腎仙散の効果7日検証!膀胱炎への即効性や副作用、痩せるか?を口コミ

腎仙散の効果7日検証!膀胱炎への即効性や副作用、痩せるか?を口コミ

 

こんにちは。アキラです。

 

妻が「ボーコレン」を飲み2度再発してしまったため、今回は思い切って「腎仙散(ジンセンサン)」に切り替えました。

 

今回は、そんな腎仙散に「効果はあったのか?」という点や、

 

  • 即効性はあるのか?
  • どんな成分か?
  • ボーコレンと何が違うのか?
  • 副作用はあるのか?
  • 「痩せる」は本当か?

 

という点を、その体験から説明していきます。

 

膀胱炎にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

 

目次
  • 7日間飲んだ、その結論から言うと…
  • +αの「痩せる効果」はあったのか?
  • 腎仙散はどのような理屈で効くのか?成分は?
  • ボーコレンとは何が違うのか?
  • 飲み合わせや副作用について!

 

人気の関連ページ!
>>ボーコレンの効果24日検証!効かないの?成分や値段、副作用を口コミ

 

スポンサーリンク

 

 

7日間飲んだ、その結論から言うと…

まずは結論から言います。

 

今回は「腎仙散(7日分)」を飲ませましたが、3日で効果が現れました。

 

 

 

具体的には、排尿痛は無いものの、ムズムズした残尿感に悩まされていました。

 

それが3日で完全消失し、服用を終えてから1ヶ月経ちますが今のところ(2018.9時点)再発も無しです。

 

※ボーコレン同様に、もしも今後再発した場合は追記します。

 

ちなみに、最後にボーコレンを飲み終えてから再発までは約1ヶ月ほどでした。

 

ボーコレンを飲んでから今までの過程
  1. ボーコレン8日分を飲む
  2. 痛み・残尿感ともに軽減し、ほぼ治る
  3. 「大丈夫そう」という判断で服用終了
  4. 約1週間後、痛みはないものの残尿感が再発
  5. ボーコレン16日分を飲む
  6. 無事、痛み・残尿感ともに消失したため終了
  7. 約1ヶ月で残尿感が再発
  8. 腎仙散を7日服用し、今のところ再発なし ←今ココ

 

 

なおボーコレンの服用体験については、以下の記事でまとめています。

>>ボーコレンの効果24日検証!効かないの?成分や値段、副作用を口コミ

 

 

 

 

即効性はあるのか?

ボーコレンも割りと即効性がありましたが、腎仙散も即効性がありました。

 

腎仙散には

 

  • 4日分(12包)
  • 7日分(21包)

 

の2種類が販売されているのですが、公式HPにおいて、「4日分」について以下の通り記載があります。

 

「すっきり4日」のコンセプトに基づき、「抗菌作用」「利尿作用」のW作用により効果を発揮します。

 

服薬のポイントとしては、2〜3日程度の服用で排尿痛などの自覚症状がなくなったとしても、原因菌の排除のため1箱(4日)分の服用を継続して下さい。

 

逆に、4日分の服用を継続しても症状が改善しない、または悪化する場合には、医師の診察を受けて下さい。

 

引用:摩耶堂製薬株式会社HP

 

 

ここでのポイントは「4日で治ることが前提とした記載であること」です。

 

妻は2度再発していたことから、今回は『くりかえす膀胱炎に』と書かれている7日分を飲ませました。

 

それでも、効果としては3日ほどで現れているため、「即効性」はしっかりあるように思いました。

 

スポンサーリンク

 

 

4日分と7日分、どちらが良いか?

腎仙散には説明のとおり、2種類販売されています。

 

 

【4日分】

 

 

【7日分】

 

 

この使い分けはと言うと、これも公式HPに記載がありますが、

 

  • 初めての場合は「4日分」
  • 繰り返す場合は「7日分」

 

という分け方がされています。

 

ただし「膀胱炎は繰り返しやすい病気である」と言われていますし、実際に妻も2度再発しています。

 

このことから、個人的には初めてであっても「7日分」を飲んでしまった方が良いのではないかと思います。

 

ちなみに公式HPにおいて、「7日分」について以下のとおり説明があります。

 

膀胱炎は繰り返す方が多く、中にはまだ膀胱内にわずかに菌または炎症が残っている状態で服用を終える方がおられます

 

仮に排尿痛などの自覚症状が改善しても、原因菌や炎症を残すことは、再発しやすい状態になっているといえます。

 

そこで21包を服用されることで、原因菌をより押し出し炎症もよりおさえる「しっかり7日」により、膀胱炎の繰り返しを防ぐことを目指します

 

引用:摩耶堂製薬株式会社HP

 

 

つまりは、「原因菌をしっかり押し流すこと」が何よりも大切だと言うことが分かります。

 

抗生物質のように、何度も飲むことで「耐性菌が出来る」ということは無いと思います。

 

しかし妻含め、中には「菌が残りやすい人もいる」のが現状ですので、最初から7日分飲む方が良いと思いました。

 

※4日分と7日分は、アマゾンで見ると500円ほどしか変わりません

 

スポンサーリンク

 

 

+αの「痩せる効果」はあったのか?

ここの話は「+αの効果」についてですが、腎仙散のパッケージを見ると、

 

「むくみ」

 

というキーワードが書かれている事が分かります。

 

 

 

中には「腎仙散」=「痩せる」と思っている方もいらっしゃると思いますが、ここで言う「痩せる」は、あくまでも「むくみが解消される」という意味です。

 

その上で「むくみは改善されたのか?」と言うと、多少は改善されたようです。

 

妻は「ふくらはぎ〜アキレス腱付近」がむくみやすいのですが、『7日しか飲んでないけど、言われてみればいつもよりマシかもね』と言っています。

 

後ほど説明しますが、これは腎仙散の「利尿作用」によって不要な水分が押し流された結果です。

 

ですが腎仙散の「むくみ」への効果は、あくまでも良い意味での副作用(2つ目の効果)であって、むくみ解消のために「薬である腎仙散」を飲み続けることは、「むくみへの効果がそれほど大きくない」という点を見ると、あまりオススメできないかな、と個人的には思いました。

 

スポンサーリンク

 

 

腎仙散はどのような理屈で効くのか?成分は?

腎仙散は15種類の生薬が配合されている漢方薬。

 

効果・効能には、

 

  • 膀胱炎
  • ムクミ
  • 腎炎
  • ネフローゼ
  • 腎盂炎、
  • 尿利減少

 

の6つが挙げられています。

 

そして、一つ一つの生薬には、以下のとおり効果があります。

 

生薬

利尿

作用

抗炎症

作用

抗菌

作用

鎮痛

作用

サンシン

インチンコウ

チョレイ

ジオウ

シャゼンシ

ボウイ

ニワトコ

ソウジュツ

ボウコン

ブクリョウ

ウワウルシ

タクシャ

キササゲ

シャクヤク

ケイヒ

 

上の表の通り、15種類のうち「利尿作用のある生薬」が13種類も入っています。

 

さらに、

 

  • 抗炎症作用
  • 抗菌作用

 

のある生薬もたっぷり含まれていることが分かります。

 

そしてこれらの生薬によって、以下の効果が期待されます。

 

腎仙散の4つの効果
  • 抗菌作用

    ⇒膀胱炎の原因菌に働きかける

  • 利尿作用

    ⇒排尿を促すことで、菌を外へ押し出す

  • 抗炎症作用

    ⇒膀胱での炎症を鎮める

  • 鎮痛作用

    ⇒排尿後の痛みなどを鎮める

 

漢方と言えども、実際に即効力も感じているため、これらの効果があることは間違いないでしょう。

 

ではボーコレンで再発した妻は、腎仙散では再発しないのか?

 

この点については、今後もしも再発すれば追記していきますが、一応2つの漢方における「生薬の違い」を説明しておきます。

 

スポンサーリンク

 

 

腎仙散とボーコレンの違いは何か?

ボーコレンというのは、小林製薬から販売されている漢方薬です。

 

人気の関連ページ!
>>ボーコレンの効果24日検証!効かないの?成分や値段、副作用を口コミ

 

 

ボーコレンという名前がついてるものの、もともと病院の処方薬「五淋散(ごりんさん)」と同じものです。

 

 

▼商品パッケージの裏面に記載あり▼

 

 

▼病院処方のもの▼

 

※腎仙散には「病院処方のもの」はありません

 

 

 

生薬の違いを見てみる!

では「腎仙散」と「五淋散」において、含まれている生薬の違いをあげてみましょう。

 

※赤文字が、それぞれにのみ含まれている生薬

腎仙散

ボーコレン

(五淋散)

ブクリョウ ブクリョウ
ジオウ ジオウ
タクシャ タクシャ
シャゼンシ シャゼンシ
シャクヤク シャクヤク
サンシン サンシン
チョレイ モクツウ
ソウジュツ トウキ
ケイヒ オウゴン
10 インチコウ カンゾウ
11 ボウイ カッセキ
12 ニワトコ
13 キササゲ
14 ウワウルシ
15 ボウコン

 

 

このように見比べると、腎仙散もボーコレンも「似たような生薬」を含んでいることが分かります。

 

また、ボーコレンも腎仙散と変わらず

 

  • 「抗菌・抗炎症作用」のある生薬
  • 「傷修復(鎮痛)・血流改善作用」のある生薬
  • 「利尿作用(菌を押し流す効果)」のある生薬

 

が含まれているため、「期待される効果」としてはほとんど変わりません。

 

スポンサーリンク

 

 

「効果・効能」の記載には違いがある

ただし記載されている「効果・効能」には若干の差があります。

 

 

「腎仙散」の効果・効能

膀胱炎、ムクミ、腎炎、ネフローゼ、腎盂炎、尿利減少

 

 

「ボーコレン」の効果・効能

体力中等度のものの次の諸症:頻尿、排尿痛、残尿感、尿のにごり

 

 

ボーコレンに関しては、「主に膀胱炎で見られる症状」が効果対象として書かれていますが、腎仙散に関しては明確に「膀胱炎」と書かれています

 

また「ムクミ」という文言も明確にあるため、+αで「ムクミ解消」も求めているのであれば、腎仙散を選ぶ方が良いと考えられます。

 

人気の関連ページ!
>>ボーコレンの効果24日検証!効かないの?成分や値段、副作用を口コミ

 

 

 

 

どちらが良いかは、体質次第かもしれない

私自身、蓄膿症で以前は「漢方煎じ薬」を飲んでいました。

 

 

▼私が以前飲んでいた「漢方煎じ薬」▼

 

 

この経験から分かったのは、「漢方は体質によって効きが全く変わってくる」ということ。

 

上で説明のとおり、この2つの漢方は「半分は同じで、半分は違うもの」です。

 

よって、どちらから始めてみても良いとは思いますが、いずれにしても再発を考えると「一週間分の物を購入すること」をオススメします。

 

なお、アマゾン価格で比べると

 

  • 腎仙散(7日分)⇒1780円
  • ボーコレン(8日分)⇒2360円

 

なので、割安なのは「腎仙散」と言えるでしょう。

 

 

【腎仙散(7日分)】

 

 

【ボーコレン(8日分)】

 

 

スポンサーリンク

 

 

腎仙散の「飲み合わせ」と「副作用」!

妻が7日間飲んだ限りで言えば、特に副作用は起きておりません。

 

ただし、「腎仙散の添付資料」には以下のとおり記載がありますので、これらの副作用が出た場合は中止しましょう。

 

 

 

また「飲み合わせ」については特に記載されていません

 

しかし、ボーコレンの場合は「小林製薬のQ&Aページ」に、以下のとおり記載があります。

 

Q:他の医薬品と併用(飲み合わせ)してもよいですか?

 

A:他の内服薬を飲んでいる場合は、服用前に医師または薬剤師にご相談ください。
また、同じ成分を含む漢方、生薬の内服薬との併用はお控えください。

引用:小林製薬(Q&A)

 

 

腎仙散とボーコレンは半分近くは同じ生薬が含まれていますし、同じく「漢方薬」に当てはまるわけなので、上の答えを当てはめて考えると、他に薬を飲んでいる場合は、薬剤師に事前相談すべきと考えられます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ!

腎仙散の効き目や成分、ボーコレンとの違い、副作用についてまとめました。

 

最後に簡単にまとめると、

 

  • 「膀胱炎」には即効性があった
  • 服用後1ヶ月は再発していないが、再発の有無は「生活習慣」にも関わっている
  • 「むくみ」にも多少の効果は感じられたが、むくみへの効果がそれほど高くないため、継続して服用するほどでは無いと感じた
  • 15種類の生薬が配合されているが、そのうち6種類はボーコレンと同じである
  • どちらが良いのか?については、体質にも関わってくる
  • いずれにせよ、再発を考えると1週間分を飲むことをオススメする
  • 腎仙散の方が割安で購入できる

 

ということになります。

 

一般的に、膀胱炎で病院を受診すると「抗生物質の服用」になります。

 

しかし「抗生物質の長期服用」はあまりオススメされていないため、

 

  • 何度も繰り返してしまう方
  • 抗生物質を飲みたくない方
  • 病院に行く時間がない方

 

は飲んでみても良いでしょう。

 

ただし症状が重い場合は、早めに病院を受診しましょう。

 

ボーコレンについては、以下の記事で詳しく説明しています。

>>ボーコレンの効果24日検証!効かないの?成分や値段、副作用を口コミ

 

 

※もしも腎仙散でも再発が見られた場合は追記します(2018.9時点では再発なし)

 

 

【4日分】

 

 

【7日分】

 

 

【ボーコレン(8日分)】

 

 

 

 

関連ページ

龍角散(ダイレクト・のど飴)の効果・副作用・飲み方の違い
龍角散って本当に効くの?色んな種類があるけど成分に違いはあるの?トローチとのど飴は違うの?妊娠中の妊婦さんは飲んで良いの?などなど、龍角散にまつわるアレコレを調べてみました。
なた豆茶の蓄膿症・後鼻漏への効果がヤバすぎたから実体験を語る!
副鼻腔炎や鼻炎、花粉症に良いと言われるなた豆茶を1年半飲みました!「効かない!」と思っている方や、オススメや飲み方を知りたい方に参考にして頂ければと思います。
チクナインの効果を7ヶ月検証!効くのか効かないのか?口コミしてみる
チクナインは効いたのか?7ヶ月ガチで飲んだ経験をレビューしてみます。副作用や飲み合わせ、成分、後鼻漏へは効果あるか?評判に関する考えも説明!
チクナイン5種類の値段(価格)を徹底調査!最安値・コスパを調べてみた
【2018年最新版】小林製薬の「チクナイン」2タイプ5種類の全てをコスパ調査してみました。どこで買うと安いか?どのサイズが安いか?などなどを紹介!
ハナノアの効果がヤバイ!副鼻腔炎のドロドロが大量に出たコツと使い方
蓄膿症や慢性鼻炎に悩みハナノアを使用した実体験を口コミ。鼻づまりや後鼻漏にも効くのか?痛い場合や口から出ない場合はどうすれば良いか?やり方などを紹介!
ブリーズライトの「13日の効果検証」がヤバかった!7つの注意点まとめ
ブリーズライトのいびき・鼻づまりへの効き目をガチで口コミ!貼る位置や再利用法、仕組み、エクストラとの違い、値段や花粉症への適応なども解説!「効かない」は本当か?説明します。