コガネムシとカナブンの5つの違い!【種類・エサ・見た目・生態まとめ】

コガネムシとカナブンの5つの違い!【種類・エサ・見た目・生態など】

こんにちは。
山奥の実家で20年、多くの虫と暮らしてきたアキラです。

 

コガネムシとカナブンは非常に似ていますが、「何が違うんだろう?」と疑問を持つ方も多いでしょう。

 

このページをお読みいただければ、

 

  • 見た目の違い
  • エサ(食生活)の違い
  • 種類の違い
  • その他、生態の違い

 

がわかります。

 

分かりやすくまとめておりますで、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

 

 

 

人気の関連ページ!

 

スポンサーリンク

 

 

コガネムシとカナブンの5つの違い!

コガネムシもカナブンも同じ「甲虫目コガネムシ科」の昆虫。

 

この2つは近縁種であるため、とても良く似ています。

 

しかし習性がまったく異なるこの2種類の見分け方を、あなたはご存知でしょうか?

 

コガネムシは「庭木の害虫」にもなるため、ガーデナーなら特に知っておきたいところでしょう。

 

そんな2種類の違いを、5つの観点で詳しくご紹介します。

 

 

見た目の違い!

見た目が非常に似ているのですが、よく見ると違いが分かります。

 

 

コガネムシの特徴!

 

  • 頭部:丸い
  • 背中:やや丸みがある
  • 翅の付け根の逆三角形:小さい
  • 色:緑色が多く金属のような光沢がある
  • 脚:黒っぽく毛が生えている

 

 

 

カナブンの特徴!

 

  • 頭部:四角い
  • 背中:やや平べったい
  • 翅の付け根の逆三角形:大きくはっきりした二等辺三角形
  • 色:ベースが茶色、青・緑などで、黄土色や赤銅色と混ざって落ち着いた色合い
  • 脚:背中と同じような緑色

 

 

 

大きさに違いはあるか?

大きさの違いとしては、

 

  • コガネムシは2p前後
  • カナブンは2.5p前後

 

が平均的な大きさですので、さほど違いは見られません。

 

ただしどちらも種類によって幅があり、単体で見ると大きさの違いが分かりにくいですが、カナブンはやや大きめの体型をしています

 

これは、分類上はカナブンがもともと大型のハナムグリの一種だからです。

 

スポンサーリンク

 

 

エサ(食べ物)の違い!

エサの違いから、コガネムシは「害虫」扱いされています。

 

 

コガネムシのエサ

コガネムシは「植物の葉」を食べるため、樹液の付近ではなく枝や葉にいることが多い昆虫です。

 

多くの種類を幅広く食害することから、植物を育てているガーデナーからは「害虫」という扱いをされています

 

葉を食べてその場でフンをするため、葉に残されている「黒い小さなフン」はコガネムシのもので間違いありません。

 

 

カナブンのエサ

カナブンの成虫はクヌギやコナラなどの「ドングリのなる木」に集まり、木から出る樹液をなめています。

 

「広葉樹の樹液」や「熟した果物」が好きで、ほぼ同じ食性の

 

  • カブトムシ
  • クワガタ

 

などと同じ場所にいることが多いのです。

 

モモやブドウなどの畑で良く見られます。

 

スポンサーリンク

 

 

ライフサイクルの違い!

カナブンとコガネムシは分類上同じグループであるため、目立って大きな違いは見られません。

 

しかし幼虫や食性などに違いがあるため、それに伴った生活場所には違いが現れます。

 

 

コガネムシのライフサイクル!

幼虫

土の中で過ごします。
体色は白〜黄色っぽくなります。
歩かせると、体を伸ばして上手に歩くことが可能。

孵化

土の中で過ごし、もみ殻や土を混ぜて繭を作り、その中で蛹になり羽化します。

成虫

非常に活発に活動。
食欲旺盛で、昼も夜も飛び回っています。

好む場所

エサとなる植物の周りだけでなく、牧草地や芝生なども好んで移動しています。
「雑草の多い畑があればどんなに駆除しても減ることがない」と言われる程、雑草地を好みます。

交尾

産卵

初夏〜夏の時期に、有機物の多い土に産卵。
腐葉土を好み、葉の重なった場所を好んで産卵しますが、土の敷き詰められたプランターでも産卵します。
早いものは1年程度で孵化し、春を迎える時期に蛹化(ようか)します。

 

 

カナブンのライフサイクル!

幼虫

土の中で過ごします。
体色は白っぽい。
外に出して歩かせると、上手に歩けずひっくり返ったまま動いていきます。

孵化

土の中で土繭を作り、蛹を経て繭の中で羽化します。

成虫

普段は土の中で過ごし、地上で活動するのは「食餌」と「繁殖」の時のみ。

好む場所

土の中だけでなく、腐葉土の中や落ち葉の下にも生息。
また葛(くず)の葉も好んで潜り込みます。

交尾

産卵

夏の活動のピーク時に交尾を行い産卵をします。
環境によって孵化までに2年ほどかかる個体もあり。

 

スポンサーリンク

 

 

飛翔能力の違い!

飛び方にも若干の違いがあります。

 

 

コガネムシの飛翔

 

コガネムシは前の羽を開き、後ろの羽をはばたかせて飛びます。

 

カナブンほどの飛翔能力はなく、飛び方も不安定なのが分かります。

 

これは体が重いためだと言われており、若い個体よりも年寄りの個体のほうがより左右にぶれて飛ぶ傾向があり。

 

飛ぶ姿は一瞬なので違いが分かりにくいですが、「飛ぶのが下手なのがコガネムシ」だと言われています。

 

 

カナブンの飛翔

 

カナブンは前の羽を閉じ、後ろの翅を羽ばたかせて飛びます。

 

飛行能力が高く、足場がなくても着地が可能。

 

左右にぶれるような飛び方はせず、フラフラする事は少ないようです。

 

スポンサーリンク

 

 

「人間や環境」への影響!

上でも説明のとおり、コガネムシに関しては「害虫扱い」されるほど、人間や環境へ影響を及ぼしています。

 

 

コガネムシによる影響!

コガネムシは、土を掘り返すとたくさんの幼虫が出てきます。

 

一見すると「カブトムシの幼虫」にも似ている形ですが、幼虫は朽ち木ではなく元気な植物の根っこを食べつくしてしまうのです。

 

その株を枯らしてしまうほど食欲旺盛で、自然を豊かにするイメージとは程遠い習性なのが分かります。

 

成虫であっても幼虫であっても、大量発生するとその植物は一気に食べつくされてしまうことに。

 

このため人間からは嫌われているのです。

 

特に農業関係者や生花生産者、ハーブ生産者、ガーデナー、庭師などからは「害虫」扱いされています。

 

 

カナブンによる影響!

カナブンは「カブトムシ・クワガタ」にとても近いライフサイクルを持ち、住処もほとんど同じような場所で過ごしています。

 

卵を「朽ち木」の中に生み、孵化した幼虫がそれらを食べて分解しながら成虫へと成長します。

 

この「土の中の腐った木を分解し自然に返す」という習性があるため「森の分解者」とも呼ばれており、ミミズなどと同じように自然を循環させるシステムに役立っているのです。

 

カナブンは人間にも環境にも無害であり、とても有益な働きを行っている事が分かります。

 

スポンサーリンク

 

 

コガネムシの代表的な3つの種類!

一般的には「コガネムシ科」の昆虫を指しますが、「コガネムシ」という種類名もあることから、しばしば混同されています。

 

また、

 

  • カナブン
  • ハナムグリ

 

など「光沢のある甲虫」を、まとめてコガネムシと呼ぶ場合もあるようです。

 

 

コガネムシ

 

昔から馴染みの種類で、光沢が美しく標本にするために収集する人も多い種類です。

 

一方で「庭や畑の植物」を枯らしてしまうとして、害虫とされる場合も多くあります。

 

本種は呼び方が広義の「コガネムシ」と混同してややこしいため、「ナミコガネ」という和名も付けられています。

 

 

生息地域

北海道・本州・四国・九州といった、広い地域で目にすることができます。

 

 

大きさ

1.5〜2.5p前後。環境によって平均よりも大きい個体も多く見られます。

 

 

全身が緑色の光沢のある色合いで、昔から「宝石の様な虫だ」と言われる、人気の昆虫です。

 

緑色が深い個体や、黄緑色に近い個体もあり。

 

また触覚の色が薄い個体もあり、個体によってたくさんの変異が見られます。

 

 

活動時期

主に暑くなる5〜8月頃がピークですが、9月下旬の秋口にも活発に飛び回っています。

 

温暖化の影響で活動時期は長くなっています。

 

 

 

 

アオドウガネ

 

色々な植物を好んで食べるため、害虫として扱われることが多い種類。

 

電灯にもよく飛来し、色々な場所で目にする昆虫です。

 

腹部に長い毛が生えているのが「アオドウガネ」の特徴です。

 

現在では在来種の「ドウガネブイブイ」を駆逐するほど数が増えており、その生息地域も年々広がっていると言われます。

 

 

生息地域

北海道・本州・四国・九州・沖縄、といった広範囲で目にすることができます。

 

 

大きさ

1.8〜2.5p前後。

 

 

上記のコガネムシよりも光沢がなく、ツヤがにぶい色合いをしています。

 

ベースが落ち着いた緑色で、頭部が茶褐色のものもあり、同じ地域であっても若干の個体差があります。

 

 

活動時期

5〜10月がピークです。

 

 

 

 

ドウガネブイブイ

 

「コガネムシ」「アオドウガネ」と同様に、一般的によく見られるコガネムシの一種。

 

ずんぐりとした丸い体型が特徴で分かりやすく、採集する人も多い昆虫です。

 

食欲旺盛で様々な植物を食べるため、こちらも害虫扱いされている昆虫の一つです。

 

 

生息地域

北海道・本州・四国・九州・沖縄。
さらに中国や朝鮮にも生息しているのが確認されており、かなり広い範囲で目にすることができます。

 

しかし近年では、温暖化に伴って生息地域を広げた「アオドウガネ」に住処を追われています。

 

 

大きさ

2〜2.5p前後。頭部が長めで大きめのコガネムシです。

 

 

全身の銅色が特徴です。

 

 

活動時期

6〜9月がピーク。温暖化の影響で活動時期は長くなっているようです。

 

スポンサーリンク

 

 

カナブンの代表的な3つの種類!

続いてはカナブンの代表的な種類を紹介しましょう。

 

 

カナブン

 

昔からおなじみのよく目にする種類です。

 

光に集まる習性があるため、自転車やバイクの明かりにつられてぶつかり、道路に死んでいるものを良く見かけます。

 

昼間も活発に飛び回りますが、夜には電灯にたくさんのカナブンが群がっています。

 

 

生息地域

本州・四国・九州・南西諸島
日本の他朝鮮半島や中国大陸でも確認されています。

 

 

大きさ

2.2〜3p前後となります。

 

 

色は鮮やかではなく鈍い色で、緑胴色、茶褐色、赤褐色など濁りのある色が多いのが特徴。

 

色の幅は広く色彩変異が多く、環境で左右されることが多いとされています。

 

複数のカナブンが群がっているような場所では、どれも同じ色がないと言えるほど様々な体色が存在しています。

 

 

活動時期

6月〜8月がピーク。

 

 

 

 

アオカナブン

 

カナブンと同様に山地の木々の樹液に群がります。

 

近年ではその美しさから採集される事も、カナブンよりも数を減らしていると言われています。

 

 

生息地域

北海道・本州・四国・九州。

 

 

大きさ

2.2〜2.8p前後。
上記のカナブンよりもやや細身で、羽が長めなのが特徴です。

 

 

緑色がとても鮮やかで自然下では良く目立ちます。

 

光沢もあり、カナブンのような鈍い色合いはありません。

 

色彩変異も少なく、どの個体もキレイな緑色をしています。

 

 

活動時期

6月下旬〜8月がピーク。

 

 

 

 

コアオハナムグリ

 

一般的に言われる「ハナムグリ」も、カナブンと同じ仲間の昆虫です。

 

その中でも、コアオハナムグリは同じ「ハナムグリ亜科」であり大変近い種類。

 

しかし近縁種だといっても見た目は大きく違い、全身が茶色がかったうぶ毛に覆われています。

 

また食性も違い、カナブンは樹液をなめるのに対して、ハナムグリは花粉を食べる習性があります。

 

 

生息地域

北海道・本州・四国・九州といった広い範囲で見られ、山地でも平野でも目にすることができます。

 

 

大きさ

1〜15p前後。
ハナムグリ亜科の中でも小さめです。

 

 

落ち着いた緑色のベースに、白い点の模様が左右対象に散りばめられています。

 

ベースの色は緑色の他銅色の場合もあり、個体によって色彩変異が見られます。

 

点模様も白ではなく黄色味を帯びていることも。

 

 

活動時期

5〜10月頃がピーク。花粉を食べるため春の花の咲く時期に増え始めます。

 

スポンサーリンク

 

 

カメムシとの違いは?!

「コガネムシ・カナブン」と雰囲気が似ている虫として、「カメムシ」も存在します。

 

 

カメムシにもかなりの種類が存在しますが、カメムシは「カメムシ目」であり、コガネムシ・カナブンは「甲虫目」ですので、グループとしては全く異なるものです。

 

人気の関連ページ!

 

 

 

 

さいごに!

コガネムシとカナブンの違いについて説明しました。

 

それぞれ種類によって色もことなりますが、「木の蜜を食べるのか?葉を食べるのか?」によって、見極めやすいでしょう。

 

人気の関連ページ!

 

スポンサーリンク

 

 

関連ページ

ゴキブリ対策まとめ!30年の経験でわかった【二度と見ない最強駆除】
2018年最新版. 約30年ゴキブリの対策・駆除をしてきた私が、ハーブやアロマ、スプレーなどのグッズからオススメや駆除の流れを実体験に基づき解説!
【ゴキブリ退治】7つの瞬殺方法!熱湯など「身近な物」での殺し方まとめ
【G画像なし】山奥に住んでいた私が、ゴキブリをアッと言う間に瞬殺できる「7つの対処法」を紹介!お湯や洗剤は本当に効果あるのか?説明します。
ゴキブリはどこから来る?7つの侵入経路・原因と、鉄壁の予防対策法!
ゴキブリはどこから入ってくるのか?侵入経路や寄せ付けないための「侵入防止対策」をどこよりも分かりやすく解説!ホウ酸団子や忌避剤は意味があるのか?ゴキブリを寄せ付けない鉄壁の予防対策もご紹介!
ゴキブリの卵が孵化する9つの場所と時期!女子でも出来る駆除法5選!
【2018年更新版】ゴキブリの卵はどこに産み付けられ、どこで孵化するのか?また、何匹生まれるのか?孵化の時期はいつ頃か?卵を見つけた時の処理方法を分かりやすくまとめてみました。
ゴキブリの赤ちゃん(幼虫)が出る7つの原因と、効果抜群な駆除法8選!
ゴキブリの赤ちゃん(子ども)の特徴や大きさ、「飛ぶのか?」などを解説。どこから出るのか?「1匹いると30匹いる」の真実も分かりやすく説明。
ゴキブリが巣を作る11の場所!どんな形?【駆除と全滅までの流れ!】
ゴキブリの巣はどこで作られる?ゴキブリと巣を退治する方法と、全滅させるまでの流れを解説します。
ゴキブリにアロマ(ハーブ・ミント)やファブリーズ、重曹は効くか?【試してみた】
【ゴキブリ画像なし】ゴキブリにはアロマ(ハーブやラベンダー、ミント)、ファブリーズ、重曹などが効くと聞きます。では実際に効いたのか?試してみました。(ゴキブリの画像はありませんのでご安心下さい。)
驚愕!ゴキブリへの「アルコール」が効果絶大だったので報告する!
ゴキブリにアルコールスプレーは効果があるのか?なぜ嫌がるのか?実際に試した結果をモザイク画像と共に報告します!
ゴキブリに洗剤使ったらヤバすぎた!たった1つのコツで「即死」できる!
ゴキブリに洗剤を使ってみた結果、効きやすい洗剤・効きにくい洗剤があった!「死なない」「逃げられた」という方、やり方間違ってません?
ゴキブリを寄せ付けない究極アイテム発見!ハッカや超音波よりスゴイ!
【2018年更新版】ゴキブリを寄せ付けない方法を色々試してみた!ハッカ油や超音波、電磁波、ナツメ・ラベンダーなどのハーブなどなど。その中で「これは効く!」と思えた効果抜群のアイテムが見つかったので紹介する!
ゴキブリの生態まとめ!種類・寿命・冬の生活・共食い!噛むの?菌は?
【どこよりも分かりやすく説明!】ゴキブリの生態について、、種類や寿命、冬はどこに潜んでいるのか?夜行性なのか?を説明!人間を噛むの?ウイルス・細菌感染の危険性の有無は?
ゴキブリの生命力・繁殖力がヤバすぎる!「1匹いたら100匹いる」の真実
ゴキブリは生命力と繁殖スピードが異常に高いため、繁殖させないための対策が必要です。「1匹いたら100匹いる」は本当か?
ゴキブリが飛ぶ5つの条件!考え得る「飛ぶ理由」3つと対策まとめ
ゴキブリは飛びます!しかも頻繁に人に向かって飛んできます… なぜ飛ぶのか?飛ばない種類もあるのか?説明します。
ゴキブリのふんの掃除法と注意点5つ!固さ・量にも注目しよう【画像】
ゴキブリのふんを見つけたらどうすべき?床や壁に付いた場合の処理対策や、潰すとどうなるか?ニオイなどについても説明します。
ゴキブリの「餌・好物」と「嫌いなもの」を知ると徹底的に排除できる
ゴキブリが好きな食べ物、嫌いな食べ物・ニオイをまとめました。餌となるものを排除できると、毒餌の効果も強まるので必ず把握しておきましょう。
ゴキブリを見失った!逃げられた!「寝れない夜」を避ける11の対策!
ゴキブリに逃げられた!どこかに消え た!という場合に考えられる「逃げ込みやすい13の場所」と、眠れない場合の11の対策を紹介。
逆効果?ブラックキャップの効果を6ヶ月ガチ検証したらヤバすぎた!
ゴキブリ対策として最強説のある「ブラックキャップ」の効き目を6ヶ月間ガチ検証しました。屋外でも効果はあるのか?置き場所はどこが良い?有効期間は?すべて解説します。
コンバットの効果5ヶ月検証!ブラックキャップとの強さ比較もしてみた
ゴキブリ駆除薬「コンバット」・「コンバットハンター」を使ってみた結果を公開!ブラックキャップとどちらがオススメか?説明します!
ゴキちゃんストップの効果を7ヶ月検証!置き方のコツ伝授!【口コミ】
ブラックキャップの効果がいまいちだったため、プロ仕様のゴキちゃんストップで検証。結果をレビューします。その他、置き場所・薬局で買えるのか?なども解説。
ゴキブリホイホイをおすすめしない5つの理由!効果検証がヤバすぎた…
ごきぶりホイホイを試行錯誤で長年使ってきた結果から、オススメできない理由を挙げてみます。逆効果か?設置場所は関係あるか?など。
ゴキジェットプロの「効果検証」で判明!オススメできない5つの理由!
【ゴキ画像なし】ゴキジェットプロでは死なない?使って分かったメリット・デメリット、黒(まちうけタイプ)はどうか?実体験から個人的な感想を説明します!
バルサン7種類を使った効果比較がヤバイ…!使い方・放置時間を語る
【2018年】バルサン7種類使用したため、効き目の比較とオススメを紹介。また使用方法や放置時間、効果期間、注意点、掃除のやり方も解説。
バルサンの値段(価格)を7タイプ全サイズで調査!コスパ比較 <2018年>
【2018年版】バルサンやバルサンプロEXなど、全タイプ・サイズのコスパを比較!アースレッドや虫コロリとの比較も!
バルサンを「布団のダニ対策」で使った結果が衝撃的すぎた!【悲報】
バルサンを焚くときに布団にかかって良いの?私はあえてかけてダニ対策を行った経験がありますが、結果がヤバかったのでお伝えしたい。
「ゴキブリを食べると死亡する」の真実!味と害、8つの食べ方まとめ!
ゲテモノ好きが食べる「ゴキブリ」。食べると死ぬという噂は本当か?食用ゴキブリの味や、食べることでの害、調理方法を解説!
【動画まとめ】マンホールから大量のゴキブリが湧く!なぜマンホールに?
京橋駅でマンホールから大量発生したゴキブリ。なぜマンホールにいたのか?どこにでもいるのか?動画とともに解説します。
ダニ退治で本当に効果的な9つの駆除法と、実は効果が薄い9つの対策!
【2018年最新版】ダニ退治で本当に効く駆除方法と、実はあまり効果のない方法を紹介!アイロンやドライヤー、ファブリーズ、アルコールは効くのか?などなど。
ダニ刺されの症状と9つの見極め方!跡の特徴や薬、治らない場合の対処
【2018年最新版】ダニに刺された時の判断方法や症状の特徴を画像で紹介!痒くない場合や、治らない場合の対策、ムヒ等の市販薬について。
【ダニは7種類】大きさ・特徴の違い!赤い虫や、目に見えるのもダニか?
ダニの種類を詳しく解説!大きさや刺され跡、出現する時期の違いなど特徴を説明。肉眼で見えるものや赤い小さな虫についても触れています。
ムカデの生態(種類・つがい・幼虫・卵・天敵・餌)辞典【完全版】
ムカデについてどこよりも分かりやすく解説!種類は多いの?つがい行動するって本当?幼虫はどんなの?噛むことや毒はある?卵はどんなのでどんな場所にうむの?【ムカデがわかる辞典】
ムカデ対策・駆除の方法9選!熱湯やハッカ油で退治?噛まれた時の対処・薬
ムカデの対処方法を9種紹介!ハッカ油や熱湯、バルサン、殺虫剤・・・ 何が効くの?ムカデを寄せ付けない予防法や、噛まれたらどうするのか?を分かりやすく説明しています!
ゲジゲジの侵入経路8つと、駆除・対策7選!益虫なの?幼虫や毒性<画像>
ゲジゲジ虫の対策と駆除を分かりやすく解説。幼虫や卵、どこから沸いてくるのか?毒性や噛むこともあるのか?益虫なのか?についても分かりやすく説明。
ゲジゲジの種類は2種類!『ゲジゲジみたいな虫』はムカデorヤスデかも!
ゲジゲジ虫の種類の紹介のほか、「ゲジゲジと似てる虫」として勘違いされやすい「ヤスデ」や「ムカデ」の特徴や違いを、画像とともに説明しています。
ヤスデをササッと駆除・対策する8の方法と、「大量発生」する4つの原因!
気持ち悪いヤスデを駆除・退治する8つの方法や、家の中に侵入させないための予防法、なぜヤスデは大量発生するのか?その理由を分かりやすくまとめました。
ヤスデの臭い対策3ポイントと毒性の有無!噛む?刺す?【害虫or益虫?】
ヤスデと言えば「くさい臭い」。この臭いに毒性はあるか?臭い液が付いてしまった場合どうすべきか?噛まれたり刺したりするのか?人間にとって害虫か益虫か?まとめました。
ヤスデの種類は200以上!最大30cm!天敵・幼虫・卵など生態まとめ!【画像】
ヤスデの種類や、世界最大級のヤスデを写真付きでご紹介!また天敵や、卵から孵化・赤ちゃん・子供までのライフサイクル、増える時期などの生態についてもご紹介。
チャドクガ(幼虫・成虫)の発生時期と、安全な駆除・予防対策9選!
チャドクガの成虫と幼虫の生態(大きさや毒など)と、発やすい時期、駆除と予防対策について画像付きで紹介。天敵や木酢液を使った予防方法についても解説。
チャドクガに刺されたら?症状と、すぐ出来る対処法・薬・治療【まとめ】
チャドクガに刺されたらどんな症状が出るの?皮膚炎(かぶれ・湿疹)を画像で紹介。また、とっさに出来る応急処置7ステップを分かりやすくまとめています。
ブヨに効果的な対策5つと、刺された場合の症状・薬・治療を解説します!
ブヨに刺されたら腫れや水ぶくれ、かゆみが出ます。ここでは対処方法やオススメの市販薬、虫除け方法を詳しく解説します。
シバンムシの駆除法6つと予防法7選!幼虫・卵どこから沸くの?
シバンムシの駆除方法6つと予防方法7つを分かりやすく。またシバンムシは何が原因でどこから沸いて来る?卵や幼虫はどう退治する?繁殖の時期・畳への害などを含めて説明しています。
カツオブシムシ(幼虫・成虫・卵)のカンタン駆除対策12選!どこから湧く?
虫食いの原因である「ヒメカツオブシムシ」と「ヒメマルカツオブシムシ」の駆除方法と予防対策を12紹介!幼虫や卵がどんなものか?どこから侵入してくるのか?解説します。
ユスリカの3つの対策・駆除、発生時期、幼虫・成虫の寿命や生態!
【2018年更新版】ユスリカやフユユスリカの対策や駆除方法、発生時期、幼虫・成虫の寿命や生態を分かりやすく解説。その他、蚊取り線香や電撃殺虫機なども紹介します。
ガガンボ(カトンボ)という「でかい蚊」の幼虫や種類、駆除・刺された時の対処
【まとめ】大きい蚊のような虫「ガガンボ」。このガガンボの生態や種類、人を刺すのか?を説明。またオススメの6つの駆除・対策方法もあわせて説明しています!
チャタテムシの徹底カンタン駆除対策9選!幼虫・卵もまとめて撃破!【画像】
チャタテムシをカンタンに駆除する4つの方法と、寄せ付けないための5つの予防対策法をお教えします!また「幼虫・卵」の段階ではどのように駆除すべきか、あわせて解説します。
カマドウマ(便所コオロギ)の駆除対策10選!幼虫や卵、どこから来る?【画像】
トイレに出るコオロギのような虫「カマドウマ」。駆除方法や侵入予防対策、どこから入るのか?幼虫や卵のライフサイクルについて分かりやすく説明します。
カメムシの種類や天敵、寿命、噛むか?飛ぶか?など【生態まとめ】
「屁こき虫」「へっぴり虫」とも呼ばれるカメムシ。カメムシの種類(仲間)や天敵、寿命、冬眠するのか?など生態を分かりやすくまとめました。
カメムシの臭いの消し方7つと成分!自然に消える?ファブリーズは有効?
カメムシの臭い消しに有効な7つの方法と、臭い成分について。例えるとどんな臭いがするか?自然と消えるか?なども解説。
カメムシが大量発生する3つの時期・原因と対策6選!【大雪との関係】
カメムシが大発生する季節や原因、その対策を解説。また大雪や台風などの天災、花粉との関連についても解説。
コガネムシ(幼虫・成虫)の5つの駆除・対策!寄り付く原因を解消するには
コガネムシは幼虫・成虫ともに「害虫」です。ここではトラップを含め退治方法や発生する時期・原因についてまとめています。
アブラムシの駆除・対策14選!牛乳や木酢液は効く?【パッと退治する裏技】
厄介なアブラムシを退治する方法、寄せ付けない予防方法をそれぞれ説明します!無農薬で撃退・予防できる方法もありますので、色々組み合わせて試してみましょう!
アブラムシが黒い?5つの種類と生態の違い!卵・成虫・繁殖【完全版】
アブラムシの種類や生態の違い、卵や幼虫について分かりやすく説明しています。また「繁殖力が強い」秘密や、駆除方法についても説明しています。
ダンゴムシの餌・飼い方・生態と駆除方法
ダンゴムシの飼育やエサ、生態(寿命・オスメスの違い・赤ちゃん・幼虫・種類など)を分かりやすく説明!また、害虫ともなるダンゴムシの駆除方法についても説明しています。
フナムシとゴキブリの5つの違い!食べると味ヤバすぎた【感想まとめ】
フナムシとゴキブリの違いを分かりやすく!また、フナムシの料理方法と味、食べた感想をまとめています。その他、噛むのか?害虫なのか?などの生態についても。
トノサマバッタの生態(餌・飼い方・卵・寿命・共食い)【完全版】
トノサマバッタについて、餌や飼い方、産卵のさせ方や卵の保管方法、孵化のさせ方、寿命、共食いの有無を分かりやすく説明しています。トノサマバッタを 飼いたい方は必見!
タガメの生息地と飼育方法!卵を壊す理由や天敵、捕食方法を学ぼう!
タガメの生息地や販売されている値段相場、飼育方法、捕まえ方を分かりやすく説明!またタガメが卵を自ら壊してしてしまう理由や、天敵、捕食の仕方、飛ぶのか?についても説明!
ゲンゴロウの種類は4000?幼虫、飼育と餌、タガメとの違い【まとめ】
ゲンゴロウの種類と生息地、絶滅危惧種なのか?といった内容と、飼育方法(餌や飼育道具)、タガメとの違いを分かりやすくまとめています。【画像あり】
カミキリムシの正しい飼い方と、種類・エサ・幼虫!【画像】
カミキリムシって買える(飼育できる)?!成虫や幼虫の生態って?種類やエサは?カミキリムシについて、わかりやすくまとめてみました。
クマンバチの巣や毒針を解説!刺されたら?駆除やオスメスの生態
クマンバチの生態を分かりやすく説明!毒はあるの?刺された場合の処置はどうする?駆除の方法は?オスメスの見分け方は?分かりやすく解説しています。
カタツムリがグングン育つ飼い方!【餌・寿命・種類・卵なども解説】
カタツムリがスクスクと育つよう正しい飼育方法を説明します!飼育に必要なケースやエサ、飼育時の注意点、産卵や孵化のこと、そして赤ちゃんの育て方まで説明しています。
カタツムリの寄生虫「ロイコクロリディウム」は人間にも寄生?【死亡例も…】
カタツムリに寄生する虫「ロイコクロリディウム」とは?この虫の特徴や生息地域、どうやって人間に寄生するのか?寄生したらどうなるのか?どこよりも分かりやすく説明しています。
サナダムシのダイエットは最悪「死」!寄生症状が怖い…【卵と画像】
サナダムシダイエットって本当に効果あるの?そもそもサナダムシって何・・・?寄生させることでの症状や、寄生される原因、なぜ痩せると言われているのか?解説します。