なた豆茶の蓄膿症・後鼻漏への効果がヤバすぎたから実体験を語る!

なた豆茶の蓄膿症・後鼻漏への効果がヤバすぎたから実体験を報告する!

こんにちは。
慢性鼻炎で約20年、そのうち10年近くは蓄膿・後鼻漏でも苦しんできたアキラです。

 

皆さん、「なた豆茶」をご存知でしょうか?

 

鼻炎・蓄膿症・後鼻漏(鼻水が喉に流れる症状)にお悩みの方であれば、一度は聞いたことがあるお茶の名前だと思います。

 

簡単に言うと、「鼻のネバネバ・ドロドロをスッキリさせますよ!」と昔から言われ続けているお茶です。

 

私も何年も前から知っていたのですが、薬で症状を抑え続けていたので、特にお茶には頼っていませんでした。

 

正直なところ、

 

 

お茶なんて効くわけないじゃん!お金の無駄でしょ!

 

 

と思っていましたし、同じく思っている人も多いのではないでしょうか?

 

しかし「それまで服用していた漢方薬を作るのが面倒・ニオイがキツイ・費用が掛かる」という理由から、お茶を試してみることに。

 

約1年半を通して、17種類のなた豆茶を飲みました。

 

そしてその結果がスゴすぎたので、このページでまとめてみました。

 

もしこれらの症状でお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひ参考にして頂ければ幸いです!

 

目次
  • まずは結論から!これが良かった!
  • 症状・原因を知れば、「なた豆茶が良い」と言われる理由が分かる!
  • 蓄膿症・後鼻漏の症状とは?
  • 蓄膿症・後鼻漏の原因はなに?
  • なんで「なた豆茶が良い」と言われているの?
  • オススメのなた豆茶について!

 

スポンサーリンク

 

 

結論から言うと…

まずは結論から言ってしまいますと、その効果は想像以上にヤバイものでした。

 

良い意味で。

 

冒頭に説明のとおり、2016年7月から1年半を通して、17種類のなた豆茶を飲んできました。

 

「なた豆茶は蓄膿症や後鼻漏に効くのか?ガチ検証していくサイト」という「ただただ結果を報告するサイト」を作り、毎月1商品ずつ検証してきました。

 

現在は封鎖しましたが、キャプチャーとして撮っておりますので、以下も参考にして下さい。

 

今飲んでいて「効かないよ!」と思ってる方にも、参考になるかと思います。

 

▼クリックすると、17種を飲んだ各結果が見れます▼

 

 

上で報告している通り、すべてのお茶で同様の変化を実感できた訳ではないですが、確かに「スゴイ!」と実感できるものはいくつかありました。

 

ここでは、個人的な実感度からオススメを紹介します。

 

 

薩摩なた豆 爽風茶

鹿児島(薩摩)で契約している農家によって栽培された、「こだわりのなた豆」で作ったお茶です。

 

「なた豆」の普及を推進している「刀豆ナタマメ協会」からも認定されている商品。

 

それに加え「実感度の高さ」からも分かるとおり、なた豆の質がとても高いです。

 

2017年の3月〜4月、そして2018年の1月以降はこちらを飲み続けていますが、本当にスゴイ。

 

スーッと通るようになった上に、喉のドロドロやイガイガも本当にスッキリし、妻から「臭いね」と指摘されることも無くなりました。

 

何よりすごさを感じたのが、花粉症の時期。

 

マリオで言うところの「スター状態」が続き、約20年続いたズルズル地獄もどこのその。

 

毎年花粉の時期だけは鼻炎薬を飲んでいましたが、

 

  • 蓄膿症の悪化
  • 鼻炎薬の眠気

 

に悩まされていたため、これは本当に助かりました。

 

一番良かったのは、「精神的な辛さ」から解き放たれたこと

 

具体的には

 

  • 仕事に集中できるようになった
  • 人と対面で話すことに余計な心配が不要になった
  • 喉へのネバっと感が無くなり、よく眠れるようになった
  • 心身ともに良くなった

 

などなどです。

 

一日100円程度と低価格なので、経済的な負担もとっても軽いです。

 

多くのなた豆茶を飲んだ中でも、

 

  1. 実感度が圧倒的だった
  2. 国産(鹿児島)であり安全・安心できる
  3. 低価格である

 

という理由より、ネバネバやドロッとしたイヤな臭い、鼻〜喉へのネバドロにお困りの方には、ぜひ最初にお試し頂きたいと思えるお茶です。

 

公式HP:爽風茶

 

 

 

 

なた豆茶ブレンド

2番目のオススメは、「なた豆茶ブレンド」です。

 

実感度に関しては、正直「爽風茶」と比べると “まあまあ” という印象ですが、特筆すべきは「実感度と値段の安さのバランス」。

 

つまりコスパですね。

 

初回限定で購入できる「15日お試しセット」は、970円となかなか安いです。

 

1か月分でみても2300円なので、爽風茶と比べると多少安いです。

 

そのため、「1円でも安い方が良いんだ!」という方はこちらで良いと思いますし、「より実感度を求めたい」という方は爽風茶をオススメします。

 

公式HP:『なた豆茶ブレンド』

 

 

 

 

なお特に「飲み方」に意識することはなく、毎日麦茶の代わりに飲んでいるだけです。

 

上でも軽く触れましたが、これまでは蓄膿症による後鼻漏が酷く、それによって咳が出て、睡眠不足になる… という毎日でした。

 

※汚いので黄色い部分はボカしてます

 

 

口へ流れ落ちるネバッとした鼻水のおかげで、夜中のティッシュ消費量もハンパない…

 

昔はそんな毎日でしたが、それもすべて解消され、今は毎日スヤスヤと快眠です。

 

ネバつきやドロッ気がなくなることで、結果的には生活の質そのものが変わりました。

 

薬ではないので「絶対に良い!」とまでは言えませんが、私のように実感できる可能性も十分あると思っています。

 

そのため、しつこいネバツキ・ドロドロにお悩みの方は、試されても損は無いかと思います。

 

 

 

 

なた豆茶に行き着くまでを簡単に!

いきなり結論からお伝えしてしまいましたが、「私がどんな症状だったのか?」について、ここで少し触れておきます。

 

 

大学生の頃

「慢性鼻炎」を患っていることに気づく。
もともと実家が山奥の田舎のため、花粉も多く、毎年「鼻水・涙」がダラダラの状態でした。

 

ただ気づけば365日、どちらかの鼻は必ず詰まっていました。

 

 

社会人になってから(地元)

地元の役場で働き始めましたが、一向に鼻の調子は良くならず。
ただし「味が分かり難い」ということ以外に大きな弊害は無く、そのまま過ごしました。

 

 

社会人になってから(都会)

役場での仕事を辞め、都会へ引越しましたが相変らずの慢性鼻炎。
花粉の影響は多少マシになったものの、蓄膿症へと悪化、後鼻漏にかれこれ10年悩まされる。

 

弊害として、

 

  • 鼻と喉が気になりボーッとしてしまうことが増えた
  • 喉の気持ち悪さと咳で寝付けなくなった
  • 口臭がきつくなったため、対人関係が億劫となった
  • 寝不足で体の調子が色々おかしくなった

 

などが発生。

 

色々な治療を施したり、色々な薬を服用する中で、最終的には「煎じる漢方薬」に行き着く。

 

「煎じ漢方薬」とは、以下のような専用マシンで煎じるお薬です。

 

 

 

煎じ漢方薬は、効果はあったものの

 

  • 保険が効かずに高い
  • 臭いがキツすぎる(いつも外で煎じている)
  • 苦い
  • 作るのが面倒(作る工程+洗い物)

 

という理由から、違う方法を模索。

 

そして2016年7月より、「なた豆茶は蓄膿症や後鼻漏に効くのか?ガチ検証していくサイト」を開設して「なた豆茶」をガチ検証。

 

サイトの全文はこちらで見れます

 

 

公式HP(オススメ順)

 

  1. 『爽風茶』
  2. 『なた豆茶ブレンド』

 

スポンサーリンク

 

 

蓄膿症や後鼻漏の症状・原因を知れば、「なた豆茶が良い」と言われる理由が分かる?!

「なぜ “なた豆茶が良い” と言われるのか?」を知る前に、まずは

 

  • 蓄膿症・後鼻漏の「症状」
  • 蓄膿症・後鼻漏の「原因」

 

を知っておきましょう!

 

そもそも原因を知らなければ治るものもなおりませんよね。

 

ということで、それぞれの症状と原因を簡単に説明していきます!

 

 

 

 

蓄膿症・後鼻漏の症状とは?

蓄膿症とは、鼻の周りに計8つある「副鼻腔(ふくびこう)」という空洞に膿が溜まってしまう病気です。

 

画像引用:アステラス製薬

 

 

具体的には、
以下のとおり左右4対あります。

 

  1. 前頭洞(ぜんとうどう)

    ⇒眉間から眉上あたり

  2. 篩骨洞(しこつどう)

    ⇒目頭の内側あたり

  3. 蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)

    ⇒篩骨洞のさらに奥深く

  4. 上顎洞(じょうがくどう)

    ⇒鼻の両側(頬付近)

 

 

そしてこれらに膿が溜まることによって、以下のような症状がみられます

 

 

蓄膿症による症状
  • 鼻づまり
  • 黄色いネバネバの鼻水が出る
  • 頬が痛い(上顎洞での炎症)
  • 頭痛(前頭洞での炎症)
  • 発熱
  • 後鼻漏(このあと説明します)
  • etc...

 

 

私の場合は、発熱・頭痛は見られませんでしたが、頬の痛みはよく感じていました。

 

また、蓄膿は右側だけで起きており、左は症状がありませんでした。

 

結果的には

 

  • 両側の鼻炎
  • ネバネバの鼻水
  • 頬の痛み
  • 後鼻漏

 

の4つに悩まされることに。

 

 

副鼻腔炎・蓄膿症の違いは?

なお一般的に、風邪の延長などで起こるこれらの症状を「急性副鼻腔炎(ふくびくうえん)」と言いますが、これが慢性化すると「慢性副鼻腔炎」という名前に変わります。

 

そして慢性的な副鼻腔炎を患うと、どんどん副鼻腔に膿が溜まっていきます。

 

そのため、慢性副鼻腔炎のことを別名「蓄膿症」と言います

 

ただし、今では「蓄膿症」=「副鼻腔炎」として捉えられることが一般的だと思うので、この名称はあまり気にする必要はないでしょう。

 

 

 

後鼻漏(こうびろう)の症状とは?

「蓄膿症の症状」の中でも、後鼻漏というキーワードが出てきました。

 

これが何かと言いますと、鼻水が前ではなく後ろ(喉元)に流れ落ちていく症状を言います。

 

人間は日頃から鼻水が喉側に落ちているので、それ自体は問題ではありません。

 

しかし、

 

  • 慢性鼻炎で鼻水が大量出る
  • 蓄膿症で膿と鼻水が混ざったものが大量に出る

 

などすると、それらが喉に落ち、喉付近に溜まることがあります。

 

こうなると、いよいよ以下のような問題に繋がります。

 

 

問題のある後鼻漏
  • 寝てると喉に鼻水が溜まりやすく、寝苦しい
  • 吐き気を感じる
  • 口臭がする(膿の含まれた鼻水から臭いがする)
  • 喉に痛みがある(膿の含まれた鼻水によるもの)
  • 咳が出る(膿の含まれた鼻水を外に出そうとする反応)

 

 

これが本当に辛くて、日常生活もイヤになるほど精神的に参ります。

 

人とも話しにくいし、寝にくい、咳は出るし喉は痛いし…

 

「慢性鼻炎」なんて可愛いものだな、と思ったりしてました。

 

 

 

 

蓄膿症・後鼻漏の原因は?

上で少し触れたとおり、後鼻漏に関しては、健常者であっても多少は起きています。

 

しかし慢性鼻炎や蓄膿症で分泌物が増えたときに、喉に流れ落ちてしまうのです。

 

つまり、慢性的な蓄膿や鼻炎が治れば、「問題となる後鼻漏」は解消されるのです。

 

では、「蓄膿症の原因」は何でしょうか?

 

 

蓄膿症の原因は…

蓄膿症の原因の多くは、

 

  1. 風邪を引く
  2. 細菌・ウイルスなどが副鼻腔へ感染
  3. 副鼻腔炎となる
  4. 副鼻腔炎が慢性化して蓄膿症へ

 

という流れです。

 

ただし「花粉症などによる慢性鼻炎」が悪化して、副鼻腔炎を起こすこともあります。

 

私の場合、いつの間に蓄膿症になってしまっていましたが、もともと慢性鼻炎が酷かったため、その延長で蓄膿症へと悪化しました。

 

粘膜が常に炎症を起こしていると防御力も下がる(外に排出する機能が低下する)ため、ひょんなことから細菌感染した可能性が考えられます。

 

また生まれつきの顔の骨格により、膿が溜まりやすい人もいるとのこと。

 

 

 

 

なんで「なた豆茶が良い」と言われているの?

前置きが長くなってしまいましたが、ここからが本題です!

 

「なた豆茶」は、その昔中国において「生薬」として使われていた歴史があるくらい、知名度が高く、病院の先生にももちろん広く知られている存在。

 

中でも「膿の排出効果がすごい」というのが日本でも認められており、「膿とりの妙薬」という別名が付けられているのは有名な話ですね。

 

では、なぜなた豆茶が良いのか?

 

それは、なた豆茶に含まれる様々な成分のうち、

 

  • カナバニン
  • コンカナバリンA

 

という2つの成分が大きく関わっています。

 

 

 

成分@:カナバニンってなに?

アミノ酸の一種であり、「なた豆茶に含まれる代表的な成分」の一つです。

 

この成分には大きく4つの作用があると言われていますが、ここでは副鼻腔炎(蓄膿症)に関わる部分についてだけ紹介します。

 

 

膿を排出する効果

古くから「膿とりの妙薬」という別名で呼ばれていたのも、この効果に注目されているためです。

 

「膿」というは、身体に進入してきた細菌やウイルスと、体内の白血球(菌を迎え撃ってくれる細胞)が戦った後に残る、いわゆる「死骸」。

 

まさに「副鼻腔炎(蓄膿症)」で見られるものであり、そのほかにも

 

  • ニキビ
  • 歯槽膿漏
  • 痔瘻(じろう) ※痔の一種

 

で見られます。

 

そのため、これらの「膿が溜まる病気」に対して有効であると言われてきました。

 

ブルーベリーアイでお馴染の「わかさ生活」においても、以下のとおり記載があります。

 

●蓄膿症を改善する効果

 

蓄膿症とは、体の空洞に膿が溜まる症状をいいます。

なた豆にはアミノ酸の一種であるカナバニンが含まれており、膿を排出したり炎症を抑える働きがあります。

なた豆が昔から「膿取り豆」と呼ばれている理由は、この働きが知られていたためです

引用元:わかさ生活

 

 

 

抗炎症作用

2つ目は「炎症を抑える作用」です。

 

蓄膿症というのは別名「副鼻腔炎」であり、まさに「副鼻腔が炎症している状態」

 

それを鎮めるのが、カナバニンの役割の一つです。

 

なお、私が副鼻腔炎を患うきっかけになった慢性鼻炎(常に鼻炎を起こしている状態)も文字通り「鼻の粘膜に炎症を起こしている状態」

 

そのため、「鼻炎にも良い」と言われる理由にもなっているのです。

 

なお「炎症を抑える作用」というのは、上の「わかさ生活」の引用部内でも言及されていますが、「刀豆ナタマメ協会」からも一文を引用しておきます。

 

カナバニンには、優れた排膿作用と抗炎症作用、血液や体液の浄化作用、血行促進作用があることが解明されています。

これらの作用が効果的に利く病気は、歯周病や蓄膿症、痔ろうなどです。

引用元:刀豆協会

 

 

 

その他にも…

カナバニンには、そのほかにも

 

  • 血行改善効果
  • 血液の浄化効果

 

などがあります。

 

「血液の汚れが免疫病を引き起こす」という言葉があるとおり、血液が汚れていると病気に関わってきます。

 

難しいことは省略しますが、「免疫病」で有名なのがアレルギーですね。

 

花粉症や慢性鼻炎なども「アレルギーによって引き起こされる免疫病」と言えますので、私のように

 

アレルギーによる慢性鼻炎 ⇒ 蓄膿症・後鼻漏へと悪化

 

というタイプの人にも効果的と考えられるのです。

 

 

 

これらのとおり、なた豆茶の主成分の一つ「カナバニン」は、まさに我々のような「鼻炎・蓄膿症に悩む人」にはうってつけの成分なのです。

 

さらになた豆には、もう一つ強力な成分があります。

 

 

 

 

成分A:コンカナバリンAってなに?

もう一つの成分がコンカナバリンAです。

 

なた豆茶にしか含まれない成分として有名であり、「カナバニン」と似た名前ですが、違う成分です。

 

この成分にも3つの効果があるとされているのですが、蓄膿症に直接関わってくるのは、このうちの一つ「免疫改善作用」です。

 

 

免疫を改善する効果

上記のカナバニンでは、

 

血液をキレイにする効果がある⇒アレルギーのような免疫病抑制に繋がる

 

と説明しましたが、コンカナバリンAはもっと直接的に免疫機能へ作用します

 

こちらも「刀豆ナタマメ協会」から一文を引用しておきます。

 

花粉症はアレルギー疾患の一種で、免疫の誤作動によって発症します。

なた豆は、この免疫の誤作動を正しくする働きがあると考えられます

引用元:刀豆協会

 

 

花粉症に限らず、ハウスダストによる鼻炎なども「本来は排除する必要ないものまでも過敏に排除してしまう状態(つまりアレルギー反応)」です。

 

そのため「慢性鼻炎」や「慢性鼻炎が原因の蓄膿症」には打ってつけですし、風邪ウィルスなどに対する防御力も高まります。

 

 

 

その他にも…

コンカナバリンAには、免疫調整作用以外にも

 

  • 腎機能を改善させる効果
  • 抗腫瘍作用(癌細胞の抑制)

 

があると言われていますが、蓄膿症とは関わらないため、詳しい話は省略します。

 

 

 

 

「なた豆茶」と「蓄膿症」の関わりをまとめると!

「なた豆茶の中心的な成分」かつ「蓄膿症に関わる成分」についてだけを説明しましたが、関わりを簡単にまとめておきます。

 

「膿取りの妙薬」と言われるなた豆茶には、以下の成分により蓄膿症に期待されています。

 

 

成分@:カナバニンの効果
  • 膿を排出する効果

    ⇒副鼻腔に溜まった膿を排出する

  • 抗炎症作用

    ⇒副鼻腔・鼻粘膜の炎症を鎮める

  • 血液の浄化作用

    ⇒免疫病に関わる「血液の汚れ」を浄化する(関節的にアレルギー性鼻炎や、蓄膿に関わってくる)

 

 

成分A:コンカナバリンAの効果
  • 免疫を改善する効果

    ⇒花粉症やハウスダストなどによる「アレルギー性鼻炎」を軽減するほか、それがきっかけでおこる蓄膿症を予防する

 

 

その他の成分による効果

上では紹介していませんが、他に含まれる成分のうち、蓄膿症に関わるものと言えば…

 

  • カルシウム

    ⇒カルシウム不足になるとアレルギーの原因となる

  • ⇒粘膜の強化や、免疫力の向上につながる

 

 

以上のとおり、なた豆茶は「蓄膿症のためのお茶なのでは?」と言いたくなるほど、ぴったりな成分が主成分として含まれていることが分かります。

 

このように一つずつ成分を見ていくと、古来から実際に治療に使われてきたことも納得できますね。

 

 

 

 

もっとも実感できたなた豆茶について!

冒頭で結論からお話しましたが、一年半飲み比べてきた結果、「爽風茶」が圧倒的な実感力をもっていました。

 

また当時のサイトでも述べているとおり、会社の同僚でも同じ結果が出ましたし、「実感できました!」というお便りメールのようなものも多々頂いていました。

 

ほかのお茶にも「あれ?もしかして良いかな?」と思えるものも多少あったのですが、「これは良い!今後も続けたい!」と思うまでには至りませんでした。

 

もちろんこの爽風茶に行き着かなかった場合は、他のお茶で我慢してたと思いますが…。

 

「1円でも安く!」という値段重視の方であれば、『なた豆茶ブレンド』でも良いと思いますが、実感度で言うとやはり違いがあるかな…という印象です。

 

なので「これから飲んでみよう!」と考えている方は、とりあえず爽風茶を試されることをオススメします。

 

あくまで私の個人的な検証結果でしかありませんが、あえて他のお茶からチャレンジする必要は無いでしょう。

 

公式HP:爽風茶

 

 

 

 

さいごに!

「オススメのなた豆茶」と「なぜなた豆茶が良いと言われるのか?」についてまとめてみました。

 

蓄膿症・後鼻漏を患っている人ならわかって頂けると思いますが、

 

  • 物事に集中できない(ボーッとしてしまう)
  • 口臭で対人関係に悩む
  • 咳が出たり、喉の違和感で眠りにくい
  • 寝付けなくなり、睡眠不足に陥る

 

などで欝っぽい生活を長年送ってきました。

 

今こちらをお読みの皆さまはいかがでしょうか?もっと重症な方も多いのでしょうか?

 

そんな私はこれまでに、

 

  • 鼻炎薬
  • 点鼻薬
  • ネブライザー治療
  • Bスポット治療
  • 抗生物質
  • チクナインなどの市販薬
  • 漢方煎じ薬

 

などなど手術以外の「出来る範囲で良いと言われるもの」は一通り試してきました。

 

結果的には「漢方煎じ薬」が良かったのですが、保険が効かずにお金が掛かったり、部屋が臭くなりすぎる、片づけが面倒などで本当に苦労しました。

 

煎じ薬は茶色い「見たからに臭そう・不味そうなお薬」です…。

 

 

このような経験を踏まえ、最終的にはなた豆茶で何とかなっている毎日なので、今はこの平穏な毎日に感謝です。

 

皆さんにも「絶対に良い」とは言い切れませんが、試しても損は無いものと私は思っています。

 

同じくお悩みの方に、この記事が参考になれば幸いです。

 

公式HP:爽風茶

 

 

 

なお市販薬「チクナイン」については、あまりオススメではありませんが、気になる方はチェックしてみて下さい。

>>チクナインの効果を7ヶ月検証!効くのか効かないのか?口コミしてみる

 

 

関連ページ

龍角散(ダイレクト・のど飴)の効果・副作用・飲み方の違い
龍角散って本当に効くの?色んな種類があるけど成分に違いはあるの?トローチとのど飴は違うの?妊娠中の妊婦さんは飲んで良いの?などなど、龍角散にまつわるアレコレを調べてみました。
チクナインの効果を7ヶ月検証!効くのか効かないのか?口コミしてみる
チクナインは効いたのか?7ヶ月ガチで飲んだ経験をレビューしてみます。副作用や飲み合わせ、成分、後鼻漏へは効果あるか?評判に関する考えも説明!
チクナイン5種類の値段(価格)を徹底調査!最安値・コスパを調べてみた
【2018年最新版】小林製薬の「チクナイン」2タイプ5種類の全てをコスパ調査してみました。どこで買うと安いか?どのサイズが安いか?などなどを紹介!