たっている場所はめちゃくちゃ暑いため、熱中症予防のためにも、意識的に水分補給を行いましょう。

 

 

 

2.無理に予定を詰め込まない!

せっかくバリ島まで来たんだから、あちこち観光に行くなどして、アクティブに過ごしたいという方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、乾季は日中の日差しが強いため、屋外で過ごすと思いのほか体力を消耗してしまいます。

 

過去に私の友人も、2人が体調不良を起こしたことがありました。

 

乾季にバリ島を訪れるなら、体調不良に陥らないためにも、無理に予定を詰め込みすぎないように注意しましょう。

 

 

 

3.体温調節のしやすい服装をする!

バリ島観光のベストシーズンである乾季は、意外にも朝夕の冷え込みがあります。

 

日中との温度差がかなりあるので、体調を崩さないように、体温調節のしやすい服装を心掛けるようにしましょう。

 

日中は暑かったとしても、屋外のレストラン等でディナーを楽しむときには、ジャケットやカーディガンなど「上から羽織れるもの」があったほうが良いかもしれません。

 

 

 

4.急激な日焼けに注意する

日差しの強い乾季にバリ島を訪れるのなら、急激な日焼けに注意する必要があります。

 

日本と同じレベルで考えていると、後悔します。

 

場合によっては、ほんの数十分屋外にいるだけで皮膚が真っ赤になったり、水ぶくれができてしまったりする可能性があります

 

ですから、日焼け対策のためにも、日焼け止めや長袖の衣類を携帯するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

乾季と雨季とでは、どれくらい値段が違うの?

では最後に、

 

  • ベストシーズンに「3泊5日」で行くとどれくらいの値段か?
  • 乾季と雨季の価格差はどれくらいか?

 

の2点を確認しておきましょう。

 

 

 

ベストシーズンに「3泊5日」で行くとどれくらいの値段か?

まずは、ベストシーズンに観光した場合の値段相場を見ておきましょう。

 

これは、

 

  1. 直行便を使うか?
  2. 経由便を使うか?

 

によって若干値段が変わってきます。

 

 

「直行便」を使った場合!

東京からガルーダインドネシア航空の「直行便」を利用し、ハイクラスのホテルに3泊5日滞在した場合のツアー料金は、安くてもおよそ9万円代基本は10万円〜です。

 

 

 

 

上の2つは「DeNAトラベル」を参考にさせて頂きましたが、ホテルのランクが違います。

 

 

安く抑えたい場合は?

仮に直行便でエアアジアなどのLCCを利用し、1泊Rp.500.000(3700円ほど)のミドルクラスのホテルに滞在した場合には、往復の航空チケット代と宿泊費で6万か7万円ほどかかるでしょう。

 

さらに、現地での食事代や交通費、お土産代などをツアー料金に加算すると、1人当たり12万円〜18万円ほどを目安に考えることが出来ます。

 

人気の関連ページ!
>>バリ島の物価がすでにヤバイ!観光時の費用や移住生活費を計算したら

 

 

 

「経由便」を使った場合!

 

トランジット(給油その他のために、一時的に他国の空港に立ち寄ること)が必要な経由便を使ってバリ島を訪れる場合も、ホテルのグレードによって費用が異なります。

 

ハイクラスのホテルに宿泊する場合には10万円以上かかりますが、ミドルクラスのホテル利用の場合には、上記のとおり7万円ほどになります。

 

食事代や交通費を加えると、1人当たり12万円〜18万円ほどを費用の目安にできるでしょう。

 

 

直行便・経由便では飛行時間も違う!

 

直行便の方がバリ島まで楽に行けますのでオススメです。

経由便を使う場合、限られた休日を削られる場合がありますので、「乗り継ぎ時間」に注意しましょう。

>>バリ島までの飛行時間・時差に注意せよ!直行便と経由便の違いまとめ

 

 

 

 

乾季と雨季の価格差はあるの?

バリ島は乾季がベストシーズンだけあって、雨季のほうが若干ツアー費用が安くなる傾向にあります。

 

12月初めなどの「雨季のツアー費用」は、「乾季のツアー費用」に比べると、1万円〜1.5万円ほど安くなっている場合もあります

 

さらに時期によっては1万円安くなるどころか、もっと安くなる可能性があります

 

ただし雨季でも、クリスマスや年末・年始などはツアー費用が高くなりますから、費用を抑えて海外旅行をしたい方は、「日本での連休やイベントとなる時期」を避けたほうが良いでしょう。

 

バリ島はあらゆるタイプの宿泊施設が揃っていますし、食事に関しても「高級レストラン」から「現地の人々が通う安い食堂」までさまざま。

 

そのため、それぞれの費用に合わせた旅をアレンジしやすいのが、バリ島旅行の魅力だといえます。

 

なお、雨季でも楽しく遊べる場所がたくさんありますので、「少しでも安く」とお考えの方は、雨季のバリ島も検討してみてはいかがでしょうか?

 

私自身、雨季のバリ島には何度も遊びに行っていますが、コスパを考えると不満はありません!

 

人気の関連ページ!
>>バリ島の雨季はいつ?雨のバリ島を300%充実させる15の遊び方!

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ!

バリ島のベストシーズンの気温や、楽しみ方、費用の相場についてお伝えしました!

 

最後にまとめると…

 

  • バリ島のベストシーズンは乾季(4〜10月)
  • 平均気温は28℃ほど、最低気温は25℃ほどであり、夜は涼しくなるため羽織があっても良い
  • 乾季はマリンスポーツだけでなく、ラフティング遊び、まったりしたプライベートビーチで時間を過ごすのがオススメ
  • 熱中症に気をつけ、予定を詰め込みすぎないようにすること(無理すると体調不良になることも)
  • 3泊5日で考えると、ベストシーズンはおおよそ10万円〜を考えておくこと
  • 雨季との値段の差はあるが、日本のイベント事との兼ね合いで値段は変わる
  • 雨季でも楽しめるスポットはたくさんある

 

 

バリ島は雨でも遊べるところがいっぱいですので、折角なのでぜひ足を伸ばして見て下さい。

 

>>バリ島の雨季はいつ?雨のバリ島を300%充実させる15の遊び方!

 

 

なお、バリ島もエリアによっては治安が悪いところもありますので、以下の注意点も参考にしてみて下さい。

 

>>【バリ島観光】実は治安が悪い?!旅行の際の25の注意点まとめ

 

 

また、「飲み物などは場所によっても値段が違う」などなど、物価についてもまとめていますので、旅行前には予め「ある程度の値段」を把握しておきましょう。

 

>>バリ島の物価がすでにヤバイ!観光時の費用や移住生活費を計算したら…

 

 

その他にも、「バリ旅行に役立つ情報」をまとめています。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

関連ページ

パスポートの作り方3ステップ!最速の取り方を伝授【必要な物&書類】
【2018年更新版】パスポートの申請(取得)方法や受け取り方法、必要な物・必要書類、値段を分かりやすく解説!また、早く取得する方法や取得値段を抑える方法も説明!
パスポートの発行期間・日数と、最短1日で取れる2つの秘策!【即日発行】
【2018年更新版】パスポートの申請後、発行されるまで何日掛かる?主要都市の発行にかかる時間、最短で取る2つの方法、「書類集め」を時短する秘訣を紹介。
パスポートの「代理申請」は簡単!代理人に必要な物&注意点まとめ
【2018年更新】パスポートを代理申請する方法を分かりやすく説明!代理できる事と出来ない事、友人・知人でも代理人になれるのか?受取はできるのか?などを解説します。
海外旅行にオススメのクレジットカード5種を徹底解説!【比較まとめ】
【2018年更新版】海外旅行に絶対にいずれか1枚は持って行くべきカードを5枚厳選!保険の有無、学生にオススメのもの、自動付帯と利用付帯の違いも説明!
海外旅行で「必要なもの」「あると便利」を厳選まとめ<持ち物リスト80選>
【2018年更新版】海外旅行で絶対必要なものと、あると便利なものリストを公開!持ち物は旅行で要る物、出張で要る物が微妙に異なりますので、両方を解説!
オーストラリアは治安がヤバイ?観光時に注意すべき10のポイント!
【2018年最新版】オーストラリア観光の際に気をつけるべき10の注意点を、実体験をもとにまとめました。治安は良いのか?悪いのか?旅行時に参考にして下さい。
タイ観光は治安に要注意!ヤバイ場所と、旅行時の13の注意点まとめ
【2018年最新版】タイ旅行は安全か?これまでの事件や、バンコクやプーケットなど各エリアの治安状況、旅行の時に気をつける事などをまとめました。
タイ通貨は11種類!お得な両替方法と、日本円へ一瞬で計算する方法
【2018年最新版】タイ(バンコク・プーケット)などで使われる『タイバーツ』の単位と、通貨の種類、両替できる場所を紹介!また「日本円への計算」がアッという間にできる方法を解説。
タイのコンセントは3種!電圧&プラグ、変圧器が不要の電化製品まとめ
【2018年最新版】タイ(バンコク・プーケットなど)の電圧やコンセントプラグについて写真付きで紹介。変換プラグや変圧器は必要か?タイの家電屋は?近隣国の情報もあわせて解説!
タイ・バンコクの雨季はいつ?雨でも楽しい7つ遊び方と、注意点5つ!
【2018年最新版】タイの雨季はいつからいつまで?雨季のタイ観光を楽しめる7つの過ごし方や、雨季のタイ旅行で気をつけるべきポイントをまとめました。
【プーケット観光】実は治安がヤバイ?旅行の際の9つの注意点まとめ
【2018年最新版】プーケットへの旅行は安全なの?最新の治安情報や、テロリストの可能性、詐欺の手口など、安全性や怖い点を解説。また旅行の際の注意すべきポイントも解説!
プーケットの雨季を300%楽しめる!雨でも楽しい9つの遊び方まとめ
【2018年最新版】プーケット旅行で不安なのが雨。雨季はいつから?8月9月の夏休みはオススメか?ビーチは遊泳禁止になるの?楽しみ方・過ごし方を紹介します!
プーケットのベストシーズン(乾季)をガッツリ満喫する9つの遊び方!
【2018年更新版】プーケットのベストシーズンはいつ?ダイビングやシュノーケリング、マリンスポーツをするのであれば乾季がピッタリ!値段や注意点をまとめました。
【バンコク観光】治安が結構ヤバイぞ!旅行の際の12の注意点まとめ
【2018年最新版】バンコクへの旅行は安全か?最新の治安情報や、テロの可能性、詐欺の手口など、安全性や怖い点を解説。また旅行の際の注意すべきポイントも解説!
【バリ島観光】実は治安がヤバイ?旅行の際の25の注意点まとめ
【2018年最新版】バリ旅行は安全なのか?最新の治安情報や、テロの可能性、安全性や怖い点を解説。また観光時に注意すべきポイントも説明します。
バリ島の物価がすでにヤバイ!観光時の費用や移住生活費を計算したら
【2018年最新版】バリ島の物価は高い?安い?旅行や移住をお考えの方に、水やビール、コーヒーなどの物価の他、交通費、ホテル代、スパ代、値下げ交渉のコツもまとめました。
バリ島の雨季はいつ?雨のバリ島を300%充実させる15の遊び方!
バリ島には乾季と雨季がありますが、雨が降っても遊びつくせる15の方法と、雨季の観光における5つの注意点を説明。旅行される方はぜひ参考にしてみて下さい!
バリ島までの飛行時間・時差に注意せよ!直行便と経由便の違いまとめ
【2018年最新版】バリ島までのフライト時間は何時間?時差や、直行便・経由便を使った場合の注意点、LCCを使うべきか?ジャカルタやシンガポールへの乗り継ぎについても説明。
バリ島のコンセントは変圧器・変換プラグが必要!電圧と3つの注意点!
バリ島旅行で気になる「コンセント事情」。バリ島は日本とはプラグの形・電圧ともに違いますので、変圧器・プラグが必要。その他、コンセントに関する注意すべき3つのポイントを説明。
バリ島の通貨は11種!安全な両替方法と注意点、日本円への計算方法!
【2018年最新版】バリ島の通貨「ルピア」の種類と、安心でオススメな両替所、現地通貨を引き出す際の注意点、日本円へアッというまに換算する計算方法をまとめました。
【マレーシア観光】実は治安がヤバイ?旅行の際の9つの注意点まとめ
【2018年最新版】マレーシア旅行は安全なのか?最新の治安情報や、テロの可能性、詐欺の手口など、安全性や怖い点を解説。また、旅行の際に注意すべきポイントも説明します。
<カンボジア観光>主要な5エリアの治安と、旅行時の13の注意点まとめ
【2018年最新版】カンボジア旅行における注意点や、主要な観光名所の治安、過去のテロ情報など危険となり得るものについて、分かりやすくまとめました。
【ニューヨーク観光】治安が結構ヤバイぞ!旅行時の12の注意点まとめ
【2018年最新版】ニューヨーク観光は安全なのか?最新の治安情報や、テロの可能性、安全性や怖い点を解説。また観光時に注意すべきポイントも説明します。
【ラスベガス観光】治安がヤバいエリアと、旅行時の10の注意点まとめ
【2018年最新版】ラスベガス旅行時に気になる治安の悪い場所を、5つのエリア毎に説明。また旅行時に気をつけるべき点や、銃の規制・所持についても説明しています。
<ロサンゼルス観光>治安がヤバイ6ヶ所と、旅行時の12の注意点まとめ
【2018年最新版】ロス(LA)で治安が悪い場所を紹介。また観光時に危険に巻き込まれないための注意点もまとめています。銃社会のアメリカを旅行する際に知っておくべきことも。
トルコ(イスタンブール)の治安が実はヤバイ!観光時の12の注意まとめ
【2018年最新版】トルコの主要観光エリアの治安や過去のテロ、旅行時に注意すべきポイントをまとめました。「治安が悪い」といってもエリアによってもまちまち。しっかりまとめました。
カッパドキアの気球はヤバイ!事故と5つの注意点、ツアーの流れまとめ
【2018年最新版】カッパドキアと言えば、色んな意味でヤバイのが気球体験!ツアー料金(値段)や開催時期・時間、オススメツアー会社、注意点、行き方について。
<ドイツ観光>治安がヤバイ?危険な5エリアと、旅行時の11の心得まとめ
【2018年最新版】ドイツで治安が悪い場所はどこか?逆に「良い場所」はどこか?危ない場所や旅行時に心がけるポイントを分かりやすくまとめました。
フランス・パリ観光は治安に注意!危険エリア7つと、旅行時の17の心得
【2018年最新版】フランス・パリの治安の悪い場所を、区やエリアごとに紹介!またルーブル美術館やオペラ座周辺などで気をつけたいこと、旅行時の注意、過去のテロについて。