ダンゴムシの餌・飼い方!生態(卵・寿命・種類・脱皮)、害や駆除方法

ダンゴムシの餌・飼い方!
生態(卵・寿命・種類・脱皮)、害や駆除方法

身近な昆虫である「ダンゴムシ」は、子どもたちの人気者。

 

しかし、

 

餌や飼育方法が分からない!

大量にいるから駆除したい!

 

などなど、色々な角度でお困りの方も多いのではないでしょうか?

 

このページでは、そんなダンゴムシの「飼い方」や「駆除方法」についてどこよりも分かりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク

 

この記事の目次
  • ダンゴムシの飼い方
  • ダンゴムシの生態(卵や幼虫、寿命や種類、脱皮)
  • ダンゴムシは害虫なのか?簡単な駆除方法は?

 

 

 

ダンゴムシの飼い方と餌について!

ダンゴムシの飼育はとても簡単です!

 

道具も少ないので「飼育を始めやすい生き物」のひとつと言えるでしょう。

 

 

@ケースを用意しよう

まずはケースが必要です。

 

飼育ケースは水分に影響されない

 

  • プラスチック製のケース

 

などを用意しましょう。

 

この時、中の水分が飛びにくいように常時フタは出来るようにしておきましょう。

 

密閉状態になるのであれば、フタに空気穴をいくつか開けておきます。

 

またダンゴムシの「体の日照サイクル」を整えるために、フタを閉めっぱなしにして暗いままにしないほうが良いと言われています。

 

そのため透明のケースや瓶を使用することが望ましいです。

 

日光が入って観察もしやすく、丈夫ですので便利に利用できます。

 

ただ市販の虫かごが800円ほどで購入できますので、最初からそれを使うのがベストでしょう。

 

 

ちなみに「発泡スチロール」も保温性もあり水にも丈夫で簡単に用意できますが、ダンゴムシがかじってしまうこともありますので注意して使用しましょう。

 

 

 

A土を用意しよう

次に土を用意しましょう。

 

ケースに土を入れ、表面に枯れ葉を敷き詰めるだけで飼育が可能となります。

 

土は乾燥したものではなく、湿り気があるものが良い環境となりますので、乾燥してきたらスプレーで水を散布しましょう。

 

ダンゴムシに直接水がかかると呼吸できなくなる可能性があります。

散布する時はケースの壁面に当てて行いましょう。

 

また、土ではなく「湿らせたキッチンペーパー」を敷き詰めても飼育可能です。

 

キッチンペーパーのほうが観察しやすいのですが、土のほうが自然に近く、ダンゴムシへのストレスは軽減されます。

 

市販品であれば腐葉土が使用できます。

 

※アマゾン等で500円〜1000円ほどで購入できます

 

 

腐葉土は封を開けてから半日ほどガス抜きをして使います。

 

なお、飼育中は定期的にカビが生えていないかチェックしましょう。

 

 

 

B餌を用意しよう

最後に餌を用意しましょう。

 

ダンゴムシは、自然の環境においては

 

  • 柔らかくなった枯れ葉
  • 落ち葉
  • 植物の新芽

 

を主に食べています。

 

中でも「枯れ葉」はとても便利なアイテムです。

 

隠れ家にもなり、飼育環境に臭いなどの害を起こさないため、基本食と考え常に入れておきましょう。

 

また、基本的には雑食性であり飼育下では「煮干し」を与えると栄養バランスが良くなります

 

餌は他にも

 

  • キュウリ
  • ごま
  • 人参や大根などの野菜の切れ端
  • チーズ
  • 乾燥エビ
  • かつお節

 

などを好んで食べます。

 

このように、飼育下ではあまりお金がかからず、かつ「腐りにくいエサ」が向いています。

 

なお、一つのエサに偏ってしまうと体調不良となり脱皮不全に陥りやすくなります。

 

食いつきが良くても悪くても、植物性、動物性問わずまんべんなくエサを与えましょう。

 

 

 

では飼い方や餌が分かったところで、
次は「ダンゴムシの生態」について説明しましょう!

スポンサーリンク

 

 

ダンゴムシの生態(種類や寿命、卵や脱皮)について!

続いては「ダンゴムシの生態」に迫ってみましょう!

 

 

ダンゴムシの寿命と冬眠!

ダンゴムシの寿命は4年程度とされています。

 

ただ毎日同じ生活をしているわけではなく、短い寿命の間であっても冬眠を行います。

 

「湿度の高い場所」や「暗がり」がダンゴムシの快適な環境ですので、そのような場所に集団で丸まって冬眠を行います。

 

そのため、冬に

 

  • 植木鉢
  • 枯れ葉の堆積した場所

 

を探ってみると、たくさんのダンゴムシを発見することができますよ。

 

 

 

ダンゴムシの卵と赤ちゃん(幼虫)!

ダンゴムシは卵を産む生き物です。

 

しかし卵をどこかに産み付けるのではなく、メスの腹部にある「保育嚢」で卵を抱えるように育てていく育児方法を取ります。

 

画像引用:ごった煮記

 

産卵後、まだ卵のうちは腹部は黄色っぽく、カズノコのような盛り上がりが確認できます。

 

そして保育嚢に産卵後、時間が経つと卵は白く変化していきます。

 

ある程度の大きさになると、子どものダンゴムシが腹部の殻を食い破って外へ出てきます。

 

画像引用:ごった煮記

 

このようにしてやっとこの世界に生まれてくるのです。

 

繁殖期にはこの保育嚢に卵が抱えられているため、腹部を見て白っぽいものがメスという判別方法もあります。

 

ダンゴムシは生まれてから1年以内に交尾し産卵することができるため、たとえ寿命が4年前後であっても、大量繁殖することができる生き物なのです。

 

 

 

ダンゴムシの種類はどれくらい?

ダンゴムシは、

 

「等脚目 オカダンゴムシ科」

 

という生物に位置づけられています。

 

この「等脚目」には、他にも

 

 

があり、ダンゴムシと「体の形が良く似ている動物」がこれらに含まれています。

 

ダンゴムシは昆虫類だと思っている人も多いですが、分類はこれほど違っています。

 

また良く似た「ワラジムシ」は同じグループだと思われていますが、これもまた違うグループとなっているのです。

 

※ダンゴムシ・ワラジムシ・フナムシは大きなグループで見れば仲間です

 

そして肝心の「ダンゴムシの仲間」としては

 

  1. オカダンゴムシ科
  2. コシビロダンゴムシ科
  3. ハマダンゴムシ科

 

の3つに分けられます。

 

 

1.オカダンゴムシ科

私たちが良く目にするダンゴムシは、「オカダンゴムシ科」の中のオカダンゴムシと呼ばれる種類を指します。

 

オカダンゴムシは世界に250種いるとされていますが、日本ではその中のたった2種類しか既知されていません

 

 

 

2.コシビロダンゴムシ科

コシビロダンゴムシは世界に700種いるとされていますが、日本では22種類しか確認されていない種類です。

 

 

 

3.ハマダンゴムシ科

ハマダンゴムシは、日本在来のダンゴムシの仲間です。

 

砂浜に生息していることからその名がつけられました。

 

しかし昼間に砂から出てくることはほとんどなく、見つけることができたらとても貴重なダンゴムシとして扱われます

 

 

 

続いては「ダンゴムシの脱皮」についてです。

スポンサーリンク

 

 

ダンゴムシの脱皮!

ダンゴムシは脱皮をします。

 

 

ダンゴムシの脱皮は、近いグループである「エビ」や「カニ」の脱皮と良く似ています。

 

彼らと同じように、「成長の過程で自分の外側にある殻が窮屈になってくるので、一回り大きな殻になるため」に脱皮を行います。

 

ちなみにこの殻のことを「クチクラ層」と言うのですが、クチクラ層は鎧のような役割をしています。

 

脱皮は上半身と下半身に分けて行われます。

 

先に下半身を脱ぎ、後から上半身を脱いでいきます。

 

画像引用:健太王国

 

自然下では難しいですが、飼育下では脱皮の様子が目の前で見られます

 

脱皮は本来ならば捕食生物に狙われる危険があるため、短時間(脱ぎ始めてから20分程度)で行われます。

 

脱皮した後の体はまだ柔らかいため、表面を乾かして安定するまでジッとしています。

 

また、脱皮をする生物の多くがそうであるように、脱皮したあとの殻は自ら食べてしまいます。

 

これは貴重なたんぱく源を補給するためと考えられています。

 

自分の殻だけでなく、他のダンゴムシが脱いだ殻も一緒に食べます。

 

飼育しているダンゴムシが脱皮不全となっているのを発見したら、すぐに殻を剥いであげましょう。

個体が若くても、脱皮に失敗し脱皮不全を起こせばそのまま絶命することもあります

不全にならなければ成長できますが、放置して不全を起こせば死んでしまう事があるためです。

失敗は珍しいことではありませんが、不全となった部分の器官が不能となるため、早めに剥がなければいけません。

目や口、足などが不全となると、

  • エサが食べられなくなる
  • 歩けなくなる

などの不具合が出るため、死に直結してしまうのです。

スポンサーリンク

 

 

オスメスの特徴と、その他の特徴!

ダンゴムシと言ってパッと思い浮かぶ真っ黒のイメージは、実はオスの個体です。

 

良く見ると黒みが薄く、斑点が入っている個体がメスです。

 

 

この斑点を「斑紋」といいます。

 

斑紋は性別の違いを100%表すわけではないので、簡単な見分けをするための目安になります。

 

しかし「9割」はこの見た目のとおりの性別だと言われています。

 

確実な性別の特徴は、腹部の生殖器で見ることができます。

 

ダンゴムシの下腹部には、どの個体にも呼吸するための器官があります。

 

白いラインが左右両方に2本入っており、生殖器はその真ん中あたりにあります。

 

この真ん中の正中線には、オスだけに白い筋が入っているのが見られます。

 

 

これは精子をメスに送り込む器官であることから、オスだけにあり、また成虫にしかみられない器官なのです。

 

このため幼体の性別は判別が難しいかもしれません。

 

そのほか、飼育していると繁殖期のオスがメスを追いかける「求愛行動」が見られるため、観察を続けていると自然と判別ができるようにもなります。

 

 

 

その他の特徴「夜行性」!

ダンゴムシは実は夜行性の生き物です。

 

子供が外で見つけて帰ってくるため「昼行性」のイメージもありますが、実際は

 

  • 採集されて飛び起きた個体
  • 環境の変化に危険を感じて動き出した個体

 

が目に入っている(目立っている)だけなのです。

 

同じ様に明るい場所も苦手なので、

 

  • 植木鉢をよけた時
  • 急に隠れていた落ち葉を取られた時

 

は暗がりを求めて急いで逃げていきます。

 

 

 

では最後に
「ダンゴムシは害虫なのか?駆除方法は?」というテーマを説明しましょう。

スポンサーリンク

 

 

ダンゴムシは害虫なの?駆除はできる?

ここまで「ダンゴムシの飼育」などを説明してきましたが、一方では「害虫」として煙たがられる存在でもあるのです。

 

 

ダンゴムシはなぜ害虫なのか?

ダンゴムシは「園芸愛好家」の間では害虫とされています。

 

これはダンゴムシが「自然に落ちた枯れ葉」などを食べるだけでなく、柔らかい新芽を好んで食べてしまうためです。

 

しかし人間に対してはいっさい害はありません

 

園芸愛好家ではない人間からすれば、大量発生している様子を見ると不快になるという程度です。

 

ダンゴムシを掴んで遊んでいる子供たちにとっては、

 

  • 臭い
  • ぬめり

 

などが一切ないダンゴムシは、格好の遊び相手となるのです。

 

ただしダンゴムシは一度に数百匹の幼生を生むため、大量発生しているように見えることがあります。

 

さらにダンゴムシにとって快適な場所があちらこちらにあるため、そういった場所ではたくさん生まれ大量発生となっています。

 

大量発生していると園芸に害があるため、しばしば駆除の対象とされているのです。

 

 

益虫という考え方もある!

一方でダンゴムシは「益虫(人間の生活に役立つ昆虫)」とも言われています。

 

ダンゴムシは枯れ葉を食べて細かくしてくれるため、土中の微生物が行う「枯れ葉の分解」を助ける働きがあります

 

このため土中を豊かにしていると言えるのです。

 

ただの害虫ではなく自然下での大切な役割があることも覚えておきましょう。

 

 

ダンゴムシの駆除はどうするか?

とは言え、やはり駆除が必要な場合もあるでしょう。

 

駆除したいという場合は、以下のような簡単な手順で行うことができます。

 

 

ダンゴムシが苦手な環境を作る

ダンゴムシにとっては、重なった枯れ葉が集まる所や、湿度が高い土がとても快適です。

 

つまりこれらを除いてきれいに掃除してしまえば、それだけでダンゴムシは立ち退いてくれるのです。

 

  • 土を乾燥させる
  • 落ち葉の掃除をする

 

だけで効果がありますので、わざわざ大量に殺したくないという場合は良い方法です。

 

さらにダンゴムシは乾燥に弱いため、土の表面を陽に当てて湿り気を減らすことで効果的に数を減らせます

 

なお、長い時間置かれている植木鉢は、地面と鉢の底の間にダンゴムシが入り込むため、レンガなどで底を上げて通気性の良い状態にすると改善されます。

 

 

 

薬剤を散布する

2つ目の方法は、ダンゴムシを「市販の薬剤で駆除する方法」です。

 

安価な物も多く、手っ取り早い方法です。

 

ただし薬剤は植物や他の昆虫にも効果があるため、環境を変化させてしまう可能性が大いにあります

 

つまり庭の草花にも薬剤の害があるのです。

 

選ぶ時は注意書きを読んで合ったものを選ぶ必要があります。

 

一方で「薬剤の含まれたエサを食べさせて駆除する方法」もあります。

 

これは人間の口に入ればもちろん害になりますので、子供がいる家庭では十分に注意が必要です。

 

さらに庭や土のある場所にパラパラと広げてまいてしまうと、全体に薬害が出る可能性もあります。

 

そのためエサでの駆除は、数十センチ間隔でエサを山に積んでおくのが良い方法です。

 

これだと

 

  • 土と薬剤を見分けやすくする効果
  • 土全体に薬害を広げないようにする効果

 

が狙えるのです

 

小さい粒のタイプだけでなくペレットのタイプも市販されていますので、自分の駆除したい場所に合った物を選びましょう。

 

 

 

さいごに!

ダンゴムシについて色々説明してきました。

 

園芸愛好家には嫌われる存在のダンゴムシですが、子供には大人気の虫、それが「ダンゴムシ」です。

 

飼育もしやすい昆虫なので、お子さんと一緒に積極的に飼育してみても良いでしょう!

 

以下のページも人気ですよ!

 

>>フナムシとゴキブリの5つの違い!食べるとどんな味…?【生態まとめ】

 

スポンサーリンク

 

関連ページ

ゴキブリ退治<7つの瞬殺方法>!洗剤・熱湯・アルコールでの殺し方は正しいのか?
【G画像なし】山奥に住んでいた私が、ゴキブリをアッと言う間に瞬殺できる「7つの対処法」を紹介!お湯や洗剤は本当に効果あるのか?説明します。
ゴキブリはどこから来る?7つの侵入経路・原因と、鉄壁の予防対策法!
ゴキブリはどこから入ってくるのか?侵入経路や寄せ付けないための「侵入防止対策」をどこよりも分かりやすく解説!ホウ酸団子や忌避剤は意味があるのか?ゴキブリを寄せ付けない鉄壁の予防対策もご紹介!
ゴキブリの卵が孵化する9つの場所と時期!女子でも出来る駆除法5選!
【2018年更新版】ゴキブリの卵はどこに産み付けられ、どこで孵化するのか?また、何匹生まれるのか?孵化の時期はいつ頃か?卵を見つけた時の処理方法を分かりやすくまとめてみました。
ゴキブリの赤ちゃん(幼虫)が出る7つの原因と、効果抜群な駆除法8選!
ゴキブリの赤ちゃん(子ども)の特徴や大きさ、「飛ぶのか?」などを解説。どこから出るのか?「1匹いると30匹いる」の真実も分かりやすく説明。
ゴキブリが巣を作る11の場所!どんな形?【駆除と全滅までの流れ!】
ゴキブリの巣はどこで作られる?ゴキブリと巣を退治する方法と、全滅させるまでの流れを解説します。
ゴキブリにアロマ(ハーブ・ミント)やファブリーズ、重曹は効くか?【試してみた】
【ゴキブリ画像なし】ゴキブリにはアロマ(ハーブやラベンダー、ミント)、ファブリーズ、重曹などが効くと聞きます。では実際に効いたのか?試してみました。(ゴキブリの画像はありませんのでご安心下さい。)
ゴキブリを寄せ付けない究極アイテム発見!ハッカや超音波よりスゴイ!
【2018年更新版】ゴキブリを寄せ付けない方法を色々試してみた!ハッカ油や超音波、電磁波、ナツメ・ラベンダーなどのハーブなどなど。その中で「これは効く!」と思えた効果抜群のアイテムが見つかったので紹介する!
ゴキブリの生態まとめ!種類・寿命・冬の生活・共食い!噛むの?菌は?
【どこよりも分かりやすく説明!】ゴキブリの生態について、、種類や寿命、冬はどこに潜んでいるのか?夜行性なのか?を説明!人間を噛むの?ウイルス・細菌感染の危険性の有無は?
ゴキブリの生命力・繁殖力がヤバすぎる!「1匹いたら100匹いる」の真実
ゴキブリは生命力と繁殖スピードが異常に高いため、繁殖させないための対策が必要です。「1匹いたら100匹いる」は本当か?
ゴキブリが飛ぶ5つの条件!考え得る「飛ぶ理由」3つと対策!【実体験】
ゴキブリは飛びます!しかも頻繁に人に向かって飛んできます… なぜ飛ぶのか?飛ばない種類もあるのか?説明します。
ゴキブリのふんの掃除法と注意点5つ!固さ・量にも注目しよう【画像】
ゴキブリのふんを見つけたらどうすべき?床や壁に付いた場合の処理対策や、潰すとどうなるか?ニオイなどについても説明します。
ゴキブリを見失った!逃げられた!「寝れない夜」を避ける4つの対策!
ゴキブリに逃げられた!どこかに消え た!という場合に考えられる「逃げ込む13の場所」と、眠れない場合の9の対策を紹介。
ブラックキャップの効果検証6ヶ月!置き場所や有効期限【逆効果or最強?】
ゴキブリ対策として有名な「ブラックキャップ」を6ヶ月設置して効き目を検証!屋外でも効果はあるのか?置き場所はどこが良いのか?有効期間はどれくらいか?をまとめました!
ゴキちゃんストップの効果を7ヶ月検証!置き方のコツ伝授!【口コミ】
ブラックキャップの効果がいまいちだったため、プロ仕様のゴキちゃんストップで検証。結果をレビューします。その他、置き場所・薬局で買えるのか?なども解説。
ゴキブリホイホイをおすすめしない5つの理由!効果検証で分かった事
ごきぶりホイホイを試行錯誤で長年使ってきた結果から、オススメできない理由を挙げてみます。逆効果か?設置場所は関係あるか?など。
バルサン7種類を使った効果比較と、使い方・放置時間・布団や服の対策!
【2018年】バルサン7種類使用したため、効き目の比較とオススメを紹介。また使用方法や放置時間、効果期間、注意点、掃除のやり方も解説。
バルサンの値段(価格)を7タイプ全サイズで調査!コスパ比較 <2018年>
【2018年版】バルサンやバルサンプロEXなど、全タイプ・サイズのコスパを比較!アースレッドや虫コロリとの比較も!
ゴキジェットプロの「効果検証」で判明!オススメできない5つの理由!
【ゴキ画像なし】ゴキジェットプロでは死なない?使って分かったメリット・デメリット、黒(まちうけタイプ)はどうか?すべて解説します!
コンバットの効果5ヶ月検証!ブラックキャップとの強さ比較もしてみた
ゴキブリ駆除薬「コンバット」・「コンバットハンター」を使ってみた結果を公開!ブラックキャップとどちらがオススメか?説明します!
【動画まとめ】マンホールから大量のゴキブリが湧く… なぜマンホールに?
京橋駅でマンホールから大量発生したゴキブリ。なぜマンホールにいたのか?どこにでもいるのか?動画とともに解説します。
「ゴキブリを食べると死亡する」の真実!味と害、8つの食べ方まとめ!
ゲテモノ好きが食べる「ゴキブリ」。食べると死ぬという噂は本当か?食用ゴキブリの味や、食べることでの害、調理方法を解説!
ムカデの生態(種類・つがい・幼虫・卵・天敵・餌)辞典【完全版】
ムカデについてどこよりも分かりやすく解説!種類は多いの?つがい行動するって本当?幼虫はどんなの?噛むことや毒はある?卵はどんなのでどんな場所にうむの?【ムカデがわかる辞典】
ムカデ対策・駆除の方法9選!熱湯やハッカ油で退治?噛まれた時の対処・薬
ムカデの対処方法を9種紹介!ハッカ油や熱湯、バルサン、殺虫剤・・・ 何が効くの?ムカデを寄せ付けない予防法や、噛まれたらどうするのか?を分かりやすく説明しています!
ゲジゲジの対策・駆除7選!益虫なの?噛むの?幼虫と毒性【画像】
ゲジゲジ虫の対策と駆除を分かりやすく解説。幼虫や卵、どこから沸いてくるのか?毒性や噛むこともあるのか?益虫なのか?についても分かりやすく説明。
ゲジゲジの種類は2種類!『ゲジゲジみたいな虫』はムカデorヤスデかも!
ゲジゲジ虫の種類の紹介のほか、「ゲジゲジと似てる虫」として勘違いされやすい「ヤスデ」や「ムカデ」の特徴や違いを、画像とともに説明しています。
ヤスデをササッと駆除・対策する8の方法と、「大量発生」する4つの原因!
気持ち悪いヤスデを駆除・退治する8つの方法や、家の中に侵入させないための予防法、なぜヤスデは大量発生するのか?その理由を分かりやすくまとめました。
ヤスデの臭い対策3ポイントと毒性の有無!噛む?刺す?【害虫or益虫?】
ヤスデと言えば「くさい臭い」。この臭いに毒性はあるか?臭い液が付いてしまった場合どうすべきか?噛まれたり刺したりするのか?人間にとって害虫か益虫か?まとめました。
ヤスデの種類は200以上!最大30cm!天敵・幼虫・卵など生態まとめ!【画像】
ヤスデの種類や、世界最大級のヤスデを写真付きでご紹介!また天敵や、卵から孵化・赤ちゃん・子供までのライフサイクル、増える時期などの生態についてもご紹介。
チャドクガ(幼虫・成虫)の発生時期と、安全な駆除・予防対策9選!
チャドクガの成虫と幼虫の生態(大きさや毒など)と、発やすい時期、駆除と予防対策について画像付きで紹介。天敵や木酢液を使った予防方法についても解説。
チャドクガに刺されたら?症状と、すぐ出来る対処法・薬・治療【まとめ】
チャドクガに刺されたらどんな症状が出るの?皮膚炎(かぶれ・湿疹)を画像で紹介。また、とっさに出来る応急処置7ステップを分かりやすくまとめています。
シバンムシの駆除法6つと予防法7選!幼虫・卵どこから沸くの?
シバンムシの駆除方法6つと予防方法7つを分かりやすく。またシバンムシは何が原因でどこから沸いて来る?卵や幼虫はどう退治する?繁殖の時期・畳への害などを含めて説明しています。
カツオブシムシ(幼虫・成虫・卵)のカンタン駆除対策12選!どこから湧く?
虫食いの原因である「ヒメカツオブシムシ」と「ヒメマルカツオブシムシ」の駆除方法と予防対策を12紹介!幼虫や卵がどんなものか?どこから侵入してくるのか?解説します。
ユスリカの3つの対策・駆除、発生時期、幼虫・成虫の寿命や生態!
【2018年更新版】ユスリカやフユユスリカの対策や駆除方法、発生時期、幼虫・成虫の寿命や生態を分かりやすく解説。その他、蚊取り線香や電撃殺虫機なども紹介します。
ガガンボ(カトンボ)という「でかい蚊」の幼虫や種類、駆除・刺された時の対処
【まとめ】大きい蚊のような虫「ガガンボ」。このガガンボの生態や種類、人を刺すのか?を説明。またオススメの6つの駆除・対策方法もあわせて説明しています!
チャタテムシの徹底カンタン駆除対策9選!幼虫・卵もまとめて撃破!【画像】
チャタテムシをカンタンに駆除する4つの方法と、寄せ付けないための5つの予防対策法をお教えします!また「幼虫・卵」の段階ではどのように駆除すべきか、あわせて解説します。
カマドウマ(便所コオロギ)の駆除対策10選!幼虫や卵、どこから来る?【画像】
トイレに出るコオロギのような虫「カマドウマ」。駆除方法や侵入予防対策、どこから入るのか?幼虫や卵のライフサイクルについて分かりやすく説明します。
カメムシの種類や天敵、寿命、噛むか?飛ぶか?など【生態まとめ】
「屁こき虫」「へっぴり虫」とも呼ばれるカメムシ。カメムシの種類(仲間)や天敵、寿命、冬眠するのか?など生態を分かりやすくまとめました。
カメムシの臭いの消し方7つと成分!自然に消える?ファブリーズは有効?
カメムシの臭い消しに有効な7つの方法と、臭い成分について。例えるとどんな臭いがするか?自然と消えるか?なども解説。
アブラムシの駆除・対策14選!牛乳や木酢液は効く?【パッと退治する裏技】
厄介なアブラムシを退治する方法、寄せ付けない予防方法をそれぞれ説明します!無農薬で撃退・予防できる方法もありますので、色々組み合わせて試してみましょう!
アブラムシが黒い?5つの種類と生態の違い!卵・成虫・繁殖【完全版】
アブラムシの種類や生態の違い、卵や幼虫について分かりやすく説明しています。また「繁殖力が強い」秘密や、駆除方法についても説明しています。
フナムシとゴキブリの5つの違い!食べるとどんな味…?【生態まとめ】
フナムシとゴキブリの違いを分かりやすく!また、フナムシの料理方法と味、食べた感想をまとめています。その他、噛むのか?害虫なのか?などの生態についても。
トノサマバッタの生態(餌・飼い方・卵・寿命・共食い)【完全版】
トノサマバッタについて、餌や飼い方、産卵のさせ方や卵の保管方法、孵化のさせ方、寿命、共食いの有無を分かりやすく説明しています。トノサマバッタを 飼いたい方は必見!
タガメの生息地と飼育方法!卵を壊す理由や天敵、捕食方法を学ぼう!
タガメの生息地や販売されている値段相場、飼育方法、捕まえ方を分かりやすく説明!またタガメが卵を自ら壊してしてしまう理由や、天敵、捕食の仕方、飛ぶのか?についても説明!
ゲンゴロウの種類は4000?幼虫、飼育と餌、タガメとの違い【まとめ】
ゲンゴロウの種類と生息地、絶滅危惧種なのか?といった内容と、飼育方法(餌や飼育道具)、タガメとの違いを分かりやすくまとめています。【画像あり】
カミキリムシの正しい飼い方と、種類・エサ・幼虫!【画像】
カミキリムシって買える(飼育できる)?!成虫や幼虫の生態って?種類やエサは?カミキリムシについて、わかりやすくまとめてみました。
クマンバチの巣や毒針を解説!刺されたら?駆除やオスメスの生態
クマンバチの生態を分かりやすく説明!毒はあるの?刺された場合の処置はどうする?駆除の方法は?オスメスの見分け方は?分かりやすく解説しています。
カタツムリがグングン育つ飼い方!【餌・寿命・種類・卵なども解説】
カタツムリがスクスクと育つよう正しい飼育方法を説明します!飼育に必要なケースやエサ、飼育時の注意点、産卵や孵化のこと、そして赤ちゃんの育て方まで説明しています。
カタツムリの寄生虫「ロイコクロリディウム」は人間にも寄生?【死亡例も…】
カタツムリに寄生する虫「ロイコクロリディウム」とは?この虫の特徴や生息地域、どうやって人間に寄生するのか?寄生したらどうなるのか?どこよりも分かりやすく説明しています。
サナダムシのダイエットは最悪「死」!寄生症状が怖い…【卵と画像】
サナダムシダイエットって本当に効果あるの?そもそもサナダムシって何・・・?寄生させることでの症状や、寄生される原因、なぜ痩せると言われているのか?解説します。