バリ島のコンセントは変圧器・変換プラグが必要!電圧と3つの注意点!

バリ島のコンセントは変圧器・変換プラグが必要!電圧と3つの注意点!

こんにちは。
過去にバリ島で長期滞在していたアキラです。

 

バリ島旅行で気になることの一つが「コンセント事情」でしょう。

 

具体的には、

 

  • コンセントにプラグが刺さるのか?
  • 電圧の違いにより、変圧器が必要なのか?

 

この2点を知っておく必要があります。

 

このページでは、バリ島旅行を考えられている方々にむけて

 

  • コンセントプラグの形
  • 電圧と変圧器の必要性
  • コンセントに関する注意点

 

をどこよりも分かりやすく説明します。

 

ぜひ最後までお読み頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

 

目次
  • バリ島では「変換プラグ」が必要である!
  • バリ島の電圧と、「変圧器」の要否について!
  • オススメの「変圧器」「変換プラグ」はコレだ!
  • コンセント事情でにチェックすべき3つの注意点!
  • 「海外対応の製品」は必要か?

 

バリに関連するページ!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

バリでは「変換プラグ」が必要である!

変換プラグとは、電源プラグの形状を変えるアイテムで、「電源プラグの形状が異なる海外」に旅行する際には必需品です。

 

バリ島で使用されている電源プラグの形状は、丸ピン2本のCタイプです。

 

 

 

日本の電源プラグの形状は「Aタイプ」

 

なので、バリ島旅行の際には「Cタイプへの変換プラグ」を用意しておきましょう。

 

なお、日本から持ってきた電化製品をバリ島で使用する際には…

 

  1. その製品が「バリの電圧」に対応しているかを確認
  2. Cタイプの変換プラグを装着
  3. コンセントの差込口に差し込む

 

この3段階となりますが、続いては「バリの電圧」について説明しておきます。

 

スポンサーリンク

 

 

バリの電圧と、変圧器の要否について!

日本の電圧が100Vなのに対して、バリ島を含むインドネシア国内の電圧は200Vです。

 

電圧が異なるため、日本から電化製品を持っていこうと思うときには、その製品の「対応電圧」を確認する必要があります。

 

例えばACアダプタの対応電圧が「100V−240V」と記載されている場合は、変圧器を使用せずに変換プラグをつけるだけで使用可能です。

 

しかし、電化製品の対応電圧が「100V」としか記載されていないのであれば、その電化製品をバリ島で使用するときには、「変圧器」と「変換プラグ」の両方が必要になります。

 

補足:「変圧器」と「変換プラグ」の違い

 

「変換プラグ」は、コンセントの差込口の形状を変えるアイテム。

 

一方の「変圧器」は、電圧の大きさ変えるアイテムです。

 

電圧は世界共通ではありませんから、海外旅行の際には注意しましょう。

 

電圧を無視して電化製品を使用すれば、壊れてしまうだけではなく、ケガをするリスクもあり大変危険。

 

日本から持ち込んだ電化製品を安全に使用するためには、変換プラグはもちろん、変圧器が必要な電化製品かどうかをしっかり確認しておく必要があります。

 

 

 

変圧器は必ずしも必要ではない!

「日本から持っていく電化製品は、必ず変圧器を使用すべき?」と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、最近では変圧器なしで海外使用が可能な電化製品も多いため、変圧器は絶対に必要なアイテムという訳ではありません。

 

特に、

 

  • スマホ
  • タブレット
  • デジカメ

 

などは変圧器なしで海外使用可能な場合が多く、変換プラグの使用のみで海外で充電することができます。

 

変圧器なしで海外使用可能かどうかをチェックしたいときには、充電器やACアダプタの対応電圧を確認しましょう。

 

対応電圧100Vの場合には変圧器が必要ですが、「100V−240V」と記されている場合には変圧器は必要ありません

 

 

 

変圧器が必要になる、主な家電製品の種類

バリ旅行する際に持参するもののうち、変圧器が必要になる電化製品は、主に下記の通りです。

 

  • ドライヤー
  • ヘアアイロン
  • 電気ポット
  • 衣類用アイロン

 

ホテルによっては、ドライヤーや電気ポットが部屋に備え付けられていない場合があります。

 

そのため、バリ島で使用予定があるのなら、宿泊予定のホテルに上記電化製品の有無を確認しておくようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

オススメの変圧器・変換プラグはコレだ!

筆者が実際に使っているオススメ商品は、以下のもの。

 

 

この商品が優れている点は、

 

  • 5個のプラグが付いており、世界240ヶ国で使える。
  • 入力電圧は260Vまで耐えれるため、電圧の高いオーストラリア(240V)であっても耐えられる。
  • USBポートも付いており、わざわざスマホの充電器が必要ない。

 

という3点であり、これを購入してから海外で困ったことはありません。最強です。

 

 

 

 

 

バリ島旅行時にはチェックすべき3つの注意点!

上で説明のとおり、

 

  • 「Cタイプへの変換プラグ」が必要
  • 電化製品によっては「変圧器」が必要

 

ですが、ここではその他の要注意事項を3つ挙げます。

 

 

パソコンを使用する際の注意点

海外でパソコンを使用する際には、事前にパソコン本体の対応電圧を確認しておきましょう。

 

ですが、「パソコン本体の対応電圧」を確認するだけでは不十分

 

海外でパソコンを使用する際には、「ACアダプタ」と「電源コード」の耐圧の差に注意する必要があります。

 

ノートパソコンは海外使用可能なタイプが多いため、変換プラグを使用するだけで使うことができるでしょう。

 

しかし中には、「ACアダプタ」と「電源コード」の対応電圧に差がある場合があります。

 

例えば、パソコン本体のACアダプタは「100V−240V」でありバリ島での使用が可能は可能。

 

一方で、電源コードには「100V」としか記載がない場合があります。

 

このような場合には、

 

  • 電源コードを海外対応のものに交換する
  • 変圧器を使用する

 

必要があるため要注意。

 

 

 

変圧器の「消費電力容量」に注意しよう

「変圧器」と「変換プラグ」を用意したからといって、必ずしも「日本から持参したすべての電化製品」がバリ島で使える訳ではありません。

 

なぜなら、変圧器には「消費電力容量」が設定されているからです。

 

「電子式の変圧器」は容量が大きいのでそれほど気にする必要はありませんが、「トランス式の変圧器」は容量が小さいものが多いため、注意が必要。

 

特に、ドライヤーやアイロン、電気ポットの消費電力は1200Wほどと高く、変圧器の消費電力容量を超えてしまうものも少なくありません。

 

消費電力は電化製品によって異なりますから、変圧器を購入する前に、

 

  • バリ島で使用予定の電化製品の消費電力
  • 変圧器の消費電力の容量

 

の2つを見比べて確認しておくようにしましょう。

 

ちなみに、上で紹介した変圧器は2300Wまで耐えられますよ。

 

 

 

現地で買う場合は大型のホームセンターへ!

変圧器はそこそこ重さがあるため、旅行に持っていく際に荷物に感じる人もいらっしゃると思います。

 

※個人的にはあまり感じませんが、中にはそういった方もいるハズです

 

そのため、そういった方はバリ島で購入するのも一つの手。

 

バリ島で変圧器を探すなら、インドネシアのホームセンターである

 

  • ACE Hardware(エース・ハードウェア)
  • Mitra10(ミトラ・スプルー)

 

を訪れてみましょう。

 

大型のホームセンターであれば、しっかりと「値札」が付けられていますから、安心して利用することができるでしょう。

 

ACE Hardwareは

 

  • デンパサール
  • クタ
  • ヌサドゥア

 

などのエリアに約10店舗あり、Mitra10はデンパサールに2店舗あります。

 

値段はピンからキリまでですが、およそRp.700.000〜Rp.2.000.000(約5,000円〜約1万5,000円)ほどで購入可能です。

 

人気の関連ページ!
>>バリ島の通貨は11種!安全な両替方法と注意点、日本円への計算方法!

 

 

なお、変圧器は街中の電気屋でも購入可能です。

 

しかし街中の電気屋の場合、値段が付けられていないことが多く、外国人観光客はぼったくられる可能性があります

 

そのため、値札がしっかり貼られている大型ホームセンターをオススメします。

 

スポンサーリンク

 

「海外対応の商品」は必要か?

海外対応の商品を購入しておくと、変換プラグを利用するだけですぐにバリ島で使用できます。

 

ドライヤーやアイロンなど、消費電力が高い電化製品の使用を考えている場合には、変圧器を購入せずとも、電化製品自体をバリ島で購入するほうが安く済む場合もあります。

 

バリ島で購入した商品を日本で使用することは難しいですが、バリ島を頻繁に訪れるのであれば、次の旅行の際にも役立ちます。

 

ただし上で紹介した変圧器は、今後どこでも使えるようになるうえに、4900円と価格もお手頃。

 

個人的には、このくらいの価格であれば変圧器を購入される方が良いと思っています。

 

 

 

 

 

さいごに!

バリ島の電圧と、「変換プラグ・変圧器」の要否について説明しました。

 

繰り返しになりますが、バリ島では

 

  • 「Cタイプへの変換プラグ」が必要
  • 電化製品によっては「変圧器」が必要

 

です。

 

海外対応製品を購入されても良いですが、USBポートもある便利な変圧器もありますので、個人的にはコチラをオススメします。

 

 

 

なお、バリ島もエリアによっては治安が悪いところもありますので、以下の注意点も参考にしてみて下さい。

>>【バリ島観光】実は治安が悪い?!旅行の際の25の注意点まとめ

 

 

また、「飲み物などは場所によっても値段が違う」などなど、物価についてもまとめていますので、旅行前には予め「ある程度の値段」を把握しておきましょう。

>>バリ島の物価がすでにヤバイ!観光時の費用や移住生活費を計算したら…

 

 

乾季・雨季で遊び方も変わるため、観光場所にお悩みの方は、以下も参考にしてみて下さい!

 

 

その他にも、「バリ旅行に役立つ情報」をまとめています。

 

関連ページ

パスポートの作り方3ステップ!最速の取り方を伝授【必要な物&書類】
【2018年更新版】パスポートの申請(取得)方法や受け取り方法、必要な物・必要書類、値段を分かりやすく解説!また、早く取得する方法や取得値段を抑える方法も説明!
パスポートの発行期間・日数と、最短1日で取れる2つの秘策!【即日発行】
【2018年更新版】パスポートの申請後、発行されるまで何日掛かる?主要都市の発行にかかる時間、最短で取る2つの方法、「書類集め」を時短する秘訣を紹介。
パスポートの「代理申請」は簡単!代理人に必要な物&注意点まとめ
【2018年更新】パスポートを代理申請する方法を分かりやすく説明!代理できる事と出来ない事、友人・知人でも代理人になれるのか?受取はできるのか?などを解説します。
海外旅行にオススメのクレジットカード5種を徹底解説!【比較まとめ】
【2018年更新版】海外旅行に絶対にいずれか1枚は持って行くべきカードを5枚厳選!保険の有無、学生にオススメのもの、自動付帯と利用付帯の違いも説明!
海外旅行で「必要なもの」「あると便利」を厳選まとめ<持ち物リスト80選>
【2018年更新版】海外旅行で絶対必要なものと、あると便利なものリストを公開!持ち物は旅行で要る物、出張で要る物が微妙に異なりますので、両方を解説!
オーストラリアは治安がヤバイ?観光時に注意すべき10のポイント!
【2018年最新版】オーストラリア観光の際に気をつけるべき10の注意点を、実体験をもとにまとめました。治安は良いのか?悪いのか?旅行時に参考にして下さい。
タイ観光は治安に要注意!ヤバイ場所と、旅行時の13の注意点まとめ
【2018年最新版】タイ旅行は安全か?これまでの事件や、バンコクやプーケットなど各エリアの治安状況、旅行の時に気をつける事などをまとめました。
タイ通貨は11種類!お得な両替方法と、日本円へ一瞬で計算する方法
【2018年最新版】タイ(バンコク・プーケット)などで使われる『タイバーツ』の単位と、通貨の種類、両替できる場所を紹介!また「日本円への計算」がアッという間にできる方法を解説。
タイのコンセントは3種!電圧&プラグ、変圧器が不要の電化製品まとめ
【2018年最新版】タイ(バンコク・プーケットなど)の電圧やコンセントプラグについて写真付きで紹介。変換プラグや変圧器は必要か?タイの家電屋は?近隣国の情報もあわせて解説!
タイ・バンコクの雨季はいつ?雨でも楽しい7つ遊び方と、注意点5つ!
【2018年最新版】タイの雨季はいつからいつまで?雨季のタイ観光を楽しめる7つの過ごし方や、雨季のタイ旅行で気をつけるべきポイントをまとめました。
【プーケット観光】実は治安がヤバイ?旅行の際の9つの注意点まとめ
【2018年最新版】プーケットへの旅行は安全なの?最新の治安情報や、テロリストの可能性、詐欺の手口など、安全性や怖い点を解説。また旅行の際の注意すべきポイントも解説!
プーケットの雨季を300%楽しめる!雨でも楽しい9つの遊び方まとめ
【2018年最新版】プーケット旅行で不安なのが雨。雨季はいつから?8月9月の夏休みはオススメか?ビーチは遊泳禁止になるの?楽しみ方・過ごし方を紹介します!
プーケットのベストシーズン(乾季)をガッツリ満喫する9つの遊び方!
【2018年更新版】プーケットのベストシーズンはいつ?ダイビングやシュノーケリング、マリンスポーツをするのであれば乾季がピッタリ!値段や注意点をまとめました。
【バンコク観光】治安が結構ヤバイぞ!旅行の際の12の注意点まとめ
【2018年最新版】バンコクへの旅行は安全か?最新の治安情報や、テロの可能性、詐欺の手口など、安全性や怖い点を解説。また旅行の際の注意すべきポイントも解説!
ラオス観光は治安がヤバいエリアも!旅行で気をつける9の注意点まとめ
【2018年最新版】ラオス観光で訪れる首都ビエンチャンや、ルアンーパバーン、その他治安が悪い場所と言われる「サイソンブン県」についても紹介。また、観光時の注意点もまとめました。
【ミャンマー観光】治安が悪い5エリアと、旅行時の12の注意点まとめ
【2018年最新版】ミャンマー旅行で訪れる可能性のあるヤンゴン・マンダレー・バガン・バゴー・ネーピードーなどの治安を解説。また観光で注意すべき事、陸路で行く場合の注意点など。
【ベトナム観光】治安が悪い6エリアと、旅行時の13の注意点まとめ
【2018年最新版】ベトナムの観光地や都市(ハノイ・ダナン・ホーチミン)の治安情報や気をつける場所、旅行時に注意すべき点を分かりやすくまとめました。
<カンボジア観光>主要な5エリアの治安と、旅行時の13の注意点まとめ
【2018年最新版】カンボジア旅行における注意点や、主要な観光名所の治安、過去のテロ情報など危険となり得るものについて、分かりやすくまとめました。
【バリ島観光】実は治安がヤバイ?旅行の際の25の注意点まとめ
【2018年最新版】バリ旅行は安全なのか?最新の治安情報や、テロの可能性、安全性や怖い点を解説。また観光時に注意すべきポイントも説明します。
バリ島の物価がすでにヤバイ!観光時の費用や移住生活費を計算したら
【2018年最新版】バリ島の物価は高い?安い?旅行や移住をお考えの方に、水やビール、コーヒーなどの物価の他、交通費、ホテル代、スパ代、値下げ交渉のコツもまとめました。
バリ島の雨季はいつ?雨のバリ島を300%充実させる15の遊び方!
バリ島には乾季と雨季がありますが、雨が降っても遊びつくせる15の方法と、雨季の観光における5つの注意点を説明。旅行される方はぜひ参考にしてみて下さい!
バリ島のベストシーズン(乾季)の気温と、超絶楽しい11の遊び方・場所
【2018年最新版】バリ島のベストシーズンは乾季(4月〜10月)。その時期の気温や、楽しみ方・過ごし方、雨季との値段の違い、観光時の注意点についてまとめてみました。
バリ島までの飛行時間・時差に注意せよ!直行便と経由便の違いまとめ
【2018年最新版】バリ島までのフライト時間は何時間?時差や、直行便・経由便を使った場合の注意点、LCCを使うべきか?ジャカルタやシンガポールへの乗り継ぎについても説明。
バリ島の通貨は11種!安全な両替方法と注意点、日本円への計算方法!
【2018年最新版】バリ島の通貨「ルピア」の種類と、安心でオススメな両替所、現地通貨を引き出す際の注意点、日本円へアッというまに換算する計算方法をまとめました。
【マレーシア観光】実は治安がヤバイ?旅行の際の9つの注意点まとめ
【2018年最新版】マレーシア旅行は安全なのか?最新の治安情報や、テロの可能性、詐欺の手口など、安全性や怖い点を解説。また、旅行の際に注意すべきポイントも説明します。
【ニューヨーク観光】治安が結構ヤバイぞ!旅行時の12の注意点まとめ
【2018年最新版】ニューヨーク観光は安全なのか?最新の治安情報や、テロの可能性、安全性や怖い点を解説。また観光時に注意すべきポイントも説明します。
【ラスベガス観光】治安がヤバいエリアと、旅行時の10の注意点まとめ
【2018年最新版】ラスベガス旅行時に気になる治安の悪い場所を、5つのエリア毎に説明。また旅行時に気をつけるべき点や、銃の規制・所持についても説明しています。
<サンフランシスコ観光>治安が悪い3エリアと、旅行時の11の注意点!
【2018年最新版】サンフランシスコを観光時に特に注意すべき3つのエリアや、旅行の時に最低限気をつけるべき点、過去の事件などについてまとめました。旅行前にぜひチェックして下さい。
<ロサンゼルス観光>治安がヤバイ6ヶ所と、旅行時の12の注意点まとめ
【2018年最新版】ロス(LA)で治安が悪い場所を紹介。また観光時に危険に巻き込まれないための注意点もまとめています。銃社会のアメリカを旅行する際に知っておくべきことも。
トルコ(イスタンブール)の治安が実はヤバイ!観光時の12の注意まとめ
【2018年最新版】トルコの主要観光エリアの治安や過去のテロ、旅行時に注意すべきポイントをまとめました。「治安が悪い」といってもエリアによってもまちまち。しっかりまとめました。
カッパドキアの気球はヤバイ!事故と5つの注意点、ツアーの流れまとめ
【2018年最新版】カッパドキアと言えば、色んな意味でヤバイのが気球体験!ツアー料金(値段)や開催時期・時間、オススメツアー会社、注意点、行き方について。
<ドイツ観光>治安がヤバイ?危険な5エリアと、旅行時の11の心得まとめ
【2018年最新版】ドイツで治安が悪い場所はどこか?逆に「良い場所」はどこか?危ない場所や旅行時に心がけるポイントを分かりやすくまとめました。
フランス・パリ観光は治安に注意!危険エリア7つと、旅行時の17の心得
【2018年最新版】フランス・パリの治安の悪い場所を、区やエリアごとに紹介!またルーブル美術館やオペラ座周辺などで気をつけたいこと、旅行時の注意、過去のテロについて。