マウスウォッシュ(洗口液,デンタルリンス)おすすめランキング!効果や使い方、人気商品を比較!

マウスウォッシュ(洗口液,デンタルリンス)おすすめランキング!効果や使い方、人気商品を比較!

マウスウォッシュはサッと口をゆすぐだけで、歯磨きだけでは取れない

 

  • 歯周病菌
  • 虫歯菌

 

を滅菌し、さらに歯垢の元となる「プラーク」も取り除いてくれるタイプもあるとあって、大人気の口臭衛生グッズです。

 

しかしマウスウォッシュは使い方を間違えると、思わぬ口腔トラブルに巻き込まれないとも限りません

 

そこで今回は、「間違わないマウスウォッシュ選び」について、どこよりも分かりやすく説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

 

そもそもマウスウォッシュ(口洗液)にはどんな効果があるの?

マウスウォッシュを購入するきっかけとしては

 

  • 口臭予防
  • 口腔内衛生
  • 歯周病予防
  • 虫歯予防

 

などが多いと思います。

 

実際にマウスウォッシュのパッケージ裏に書かれている効果を見ると、

 

  • 有効成分による滅菌効果(口臭、歯周病、虫歯の予防)
  • 口腔内の衛生環境をよくする効果
  • ミントやハッカなどの清涼感のある香りで気分をリフレッシュする効果

 

などが書かれています。

 

ここで、一つ気になるフレーズがありますがお気付きですか?

 

そう「予防」です。

 

口臭・歯周病・虫歯これら全てに「治療」ではなく、「予防」という言葉がつきます。

 

つまり、今現在

 

  • 口臭
  • 歯周病
  • 虫歯

 

にお悩みの場合は、一般的な医薬部外品のマウスウォッシュだけでは「治らない」ということを、まずはしっかりと認識しなければなりません。

 

医薬部外品のマウスウォッシュは薬ではありません

 

ですから口臭や歯周病、虫歯を抱えている人は、まずは口腔外科や歯科でしっかりと治療することが重要だということを認識してください。

 

そして治療した上で、「再発予防をするため」にこうした衛生用品を使うことは非常に有効であるということです。

 

そして、後ほど改めて説明しますが、マウスウォッシュだけでは上記のような口腔トラブルの予防にはなりません。

 

しっかりとした歯磨きと組み合わせることで、本当の意味での予防になると言うことを心得ましょう。

スポンサーリンク

 

 

マウスウォッシュ(洗口液)の選び方とは?!

マウスウォッシュを選ぶ時、あなたはどんな基準で選んでいますか?

 

ミント系の刺激のある香りが強い方が、効果が高いと思い込んでいませんか?

 

実は、

 

「刺激の強さ=効果の高さ」というのは大きな誤解

 

です。

 

確かに口の中で強いミントの香りがすれば、なんとなく口の中の雑菌類が全て死滅しているかのように感じます。

 

しかし実際にはそのようなことはありません。

 

逆に強い刺激で唾液腺が萎縮(縮こまること)してしまい、ドライマウス(口が渇く病気)になるリスクが高まるのです。

 

結局のところ、予防効果はどれぐらい殺菌成分が入っているかによるものなのです。

 

ミントの香料の量をふやしたからといって、滅菌効果には大きな違いはありません。

 

それよりも強い刺激によって「ドライマウス」になると、口腔内衛生を保つために一番重要な「唾液」の量が減ってしまい、かえって口臭や歯周病リスクが上がることになります。

 

したがって、マウスウオッシュを購入する時は

 

  • なるべく低刺激性
  • 有効成分の確認(人体に害の少ない滅菌成分)
  • 低アルコールタイプ

 

を選ぶことがポイントとなります。

 

もし一度使用してみて刺激が強く、使用後に口の中がヒリヒリするような状態であれば、使用は中止した方が良いでしょう。

 

特に小さいお子さんがいる家庭では、低刺激性でノンアルコールのタイプを選ぶようにしましょう。

 

おすすめは後ほど「マウスウォッシュのオススメランキング!」にて紹介します!

スポンサーリンク

 

 

マウスウォッシュを使うときは、頑固な汚れから落としていこう!

マウスウォッシュを使うタイミングとして、

 

  • 歯磨きの前
  • 歯磨きの後

 

どちらに使うか悩んだことはありませんか?

 

基本的には商品パッケージに記載のとおりに使えば問題ありませんが、最も効果的とされているマウスウォッシュの使い方をお教えしましょう。

 

  1. デンタルフロスや歯間ブラシで歯と歯の間を磨きプラークを落としておく
  2. 歯ブラシで丁寧に歯を磨く
  3. マウスウォッシュで口をゆすぐ

 

このように、「物理的に頑固なもの」から順に落とし、最後にマウスウォッシュで予防するというのが理想的な使い方だということを覚えておきましょう。

 

なお、歯ブラシは食後30分以上経ってから行うのが良いとされています。

 

なぜなら、食べた直後は食事に含まれる酸などで歯のエナメル質が溶かされてしまっているため、歯磨きをすると歯の表面を傷つけてしまうからです。

 

スポンサーリンク

 

 

マウスウォッシュのおすすめランキング!人気商品を比較!

一口にマウスウォッシュといっても

 

  • 洗口液
  • 液体歯磨き
  • うがい薬

 

の3種類があります。

 

しかし、一般的には「マウスウォッシュ」とは

 

「洗口液」もしくは「液体歯磨き」

 

をさしています。

 

したがって「洗口液と液体歯磨き」を中心として、それぞれのカテゴリー別に、実際に筆者が使ってきた中でのオススメを、いくつか紹介していきましょう。

 

 

 

洗口液のおすすめランキング!

洗口液は、歯磨き後や睡眠前に口をすすぐタイプ。

 

使用後に水ですすぐ必要はありません。

 

 

コンクールF

アルコールが含まれていますが、マイルドミント味なので、口の中でのピリピリ感がありません。

 

また水に薄めて使うタイプなので、濃度も自由に調節でき、使う人を選びません。

 

歯周病や歯槽膿漏、口臭や虫歯予防におすすめです。

 

amazonでも人気の商品ですが、コスパの高さとその効果に納得です。

 

 

 

 

クリニカ クィックウォッシュ

「口をすすぐだけで虫歯・口臭を予防する」というキャッチフレーズの商品です。

 

もちろん最低一日一回は物理的に歯を磨くべきですが、

 

  • 寝坊して時間がない
  • 昼からの会議に間に合わない
  • つわりで気持ち悪い

 

などの理由から歯を磨けないときは、こちらを使ってみましょう。マイルドミントのような程よい爽快感です。

 

※独特な “甘み” がありますので、人によって好き嫌いはあるかもしれません

 

なお本来の使い方とは少しずれますが、個人的な経験からですが、こちらで口をゆすいだ後に歯磨きをすると非常に歯垢が取れやすいです。

 

【ノンアルコールタイプ】

 

 

【アルコール含有タイプ】

 

 

 

モンダミン センシティブ

こちらもアルコールは含まれていますが、低刺激です。

 

歯や歯茎がしみるという敏感な人でも刺激を感じにくくなっています。

 

食べかすや細かい汚れ、ネバネバを洗いとってくれます。

 

 

 

 

 

液体歯磨きのおすすめランキング!

液体歯磨きは、液体で口をゆすいだ後に「普通の歯磨きと同様に歯ブラシでブラッシングするタイプ」です。

 

 

リステリン トータルケア ゼロ

まったく刺激が無いわけではありませんが、アルコールが入っていないため、通常タイプよりは刺激感が少ないです。

 

歯石や歯垢、口臭、粘つき、着色、歯肉炎など6つの悩みにアプローチできる仕様となっています。

 

「液体歯磨き」でトータルケアをもとめるなら、こちらでしょう。

 

 

 

 

GUMデンタルリンス(ノンアルコール)

低刺激かつノンアルコールのGUMデンタルリンスです。

 

歯周病や口臭予防に役立ちます。

 

プッシュ式のため、コップなどを用意する必要がありますが、比較的どこでも売っており手に入りやすいです。

 

 

 

 

システマEXデンタルリンス ノンアルコールタイプ

ほとんど辛味も香りも感じられないため、刺激が苦手な人でも使いやすいです。

 

歯周病・口臭・虫歯のケア商品です。

 

 

 

 

このように、マウスウォッシュ商品は幅広く存在しますが、「幅広い効果」でいうと、リステリントータルケアあたりが良いでしょう。

 

あとは味などの好みもあると思いますので、色々試してみると良いです。

 

なお、個人的には変な味が口に残らない「コンクールF」がオススメ。

 

その他、「夜用との違い」もついでに説明しておきます。

スポンサーリンク

 

 

夜用と通常のマウスウォッシュに違いはあるの?!

各社いろいろと特徴のあるマウスウォッシュを出していますが、中には「夜用」と表記されているものがあります。

 

たとえば「GUMデンタルリンスナイトケア」などがあります。

 

 

では夜用とそれ以外のタイプとではどのように違うのでしょうか?

 

研究の結果、口の中の雑菌は夜に繁殖することが多いということが判明しています。

 

そのためメーカーによっても異なりますが、夜用は有効成分を多めに配合しているタイプが多いようです

 

そして眠りを妨げないよう、香料は刺激の柔らかいタイプを使っています。

 

それ以外のタイプは朝使うことが多いので、目覚めをよくするためにミント系の清涼感のある香料や、エキスを使っているタイプが多くなります。

 

大きな違いといえばこのぐらいだと考えられます。

 

※あくまでも「医薬部外品」なので、薬理上の大きな違いはないものと思われます。

スポンサーリンク

 

 

マウスウォッシュは歯磨き代わりになるのか?!

マウスウォッシュの最大のメリットは

 

歯磨きでは届かないところのバイ菌や雑菌にも効果がある

 

という点ですが、だからといって「歯磨きの代わりになるというもの」ではありません。

 

実際には付いてしまった汚れや食べカスを落とすには、やはり歯磨きやデンタルフロス(または歯間ブラシ)が必要です。

 

特に歯垢の元となるプラークは、固まる前に歯ブラシでなどで物理的にこすり落とすことが重要です。

 

一度できてしまった歯垢は、歯医者さんで削ってもらう以外に除去する方法はないため、日々の歯ブラシがオーラルケアの基本であるということを認識しておきましょう。

 

ただし「口臭のもととなる雑菌」は主に、舌の根付近で繁殖します。

 

舌を覆う味蕾(みらい)は非常にデリケートな組織なので、歯ブラシでゴシゴシこすってしまっては味蕾を傷つけてしまい、化膿する危険性があります。

 

そのため、この場合はマウスウォッシュが非常に効果的だといえるでしょう。

 

したがってマウスウォッシュの上手な使い方を復習すると

 

  • 低刺激、または低アルコールかノンアルコールタイプを選ぶ
  • 口の中全体に行き渡るようにぶくぶくさせる
  • 飲み込まないようにする
  • 夜寝る前にも使うとさらに効果的
  • 歯ブラシは食後30分以上経ってから行う

    ⇒食べた直後は食事に含まれる酸などで歯のエナメル質が溶かされてしまっているため、歯磨きをすると歯の表面を傷つけてしまう。

 

「歯の再石灰化」が終了するまではおよそ30分ほどの時間が必要ですので、それからオーラルケアをするようにしましょう。

 

また、ドライマウスになると「歯の再石灰化」も困難になりますので、刺激の強すぎるマウスウォッシュは使わないのが無難でしょう。

 

これは唾液に含まれる成分で歯の再石灰化が行われるからです。

スポンサーリンク

 

 

うがい薬はマウスウォッシュとしての効果があるのか?

うがい薬を「マウスウォッシュとして使う」人はあまりいませんが、一応効果として

 

口腔内および喉の殺菌・消毒・洗浄、口臭の除去

 

となっており、効果はあります。

 

ここで

 

  • 洗口液
  • 液体歯磨き
  • うがい薬

 

の違いを簡単にまとめておきます。

 

似たようなカテゴリーですが、大きく分けると

 

医薬部外品
⇒洗口液、液体歯磨き

 

医薬品
⇒うがい薬

 

に分けられます。

 

医薬部外品(薬用)とは、「厚生労働省が許認可した有効成分」が一定の濃度で配合されており、効果・効能はありますが、治療目的ではなく「予防・衛生」を目的として開発された製品です。

 

※「薬用」も同じ目的で開発されているため、「薬用」と「医薬部外品」は同じカテゴリーになります

 

この際「殺菌」などの文言が記されていても、厚労省が指定した成分が配合されているので、一定の範囲内であれば表示可能です。

 

しかし、治療を目的とした表記はできません。

 

したがって、一般的なマウスウォッシュは医薬部外品となるので、歯周病や口臭、虫歯などの「予防、抑制」には使えても「治療」効果はないということになります。

 

それに対して「うがい薬」は「薬」となりますので、「治療」を目的として使用されます。

 

実際に「明治うがい薬」や「イソジン」は、第3類医薬品の指定を受けています。

 

したがって、効果・効能として

 

口腔内及びのどの殺菌・消毒・洗浄、口臭の除去

 

とはっきりとした治療効果を謳うことが可能です。

 

どちらが良いかというのは一概には言えませんが、

 

  • 医薬品には副作用が付きまとうこと(ただし医薬部外品にもそれらしきものがあります)
  • 医薬品はドラッグストアーや薬局、または医薬品コーナーでないと購入できない

 

ということがあります。

 

日々の利便性を考えると、コンビニやスーパーの日用品コーナーでも買える「医薬部外品」の方が、購入は簡単である言えます。

 

 

 

 

さいごに

マウスウォッシュ(デンタルリンス)と一口に言っても、いろんな種類があり、使い方も微妙に異なるということが分かって頂けたかと思います。

 

用途に応じて自分に合った商品を選びましょう!

 

スポンサーリンク

 

関連ページ

龍角散(ダイレクト・のど飴)の効果・副作用・飲み方の違い
龍角散って本当に効くの?色んな種類があるけど成分に違いはあるの?トローチとのど飴は違うの?妊娠中の妊婦さんは飲んで良いの?などなど、龍角散にまつわるアレコレを調べてみました。
なた豆茶の蓄膿症・後鼻漏への効果がヤバすぎたから実体験を語る!
副鼻腔炎や鼻炎、花粉症に良いと言われるなた豆茶を1年半飲みました!「効かない!」と思っている方や、オススメや飲み方を知りたい方に参考にして頂ければと思います。
チクナインの効果を7ヶ月検証!効くのか効かないのか?口コミしてみる
チクナインは効いたのか?7ヶ月ガチで飲んだ経験をレビューしてみます。副作用や飲み合わせ、成分、後鼻漏へは効果あるか?評判に関する考えも説明!
チクナイン5種類の値段(価格)を徹底調査!最安値・コスパを調べてみた
【2018年最新版】小林製薬の「チクナイン」2タイプ5種類の全てをコスパ調査してみました。どこで買うと安いか?どのサイズが安いか?などなどを紹介!
ハナノアの効果がヤバイ!副鼻腔炎のドロドロが大量に出たコツと使い方
蓄膿症や慢性鼻炎に悩みハナノアを使用した実体験を口コミ。鼻づまりや後鼻漏にも効くのか?痛い場合や口から出ない場合はどうすれば良いか?やり方などを紹介!
ブリーズライトの「13日の効果検証」がヤバかった!7つの注意点まとめ
ブリーズライトのいびき・鼻づまりへの効き目をガチで口コミ!貼る位置や再利用法、仕組み、エクストラとの違い、値段や花粉症への適応なども解説!「効かない」は本当か?説明します。