メインクーンの値段(価格)、体や目の色で20万円以上の差が!【画像】

メインクーンの値段(価格)、体や目の色で20万円以上の差が!【画像あり】

このページでは

 

メインクーンの値段相場

 

について色の種類とともに説明しています!

 

なお購入を考えている方は、ぜひ『メインクーンの性格・寿命!適正な大きさ・体重は?【飼い方・散歩6つのコツ】』も参考にしてみて下さいね!

 

スポンサーリンク

 

メインクーンの色と値段の違い!

まず結論から述べてしまうと、

 

メインクーンは「8〜30万円程度」の価格

 

で購入することが出来ます。

 

主な購入場所は

 

  • ペットショップ
  • ブリーダーのもと

 

ですが、一般的には「ペットショップ」よりも「ブリーダーが販売している個体」の方が高値で取り扱われています。

 

ただしその分、ブリーダーから直接の方が「より管理がしっかりしている」と思われます。
(ペットショップの管理がずさんと言う意味ではありません)

 

またメインクーンは「純血種の猫」であるため、「キャットショーで優勝経験のある親」を持つ個体などは、それだけ優秀な血統として扱われます。

 

スポンサーリンク

 

メインクーンは色によって値段が違う?!

メインクーンの色には

 

  • ブラック系
  • ブラウン系
  • ブルー系
  • レッド系
  • クリーム系
  • シルバー系
  • ホワイト系
  • キャリコ(三毛)

 

などなど、合計30を超えるカラーバリエーションがあります。

 

中でもホワイトやレッドタビー、キャリコなど人気の高いものほど高値で販売されています。

 

ちなみに「タビー」には『ぶち』『とら』のような意味があります。

 

そして「ソリッド」には、『全身単色』という意味があります。

 

 

 

ブラック系(黒)

ブラック系には

 

  • ブラックソリッド
  • ブラックスモーク&ホワイト

 

などがあり、安い個体で85,000円ほど、高い個体で180,000円ほどの値段が付いています。
(当サイト調べ)

 

メインクーンの中では安値で取引されていることが分かります。

 

 

 

 

ブラウン系(茶)

ブラウン系には

 

  • ブラウンパッチドタビー
  • ブラウンタビー

 

などがあり、安い個体で158,000円ほど、高い個体で300,000円ほどの値段が付いています。
(当サイト調べ)

 

 

 

 

ブルー系(青)

ブルー系にも

 

  • ブルーソリッド
  • ブルーパッチドタビー
  • ブルーシルバー
  • ブルークリーム

 

などがあり、安い個体で150,000円ほど、高い個体で260,000円ほどの値段が付いています。
(当サイト調べ)

 

 

 

 

レッド系(赤)

レッド系では

 

  • レッドタビー&ホワイト

 

が多く売られており、安い個体で120,000円ほど、高い個体で330,000円ほどの値段が付いています。
(当サイト調べ)

 

このことから、特に価格差が激しい色合いであることが分かります。

 

 

 

 

クリーム系

クリーム系には

 

  • クリーム&ホワイト
  • ブルークリーム

 

などがあり、安い個体で180,000円ほど、高い個体で260,000円ほどの値段が付いています。
(当サイト調べ)

 

 

 

 

シルバー系(銀)

シルバー系には

 

  • シルバータビー
  • ブルーシルバー

 

などがあり、安い個体で190,000円ほど、高い個体で210,000円ほどの値段が付いています。
(当サイト調べ)

 

 

 

 

ホワイト系(白)

ホワイト系は他の色との混合が多いですが、中には「ホワイト単色」の個体もいます。

 

ホワイト単色でみた場合、安い個体で1700,000円ほど、高い個体で280,000円ほどの値段が付いています。
(当サイト調べ)

 

売りに出されている数の少なさをみても、ホワイト単体は希少価値が高く、その分値段が高いことが分かります

 

 

 

 

キャリコ(三毛猫)

キャリコは別名「三毛猫」とも呼ばれますが、文字通り「3色の毛」の猫を言います。

 

一般的に、

 

  • 赤(茶)

 

の3色猫を言います。

 

安い個体で180,000円ほど、高い個体で330,000円ほどの値段が付いています。
(当サイト調べ)

 

「希少価値の高い色」とされていますが、値段の開きがあるので要チェックです。

 

 

 

 

ここまでは「毛色による値段の違い」について説明しました。

 

次は「目の色による値段の違い」について触れておきましょう!

 

スポンサーリンク

 

メインクーンは「目の色」によっても値段が違う!

毛色だけではなく、目の色によっても値段は異なります。

 

メインクーンの目の色には

 

  • ブルー
  • グリーン
  • ゴールド
  • カッパー(銅のような色)
  • オッドアイ(左右の目の色が違う)

 

があります。

 

目の色は毛色によって決まり、「オッドアイ」のように希少価値が高いものは高価です。

 

ちなみにオッドアイとは

 

 

このような目の色をしています。

 

また、グリーンやゴールドなどは「グリーンゴールド」など混同された曖昧な色も多いです。

 

スポンサーリンク

 

ブリーダーかペットショップ、どちらの値段が安いか?

ブリーダーとペットショップでは値段相場が違うことがあります。

 

まず「ブリーダー」とはなにか?

 

簡単に説明すると、「ペットの交配や出産(つまりは繁殖)を手がけつつ、流通させる仕事」を言います。

 

つまり購入するにあたってはペットショップだけでなく、ブリーダーから買うという方法もあるのです。

 

では、ウェブ上にあるペットショップの価格やブリーダーの提示価格、リアルな店舗での値段などを見て、どこが一番安いのか・・・?

 

色々見てきた個人的には、「ブリーダーから買う方が高い」と感じます。

 

ただその分、きちんとしたブリーダーは「新しい知識の習得」「健康管理」などを徹底しており、より良い状態にして販売しているのが分かります。

 

もちろんしっかりとした管理をしているペットショップが大半ですし、逆に悪質なブリーダーもいます。

 

そのため「値段が高ければ良い」という問題でもないため、ウェブ上で探すにしろ、リアルな世界で探すにせよ、まずはしっかり情報収集しましょう。

 

ちなみに私の経験上、「良いブリーダーと出会える確率」よりは、「信頼出来そうなペットショップを見つけられる確率」の方が高いと思っています。

 

ネット上で出会った可愛い猫にすぐに飛びつくのではなく、まずは「猫を飼っている知り合い」に聞いてみるのも一つの手かもしれません。

 

 

 

さいごに!

メインクーンの色や値段の違いについて紹介しました!

 

この猫は非常に穏やかで飼いやすく、犬のように甘えてくる性格でもあるのでとっても可愛いですよ♪

 

購入を考えている方は、ぜひ『メインクーンの性格・寿命!適正な大きさ・体重は?【飼い方・散歩6つのコツ】』も参考にしてみて下さいね!

 

スポンサーリンク


 

関連ページ

メインクーンの性格・寿命!適正な大きさ・体重は?【飼い方・散歩6つのコツ】
【2018年更新版】メインクーンを飼う方必見!大きい!でかい!そんなイメージの猫「メインクーン」について、性格の特徴や適正な体長・体重、育て方6つのポイント、散歩する際の3つの注意点をまとめました。
ベンガル(猫)の価格と飼い方、性格の特徴5つ【はじめて飼う方へ】
【2018年更新版】ベンガルの値段や体の大きさ、寿命や性格の特徴を分かりやすく紹介!飼うときに気をつけたい4つのポイントと、ベンガルに見られる特徴的な5つの性格を分かりやすくまとめました。
ロシアンブルーの値段や寿命!性格は忠実で嫉妬深い?【飼い方のコツ】
【更新版】ロシアンブルーの値段や価格がつく要素、7つの「性格の特徴」を分かりやすく説明!また、飼う時の5つのコツ、凶暴化しないための対策、トイレ・噛みグセのしつけ方法もあわせて説明!
エキゾチックショートヘアの値段や性格、寿命【飼う時の4つの注意点!】
【2018年更新版】エキゾチックショートヘア(猫)を飼おうと考えている方へ。値段の相場や値段の付き方、性格の特徴、寿命、飼う時に注意すべき4つのポイントを分かりやすく説明しています。