<ドイツ観光>治安がヤバイ?危険な5エリアと、旅行時の11の心得まとめ

【ドイツ観光】治安がヤバイ?危険な5エリアと、旅行時の11の心得まとめ

こんにちは。
年に5回は必ず「海外旅行」に行くアキラです。

 

ドイツに限らず、海外旅行へ出かける前には、必ず

 

  • 現地の治安
  • 注意すべき点(日本人の常識と違う点・日本との違い)

 

をチェックしておきましょう。

 

オクトーバーフェストや強豪サッカーチームがあるなど、日本からも人気の観光地として知られているドイツ。

 

そんなドイツにも、もちろん「治安の悪いエリア」は存在します。

 

このページでは、「治安の悪いエリア」だけでなく「旅行時に気をつけるべきポイント」もあわせて説明しています。

 

ぜひドイツ旅行前に目を通して頂ければと思います。

スポンサーリンク

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

現在のエリア別の治安と、過去の事件!

ドイツはヨーロッパの中でも「比較的安全な国」と言われていますが、ドイツは「移民の受け入れ」を推進しているため、中東などから多くの移民を受けて入れている背景があります。

 

その影響で治安の悪化も心配されていますが、ドイツの各主要都市の治安はどうなのでしょうか?

 

エリア別に説明しましょう。

 

 

1.ベルリン

ドイツの首都であり東部に位置するベルリンは、ドイツで1番大きい都市になります。

 

かつて東西に分断していた歴史を持つ町ですが、現在は美大生やアーティスト、様々な人種の人が多く住んでいます。

 

国際色豊かなベルリンは、「おしゃれなカフェ」や「ナイトクラブ」が発達し、アートやカルチャー最先端のエリアでもあります。

 

ベルリンの治安は比較的安全ですが、東ベルリンと西ベルリンは少し雰囲気が変わります。

 

 

西ベルリン

西ベルリンには富裕層の人が多く住んでおり、移民も少ないため安全でゆったりとした雰囲気が流れています。

 

 

東ベルリン

東ベルリンには有名なナイトクラブが集まることや、家賃が安いため多くの移民や不法滞在者が住んでいるのが現状。

 

東に行くにつれて町の雰囲気も変わり始め軽犯罪も起きやすくなりますので、夜に一人で長い時間で歩くなどは避けるようにしましょう。

 

 

 

 

2.ハンブルグ

ハンブルグは北ドイツに位置し、ベルリンに次ぐ2番目の都市になります。

 

ドイツで最大の港町ということもあり、水も豊富で景色も美しく「移住先」としても人気の場所。

 

ハンブルグの治安としてはドイツの中でも特に安全で、ハンブルグの西側には移民が少なく、日本人や富裕層が多く住んでいるため女性の一人歩きも問題なく出来ます。

 

 

「レーパーバーン」エリアにご注意を!

ハンブルグには有名な歓楽街である「レーパーバーン」というエリアがあり、風俗店や麻薬常習者、アルコール中毒、浮浪者が多く見られます。

 

現在は観光地として観光客も多く昼間は賑わいますが、一歩裏通りに入ると異様な雰囲気が漂っています。

 

過去には女性への性的嫌がらせ・窃盗などの事件がありますので、絶対に一人では歩かないようにしましょう。

 

 

 

 

3.ミュンヘン

ドイツの南に位置するバイエルン州のミュンヘンは、ベルリンやハンブルグに続いて3番目に大きな都市になります。

 

緑が多く穏やかな雰囲気が流れるミュンヘンは、「世界で最も移住に適した都市」の上位にも選ばれるほど。

 

過去には有名な「ミュンヘンオリンピックテロ事件」や最近では「ショッピングモールでの銃乱射事件」が記憶に新しいですが、普段のミュンヘンはとても穏やかで、治安が悪いという雰囲気はありません。

 

その理由としてミュンヘンは失業率が低く、富裕層も多いためであり、ドイツの中でも治安がいいとされています

 

 

「ミュンヘン駅」「マリエン広場」には注意

しかし、観光客や現地の人など多くの人が集まる「ミュンヘン中央駅」では、麻薬やアルコール中毒者や物乞いの人が多くトラブルに巻き込まれる可能性がありますので、一人で歩く際には注意が必要です。

 

また強豪サッカーチームがある事から、試合の日などは「マリエン広場」にサポーターが集まり、一部のサポーターが暴動化し敵チームと乱闘になることも多いです。

 

ドイツならではのトラブルですが、巻き込まれないように注意して下さい。

 

 

 

 

4.ケルン

ケルンはドイツで4番目に大きい都市であり、古代ローマ時代から続く歴史古い町になります。

 

町にはドイツで一番有名な教会「ケルン大聖堂」があり、日本人観光客からも人気のエリアです。

 

ケルンは全体的に治安が良く町の雰囲気も穏やかですが、『ケルン・ドイツ』という「ケルン大聖堂の反対側に位置する地域」は、家賃が安いことから移民が多くあまり安全とは言えません。

 

2015年の大晦日には、移民による集団強盗や性的暴行の被害を受けた多くの女性が、被害届けを出すという事件もありました。

 

この地域付近では特に夜の女性の一人歩きは避けるようにしましょう。

 

 

 

エリアごとに治安や雰囲気についてお伝えしましたが、この中でも特に要注意すべき場所をまとめてみます。

 

 

特に注意すべき5つの場所
  1. 東ベルリン

    ⇒移民や不法滞在者が多く、軽犯罪が起こりやすい

  2. レーパーバーン(ハンブルグ)

    ⇒風俗店や麻薬常習犯なども見られるため、賑わいのない裏通りには要注意

  3. ミュンヘン中央駅(ミュンヘン)

    ⇒麻薬・アルコール中毒者などが多いため、一人歩きに注意

  4. マリエン広場(ミュンヘン)

    ⇒サッカーのサポーターが暴動化し、乱闘騒ぎを起こすこともあるため注意

  5. ケルン大聖堂の反対側に位置する地域(ケルン)

    ⇒移民が多く過去には集団強盗なども発生していることから注意

 

スポンサーリンク

 

 

ドイツで多い犯罪の種類と、ドイツ特有の危険について!

ヨーロッパの中でも比較的安全と言われるドイツですが、治安の問題になる多くが

 

  • 軽犯罪
  • テロ

 

によるものになります。

 

スリ・ひったくり・強盗などの軽犯罪は、東京に比べると10倍の犯罪が発生しており、特に電車の中や人混みでの被害が多いです。

 

人混みに行く際には荷物に気をつける、不審な人に声をかけられても対応しないなど、常に注意するようにしましょう。

 

テロについてはドイツだけでなくヨーロッパ全体の大きな問題ですが、特に大きなお祭りやイベントなどの「人込みが出来る場所」は、テロに合う確率が高くなります。

 

テロを避けることはなかなか難しいことですが、

 

  • 注意喚起が出ている場所には行かない
  • 出来れば人混みは避ける

 

など自分で気をつけましょう。

 

 

 

ドイツ特有の問題にも注意しよう!

ドイツにはテロや移民の問題の他にも、極右の「ネオナチ」という団体が存在し、過去にはデモや暴動も起きています。

 

ネオナチの人達は民族主義で「移民を排除しよう」という強い考えを持っており、それはイスラム系だけではなくアジア人の私たちにも向けられるものです

 

ネオナチの特徴としては、『スキンヘッドにドクターマーチンを履き、黒っぽい服装』というのが定番でしたが、今では変わってきて、私たちからは判断しにくいのが現状です

 

町でデモが起きても決して近づかないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

ドイツ観光で注意すべき11つ心得!

比較的安全な国ですが、ドイツ観光では注意すべき点がいくつかあります。

 

トラブルを避けるためにも旅行の際の参考にして下さい。

 

 

1.チップ文化に気をつける

ドイツはアメリカやカナダ程ではありませんが、チップ制度があります。

 

レストランで食事した際にウエイトレスがテーブルに食事を運んでくれるような場合には、基本的にチップを払うことを頭に入れておきましょう。

 

一人あたり「+1〜2ユーロ」を払うのがベターです。

 

もちろん良いサービスをしてくれた場合は、それ以上のチップを払ってもOK。

 

 

 

 

2.電車の改札が無い

ドイツの電車には基本的に改札がありません。

 

チケットを打刻する機械はありますが、確認するスタッフなどもいないため、無賃乗車が出来てしまうのが現状です。

 

しかし、定期的に電車の車内で突然チケットの確認をされることがあります。

 

もしも無賃乗車をしていた場合には、観光客でも有無を言わさず60ユーロ(日本円にて¥7800ほど)の罰金が科せられます。

 

車内では私服でチケットの確認をしている「覆面スタッフ」もいるため、いつどこで確認されるかわかりません。

 

不正はせずしっかりチケットを買って乗車しましょう。

 

またドイツの電車の扉は手動になりますので、乗り降りする際は自分でレバーを押して開くようにして下さい。

 

 

 

 

3.自転車専用レーンに気を付けよう

ドイツは自転車文化がとても発達しています。

 

必ず道には

 

  • 歩行者専用のレーン
  • 自転車専用のレーン

 

があり、歩行者は自転車専用のレーンを歩いてはいけません

 

特にドイツの自転車は日本のものより大きく、乗っている方もスピードを出している為、ぶつかってしまうと大きな事故になってしまいます。

 

事故を防ぐためにも、常に「自転車専用レーン」を意識して周りを気にしながら歩くようにしましょう。

 

 

 

 

4.ハチに注意しよう

ドイツには町の至る所に蜂がいます。

 

初めてドイツに行く方はその蜂の多さに驚くと思います。

 

どれも日本のスズメバチの様に大きいものではありませんが、ベーカリーやレストランのテラス席に集まってくることが多いです。

 

基本はこちらが何もしなければ攻撃はしてきませんが、刺激してしまうと、もちろん攻撃してくる危険性もあります。

 

もし、蜂に刺されてしまったらApotheke(アポステーケ)と呼ばれる薬局で薬を買い、患部に塗って様子を見ましょう。

 

体調が悪くなるようでしたら病院に行くようにして下さい。

 

スポンサーリンク

 

 

5.トイレは有料の所がほとんど

ドイツでは、日本の様にどこにでもキレイなトイレがあり、無料で使えるわけではありません。

 

ドイツの公共のトイレは料金制の場所がほとんどで、だいたい1回につき40セント〜1ユーロほど払う必要があります

 

トイレの数も多いわけではないので、行った先のレストランで用を足しておくなど、計画的に行くようにしましょう。

 

ドイツのトイレはきちんと清掃されていて綺麗なので安心してください。

 

 

 

 

6.スリに注意しよう

スリの中では、親切なフリをしてスリを働くケースも増えています。

 

電車の切符売り場で話しかけられ、『切符の買い方を教えてくれたと思ったら財布がスられていた!』なんて悪質なケースも多く報告されています。

 

ドイツ人は普段、他人にそこまでフレンドリーではありません。

 

そのため、むやみやたらに声をかけてきて来る人には注意しましょう。

 

常に自分の荷物には気をくばり、席にカバンやスマートフォンを置きっぱなしにしないようにして下さい。

 

 

 

 

7.日曜日と祝日はお店がお休み

ドイツは法律で日曜日・祝日の営業を禁止しているため、いくつかの飲食店を除いて、ほとんどのお店が閉まります。

 

なので「スーパーマーケットでの買い物」や「お土産屋さんを見てまわる」ことも、日曜日には出来ません。

 

計画的に買い物をすることをおススメします。

 

レストランは営業しているところもありますが、他の観光施設はほとんど閉まっています。

 

『観光にいって何もできなかった』なんてことにならないように、日程には要注意です。

 

また、ドイツでは日本のような24時間営業の店もほとんどなく、大体夜の20時頃には多くの店が閉まってしまいます

 

スポンサーリンク

 

 

8.クレジットカードは持参しよう!

ドイツに限らずですが、両替では必ず手数料が掛かってきます。

 

そのため、1枚はクレジットカードを持って行きましょう。

 

VISAであればほとんどの国で使えますし、そもそもクレジットカードがなければ

 

  • レンタカーなど、モノを借りるサービスが受けられない
  • ホテルで高額なデポジット(保証金のようなもの)が必要となる

 

という不便さもあります。

 

※デポジットとは「何かあったときのためのお金を預ける」ことであり、滞在中に何も問題がなければ、チェックアウト時に戻ってくるお金

 

また、クレジットカードには「海外旅行保険」が無料で付いてくるカードがあり、絶対に持っておくべきカードとしてエポスカードをオススメしています。

 

海外でケガや病気をした場合、「日本の健康保険」がきかないため高額な医療費を請求されます

 

ドイツは日本とほぼ同じ水準ですが、10割負担なのでちょっとしたケガでも数万円は飛びますし、病気では300万円を超すことも…

 

「海外旅行保険」に毎度入るのでもかまいませんが、エポスカードは「入会費・年会費ともに無料」なので、持っておくだけで今後も間違いなく活躍するカードです。

 

数々のクレジットカードの中でも、海外旅行時に最もオススメのカードです。

 

また2018年10月16日より、8000円分のポイントがプレゼントされるキャンペーンも実施されているので、この点を見てもかなりおトクかと思います。


このキャンペーンはいつ終わるか分かりませんですので、検討されている方はお急ぎ下さい。(先日までは2000円キャンペーンでしたが、期間限定で8000円になっています)

 

公式HP:エポスカード

 

 

人気の関連ページ!
>>海外旅行にオススメのクレジットカード5種を徹底解説!【比較まとめ】

 

 

 

 

9.レストランのお水は有料!

日本ではレストランで出てくるお水は無料ですが、ドイツでは有料です。

 

『無料だと思って頼んだら料金がかかっていた!』とビックリしないように知っておきましょう。

 

お水にも種類があり、水道水やミネラルウォーター、ガス入りのスパークリングウォーターなどが一般的。

 

水道水は英語で「タップ オブ ウォーター」と言えば通じますよ。

 

 

 

 

10.水は硬水である!

ヨーロッパのほとんどの水道水が「硬水」。

 

日本は軟水でとても飲みやすいですが、ドイツの水は硬水なので少しクセがあります。

 

またシャワーなどの水も硬水になり、硬水は肌や髪にあまり良くないと言われています。

 

普段のシャンプーでも髪がバサバサに感じたりするかもしれませんので、気になる方はヘアケアグッズなど用意しておくといいでしょう。

 

 

 

 

11.ドイツの電圧に注意しよう!

日本とドイツでは電圧が違い、コンセントの形状も違います。

 

日本からドライヤーなどの電化製品を持参しても使うことが出来ないため、変圧器を持っていく必要があります。

 

またドイツのプラグの形状は「Cタイプ」で、丸い穴が二つ空いているタイプ。

 

 

そのため、変圧器の他に変換プラグも必要です。

 

現在は多くの国に対応している「軽めの変圧器+変換プラグ」が一緒になったものも販売していますので、海外旅行を多くする方は1つ持っておくと便利ですね。

 

私が実際に使っているオススメ商品は、以下のもの。

 

 

この商品が優れている点は、

 

  • 5個のプラグが付いており、世界240ヶ国で使える。
  • 入力電圧は260Vまで耐えれるため、電圧の高いオーストラリア(240V)であっても耐えられる。
  • USBポートも付いており、わざわざスマホの充電器が必要ない。

 

という3点であり、これを購入してから海外で困ったことはありません。最強です。

 

スポンサーリンク

 

 

ドイツで起きた過去の事件について

最後に、過去にドイツで起きた大きな事件について、簡単に紹介します。

 

ドイツは「安全な国」とは言われていますが、このような事件が起きる可能性もありますよ、という意味で、知っておくと良いでしょう。

 

 

ミュンヘンショッピングモール銃乱射事件

2016年7月22日

 

ミュンヘンの中央駅から地下鉄で10分ほどの場所にある、バイエルン州最大のショッピングモール「オリンピアショッピングモール」内で発生した銃乱射事件です。

 

犯行は単独犯によるものでイスラム過激派のテロでは無いことがわかりましたが、犠牲者は9人負傷者が21人という大惨事になりモール内は逃げ惑う人で大パニックになりました。

 

 

 

ベルリンクリスマスマーケットにトラックが突っ込む

2016年12月19日

 

ベルリンの中心部にある「ブライトシャイト広場」で開催されていたクリスマスマーケットに、40トントラックが突っ込み死者12人、45人以上が負傷した事件。

 

犯行はIS(イスラム過激派組織)と接点があった24歳のチュニジア人によるものであり、犯行の数日後にミラノで警官と銃撃戦の末、射殺されました。

 

 

 

上記のミュンヘン・ベルリンともに、どちらもドイツを代表する都市であり、現在も人気の観光地として賑わっています。

 

移民や難民の人達も多く住んでいるため、このようなテロの可能性が0ではありません。

 

とは言え、年々テロ対策は強化され治安も良くなっていますので、あまり不安になり過ぎずに観光を楽しみましょう。

 

 

 

 

まとめ!

ドイツの治安や過去の事件、観光時の注意点を説明しました。

 

総合的にみれば「治安の良い国」ですので過度な心配は必要ありませんが、『観光客=お金を持っている』という印象から、スリのターゲットになりやすいです。

 

ここで挙げた注意点に留意し、楽しいドイツ旅行にしましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

 

関連ページ

パスポートの作り方3ステップ!最速の取り方を伝授【必要な物&書類】
【2018年更新版】パスポートの申請(取得)方法や受け取り方法、必要な物・必要書類、値段を分かりやすく解説!また、早く取得する方法や取得値段を抑える方法も説明!
パスポートの発行期間・日数と、最短1日で取れる2つの秘策!【即日発行】
【2018年更新版】パスポートの申請後、発行されるまで何日掛かる?主要都市の発行にかかる時間、最短で取る2つの方法、「書類集め」を時短する秘訣を紹介。
パスポートの「代理申請」は簡単!代理人に必要な物&注意点まとめ
【2018年更新】パスポートを代理申請する方法を分かりやすく説明!代理できる事と出来ない事、友人・知人でも代理人になれるのか?受取はできるのか?などを解説します。
海外旅行にオススメのクレジットカード5種を徹底解説!【比較まとめ】
【2018年更新版】海外旅行に絶対にいずれか1枚は持って行くべきカードを5枚厳選!保険の有無、学生にオススメのもの、自動付帯と利用付帯の違いも説明!
海外旅行で「必要なもの」「あると便利」を厳選まとめ<持ち物リスト80選>
【2018年更新版】海外旅行で絶対必要なものと、あると便利なものリストを公開!持ち物は旅行で要る物、出張で要る物が微妙に異なりますので、両方を解説!
オーストラリアは治安がヤバイ?観光時に注意すべき10のポイント!
【2018年最新版】オーストラリア観光の際に気をつけるべき10の注意点を、実体験をもとにまとめました。治安は良いのか?悪いのか?旅行時に参考にして下さい。
タイ観光は治安に要注意!ヤバイ場所と、旅行時の13の注意点まとめ
【2018年最新版】タイ旅行は安全か?これまでの事件や、バンコクやプーケットなど各エリアの治安状況、旅行の時に気をつける事などをまとめました。
タイ通貨は11種類!お得な両替方法と、日本円へ一瞬で計算する方法
【2018年最新版】タイ(バンコク・プーケット)などで使われる『タイバーツ』の単位と、通貨の種類、両替できる場所を紹介!また「日本円への計算」がアッという間にできる方法を解説。
タイのコンセントは3種!電圧&プラグ、変圧器が不要の電化製品まとめ
【2018年最新版】タイ(バンコク・プーケットなど)の電圧やコンセントプラグについて写真付きで紹介。変換プラグや変圧器は必要か?タイの家電屋は?近隣国の情報もあわせて解説!
タイ・バンコクの雨季はいつ?雨でも楽しい7つ遊び方と、注意点5つ!
【2018年最新版】タイの雨季はいつからいつまで?雨季のタイ観光を楽しめる7つの過ごし方や、雨季のタイ旅行で気をつけるべきポイントをまとめました。
【プーケット観光】実は治安がヤバイ?旅行の際の9つの注意点まとめ
【2018年最新版】プーケットへの旅行は安全なの?最新の治安情報や、テロリストの可能性、詐欺の手口など、安全性や怖い点を解説。また旅行の際の注意すべきポイントも解説!
プーケットの雨季を300%楽しめる!雨でも楽しい9つの遊び方まとめ
【2018年最新版】プーケット旅行で不安なのが雨。雨季はいつから?8月9月の夏休みはオススメか?ビーチは遊泳禁止になるの?楽しみ方・過ごし方を紹介します!
プーケットのベストシーズン(乾季)をガッツリ満喫する9つの遊び方!
【2018年更新版】プーケットのベストシーズンはいつ?ダイビングやシュノーケリング、マリンスポーツをするのであれば乾季がピッタリ!値段や注意点をまとめました。
【バンコク観光】治安が結構ヤバイぞ!旅行の際の12の注意点まとめ
【2018年最新版】バンコクへの旅行は安全か?最新の治安情報や、テロの可能性、詐欺の手口など、安全性や怖い点を解説。また旅行の際の注意すべきポイントも解説!
【バリ島観光】実は治安がヤバイ?旅行の際の25の注意点まとめ
【2018年最新版】バリ旅行は安全なのか?最新の治安情報や、テロの可能性、安全性や怖い点を解説。また観光時に注意すべきポイントも説明します。
バリ島の物価がすでにヤバイ!観光時の費用や移住生活費を計算したら
【2018年最新版】バリ島の物価は高い?安い?旅行や移住をお考えの方に、水やビール、コーヒーなどの物価の他、交通費、ホテル代、スパ代、値下げ交渉のコツもまとめました。
バリ島の雨季はいつ?雨のバリ島を300%充実させる15の遊び方!
バリ島には乾季と雨季がありますが、雨が降っても遊びつくせる15の方法と、雨季の観光における5つの注意点を説明。旅行される方はぜひ参考にしてみて下さい!
バリ島のベストシーズン(乾季)の気温と、超絶楽しい11の遊び方・場所
【2018年最新版】バリ島のベストシーズンは乾季(4月〜10月)。その時期の気温や、楽しみ方・過ごし方、雨季との値段の違い、観光時の注意点についてまとめてみました。
バリ島までの飛行時間・時差に注意せよ!直行便と経由便の違いまとめ
【2018年最新版】バリ島までのフライト時間は何時間?時差や、直行便・経由便を使った場合の注意点、LCCを使うべきか?ジャカルタやシンガポールへの乗り継ぎについても説明。
バリ島のコンセントは変圧器・変換プラグが必要!電圧と3つの注意点!
バリ島旅行で気になる「コンセント事情」。バリ島は日本とはプラグの形・電圧ともに違いますので、変圧器・プラグが必要。その他、コンセントに関する注意すべき3つのポイントを説明。
バリ島の通貨は11種!安全な両替方法と注意点、日本円への計算方法!
【2018年最新版】バリ島の通貨「ルピア」の種類と、安心でオススメな両替所、現地通貨を引き出す際の注意点、日本円へアッというまに換算する計算方法をまとめました。
【マレーシア観光】実は治安がヤバイ?旅行の際の9つの注意点まとめ
【2018年最新版】マレーシア旅行は安全なのか?最新の治安情報や、テロの可能性、詐欺の手口など、安全性や怖い点を解説。また、旅行の際に注意すべきポイントも説明します。
<カンボジア観光>主要な5エリアの治安と、旅行時の13の注意点まとめ
【2018年最新版】カンボジア旅行における注意点や、主要な観光名所の治安、過去のテロ情報など危険となり得るものについて、分かりやすくまとめました。
【ニューヨーク観光】治安が結構ヤバイぞ!旅行時の12の注意点まとめ
【2018年最新版】ニューヨーク観光は安全なのか?最新の治安情報や、テロの可能性、安全性や怖い点を解説。また観光時に注意すべきポイントも説明します。
【ラスベガス観光】治安がヤバいエリアと、旅行時の10の注意点まとめ
【2018年最新版】ラスベガス旅行時に気になる治安の悪い場所を、5つのエリア毎に説明。また旅行時に気をつけるべき点や、銃の規制・所持についても説明しています。
<ロサンゼルス観光>治安がヤバイ6ヶ所と、旅行時の12の注意点まとめ
【2018年最新版】ロス(LA)で治安が悪い場所を紹介。また観光時に危険に巻き込まれないための注意点もまとめています。銃社会のアメリカを旅行する際に知っておくべきことも。
トルコ(イスタンブール)の治安が実はヤバイ!観光時の12の注意まとめ
【2018年最新版】トルコの主要観光エリアの治安や過去のテロ、旅行時に注意すべきポイントをまとめました。「治安が悪い」といってもエリアによってもまちまち。しっかりまとめました。
カッパドキアの気球はヤバイ!事故と5つの注意点、ツアーの流れまとめ
【2018年最新版】カッパドキアと言えば、色んな意味でヤバイのが気球体験!ツアー料金(値段)や開催時期・時間、オススメツアー会社、注意点、行き方について。
フランス・パリ観光は治安に注意!危険エリア7つと、旅行時の17の心得
【2018年最新版】フランス・パリの治安の悪い場所を、区やエリアごとに紹介!またルーブル美術館やオペラ座周辺などで気をつけたいこと、旅行時の注意、過去のテロについて。