カタツムリの寄生虫「ロイコクロリディウム」は人間にも寄生!【死亡例も…】

カタツムリの寄生虫「ロイコクロリディウム」は人間にも寄生する!【危険な虫】

カタツムリに寄生する「ロイコクロリディウム」。

 

グロテスクな見栄えであり、カタツムリと鳥の間を行き来する「賢い寄生虫」です。

 

どんな寄生虫なのか?人間にも寄生するのか?

カタツムリは他にも寄生虫がいるのか?

 

などなど、「カタツムリと寄生虫」についてわかりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

 

  • ロイコクロリディウムってどんな寄生虫?
  • カタツムリに寄生するとどうなるの?
  • ロイコクロリディウムが寄生した時の特徴!
  • 人間に寄生するの?寄生したらどうなる?

 

関連:「カタツムリの飼い方」について!

カタツムリがグングン育つ飼い方!【餌・寿命・種類・卵なども解説】

 

 

「ロイコクロリディウム」ってどんな寄生虫?!

まずはじめに、ロイコクロリディウムについて簡単に説明します!

 

ロイコクロリディウムは「カタツムリに寄生する、代表的な寄生虫」です。

 

ロイコクロリディウム

 

「吸虫」の一種で、ヨーロッパやアメリカに広く生息しています。

 

日本ではあまり見られませんが、90年代にはすでに生息が確認されており、現在でもその生息範囲を広げつつあります。

 

日本での最初の目撃報告は北海道であったため、季節によって移動を行う「渡り鳥」を介して、温かい地域にも急速に広まっている可能性があると言われています。

スポンサーリンク

 

では、カタツムリに寄生するとどうなるの?

では、カタツムリに寄生するとどうなるのでしょうか?

 

ロイコクロリディウムの一生は、

 

  • カタツムリ
  • カタツムリを食べる鳥

 

の間を行き来して、営まれています。

 

ロイコクロリディウムは、まず「カタツムリの体内」で卵を孵化させ、脱皮を繰り返してそのまま成長していきます。

 

そしてカタツムリの頭部に移動を開始し、カタツムリの特徴である長い触覚に入り込みます。

 

ロイコクロリディウム

 

すると上の画像のように、触覚内が緑色になります。

 

これは体内のロイコクロリディウムが透けて見えているためです。

 

カタツムリは、触覚に寄生されたことで視界が遮られ、違和感を感じたカタツムリが触覚を回転させて抵抗します。

 

そしてこのロイコクロリディウムが動くことで、蝶の幼虫である「イモムシ」に見えるため、イモムシを好物とする鳥に間違えられて食べられてしまいます

 

鳥が食べることでまんまと鳥の体内に侵入したロイコクロリディウムは、その鳥の腸管内で卵を産みます

 

この卵は鳥のフンと共に排出されますが、カタツムリがこの「フン」を食べることで、またロイコクロリディウムはカタツムリの体内で成長し繁殖行動を行うのです。

 

こうして、カタツムリと鳥の間でグルグルと周り続けているのです。

 

スポンサーリンク

 

ロイコクロリディウムの「特徴」!

「人への寄生」について説明する前に、ロイコクロリディウムの「ちょっと面白い特徴」を説明しましょう!

 

興味ない方は飛ばしてくださいね!

 

 

現在の宿主を、次の宿主に食べさせる

これはすでに上でも説明したことですが、ロイコクロリディウムは「宿主を殺すために活動をする」珍しい寄生虫と言えるかもしれません。

 

と言うのも、寄生虫は宿主の体内で一生を過ごし、繁殖行動も「宿主の体内」で行うのが一般的です。

 

しかしロイコクロリディウムは「一生を宿主の体内で静かに過ごす」だけではなく、「カタツムリの行動を支配する」ことにその大きな特徴があります。

 

寄生虫は宿主がいなければ生きていけないため、なるべくひっそりと寄生をしており、宿主を何度か変えながらも殺さない程度の活動をしています

 

しかしロイコクロリディウムは、宿主を移動するために「カタツムリが鳥に食べられ死ぬ」ことをいとわないのです。

 

それがカタツムリの触覚でイモムシに擬態し、中間宿主(カタツムリ)を、最終宿主(鳥)のエサに似せてしまうという行動です。

 

ということで、寄生虫の中でも、宿主を殺すために活動をする珍しい虫と言えるのです。

 

 

 

カタツムリを「ゾンビ化」させる!

カタツムリは普段は「昼間の活動」を好まず暗がりでじっと過ごしています。

 

しかしロイコクロリディウムに寄生されると、日中の活動が大変活発になります。

 

これはカタツムリの視界を遮って寄生するため、カタツムリが混乱することが大きな要因であると言われています。

 

また頭部に移動した際に脳にまで寄生の影響を及ぼし、神経を支配してしまうからだとも言われます。

 

このようにして、鳥に見つかりやすいように、カタツムリを動かしてしまうのです。

 

さらに恐ろしいことに、ロイコクロリディウムに寄生されたカタツムリは、「寄生されていない個体」と比べて寿命が長くなるのです。

 

このような変化が見られることから、ロイコクロリディウムはカタツムリの体内に入り込んで繁殖するだけでなく、脳にまで影響を及ぼし寿命までもを支配してしまう恐ろしい寄生虫であると言われています。

 

このように身体だけでなく心も支配しているように見えることから、「カタツムリをゾンビ化する寄生虫」と言われています。

 


 

人間に寄生するの?寄生したらどうなるの?

ロイコクロリディウムの目的は、カタツムリを経由して、「鳥の体内」で繁殖することです。

 

ですので、基本的には「積極的に人間に寄生するような生活サイクル」は持っていません。

 

しかし「ロイコクロリディウムに寄生されたカタツムリ」を食べてしまった場合は、人間であっても寄生される可能性があります

 

たとえばカタツムリの仲間であるエスカルゴは食用ですので、寄生の可能性がある身近な存在と言えます。

 

寄生虫は、カタツムリのような決まった宿主以外にも寄生する可能性があります。

 

 

海外では死亡例も!

なお、日本ではまだ例がありませんが、ヨーロッパではカタツムリの持つ「薬効」を期待して食べた女性が、寄生虫によって髄膜炎で死亡したという例が報告されています。

 

このようにロイコクロリディウムが人間に寄生すると、腸管から脳に向かって移動を行うため、脳に達するまで激しい頭痛が続くと言われています。

 

 

親しみのあるカタツムリは、日本でも注意!

日本では童謡に出てくるほどカタツムリには小さい頃から親しみがあり、多くの人に「可愛らしい動物である」と認識されています。

 

カタツムリは人里にたくさん生息しており、このような認識のまま安易に手で触ることで、寄生の危険が増えるのです。

 

そしてカタツムリはその姿がなくても、通った場所には粘液が付着しています。

 

姿がなくても気を付けなければならない場所は多いため、特に小さい子供のいる家庭では必ず手を洗うように習慣づける必要があります。

 

 

カタツムリの寄生虫はこれ以外にもいる!

カタツムリの代表的な寄生虫は、上で説明したロイコクロリディウムですが、これだけではありません。

 

危険とされている寄生虫の一つに広東住血線虫があります。

 

 

広東住血線虫の最終宿主はネズミで、主にドブネズミ(ラット)に寄生しています。

 

この寄生虫は「ネズミ」と「カタツムリ・ナメクジ類」の間を行き来することで、一生を送っています。

 

もちろん日本にも存在しており、ズーノーシス(人獣共通感染症)に指定され、

 

  • 厚生労働省
  • 国立感染症研究所

 

からも感染の危険性が指摘されています。

 

日本国内では本州での感染例もいくつかありますが、特に沖縄に多いとされています。

 

 

では人間に寄生するとどうなるのでしょうか?

 


 

これらが人に寄生するとどうなるの?

 

人間への寄生の流れ!

人間への寄生は、主に

 

  • ドブネズミ
  • カタツムリ・ナメクジ類

 

に汚染された食べ物を食べることで感染が始まります。

 

他にもロイコクロリディウムと同じ様に、

 

寄生された生食
火の通り切らないカタツムリ

 

を直接食べることでも寄生が起こります。

 

またあまり知られてはいませんが、淡水の

 

  • テナガエビ
  • カニ
  • ヒキガエル

 

にも、広東住血線虫が長期間寄生していることが分かっています。

 

エビ類やカニ類を採集して食べる場合でも、まず充分に火を通さなくてはならないのです。

 

 

 

どんな症状がでるの?

広東住血線虫がヒトの体内に取り込まれると、4日から25日程度の潜伏期間を経て最初の症状を起こします。

 

  • 発熱
  • 激しい頭痛
  • 首の張り
  • 嘔吐
  • 悪心

 

などインフルエンザのような症状があり、さらに進行すると運動困難となり動けなくなります。

 

昏睡状態になる場合もあり、重篤な症状の中には失明やてんかん、光に対して敏感になるなどの症状みられます。

 

しかし一方で、2週間から4週間程度で自然に回復していく場合も多くみられます。

 

この場合は予後も問題なく、後遺症に悩まされることもほとんどありません。

 

さらに好酸球が増殖することもなく、髄膜炎症状がない場合もあります。

 

 

 

治療方法は?

残念ではありますが、国内外問わず広東住血線虫の特効薬や治療方法は確率されていないのが現状です。

 

症状も人によって様々であることから、出た症状を軽くするための対症療法を行うのが一般的です。

 

確実な治療方法がないことから、しっかりと予防することが重要とされます。

 

 

 

感染予防のポイント!

広東住血線虫は国内でも気を付けなけれがならない寄生虫ですが、海外旅行中は特にその危険性が増します。

 

というのも、広東住血線虫は世界中で感染が見られており、特に東南アジアの地域やカリブ海、太平洋諸国という日本人の旅行者が多く行きかうような地域で、たくさんの感染例があるからです。

 

海外旅行の際は食事に充分に気を付けなくてはなりません。

 

街角の生野菜やフルーツを使ったジューススタンドでは、寄生虫対策のために食材がしっかり洗われているか、火が通されているかを確認したいところですが、客の立場では難しいのが現状です。

 

もし飲食店を利用するのであれば、ある程度衛生レベルの高い店を選ぶことやメニューを選ぶ必要があります。

 

たとえば

 

・生野菜のサラダ
・野菜ジュース
・カタツムリ料理
・淡水エビやカニ料理
・カエル料理

 

です。

 

これらの料理を避けるという方法で予防を行うしかありません。

 

予防薬やワクチンはありませんので、一人一人が意識しながら行動するしかないのです。

 

 

さいごに!

カタツムリとロイコクロリディウムについて説明しました。

 

カタツムリは日本人に愛されてる虫の一つであり、寄生されていないカタツムリはペットとして飼育する人も多いですよ!

 

ペットとしての飼い方は「カタツムリがグングン育つ飼い方!【餌・寿命・種類・卵なども解説】」にまとめていますので、こちらもご覧ください!

 



 

▼お役に立ちましたら、シェアして頂けますと嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ゴキブリ退治<7つの瞬殺方法>!洗剤・熱湯・アルコールでの殺し方は正しいのか?
最近まで山奥に住んでいた私が、ゴキブリをアッと言う間に瞬殺できる「7つの対処法」を紹介します!「いなくなった!」と不安な夜を過ごしているあなた、見つけたらすぐに退治するのが大切ですよ。お湯や洗剤は本当に効果あるのか?説明します。
ゴキブリの卵が孵化する8つの場所と時期!女子でも出来る駆除法4選!
【2018年更新版】ゴキブリの卵はどこに産み付けられ、どこで孵化するのか?また、何匹生まれるのか?孵化の時期はいつ頃か?卵を見つけた時の処理方法を分かりやすくまとめてみました。
ゴキブリはどこから来る?7つの侵入経路・原因と、鉄壁の予防対策法!
ゴキブリはどこから入ってくるのか?侵入経路や寄せ付けないための「侵入防止対策」をどこよりも分かりやすく解説!ホウ酸団子や忌避剤は意味があるのか?ゴキブリを寄せ付けない鉄壁の予防対策もご紹介!
ゴキブリの赤ちゃん(幼虫)はどこから出る?「一匹いたら百匹いる」の真実とは
【2018年更新版】ゴキブリの赤ちゃん(子ども)の特徴や大きさ、「飛ぶのか?」などについて説明します。また、どこからわきでてくるのか?考えられる7つのルートと対策を、どこよりも分かりやすく解説!
ゴキブリにアロマ(ハーブ・ミント)やファブリーズ、重曹は効くか?【試してみた】
【ゴキブリ画像なし】ゴキブリにはアロマ(ハーブやラベンダー、ミント)、ファブリーズ、重曹などが効くと聞きます。では実際に効いたのか?試してみました。(ゴキブリの画像はありませんのでご安心下さい。)
ゴキブリの生態が丸わかり!種類・寿命・冬の生活・共食い!噛むの?菌は?
【どこよりも分かりやすく説明!】ゴキブリの生態について、、種類や寿命、冬はどこに潜んでいるのか?夜行性なのか?を説明!人間を噛むの?ウイルス・細菌感染の危険性の有無は?
ゴキブリを寄せ付けない究極アイテム発見!ハッカや超音波よりスゴイ!
【2018年更新版】ゴキブリを寄せ付けない方法を色々試してみた!ハッカ油や超音波、電磁波、ナツメ・ラベンダーなどのハーブなどなど。その中で「これは効く!」と思えた効果抜群のアイテムが見つかったので紹介する!
ムカデの生態(種類・つがい・幼虫・卵・天敵・餌)辞典【完全版】
ムカデについてどこよりも分かりやすく解説!種類は多いの?つがい行動するって本当?幼虫はどんなの?噛むことや毒はある?卵はどんなのでどんな場所にうむの?【ムカデがわかる辞典】
ムカデ対策・駆除の方法9選!熱湯やハッカ油で退治?噛まれた時の対処・薬
ムカデの対処方法を9種紹介!ハッカ油や熱湯、バルサン、殺虫剤・・・ 何が効くの?ムカデを寄せ付けない予防法や、噛まれたらどうするのか?を分かりやすく説明しています!
ゲジゲジ虫の対策・駆除6選!益虫なの?幼虫や毒性、噛むことはあるの?
ゲジゲジ虫の対策と駆除を分かりやすく解説しています!また、幼虫や卵、どこから沸いてくるのか?毒性や噛むこともあるのか?についても分かりやすく説明しています。
シバンムシの駆除法6つと予防法7選!幼虫・卵どこから沸くの?
シバンムシの駆除方法6つと予防方法7つを分かりやすく。またシバンムシは何が原因でどこから沸いて来る?卵や幼虫はどう退治する?繁殖の時期・畳への害などを含めて説明しています。
ダンゴムシの餌・飼い方・生態と駆除方法
ダンゴムシの飼育やエサ、生態(寿命・オスメスの違い・赤ちゃん・幼虫・種類など)を分かりやすく説明!また、害虫ともなるダンゴムシの駆除方法についても説明しています。
トノサマバッタの生態(餌・飼い方・卵・寿命・共食い)【完全版】
トノサマバッタについて、餌や飼い方、産卵のさせ方や卵の保管方法、孵化のさせ方、寿命、共食いの有無を分かりやすく説明しています。トノサマバッタを 飼いたい方は必見!
カミキリムシの正しい飼い方と、種類・エサ・幼虫!【画像】
カミキリムシって買える(飼育できる)?!成虫や幼虫の生態って?種類やエサは?カミキリムシについて、わかりやすくまとめてみました。
クマンバチの巣や毒針を解説!刺されたら?駆除やオスメスの生態
クマンバチの生態を分かりやすく説明!毒はあるの?刺された場合の処置はどうする?駆除の方法は?オスメスの見分け方は?分かりやすく解説しています。
カタツムリがグングン育つ飼い方!【餌・寿命・種類・卵なども解説】
カタツムリがスクスクと育つよう正しい飼育方法を説明します!飼育に必要なケースやエサ、飼育時の注意点、産卵や孵化のこと、そして赤ちゃんの育て方まで説明しています。