ボーコレンの効果24日検証!効かないの?成分や値段、副作用を口コミ

ボーコレンの効果24日検証!効くの?効かないの?成分や値段、副作用を口コミ!

 

こんにちは。アキラと申します。

 

妻が膀胱炎の症状(排尿時の痛み・ムズムズした残尿感)を訴え、先日ボーコレンを合計24日分飲みました。

 

今回は、そんなボーコレンに「効果はあったのか?」という点を、単刀直入に説明していきます。

 

また、

 

  • どんな成分なのか?
  • 病院で処方される薬との違いはあるのか?
  • 副作用はあるか?
  • どこで買うと値段が安いか?

 

についても合わせて紹介していきます。

 

大前提として男性でも飲めるお薬ですので、男性の方もぜひ参考にして頂けますと幸いです。

スポンサーリンク

 

目次
  • 24日間飲んだ、その結論から言うと…
  • ボーコレンはどのような理屈で効くのか?成分は?
  • 病院の治療とはどう違うのか?
  • 飲み合わせや副作用について!
  • 値段が安いところはどこか?

 

人気の関連ページ!
>>腎仙散の効果7日検証!膀胱炎への即効性や副作用、痩せるか?を口コミ

 

スポンサーリンク

 

 

24日間飲んだ、その結論から言うと…

今回、妻が合計で24日間ボーコレンを飲みました。

 

その結論を言うと、一旦再発したものの効果はありました

 

再発には「生活環境」も影響している可能性もあるため、「ボーコレンのみの力」を正しく計測できているとは限りませんが、一応効果はありました。

 

今回、24日間服用した流れを説明すると…

 

  1. ボーコレン8日分を飲む
  2. 痛み・残尿感ともに軽減し、ほぼ治る
  3. 「大丈夫そう」という判断で服用終了
  4. 約1週間後、痛みはないものの残尿感が再発
  5. ボーコレン16日分を飲む
  6. 無事、痛み・残尿感ともに消失したため終了

 

このような流れになっています。

 

8日分を飲んだだけでも一時的には効果が出たため、「効果はある」と言えるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

「再発」をどう捉えるか…

問題は、8日飲んだあとの「再発」だと思っています。

 

ボーコレンは、

 

  • 48錠(4日分)
  • 96錠(8日分)

 

の2種類が売られており、小林製薬のHPには以下のように紹介されています。

 

 

 

 

これを見る限り、初めてであれば「4日分でも効くのかな?」という印象があります。

 

個人的な経験から、「漢方は体質に合っていればすぐに効果が出る」という事を身を持って体感しているため、漢方とは言え「4日分」で効果が出てもおかしくはないと思っています。

 

【48錠(4日分)】

 

 

とは言え、念のため妻には8日分を飲ませたのですが、効果はあったものの再発。

 

ちなみに上のパッケージでは、8日分の紹介に「繰り返す方に」という文言がありますが、8日でも繰り返しました。

 

【96錠(8日分)】

 

 

その後は結局+16日間飲み、今のところ再発無しです。

 

追記:1ヵ月後、再発しました

 

2回目のボーコレン服用後、約1ヶ月で再発してしまいました。

これは生活環境なども影響していると考えられため、「ボーコレンが悪い」というわけでは無いと思います。

次は同じく「膀胱炎の漢方」である腎仙散を試していますので、気になる方はこちらもどうぞ。

>>腎仙散の効果7日検証!膀胱炎への即効性や副作用、痩せるか?を口コミ

 

 

 

どれくらい飲むのが良いのか?

今回は合計24日間飲んだわけですが、どれくらい飲むべきなのか?

 

小林製薬のホームページに、以下のとおり記載があります。

 

4. 1ヶ月くらい服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、製品のパッケージを持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること

 

5. 長期連用する場合には、医師、薬剤師または登録販売者に相談すること

 

引用:小林製薬HP

 

以上から分かることは、『30日以上飲むことも可能ではあるが、30日飲んで治らない場合は一旦相談すること』ということ。

 

私自身、以前に「漢方煎じ薬」を飲んでおり、その時は1ヶ月置きに生薬の内容を替えて「効果の有無」を確かめ続けました

 

 

▼私が飲んでいた「煎じ漢方薬」▼

 

 

このことから、「30日以上飲む場合は相談せよ」というのは、「30日続けても効果が見られないなら、違う漢方に替えたほうが良いよ」ということかも知れません。

 

では、そもそもボーコレンはどのような成分で出来ており、どのような効果が期待出来るのか?その点について説明しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

ボーコレンの成分と、そこから期待できる効果!

ではボーコレンは、そもそもどのような理屈で効くのか?

 

本当に効果が見込めるのか?その点を調べてみました。

 

 

実は処方薬「五淋散」と同じである!

ボーコレンは、小林製薬が販売している名前であって、実は「五淋散(ごりんさん)」という漢方名で、病院でも処方されるお薬です。

 

ボーコレンの内袋の裏面を見てみると…

 

 

 

 

しっかりと「五淋散」と書かれていますね。

 

そして病院処方の五淋散は…

 

 

▼コチラは病院処方の「五淋散」▼

 

 

このような薬です。

 

 

 

成分と効果を見てみよう!

まずは「五淋散」の名前の由来を知れば、効果が分かります。

 

「五淋散」の意味から分かる効果

五淋散とは、「5つの淋(尿の渋り)を治す処方」という意味で付けられています。

 

  • 石淋(せきりん)

    ⇒尿路結石にともなう「排尿障害」

  • 気淋(きりん)

    ⇒ストレスなどによる「神経性の排尿障害」

  • 膏淋(こうりん)

    ⇒米のとぎ汁のような「濁った尿の状態」

  • 労淋(ろうりん)

    ⇒疲れによる「慢性の排尿障害」

  • 血淋(けつりん)

    ⇒血尿などの「血液が混じる尿の状態」

 

 

このように、様々な「尿にまつわる症状」に効くように作られています。

 

「11種類の生薬」を一つずつ説明すると複雑になるため省略しますが、簡単に説明すると

 

  • 「抗菌・抗炎症作用」のある生薬
  • 「傷修復・血流改善作用」のある生薬
  • 「利尿作用(菌を押し流す効果)」のある生薬

 

が含まれています。

 

つまりボーコレンには、

 

  • 原因菌の増殖を防ぐ
  • 菌を排出する
  • 膀胱の炎症を鎮める

 

という、まさに「膀胱炎のための生薬」がしっかりと配合されていることが分かります。

 

そのため、「ボーコレンは膀胱炎に効く」と理論的には言えるのです。

 

 

補足:男性でも飲める!

 

膀胱炎は「女性に多い病気」ですが、もちろん男性も患います。

ボーコレンは女性向けパッケージですが、男性も飲めます。

Q:女性用の医薬品ですか?

A:女性用のお薬ではありません。症状があれば男性も飲んでいただけます。

引用:小林製薬(Q&A)

 

スポンサーリンク

 

病院の治療との違いは?

膀胱炎にはいくつかの種類がありますが、そのほとんどは「単純性膀胱炎」と言われるもので、細菌が原因です。

 

そのため泌尿器科に行くと、基本的には「抗生物質」が処方されます。

 

ただし、

 

  • 無菌性の膀胱炎
  • 繰り返す膀胱炎
  • 抗生物質を何度も使いたくない人

 

などは五淋散を処方されることもあるでしょう。

 

▼病院処方の「五淋散」▼

 

 

では『市販のボーコレンと何が違うのか?』と言うと、「一日分の服用量」に対する「使われている生薬量」が違います

 

生薬というのは、もとは以下のようなモノです。

 

 

 

これらから成分を抽出して、錠剤や顆粒へと形作っていきます。

 

そのため、「元の生薬量」が多い方が、効果も高まると考えられます。

 

※ボーコレンに限らず、一般的に市販薬の方が効果が弱めに作られています

 

スポンサーリンク

 

 

生薬量の違いはどれくらい?

では、具体的にどれくらい生薬量に違いがあるかと言うと…

 

生薬名

ボーコレン

処方薬

ブクリョウ

3.0g

6.0g

トウキ

1.5g

3.0g

オウゴン

1.5g

3.0g

カンゾウ

1.5g

3.0g

ジオウ

1.5g

3.0g

タクシャ

1.5g

3.0g

モクツウ

1.5g

3.0g

カッセキ

1.5g

3.0g

シャゼンシ

1.5g

3.0g

シャクヤク

1.0g

2.0g

サンシシ

1.0g

2.0g

 

パッと見て一目瞭然ですが、「一日分に対する原生薬量」は処方薬の1/2です。

 

さらに重要な点として、「そのエキスが実際に含まれている量」にも差があります。

 

【一日の服用量】

ボーコレン

処方の「五淋散」

一日の服用量(大人量)

12錠

(4×3回)

7.5g

(2.5×3回)

一日の服用量に

実際に含まれる

五淋散料エキス量

2.55g

5.0g

 

 

これらの結果をご覧いただけると分かるのが、「病院処方の五淋散」の方が

 

  • 使用している生薬量が2倍多い
  • 実際に服用するエキス量も約2倍多い

 

ことが分かります。

 

つまり、1ヶ月経っても治らない(効かない)場合は、生薬が悪いというよりは、もしかすると「含有量が足りていない」可能性も考えられるのです。

 

そのため、

 

  • 1ヶ月飲んでも再発した
  • 病院に行く余裕がある

 

という方は、病院に行ってみると良いでしょう。

 

生薬量や服用量は、以下を参考にしています

 

ボーコレン
ボーコレンの添付資料

ツムラ五淋散
医薬品医療機器情報提供HP

 

スポンサーリンク

 

 

飲み合わせや副作用について!

まず「副作用」についてですが、妻が24日飲んだ経験からは、特に何も起きていません。

 

しかし、以下の通り書かれておりますので、似た症状が現れた場合は使用を中止しましょう。

 


参考:ボーコレン「添付資料」

 

 

また、飲み合わせについては「Q&A」に答えがあります。

 

Q:他の医薬品と併用(飲み合わせ)してもよいですか?

 

A:他の内服薬を飲んでいる場合は、服用前に医師または薬剤師にご相談ください。
また、同じ成分を含む漢方、生薬の内服薬との併用はお控えください。

引用:小林製薬(Q&A)

 

Q:健康食品と併用してもよいですか?

 

A:サプリメントは食品ですのでカンゾウなど類似成分が含まれていなければ、併用して頂いても基本的には問題ありません。
しかしながら飲む目的が重なるサプリメントとの併用は避けた方がよいと思われます。併用したい場合は医師又は薬剤師にご相談下さい。

引用:小林製薬(Q&A)

 

 

 

 

まとめ!

ボーコレンの効き目や成分、病院の薬との違い、副作用についてまとめました。

 

最後に簡単にまとめると、

 

  • 再発する可能性はあるが効果はあった
  • 再発の有無は「生活習慣」にも関わっている
  • 成分は「五淋散」と一緒であり、病院で処方してもらうことも可能
  • 病院処方の方が、生薬量・エキス量とも2倍ほどある
  • 30日ほど飲んで効かない場合は、病院へ行ってみると良い

 

ということになります。

 

一般的に「抗生物質の長期服用」はオススメされていないため、

 

  • 何度も繰り返してしまう方
  • 抗生物質を飲みたくない方
  • 病院に行く時間がない方

 

は飲んでみても良いでしょう。

 

ただし症状が重い場合は、早めに病院を受診しましょう。

 

 

追記:1ヵ月後、再発しました

 

2回目のボーコレン服用後、約1ヶ月で再発してしまいました。

これは生活環境なども影響していると考えられため、「ボーコレンが悪い」というわけでは無いと思います。

次は同じく「膀胱炎の漢方」である腎仙散を試していますので、気になる方はこちらもどうぞ。

>>腎仙散の効果7日検証!膀胱炎への即効性や副作用、痩せるか?を口コミ

 

 

【48錠(4日分)】

 

 

【96錠(8日分)】

 

 

スポンサーリンク

 


関連ページ

龍角散(ダイレクト・のど飴)の効果・副作用・飲み方の違い
龍角散って本当に効くの?色んな種類があるけど成分に違いはあるの?トローチとのど飴は違うの?妊娠中の妊婦さんは飲んで良いの?などなど、龍角散にまつわるアレコレを調べてみました。
なた豆茶の蓄膿症・後鼻漏への効果がヤバすぎたから実体験を語る!
副鼻腔炎や鼻炎、花粉症に良いと言われるなた豆茶を1年半飲みました!「効かない!」と思っている方や、オススメや飲み方を知りたい方に参考にして頂ければと思います。
チクナインの効果を7ヶ月検証!効くのか効かないのか?口コミしてみる
チクナインは効いたのか?7ヶ月ガチで飲んだ経験をレビューしてみます。副作用や飲み合わせ、成分、後鼻漏へは効果あるか?評判に関する考えも説明!
チクナイン5種類の値段(価格)を徹底調査!最安値・コスパを調べてみた
【2018年最新版】小林製薬の「チクナイン」2タイプ5種類の全てをコスパ調査してみました。どこで買うと安いか?どのサイズが安いか?などなどを紹介!
ハナノアの効果がヤバイ!副鼻腔炎のドロドロが大量に出たコツと使い方
蓄膿症や慢性鼻炎に悩みハナノアを使用した実体験を口コミ。鼻づまりや後鼻漏にも効くのか?痛い場合や口から出ない場合はどうすれば良いか?やり方などを紹介!
ブリーズライトの「13日の効果検証」がヤバかった!7つの注意点まとめ
ブリーズライトのいびき・鼻づまりへの効き目をガチで口コミ!貼る位置や再利用法、仕組み、エクストラとの違い、値段や花粉症への適応なども解説!「効かない」は本当か?説明します。