ビットコイン(仮想通貨)はなぜ「怪しい・胡散臭い」のか?本当に稼げるのか?

ビットコイン(仮想通貨)はなぜ「怪しい・胡散臭い」と思われるのか?本当に稼げるのか?

まずはじめに、少しだけ余談を。

 

このページに辿りついたあなたは、きっと

 

仮想通貨なんて怪しい!詐欺っぽい!

 

と思っていることでしょう。

 

私も2017年の1月ごろに友人から誘われましたが、「なんか怪しい」という疑念を持っていたので、とくに仮想通貨のことを調べもせずに、断っていました。

 

しかし身近な人間が始めたことから、私も重い腰を上げて調べたところ、「えっ!値上がり方すごいじゃん!!1月から始めておけば良かった!」とひどく後悔しました。

 

そして今では「億」まで稼ぐことが出来ました。

 

仮想通貨で一億

 

↑ XRP(リップル)という通貨を130万枚持っています。
購入当時は10円弱でしたが、100円を超えたので、この通貨だけでも1億円以上稼げています

 

私の場合は1000万円の原資を入れましたが、仮想通貨の世界には

 

2017年の1月に「10万円スタート」 ⇒ 10月に「1億達成」

 

といった方もたくさんいます。

 

ニュースで「億り人」という言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。

 

夢のような話ですが、これが現実におきているので、今の私は「仮想通貨という世界」は、宝くじを買うよりも当選確率が十分に高いと思っています。

 

ということで、前置きがながくなりましたが、このページでは

 

  • なぜ「怪しい、胡散臭い」と思うのか?
  • 実際に稼げるのか?

 

ということを、自分の体験をもとに説明していきます!!

 

「仮想通貨」と「ビットコイン」の違い

 

最初に補足しておきますが、「ビットコイン」というのは数ある「仮想通貨」銘柄の中の1つです。

世界には1000種類を超える仮想通貨がありますが、その代表格が「ビットコイン」です。

 

スポンサーリンク

 

ビットコインをなぜ「怪しい・胡散臭い」と思ってしまうのか?

あなたはなぜビットコインを怪しい、胡散臭いと思っているのでしょうか?

 

私が当初「怪しい」と思っていた理由は、

 

  1. よくわからないし、なんとなく怪しい
  2. 使える場所がない
  3. FXや株のように難しそうで、素人は負ける

 

というものです。

 

では実際に仮想通貨に手を出してみて「どうだったか?」、自分なりに思ったことを書いてみます。

 

 

よく分からないし、なんとなく怪しい

「仮想通貨ってなに?なんか知らないけど怪しそう」

 

このように思ってる人がもっとも多いと思います。

 

中身を調べることもなく、イメージ的に「疑念」が先行している人が多いでしょう。

 

あなたが今、インターネットを当たり前のように使っていますが、この「インターネット」も以前は「怪しい」存在だったわけです。

 

いや、正確にいうと「なんだか分からないもの」ですね。

 

ただこれが爆発的に普及する中で、ITバブルというものがうまれ、そして今「インターネット環境が当たり前にある時代」になったわけです。

 

この「仮想通貨」も当たり前に使われる時代が来ると言われています。

 

ここで「仮想通貨の概念」を細かく説明するとかなり難しくなりますが、めちゃくちゃ簡単にいうと・・・

 

仮想通貨とは、世界で共通して使えるお金です。

 

名前のとおり、お金が「仮想」の状態ですが、これは言い換えれば「インターネット上でポイント(仮想通貨)を購入して、置いておく」ようなものです。

 

「円」は日本でしか使えませんし、「ウォン」は韓国でしか使えません。

 

そのため、海外旅行に行くときは外貨へ両替しますよね?

 

しかし仮想通貨を持っていれば、

 

  • 世界共通で使用できる
  • 銀行などを通さずとも、国境を越えてお金のやり取りが出来る

 

といった特長があります。

 

しかも、「仮想通貨を買うためのハードル」もめちゃくちゃ低いため、世界的な規模で「新しく仮想通貨を持ち始める人」が増加しているのです。

 

こちらも参考に!
>>【めちゃ簡単!】仮想通貨(ビットコイン)のやり方!どこで買う?3分でわかる購入の仕方!

 

 

ということで「なんだか胡散臭い」と思っている方に言いたいこと。

 

それは、「 “まだまだ一般的に普及する前の段階のテクノロジーなので、馴染みがない” というだけである」ということです。

 

スポンサーリンク

 

使える場所がない?

私が「怪しい」と思った理由の2つ目が「使えるところがあんまり無いじゃん!」ということです。

 

これはその通りであり、大手では「ビックカメラ」が大々的に導入していますが、まだまだ普及していません。

 

しかし大企業も「仮想通貨の可能性」へ大きな関心をよせており、どんどん参入しています。

 

たとえば

 

  • Google
  • アップル
  • マイクロソフト
  • サムスン
  • IBM
  • Nasdaq(ナスダック)
  • 楽天
  • リクルート
  • NTT
  • GMO

 

などなど。。

 

たしかに現段階では「使えるお店」は少ないのですが、確実に「将来性」が見込まれるため、多くの人が今の時点で仮想通貨を購入しているのです。

 

そして色々ある仮想通貨の中でも、もっとも将来期待できるのが「XRP(リップル)」という銘柄です。

 

なぜならどの銘柄よりも「リアルの世界での実需」が伴っているからです。

 

こちらは主に「銀行間の送金」に使われる予定ですが、SBIリップルアジアという「SBIのグループ」が主導となっており、非常に大きなプロジェクトです。

 

リップルのパートナー

 

すでに提携している銀行は100行を超え、着実に足場を固めています。

 

私はここに1000万投資しましたが、これが大きなリターンをもたらせてくれました。

 

2017年12月現在は250円ほどですが、「2018年末には2000円になるのでは?」と私は予測しています。

 

そしてもう一つ、後々説明しますが、今は仮想通貨全体が右肩上がりを続けており、2018年もさらなる成長が見込まれています

 

そのため、現段階において「使えるか?使えないか?」はあまり関係なく、将来性がありすぎるので、みんなが投資しています。

 

 

 

FXや株のように難しそうで、素人は負けるのでは?

私が一番気にしてたのは「ハイリスク・ハイリターンが嫌だ」ということです。

 

「結局、FXや株みたいにチャートを読めないとダメなんでしょ?」と私は思っていました。

 

でも実際は違っており、購入して置いておくだけで、結果として何倍にも膨れ上がっていました。

 

私はチャートを全く読めません。

 

それでも勝てる相場が現在(2017年12月)あります。

 

これまでも「上がっては下がって・・・」を繰り返してきましたが、一年を通してみると着実に右肩上がりとなっています。

 

そしてこれは2018年も続き、多くの方が「ビットコインは1000万円までいく」という予測も出されています。

 

なぜなら、まだまだ「世界のお金」が集まる余地があるからです。

 

仮想通貨が世界的に知れ渡ったのが2017年であり、「仮想通貨元年」と言われています。

 

しかしまだまだ世界の資金が流れ込んでおらず、これから金持ち国「ドバイ」などからもお金が入ってくる予定となっています。

 

と言うことで、もちろんリスクは0ではありませんが、2018年も基本的に放置していても上がっていく相場だと予測されています。

 

なので「短期トレードを繰り返す方」以外は、買って置いておくだけなので、「チャートが読めない」などの心配は不要だと私は考えています。

 

 

では本題、
仮想通貨は本当に儲かるのか?という点についてです。

 

スポンサーリンク

 

仮想通貨は怪しい?本当に儲かっているのか?

もうすでにここまでの説明の中でお話してしまっていますが、「怪しすぎる!」と思っていた私も、すでに「億」を超える額を稼いでいます。

 

もちろん原資の大きさにもよりますが、仮想通貨は平気で2倍3倍とグーンッと伸びるので、そのリターンはとてつもなく大きいです。

 

私の周りの人間も、下手にロスカット(下がったところで確定すること)をした人以外は、みんな儲かってます。

 

仮想通貨の世界は、2倍伸びることもあれば、もちろん買うタイミングによっては1/2になってしまうことだってあります。

 

ただ長い目で見ると暴落しながらも右肩上がりになっているのは間違いないので、基本は売らずに放置していれば良いという考えで私はおこなっています。

 

 

では、なぜこれほど儲かるのか?

なぜこれほどまでに儲かるようになったのか?

 

それは「仮想通貨を買うタイミングが早かったから」、ただそれだけです。

 

早いといっても2017年5月だったので、私はそれほど早くないと思います。

 

仮想通貨は、そのポテンシャルに未来を感じる人が多く、多くの投資家が参入しています。

 

しかし、購入するタイミングが遅ければ遅いほど、多くの見返りを受けられなくなります。

 

たとえば2009年にビットコインが世に生まれたころは、まだ0.07円ほどでした。

 

この頃にビットコインを1万円分購入していれば、1枚200万円前後になった2017年12月現在であれば、およそ30億円の価値になっています。

 

ちなみに仮想通貨はめちゃくちゃ安い額でも買えます。
(1BTCが200万と仮定すると、200円くらいから投資できます)

 

関連記事!
>>仮想通貨(ビットコイン)いくらから買える?購入単位の最小は0.0001!

 

 

「私はもう遅いのでは?」と思った方へ

「私はもう遅いのでは?」と思いますか?

 

私はそうは思いません。仮想通貨の世界はこれからどんどん広まっていきますが、仮想通貨に参入していない国がまだまだあります。

 

「なんでこんなに値上がりするのか?」と言うと、世界のお金が「数少ない同じコイン」に集まるからです。

 

仮想通貨は多くの種類がありますが、結局は「ビットコイン」「リップル」「イーサリアム」といった有望銘柄が多く買われています。

 

株やFXのような「手を出すのが難しい金融商品」ではなく、手軽に始められるため、今じゃ各国の高校生や大学生も多く購入しています。

 

だからこそ、株とはレベルの違う価格上昇を見せてくれるのです。

 

しかし、それでもまだまだ仮想通貨人口は少ないです。

 

>>【めちゃ簡単!】仮想通貨(ビットコイン)のやり方!どこで買う?3分でわかる購入の仕方!

 

 

 

少しでも早く始めておこう!

私が一番言いたいことは、

 

「少しでも早く始めましょう」

 

と言うことです。

 

私の周りにも「すすめられた時にやっておけば良かった!」と後悔している人が何人もいます。

 

購入するのはめちゃくちゃ簡単ですが、何となく面倒くさがって購入を先延ばしにしていると、あなたも「この記事を読んだあの時に、少しだけでも購入していれば良かった!」と後悔することになる可能性は十分あります。

 

全人口からみると、まだまだ仮想通貨をしている人は少ないです。

 

2018年、ビットコインは1000万円にまで伸びると言われています。

 

「もっと早く行動していれば良かった!」とならないために、まずは「取引所のアカウント登録」だけはしておきましょう。

 

 

 

取引所はまずは「Zaif」で登録しよう!

日本にはいくつかの取引所があります。

 

ではどこを選べば良いのか?

 

結論から言うと、Zaif(ザイフ)」にまずは登録して下さい

 

 

 

ではこれらの取引所は何が違うかと言うと、基本的に

 

  • 扱っている銘柄
  • 取引のやり方(手数料が大幅に変わってくる)

 

が違います。

 

 

銘柄の違い!

取引所ごとに、以下のように扱っている銘柄が異なります。

 

取引所

扱い銘柄数

Zaif(ザイフ)

16種類

bitFlyer(ビットフライヤー)

7種類

coincheck(コインチェック)

13種類

bitbank(ビットバンク)

6種類

(2018.2現在)

 

このように、扱っている銘柄の数が違いますが、Zaifが一番多くの銘柄を扱っています。

 

銘柄が多いことで、「投資する銘柄」の候補が増えますし、また「上がりそう!」と思った通貨に買い換えられる点で見ても、やはり「扱っている通貨の幅広さ」はメリットとなります。

 

そのため、まずはZaif(ザイフ)に登録しておけば問題ありません。

 

 

 

取引のやり方(手数料が大幅に変わってくる)が違う!

もう一つの違いとして、取引のやり方と、それによる手数料の違いがあります。

 

「取引所」では

 

  • 取引所としての役割
  • 販売所としての役割

 

がありますが、ここに手数料の大きな違いが生まれてしまいます。

 

 

「取引所」とはユーザ間の売買!

 

こちらは取引所が仲介となって、ユーザとユーザが直接売買します。

 

このタイプでは、一般的に「手数料が無料」もしくは「気にならない程度の手数料」であることがほとんどです。

 

Zaif(ザイフ)に関しては、「扱っているすべての銘柄」をこのタイプの取引で売買できるので、手数料が確実に安いです。

 

それどころかザイフの場合、ビットコインを売買すると、手数料分(0.01%)を逆に貰えるという神仕様になっています。

 

なお、coincheck(コインチェック)bitFlyer(ビットフライヤー)などでは、ビットコインだけがこのタイプで取引でき、ほかのコインは次に説明する「販売所タイプ」でしか売買できないので、手数料が馬鹿高いです。

 

 

 

「販売所」とは、会社からコインを買う形式!

 

この方式では、スプレッドが取られます。

 

スプレッドとは、簡単に言えば「手数料」です。

 

たとえばですが、以下はビットフライヤーで「イーサリアム」という通貨を売買するための画面です。

 

 

これを見てもらえれば分かりますが、

 

1イーサリアムを購入して、すぐに売ると、その時点で5500円ほど損する

 

ということが分かるかと思います。

 

この時のイーサリアムの本当の価値は87,000円ほどですが、

 

購入する時は高く買わされ、売るときは安く売らされる

 

という仕組みになっています。

 

この開きを「スプレッド」と言いますが、基本的に取引所はこの「手数料」を大きな収益源としているわけです。

 

「コインチェックがめちゃくちゃ儲けてる!!」とニュースで報道されていたのも、この手数料をあまり注視せずに、ノリで買っている初心者が多いからです。

 

 

 

Zaifは扱っているどの銘柄でも「取引所」タイプでの売買なので、手数料がお得です。

 

この手数料について気づいていない人も多いですが、額が大きくなればなるほど大きく損するので、絶対に注意して下さい。

 

 

 

この2点により、Zaifをオススメする!

細かい点で言うと色々比較するポイントはありますが、私達が基本的な使い方をする上で比較すべきポイントは、

 

  • 銘柄の数
  • 手数料

 

の2つであり、この2点で秀でている「Zaif(ザイフ)」をまずは開設すべきです。

 

もちろん取引所の開設は無料なので、とりあえず色々と開設しておくのも全然アリです!

 

 

Zaifでの登録・購入!
仮想通貨(ビットコイン)のやり方!どこで買うの?3分でわかる購入の仕方!

 

 

 

資金は少なくても良いのか?

結論から言うと、少なくても伸ばせる可能性があります。

 

私の知り合いは2017年9月に10万円でスタートして、当記事執筆時の2017年12月に含み益が480万円まで伸びています。

 

彼は運よく、「かなり伸びる銘柄」を掴んでいたこともありますが、それくらい伸びる銘柄もたくさんあるということです。

 

ちなみにですが、ビットコインは現在「160万〜200万/1枚」をウロウロしていますが、取引する際はビットコインは0.0001枚にまで割ることができます

 

つまり1枚買う必要もなく、「0.0001枚を200円で買う」なども出来ます

 

ですが個人的には、これから何倍にもなりそうな安い銘柄がオススメです。

 

こちらも参考に!
仮想通貨(ビットコイン)いくらから買える?購入単位の最小は0.0001BTC!

 

 

 

まとめ!

さて、「過疎通貨は胡散臭い!」と思っていたあなたが、少しでも「仮想通貨の可能性」に気づいて頂けていれば幸いです。

 

ただし、仮想通貨は「投資・投機」なので絶対はありません。

 

購入の際は自己責任でお楽しみ下さい!

 

こちらも読まれています!

 


 

▼お役に立ちましたら、シェアして頂けますと嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

仮想通貨を初心者に教える

2017年5月から仮想通貨に参入した「リップル100万枚ホールダー」

2017年12月:
祝!リップルのみで含み益1億円突破!

仮想通貨を初心者に教える



「仮想通貨は怪しい物ではなく、楽しいものである」ということを伝えるべく、サイト運営を始めました。

リップル以外にも

  • ビットコイン(bitcoin)
  • イーサリアム(ethereum)
  • ビットコインキャッシュ(bitcoin cach)
  • ネム(nem)
  • リスク(lisk)

など「手堅い銘柄」と、他にも「草コイン」を幅広く保有。

目標は「億」ではなく「自由億」

この空前絶後の大チャンス、共に自由億を目指しましょう!




当サイト利用時の注意点!




おすすめのハードウェアウォレット




おすすめの取引所

関連ページ

仮想通貨(ビットコイン)の危険性・デメリットと7つの回避策!リスクを抑えた投資方法とは?
過疎通貨には危険性やリスクが多いのでは?という初心者の方に、どのような危険性があるのか?また私が実践してきた「より安全に儲ける方法」を分かりやすく紹介しています!初心者の方にも優しく解説!
仮想通貨(ビットコイン)いくらから買える?購入単位の最小は0.0001!
仮想通貨(ビットコイン)は高くて買えないと思っていませんか?実はめちゃくちゃ安く買えます!「高い!」と思って手を出していない方は損してしまいますよ!一日でも早くチャレンジしてみましょう!
仮想通貨(ビットコイン)のやり方!どこで買う?3分でわかる購入の仕方
仮想通貨の始め方を知りたい!という方に、めちゃくちゃ分かりやすく説明します!取引所ってなに?どうやって購入したらいいの?どうやって売ったら良いの?買い方と売り方をまとめました。