トノサマバッタの生態(餌・飼い方・卵・寿命・共食い)【完全版】

トノサマバッタの生態(餌・飼い方・卵・寿命・共食い)をわかりやすく解説!!【完全版】

バッタの中でも特に大型の「トノサマバッタ」。

 

そとで捕獲できたものの、

 

餌や飼い方が分からない!

寿命ってどれくらいなの?

 

などなど、分からないことが多いでしょう。

 

そこでこのページでは、トノサマバッタの生態や飼い方をどこよりも分かりやすく説明しています。

スポンサーリンク

 

  • トノサマバッタってどんなバッタ?
  • トノサマバッタを飼うときの5つのポイント!
  • トノサマバッタの寿命はどれくらい?
  • 産卵と孵化の5つのポイント!
  • トノサマバッタは共食いするの?
  • 自然化における天敵とは?

 

 

トノサマバッタってどんなバッタ?

トノサマバッタは5p程度の大きさで、個体差はあるものの、メスのほうが1p程度大きくなる場合があります。

 

手に乗せると他のバッタに比べどっしりとした体格で、インパクトのある顔をしています。

 

 

トノサマバッタは別名「ダイミョウバッタ」とも呼ばれており、仮面ライダーのモデルにもなっていることでも有名ですね。

 

そんなトノサマバッタは日本中に生息しており、北海道でも沖縄でも見ることができます。

 

6月後半あたりから11月にかけてが最も活動する時期となるため、様々な場所で見られるようになります。

 

トノサマバッタはイネ科の植物が大好きですので、山の中よりもススキや稲が生える

 

  • 田んぼ
  • 草原

 

に多くみられます。

 

しかし意外にも、動物の死がいなども食べる事があり、肉食寄りの植物食である事が分かっています。

 

ちなみに自然界には緑色と茶褐色の個体が見られますが、色が違うだけで同じ種類のトノサマバッタです。

 

 

なぜ色が違うのか?については、のちほど「共食い」のお話で説明しています。

 

 

 

トノサマバッタの飼い方と5つのポイント!

ではここから、トノサマバッタを飼うときのポイントを5つに分けて説明しましょう!

 

 

飼育ケース

飼育ケースはなるべく大きいものを用意しましょう。

 

自然下で自由に飛び回るトノサマバッタがストレスを感じ、そのために寿命が短くなってしまうのを防ぐためです。

 

そして飛び上がった時に、羽根や頭をぶつけて怪我をすることを防ぐためでもあります。

 

そういった意味では「ケースに入れる」という概念をやめ、可能であれば温室や庭、ベランダの一部を網で囲って、自由に飛べるようにすると良いでしょう。

 

室内であれば、以下のようななるべく大きいプラスチックケースを用意しましょう。

 

プラスチックはガラスに比べ保温性に優れていますし、軽いのも使いやすい点です。

 

 

 

 

床材

床材は川砂や昆虫用の土が向いています。

 

底面に浅く敷き、水分を適度に含ませましょう。

 

この床砂は、なくても成虫には問題はなく、手入れの観点からも入れなくても良いと言えます。

 

産卵を考慮するのであれば、小さな容器に産卵床を作って入れれば良いので、床砂は手入れに困らない程度の量で構いません。

 

 

 

 

エサ

エサとなるイネ科植物は、水分がないとすぐに枯れてしまいます。

 

そのため採集した植物を花瓶のように挿しておくか、植木鉢で育ててそのまま与えるようにしましょう。

 

植物を新鮮なものに毎日交換できれば理想的です。

 

餌の与え方については、のちほど「トノサマバッタの餌の与え方」で説明します。

 

 

 

水分保持用のスポンジ

ケース内が乾燥しすぎないために水分保持用のスポンジを入れておきます。

 

1日1回は濡らして、容器や皿、ペットボトルのフタなどに入れてケース内に置いておきましょう。

 

トノサマバッタは植物を食べる時に一緒に水分を取るため、水場で直接吸って摂取することはありません。

 

しかし適度な湿度は暖かさを維持しますので、気温管理の点からも置いておいたほうが良いでしょう。

 

スポンジは100均で売られているようなもので大丈夫です。

 

 

 

 

加温器具

トノサマバッタは越冬できませんが、気温を安定させておくことで寿命を延ばし、1年中快適に飼育することができます。

 

もし飼育下で繁殖させたり長く飼育を楽しみたいなら、加温するのがおすすめです。

 

加温には爬虫類用のパネルヒーターを使用しましょう。

 

 

薄いシート型なので、飼育ケースの下に敷いてケースごと温めます。

 

しかし床材が厚めに敷いてあると熱が伝わりにくくなり、うまく気温が上がらなくなります。

 

そのため、床材を浅めに敷くか、パネルヒーターを側面に当てて加温するようにしましょう。

 

 

 

では続いて「トノサマバッタの餌の与え方」について説明しましょう!

 

スポンサーリンク

 

トノサマバッタの餌の与え方とコツ!

トノサマバッタのエサは、イネ科の植物となります。

 

身近なものでは

 

  • エノコログサ(ねこじゃらし)
  • モロコシ
  • ススキ
  • スズメノカタビラ

 

などです。

 

ちなみに柔らかい葉を好みますので、同じイネ科でも固いササはあまり向いていません。

 

これらのイネ科植物を採集し、花瓶に挿したり植木鉢に土ごと移して育てておくと、新鮮な状態を保ちながら与えることができます

 

イネ科であれば小さな雑草でも構いませんが、外での採集は農薬や排気ガスの汚染の心配がありますので、採集場所に注意しましょう。

 

もし採集が難しいなら種から育てることも可能です。

 

「猫草」としてペットショップで販売されている植物はイネ科ですので、こちらを育ててみましょう。

 

 

植木鉢にいくつか植えておくと、いつも新鮮な状態で与えることができます。

 

そして枯れた草は食べないので必ず取り除いてください。

 

なお、これらの植物を飼育ケースの中で育てようとして、日光の当たる場所にケースを置いてしまう場合があります。

 

しかし直射日光が当たる環境に何時間も置いておくと、トノサマバッタは気温の上昇で死んでしまいます

 

そのため、

 

  • 適度な風通しの良い場所に置く
  • ケースの外で育てて鉢を交換しながら与える

 

のが良い方法です。

 

 

 

トノサマバッタの寿命は早くて3ヶ月!

トノサマバッタは、幼虫や成虫の状態では越冬することができません

 

よって孵化した後であれば、寿命は早くて3か月、長くても1年程度となります。

 

しかし「卵の状態」のままであれば、越冬することができます。

 

「冬期の低温期を経ること」が孵化の条件となるため、飼育下では産卵する場所だけを別環境に用意し、「越冬状態を人の手で作る」事で孵化させることができます。

 

寿命は短いですが、トノサマバッタを飼育下でずっと楽しむために、人の手で繁殖を行って飼育をすることが可能です。

 

スポンサーリンク

 

トノサマバッタの産卵と孵化の5つのポイント!

寿命が短いトノサマバッタは、一年に2度産卵し、二代進むと言われています。

 

一度目の産卵は夏の初めで、二度目は秋ごろとなります。

 

夏の初めに産んだ卵は1か月程度で孵化しますが、秋に産んだ卵は孵化せずにそのまま越冬をします。

 

このことでトノサマバッタの卵は「気温が高い状態でなければ孵化できない」ということが分かりますが、飼育下では気温コントロールを行うことで孵化させることもできます。

 

ではここから、5段階に分けて産卵と孵化のさせ方を説明しましょう!

 

 

産卵床の準備

産卵床とは、「産卵する場所」の事を言います。

 

飼育下では、トノサマバッタの生活場所と産卵床を同じケースにすると、管理がしにくくなります。

 

そのため、産卵を行う場合だけ飼育ケースに「産卵床」を入れると良いでしょう。

 

用意する場合は、産卵床となる土や砂を殺菌処理をするため、電子レンジで加熱するか、無菌のものを購入します。

 

殺菌処理ができたら、植木鉢のような小さめのケースに入れましょう。

 

 

植木鉢は「100均」で売られているようなものでOKです。

 

土を霧吹きで軽く湿らせて、水分を補っておきます。

 

適度に湿り気を与えてから、オスとメスが入ったケース内に置いておきます。

 

 

 

交尾

トノサマバッタのオスは、後ろ足を羽とすり合わせて鳴き声を出すことができます。

 

コオロギなどと同じように、オスはこの音でメスを引き寄せて交尾を行うのです。

 

交尾をしたかどうかの確認は飼育下でも分からないこともありますが、もし秋に成虫を採集した場合は、交尾後である可能性が高いので、産卵の準備をしましょう。

 

 

 

産卵

メスは、腹部の先端を産卵床に突き刺して産卵管を開いたり閉じたりしながら産卵していきます。

 

卵はスポンジのような白い泡で包まれた状態で産まれてきます。

 

トノサマバッタの産卵

画像引用:http://6ch.gjgd.net/

 

このスポンジ状の泡は「卵鞘」と呼ばれるもので、バナナのような形をしています。

 

一つの卵鞘の中には50個〜100個程度の小さな卵が入っています。

 

 

 

卵の保管

生まれた卵は産卵床に入れたまま、成虫のいない別の容器に移動します。

 

これは卵を成虫とは違った管理方法で育てるためです。

 

まず気温の安定した部屋で、容器よりも大きな箱に入れて置いておきます。

 

そして1か月程度たったら、冷蔵庫に入れて冷やしていきます。

 

2〜3か月程度で取り出し、また加温された飼育ケースに戻すと孵化しやすくなります。

 

この「冷やす」と「再度温める」方法は、越冬を再現したものです。

 

常に同じ暖かい気温の中では孵化しにくくなるため、こうした方法で気温にメリハリをつけて管理する必要があるのです。

 

 

 

孵化

幼虫が生まれたら、まだ固い葉が食べられませんので、エサは柔らかい葉を与えましょう。

 

特にスズメノカタビラが他のイネ科植物よりも食べやすいようです。

 

成長に合わせて様々なイネ科植物を与え、徐々に固いイネ科のエサに移行させていくのが望ましいとされています。

 

また昆虫の成長には脱皮が欠かせません。

 

トノサマバッタも脱皮して成長していくため、太陽の光が必要です。

 

そのため、ケースごと日向に出して日光浴させるほか、爬虫類用の紫外線灯を利用する方法もあります。

 

 

両方の方法を取り入れるのが理想的なのですが、紫外線灯がない場合は時間を決めて日向に出して陽に当てましょう

 

当てすぎると熱くなり死んでしまいますので、出しっぱなしで放置しないようにしてください。

 

 

 

ここまでが「トノサマバッタを飼育する5つのコツ」でした。

 

では続いて、
トノサマバッタは共食いをするのか?という点について説明しましょう!

 

スポンサーリンク

 

トノサマバッタは共食いをするの?

結論から言うと、共食いします

 

飼育する場合は、この共食いの危険性を抑えたいですよね。

 

ここでは、

 

  • 共食いを抑えるには?
  • バッタには「共食いしたい」という願望がある?

 

という2点を説明します。

 

 

共食いを抑えるには?

トノサマバッタは、

 

  • 脱皮中で動けない個体
  • 弱った個体

 

を共食いすることがあります。

 

これはトノサマバッタの食性が完全な植物食ではなく、少々肉食よりであり、植物ばかりでは食欲を満たせないためです。

 

こうした場合は、エサ入れに金魚のエサや削り節などを入れて、タンパク質を補給させることで共食いを防ぐことができます。

 

ペットショップには金魚のエサに似たコオロギ用の粒エサも販売されていますので、上手に利用しましょう。

 

 

特に常にエサが少ない環境であったり、トノサマバッタを大量に飼育している場合には、いつも共食いを考慮しなくてはなりません。

 

飼育ケースはなるべく広くし、エサを与えるさいに動物性たんぱく質もあわせて与える事が、共食いの対処法となります。

 

共食いは特にメスがオスを襲うことが多く、削り節を与えていても共食いは完全に回避できません

 

しかし、少しでもその危険性を抑えることができますので、効果があります。

 

 

 

バッタには「共食いしたい」という願望がある?

トノサマバッタに限らず、バッタの仲間には共食いをする習性のようなものがあります。

 

実はトノサマバッタには

 

  • 単独で生活する「孤独相」
  • 集団で生活する「群生相」

 

のツータイプが存在します。

 

普段私たちが目にしているトノサマバッタは緑色であり、集団になることはありません。

 

しかし世界では、集団で荒野を飛び回り、家畜や畑を群れで襲撃する被害があります。

 

この集団になるバッタは「群生相」というタイプであり、実は「孤独相」タイプから変化したものなのです。

 

「群生相」に変化すると、緑色だったバッタの姿が黒や茶褐色に変わり、黄色や赤の派手なラインが入って悪役のようなイメージになります。

 

 

しかしどうして集団になるのでしょうか。

 

これは私たちから見れば魚の群れに似ているため、「バッタの運命共同体」に見えてしまいますが、実はバッタは皆「共食いをしたい」という共通の目的で集まっています。

 

前にいるバッタを「共食いをしたい」、しかし後ろにいるバッタに「共食いされたくない」。

 

この二つの本能があるため、同じ方向に集団で飛んでいくという結果となるのです。

 

実は「共食い=タンパク質が足りない」という理由だけではないのです。

 

この「共食いしたい」と思っている「群生相」のタイプは、相手を襲うために肉食性が強くなり、「孤独相」だった時よりも気性が荒く相手を襲いやすくなります

 

この「群生相」のタイプに自分のトノサマバッタを変化させないためにも、飼育下では狭いスペースで大量に飼育しない方が良いとされているのです。

 

共食いを防ぐためにできることは、本来持っている「共食い習性」をコントロールすることです。

 

「共食いしたい」と思わせないために削り節などを与えて食欲を満たし、ある程度数を抑えて飼育することが大切なのです。

 

 

 

では最後に、
「トノサマバッタの天敵」について触れておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

トノサマバッタの天敵

トノサマバッタは、自然界では他の昆虫と同じ様に、捕食される立場となるため、天敵がたくさんいます。

 

たとえば

 

  • スズメバチ
  • カマキリ
  • ムカデ
  • クモ

 

などの「肉食昆虫類」や「節足動物類」が身近な天敵です。

 

また

 

  • ヒキガエル
  • トノサマガエル
  • ヘビ
  • トカゲ

 

などの両生類や爬虫類も含まれます。

 

他にも空から昆虫を狙う鳥たちや、キツネなどの哺乳類も天敵とされています。

 

 

さいごに!

トノサマバッタについて色々説明しました。

 

通常のバッタよりも一回り大きいですが、その分「ペット感」はありますので、ぜひ飼育にもチャレンジしてみてくださいね♪

 

スポンサーリンク


 

関連ページ

ゴキブリ退治<7つの瞬殺方法>!洗剤・熱湯・アルコールでの殺し方は正しいのか?
【G画像なし】山奥に住んでいた私が、ゴキブリをアッと言う間に瞬殺できる「7つの対処法」を紹介!お湯や洗剤は本当に効果あるのか?説明します。
ゴキブリはどこから来る?7つの侵入経路・原因と、鉄壁の予防対策法!
ゴキブリはどこから入ってくるのか?侵入経路や寄せ付けないための「侵入防止対策」をどこよりも分かりやすく解説!ホウ酸団子や忌避剤は意味があるのか?ゴキブリを寄せ付けない鉄壁の予防対策もご紹介!
ゴキブリの卵が孵化する9つの場所と時期!女子でも出来る駆除法5選!
【2018年更新版】ゴキブリの卵はどこに産み付けられ、どこで孵化するのか?また、何匹生まれるのか?孵化の時期はいつ頃か?卵を見つけた時の処理方法を分かりやすくまとめてみました。
ゴキブリの赤ちゃん(幼虫)が出る7つの原因と、効果抜群な駆除法8選!
ゴキブリの赤ちゃん(子ども)の特徴や大きさ、「飛ぶのか?」などを解説。どこから出るのか?「1匹いると30匹いる」の真実も分かりやすく説明。
ゴキブリが巣を作る11の場所!どんな形?【駆除と全滅までの流れ!】
ゴキブリの巣はどこで作られる?ゴキブリと巣を退治する方法と、全滅させるまでの流れを解説します。
ゴキブリにアロマ(ハーブ・ミント)やファブリーズ、重曹は効くか?【試してみた】
【ゴキブリ画像なし】ゴキブリにはアロマ(ハーブやラベンダー、ミント)、ファブリーズ、重曹などが効くと聞きます。では実際に効いたのか?試してみました。(ゴキブリの画像はありませんのでご安心下さい。)
ゴキブリを寄せ付けない究極アイテム発見!ハッカや超音波よりスゴイ!
【2018年更新版】ゴキブリを寄せ付けない方法を色々試してみた!ハッカ油や超音波、電磁波、ナツメ・ラベンダーなどのハーブなどなど。その中で「これは効く!」と思えた効果抜群のアイテムが見つかったので紹介する!
ゴキブリの生態まとめ!種類・寿命・冬の生活・共食い!噛むの?菌は?
【どこよりも分かりやすく説明!】ゴキブリの生態について、、種類や寿命、冬はどこに潜んでいるのか?夜行性なのか?を説明!人間を噛むの?ウイルス・細菌感染の危険性の有無は?
ゴキブリの生命力・繁殖力がヤバすぎる!「1匹いたら100匹いる」の真実
ゴキブリは生命力と繁殖スピードが異常に高いため、繁殖させないための対策が必要です。「1匹いたら100匹いる」は本当か?
ゴキブリが飛ぶ5つの条件!考え得る「飛ぶ理由」3つと対策!【実体験】
ゴキブリは飛びます!しかも頻繁に人に向かって飛んできます… なぜ飛ぶのか?飛ばない種類もあるのか?説明します。
ゴキブリのふんの掃除法と注意点5つ!固さ・量にも注目しよう【画像】
ゴキブリのふんを見つけたらどうすべき?床や壁に付いた場合の処理対策や、潰すとどうなるか?ニオイなどについても説明します。
ゴキブリを見失った!逃げられた!「寝れない夜」を避ける4つの対策!
ゴキブリに逃げられた!どこかに消え た!という場合に考えられる「逃げ込む13の場所」と、眠れない場合の9の対策を紹介。
ブラックキャップの効果検証6ヶ月!置き場所や有効期限【逆効果or最強?】
ゴキブリ対策として有名な「ブラックキャップ」を6ヶ月設置して効き目を検証!屋外でも効果はあるのか?置き場所はどこが良いのか?有効期間はどれくらいか?をまとめました!
ゴキちゃんストップの効果を7ヶ月検証!置き方のコツ伝授!【口コミ】
ブラックキャップの効果がいまいちだったため、プロ仕様のゴキちゃんストップで検証。結果をレビューします。その他、置き場所・薬局で買えるのか?なども解説。
ゴキブリホイホイをおすすめしない5つの理由!効果検証で分かった事
ごきぶりホイホイを試行錯誤で長年使ってきた結果から、オススメできない理由を挙げてみます。逆効果か?設置場所は関係あるか?など。
バルサン7種類を使った効果比較と、使い方・放置時間・布団や服の対策!
【2018年】バルサン7種類使用したため、効き目の比較とオススメを紹介。また使用方法や放置時間、効果期間、注意点、掃除のやり方も解説。
バルサンの値段(価格)を7タイプ全サイズで調査!コスパ比較 <2018年>
【2018年版】バルサンやバルサンプロEXなど、全タイプ・サイズのコスパを比較!アースレッドや虫コロリとの比較も!
ゴキジェットプロの「効果検証」で判明!オススメできない5つの理由!
【ゴキ画像なし】ゴキジェットプロでは死なない?使って分かったメリット・デメリット、黒(まちうけタイプ)はどうか?すべて解説します!
コンバットの効果5ヶ月検証!ブラックキャップとの強さ比較もしてみた
ゴキブリ駆除薬「コンバット」・「コンバットハンター」を使ってみた結果を公開!ブラックキャップとどちらがオススメか?説明します!
【動画まとめ】マンホールから大量のゴキブリが湧く… なぜマンホールに?
京橋駅でマンホールから大量発生したゴキブリ。なぜマンホールにいたのか?どこにでもいるのか?動画とともに解説します。
「ゴキブリを食べると死亡する」の真実!味と害、8つの食べ方まとめ!
ゲテモノ好きが食べる「ゴキブリ」。食べると死ぬという噂は本当か?食用ゴキブリの味や、食べることでの害、調理方法を解説!
ムカデの生態(種類・つがい・幼虫・卵・天敵・餌)辞典【完全版】
ムカデについてどこよりも分かりやすく解説!種類は多いの?つがい行動するって本当?幼虫はどんなの?噛むことや毒はある?卵はどんなのでどんな場所にうむの?【ムカデがわかる辞典】
ムカデ対策・駆除の方法9選!熱湯やハッカ油で退治?噛まれた時の対処・薬
ムカデの対処方法を9種紹介!ハッカ油や熱湯、バルサン、殺虫剤・・・ 何が効くの?ムカデを寄せ付けない予防法や、噛まれたらどうするのか?を分かりやすく説明しています!
ゲジゲジの対策・駆除7選!益虫なの?噛むの?幼虫と毒性【画像】
ゲジゲジ虫の対策と駆除を分かりやすく解説。幼虫や卵、どこから沸いてくるのか?毒性や噛むこともあるのか?益虫なのか?についても分かりやすく説明。
ゲジゲジの種類は2種類!『ゲジゲジみたいな虫』はムカデorヤスデかも!
ゲジゲジ虫の種類の紹介のほか、「ゲジゲジと似てる虫」として勘違いされやすい「ヤスデ」や「ムカデ」の特徴や違いを、画像とともに説明しています。
ヤスデをササッと駆除・対策する8の方法と、「大量発生」する4つの原因!
気持ち悪いヤスデを駆除・退治する8つの方法や、家の中に侵入させないための予防法、なぜヤスデは大量発生するのか?その理由を分かりやすくまとめました。
ヤスデの臭い対策3ポイントと毒性の有無!噛む?刺す?【害虫or益虫?】
ヤスデと言えば「くさい臭い」。この臭いに毒性はあるか?臭い液が付いてしまった場合どうすべきか?噛まれたり刺したりするのか?人間にとって害虫か益虫か?まとめました。
ヤスデの種類は200以上!最大30cm!天敵・幼虫・卵など生態まとめ!【画像】
ヤスデの種類や、世界最大級のヤスデを写真付きでご紹介!また天敵や、卵から孵化・赤ちゃん・子供までのライフサイクル、増える時期などの生態についてもご紹介。
チャドクガ(幼虫・成虫)の発生時期と、安全な駆除・予防対策9選!
チャドクガの成虫と幼虫の生態(大きさや毒など)と、発やすい時期、駆除と予防対策について画像付きで紹介。天敵や木酢液を使った予防方法についても解説。
チャドクガに刺されたら?症状と、すぐ出来る対処法・薬・治療【まとめ】
チャドクガに刺されたらどんな症状が出るの?皮膚炎(かぶれ・湿疹)を画像で紹介。また、とっさに出来る応急処置7ステップを分かりやすくまとめています。
シバンムシの駆除法6つと予防法7選!幼虫・卵どこから沸くの?
シバンムシの駆除方法6つと予防方法7つを分かりやすく。またシバンムシは何が原因でどこから沸いて来る?卵や幼虫はどう退治する?繁殖の時期・畳への害などを含めて説明しています。
カツオブシムシ(幼虫・成虫・卵)のカンタン駆除対策12選!どこから湧く?
虫食いの原因である「ヒメカツオブシムシ」と「ヒメマルカツオブシムシ」の駆除方法と予防対策を12紹介!幼虫や卵がどんなものか?どこから侵入してくるのか?解説します。
ユスリカの3つの対策・駆除、発生時期、幼虫・成虫の寿命や生態!
【2018年更新版】ユスリカやフユユスリカの対策や駆除方法、発生時期、幼虫・成虫の寿命や生態を分かりやすく解説。その他、蚊取り線香や電撃殺虫機なども紹介します。
ガガンボ(カトンボ)という「でかい蚊」の幼虫や種類、駆除・刺された時の対処
【まとめ】大きい蚊のような虫「ガガンボ」。このガガンボの生態や種類、人を刺すのか?を説明。またオススメの6つの駆除・対策方法もあわせて説明しています!
チャタテムシの徹底カンタン駆除対策9選!幼虫・卵もまとめて撃破!【画像】
チャタテムシをカンタンに駆除する4つの方法と、寄せ付けないための5つの予防対策法をお教えします!また「幼虫・卵」の段階ではどのように駆除すべきか、あわせて解説します。
カマドウマ(便所コオロギ)の駆除対策10選!幼虫や卵、どこから来る?【画像】
トイレに出るコオロギのような虫「カマドウマ」。駆除方法や侵入予防対策、どこから入るのか?幼虫や卵のライフサイクルについて分かりやすく説明します。
カメムシの種類や天敵、寿命、噛むか?飛ぶか?など【生態まとめ】
「屁こき虫」「へっぴり虫」とも呼ばれるカメムシ。カメムシの種類(仲間)や天敵、寿命、冬眠するのか?など生態を分かりやすくまとめました。
カメムシの臭いの消し方7つと成分!自然に消える?ファブリーズは有効?
カメムシの臭い消しに有効な7つの方法と、臭い成分について。例えるとどんな臭いがするか?自然と消えるか?なども解説。
アブラムシの駆除・対策14選!牛乳や木酢液は効く?【パッと退治する裏技】
厄介なアブラムシを退治する方法、寄せ付けない予防方法をそれぞれ説明します!無農薬で撃退・予防できる方法もありますので、色々組み合わせて試してみましょう!
アブラムシが黒い?5つの種類と生態の違い!卵・成虫・繁殖【完全版】
アブラムシの種類や生態の違い、卵や幼虫について分かりやすく説明しています。また「繁殖力が強い」秘密や、駆除方法についても説明しています。
ダンゴムシの餌・飼い方・生態と駆除方法
ダンゴムシの飼育やエサ、生態(寿命・オスメスの違い・赤ちゃん・幼虫・種類など)を分かりやすく説明!また、害虫ともなるダンゴムシの駆除方法についても説明しています。
フナムシとゴキブリの5つの違い!食べるとどんな味…?【生態まとめ】
フナムシとゴキブリの違いを分かりやすく!また、フナムシの料理方法と味、食べた感想をまとめています。その他、噛むのか?害虫なのか?などの生態についても。
タガメの生息地と飼育方法!卵を壊す理由や天敵、捕食方法を学ぼう!
タガメの生息地や販売されている値段相場、飼育方法、捕まえ方を分かりやすく説明!またタガメが卵を自ら壊してしてしまう理由や、天敵、捕食の仕方、飛ぶのか?についても説明!
ゲンゴロウの種類は4000?幼虫、飼育と餌、タガメとの違い【まとめ】
ゲンゴロウの種類と生息地、絶滅危惧種なのか?といった内容と、飼育方法(餌や飼育道具)、タガメとの違いを分かりやすくまとめています。【画像あり】
カミキリムシの正しい飼い方と、種類・エサ・幼虫!【画像】
カミキリムシって買える(飼育できる)?!成虫や幼虫の生態って?種類やエサは?カミキリムシについて、わかりやすくまとめてみました。
クマンバチの巣や毒針を解説!刺されたら?駆除やオスメスの生態
クマンバチの生態を分かりやすく説明!毒はあるの?刺された場合の処置はどうする?駆除の方法は?オスメスの見分け方は?分かりやすく解説しています。
カタツムリがグングン育つ飼い方!【餌・寿命・種類・卵なども解説】
カタツムリがスクスクと育つよう正しい飼育方法を説明します!飼育に必要なケースやエサ、飼育時の注意点、産卵や孵化のこと、そして赤ちゃんの育て方まで説明しています。
カタツムリの寄生虫「ロイコクロリディウム」は人間にも寄生?【死亡例も…】
カタツムリに寄生する虫「ロイコクロリディウム」とは?この虫の特徴や生息地域、どうやって人間に寄生するのか?寄生したらどうなるのか?どこよりも分かりやすく説明しています。
サナダムシのダイエットは最悪「死」!寄生症状が怖い…【卵と画像】
サナダムシダイエットって本当に効果あるの?そもそもサナダムシって何・・・?寄生させることでの症状や、寄生される原因、なぜ痩せると言われているのか?解説します。