オーストラリアは治安がヤバイ?観光時に注意すべき10のポイント!

オーストラリアは治安がヤバイ?観光時に注意すべき10のポイント!

 

 

こんにちは。
年に5回は必ず「海外旅行」に行くアキラです。

 

オーストラリアに限らず、海外旅行へ出かける前には、必ず

 

  • 現地の治安
  • 注意すべき点(日本人の常識と違う点・日本との違い)

 

をチェックしておきましょう。

 

このページでは、オーストラリアに10回は訪れている筆者が、それらを分かりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク

 

目次
  • オーストラリア観光で注意すべき10のポイント!
  • 主要な観光地の治安を知ろう!
  • もし被害に遭ったらどうするべきか?
  • 医療費が高い点にご注意!

 

 

人気の関連ページ!

 

スポンサーリンク

 

 

オーストラリア観光で注意すべき10のポイント!

では早速、オーストラリアの街を観光する際の「気をつけるべきポイント」を紹介していきましょう!

 

 

「紫外線の強さ」と「気候」の違い

オーストラリアは南半球にあるため、季節が日本と異なります。

 

基本的には、日本の季節と全く逆だと考えればわかりやすいでしょう。

 

  • 春:9〜11月
  • 夏:12〜2月
  • 秋:3〜5月
  • 冬:6〜8月

 

 

お勧めの観光シーズンは、比較的に過ごしやすいため

 

  • 春:9〜11月
  • 秋:3〜5月

 

です。

 

そして「冬の紫外線」はとにかくキツイです。

 

あの紫外線を浴びてみれば分かりますが、サングラスが必要なのも納得です…

 

なんと「日本の3倍の強さ」と言われており、海で遊ぶ時以外でも、日焼け止めは必須

 

塗り忘れの多い「首の後ろ側」などは、必ず念入りに塗るようにしましょう。

 

もちろん襟の開いてる服を着ている方は、胸元も要注意。

 

帰国後に辛い思いをしないためにも、面倒臭がらずに必ず塗りましょう。

 

特に男性は「ちょっと焼きたい」という方もいらっしゃるかもしれませんが、侮ってると後悔しますよ。

 

 

 

 

コンセントの変換プラグが必須

海外に行ったことのある方ならご存知だと思いますが、コンセントの形状が各国で異なるため、「日本の電化製品」をそのまま海外で使うことは出来ません

 

オーストラリアのコンセントプラグは「Oタイプ」と呼ばれる差込口が3つ又になっているタイプ。

 

スマートフォン、パソコンなど同時に充電しなければならないことも多いと思われますので、差込口が複数あるものをお勧めします。

 

筆者が実際に使っているオススメ商品は、以下のものです。

 

 

この商品が優れている点は、

 

  • 5個のプラグが付いており、世界240ヶ国で使える。
  • 入力電圧は260Vまで耐えれるため、電圧の高いオーストラリア(240V)であっても耐えられる。
  • USBポートも付いており、わざわざスマホの充電器が必要ない。

 

という3点であり、これを購入してから海外で困ったことはありません。最強です。

 

 

 

 

チップの風習は無いから安心しよう!

海外に行って、日本人が一番慣れない習慣の1つに「チップの風習」があると思います。

 

しかしオーストラリアにはチップの風習はありませんので、その点はご安心ください。

 

特別なサービスをしてもらって感謝の気持ちを伝えたいときがあれば、任意でするという認識でOKです。

 

もし「渡したい」という場合でも、あくまでも気持ちですので、たとえばレストランであれば料金の5%ほどで良いでしょう。

 

ホテルマンにも私は3オーストラリアドルほど渡したことがありますが、基本的には無くても「嫌な顔」をされることはありません。

 

スポンサーリンク

 

 

ドルではなく「オーストラリアドル」!

たまに勘違いしている方がいらっしゃいますが、お金の通貨は「オーストラリアドル」です。

 

アメリカで使われている「ドル」ではありませんのでご注意を。

 

計算に慣れるまで、スマートフォンに「通貨計算アプリ」を入れて、計算できるようにしておくと便利です。

 

プレイストアなどで「通貨変換」などで検索すると、無料アプリを入手可能。

 

私は以下のようなアプリを使っています。

 

【iPhoneの場合】
Currency

 

【Androidの場合】
通貨換算プラス

 

 

 

 

クレジットカードを持っていこう!

オーストラリアに限らずですが、両替では必ず手数料が掛かってきます。

 

そのため、1枚はクレジットカードを持って行きましょう。

 

VISAであればほとんどの国で使えますし、そもそもクレジットカードがなければ

 

  • レンタカーなど、モノを借りるサービスが受けられない
  • ホテルで高額なデポジット(保証金のようなもの)が必要となる

 

という不便さもあります。

 

※デポジットとは「何かあったときのためのお金を預ける」ことであり、滞在中に何も問題がなければ、チェックアウト時に戻ってくるお金

 

また、クレジットカードには「海外旅行保険」が無料で付いてくるカードがあり、絶対に持っておくべきカードとしてエポスカードをオススメしています。

 

後ほど説明しますが、海外でケガや病気をした場合、保険がきかないため高額な医療費を請求されます

 

※医療費については、後ほど説明しています

 

「海外旅行保険」に毎度入るのでもかまいませんが、エポスカードは「入会費・年会費ともに無料」なので、持っておくだけで今後も間違いなく活躍するカードです。

 

数々のクレジットカードの中でも、海外旅行時に最もオススメのカードです。

 

公式HP:エポスカード

 

人気の関連ページ!
>>海外旅行にオススメのクレジットカード5種を徹底解説!【比較まとめ】

 

 

 

 

物価が高い!

オーストラリアは輸入大国。

 

そのため、日本よりやや物価が高い印象を受けます。

 

たとえば、ミネラルウォーターがオーストラリアドルで$3〜4程度(240円〜)が相場。コーラも300円ほどしました。

 

ポテチも500円ほどした覚えがあります…。

 

そのため、アジア圏のような「物価が安い」というイメージを持っていると、お金が足りなくなります。

 

その点でみても、クレジットカードは必ず一枚は持参しましょう。

 

 

 

 

お酒を買える場所が少ない!

オーストラリアにも、コンビニ・スーパーはあります。

 

しかしそれらではお酒は買えず、ボトルショップ(酒屋)に行く必要があるのです。

 

夜の軽食とともに買いたいと思っても、わざわざボトルショップに行くのは結構手間。

 

飲酒を予定している場合は、あらかじめ最寄の酒屋を調べておきましょう。

 

ちなみに、路上や公園での飲酒は禁止されており、罰金が課せられます…

 

スポンサーリンク

 

 

宗教の違いは気にしなくて良い!

基本的に、オーストラリアの人は「キリスト教の人」がほとんどです。

 

日本人がオーストラリアに旅行していて、宗教上の風習などで驚くことはあまりありません。

 

キリスト教会が多くありますので、観光してみるのも良いでしょう。

 

 

 

 

wi-fi環境はある程度整っている!

基本的には、観光名所やカフェ、レストランやホテルにはwi-fi環境があり、パスワードを教えてもらえれば無料で使用することができます。

 

もちろん一部では「有料でしか使用できないスポット」もあります。

 

ただ、やはり日本から初めてオーストラリアに行く方は、「海外用wi-fiルータ」をレンタルで持って行くことをオススメします。

 

なぜなら、wifiが使えない場所で「地図アプリ」をよく使うことになるからです。

 

行ったことのない土地で、地図を見ながら「自分の現在位置」を確認するのは、普段地図アプリを使っている現代人にはなかなか難しいと思います。

 

どこでもwi-fiが利用できれば、道に迷ったときや、自分が予約しているホテルの位置などを確認、誘導してもらうことができます。

 

 

レンタルwifiは簡単に借りられる!

wi-fiルータのレンタル方法は、

 

  1. インターネット上で予約をしておく
  2. 日本の空港でセットを受け取る
  3. 海外についたら電源を入れる

 

たったこの3ステップだけです。

 

帰国したら、その空港でレンタルセットを返却すればOKなので、私も「不慣れな国」に旅行する場合は必ずレンタルしています。

 

オススメは、海外wifiレンタル最安値の「グローバルWiFi」です。

 

「国内の15空港」で受取・返却ができるため荷物にもならない上に、一日300円〜でレンタル可能。

 

なお、「WiFiが盗難にあった場合の保険」一日200円ほどから入れますが、筆者は入っていません。

 

なぜなら上で紹介した「海外旅行保険付きのエポスカード」がすべて保証してくれるからです。

 

エポスカードの約款に「レンタル業者より直接借用した旅行用品は補償の対象」との明記もありますので、エポスカードを持っていれば、レンタルWIFIに有料の保険に入る必要はありません。

 

海外Wifiにはほかに「イモトのWiFi」が有名ですが、こちらはグローバルWiFiと比較するとやや値段が高く、また受取手数料500円という謎の手数料が取られるため、筆者としてはグローバルWiFiをオススメしています。

 

安くても回線速度は速いですし、1ルータで5人まで乗ることが出来ます。

 

筆者は「超大容量」プランを複数人で分け合い、一人当たりの費用をグッと抑えていますよ。

 

公式HP:グローバルWiFi

 

 

 

 

ビザの取得が必要!

オーストラリアの入国にはビザが必要です。

 

オーストラリアに行くことが決まったら、忘れないように早めに申請しておきましょう。

 

3ヶ月以内の観光であれば、「ETAS(イータス)」というシステムでパパッと申請可能。

 

個人で航空チケットなどを手配した場合などは、必ず自身で申請しなければなりません。

 

やり方は超カンタン!ETASの申請ページからネットだけで習得できます。

 

わざわざオーストラリア大使館などに行く必要はありません。

 

パスポートとクレジットカードを準備して申請しましょう。

 

2000円程度で取得できます。

 

なお、団体ツアーなどで旅行に行く場合は、旅行会社が代理してETASを申請してくれている場合もあります

 

「ビザの申請を誰が行わなければならないか?」、その点は必ず確認するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

「オーストラリアの主要都市」の治安と、犯罪の種類!

オーストラリアは比較的治安の良い国だといえます。

 

「世界平和度指数」という、客観的に治安を数字で示す数字がありますが、オーストラリアは2017年に平和度で12位にランクしています。

 

比較対象として、日本の順位を確認すると10位です。

 

そのため、単純に考えて日本とほぼ同じくらいの安全度があるといえます。

 

ただ、海外観光客を狙った犯罪などもありますので油断は禁物です。

 

まず都市別に、気を付けた方が良い地域をまとめます。

 

そのあと「気を付けるべき犯罪の種類」について説明します。

 

 

主要都市の治安は?

各エリアの治安は、以下のとおりです。

 

 

シドニー

シドニーは、観光地でもあり都市部の治安は良いのですが、人が多い地域のためカバンから目を離したりしないようにしましょう。

 

犯罪が比較的多い地域は、「レッドファーン地区」「キングスクロス地区」です。

 

シドニーの西側から南にかけての地域が、「やや危険な区域」といえるでしょう。

 

 

 

メルボルン

メルボルンは「世界で最も住んでみたい都市」とも言われている憧れの都市でもあります。

 

しかし、シドニーと比べ飲酒の規制がやや緩いため、酒に酔った輩によるトラブルもあります。

 

メルボルンの郊外、西側が比較的犯罪の発生しやすい地域です。

 

 

 

ゴールドコースト

ゴールドコーストは、非常に日本人が多い都市であり他の都市圏に比べ犯罪は少ない都市。

 

ただし観光業が非常に盛んな都市であり、飲み屋などで薬物を混入させる被害などが報告されています。

 

 

 

ブリスベン

ブリスベンは、シドニーやメルボルンと比べるとそこまで危険な地域というのはありません。

 

ただし、ブリスベン中心部や「ローガン地区」などでは、犯罪の発生率がやや高いことから注意すべきです。

 

 

 

 

どんな犯罪が多いのか?

オーストラリアでも、犯罪の種類としては他の諸外国とあまり変わりません。

 

 

置き引き・スリ

オーストラリアで最も多い犯罪は、観光地などで報告されている「置き引き」や「スリ」です。

 

基本的には、自身が荷物をしっかり管理していれば防げる犯罪です。

 

観光地で遊んでいるときも、ある程度の緊張感は持っていることが重要です。

 

 

 

大麻(マリファナ)

オーストラリアは日本と違い、比較的カジュアルにマリファナは吸われています。

 

ニンビンという村は「大麻の村」として有名で、普通に大麻が使用されている村もあるほど。

 

日本では考えられないことですが、こういった文化があることをしっかり頭に入れておき、犯罪に巻き込まれないようにしましょう。

 

ちなみに、たとえ合法の地であったとしても、そこで吸うと日本に戻った際に「日本の刑法」によって罰せられますので要注意。

 

 

 

性犯罪に注意!

女性の方は性犯罪にも注意しましょう。

 

特にお酒が入っているナイトクラブやパーティなどでは、性犯罪の事件などが報告されています。

 

これは日本でも変わりませんが、海外旅行で浮かれていると巻き込まれる可能性は十分あります。

 

スポンサーリンク

 

 

もし犯罪にあったらどうすれば良いの?!

オーストラリアで事件や犯罪にあってしまったら、まずは「000」に連絡しましょう。

 

オーストラリアでは、警察・消防・救急車の連絡先は全て「000」となります。

 

英語を話せる自信がない場合

 

緊急時に、英語が話せない場合には「翻訳・通訳をしてくれるサービス」があります。

 

有料ですが「TIS」というサービスがあり、日本語で翻訳や通訳をしてくれます。

 

しかも、24時間連絡することができるので安心ですね。

 

番号は「131-450」

 

電話口の方に、

 

「ジャパニーズ、ピーポー!」
「ジャパニーズ、プリーズ!」

 

などと伝えれば、日本語が出来る方が対応してくれます。

 

 

 

盗難に遭ったらまず警察署へ

もしも盗難被害にあった場合は、オーストラリアの現地警察署に行く必要があります

 

そこで「紛失・盗難届出証明書」を発行してもらいましょう。

 

次に説明しますが、パスポートの紛失時にはこの「紛失・盗難届出証明書」が必須です。

 

また、もし荷物が見つかった場合は、もちろん有料ですが、交渉次第で日本に送ってもらうこともできます。

 

ただし、もし荷物にスマートフォンがあった場合は少し面倒です。

 

なぜなら、最近のスマートフォンなどには「リチウム電池」が内蔵されているため、空輸してもらうのは非常に困難となるのです。

 

リチウム電池は発火の可能性があり、空輸の際に「人が所有していない場合」に制限がかかることがあるため、単純に荷物を送ってもらうのとは違うということは覚えておきましょう。

 

 

 

 

パスポートを紛失してしまったら?

パスポートが無ければ、日本に帰国することが出来なくなってしまいます。

 

紛失した場合は、

 

  1. 現地警察署に行き「紛失・盗難届出証明書」を貰う
  2. 日本大使館に行く
  3. 再発行手続きをする

 

という3ステップです。

 

パスポートの再取得は非常に面倒で、戸籍謄本など多くの書類を日本から取り寄せなければならず、発行まで足止めされてしまいます。

 

本人確認のための書類も2部必要で、

 

  • 免許証
  • 健康保険証

 

などを同時に無くしてしまったら本当に悲惨です。

 

 

 

紛失してしまった時のために!

万が一の紛失にそなえて、パスポートの「顔写真のページ」を

 

  • スマートフォン
  • デジカメ

 

にそれぞれ撮っておきましょう。

 

この時に、「パスポート番号」もしっかり見える写真を撮っておいてください。

 

もし、パスポートを紛失してしまっても、再発行の手続きや照合などがスムーズになります。

 

 

 

紛失を避けるために!

パスポート、財布、身分証明書、クレジットカードなどは、肌身離さず持ち歩くのがベスト。

 

パスポートは「首から下げて、服の下に隠してしまうタイプ」の入れ物で管理することをお勧めします。

 

中でも「スキミング対策」がされているものが特にオススメ。

 

最近では「クレジットカードの磁気情報」を抜き出す犯罪があり、これを「スキミング」といいます。

 

スキミング防止対策がされているパスポートケースがあれば、クレジットカードも安心して管理することができますよ。

 

 

 

また、2人以上で旅行する場合はお互いの貴重品を交換して持ち合うのも一つの手です。

 

すると「一度に2つ以上の身分証明を紛失すること」を避けることが出来るため、何かあった場合の手続きが楽になりますよ。

 

スポンサーリンク

 

 

医療費が高い点に要注意!

オーストラリアで医療機関を使う場合は、全額自己負担というのが基本的な考え方です。

 

これはオーストラリアに限らずですが、日本の健康保険は当然効かないため、高額になります。

 

全額負担を前提におおよその相場を見ると…

 

  • 医師の診察費

    ⇒数百ドル(8000円〜)

  • 検査代

    ⇒数十ドル〜数百ドル(800円〜)

  • 薬代

    ⇒数十ドル〜数百ドル(800円〜)

  • 救急車代

    ⇒数百ドル(8000円〜)

  • 入院費

    ⇒1日1000ドル台(80,000円〜)

 

※「1オーストラリアドル=80円」で計算

 

 

たとえば足の骨折などで一日入院すると、かなり少なく見積もっても10万円は掛かるでしょう。

 

日本であれば「高額医療制度」などもありますが、海外では通用しません。

 

だからこそ、「海外旅行保険が付いているクレジットカード」を必ず一枚作り、持参しておきましょう。

 

私も実際に使っており、オススメしているのがエポスカードです。

 

「入会費・年会費が無料のカード」の中でも、海外旅行保険の「補償額の手厚さ」がハンパないため、ぜひ作っておきましょう。

 

人気の関連ページ!
>>海外旅行にオススメのクレジットカード5種を徹底解説!【比較まとめ】

 

 

ハワイで殴られ・・・

2018年5月、ハワイ旅行中の夫婦が「ホノルルの公園」で殴打される事件が発生。

そしてなんと治療費として550万円請求される事態に…

こんな理不尽なケースでも、海外でケガ・病気をすると莫大な費用が掛かるのです。

改めて「保険の大切さ」を思い知らされた事件でした。

 

 

 

 

まとめ!

オーストラリアの治安と、注意すべき点を説明しました。

 

説明のとおり、決して「治安の悪い国」ではありませんが、「観光客はお金を持っている」というイメージから、被害に遭いやすいです。

 

スリに遭わないよう、しっかりと対策しておきましょう。

 

人気の関連ページ!

 

スポンサーリンク

 

関連ページ

パスポートの作り方3ステップ!最速の取り方を伝授【必要な物&書類】
【2018年更新版】パスポートの申請(取得)方法や受け取り方法、必要な物・必要書類、値段を分かりやすく解説!また、早く取得する方法や取得値段を抑える方法も説明!
パスポートの発行期間・日数と、最短1日で取れる2つの秘策!【即日発行】
【2018年更新版】パスポートの申請後、発行されるまで何日掛かる?主要都市の発行にかかる時間、最短で取る2つの方法、「書類集め」を時短する秘訣を紹介。
パスポートの「代理申請」は簡単!代理人に必要な物&注意点まとめ
【2018年更新】パスポートを代理申請する方法を分かりやすく説明!代理できる事と出来ない事、友人・知人でも代理人になれるのか?受取はできるのか?などを解説します。
海外旅行にオススメのクレジットカード5種を徹底解説!【比較まとめ】
【2018年更新版】海外旅行に絶対にいずれか1枚は持って行くべきカードを5枚厳選!保険の有無、学生にオススメのもの、自動付帯と利用付帯の違いも説明!
海外旅行で「必要なもの」「あると便利」を厳選まとめ<持ち物リスト80選>
【2018年更新版】海外旅行で絶対必要なものと、あると便利なものリストを公開!持ち物は旅行で要る物、出張で要る物が微妙に異なりますので、両方を解説!
タイ観光は治安に要注意!ヤバイ場所と、旅行時の13の注意点まとめ
【2018年最新版】タイ旅行は安全か?これまでの事件や、バンコクやプーケットなど各エリアの治安状況、旅行の時に気をつける事などをまとめました。
タイ通貨は11種類!お得な両替方法と、日本円へ一瞬で計算する方法
【2018年最新版】タイ(バンコク・プーケット)などで使われる『タイバーツ』の単位と、通貨の種類、両替できる場所を紹介!また「日本円への計算」がアッという間にできる方法を解説。
タイのコンセントは3種!電圧&プラグ、変圧器が不要の電化製品まとめ
【2018年最新版】タイ(バンコク・プーケットなど)の電圧やコンセントプラグについて写真付きで紹介。変換プラグや変圧器は必要か?タイの家電屋は?近隣国の情報もあわせて解説!
タイ・バンコクの雨季はいつ?雨でも楽しい7つ遊び方と、注意点5つ!
【2018年最新版】タイの雨季はいつからいつまで?雨季のタイ観光を楽しめる7つの過ごし方や、雨季のタイ旅行で気をつけるべきポイントをまとめました。
【プーケット観光】実は治安がヤバイ?旅行の際の9つの注意点まとめ
【2018年最新版】プーケットへの旅行は安全なの?最新の治安情報や、テロリストの可能性、詐欺の手口など、安全性や怖い点を解説。また旅行の際の注意すべきポイントも解説!
プーケットの雨季を300%楽しめる!雨でも楽しい9つの遊び方まとめ
【2018年最新版】プーケット旅行で不安なのが雨。雨季はいつから?8月9月の夏休みはオススメか?ビーチは遊泳禁止になるの?楽しみ方・過ごし方を紹介します!
プーケットのベストシーズン(乾季)をガッツリ満喫する9つの遊び方!
【2018年更新版】プーケットのベストシーズンはいつ?ダイビングやシュノーケリング、マリンスポーツをするのであれば乾季がピッタリ!値段や注意点をまとめました。
【バンコク観光】治安が結構ヤバイぞ!旅行の際の12の注意点まとめ
【2018年最新版】バンコクへの旅行は安全か?最新の治安情報や、テロの可能性、詐欺の手口など、安全性や怖い点を解説。また旅行の際の注意すべきポイントも解説!
ラオス観光は治安がヤバいエリアも!旅行で気をつける9の注意点まとめ
【2018年最新版】ラオス観光で訪れる首都ビエンチャンや、ルアンーパバーン、その他治安が悪い場所と言われる「サイソンブン県」についても紹介。また、観光時の注意点もまとめました。
【ミャンマー観光】治安が悪い5エリアと、旅行時の12の注意点まとめ
【2018年最新版】ミャンマー旅行で訪れる可能性のあるヤンゴン・マンダレー・バガン・バゴー・ネーピードーなどの治安を解説。また観光で注意すべき事、陸路で行く場合の注意点など。
【ベトナム観光】治安が悪い6エリアと、旅行時の13の注意点まとめ
【2018年最新版】ベトナムの観光地や都市(ハノイ・ダナン・ホーチミン)の治安情報や気をつける場所、旅行時に注意すべき点を分かりやすくまとめました。
<カンボジア観光>主要な5エリアの治安と、旅行時の13の注意点まとめ
【2018年最新版】カンボジア旅行における注意点や、主要な観光名所の治安、過去のテロ情報など危険となり得るものについて、分かりやすくまとめました。
【バリ島観光】実は治安がヤバイ?旅行の際の25の注意点まとめ
【2018年最新版】バリ旅行は安全なのか?最新の治安情報や、テロの可能性、安全性や怖い点を解説。また観光時に注意すべきポイントも説明します。
バリ島の物価がすでにヤバイ!観光時の費用や移住生活費を計算したら
【2018年最新版】バリ島の物価は高い?安い?旅行や移住をお考えの方に、水やビール、コーヒーなどの物価の他、交通費、ホテル代、スパ代、値下げ交渉のコツもまとめました。
バリ島の雨季はいつ?雨のバリ島を300%充実させる15の遊び方!
バリ島には乾季と雨季がありますが、雨が降っても遊びつくせる15の方法と、雨季の観光における5つの注意点を説明。旅行される方はぜひ参考にしてみて下さい!
バリ島のベストシーズン(乾季)の気温と、超絶楽しい11の遊び方・場所
【2018年最新版】バリ島のベストシーズンは乾季(4月〜10月)。その時期の気温や、楽しみ方・過ごし方、雨季との値段の違い、観光時の注意点についてまとめてみました。
バリ島までの飛行時間・時差に注意せよ!直行便と経由便の違いまとめ
【2018年最新版】バリ島までのフライト時間は何時間?時差や、直行便・経由便を使った場合の注意点、LCCを使うべきか?ジャカルタやシンガポールへの乗り継ぎについても説明。
バリ島のコンセントは変圧器・変換プラグが必要!電圧と3つの注意点!
バリ島旅行で気になる「コンセント事情」。バリ島は日本とはプラグの形・電圧ともに違いますので、変圧器・プラグが必要。その他、コンセントに関する注意すべき3つのポイントを説明。
バリ島の通貨は11種!安全な両替方法と注意点、日本円への計算方法!
【2018年最新版】バリ島の通貨「ルピア」の種類と、安心でオススメな両替所、現地通貨を引き出す際の注意点、日本円へアッというまに換算する計算方法をまとめました。
【マレーシア観光】実は治安がヤバイ?旅行の際の9つの注意点まとめ
【2018年最新版】マレーシア旅行は安全なのか?最新の治安情報や、テロの可能性、詐欺の手口など、安全性や怖い点を解説。また、旅行の際に注意すべきポイントも説明します。
【ニューヨーク観光】治安が結構ヤバイぞ!旅行時の12の注意点まとめ
【2018年最新版】ニューヨーク観光は安全なのか?最新の治安情報や、テロの可能性、安全性や怖い点を解説。また観光時に注意すべきポイントも説明します。
【ラスベガス観光】治安がヤバいエリアと、旅行時の10の注意点まとめ
【2018年最新版】ラスベガス旅行時に気になる治安の悪い場所を、5つのエリア毎に説明。また旅行時に気をつけるべき点や、銃の規制・所持についても説明しています。
<サンフランシスコ観光>治安が悪い3エリアと、旅行時の11の注意点!
【2018年最新版】サンフランシスコを観光時に特に注意すべき3つのエリアや、旅行の時に最低限気をつけるべき点、過去の事件などについてまとめました。旅行前にぜひチェックして下さい。
<ロサンゼルス観光>治安がヤバイ6ヶ所と、旅行時の12の注意点まとめ
【2018年最新版】ロス(LA)で治安が悪い場所を紹介。また観光時に危険に巻き込まれないための注意点もまとめています。銃社会のアメリカを旅行する際に知っておくべきことも。
トルコ(イスタンブール)の治安が実はヤバイ!観光時の12の注意まとめ
【2018年最新版】トルコの主要観光エリアの治安や過去のテロ、旅行時に注意すべきポイントをまとめました。「治安が悪い」といってもエリアによってもまちまち。しっかりまとめました。
カッパドキアの気球はヤバイ!事故と5つの注意点、ツアーの流れまとめ
【2018年最新版】カッパドキアと言えば、色んな意味でヤバイのが気球体験!ツアー料金(値段)や開催時期・時間、オススメツアー会社、注意点、行き方について。
<ドイツ観光>治安がヤバイ?危険な5エリアと、旅行時の11の心得まとめ
【2018年最新版】ドイツで治安が悪い場所はどこか?逆に「良い場所」はどこか?危ない場所や旅行時に心がけるポイントを分かりやすくまとめました。
フランス・パリ観光は治安に注意!危険エリア7つと、旅行時の17の心得
【2018年最新版】フランス・パリの治安の悪い場所を、区やエリアごとに紹介!またルーブル美術館やオペラ座周辺などで気をつけたいこと、旅行時の注意、過去のテロについて。